2010年01月31日

ブラッディ・マンデイ-シーズン2- #02

『東京壊滅テロへ!!
 迫るテロの悲劇と東京最期の日!?』


「核爆弾による東京壊滅テロ」を阻止した藤丸(三浦春馬)だったが、
人質になっていたあおい(藤井美菜)の変わり果てた姿を
目の当たりにし、大きなショックを受ける。

そんな藤丸の目の前に、突如、折原マヤ(吉瀬美智子)が!
「お久しぶり。ファルコン。」
「・・・折原マヤ!
 ・・・今度は誰なんだよ。
 何で俺の周りばっかり狙うんだよ!
 あおいだけじゃ足りないのかよっ!!」
「何なのいきなり?」
「何であおいが殺されなきゃいけないんだよ。」
「朝田あおい、死んじゃったの?」
「お前らが殺したんだろ!」
「彼はどこ?
 私、彼に用事があるの。どこにいる?」
マヤは藤丸に銃を突きつける。
「・・・Jなら逮捕された。
 お前らも終わりだ。」
「誤解しないで。私が探しているのは、九条音弥。」
「・・・」
「彼はちゃーんとおつかいしてくれたかなって。」

続きを読む

2010年01月28日

曲げられない女 第3話

『強情娘とガンコ母の最後の対決』

『この前、正登と別れたばかりなのに・・・
 事務所も辞めてしまった・・・
 あの2人にも、また怒られた・・・
 そして・・・また、いやな夢を見た。』

信念も物事も“曲げられない女”=早紀(菅野 美穂)は、
正登(塚本高史)のプロポーズを断り、会社も辞め、
いまやどん底に落ちかけていた。
さらに新潟で入院中の母(朝加真由美)の容態が急変してしまう。

病院からの連絡に急いで出かけようとする早紀。
エレベーターでは同じマンションに住む大学生が
田舎から出てきた母親に
「ぶっ殺すぞババァ!」と悪態ついている。
「いくら母親でも、ぶっ殺すと脅せば立派な脅迫罪になります!」
早紀は青年にそう言い、先を急ぐ。

新潟の病院。
高校教師である母は「学校に行く」と言い張って倒れていた。
今度無理をしたら命の保証はない。

母親は医師に、早紀あてのメモを残していた。

『我死すとも いいとも』

続きを読む

2010年01月27日

コード・ブルー-2nd season- STORY#03

『真実と嘘』

「人はなぜ、本当のことを知りたがるのだろう。
 いい結果をもたらす嘘は、不幸をもたらす真実よりいい。
 昔読んだ本の一節だ。
 なのに人は、真実を知りたがる。
 そして・・・不幸が始まる。」


藍沢耕作(山下智久)は、祖母・絹江(島かおり)の病室を
訪ねてくる山田一郎が気にかかる。
「母さんって、胃がんで死んだんだよな。
 うわ言で、殺したって言ってたけど・・・何?」
「・・・」
「山田一郎って?」
藍沢からそう尋ねられた絹江の手は震え、
何も答えようとしなかった。

緋山美帆子(戸田恵梨香)の心臓は、やはり爆弾を抱えていた。
検査の結果、カテーテルによる手術が必要だった。
2時間ほどで済むと心臓内科医は言うのだが、
回復率は約6割超。
前回の手術でフェローとして2カ月の空白が出来てしまった
緋山は、安易に手術の同意書にサインすることが出来ない。

エレベーターで一緒になる緋山と白石恵(新垣結衣)。
「・・・それで?カテーテルで焼ききるの?」
「勝手に決めないでよ。まだわかんない。」
「教えてよ日取り。」
「すぐ切りたがる。財前教授、白い巨塔!」
「・・・」

続きを読む

2010年01月25日

君たちに明日はない 第2話

『去り行く者』

高橋(堺正章)は、音楽事務所社長大西(伊武雅刀)から、
創業以来事務所を支えてきた2人の大物プロデューサー
黒川(中村育二)と石井(田中哲司)、
どちらか一方の首を切りたいと依頼される。

高橋は、あえて真介にこの難題を一任する。

職業観の全く異なる対照的な2人。
どちらも否定できず追い詰められる真介。

一方、陽子は、リストラは免れたが、会社への不信は、
もはや拭えないものになっていた。

(ゲスト:伊武雅刀 中村育二 田中哲司)

続きを読む

2010年01月24日

ブラッディ・マンデイ-シーズン2- #01

『今夜日本に核投下!!
 最凶テロの日本再起動計画・・・
 衝撃の首相暗殺1500万人の命が一瞬で!!
 止まらない悲劇に伝説のハッカーの孤独な戦いが
 今、始まる!!』


「今から2年前、正体不明のテロリストが、
 史上最悪の、殺人ウイルスを手に入れた。 
 やつらの目的は、日本でウイルステロを引き起こす事。
 計画の名は・・・ブラッディマンデイ。

 完璧なる計画を立てたのは、神崎潤、通称、J。
 (KANZAKI UN)
 国家転覆を狙うテロ集団を率いたJは、
 殺人ウイルスと、それを治療する薬の両方を
 所持する事になり、
 人の命を自在に操る神になれる、と考えていた。

 教団がウイルステロの陰に隠れた、真の目的に動き出す中、
 俺とTHIRD-iは、Jの背後に控える仲間、
 Kの存在を知る。
 俺の目の前に、姿を現してたKは・・・
 俺たちの仲間、安斎真子だった。
 (ANZAI)

 Kは、腐った日本を終わらせると言い、
 中性子爆弾を爆発させる気でいた。
 刻一刻と、タイムリミットが迫る中、
 俺とTHIRD-iは、爆破阻止へ奔走し、
 ついにKは、いや、真子の命と引き換えに、
 テロリストの計画を阻止した。
 
 だが、折原マヤは行方をくらまし、
 Jは、中性子爆弾の中身を持ち去り、
 姿を消した。

 テロは終わっていない。
 ブラッディマンデイはまだ、決して・・・
 終わっていない。」


続きを読む

2010年01月23日

曲げられない女 第1話

『男? 仕事? 夢? 貫く私の究極の選択! 絶対幸せになる』
 
荻原早紀(菅野美穂)、 32歳、独身。
法律事務所でパラリーガル(見習い)をしながら
司法試験を目指しているが9年も惨敗中。
周りからは「あきらめて結婚しろ」と勧められているが、
彼女は信念を持ち、物事すべてをきちんとしないと
気が済まない“曲げられない女”だった。

ある日彼女は偶然、高校の同級生だった璃子(永作博美)と
再会する。
セレブな専業主婦の璃子は、早紀と恋人の弁護士・
正登(塚本高史)の結婚をお膳立てしようとする。

正登にプロポーズされ、
さらに「結婚に夢を持つな」という光輝(谷原章介)に出会い、
曲げられなかった自分の道に迷いを持ち始める早紀。

そしてついに早紀が正登に返事をしようとしたそのとき、
早紀は ――。

続きを読む

2010年01月22日

眠れる森 A Sleeping Forest 第2幕

『つきまとう男』
 
植物園
直季から逃れ、警察に電話しようとする実那子。
「警察はないんじゃないの?久しぶりに会った幼馴染に。」
「・・・用は何?」
「話、途中で終わっちゃったから。」
「あれ以上話すことなんてないわよ。」
「俺にあるんだよ。」
「はっきり言わせてもらうけど、
 あなたってすごく気持ち悪い。」
「でも興味あるだろ?うん?」
「・・・」
「この男一体何考えてるのかなーって。」
「ないわよ。側に来ないで欲しいだけ。」
「エリート商社マンと結婚して暫くは共稼ぎ?
 彼のお父さんから美術の薫陶を受けて、
 蘭の花や絵に囲まれた山の手の若奥様ってやつ?
 ねえ、子供は何人くらい産むの?」
「大きなお世話よ。」
「陽だまりの様な幸せってやつ?」
「そうよ!」
「人間なんてね、みんなそんなものに満足しちゃいないんだよ。
 どんなに金を儲けてもこうやってどんなに満ち足りても、
 みんな不満だらけで生きていくんだよ。
 自分にはもっと別の幸せがあったんじゃないかって。
 底なしの欲望で一生を生きていくことになるって
 そう思わないか?」
「思わないわ。私は今のままがいいの。」
「それはただ諦めてるだけだって、
 自分の人生なんてこの程度でいいって、
 自分に言い聞かせてるだけだよ。」
「・・・」
「間違ったものを掴んじゃった、言い訳?
 ・・・三ヵ月後に結婚。
 それで自分の人生は終わり、はい、お疲れ様。 
 ため息出るな。」
「・・・人生、一寸先は闇なんでしょ?
 あなた森でそう言ってたのよ。
 何かが私の身にも起こるなら、
 なかなか面白い人生じゃない。」
「・・・」

続きを読む
タグ:眠れる森
00:37 | CM(1) | TB(0) | 眠れる森 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

曲げられない女 第2話

『女の本音・・・・お金は欲しいわよ!』

信念も物事も“曲げられない女”=早紀(菅野美穂)は、
正登(塚本高史)のプロポーズを蹴って弁護士になる夢を
追い続ける。

ある日、早紀は会社を不当解雇された仲野(近藤公園)の
弁護をサポートしようとするが、
早紀の上司・増野(西岡コ馬)は仲野をクビにした会社と
顧問弁護士の契約を結ぼうとしており、
仲野の依頼を断れと言う。

弱者を助けてこそ弁護士、という信念を曲げられない早紀。
しかし半人前の身では仲野の弁護をすることもできない。

大人になることもできず、自分を曲げることもできない早紀は、
いったいどうなってしまうのか――?


続きを読む

2010年01月20日

コード・ブルー-2nd season- STORY#02

『自らの道』

「大量出血の患者を診るとき、
 或いは、シニアの病巣を捉える的確な判断と、
 迅速な結紮手技を目の当たりにしたとき、

 フェローは、自身の未熟さを知り、
 呆然となる。

 そして、次に思う。
 これが、本当の自分?

 いや、違う。違うと信じたい。
 でも、そもそも本当の自分って、
 何?」(白石)


続きを読む

2010年01月18日

眠れる森 A Sleeping Forest 第1幕

『15年目のラブレター』
 
『1983年12月24日―
 土砂降りのクリスマス・イブだった
 福島県 御倉市
 市会議員の一家が何者かに襲われ
 惨殺された
 父親と母親は即死
 出血多量の長女は
 後に病院で息を引き取った
 事件の生存者は12歳の次女だけだった
 この雨で
 大量の返り血を浴びたと思われる
 犯人の痕跡は消されてしまった
 第一発見者であった大学生は
 殺された長女の交際相手だった
 三日後
 その大学生が一家惨殺事件の
 容疑者として逮捕された』

続きを読む
タグ:眠れる森
20:41 | CM(0) | TB(0) | 眠れる森 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする