2006年08月28日

誰よりもママを愛す 第9話

『涙のバースデー』

人間ドッグの結果、ママ(伊藤蘭)に乳癌が見つかった。
その結果を悩みながらも宣告するこずえ(小林聡美)に、
ママは「パパ(田村正和)だけには黙っていて欲しい」と懇願する。
こずえはせめてパパには言った方が良いのではと薦めるが、
ママは「心配をかけたくないから」とその提案を拒否。

図書館で知に宿題を教えてもらう薫。
つい知に見とれてしまうが、同級生3人組に冷やかされて言ってしまう。
「誰がこんなブス!!
 やめてくれよ、気持ち悪い!!」

その頃、ママの病気のことなどまったく知らないパパは、
ママの誕生日パーティーを画策していた。
ママの件をパパにこっそりと伝えようかと悩んでいたこずえも、
そのパーティーの準備に巻き込まれる。続きを読む

2006年08月26日

タイヨウのうた 第7話

『約束のステージへ』

傷害事件を起こして少年院に入っていた過去を薫(沢尻エリカ)に
知られてしまった孝治(山田孝之)。
麻美(松下奈緒)を守るために起こした事件だと、薫に告白する。

一方、孤児院にいた過去を隠して嘘の人生を生きられない、と
頼ってくる麻美のことも放っておけず、抱き締めてしまう孝治……。

「少し・・・考えさせてくれ・・・。」
と言う孝治に、麻美は連絡先を渡して去る。

自分は薫のそばにいる資格はないと考えた孝治は、民宿のバイトも
バンドも辞めると話す。続きを読む

2006年08月25日

下北サンデーズ 第七回公演

『僕ら薔薇薔薇・・・という感じ?』

ぴっちりブルマーコンテストで準優勝したゆいか(上戸彩)は、
業界でも注目の的。
他のメンバーもマスコミの仕事が増えているため、稽古に全員が
揃わないことを見越した亜希子(山口紗弥加)が代役(スタンドイン)を
集めるなど、劇団を巡る動きがにわかに慌しくなってくる。
そんな中、ヌーベル演劇祭の前哨戦となるスズナリ劇場での公演の
準備がスタート。
しかし、あくたがわ(佐々木蔵之介)はまだ脚本を1行も書けておらず、
とりあえず本格的な稽古はおあずけ。
しかも、サンデーズの大手事務所への所属話も進み始め、
劇団に不穏な空気が…。

それでも、ゆいかや八神(石垣佑磨)はサンデーズの明るい未来を
信じるが、台本があがらないままじりじりと公演日が近づき、
メンバーの心は次第にバラバラになっていく。続きを読む

2006年08月23日

結婚できない男 第8話

『犬がキライで悪いか!!』

拡大鏡を覗き込み、信介(阿部寛)が真剣な表情で模型を
作っている。
細心の注意を払いながらペイントし、完成したものを満足げに
見ると、ある部品がなくなっていることに気がつく。
辺りを探すが見当たらず、
「しょうがないな・・・。
 もう1セット買うか。」
相変わらずとひとり言をつぶやく日々。

もう1セット!さすが、完璧主義!
信介の性格にすごーく合っていそうな趣味ですね。(笑)
作っているのはタイタニック号。BGMは映画『タイタニック』!
金魚も元気そうです。
続きを読む

2006年08月22日

サプリ Episode07

『ぶどう畑のキス』

「一緒にいる意味が分からない」。
藤井ミナミ(伊東美咲)が、田中ミズホ(りょう)と彼女の夫との間で
揺れる荻原智(瑛太)に言ってから一週間が経過。

その間、ミナミは荻原と連絡も取っていなかった。

柚木ヨウコ(白石美帆)は、そんなミナミを元気づけようとする。
しかし、柚木自身も今岡響太郎(佐藤浩市)から別れを切り出された
ままだった。
 
関係がギクシャクしているとは言え、同じ会社のミナミと荻原は
当然会うことも多い。
しかし、ミナミは荻原の姿を見かけただけで身を隠そうと
してしまう。続きを読む
07:34 | CM(7) | TB(0) | サプリ | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

誰よりもママを愛す 第8話

『迷惑で最高な家族』

ピンコ(阿部サダヲ)と一夜を過ごした(?)明(玉山鉄二)は、
昨日のことはなかったことにして欲しいと言い、
ピンコの部屋を飛び出していく。

芸は身を助ける=ゲイ
お構いなく=オカマ
お客さんの言葉に激しく動揺する明。
「美容師はゲイの人が多いって言うわよね。」
この言葉に、手がすべり、お客さんの髪を間違えてバッサリ
切ってしまった!

一豊(田村正和)がいつも買い物をするスーパーマーケットで
一豊のことを隠れて見つめる怪しい男が一人。
それは・・・ピンコ。
一豊の方へ向かって行こうとしたその瞬間、ピンコはたくさんの
ダンボールを運んできた女性店員とぶつかってしまう。
「何するのよ!」
と叫んで睨んだその相手は雪(内田有紀)だった。
雪は、ここのスーパーでパートを始めていたのだ。続きを読む

2006年08月20日

マイ☆ボス マイ☆ヒーロー 第7話

『俺の正体は!☆若頭、涙の疾走』

ヤクザに絡まれた3Aの全員を救うべく、カッコ良く登場し、
一人で数人の男たちを簡単にやっつけてしまう真喜男(長瀬智也)。
ひかり(新垣結衣)は真喜雄の胸に飛び込み、クラス全員に
祝福され、ハッピーエンド!
そして、エンドロールが流れる。

『おわり

 主演
  おれ
 ヒロイン
  梅村さん
 友だち役
  桜なんとか
 担にんの先生役
  てつ仮面
 敵のカシラ役
  カズ
 3年Aくみのみんな
 かん東えいげ会のみなさん
 原案
  おれ
 脚本
  おれ
 演出
  おれ』続きを読む

2006年08月19日

タイヨウのうた 第6話

『捨てた過去の復讐』

バイトの仕事を終え、駅前広場に駆けつける孝治(山田孝之)。
いつもの場所で薫(沢尻エリカ)がギターを抱えて待っていた。
「よう。左手、調子どう?」
「うん。悪くはない。
 それにさ、見て。
 ギター弾けなくなったお陰で、ネイル出来る様になったし。
 可愛いでしょ?」
孝治が笑う。
「はい。」
薫が孝治にギターを渡す。
「そっちこそ大丈夫?緊張するんじゃない?」
「してねーよ。」
「人前で弾いたこと、あんの?」
「ねえけど・・・。」続きを読む

10月期金9は竹野内さん&渡さん!

10月期の金曜夜9時のドラマは、竹野内豊さんと渡哲也さんが
共演されると発表されました。

妻と息子に家出された35歳の男(竹野内さん)と、
妻が病死してしまった、定年を迎えた男(渡さん)。
両親を事故で亡くし、親の愛を知らずに育った男と、
子供に恵まれなかった男。
この2人が、本物の親子のようになっていく。
男のホームドラマだそうです。

竹野内さんと渡さん。渋い〜!
じっくり、魅せてくれそうですね。

来期もあまりたくさんレビューは出来そうにありませんが、
竹野内さんファンな私としては、これもチェックしなければ!続きを読む

2006年08月18日

下北サンデーズ 第六回公演

『ブルマなゆいかが下北を回す!』

雑誌に「ぴっちりブルマーコンテスト」のグラビアが掲載され、
ゆいか(上戸彩)は街で声をかけられるほど注目を浴びることに。
また、ほかのメンバーもちらほらテレビなどに出だし、劇団の
さらなる飛躍に期待が高まっていた。

そんな中、サンボ(竹山隆範)と玲子(松永京子)に浮いた話が。
お互い憎からず思っていた2人は、周囲の反応に照れ隠しから反発しあい、
むしろ互いに距離を置いてしまう。

しかし、サンボの急病をきっかけに、2人の仲が急接近。
玲子が勇気を振り絞ってした告白にサンボも応え、2人は晴れて
メンバー公認のカップルになるのだった。

公私共に盛り上がりを見せるサンデーズに、さらなる朗報が舞い込んで
来る。次回公演を、駅前劇場からさらにワンランク上のザ・スズナリで
やらないかとオファーがあったのだ。しかも、その公演は本多劇場で
開催される「ヌーベル演劇祭」の選考も兼ねているという。続きを読む