2007年11月30日

医龍 Team Medical Dragon2 KARTE:08

『絶対に許せない麻酔医!!』

一枚の写真を見つめる善田秀樹(志賀廣太郎)。
医師らが仲良く肩を寄せる写真、その中で善田と野口賢雄(岸部一徳)が
並んでいる。
「野口・・お前は、昔っから変わらないな。」
「俺が、明真を潰す!」
自分の言葉を思い起こしながら、写真を手帳に挟み、カバンの中へ。
そして背広を羽織り、険しい表情で出かけていく。

病院の屋上
暗い表情で佇む小高七海(大塚寧々)。
ポケットからチョコを取り出し、包みをあけながら
待ち合わせの相手がレストランに来なかったことを考えていた。
風が小高の手から銀紙をさらっていく。

その銀紙はある男の靴が踏みつける。
北洋病院を見つめる男。
男の車の窓が開く。
「お前は学校へ向かいなさい。遅れるぞ。」と父・俊彦(野村宏伸)。
「気をつけてね。」と母・早苗(中込佐知子)。
黒田智樹(本郷奏多)を乗せた車が走り去る。続きを読む

3年B組金八先生 第8話

『子守歌に託した夢』

毎年恒例の『中学生英語スピーチコンテスト』が近づいてきた。
桜中からも各クラス1名、コンテストに出場する代表が選ばれることになり、3Bでは帰国子女で英語が得意な亮子(忽那汐里)が選出される。

そんな中、紋土(カミュー・ケイド)はアメリカにいる父親から届いた手紙のことで思い悩んでいた。 アメリカ人である紋土の父親は軍人で、彼が生まれてすぐ母国に戻ってしまっていた。 そのため、紋土は英語も話せず、見知らぬ父親に対して好意を抱けずにいたのだ。 そんな父が、イラクの戦地に赴く前に自分と会いたがっていると知った紋土 は、冷静さを失ってしまっていた。
ある日、意を決した紋土は、英語が得意な亮子に父からの手紙を訳してもらおうと思い立つ。 ところが、手紙を渡そうとしたところをみゆき(梶尾舞)とりな(萩谷うてな)に目撃され、亮子に気があるのではないかと誤解を受けてしまう。 クラスのみんなに冷やかされ、勘違いしてしまった亮子は紋土に対して傷つけるような発言をしてしまい…!?

公式HPより=続きを読む

ジョシデカ!−女子刑事− 第7話

『連続殺人犯は身近な人間』

吉井(大倉孝二)の妻・明子(麻生祐未)が、新たな犠牲者となってしまった。悲しみをこらえる吉井を前に、明子の護衛を頼まれていた来実(仲間由紀恵)は、今回ばかりは自分の未熟さに強く責任を感じていた。その一方、事件の捜査が進展しないなか、これまで捜査を仕切ってきた柳田(田中哲司)が、捜査本部を外されてしまう。

そんな殺人事件が相次ぐ中、日暮署刑事たちの間には、徐々に連帯感が生まれていた。事件解決へ向け、これまでに起こったことを検証するダンシデカたち。そのとき青山課長(益岡徹)が「犯人は警察内部にいるかもしれない」と切り出す。それを信じられない来実は柳田のもとを訪れると、捜査本部には内緒で一緒に捜査をして欲しいと頼む。余り気乗りしない柳田だったが、来実の情熱に押され協力することに。それにより来実は、事件の手がかりとなる新たな事実をつかんだのだが、そのことに来実はショックを受ける…。

一方の華子(泉ピン子)は、パク(リュ・シウォン)が逮捕される原因となった時田(名高達男)の身辺を、一人で探っていた。自分が愛したパクの父親・チョンスの恨みを晴らすために、華子は時田への復讐を誓っていたのだった。

時を同じくして、無事釈放され家に戻ったパクは、昔に父親が華子へプレゼントしたという黒いコートを華子の部屋で見つける…。
来実がつかんだ新たな手がかりとは? 華子が時田に取った行動とは?? そしてパクが見つけた黒いコートの意味は???

公式HPより=続きを読む

2007年11月27日

暴れん坊ママ 第7話

『息子は天才!?お受験参戦』

川野あゆ(上戸彩))と夫・哲(大泉洋)は、突然「お受験する」と言い出した佑樹(澁谷武尊)の言葉に驚くが、当の佑樹はノリノリ。哲が地元の小学校に行くようにすすめても、好きな植松莉子(小出幸果)と同じ学校を受験すると言って聞かない。
あゆは佑樹が初めて自分からやりたいと主張したことだから、気持ちを尊重してやりたいと思うが、哲は金銭的な理由からも諦めさせるべきだと言い、ふたりの考えは食い違う。

そんな中、あゆが莉子の母親・莉香(中山恵)に塾のことで相談していると、北条翠子(ともさかりえ)が来て塾の授業を見学してみればいいと提案。ほかの子たちはみんな何年も前からお受験のために準備している。そんな思いつきではついていけないことがわかるだろうと言うのだ。

