2005年03月31日

救命病棟24時 アナザーストーリー

2005年7月。
ナースステーションでは看護師たちが申し送りをしている。
この日は、磯部望(京野ことみ)が東都中央病院を手伝う最後の日だった。
半年間のお礼を述べるスタッフたち。

そこへ、たくさんの紙袋を抱えた佐倉亮太(大泉洋)が1週間の休暇から
戻ってきた。北海道の実家に半年振りに帰っていたのだ。
お土産の『雪むしスフレ』を渡しながら、実家での出来事を話そうとする
佐倉。
だが師長(鷲尾真知子)たちは仕事に戻り、誰も話を聞いてくれない。
そんな中、どこか上の空の大友葉月(MEGUMI)・・・。
ことごとく邪魔される、佐倉家の犬の話。(笑)
気になる〜〜〜〜〜!!(笑)
『雪むしスフレ』って、北海道の銘菓ですか?
名前だけで美味しそう〜♪
続きを読む

2005年03月29日

不機嫌なジーン 最終回

『2007年、ロンドン』

1987年9月。
仁子、小学生。虫、大好き少女。
男の子に名前のことでからかわれる。
フナの解剖で、初恋の相手に嫌われる。

1990年8月。
環境調査員として干潟を調べる南原。
彼のことを見ていたのは勝田少年?

1997年4月。
有明海の水門が閉められる。

1997年6月。
神宮寺家、火災。

2000年10月。
仁子、ロンドンで南原教授と出会う。

2000年11月。
仁子と南原教授、キス。

2001年3月。
仁子、南原の浮気を目撃!

2002年3月。
仁子、健一君と出会う。

2002年4月。
南原教授、帰国。

2002年8月。
南原教授、ベストジーニスト受賞

2002年10月。
仁子、健一君とキス。

2003年1月。
仁子と教授、サンダースのバスルームでキス。

2003年2月。
勝田に「キスでもする?」と聞かれる。

2003年3月。
教授、研究のためにミネソタへ。

2004年8月。
干潟問題。
工事指し止め仮処分決定。

2005年2月。
南原教授帰国。仁子のバイト先へ現れる。

2005年3月。
農林水産省に乗り込む勝田ら。仁子、怪我をする。
南原教授にプロポーズされる仁子。続きを読む

2005年03月26日

3年B組金八先生 最終回

3年B組金八先生〜涙の卒業式スペシャル 

通学路を行く生徒達。
和晃と孝太郎、あっち向いてホイ!してる〜!(笑)
最初の頃はゲームしながら登校。いつもゲームを手放せなかったのに
本当に変わりましたね。


1台の護送車が通り、生徒の一人が言う。
「しゅうも、ああいうのに乗っていくのかな。」

一方、金八先生(武田鉄矢)が辞表を提出したことを知った
デカあす(清浦夏実)、チビあす(杉林沙織)は
みんなに話すべきかどうか悩んでいた。続きを読む

3年B組金八先生〜涙の卒業式スペシャル

3年B組金八先生〜涙の卒業式スペシャル!復習編

18時55分〜22時48分まで。約4時間。
最初の1時間は、金八先生25年の歴史を振り返る。
第1シリーズの時から見ている私。懐かしい!の一言。

金八先生のロケ地、足立二中は、1947年に開校、
そしてこの3月、統廃合によりその幕を閉じることになりました。
2005年3月22日。
金八先生、そして出演者によって開かれた
「さよなら足立二中コンサート」の様子が紹介されました。

この日の出来事は、足立よみうり新聞でも紹介されています。続きを読む

2005年03月25日

優しい時間 最終回

『雪解け』

拓郎(二宮和也)は、窯から取り出したばかりの焼き物を腕に押し付けた。
「死神」という刺青をそれで焼き消そうとしたのだ。
拓郎の悲鳴を聞きつけた六介(麿赤兒)は、彼を病院に運ぶ。

治療が済んだ後、六介は拓郎に尋ねます。
「1200度の火傷の怪我、どうして左手のそんなところに
 触ったんだ?」
「触ったんじゃありません。
 自分でそこに押し付けたんです。
 刺青を、ここにあった刺青を消したくて。
 ガキの頃いきがって入れた刺青です。
 それを消したくて。
 焼けた陶器を自分で押し付けました。
 これで昔がひとつ、清算できました。」
拓郎は、痛みをこらえながら、六介にそう言って笑ってみせた。続きを読む
01:15 | CM(30) | TB(0) | 優しい時間 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

みんな昔は子供だった 最終回

『愛と涙の奇跡』

市長が分校存続のために公聴会を開いてくれることになった。
廃校が免れるかもしれない。
佐上校長(大杉 漣)、田所(筧 利夫)たちの期待は深まる。
だがその日は悠(小越勇輝)に卒業証書を届けると約束した日。
アイ子(国仲涼子)の顔は曇ります。

そんなアイ子の表情に気付き、心配する子供達。
「分校のために、うちら一生懸命がんばったじゃん!
 アイ子先生だって、最後まで諦めたくないって言ってたじゃん!
 大丈夫だよね。うちらみんな、ここに残れるよね。」
モモ(伊藤沙莉)の言葉や子供達の不安げな顔に、
「大丈夫ですよ、もちろん!
 みんなで、森の水分校の良さを訴えましょう!」といつもの笑顔を見せる。続きを読む

2005年03月23日

救命病棟24時 最終回

『命と希望が蘇る街へ!』

『蒸気キケン』と書かれた札のある場所。
ボールを追って走ってきた子供は、蒸気に巻き込まれ悲鳴を上げる。

東都中央病院で集団食中毒が発生。
医師や看護師らスタッフの3分の2が食中毒にかかり、仕事が出来なく
なってしまう。続きを読む

2005年03月22日

不機嫌なジーン 第10話

『プロポーズ!』

みなさん、ジーンがテントウムシのシーソーを見つめながら
呟くシーンは覚えていますか?
なんとあのシーンは、テントウムシがなかなか素直に歩いてくれず、
62テイクでやっと撮影成功!3時間もかかったそうですよ!!
飛んでしまったテントウムシを捕まえようとする竹内さんが
可愛らしかったです。
(昨日放送された、『NG名珍場面・がんばった大賞?』より。)

では、第10話のあらすじと感想を。続きを読む

2005年03月21日

Mの悲劇 最終回

『ぼくは君のそばに』

『人生は危険に満ちている。
 どんなに穏便に生きようと心がけても
 ささいなことで、深い迷路に迷い込んでしまうことがある。
 僕と美砂が迷い込んだ迷路は、過去に繋がっていた。』続きを読む
13:38 | CM(21) | TB(0) | Mの悲劇 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

ごくせん 最終回90分スペシャル

『胸張って卒業しろ!!ヤンクミと3年D組、涙の別れ』

卒業式数日前。
猿渡教頭(生瀬勝久)は教師たちを前に
「今年の卒業式は、4月から新しく生まれ変わる新生・黒銀学院への橋渡しの
 セレモニー。非常に多くの来賓の方々がお見えになります。」と伝える。
黒川理事長(井上順)は久美子(仲間由紀恵)に
「あと4日で卒業式。決して油断せず、生徒達を最後までしっかり監視して
 下さい。」と釘を刺す。
「監視なんてしなくてもヤツラは大丈夫です。
 みんなちゃんと卒業するって意気込んでいますから。」
余裕の笑顔を見せる久美子に、理事長は「そうですか。」と笑みを浮かべる。
その笑みの裏側には・・・。続きを読む
17:28 | CM(30) | TB(0) | ごくせん | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする