2008年12月31日

2008年全期 どらま・のーと杯

今年は以下のドラマをレビューしてきました。

■2008.10
(月21)【イノセント・ラヴ】
(木20)【七瀬ふたたび】
(木22)【風のガーデン】
(金22)【流星の絆】
(土20)【ブラッディ・マンデイ】
(土21)【ジャッジII】
(日21)【SCANDAL】

■2008.7
(月)【太陽と海の教室】
(水)【ゴンゾウ】
(木)【キャットストリート】
(木)【四つの嘘】
(木)【コード・ブルー】
(金)【魔王】
(土)【ヤスコとケンジ】
(日)【Tomorrow】

■2008.4
(月)【CHANGE】
(火)【絶対彼氏】
(火)【無理な恋愛】
(木)【ラスト・フレンズ】
(金)【Around40】
(土)【ROOKIES(ルーキーズ)】
(土)【トップセールス】

■ 2008.1
(月)【薔薇のない花屋】
(火)【あしたの喜多善男】
(水)【斉藤さん】
(木)【3年B組金八先生】
(木)【鹿男あをによし】
(金)【エジソンの母】
(土)【フルスイング】
(土)【SP】
(土)【ロス:タイム:ライフ】続きを読む

2008年全期 好きなドラマアンケート

いつもありがとうございます。

早いものでもう12月。
2008年全期・好きなドラマアンケートを設置してみました。

5つに分割されていてわかりづらいかもしれませんが、
お気軽にご参加下さい。

何本に投票下さってもOKですが、
同じドラマには一票のみでお願いいたします。

選択にないドラマは『その他』でタイトルをお知らせ下さい。
最後に集計させていただきます。

※12月31日朝8時頃、一旦集計させていただきます。続きを読む

2008年12月25日

2008年10月期 どらま・のーと杯

2008年10月期ドラマ・勝手に授賞式〜♪(敬称略)

今期は以下、◎印のドラマをレビュー、△印を視聴していました。

(月21)(◎)【イノセント・ラヴ】
(火22)(△)【チーム・バチスタの栄光】
(木20)(○)【七瀬ふたたび】
(木22)(◎)【風のガーデン】
(金21)(△)【ギラギラ】
(金22)(◎)【流星の絆】
(土20)(◎)【ブラッディ・マンデイ】
(土21)(○)【ジャッジII】
(日20)(△)【篤姫】
(日21)(○)【SCANDAL】続きを読む

2008年12月23日

イノセント・ラヴ 最終話

『永遠に』

佳音(堀北真希)は、殉也(北川悠仁)と結婚式を挙げた。
式場には、昴(成宮寛貴)のほか、子ども聖歌隊のルリ子(八木優希)や
勇(澁谷武尊)たちの姿もあった。

だが、そこに耀司(福士誠治)の姿はなかった。
耀司は、仕事を理由に結婚式には出席しなかったのだ。

藤堂が耀司の仕事場にやって来た。
「どうだ?仕事の方は。」
「大分、慣れました。
 皆さんよくしてくれますし。」
「そうか。
 ・・・今日だろ?妹さんの式。
 出てやらないのか?」
「・・・俺は晴れの場に相応しい人間じゃないですし。」


B001TIKGL0イノセント・ラヴ DVD-BOX
堀北 真希, 北川 悠仁, 香椎 由宇, 福士 誠治
ポニーキャニオン 2009-04-15

by G-Tools
続きを読む

2008年12月22日

SCANDAL 最終話

『友よ!大切な人よ』

教会で、理佐子(戸田菜穂)と再会出来た貴子(鈴木京香)・真由子(吹石一恵)・たまき(桃井かおり)。
今まで理佐子がみんなのことをどのように思ってきたか、結婚式に何故みんなを招待したのか、理佐子から真相が語られ貴子たちは驚きを隠せなかった。

そこへ、夫・雄一からすべてを聞き出したひとみ(長谷川京子)が駆けつけ、理佐子がこんなことになったのは夫のせいだったと詫びる。
理佐子は、今まで歩んできた自分の生い立ち、久木田(加藤虎ノ介)との出会い、殺人を計画したことなどすべてを語った。
そして、貴子たちは、改めて理佐子の純粋な愛情を知ることに…。

だが、その5人の前に、勝沼(小日向文世)率いる捜査員が踏み込んできた。傷害容疑で理佐子に、犯人隠避の容疑で貴子たち4人に逮捕状が出ていたのだった。
警察に連行され、留置されてしまった貴子たちは…。

