2007年05月31日

バンビ〜ノ! 第7話

『恋のパスタ対決』

ホール。
笑顔で客に接する伴(松本潤)だったが、
「自分の為にやったんだろう?
 自分の気持ちの為に。
 だってそれは愛じゃないだろう?」
与那嶺(北村一輝)に言われた“愛”の意味が分からず、
戸惑っていた。

自分でない誰かのために、
僕は何が出来るだろうか?


「伴君、16番のお客様、伴君の担当だろ?」与那嶺が声をかける。
「はい。」
「あまり時間がないようなのでパスタ早めに。」
「え?」
与那嶺に言われてその女性客を見ると、女性客は腕時計を気にしながら
友人と話している。
「あ・・はい。」続きを読む
12:08 | CM(3) | TB(0) | バンビ〜ノ! | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

セクシーボイスアンドロボ VOICE 8

『プッチーニ・前編』

林家。
竹男(塚本 晋也)、雪江(片桐 はいり)、ニコ(大後寿々花)が
竹男の祖父の見舞いから戻ってきた。
危篤と聞き駆けつけたが、「全然死にそうじゃなかった」と
一海(村川 絵梨)に話す。
今まで何度も危篤と呼び出されたことがあったのだ。
「まだまだ、いけるんじゃないの?」
「おじいちゃんわざとやっているとしか思えない!」
呆れる家族。

「ひいじいちゃんが危篤だと聞いて、
 親戚中が駆けつけたけど、
 誰も泣かなかった。」


ニコは録画しておいた番組が撮れてなかったことにショック!

「人が死にそうだって時に、テレビの番組の方が
 気になっている私って・・・
 どうなんだろう。」
続きを読む

2007年05月29日

プロポーズ大作戦 第7話

『恋と花火はいつ散りますか?』

「人間とは、物事が上手くいかなかったときに、
 理由を求める生き物である。
 状況やタイミング、天気や運勢、
 様々な言い訳を引っ張り出しては自分を慰める。
 こんなはずではなかった。
 もう1度やり直せればと。

 やり直せれば本当に上手くいくのだろうか。
 一度目で出来なかったことが、二度目で出来る自信は、
 どこから来るのだろうか。

 男の名前は岩瀬健。
 今、この男の本当の実力が試されている。
 
 自分の殻を破り捨て、14年間告白出来なかった彼女に、
 思いを伝えることは出来るのか。
 その真価が問われている。
 
 果たして、この男に幸せは訪れるのであろうか。」
続きを読む

2007年05月28日

冗談じゃない! 第7話

『夫婦に亀裂!指輪紛失大騒動!!』

ある朝、仕事部屋で眠る圭太(織田裕二)と絵恋(上野樹里)に、
三姉妹は自分たちがこの部屋に移ると提案する。
「狭いから楽しい」とラブラブな二人に、三人は呆れて部屋を出ていく。

洗濯機に洗濯物を入れていく理衣(大竹しのぶ)は、洗面所に指輪を発見。
圭太のところへ持っていくと、
「何で外すの?」絵恋が聞く。
「だって顔を洗う時外すでしょ?」
「外さないよ。!」
「圭太さんアクセサリー苦手なんだ。」と理衣。
「そうなんですよ。
 アレルギーってわけじゃないんですけど、
 結構めんどくさくって。」
「結婚指輪もめんどくさいの?」と絵恋。
「いや、大切にしてるよ。」
「ずっとつけてて。」
「洗面所と、仕事場以外、ちゃんとつけてるよ。」
「え?ベルファミーユでも外してるの?」
「独身のふりしてるんだ!」と香恋。
「家を出た途端に外す人いるって!」と世恋。
「・・・圭太!?」
「マニュアルでね、決まってるの。
 お皿とかに当たって欠けちゃったり、音が出ると不快に思う
 お客様がいるからって。」
「ふーーん。」と三姉妹。続きを読む

2007年05月27日

ライアーゲーム 7

『絶体絶命 リストラ必至の直!!秋山は!?』

「私の名前は神崎直。
 ライアーゲームという、恐ろしいゲームに、
 ある日突然巻き込まれてしまいました。

 天才詐欺師・秋山深一の助けにより、
 二回戦のこのゲームから離脱出来た私は、
 自らの意思で、再びこの恐ろしいゲームに戻ってきました。
 私のせいで、三回戦に進むことになってしまった、
 秋山さんを助ける為に。

 戦いの舞台は、ライアーゲーム敗者復活戦。
 プレイヤーの中で投票を行い、最も票の少なかった一人が
 脱落する、リストラゲームが始まったのですが、
 二回戦でお金を手に入れた私は、
 借金を背負う他のプレイヤー達から敵視されていたのです。

 みんなを裏切ったフクナガさん同様、
 私は、リストラの最有力候補になっていたのでした。
 勝ち残る為に、お互い投票しあって、
 票を確保すると言う作戦を立てたのです。
 しかし、私はまた、フクナガさんに騙されてしまいました。
 マネーの代わりとなる、Mチケット。
 フクナガさんはこれを契約書として使い、
 全員の票の動きを完全に支配したのです。
 私が、一票も取らない様に。」
続きを読む

2007年05月26日

帰ってきた時効警察 第七話

『ごく普通の主婦がイノシシと間違えられるには、
 それなりの理由があったのだ!』


このところ近所の窓からずっと見ている美女の影が気になった十文字(豊原功補)は勝手に犯罪の臭いを感じ、その女性が自分に助けを求めていると勘違い。家宅捜索に乗り出したところ、出てきたのは画家のおっさん(園子温)で、美女の影はただの石膏だった。その話を聞いた熊本(岩松了)は“見間違い”つながりで、霧山(オダギリ ジョー)に時効事件「イノシシ主婦見間違い事故 それとも殺人事件なのか?」のファイルを差し出す。イノシシの里とよばれる“大間下(おおまか)村”で、村の猟友会メンバーたちがイノシシと間違って、イノシシの毛皮をまとった村の主婦・一宮理恵子(宮地真緒)を射殺してしまった事件だ。当初は痛ましい事故と考えられていたが、事件当日に自宅で猟銃自殺している理恵子の夫・一路(山中崇)が発見されたため、殺人事件の可能性も浮上したという。霧山と三日月(麻生久美子)は、さっそく大間下村へ行き、一路の姉・御厨まさへ(国生さゆり)を訪ねることに。亡くなった理恵子も所属していたママさんバレーボールチームの練習に命を懸けるまさへは、大らかでいい加減な人たちが多い大間下村の中では珍しくキッパリした性格。霧山が趣味の捜査をしていると告げると、まさへは「趣味で何かをやる人間が大嫌いだ」という。そこで霧山は、趣味とは思えない気迫と本気で捜査すると約束し、村での聞き込みを開始する。続きを読む

2007年05月25日

わたしたちの教科書 第七話

『第一部完結!!提訴』

珠子(菅野美穂)は、喜里丘中学校の体育教師・戸板(大倉孝二)から、
明日香(志田未来)の元担任だという三澤亜紀子(市川実和子)に
関する情報を得る。

戸板を洋食屋『ぶらじる』に呼び出した珠子。
「気持ち持ってきてくれた?」
「お車代です。」封筒を差し出す珠子。
「どうも。
 ・・・で何だっけ?」
「先日あなたは、三澤教諭は病気で休職したのではないと、
 おっしゃってましたね。」
「雨木副校長と揉めているところを何度か見かけたんで。
 あれ雨木に切られたな。」
「それは藍沢さんのことと、関係あるんでしょうか。」
「あるよ。あるから三澤先生は藍沢を、
 ・・・殺したんだよ。」続きを読む

2007年05月24日

バンビ〜ノ! 第6話

『愛って何だろう』

愛って何?
ホール担当になって2週間が経過したが、緊張がとけない
伴(松本潤)は、グラスや皿を落として割るなどミスを連発。

「慣れないねー、なかなか。やる気は買うんだけどねー。
 ・・・やる気になったからって、すぐに出来るわけじゃないか。」
支配人の美幸(内田有紀)が呟く。

「失礼しました。」
客に詫び、片付けを手伝う与那嶺(北村一輝)。
「すみません・・」と伴。
「お客様の前でそんな顔しない。
 それに、謝るのは僕にじゃないよ。」
「はい。
 申し訳ありません!」
伴が客に向かって謝る。

「何でいつになっても緊張するんやろう、俺は・・・。」
ゴミ箱に割れた食器を捨て、伴が呟く。続きを読む
19:17 | CM(2) | TB(0) | バンビ〜ノ! | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

冗談じゃない! 第6話

『浮気!?ハンカチおやじ大ピンチ』

圭太(織田裕二)が理衣(大竹しのぶ)の元カレなのではと
絵恋(上野樹里)たち姉妹は疑いを持つが、理衣のウソで
何とか切り抜ける。

その後、理衣はスポーツバーで冴子(飯島直子)とばったり会う。
意気投合する2人だったが、冴子は理衣が圭太の義母だという事は
知らない。もちろん元カノだということも…。

そんな状況の中、冴子は妻がいる人(圭太)の事ことが気になって
いると理衣に打ち明ける。
理衣は冴子に
「人生何があるか判らない、大事なのはその時の自分の気持ちに
従うことだ」
とその人(圭太)に気持ちをぶつけるよう勧めてしまう。

一方、圭太はファミレスの常連客・石野(内海桂子)からライスに
髪の毛が入っているというクレームを受け、言い合いになってしまう。

冴子に店を潰す気かと怒鳴られる圭太だったが納得がいかない。

そんな中、理衣が大切なお客を圭太に会わせたいからと言い、
家に戻ってくる圭太。そして家にやってきたのは…冴子だった!

公式HPより=続きを読む

セクシーボイスアンドロボ VOICE 7

『』

ニコ(大後寿々花)とロボ(松山ケンイチ)は、ファミリー
レストランで立てこもり事件に巻き込まれる。
従業員によれば犯人は長時間、ある女性の到着を待っているという。

ニコとロボは、同店で働く一海(村川絵梨)や来店した
雪江(片桐はいり)、竹男(塚本晋也)らと犯人を説得するが
失敗。
調理場に隠れていた名梨(岡田義徳)が犯人のかばんを
取り上げようとしたことから、中に大金が入っていると分かる。

名梨によれば、その大金は犯人が勤務先の会社から持ち出したもの。間もなく、犯人は思わぬ犯行の動機を明かし始める。

ヤフーテレビより=

イメージ 1.png続きを読む