2011年06月27日

JIN -仁- 完結編 最終話

『完結〜時空の果て…
 150年の愛と命の物語が起こす奇跡のタイムスリップの結末』


野風と話をする咲(綾瀬はるか)。
「手は、一つだけございます。」
「もとの世へ、お戻りになられることでありんすか?」
「もちろん、願うことしかできぬ手ではございますが。
 それより他は・・・」
「いずれにせよ、お二人には、時がないということでありんすな。
 先生にお気持ちはお伝えに?」
「先生は今、私どもに、持てるだけの医療技術を伝えようと
 しておられます。
 それだけで私には・・・もう十分にございます。」
「咲様・・・。」

西郷隆盛(藤本隆宏)を中心とする新政府軍が江戸へ入ったため、
対する徳川家に仕えていた旧政府軍(旗本たち)は「彰義隊」を
名乗って上野に集まり、反旗を翻す機会を伺っていた。

そんな時局の中、橘恭太郎(小出恵介)は勝海舟(小日向文世)から
フランスへの留学を推薦される。
「願ってもない話ではありますが・・・。」
「おめえがいくら悔やんだって、あいつは帰ってこねえんだ。」
「・・・」
「前を向けよ、恭太郎。」
「・・・」

JIN-仁- 完結編 Blu-ray BOX [DVD]
JIN-仁- 完結編 Blu-ray BOX [DVD]
角川書店 2011-10-07
売り上げランキング : 38


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


続きを読む
18:35 | CM(3) | TB(3) | JIN -仁- | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

BOSS 2ndシーズン CASE 10

『動き出す陰謀・・・』

大澤絵里子(天海祐希)ら、「対策室」のメンバーは、世界各国の首脳が出席する
環境サミットの警備に参加することが決まった。

野立と絵里子が参事官室に戻ると、
「動くな!」
男の手には・・・バナナ!森岡博(大森南朋)だった。

絵里子の頭にかぶりものを乗せる森岡。
「嫌だ!嫌だって!」
「よし、OK!」
「な、何なのよ一体!」
「うちの先生に約束したんだよ。
 例の環境サミット、何か面白いことないかっていうから、
 それじゃSPにかぶり物させますって。」
「バカじゃないの?バカなの!?
 だからあんた秘書どまりなのよ。」
「3か月間練りに練った計画だ。
 じゃ、当日頼んだぞ!な!」
「ちょっと。あんたこれだけのために来たの!?」
「政治家秘書は忙しいんだよ。バイビー。」
「・・・何あれ。信じら・・・あれ!?取れない。手伝って。
 早く!」
「楽しいコンビだね〜。」と野立。
「いや、そういうことじゃない。ちょっと。しっかりやってよ!」

世界環境サミットのポスターを意味深な表情で見つめる森岡・・・。

続きを読む
タグ:BOSS
16:50 | CM(2) | TB(2) | BOSS | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鈴木先生 LESSON 9

『デキ婚は罪か !? 生徒35名が 教師を裁判 !』

「じゃあ、改めて、ちゃんと申し込みます。」
「・・あ。ちょっと待って。」
「うん?」
「もう一度よく考えた方がいいよ。
 なんせ私は、生霊を飛ばす女なんですから。」
「・・・浮気どころか、浮気の妄想すらできない。
 覚悟してます。」
「まあ軽い妄想くらいは許してあげてもいいけどね。」
「麻美さん、僕と、結婚して下さい。」
「承知しました。」
「あー、良かった!」
「でも、大丈夫かな。
 あの二人に見られちゃったよね。
 どう思ってるかな・・・。
 やっぱり先生の出来ちゃった結婚って・・・問題だったりする?」
「大丈夫だよ。今の子たちはそんなことあんまり気にしないから。」

「・・・だといいが。」

続きを読む
00:15 | CM(0) | TB(0) | 鈴木先生 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

JIN -仁- 完結編 第10話

『最終章前編〜タイムスリップの結末・・・・』

ついに、歴史通りに斬られてしまった坂本龍馬(内野聖陽)。

斬ったのは、東だった。
「東・・・」
「私の兄は・・・あなたに斬られたんです。
 あなたが久坂さんと会った帰りに。」
「・・・」
「あなたは私の敵なんですよ。
 始めからこのつもりで近づいたんです。
 ずっと・・・こうしようと・・・」
「ほいたら・・・どういてわしを、ここまで守り続けてくれたんじゃ?
 なんぼでも、折はあったろうに。」
「・・・」
「そんな話・・・今更わしが信じるとおもうかや。」
「・・・」
「これも・・・わしを守るためじゃろう?」
「・・・違います!」

「やめて下さい!」
龍馬を庇う仁。
東はそのまま走り去る。

「咲さん!佐分利先生を起こしてきて下さい!」
「・・・」
「咲さん!!」
「は、はい!!」

「龍馬さん!大丈夫ですか!?」
「南方仁がおれば・・坂本龍馬は・・死なん・・
 ほうじゃろ?」
「・・はい!助けます!
 俺が、この手で!」
微笑み合う二人。龍馬の意識が遠のいていく。
「龍馬さん!!」

続きを読む
タグ:JIN -仁-
00:40 | CM(2) | TB(3) | JIN -仁- | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

BOSS 2ndシーズン CASE 09

『最強の殺人者現る』

「そう。わかった。お疲れ様。
 ・・・いよいよね。」電話で話す大澤絵里子(天海祐希)。
「はい。」と木元真実(戸田恵梨香)
「こっちの準備はできてる。頼んだわよ。」
「はい。ボス。」

野立と話す絵里子。
「片桐がやめる!?」
「あいつは不器用だが、大事な戦力だった。残念だ。」
「そんな・・・。どうして急に?」
「思うことがあるんだろ?本人にしか分からん。」
「あんたに言う前に、私に一言言ってくれてもいいのに。」
「お前に言う必要はない。ボスは俺だ。」
「直属の上司は私でしょ?」
「何言ってんだ?俺だ。野立会のボスは。」
「あ、野立会っつった?」
「ああ。」
「辞めるって、野立会のこと!?」
「もう野立会には参加できませんと、直接本人から申し入れがあった。」
「・・・その報告私に必要?」
「報告じゃない。これは、愚痴だ。
 これから新たにな、片桐クラスの合コン要員を探すのは、
 非常に難しいな。」
「やめちまえば!?合コンとやら。」
「おい絵里子。待てよ。愚痴は終わりだ。」
「??」

続きを読む
タグ:BOSS
17:00 | CM(0) | TB(0) | BOSS | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

鈴木先生 LESSON 8

『夏祭りで事件勃発!生徒にバレた秘密…』

7月。
期末テストも終わり、緋桜山中学ももうすぐ夏休み。
鈴木先生(長谷川博己)のクラスでは生徒数名が地元の緋桜八幡の夏祭りに
参加することになり、他の先生に当日の見回りの協力を求めることになった。
他の先生たちから、最近2‐Aはいきいきしてきたと賞賛の声があがる中、
足子先生(富田靖子)もそれとなく鈴木先生に嫌味を言いつつ見回り役を買って出る。

「足子先生、この間のこと果たして根に持っているだろうか。
 生徒たちにあんな風に言われれば、
 俺に対してわだかまりを持ってもおかしくはないが・・・
 この微笑み。何も気にしていないようにも見えるし、
 怒りをカムフラージュしているようにも見える。
 一言謝っておくのが得策だろうか?
 いやいや、この場合はむしろ、余計な刺激は加えない方が
 吉と出る気がする。
 うん。さわらぬ神に祟りなしだ。」


足子先生の微笑みに、笑顔を返す鈴木先生・・・。

放課後
夏休みの予定で盛り上がる生徒たち。

「一学期も残りわずか。
 みんないよいよ夏休みモードに入ってきたな。
 海に祭りに阿波踊りか。
 たくさん学び、たくさん学んでくれよ。」


続きを読む
タグ:鈴木先生
23:25 | CM(0) | TB(0) | 鈴木先生 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

JIN -仁- 完結編 第9話

『坂本龍馬、暗殺』

「この国を生まれ変わらせよう」とした坂本龍馬(内野聖陽)の悲願であった
『大政奉還』が成立。江戸幕府は、その260年余りの歴史を終了させる。

そして南方仁(大沢たかお)は、恋人である友永未来(中谷美紀)が過去に
“坂本龍馬は誕生日に死んだ”という史実を話していたのを思い出し、
その暗殺日まであと1ヶ月だと気付く。

着々と近付く龍馬暗殺。
仁は咲(綾瀬はるか)に龍馬が暗殺されてしまうことを伝えようとするが
激しい頭痛に襲われ倒れてしまう。

仁を看病する咲。
「その頭痛は、まことにただの持病でございますか?
 本当は、岩などでは・・・」
「前にも説明したじゃないですか。
 未来にいたときに調べてもらったけど、何ともなかったって。」
「あの・・あんは、暗殺のあん、でございますか?」
「・・・」

「では、坂本様は・・・28日後に・・・。」

「必ず自らの手で龍馬を助けるのだ」と決心した仁は、咲、
佐分利(桐谷健太)とともに龍馬のいる京へ向け出発。

一方、橘恭太郎(小出恵介)は、上役(中原丈雄)から、坂本龍馬を
討てと命じられる。逆らえば母と妹の命がどうなるか、と脅され・・・。

続きを読む
タグ:JIN -仁-
17:58 | CM(0) | TB(1) | JIN -仁- | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

BOSS 2ndシーズン CASE 08

『美しすぎる死体…』

「お見合い!?」と絵里子(天海祐希)。
「引き受けてくれ。」と野立(竹野内豊)。
「何で私が。」
「お見合い好きの上層部から頼まれた。
 ぜひ、売れ残ってるお前に会わせたいって。」
「売れ残ってるって・・・。」
「頼む。俺の出世のためだと思って、お見合いしてくれ。
 一度会うだけでいい。」
「相手は?」
「鑑識課の人間だと聞いてる。」
「それだけ?
 普通お見合いっていったら、写真とかあるでしょ?」
「贅沢言うな、お前。
 お前とお見合いしたい物好きなんか他にはいないぞ?」
「私のこと何だと思ってんのよ。悪いけどパス!ほか当たって。」
「そうか、残念だ。
 相手は相当なイケメンだと聞いてたけどな。」
「任しとけ!」

山村(温水洋一)が仕入れたボス見合い情報に賑わう対策室のメンバー。
「失礼よ。結婚は女の夢。
 一度は結婚してみるべきよ。
 せっかくボスだって、一応は女なんだから。」と幸子(長谷川京子)。

そこへ、ボス登場。
「どうかした?」

「お見合いってことは、ボスもおめかしとかしちゃうんでしょうかね。」
と花形(溝端淳平)。
「ボスがおめかし!」と山村。

続きを読む
タグ:BOSS
17:48 | CM(0) | TB(1) | BOSS | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鈴木先生 LESSON 7

『届かない心の叫び! 僕が犯した指導ミス』

河辺(小野花梨)の過去に嫉妬し苦しむ山際(千葉一磨)の言葉を
聞いていた足子先生(富田靖子)が割り込んでくる。
「何なんです!?これは!
 女性の過去や、処女性を取り沙汰して、時代錯誤もはなはだしい!!
 鈴木先生、これこそまさに、はっきりと指導すべき問題ですよ!!!」

「なぜ足子先生がここに!?
 最悪だ・・・最悪すぎるぜ!」


「足子先生、これは、その・・・」と鈴木先生(長谷川博己)。
「一通りの事情は、続木先生から聞きました。
 自己流のご指導を試みたようですが、どうやら、力及ばなかったようですね。
 この場は私が引き継ぎます。 
 鈴木先生は少し、下がっていて下さい。」
「・・・」
「山際君、よく聞きなさい。」
「はい。」
「はっきり言っておきます。
 さっきあなたが訴えた苦しみは、自分のエゴのせいです。
 自業自得。
 自分の包容力のなさを恥もせず、過去を持つ女性を、まるで
 汚いもののように軽蔑する。
 あなたのような男が、どれほど女性たちを深く傷つけているか
 少しは自覚なさい!
 あなたは結局、自分の痛みしか考えてないのよ。
 相手の気持ちをまったく無視して、何の思慮もなく、
 人の心を踏みにじって、」

続きを読む
タグ:鈴木先生
14:57 | CM(0) | TB(1) | 鈴木先生 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

JIN -仁- 完結編 第8話

『歴史に逆う命の誕生…』

1867年(慶応3年)秋。
天皇に政権を戻す、いわゆる「大政奉還」の実現に向け、坂本龍馬(内野聖陽)は
日々奔走していた。

幕府の上役(中原丈雄)に龍馬の動向を探るよう命ぜられていた
橘恭太郎(小出恵介)は、龍馬と仁友堂は今は関係は断っていると
嘘の報告をするが、引き続き動向を探るよう命じられる。

龍馬と仁の写真や手紙を燃やしてしまう恭太郎。
「お許しを・・・。」

「龍馬さんの暗殺は、大政奉還から、明治になるまでの間の、
 寒い時期だったイメージがある。
 大政奉還は今年、1867年。
 ということは、来年のどこかで明治。
 ということは、暗殺は、今年の終わり頃か、来年の頭頃のはず。」


「龍馬が亡くなったのは確か、」
未来の言葉の続きを必死に思い出そうとする南方仁(大沢たかお)。

そして仁も、龍馬の手紙を処分していた。
「やはり、燃やされるのですか?」と咲(綾瀬はるか)。
「勝先生に、そうした方がいいと言われて。」
「坂本様にも、事の次第をお知らせした方が良いかもしれませんね。」
「・・・」

続きを読む
タグ:JIN -仁-
16:42 | CM(0) | TB(2) | JIN -仁- | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする