2006年03月30日

2006年01月期 どらま・のーと杯

2006年1月期ドラマ・勝手に授賞式〜♪

【優秀主演男優賞】
・香取慎吾『西遊記』
 香取さんの悟空はまるで小さな子供みたい!
 そんな悟空が大切なことを学んでいく姿が微笑ましかったです。
・山田孝之『白夜行』
 色々な亮司の表情を丁寧に演じられていたと思います。
 歩道橋のシーンは強く心に残りました。 
・オダギリジョー『時効警察』
 新たなオダギリさんの魅力発見!
 是非、シリーズ化していただきたいです。
・竹野内豊『輪舞曲』
 竹野内さんの寡黙な雰囲気が、琢己役にすごく合っていました。
   

【優秀主演女優賞】
・篠原涼子『アンフェア』
 クールで優秀、そして不器用な雪平をカッコ良く演じて
 くれました。
・小林聡美『神はサイコロを振らない』
 小林さんの演技の力で、良いドラマがより素晴らしく
 なったと思います。
・米倉涼子『けものみち』
 米倉さん、こういう役がハマリ役となりましたね!
・チェ・ジウ『輪舞曲』
 チェ・ジウさんのドラマ、他には『冬ソナ』しか見ていませんが、
 彼女の涙はやっぱり良かったです。

【優秀助演男優賞】
・内村光良『西遊記』
 ウッチャンの沙悟浄がこのドラマを引き締めていました。
 動きも素早く、さすがでした。
・瑛太『アンフェア』
 子犬みたいに雪平とじゃれていると思ったら・・・。
 エンドロールに流れた安藤は別人のようでした。
・武田真治『神はサイコロを振らない』
 菊坊役の武田さんの演技が楽しかった!
 そして、感動させてくれました。
・武田鉄矢『白夜行』
 最初は子供たちを追い回す彼の目が恐ろしかった。
 でも最後の歩道橋のシーンで泣きました。
・北村一輝『夜王〜YAOH〜』
 北村さん、何の役もこなしてしまいます!
 毎回聖也の衣装も楽しみでした。 

【優秀助演女優賞】
・深津絵里『西遊記』
 泣きべそをかく三蔵法師!可愛らしかったです。
 このテイストは、深津さんならではですね。
・綾瀬はるか『白夜行』
 綾瀬さんが演じる雪穂の一途な思い、激しい怒り、悲しみ。
 難しい役を丁寧に演じていらっしゃいました。 
・若村麻由美『けものみち』
 民子に辛く当たる米子。若村さんは嫉妬や悲しみを熱演!
 花を食べちゃうシーンはすごかった!
・片瀬那奈『小早川伸木の恋』
 原作の妙子のヒステリーをどう表現するのかと興味が
 ありました。片瀬さんは妙子のわがままと、母としての愛を
 丁寧に演じていて、原作の妙子よりずっと共感出来ました。
・麻生久美子『時効警察』
 麻生さんは三日月にぴったり!
 表情も、仕草も、声も可愛かったです。

【主題歌賞】
・「Around The World」Monkey Majik 『西遊記』
・「桜」コブクロ『Ns'あおい』
・「Faith」伊藤由奈『アンフェア』
・「くるりくるり」ナナムジカ『小早川伸木の恋』
・「I believe」絢香 ayaka 『輪舞曲』

【優秀作品賞】
・『アンフェア』
・『神はサイコロを振らない』
・『けものみち』
・『白夜行』
・『時効警察』
・『輪舞曲』続きを読む

世にも奇妙な物語・15周年の特別編

■ストーリーテラー
 タモリ

『リプレイ』
 伊藤淳史
 池脇千鶴 ほか

『命火』
 長谷川京子
 中村俊介 ほか

『雨の訪問者』
 ともさかりえ
 岡田義徳 ほか

『奥さん屋さん』
 佐野史郎
 戸田菜穂 ほか

『イマキヨさん』
 松本 潤
 酒井敏也 ほか
 
※以下、ネタバレあります!続きを読む

2006年03月27日

輪舞曲〜ロンド〜 最終話

『さよなら愛しき人よ』

「私は何の罪もなかった、佐倉愛としてだけ、
 あなたの中に残っていたい。
 最後のワガママを聞いて…」
と琢己(竹野内 豊)に告げたユナ(チェ・ジウ)。
去って行くユナの後ろ姿を見つめることしか出来ない琢己だった…。

依然として、指名手配中の琢己。警察の必死な捜査が続いていた。
しかし、自首したユナは供述を始め、日本を壊滅状態に陥れる
サイバーテロ計画の全容が明らかになる。

警察は首謀者の宋(橋爪 功)と龍吾(速水もこみち)の行方を
探し始めるのだか…。
公式HPより=続きを読む

2006年03月25日

夜王〜YAOH〜 Final Episode

『ホスト軍団と四天王終結!たかがホストと言わせない』

聖也(北村一輝)との闘いでボロボロになってしまったロミオに気づき、決着をつけずにロミオを去った遼介(松岡昌宏)。その後、ロミオは覚せい剤疑惑により警察の捜査を受け、営業停止になってしまう。そのうえ、オーナーの矢島(内藤剛志)は何者かに襲われこん睡状態に。先の見えない状況の中で、蓮(須賀貴匡)や大河(青木伸輔)、修(要潤)、夏輝(石垣佑磨)らホストたちは次々とロミオを辞めていく。

聖也はロミオを罠にはめたのはフジ子(杉本彩)だと気づくが、証拠がない中では追求が出来ない。遼介もフジ子を問い詰めるが、ロミオに代わる新しいホストクラブを作ろうとしている彼女には相手にもされなかった。ロミオのメンバーはバラバラになり遼介は行き詰る。そんな中、フジ子は歌舞伎町に新しいホストクラブ「ゴージャス」を開店させ、ロミオの客を根こそぎ持っていく。遼介は麗美(かたせ梨乃)との約束の場所を守るために、聖也はホストとして極めた場所を取り戻すために、ただ一度だけ手を結んでフジ子に立ち向かうことを約束する。果たしてロミオは再生するのか?
公式HPより=続きを読む
12:49 | CM(5) | TB(0) | 夜王〜YAOH〜 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小早川伸木の恋 最終話

『最終章〜涙の選択』

行方不明になった小早川伸木(唐沢寿明)の娘、みすず(北村一葉)が
遊園地で保護された。
そこは、伸木(唐沢寿明)と妙子(片瀬那奈)、3人で遊んだ
みすず思い出の場所。
伸木は複雑な思いにかられる。だが、離婚調停は始まった。

伸木の書いた「性格の不一致」だけでは離婚を成立させるのは
むつかしい。
石田依子弁護士(かとうかず子)は、妙子はみすずのためにも
離婚はしたくない、するなら1億円の慰謝料と、強硬な論陣を張る。

仁志恭介(藤木直人)は
「徹底的に攻めよう。自分だけいい人でいようなんて無理」と
戦法の転換を伸木に迫る。

伸木は作田カナ(紺野まひる)に電話するが、態度がどこかよそよそしく感じられ不安がよぎる。
公式HPより=続きを読む

2006年03月24日

白夜行 最終話

『白夜の果て』

叫び声をあげながら笹垣(武田鉄矢)に飛びかかる亮司(山田孝之)。
ハサミは、亮司を交わそうとした笹垣の股に突き刺さる。
亮司はそれを抜き取り、再びハサミを振りあげる。
が、突然、意識が遠のきそうになる。青酸ガスを吸った中毒だった。
「便所に、入るな。」
亮司はそう言い捨て、逃走する。

「青酸ガス?」
数日後、笹垣を訪ねてきた篠塚(柏原崇)が事情を知る。
「便所に仕込んで、なんや、自分で吸ってもうて、
 何考えてんのか。」
笹垣が掲示板の写しを見せる。
「あいつら、なんで二人で協力し合っているのかいう話でしたな。
 初恋やったんですわ。
 可愛らしい、二人やったらしいですわ。
 切り絵したりな。
 結局、14年前、お互いの為に親殺した、 
 あの日のまんまなんですわ。 
 その結果、今も・・・」続きを読む
12:37 | CM(45) | TB(0) | 白夜行 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

Ns'あおい Karte11

『桜・後編〜君がいるからがんばれる』

あおい(石原さとみ)は、泉田(片平なぎさ)の指名を受けて、栃木で行われた看護研修会に同行した。研修会を終えたあおいたちは、桜川病院の車で帰路に着いた。ところがその途中、突然、泉田が体調の異変を訴えて苦しみだす。泉田は、左手足の麻痺と激しい頭痛に襲われていた。脳出血の可能性があることを察したあおいは、桜川病院に連絡を入れて高樹(柳葉敏郎)に状況を報告すると、近くの病院を目指した。が、折からの雨のせいで車が脱輪してしまい、あおいたちは身動きが取れなくなってしまう。あおいは、ただちに救急車の出動要請をするが、到着するまで30分近くかかるという。そのとき、泉田が吐瀉物を喉に詰まらせ、呼吸停止に陥った――。

桜川病院では、高樹や小峰(杉田かおる)、江藤(八嶋智人)らが対応策を検討していた。しかし、この状況で泉田を救うためには、あおいに気管挿管をさせるしかなかった。そこにやってきた田所(西村雅彦)は、看護師の挿管は許されていないのだから救急車の到着を待つのが賢明だ、と皆に告げた。しかしあおいは、挿管をやらせてほしい、と主張する。高樹は、一瞬躊躇したが、自分が責任を取る、と田所に言い放つと、あおいに気管挿管を命じる。続きを読む
23:03 | CM(6) | TB(0) | Ns’あおい | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンフェア FINAL

『今夜すべての真相が!』

雪平(篠原涼子)の発砲に倒れた佐藤(香川照之)・・・。

=1日前=

雪平の父親の亡くなった場所に花を添える安本(志賀廣太郎)。
「命日には一日早いが、来ずにはいられなかった。
 和夫さんが指名手配された。
 雪平、夏見ちゃんを守ってくれ。」

佐藤指名手配のニュースがテレビで流れる。
「ここまで具体的に発表して、
 もし、佐藤和夫が犯人じゃなかったら
 どうするもりなんだよ。」
そう心配する山路(寺島進)。
「管理官ともあろうお方が弱気な!
 ご心配なく。間違いなく佐藤和夫が犯人です。」
と小久保(阿部サダヲ )。
「急ぎすぎると、痛い目に合うぞ。」
山路はそう言い、ライターをカチカチさせながら立ち去った。続きを読む
09:15 | CM(69) | TB(0) | アンフェア | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

西遊記 最終巻

『天竺』

孫悟空(香取慎吾)、沙悟浄(内村光良)、猪八戒(伊藤淳史)が
駆け寄るその先に、一つの水筒。
自分のものだと取り合う三人はにらみ合い、
「話し合おう!」

話し合い=勝った者のもの
それぞれ武器を取り、にらみ合う三人。

「私の旅は、あなた達の心に、報いることが出来るのでしょうか。」
三人の争いを見つめながら呟く三蔵法師(深津絵里)。

水筒は、三人の戦いのせいで倒れ、土の乾きを潤して終わった。続きを読む
17:17 | CM(9) | TB(0) | 西遊記 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小早川伸木の恋 第10話

『衝撃の離婚調停』

小早川伸木(唐沢寿明)は、作田カナ(紺野まひる)との結婚を
決心した。
そのころ妙子(片瀬那奈)は仁志恭介(藤木直人)を訪ね、
離婚を認めないための代理人になって欲しいと頼む。

「せっかくの依頼だけど、俺には無理だ。」
「カナさんを伸木に盗られていいの?」
「会うたびにお互いの気持ちを確かめ合わなきゃ不安になるなんて、
 意地張って結婚しても先が見えているよ。
 お互い不幸になるだけだ。」
「ずいぶんと諦めが早いのね。
 とにかく、私は別れないから。」
妙子はそう言い立ち去った。続きを読む