あゆは佑樹を連れて、早速、子供たちが通う有名進学塾の見学に行く。ピンと張り詰めた空気が流れる教室では、みんな真剣モードで難しい問題を必死に解いていく。そんななか、見学の佑樹が当てられる。誰も出来るわけがないと思うが、佑樹は誰よりもスラスラと正解を答えはじめ…。

公式HPより=続きを読む
23:44 | CM(2) | TB(3) | 暴れん坊ママ | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガリレオ 第七章

『予知る(しる) 美しき妻の愛した恐怖の殺人装置』

菅原(塚地武雅)のマンションに、大学時代の後輩・峰村(佐藤重幸)が
遊びにきていた。
新婚の菅原に気を使い、早々に帰ろうとする峰村を
まだいいじゃないかと引き止める菅原。
美しい妻・静子(深田恭子)も料理の準備をしながら
「ゆっくりしていって下さい。」と笑顔で言う。
そのとき、菅原の携帯電話に冬美(桜井千寿)から電話が入る。
慌てて別の部屋に移動する菅原。

「どうしたっていうの。
 責任って何?」と菅原。
「私と結婚してくれるって言ったでしょう!?」
「そんなこと言ってないよ、僕。」
「ふーーん。とぼけるんだ。
 窓の外見てみて。」
「え?」
冬美は、何故か向いのマンションの一室にいた。
「き、君、何でそんなところに。」
「結婚してくれないんだったら・・・首っ吊って死ぬ。」
そう言い、ハンガーラックに括られたロープを首にかける。
「そんな冗談・・」
「本気よ。止める気あるなら早く奥さんと別れて。」
「無茶だよ、そんなの・・」
「5秒以内に。
 5、4、」
「ね、頼むよ!こんな悪いおふざけやめてよ。」
「3、2、」
「ほら、お金ならあげるからさ。」
「1。」
「冬子ちゃん!!」
「・・・私の名前は冬美。
 じゃあ、さようなら。」
菅原を見つめながらイスを蹴り、冬美は宙吊りに。続きを読む
21:37 | CM(5) | TB(10) | ガリレオ | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

のだめで迎春!フジ16時間半放送

 上野樹里(21)、玉木宏(27)の主演で人気漫画をドラマ化したフジテレビ「のだめカンタービレ」が、来年正月に4日連続で計約16時間半にわたり放送される。2、3日は昨年秋の連続ドラマを再放送。同4、5日は「新春スペシャル IN ヨーロッパ」(後9・03)と題し、パリを舞台にした続編の新作を放送。上野は「おしゃれなパリで、はっちゃけて来ました」と話した。

 バラエティーの印象が強いフジテレビの正月は「のだめ」が席けんする。2日は連続ドラマの1〜6話を午前9時半から6時間以上、3日は7〜最終11話を、いずれも午前8時から約5時間放送。4、5日の約2時間半のスペシャル版と合わせると計16時間半以上。裏番組の「箱根駅伝」(日本テレビ)に負けない「のだめ駅伝」になる。続きを読む

2007年11月26日

モップガール EP:7

『覗かれた!?女教師の秘密の保健室』

桃子(北川景子)はある日、名門・有望台高校のイケメン3人組"トリプルスター"に遭遇。彼らの登場に色めき立つ女子高生たちの勢いに桃子が圧倒されていると、女子高生・佐伯亜衣(尾高杏奈)が取り巻きを従えて現れた。桃子と一緒にいた環(渡辺夏菜)の話によると、亜衣は"トリプルスター"のひとりで一番人気の尾関ヒカル(山口翔悟)と付き合っているという。ヒカルと一緒に撮ったプリクラを自慢するなど、これ見よがしにラブラブぶりを見せ付ける亜衣の態度に、女子高生たちは悲鳴を上げて大騒ぎ。が、その騒ぎも、有望台高校の保健教師・沖須美子(猫背椿)の登場で収束する。

その夜、亜衣が金属バットで殴り殺された!遺体を下げに行った桃子は、事件の第一容疑者が有望台高校の化学教師・小泉乙彦(村杉蝉之介)だと知る。なんでも、理科室で逢引する生徒を盗撮するために隠しカメラを仕掛けていた小泉を、亜衣が糾弾しようとしていた、との証言があるらしい。そのため、追い詰められて逆上した小泉が犯行に及んだのだろう、というのが警察の見解だった。やがて、亜衣とヒカルのプリクラに触れた桃子は、激しい耳鳴りとともに、その日の朝へ逆行。桃子は事件を阻止するため、将太郎(谷原章介)を丸め込み、学校見学の親子を装って有望台高校へ潜入する。続きを読む
01:22 | CM(2) | TB(7) | モップガール | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

SP Episode II−3

『元総理を救出せよ 』

外部から遮断された病院の中、井上薫(岡田准一)はテロリストへの
反撃を開始。
1Fで沼田(パク・ソヒ)を確保すると、ナース長の富永(深浦加奈子)と
共に、物理療法室に拘束されていた笹本絵里(真木よう子)を救いに向かう。

「大丈夫でした!?」富永ナース長が笹本に駆け寄る。
「あんた何やってんの!?
 何その髪型!」
「見たらわかるでしょ。任務遂行中っす。」
「私も参加したいからそこのイスの上の鍵取って。」
井上から鍵を受け取り、手錠を外す富永。
片方が外れると、笹本は自分でもう一つの鍵を外す。

気絶している沼田の両腕を手錠で手すりにつなぎ、
タオルで口をふさぎ、両足を結びつける。
「ここなかなかいいっすね。」と井上。
「うん?」
「加藤元総理の状況は?」
「オペ中です。
 予定通りなら、あと1時間半ほどで終わると思います。」と富永。
「この状況でマルタイの安全を確保するには、
 テロリストを排除していくしかないっすね。」
「そうだけど・・」と笹本。
「さっき奪った携帯で警察に連絡すればいいんじゃないの?
 そうすれば、何とかしてもらえるんじゃない?」
笹本の手を手当てしながら富永が言う。続きを読む

歌姫 第七話

『生まれ変わって出会えた夫婦の奇跡』

鈴 (相武紗季) は太郎 (長瀬智也) を見て涙を流した美和子 (小池栄子) の
ことが頭から離れない。
美和子が記憶をなくす前の太郎のことを知っているのではと考えると、
いてもたってもいられなかった。

一方、太郎と美和子が夫婦だった、と知った 浜子 (風吹ジュン) は
勝男 (高田純次) に相談する。
太郎に恋をしている鈴にはとても言えず、二人は不安を募らせるばかり。

岸田家の朝
「東京じゃ今、カミナリ族って若者がたくさんいるんだけどね、
 オートバイに乗って暴走している若者たちのことなんだけど、
 普段の太郎君みたいにブンブンブンブンうるさくて
 かなわないんだよ。」と晋吉 (西村清孝) 。
「お!それ、日活アクションで見たことあるぜよ!
 あれぜよ?マフラーみたいの巻いて、変な格好して、
 走ったりしうがやろ?」
「そうそうそう!」
「マフラーやのうてスカーフちや!」と泉。
「怖いとこちゃ、東京は。」と浜子。
「東京やとやっぱり、裕次郎や小林旭に会えるのかの?」
「うちは朝丘ルリコは会うたことあるがよ。」と泉。
「えーっ!」驚く一同。
「ほんまかい!!
 なんじゃなんじゃ、なんで今まで黙っておったがぞ!」と太郎。
「そんな珍しいことでもないき。」
「・・朝丘ルリコは、どうやった?」
「ものすごーく、べっぴんさんやったち。」
「撮影してるとこ見たんかえ?」と浜子。
「うん。イスに座って、こう、コカコーラ飲んじょったがよ。」
「コカコーラ!」「ぐっときたぜよーっ!」
「さすがやね。女優さんはコカコーラ飲みゆうがかえ。」と浜子。続きを読む
16:59 | CM(2) | TB(3) | 歌姫 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

医龍 Team Medical Dragon2 KARTE:07

『復活!!スーパードクター』

北洋病院で進める朝田龍太郎(坂口憲二)のチームに、
外山誠二(高橋一生)が加わった。
だが、まだ麻酔医の小高七海(大塚寧々)は、その意志を持たない様子。
 
そんな時、循環器外科医、松平幸太朗(佐藤二朗)に
“スーパードクター”と呼びかける少女、高見香奈(川島海荷)と、
その母親、紀枝(高橋ひとみ)が北洋を訪ねて来た。

「驚きました!この病院に勤務を?」と紀枝。
「ええ・・まあ。」
「すごい・・奇跡!」
「え!?」

そんな様子を朝田は見つめ・・・。

病院の中庭
「早いもんですね。
 あれからもう、5年です。」紀枝が松平に言う。
「ええ。」
「あの子が6歳の時。
 香奈にとって、あの手術以来、松平先生はスーパードクターなんですよ。」
「・・・」
「これ、明真大学からの紹介状なんです。」
「明真大学・・」
「食道がんなんです、私。
 結構進んでいるらしくて、明真大学からここを紹介されました。
 でも、本当によかった!先生がここにいらっしゃるなんて。
 私、先生なら安心して手術を任せられます。」
「・・・」
「先生!」香奈が駆け寄る。
香奈のランドセルには見覚えのあるマスコット人形。
「これ、入院している時先生から貰ったタマちゃん!
 先生、今度はお母さん、お願い!
 ゴッドハンドで絶対治してね!」
「・・・」続きを読む