公式HPより


B001GXR116SCANDAL DVD-BOX(5枚組)
鈴木京香, 長谷川京子
ビクターエンタテインメント 2009-03-06

by G-Tools
続きを読む
12:16 | CM(1) | TB(0) | SCANDAL | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

ブラッディ・マンデイ #11

『今夜0時東京破滅テロ宣言へ!!生死を懸けた終幕へ』

ついに姿を現したテロリスト教団の首謀者「K」の正体は、なんと、
藤丸(三浦春馬)と同じ新聞部の同級生・真子(徳永えり)だった。
真子は、自分を助けに来た藤丸に対し、ためらいもなく銃口を向ける。
そして、撃ち放った銃弾は、藤丸をかばった竜之介の胸へと突き刺さる。

「K」とマヤ(吉瀬美智子)はその場を逃げ出し、藤丸と竜之介は
駆け付けた「THIRD-i(サード・アイ)」によって保護される。
「ブラッディ・マンデイ・・
 ブラッディ・マンデイの・・全てが・・この中に・・。」
竜之介が加納に何か渡そうとする。
「時間がない!全てがここにある!」
加納は竜之介からそれを受け取ろうと手を伸ばす。
その手をぎゅっと握り締める竜之介。
「絶対、止めろ!
 ・・・頼んだぞ。」
「・・了解しました。」


B001GXR102ブラッディ・マンデイ DVD-BOX I
三浦春馬, 吉瀬美智子, 佐藤健, 松重豊
アミューズソフトエンタテインメント 2009-01-23

by G-Tools



B001O6W9SAブラッディ・マンデイ DVD-BOX II
三浦春馬, 吉瀬美智子, 佐藤 健, 松重 豊
アミューズソフトエンタテインメント 2009-03-27

by G-Tools
続きを読む

流星の絆 最終回

『犯人はお前だ!3兄妹の運命は・・・
 涙と感動の最終回!』


「大人になったら犯人捜してさ、
 3人でぶっ殺そうな。」

時効当日。
功一 (二宮和也) は、泰輔 (錦戸亮) と共に戸神邸に潜入するが、
犯人だと確信していた 戸神政行 (柄本明) からレシピノートのコピーを
見せられ混乱する。
政行は14年前の事件の夜、幸博 (寺島進) を訪ねたことは認めたが、
自分が行ったときには、幸博と 塔子 (りょう) はすでに息絶えていたと
言う。

「あの晩、君が目撃したのは、確かに君だ。
 私は、このレシピを受け取るために、君たちの家に行った。
 だけど、これだけははっきり言っておく。
 君たちの両親を殺したのは私じゃない!」
「何だって・・」と功一。
「私が行った時・・君たちのご両親は・・既に殺されていたんだ。」
「・・・」
「よくもそんな嘘を!」と泰輔。
「嘘じゃないんだ。」
「ふざけんなよ!レシピを盗んだことは認めるけど
 殺しは認めねーって。
 そんなの誰が信じるんだよ!」と泰輔。
「盗んだんじゃない、買ったといっただろ?」
「同じことだろ!アリアケの味をパクる為に殺したんだろ!」
「違う!向こうから買ってくれと持ちかけられて、」
「嘘だよ絶対!お母さんがそんなことさせるわけない!」と静奈。
「いや。そうとも限らない。
 事件の当日、借金の返済日で、
 お母さんは金策に走り回っていたんだ。」と萩村刑事。


B001GXR0ZI流星の絆 DVD-BOX
二宮和也, 錦戸亮
TCエンタテインメント 2009-04-15

by G-Tools
続きを読む
14:07 | CM(5) | TB(3) | 流星の絆 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月19日

風のガーデン 最終話

『ナツユキカズラ』

9月7日(日)東京 高林医大
夜の病院、貞美(中井貴一)からの手紙を読む妙子(伊藤 蘭)。
『すっかりご無沙汰しています。
 多分連絡が取れなくて、お怒りだろうと思います。
 東京で使っていた携帯電話は、過去と共に地中に埋葬いたしました。
 大天使ガブリエルは、まだ辛うじて生きております。

 昨日、全く思いがけなく、娘の結婚式の介添役を務めました。
 父親としての資格のない僕が、そんな役をして良いものか迷ったが、
 娘と親父に強引に勧められ、
 バージンロードを娘と歩きました。
 実に全く、なんというか、まさに道化の花嫁の父でした。
 なぜなら、この式自体が僕の為に仕組まれた、
 全く偽の結婚式だったからです。
 親父は僕がつい口走った、バージンロードを娘と歩く、という夢を、
 無理やり現実に移してしまったのです。
 タイムリミットが迫っていることを、娘も恐らく知っていました。
 知っていてそれを億尾にも出さず、一世一代の花嫁の大役を、
 最後まで見事に演じきりました。
 娘ばかりではありません。
 親父も、友人も、そこに来てくれた人々が、
 見事に全員真剣でありました。
 花婿は、恐らく強引に口説かれたのでしょう。
 どこまで事情を知らされていたのか。
 何とも言えない花婿のその顔は、悲痛と滑稽さがないまぜにになって、
 感動的ですらありました。
 それらの全てが芝居であることに、僕は最初から気づいていながら、
 彼らの愛情に圧倒されて、気づかぬふりをして道化を演じた。
 いや、僕が芝居だと気づいていたことに、
 既に彼らも気づいていたのかもしれません。
 全てが一場の優しさごっこでした。
 しかし、途中から僕は次第に、本気で感動し、
 涙で体が震えだすのを、抑える事に、必死だった。
 実はその朝、式の間に痛みの来ないよう、
 持続的硬膜外ブロックを受けました。
 背中からわき腹へテープで固定した、その注入器から
 局所麻酔薬と、麻薬が体内に流れていることを、
 僕はもう全く忘れていました。
 僕は死に掛けた病人でなく、まさに幸せな花嫁の父でした。
 本当に・・本当に・・最高の時間でした。
 
 明日から実家に帰ります。
 親父の勧めにしたがって、生まれた家で、死を待つつもりです。
 あなたには、これでもうお目に掛かれません。
 長い間の小生のわがまま、不埒な愛情、お許し下さい。
 楽しく、素晴らしい思い出でした。
 内山君によろしくお伝え下さい。
 9月4日深夜 白鳥貞美』


B001GXR0YY風のガーデン DVD-BOX
中井貴一, 黒木メイサ
ポニーキャニオン 2009-03-18

by G-Tools
続きを読む
20:04 | CM(6) | TB(0) | 風のガーデン | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

イノセント・ラヴ 第9話

『涙の最終』

佳音(堀北真希)は、殉也(北川悠仁)に別れを告げ、
故郷の長野へと向かった。
佳音の記事が、週刊時潮に掲載されたことが原因だった。
それは、週刊時潮の記者・池田(豊原功補)が、掲載を諦めて
破棄したはずの原稿だった。

佳音は保証人なしで入れる部屋を借りると、
少年刑務所に服役中の兄・耀司(福士誠治)に会いに行く。
「何で来たんだ。
 手紙読んだろ?
 もう俺とは縁を切ってくれ。」
「お兄ちゃん・・どうして今まで嘘ついてたの?」
「嘘?」
「やったのはお兄ちゃんじゃないよね。」
「・・・」
「私全部思い出したんだよ。
 池田さんの記事を読んで全部思い出した。」
「佳音?」
「私がお父さんを刺した!」
「違うんだ!それは違う、全然違う!」続きを読む

2008年12月14日

SCANDAL 第9話

『妻が夫を捨てる日』

哲夫(石原良純)から、理佐子(戸田菜穂)からの手紙を受け取った貴子(鈴木京香)たち。だが、哲夫からも理佐子は逃げてしまい、居場所が分からなくなってしまった。
手がかりは「真実を知りたければ、日曜日に結婚式を挙げた教会に来て」という、理佐子から手紙だけ。事件のナゾ解きをする貴子たちだが、つじつまが合わないことばかり…警察に知らせたほうがいいというみんなに貴子は、何があったのか本人に会って聞くしかない、日曜まで警察に知らせるのは待って欲しいと頼む。

一方、勝沼(小日向文世)は、たまき(桃井かおり)の家から凶器と見られるナイフを発見したことから、再捜査のための会議をしていた。
財務省の金沢(春田純一)と雄一(光石研)が何らかのかかわりがあること、8年前の傷害事件に関してのことなど、明らかになってきたことを報告した。
貴子と秀典(沢村一樹)、ひとみ(長谷川京子)と雄一、真由子(吹石一恵)と賢治(遠藤憲一)、たまきと哲夫…4組の夫婦が、それぞれ解決しなければならないことに直面する。そして、ひとみ・真由子には新しい愛が…!?

公式HPより続きを読む
23:59 | CM(1) | TB(0) | SCANDAL | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする