2006年06月30日

医龍 LAST KARTE

『最後のカード!! 新バチスタ手術 』

朝田龍太郎(坂口憲二)たちは臨時教授会の時間を狙って、
生後9カ月の患者の緊急手術を決行する。
手術がはじまったことを知った教授会は騒然。
 
しかし、実は患者は冠動脈瘤を引き起こしていて、このまま手術を
続ければ患者は術中死する可能性があることがわかった。
朝田たちは患者の容態が悪く、術前に十分な検査ができなかったため、
このことを知らなかったのだ。
 
加藤晶(稲森いずみ)はやむなく手術の中止を宣言する。

その頃、教授たちが我先にと、見学室に駆け込む。
「どけどけ!お前ら下っ端は出て行け!」
その場にいた木原(池田鉄洋)は教授たちの言葉に失望しながら
見学室を出ていく。続きを読む
20:58 | CM(10) | TB(0) | 医龍 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弁護士のくず case.12

『愛と金』

結婚式を目前にして突然銀行を辞め、カレー屋を始めると言い出した
笹野(坂本昌行)に困惑する婚約者・みはる(畑野ひろ子)・・・。

ピンク・レディーの『UFO』を振り付きで歌う武田(伊藤英明)と
夕花(星野亜希)。
武田に熱血指導する徹子(高島礼子)。
弁護士会の納涼浴衣まつりの余興の練習をしているのだった。
「僕には出来ません・・!!
 ミーちゃんのステップは僕には高度すぎます!!」
「これはね、ここの新人弁護士が避けては通れない道なのよ!!」
と徹子。
「これぐらい出来ないなら、弁護士なんて辞めちまえ!」
と九頭(豊川悦司)。
「これからの司法制度改革で、弁護士の数も増えるんだから、
 歌って踊れるに越したことはないですよ。」
白石(北村総一朗)までが言う。続きを読む
10:31 | CM(5) | TB(0) | 弁護士のくず | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

ブスの瞳に恋してる 最終話

『最高の結婚式!』

白いタキシードに着替えるおさむ(稲垣吾郎)。

メイクを施してもらう友美(蛯原友里)。
「こんなに早くウェディングドレスが着れるなんて
 思わなかったなー。
 色んな服を着てきたけど、やっぱりこれは、特別だよね。」
そうメイクさんに語る。

「今日僕は、結婚式という、
 人生最大のイベントを迎えようとしていた。 
 いつもは裏方の僕も、今日だけは、主演男優だ。
 そしてその、大イベントに僕が選んだ、主演女優は・・・」

「やっぱり結婚できません!」
美幸(村上知子)はそう言い電話を切ってしまった。続きを読む

アテンションプリーズ Last Flight

『大空へ!!旅立ちの時』

ついに、最後のOJTを迎える洋子(上戸彩)や弥生(相武紗季)たち訓練生。
朝目覚めた洋子が気合を入れていると、奥の部屋で物音がする。
部屋の持ち主で、突然旅に出てしまった智枝美(山崎静代)が
帰ってきたのだ!

弥生の父・昭三(浅野和之)は、どことなく元気のない娘のことを
心配そう。

「サハラ砂漠の砂。
 で、これが、アマゾンのシャーマンペンダント。
 こっちが、トナカイの肉の缶詰。」
「ちーちゃん今まで何してたの!?」
「ま、恋の放浪っていうかな。」
「恋ねー。
 あ、そういえば、変な男が来たよ!
 変なメガネかけて、ちーちゃんの元カレとか言ってたけど、
 あれ、ストーカーだわ!
 バラの花束とか持ってきちゃって、
 そのソファーも僕が買ったんだとか言って!
 そういえばちーちゃんに伝言とか言ってたなー。
 なんだっけなー。
 あ、オカちゃんは怒ってないとかなんとか?」
「・・・ちょっと行って来るわ。またな!」続きを読む

2006年06月27日

トップキャスター 最終話

『さよなら・・・伝説のオンナ』

椿木春香(天海祐希)、飛鳥望美(矢田亜希子)ら『ザ・ニュース』が
CNBテレビ会長、結城英雄(伊武雅刀)が絡んだ闇献金問題を
報道する。
身内のスキャンダルを告発した春香、そして『ザ・ニュース』スタッフらに
冷たい視線を浴びせる社員たち。
「下を向く必要はないわ。」と春香。
「そうですよ!
 僕たちは何も間違ったことはしていません。」と蟹原(玉木宏)。
「ああ、行こう!」と石場(生瀬勝久)。

「本当のことを話して下さい!
 これから大変かもしれません。
 世間の人々は会長のことを冷たい目で見るかもしれません!
 でも僕はわかってます!
 あなたのことを、誰よりもわかっているから、」
結城雅人(谷原章介)が父に訴える。
「お前に何がわかる?」と結城秀雄。
「わかります!」
「私は何も知らなかった。
 私はこの件にな一切関与していないな。」
「はい。」秘書が答える。
「もう言い逃れは止めて下さい!お父さん!」
「お父さん?
 ・・・お前は、実の父親を売ったんだぞ。
 もう息子ではない。裏切り者だ。」続きを読む

2006年06月26日

おいしいプロポーズ 最終回

『あなただけを愛してる』

道造(橋爪功)が春樹(小出恵介)と鈴子(長谷川京子)の交際を巡り
言い争いをしたことが原因で倒れてしまい緊急入院する。

バンビーナのスタッフたちは社員食堂で働きながら、
今まで嫌がっていたジャガイモの皮むきでもいいから
早く料理をしたいとこぼす。

秘書の大河内(石井正則)が鈴子に会いに食堂にやってきた。
道造の容態がだいぶ安定したことを告げ、
道造が倒れたことは誰にも言わないでほしいということ、
そして、道造の代理を務めることとなり多忙な春樹に
お昼を届けてあげてほしいと頼む。続きを読む

2006年06月25日

ギャルサー 最終話

『涙の遺言…少女達の卒業渋谷の街に奇跡が!?』

公園の一角にテントを張り、その前で火をくべ、食事を取る
カウボーイスタイルのサキ(戸田恵梨香)。
「うーん!この肉も美味い!」
罠に獲物がかかったとベルが知らせる。
駆けつけ、ヤリを突きつけると、一之瀬(佐藤隆太)だった。
「ここに罠を仕掛けたらいかんと、何べんも言ってるだろうが!」
「これは、獲物を捕まえるワナだよ。
 引っかかる人間、おかしい!」
サキがすごい力で一之瀬を引き上げる。
「いつ戻ったんだ?」
「今朝。でも人違いだったよ。」
「またか。」
「でも、絶対イモコは、私が見つけてやる。」
「しかしそう言ってもう3年だぞ。」
「引き継いだんだもん。
 おっさんがやり残したこと・・・。」
そう言いシンノスケの帽子を見つめる。続きを読む
17:00 | CM(11) | TB(0) | ギャルサー | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロサギ 最終回スペシャル

『さよなら黒崎』

黒崎(山下智久)は、内職詐欺の被害者・可南子(松居直美)から夫・
水野(二反田雅澄)がフランチャイズ・チェーン詐欺に遭い、
今は刑務所に入っていることを聞く。
水野を嵌めたシロサギの名は春日(萩原聖人)。
6年前に御木本(岸部シロー)の下にいた男だ。

今までとは雰囲気が違う黒崎に、氷柱(堀北真希)は、妙な胸騒ぎを
覚えていた。

神志名(哀川翔)は黒崎がフランチャイス開業詐欺の被害者と
接触していることを知る。
「春日から御木本の居場所を聞き出して、
 いよいよ家族の復讐ってわけですね。」と桃山刑事(田山涼成)。
「春日を張れ!緊急配備だ!
 黒崎には、俺が必ず手錠をかける!」神志名が言う。続きを読む
14:51 | CM(12) | TB(0) | クロサギ | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

てるてるあした 最終話

『あしたはわらう』

ずっと行方不明だった慶子(荻野目慶子)が、ようやく笹乃館を訪れた。
「来てくださったんですね!」サヤ(木村多江)が声をかける。
「鈴木先生は?」面倒臭そうに慶子が聞く。
「お部屋にいらっしゃいます。今お医者さんが治療を。」
「なーんだ。まだ生きてたんだ。」

「お母さん!!」照代(黒川智花)が駆け寄る。
「あら照代。元気そうじゃない!」
「いいから早く来て!久代さん待ってるから!」
「待ってるって私を?冗談でしょ。」
「いいから!久代さんに会って!お願い!」
「お願いされなくても会うわよ!せっかく来たんだから。」
帽子を放りながら笹野館に入っていく。続きを読む

2006年06月23日

富豪刑事デラックス 最終回

『美和子危機一髪!一億円の秘密と脱出マジックの謎』

世界的人気を誇る兄弟マジックユニット有栖川魔術団の兄、
奇一郎(マギー)と弟の奇二郎(田口浩正)が、方向性の違いから
たもとを分かって数カ月。
互いに有栖川魔術団を名乗って譲らない2人に、同じような文面の
脅迫状が届いた。
兄弟は、魔術団創立10周年の記念公演を同じ日時で別々に企画。
脅迫状には、公演を中止にしなければ観客が死ぬと書かれていた。
2人は互いを犯人だと主張し、公演を取りやめれば相手の思うつぼだと
強行の構えを崩さない。
同時に2会場の警備を任された焼畑署は、多くの観客を守る方法に
頭を悩ませる。
そんな中、美和子(深田恭子)が、より大規模で魅力的な
マジックショーを近くで開いて有栖川魔術団の会場に客が
集まらないようにするという妙案を提示。
美和子は、自ら超人気マジシャンになるため、奇術の特訓を積む。
Yahoo!テレビより=続きを読む