2009年08月30日

任侠ヘルパー 第八話

『敵対組長の襲来!!そして女組長の覚悟』

タイヨウ
施設の仲間たちに見守られながら、一人の老女が亡くなった。

ご遺体が引き取られていくのを見送るヘルパーたち。
「家族も来ないで、赤の他人に囲まれて、
 それで終わりかよ・・。」とりこ(黒木メイサ)。
「捨てられたみたいで、むなしいですね・・。」と二本橋(宇梶剛士)。
任侠ヘルパーたちの言葉に、園崎所長(大杉漣)も複雑な表情を浮かべ・・
そしてみんな、業務に戻る。

入居所の部屋を掃除する五郎(五十嵐隼士)と彦一(草g剛)。
「アニキ。アニキってどんな死に方が理想っすか?」
「え?」
「やっぱ路地裏っすか!?
 雨ん中追い詰められて、ズドーンッ、やられて、
 バシーン、倒れて!」
「映画みてーなこと言ってんじゃねーよ。ほら早く仕事しろよ。」
「いや・・ぶっちゃけこんな所で死にたくないじゃないっすか。」
「おい!」
部屋にいる老人を気遣う彦一。
「大丈夫っすよ。このじいさん喋ったとこ見たことねーし。
 ねー!」
「・・・」
老人の側に飾られた家族写真を見つめる彦一。続きを読む
16:24 | CM(1) | TB(5) | 任侠ヘルパー | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜 第7話

『離さない』

直輝(山下智久)のもとに、別れたばかりの元恋人・菜月(相武紗季)
から電話が入る。
「・・直輝?私。」
「・・久しぶり。」

一方、莉子(北川景子)は、ボストンへ出発する直前の川崎(伊藤英明)に
呼び出される。
「今から出発ですか?」
「うん。行ってくる。
 多分、来週の月曜だよね?」
「え?」
「本当は、この間家で渡そうと思ったんだ。
 プレゼント。誕生日の。」
「誕生日・・何で?」
「メールアドレスに、0824って数字があった。」
「あ・・そうです。でも・・」
「受け取ってくれると、荷物が減って助かる。」
川崎はそう言い、大きなプレゼントを莉子に持たせる。
「・・・すみません。ありがとうございます。」
「向こうにいる間は、余裕がないと思うけど、
 帰国したら、真っ先に会いに来るから。」
「・・・」
「・・じゃあ。行ってきます。」
「行ってらっしゃい。」続きを読む

2009年08月23日

任侠ヘルパー 第7話

『非婚アラフォーのシングル介護』

地味なスーツ姿で同窓会に駆けつける長岡初美(西田尚美)。
会場のホテルには、美しく着飾った人たちで溢れていて、
初美は少し気後れしながら友達の輪に入る。
「初美!」
「孝江先生は元気?」
華やかなドレスに身を包んだ同級生たちは、初美の母であり
教師でもあった孝江の様子を聞く。

その頃、翼彦一(草g剛)は美空晴菜(仲里依紗)とともに、
長岡孝江(江波杏子)の自宅で訪問介護を行っていた。
孝江は初美の母親で、同窓会に出席する初美がタイヨウに
依頼したのだ。
白内障で視力がきかず気難しい孝江は彦一らの対応が気に入らず
文句ばかり。
そんな孝江の態度に、彦一も辟易とする。続きを読む
17:24 | CM(1) | TB(3) | 任侠ヘルパー | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

救命病棟24時 Episode:2

『救えない患者はどこへ』

海南医大高度救命救急センターに赴任した進藤一生(江口洋介)は、
医局長、澤井悦司(ユースケ・サンタマリア)と患者の受け入れに
ついての考えがすれ違う。

また、同センターの人員不足とチームワークの悪化は深刻化。

ホットラインが鳴る。
進藤は要請6名全員を受け入れようとするが、
澤田が許可したのは3名だけだった。

患者の処置をしながら、進藤は澤井に言う。
「要請は6人だった。」
「ここに6人は厳しい。」
「受け入れなかった患者はどうなる。
 きっとまだ走り回ってる。」
「オーバーキャパは医療事故や訴訟に繋がる。」
「ここはアメリカじゃない!」
「アフリカでもない。」続きを読む
01:42 | CM(1) | TB(2) | レビュー中断 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜 第6話

『約束』

合宿中だった直輝(山下智久)のもとに、莉子(北川景子)が
やってきた。
電話で直輝と話していたとき、彼が泣いていることに気づいた
莉子は、心配になってアークスの合宿先まで駆けつけたのだ。

そんな莉子を思わず抱きしめてしまった直輝は、次の瞬間、
体を離して謝った。
すると今度は、莉子の方から直輝に抱きついた。
「もうちょっとだけ・・このままで・・。」

が、抱き合っているうちにバランスを崩して倒れこんでしまう
ふたり。
「・・・」

そのとき、莉子が目覚まし用にセットしておいた携帯電話の
アラーム音が鳴り出した。
その音で我に返った直輝は、明るく振舞い、
こんなところまで来てくれるなんてビックリした、と莉子に話す。続きを読む

2009年08月14日

任侠ヘルパー 第6話

『認知症患者の恋』

パソコンで認知症診断のチェック項目を試していく羽鳥晶(夏川結衣)。
『診断する』のボタンをクリックするのに迷っていると、
息子の涼太(加藤清史郎)に声を掛けられ、慌てて画面を消す。

タイヨウ
部屋を掃除する彦一(草g剛)と晴菜(仲里依紗)。
「ノリコはまだ来んのか?」
入居者の問いに
「まだですね。今日はお忙しいんですかね。」と答える晴菜。
彦一は二人のやり取りを聞きながら、ノリコの遺影を見つめる。

「奥さん、去年お亡くなりになられたんです。
 でも、ここに来てからずっと待ち続けちゃってて・・。」と晴菜。
「何も思い出せなくなるのか?」と彦一。
「・・え?」
「認知症だよ。」
「ああ・・症状も具合も、人によってそれぞれだそうです。
 幻覚を見たり、経験したことを忘れたり。」
「・・・」
彦一は最近の晶の言動を思い起こす。
「でも、感情は残っているんです。
 好きだとか嫌いだとか。」
「それ若いやつがなったりすんのか?」
「なることもありますよ。
 若年性認知症っていって、最近は増えているみたいです。」
「・・・」
「どうしてです?」
「いや。」続きを読む
13:58 | CM(1) | TB(4) | 任侠ヘルパー | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

救命病棟24時 episode:1

『待望の新シリーズ!救え!!救命の危機を』

結婚式場で倒れた花嫁を乗せた救急車は受け入れ先を探すが、
どの病院も救命医が足りず、処置できないと受け入れを拒否する。

そんな中、彼女の容態が急変し、新郎が運転手につかみかかり
救急車は交差点の途中で急停車してしまった。

その時、渋滞した車の列のタクシーから降りてくる1人の男。
それは進藤一生(江口洋介)だった。

海南医大救命救急センターでは、受け入れを断ったにもかかわらず
救急車が向かって来ていると聞いて看護師の鴨居千夏(北乃きい)
たちが慌てている。
この病院では、激務によって体力・気力共に尽きてしまった
救命医たちが全員辞職してしまったのだ。

しかし同乗してきた進藤は、この病院の救命に赴任したと見事な
手際で手術を成功させた。

花嫁の夫は、妻の手術の成功にほっとするが、
花嫁のお腹から取り出した赤ん坊に障害が残るかもしれないと
知り、表情を曇らせる。

救命の実情を知らされた進藤は、あらためて誰もいない医局を見て
愕然とする。続きを読む
11:33 | CM(1) | TB(5) | レビュー中断 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜 第5話

