2010年06月27日

Mother 最終話

『ずっと愛してる』

奈緒(松雪泰子)のもとに室蘭の児童養護施設にいる
継美(=怜南・芦田愛菜)から電話がかかってきた。
そして、継美は奈緒に言った。

「お母さん、もう1回誘拐して」と。

継美に会いたい気持ちと葛藤する奈緒。
「継美・・・お母さん・・会いたいけど・・・」
やっとの思いでそう答えるが、電話はそこで切れてしまった。

白鳥園
「こんな時間にどこ掛けてたの?」
園のスタッフに声を掛けられた継美は、受話器を後ろに隠し、
慌てて涙を拭うと、「天気予報。」と笑顔で答える。
「勝手に電話しちゃダメでしょ。」
スタッフに受話器を返すと、継美は悲しそうにうつむき・・・。

DVD
B003S4EK0GMother [DVD]
バップ 2010-09-22

by G-Tools


続きを読む
17:27 | CM(16) | TB(1) | Mother | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

新参者 最終章

『人形町の刑事』

重要参考人として警察に連行された清瀬直弘(三浦友和)。
はたして、彼は本当に峯子(原田美枝子)を殺害したのであろうか…

「人は、嘘をつく。

 罪から逃れるため。
 懸命に生きるため。

 嘘は真実の鏡。
 その影に隠された話を、
 人は想像するしかない。

 そして、その影の中に、犯人は必ずいる。」


直弘を乗せた車を見送りながら、加賀(阿部寛)はその車を
掴むように拳を握り締め・・・。


B003EIJ4KM新参者 DVD-BOX
TCエンタテインメント 2010-10-06

by G-Tools


続きを読む
18:30 | CM(3) | TB(2) | 新参者 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

同窓会〜ラブ・アゲイン症候群 最終話

『私たちの、愛と死…最後の選択』

「もう一度、せめてもう一度だけでも会いたい。
 私は遠ざかる彼の車を夢中で追った。
 最後の恋を、愚かな行き違いで終わらせたくなかった。」


朋美(黒木瞳)に気付いた杉山(高橋克典)は、車を停め・・・
そして朋美の元へと歩き出し、二人はきつく抱きしめあう。


失踪していた福島(尾美としのり)が、遂に真実を語ることを
決意し、さっそくテレビニュースでの独占会見をセッティングした
大久保(三上博史)だったが、まさに生放送が始まろうとしている
最中に意識不明の状態で倒れ、そのまま病院へと運ばれてしまう。

「私たちは、まだ知らなかった。
 大切な友に、命の終わりが迫っていることを。」


B003SM809A同窓会~ラブアゲイン症候群 DVD BOX
ポニーキャニオン 2010-10-29

by G-Tools


続きを読む

2010年06月17日

Mother 第10話

『ひと目会いたい』

静まり返った鈴原家。
芽衣(酒井若菜)、果歩(倉科カナ)は、コーヒーを入れる
籐子(高畑淳子)を不安そうに見つめていて・・・。

警察署、取調室
「この2ヶ月のことは、私が指示したことです。
 道木怜南ちゃんを、室蘭から連れ去ったこと。
 東京に呼び寄せ、小学校に行かせたこと。
 全部私が命じ、」
葉菜(田中裕子)がそう説明していると、刑事が入ってくる。
「鈴原奈緒が自供しました。
 自分が、道木怜南さんを誘拐したと。」
「・・・」

続きを読む
02:27 | CM(2) | TB(1) | Mother | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

新参者 第九章

『民芸品店の客』

4月13日
三井峯子殺人事件当日。
午後6時半、清瀬の会社の社長室の電話が鳴る。
祐理が部屋に行くと、そこに清瀬の姿はなく・・・。
祐理は電話に出ようとするが、電話は切れてしまった。

その時、清瀬は別の場所で撚り紐を見つめていて・・・。

4月14日
三井峯子殺人事件翌日
岸田要作(笹野高史)の息子、克哉(速水もこみち)は
峯子殺害のニュースに笑みを浮かべ・・・。

清瀬直弘(三浦友和)と宮本祐理(マイコ)が実は父娘だと
いうことがわかり、直弘・祐理の共犯説は消えたものの、
直弘のアリバイを覆す証言が出てきた。
証言者は、清瀬の会社「清瀬ビルサービス」の税理担当・
岸田要作(笹野高史)の息子、克哉(速水もこみち)だ。
事件の起こった4月13日、夜6時半頃に、清瀬の社長室に
直接電話をかけたが出なかったというのだ。
祐理が証言した「6時から9時まで一緒にいた」という
清瀬のアリバイがなくなったことになる。

続きを読む
タグ:新参者
00:05 | CM(0) | TB(0) | 新参者 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

同窓会〜ラブ・アゲイン症候群 第8話

『私、恋で人生を捨てる』

「雨上がりの夜、私たちは濡れた街へ踏み出した。
 いけないことだというのは、二人ともわかっていた。
 幸せにはなってはいけないこともわかっていた。
 でも、私たちはこうせずにいられなかった。」


決意を胸に深夜の病院を後にした朋美(黒木瞳)と杉山(高橋克典)。

翌朝、杉山が警察手帳と携帯電話を残し、病院から
姿を消したことに気づいた妻の佳奈子(須藤理彩)は、
夫が朋美と駆け落ちしたのだと察し、朋美の家に電話をかける。

佳奈子から連絡を受けた誠一郎(吹越満)は取り乱し、
名簿に載っていた大久保(三上博史)の家へと向かう。
 
続きを読む

2010年06月10日

Mother 第9話

『引き裂かれる二人』

「継美。継美。起きて。」
奈緒(松雪泰子)に起こされ、にっこり微笑む継美(=怜南・芦田愛菜)。
「どうしたの?」
「夢見たの。お母さんが先生だったときの夢。」
「へー。」
「継美ね、教室にいてね、
 先生がお母さんだったらいいのになって思ったの。
 そしたらね、目覚めてね。」
「お母さんだった。」
「うん!お母さんだった!ウフフフ。」

朝食を食べる3人。
「食べにくいでしょう。歯が抜けたから。」と葉菜(田中裕子)。
「生えてくるかな。」と継美。
「生えてくるよ、また大人の歯が。」と奈緒。
「生えてこなかったらどうしよう。」
「大丈夫。毎日ちゃんとご飯食べてたら生えてくる。」
「うん!」

続きを読む
01:57 | CM(3) | TB(0) | Mother | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

新参者 第八章

『清掃会社の社長』

「彼女は、この街に来たばかりの新参者だった。
 彼女の周囲に次々浮かび上がる参考人や、
 遺留品の数々。

 人は、嘘をつく。
 罪から逃れるため、懸命に生きるため。

 加賀恭一郎は、謎を一つ一つ解きながら、
 事件の核心へ迫っている。

 嘘は真実の影。
 あなたは知っているはずだ。
 犯人はこの街を行き交う人の中に、
 必ずいることを。」


続きを読む
タグ:新参者
18:00 | CM(1) | TB(0) | 新参者 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

同窓会〜ラブ・アゲイン症候群 第7話

『もう、逃げるしかない』

「もう会わない」
と心に誓いながら、捜査中の杉山(高橋克典)と偶然にも
再会してしまった朋美(黒木瞳)。

しかし、彼女に気をとられた杉山が、
追っていた麻薬密売人・瀬島(今泉悠)に刺されてしまった!
杉山はそのまま意識を失い、病院へと運ばれていく。
 
嫌疑をかけられ、事情聴取を受けることになった朋美は、
杉山との関係性を事細かに聞かれるものの、
中学生時代の同級生だとしか答えることができない。
杉山の容態を聞いても、安否も入院先も教えてもらえず、
不安を募らせる朋美。
 
続きを読む

2010年06月03日

Mother 第8話

『断ち切れない絆』

奈緒(松雪泰子)は継美(=怜南、芦田愛菜)に会いに来た
仁美(尾野真千子)をギリギリのところで制止する。
奈緒の手を振り解き、2階に上がっていく仁美。
食べかけのゼリー。
こぼれたゼリーと投げ出されたスプーン。
慌てて隠れた様子が伺える。
仁美はふすまを開けようとするが、開けられない。
「道木さん。お話があるので、下で。」と奈緒。
「怜南?ママよ。
 どうして逃げるの?
 怜南。
 ・・・よしよし。
 怜南。よしよし。
 ママとよしよし、しよう。
 こっちに来て、ママとぎゅーってしよう?
 ぎゅーって。
 怜南?ぎゅーって。
 怜南。ぎゅーって。」
やさしく声をかける仁美は、怜南を虐待していた彼女とは
別人のようだった。

続きを読む
タグ:Mother
02:40 | CM(1) | TB(1) | Mother | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする