2006年04月30日

ギャルサー #3

『壮絶激突プライド女の対決命がけマル秘ダイエット』

「コツコツコツコツゲンコツラーメン♪」
ご機嫌な様子で歌いながら、インスタントラーメンを作る
一ノ瀬(佐藤 隆太)。
袋に残ったラーメンの破片を口にしようとすると、
ドアの影からシンノスケ(藤木 直人)とモモ(山内 菜々)が
じーーーーっ。

一つのインスタントラーメンを分けて食べる三人。
「ありがとう大地。
 ありがとう太陽。
 命よ、ありがとう。
 いただきます。
 ・・・
 ごちそうさま。」
食べるのがとっても早い二人に、
「ペースの問題だ。
 ちゃんときれいに三等分したの、見てただろ?」と一ノ瀬。
「この国には、いい言葉がある。
 働かざるもの、食うべからず!」
「ハタラカ猿って、どんな猿!?」
「・・・ウルセー。」続きを読む
17:32 | CM(11) | TB(0) | ギャルサー | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

てるてるあした 第3話

『恋する超能力少女』

布団干し、ゴミだし、洗濯。
久代(草笛光子)に言われ次から次へと家事をこなしていく
照代(黒川智花)。
「人使い荒すぎなんだよぉ!鬼バァ!!」

靴を磨いていると、珠子(冨士真奈美)が差し入れしてくれて
ニッコリ!
それが『蜂の子』と知り、びっくり!!

「それが終わったら買物を!」久代に言われ、
「私仕事探したいんですけど!」と主張する照代。
「ついでに買物ぐらい出来るだろ。
 もう1週間もただ飯食べてるんだよ。 
 食費の分ぐらい働きなさい!」
「・・・ケチ鬼バ!!」続きを読む

2006年04月29日

マチベン ファイルNo.4

『安楽死を裁けますか?』

涼子(江角マキコ)と神原(山本耕史)は、後藤田(沢田研二)の
代わりに新田(岸部一徳)という男が入院する病院を訪れた。
後藤田は昔、新田が営む投資会社の顧問弁護士をしていた。
ところが新田は詐欺事件を起こし、後藤田の指示で行ったと
虚偽の証言をしたため、後藤田は弁護士資格を失う寸前にまで
追いこまれたのだった。
涼子に会った新田は、癌で余命半年であると告白。
早く死を迎えたいのだと言う。
それは薬物注射などにより死期を早めること=「安楽死」を意味する。
日本では、裁判で安楽死が認められた例はない。
この依頼に勝ち目はあるのか…。

一回目の法廷。新田はそこで発作に襲われ苦しみだす。
涼子は咄嗟に駆け寄り、医師に早く救命処置をと叫んでしまう。
当然の行為だが、相手側弁護士に、涼子自身も患者を生かしたいと
思っている証拠だと指摘され涼子は言葉を失う…。
公式HPより=続きを読む
23:17 | CM(11) | TB(0) | マチベン | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロサギ #03

『宝石詐欺師』

世の中には、3種類の詐欺師がいる。
 人を騙し、金銭を巻き上げる、シロサギ。
 異性を餌とし、人の心を弄ぶ、アカサギ。
 そして・・・
 シロサギとアカサギだけを餌とする・・・
 史上最強の詐欺師がいる。
 詐欺師を騙す詐欺師。
 その名は・・・クロサギ。」


「家族をシロサギに奪われた俺は、
 それまでの人生を捨てて、生まれ変わった。」

朝、玄関を出たところで鉢合わせになる黒崎(山下智久)と
氷柱(堀北真希)。
前の晩に黒尊が見せた涙に、氷柱は戸惑う。
「出た!貧乏。
 引越し先は決まったか?」と黒崎。
「立ち退きには、6ヶ月の猶予があるはずだけど!」
「あれ!?そんなにお前俺の隣にいたいのか?」
「そんなわけないでしょ!」
「引っ越すかねがないのか。貸してやろうか?貧乏。」
「結構です!これからバイトの面接に行くところですから!」
「性格で落とされないように気をつけてね!」
「あなたねー!」
「遅刻するよーー。」
氷柱が出かけていく。続きを読む
11:59 | CM(14) | TB(0) | クロサギ | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

富豪刑事デラックス 第二話

『豪華客船の完全犯罪解決篇〜密室殺人と巧妙トリック』

西村(江守徹)のダイヤモンドが盗まれるなど大失態の焼畑署。
加えて、美和子(深田恭子)が西村犯人説を論じたため
さらなる怒りを買ってしまう。

孫娘の窮地を知った喜久右衛門(夏八木勲)は、総力を挙げての歓待で
西村に機嫌を直してもらおうと美和子に提案。
そんなことで許してもらえるだろうかと懐疑的な美和子に、
喜久右衛門は自信をのぞかせる。

そんな中、西村邸で生け花を教わることになった美和子は、
西村が金に困っていることを見抜く。
Yahoo!テレビより=続きを読む

弁護士のくず case.03

『美人作家の盗作』

超人気セクシー作家・瀬能セリ(北川弘美)のデビュー作
「ハレルヤ」出版サイン会に、怪しげな雰囲気の女・豪田珠美
(片桐はいり)が乱入しセリの顔を殴打、傷害罪で起訴された。

警察から武田(伊藤英明)に指名で弁護依頼が入り、
早速九頭(豊川悦司)と共に面会に出かけた。
だが、面会室に現われた珠美の言動と風貌に唖然!
さらに、以前に武田の元へ届いていたファンレターが、
珠美からのものだったことが判明し武田は困惑を隠せなかった。

現場には目撃者も多く明らかに有罪と思われる珠美に、きちんと
謝罪をして示談を取り付ければ執行猶予になる可能性があると
進めるが、珠美は、瀬能セリを著作権侵害で告訴して欲しいと
言い出した。
公式HPより=続きを読む
13:23 | CM(7) | TB(0) | 弁護士のくず | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『HERO』SP放送決定!

『めざましテレビ』を見ていたら嬉しいニュース!
7月3日、『HERO』SPが放送されます!
ゲストに綾瀬はるかさん、堤真一さん、中井貴一さん!

7月3日というと、4月期のドラマが終わったあとですね。
良かった〜!レビューが被らなくて。
ということで、レビュー予定です!

前作公式HPは終了してしまいましたが、出演者・あらすじなどの
情報は以下HPで確認出来ます。
欠かさず見ていたドラマだけれど、結構忘れています。
復習しておかなくちゃ。(笑)
フジテレビHP

キムタク検事が復活、7月上旬特別版で
01年に放送全11話が視聴率30%を超えたSMAP木村拓哉(33)主演の人気ドラマが5年ぶりに一夜限りの復活を果たす。型破りな検事の活躍を描いたフジテレビ「HERO」が制作され、7月3日に特別版として放送されることが27日、発表された。

「HERO」は検察庁の支部を舞台に、木村演じる元不良で高校中退の経歴を持つ異端検事の久利生公平がエリートに負けず、正義感に沿って事件に挑む姿を描いた。平均視聴率34・3%は同局の連続ドラマ歴代首位で民放全体でも2位の人気だった。
nikkansports.comより=

医龍 Karte03

『娘の心臓を守れ』 

朝田龍太郎(坂口憲二)は廊下で、亡くなった患者の家族に土下座する藤吉圭介(佐々木蔵之介)の姿を見掛ける。その患者は外科的処置が妥当と判断され、胸部心臓外科で心筋梗塞の手術が行われた。執刀に問題はなかったが、院内感染で術後肺炎を起こして死亡。藤吉は患者を外科に渡した自分のミスだと言う。藤吉は、臨床医としては極めて優秀だが、外科医に患者を渡さないことで医局とたびたびトラブルを起こしていた。そして、加藤晶(稲森いずみ)からバチスタ手術が必要な患者をリストアップするよう要請されたという藤吉だが、やはり自分の患者は一人も渡さないと言い放つ。

一方、朝田のバチスタチームに入ったことを知った伊集院登(小池徹平)は、手術経験のない自分が選ばれたことに困惑。助手の木原毅彦(池田鉄洋)にもあわれみの言葉を投げかけられ、余計落ち込むことに。さらに朝田に救命救急で働くように言われる。
 
同じ頃、救命救急部教授の鬼頭笙子(夏木マリ)は、朝田に救命救急を手伝わせることを決める。それを知った加藤は抗議。鬼頭は、朝田が救命救急で働くことは一時的なことで、実績を積んでもらうためだというが、どうやら何か別の目的がある様子。
 続きを読む
00:39 | CM(14) | TB(0) | 医龍 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

プリマダム Lesson3

『まさかの離婚宣言!涙の選択・・・・今日限りバレエやめます』

佳奈 (黒木 瞳) のレッスンの様子を恐ろしい目つきで睨みつけ、
無言で立ち去る高太郎 (古田 新太) 。
自分を追ってきた佳奈を、足元からゆっくり見上げていく。
「バカヤロー!そんな格好で表に出るな!
 モスラの踊りなんか俺は絶対に認めんからな!! 
 死んでも認めん!!早く辞めてしまえ!!」

夫の怒りに落ち込む佳奈に、バレエ仲間が心配する。
「ごめんなさい、ご迷惑をかけて。
 でも大きい声はいつものことなの。
 昔っから口が悪くて。
 でも時間が経つと、ケロっと治る人なの。
 私はもう慣れっこだから。」
佳奈はハンバーガーショップで仕事をしながらみんなにそう
笑顔で話す。
だが一人になると、不安を隠せない。続きを読む
12:02 | CM(20) | TB(0) | プリマダム | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

ブスの瞳に恋してる 第3話

『マル秘合コン大作戦!!』

おさむ(稲垣吾郎)に恋をしてしまった美幸(村上知子)。恋に臆病でアプローチできずにいる美幸のためにルームメートの翔子(MEGUMI)と弥生(滝沢沙織)は美幸の恋愛成就に向けて大作戦会議を決行。次々に提案される作戦を慣れないながらも懸命に実行する美幸だが、美幸を“オモシロ”の対象としてしか見ていないおさむはその気持ちにまったく気付く気配すらない。

そんなおさむに斎藤(相島一之)から、関東中央テレビで開催するイベント「家族で行こう!ハチハチフェスタ」の中で行う世界的に有名なファッションデザイナー、ザビエル・ガブリエルのファッションショー構成の依頼がきた。ザビエルの存在すら知らなかったおさむは躊躇するも、主婦や子供も楽しめるショーにしたいという話を聞いて引き受けることに。すでにモデルとして出演が決まっている彼女の友美(蛯原友里)も大喜びだ。自分らしい楽しいショーにしようと張り切って構成を考えたおさむだが、第一回のプレゼンでは先方に“オモシロ”が理解されず厳しいダメ出しを受けてしまう。続きを読む