2011年09月25日

勇者ヨシヒコと魔王の城 最終話

再び動き始めたヨシヒコ達は、ようやく魔王の城にたどり着く。

しかし、最強の敵・ゴードンが立ちふさがり、
魔王に近付くことさえできない…。
そんなヨシヒコ達に、仏から最後のお告げが伝えられる。

それは、魔王の息の根を止める最強の武器のありかと、
伝説の勇者の存在だった!

★魔王ビル
魔王の居場所。
「アポがないと面会は難しいかと思いますが・・・。
 どのようなご用件ですか?」と受付嬢(黒坂真美)。
「倒しに来たんですが。」とヨシヒコ。
「倒しにとおっしゃいますと・・」
「こ、殺しに。」
「はい!殺しにいらっしゃったということですね?
 少々お待ちくださいませ。」
ヨシヒコたち、受付を通過。

勇者ヨシヒコと魔王の城 DVD-BOX(5枚組)【初回限定生産版】
勇者ヨシヒコと魔王の城 DVD-BOX(5枚組)【初回限定生産版】
東宝 2011-11-25
売り上げランキング : 4


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


続きを読む

2011年09月19日

それでも、生きてゆく 最終話

『光の方にむかって・・・』

深見洋貴(瑛太)の目の前で雨宮健二=三崎文哉(風間俊介)は
逮捕された。
深見亜季(信太真妃)を殺害したことに何の反省もせず、感情の
かけらさえ見せない文哉を殴り続けた遠山(三崎)双葉(満島ひかり)は
拳から血を流している。

警察署
「悔しいです。こんなの許せないです。
 やっぱりあの時助けなければ良かった。
 ・・・ごめんなさい。」
「・・・僕は多分、もう1回同じことになっても、
 また同じ事をすると思います。
 助けると思います。
 殺したら・・・文哉と同じ人間になるじゃないですか。
 僕は文哉のような人間になりたくないっす。
 遠山さんにもなってほしくないっす。」と洋貴。
「・・・」
「これで良かったんです。」

ふかみに藤村五月が訪れる。
「三崎文哉。拘置所に移送されたみたいですね。
 責任能力があると判断されただけでも、
 よかったと思います。」
「・・・もう終わったんです。」と洋貴。


「それでも、生きてゆく」ディレクターズカット完全版 [DVD]
「それでも、生きてゆく」ディレクターズカット完全版 [DVD]坂元裕二

ポニーキャニオン 2012-01-06
売り上げランキング : 766


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


続きを読む

2011年09月18日

陽はまた昇る 最終話

犯罪者・安西雄哉(ARATA)をかばい、警視庁警察学校の教官・
遠野一行(佐藤浩市)が捜査員の放った銃弾に倒れた! 

一方、やはり警官の発砲で撃たれ入院中の遠野の妻・
奈津美(斉藤由貴)のもとへ、初任教養部長・簑島佐和子(真矢みき)が
訪れる。
「主人が・・撃たれた?」
「誠に遺憾ですが・・・安西を逮捕する際に、捜査員の、
 流れ弾を胸部に受けました。
 現在は、警察病院で手術中です。」
「・・・」
「あの、きっと助かります。
 彼はこれまでに、多くの広域事件を解決し、
 今回も30人の学生たちを守りぬきました。
 簡単にくたばるような男じゃありません。」
「遠野のこと・・よくご存じなんですね。」
「私の・・・部下ですから。」
「あの人・・いっつも犯人の事考えていました。
 何故人を殺したのか、どんな生き方をしてきたのか。
 頭の中はずーっと、罪を犯した人のことでいっぱいで。
 私との約束に、間に合ったこともなかったし。
 温かいご飯を、食べてくれたこともなかった。
 私結局・・・刑事の妻になれませんでした。」
「・・・」
「あの人・・・。
 助けてあげてください。」
簑島の手を握り締める奈津美。
「せめて・・・ごめんなさいって・・・
 言いたいんです。」
奈津美の瞳から涙があふれ・・・。

その夜、奈津美は遠野の無事を祈るように手を合わせ・・・。


陽はまた昇る DVD-BOX [DVD]
陽はまた昇る DVD-BOX [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント 2011-12-22
売り上げランキング : 1015


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む
23:59 | CM(0) | TB(0) | 陽はまた昇る | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勇者ヨシヒコと魔王の城 十一

ついに魔王の城下町へとやって来たヨシヒコ達は、
魔王の居所を探し始める。

しかし、街はあまりにも広大で、しかもヨシヒコ達の村と
かけ離れた世界。

魔王の城を見つけ出すのは至難の業だと悟った4人は、
散り散りに別れて、潜入捜査を行うことにするが…。

ヨシヒコ達に最大のピンチが訪れる!

★魔王の城下町
メレブもダンジョーも何故か心ワクワク。
ムラサキが買ってきたクレープに、最初は拒否していたヨシヒコも、
「美味い!!」口のまわり生クリームだらけ!
「ヒゲをそる気か!」とメレブ。
ムラサキの手には『魔王の街ガイドブック』。
ラーメン、パン?と、食べながら作戦会議!?
城下町を楽しむ4人です。

このロケ、見たかったな〜!

続きを読む

2011年09月12日

それでも、生きてゆく 第10話

『対決の果てに』

朝方、トイレの窓から朝日を見つめる深見洋貴(瑛太)・・・。

因島
老夫婦の住む家を訪れる文哉(風間俊介)。
「三崎文哉と申します。」
「・・・え?・・・まさみの?」
文哉が頷く。
「息子ね・・・。」

洋貴は三崎駿輔(時任三郎)から雨宮健二=三崎文哉の
亡くなった母の出身地を聞き、広島行きの新幹線に乗る。

ふかみ
「オレさ。母さんに頑張れって言いすぎたかな。」と耕平。
「・・うん?」と響子(大竹しのぶ)。
「高校とか大学の頃さ、みんなでカラオケ行くでしょ?」
「うん。」
「歌詞に出てくるんだよね。
 希望とか、光とか。
 まあ、オレも歌うんだけどさ。
 歌ってながら俺、で、なに?って思ってた。
 希望って何?
 光って何?」
「・・うん。」
「みんなは分かってんのかなって思ってたけど、
 何か聞けないしさ。
 ノリ悪い人だなとか、被害者家族だから暗いとか言われたら
 めんどくさいし。」
「うん。」
「・・・でもそんなんで俺・・・
 そんなノリのまんまで俺・・母さんに頑張ろうよって言ってた。」
「・・・耕平、励ましてくれた。」
「カラオケで歌う希望しか知らないヤツに励ます資格ないでしょ。」
「そんなこと、誰にも分からないのよ。」
「・・・兄ちゃんは?」
「洋貴は・・・どうなのかなぁ。」

続きを読む

2011年09月11日

陽はまた昇る 第8話

『殺意の教室…30人の人質』

遠野一行(佐藤浩市)に説得され、出頭を考え始めた犯罪者・
安西雄哉(ARATA)。

その帰り道、パトロール中の警察官に職務質問を受け、
またも遠野に騙されたと誤解し警察官に襲い掛かった! 
しかも、威嚇射撃を試みた警察官が誤って、安西とともに逃げる
遠野の妻・奈津美(斉藤由貴)を射撃。奈津美は意識不明の
重体となってしまう…。

――完全にキレた安西は遠野が教官を務める警視庁警察学校に侵入。
宮田英二(三浦春馬)や湯原周太(池松壮亮)ら遠野教場(=クラス)の
訓練生30人を人質にし、教室に立てこもる。
 
現場に駆け付けた警視庁捜査一課長・杉崎孝夫(六角精児)から
安西が立てこもった経緯、奈津美の容態を聞かされ、激しいショックと
自責の念を感じる遠野。
「交渉を、やらせてください。
 今は、学生たちを救い出すほうが先決です。
 私情を排し、警察官として交渉に当ります。
 命令に背いた処分は、あとで受けます。」

続きを読む
17:41 | CM(0) | TB(0) | 陽はまた昇る | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

勇者ヨシヒコと魔王の城 十

魔王の城へ渡るための魔法のじゅうたんを手に入れるため、
アマネの村で開催されている珍品オークションに参加する
ヨシヒコ達。

運よく魔法のじゅうたんが出品されるものの、恐ろしく高額…。

落胆するヨシヒコ達の目の前でいとも簡単に落札したのは、
思いもよらないあの人物だった!

★アマネの村、オークション会場
お茶やら石やら四つ葉のクローバーの次に
登場したのが空飛ぶじゅうたん!
落札額、3億ゴールド。
落札したのは・・・ヒサ!!

ヒサはアマネ村の大金持ち・カイザー伯爵(マギー)と結婚していた。
ヨシヒコの後をずっと付けていたのに、いつの間に?
ヒサ、兄に絨毯を譲ってあげず。
「もしこれが欲しければ、10億ゴールド持ってらっしゃい。」
「待ってくれヒサ!」「それでも妹かよ!!」
「それじゃあ・・・チャンスを与えます。
 明日の夕食、カイザー家のシェフより美味しい料理を
 私に食べさせることができたら、譲ってあげてもいいわ。」
ヒサの狙いは!?

続きを読む

2011年09月05日

それでも、生きてゆく 第9話

『心はどこにある?』

深見洋貴(瑛太)が、三崎文哉=雨宮健二(風間俊介)が新たに事件を
起こした千葉から遠山(三崎)双葉(満島ひかり)を車で家に送ろうと
している頃、釣り船屋『ふかみ』では激しい攻防が繰り広げられていた。
双葉を求めて訪ねて来た文哉と、息子の日垣(深見)耕平(田中圭)の妻、
日垣由佳(村川絵梨)と孫を守ろうとする野本(深見)響子(大竹しのぶ)が
争っていたのだ。
家具で文哉を殴り倒した響子。

「どうしたんですか!?お母さん!」由佳が慌てて声をかける。
「文哉なの・・三崎文哉なの!!」
「え!?」
「ねえ、電話して。
 耕平・・。洋貴洋貴洋貴洋貴に電話して!」
「はい。あ、警察は?」
「先に洋貴に電話して!」
「はい!」

気を失っていた文哉が唸りながら起き上がる。
「ねえねえ・・教えて。教えて。ね!
 ねえ、どうして亜季だったの?
 ねえ!どうして?どうして亜季だったの?」
「・・・たまたま、道で会ったから。」
「・・・」
「別に誰でも。」
文哉は頭を抑えながら釣屋を出ていく。
「逃げないで・・逃げないで!!逃げないでー!!」

続きを読む

2011年09月04日

陽はまた昇る 第7話

『愛と憎しみの銃声』

遠野教場(=クラス)に警視庁警察学校の警備の任務が
回ってくることになった。
学校の警備とはいえ、宮田英二(三浦春馬)や湯原周太(池松壮亮)ら
訓練生は警察官として初めて現場に立つことになる――。

教官の遠野一行(佐藤浩市)は訓練生たちに手錠を出させると、
手錠は警察官の分身であることを説き、自分の手錠を前に卒業後の
希望配置先をじっくり考えるよう告げる。

そのころ、初任教養部長・簑島佐和子(真矢みき)は警視庁捜査一課長・
杉崎孝夫(六角精児)のもとを訪れていた。
佐和子には気になることがあったからだ。
というのも先日、遠野の妻・奈津美(斉藤由貴)と逃避行を続けている
犯罪者・安西雄哉(ARATA)が10年前に死に至らしめた巡査の妻が、
警察学校近くのカフェ「SUN」のママ・田中里美(石野真子)であることが判明。
ところが、警察学校の校長・内堀清二郎(橋爪功)はどういうわけか
佐和子に、その事実を遠野には絶対に言うなと命令したのだ。
杉崎にも内堀の意図は図り知ることはできなかった。
しかし、佐和子が独自に集めた資料に目を通した杉崎は突如、
胸騒ぎに襲われる。
やがて杉崎は単独で、内堀に接触するが…。

続きを読む
20:37 | CM(0) | TB(0) | 陽はまた昇る | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勇者ヨシヒコと魔王の城 九

命の指輪を入手するため妖精の村を目指すヨシヒコ達は、
偶然出会った妖精に導かれ、妖精の城の女神・
ポロンのもとへとやってくる。

ところが、命の指輪は、悪魔神官の手によって盗まれてしまっていた。

悪魔神官を倒すべく、山のほこらに向かうヨシヒコ達の前に、
次々と強敵が襲いかかる!

★盗賊スカルが現れた!
戦闘中に前口上や舞をちょいちょい入れてくる、大衆演劇風の盗賊。
演じているのは橋本じゅんさん。
時々白目になるところが怖い。
スカル様にはおばさま中心のファンがたくさん。
「ひと〜つ、人より流れる目。
 ふた〜つ、二重で流れる目。
 みっつ、みたらし団子好き。」
流し目で気絶するおばさまファン。
「ホントはアンコの方が好き〜!」
華麗に?舞ってるところを斬りかかるダンジョー。
「戦いに舞などいらん!!」
「舞をみんなは見に来ているの!!」
「悪いことは言いません。お帰りください。」とヨシヒコ。
「おじけづいたか。ハッハッハ。
 カモン!夢芝居!」
スカルのワンマンショースタート。
ダンジョー、ヨシヒコの誘いの剣でスカルを眠らせた。
「面倒な盗賊、討ち・・・取・・・ったり!」
「きゃ〜!素敵〜!」「もじゃもじゃがステキ〜!!」
「ヨシヒコ・・連れていっても、いいかな?」
「嫌です。」ヨシヒコ、即答!

続きを読む