『君の涙』

直輝(山下智久)は、恋人の菜月(相武紗季)がチームメイトの
廉(金子ノブアキ)とキスしているところを目撃した。
そんな直樹に気付く二人。
「・・・何してんの。」直輝が呟く。
「・・・」
「何してんだよ!」
ショックを受け、その場から立ち去る直輝。
「直輝!違うの!直輝!
 お願い待って!」
菜月が直輝の後を追う。
「待ってよ直輝!ごめん!
 ごめん私・・
 ごめんなさい・・。」
「何でそっちが泣くんだよ!
 ・・ずるいだろ!」
「ごめん!私なんであんなこと・・ごめん!
 ごめん・・。」
泣きながら必死に謝り続ける菜月。

そこへ廉がやって来た。
「お前さ!俺の女だってわかってて手出したの?」
「どっちでも良くね?
 人の球だろうがルーズボールだろうがさ。
 欲しい球は取るよ。」
廉に掴みかかる直輝。
「直輝!やめて!」
菜月は直輝を廉から引き離すと、
「帰ってよ!」
と廉に叫び、廉は帰っていく。続きを読む

2009年08月09日

リミット−刑事の現場2− 最終回

『最後の審判』

茉莉亜(加藤あい)を誘拐した黒川(ARATA)は、
梅木(武田鉄矢)と啓吾(森山未來)に、茉莉亜の恋人をひき逃げした
犯人を捜せと要求する。
「見ものだよ。
 茉莉亜さんが、どんな風に憎しみを見つけるか。」
黒川はそう呟き微笑むと、茉莉亜の携帯を置き姿を消す。
リミットは翌朝8時、と言い残し・・。

「何であいつを逃がすんですか!
 茉莉亜が、茉莉亜が殺されたっていいんですか!?」暴れる啓吾。
「いいか!
 あいつはこれで、明日まで何もしねー!」必死に啓吾を抑える梅木。
「そんな保障どこにあるんだよ!
 あいつ捕まえて、吐かせるしかないだろ!!
 茉莉亜の居場所!
 おい、止まれ!おい!!」
啓吾を殴りつける梅木。
「これであいつは明日まで、何もしねー!」
「あんたに、何でそんなことわかるんだよ!!」
「俺は、トモヨを殺されてるからだ!!」
「・・・」
「いいか。お前に・・俺と同じ思いはさせない!!」
その言葉に啓吾は泣き崩れ・・。続きを読む

2009年08月08日

任侠ヘルパー 第5話

『憎き母との再会』

翼彦一(草g剛)は、羽鳥晶(夏川結衣)に刺青を見られたことを
四方木りこ(黒木メイサ)に責められる。
彦一は覚悟を決めるが、晶は倒れたのだから早まるなと釘を刺される。

一方、運ばれた病院で目を覚ました晶は、息子・涼太(加藤清史郎)らの
心配もよそに、仕事に戻ると言い出す。
病院は来週来るからと秘書たちを納得させ、涼太に手を差し伸べる晶。
だが涼太はその手を握らず、晶を無視するように行ってしまう。

同じ頃、「タイヨウ」では、恒例の「地域交流会」の出し物を決めようと、
和泉零次(山本裕典)、美空晴菜(仲里依紗)と鷹山三樹矢(薮宏太)、
黒沢五郎(五十嵐隼士)、六車雅人(夕輝壽太)、二本橋賢吾(宇梶剛士)
らが話をしていた。
ダンス大会を提案する五郎と二本橋に、
「出来るわけないだろ!」と零次は一喝。
すると三樹矢はコスプレして仮装パーティーをと提案。
おばあちゃん達はセーラー服が着たいと盛り上がるが、
おじいちゃん達は「恥をかくだけ」「若い人なら」と大反対し、
りこにコスプレを振る。
「見てーか?私のセーラー服姿。」
「・・・みたい!!」とおじいちゃんたち。
「・・・」続きを読む
16:55 | CM(1) | TB(3) | 任侠ヘルパー | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする