2012年06月29日

ダークナイト/The Dark Knight

【ダークナイト】2012年6月27日視聴/テレ朝

ピエロのような不気味なメイクを施した「ジョーカー」と名乗る正体不明の犯罪者がゴッサム・シティに現れ、その日も白昼堂々と銀行強盗をやってのけると姿をくらました。

一方、バットマンことブルース・ウェインはゴッサム市民を守るべく、毎夜悪と戦い続けていた。しかし、悪の芽をいくら摘み取っても、ゴッサムに真の平和が訪れることはなかった。バットマンはゴッサム市警のジム・ゴードン警部補と協力して、マフィアの資金洗浄元である銀行を摘発するという手段に出る。市警に潜む内通者の存在で一時は失敗も危ぶまれたが、新任の地方検事ハービー・デントの後押しもあり、ついにマフィアの資金源を断つことに成功する。

バットマンと違い、姿を晒して正々堂々と悪に挑むハービー。そんなハービーの姿に、ブルースは彼こそゴッサムが求める真のヒーローだと確信し、バットマンを引退しようと考え始める。かつての幼なじみである地方検事補レイチェル・ドーズに未だ想いを寄せるブルースは「バットマン引退の瞬間」こそ彼女と結ばれる時であると信じていたが、一方のレイチェルはブルースとハービーとの間で揺れ動いていた。

その頃、資金源を断たれて悩むマフィアたちの前にジョーカーが現れた。ジョーカーは彼らの全資産の半分を条件に、大胆にもバットマン殺害の提案を持ちかける。罪なき市民や警官を次々に殺害し、さらには市長暗殺を企ててバットマンを追い詰めるジョーカー。これまで自身のルールに従って犯罪と戦ってきたバットマンは、「秩序」を一切持たないジョーカーに苦戦を強いられるが、ジョーカーの真の目的は金でもバットマンの命でもなかった。ジョーカーの唯一の目的、それは「恐怖」と「混沌」をもたらし、人間の「本質」をさらけ出すことだったのだ。

ウィキペディアより

続きを読む

2012年06月25日

リーガル・ハイ 10

『破産か5億か!?さらば誇り高き絆の里』

マイクを手にカメラに微笑む黛。
「さて、皆様なかつて絹美村と呼ばれた地域をご存じでしょうか?
 緑の山々、広がる田畑、新鮮な空気、清らかな清流。
 この美しい人里で今、恐るべきことが起きているというのです。」
「あ〜・・原因不明のだるさに苦しんでます。」と三郎。
「私は・・もうめまいが酷くて。」と久子。
「俺のおふくろ、急にぽっくり死んじまってよ。」と譲二。
「私は主人が・・・。」とさと子。
「そしてとうとう、俺たちの精神的支えだった、
 元村長婦人も癌に侵され・・・。たねさん!たねさん!」と春夫。
村民の迫真の演技!
「いったい、何が怒っているんですか!?」
「原因は全て・・・あれですよ!
 仙波化学第四工場!!」声を揃えて叫ぶ村民。
「なんという事ことでしょう。
 あの大企業、仙波化学の化学工場によって、公害が引き起こされているのです!
 美しかった自然は汚染され、住民は、健康被害が・・・
 健康被害の・・・
 あー、ごめんなさい。何でしたっけ?」
「カットカット!何回やったら出来るんだ!
 ちゃんと頭に入れとけ!訴えてやる!!」と古美門。
「ごめんなさい。」

「先生、俺たちはどうだった?」
「完璧でした。演技ではない惨めさが胸に迫る。」
「イェーーイ!」

「それに比べて君は全然!滝川クリステルに見えな〜い!!」
「あたりまえじゃないですか!プロに頼んでくださいよ!」
「大手マスコミはどこも動かなかったんだ。仕方ないだろう。」
「仙波グループは大スポンサーだから圧力がすごかったんだろうね。」と蘭丸。
「自費制作して動画サイトにアップし、アクセス数トップを目指すのだ!」
「足組み替えるのわざとらしくて嫌なんですけど。」
「しみったれた老人だけの動画なんて誰が見る?お色気が必要なのだよ。」

「でも、真知子ちゃん絶望的に色気ないからな〜。」と蘭丸。
「そこが問題だ!」
「もっとスカート短くしてみます?これっくらいギリギリの。」
「だが所詮ガニ股だからな。
 あ〜あ!長澤まさみだったらな〜〜!!」

「どうもすいませんでしたね!!」

続きを読む

ATARU LAST CASE

『さらばチョコザイ!!そして母の死の真相』

15年前、機動捜査隊・初動捜査担当の新米刑事だった沢(北村一輝)は、
舞子(栗山千明)の母・真理子(奥貫薫)が亡くなった事故を担当していた。
現場検証の結果、居眠り運転か決意の自殺…いわゆる“捨て山”だと判断された真理子の事故。
Nシステムの映像を見る限り、真理子が自殺するようには見えず、沢は腑に落ちなかったが、
真理子が目を開けて運転していたこと、ブレーキを踏んでいなかったことから、
決意の自殺である可能性が高いという結論に達していた。

自殺するようには見えなかったが自殺にした・・・
舞子に負い目があったから捜査一課に引き抜いたと当時を思い出しながら舞子に話した沢。

住宅街を歩く当麻と瀬文!植木屋さん?を確保!?
ものすごいスピードで動いているのはニノマエ!?


すると、アタル(中居正広)が
「目を開けていた、居眠り運転、ブレーキ踏まなかった」と突然呟いた。
沢が「もう調査はするな」と3回言ってもアップデートせず、
「事件にもう苦しまなくていいんだ」と言い聞かせても言うことを聞かないアタル。
舞子は沢に、母の死に父・達夫(利重剛)が関係しているのかと訪ねると、
少なくとも宝井真美(広澤草)の殺人には関係しているかも知れないと言う。

捜査一課を訪ねていた舞子に昇(玉森裕太)から連絡が入る。
アタルが帝都医大にやってきて、「マリコ、お墓、どこ」と昇にたずねているというのだ。
なぜアタルは舞子の母の名前を知っていたのか・・・。

ATARU Blu-ray BOX ディレクターズカット
ATARU Blu-ray BOX  ディレクターズカット
TCエンタテインメント 2012-11-07
売り上げランキング : 220


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



続きを読む
タグ:ataru
00:57 | CM(0) | TB(1) | ATARU | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

もう一度君に、プロポーズ 最終話

『ついに、人生二度目のプロポーズ!ありったけの愛を込めて君に』

葬儀の準備に追われる波留。
太助が残した連絡先リストに従い電話をかけていくが、中に「西園晶子」
という知らない名前が。

可南子が喪服を取りに行くと言ってくれ、一人、太助の部屋で波留は
「西園晶子」からの手紙を見つける。
中には自分の幼い頃の写真、「受け取れない」という手紙、それは生みの母のもの…

葬儀場の受付を手伝う裕樹と桂。
「波留さん・・・強いよな。」
「うん。」
「俺はもっと情けなかったな。親父が死んだ時。」
「え?」
「自分が家族を守るとか言ってさ、気、張ってたけど、
 今思うと、一人になるのが怖かったんだよ、ただ単に。
 一人じゃ何も出来ない奴が、何を守れんだ?って話だよな。
 今日の波留さん見て、そう思った。」
「そうかな。」
「え?」
「守りたいって言われて、嬉しくない人なんていないと思う。
 それにさ、波留さん一人じゃないよ。
 波留さんには、可南子さんがいる。」
「・・・」
波留の側に、心配そうに寄り添う可南子。
そんな姉の姿に頷く裕樹。

もう一度君に、プロポーズ Blu-ray BOX
もう一度君に、プロポーズ Blu-ray BOX
TCエンタテインメント 2012-10-03
売り上げランキング : 139


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


続きを読む

2012年06月18日

リーガル・ハイ 9

『恩讐の村人よ…美しき故郷を取り戻せ!!』

「エンヤ〜コ〜ラ、ドッコイセ。」
一人歌を歌いながら田植えをする有馬たね(左時枝)。

昼食の握り飯と漬物を食べていると、老人たちが声をかける。
今からふれあいセンターでパソコン教室、一緒にどうかと言われ、たねは激怒。
「早く行っちまえ!鎌で首かっ切るぞ!」

その直後、たねは倒れてしまい・・・。

病院
「帰れ。じき死ぬ。」とたね。
「そんなこと言って・・・」と春夫。
「お前らもだよ。」
「やめましょうよ。」と三郎。
「三郎、てめえも長患いだろ。原因不明のだるさ。
 さと子。丈夫さだけが取り柄だったてめえの亭主は、
 何で急にぽっくり逝っちまったんだ。
 春夫、てめえだって、いつ自分もぶっ倒れるか、ドキドキしてんだろ?」
「敦夫さんじゃねえか。俺たちを説得したのは。
 あんたの亭主じゃねえか。」と譲二。
「ああ。だから罰が当たって、まっさきに、死んじまったんだ。」
「どのみち、俺達にはもうどうすることも出来ないんだ。」
「へ。こんな年寄りが何言ってもね。」とさと子。
「弁護士・・・雇うっていのはどうだ?」
「5年前も無駄だったじゃねえか。」と春夫。
「地元のはダメだ。どうせずぶずぶだからな。
 東京に行って、一番腕の立つ弁護士捕まえるんだ!
 それが出来ねば・・戦争をおっ始めることが出来る!」

続きを読む

ATARU CASE10

『父だけが知っていた殺人手法』

昏睡状態で病院に運ばれたアタル(中居正広)を心配する沢(北村一輝)、
舞子(栗山千明)。
「ちゃんと目覚めるよね。
 朝になったら、またカレースープだよね。」

アタルの父・誠(市村正親)は病院に来たラリー井上(村上弘明)を呼び止める。
「ラリーさん。」
「猪口さん。
 先生が言うには、何かしらの昏睡状態の可能性が。」
「聞きました。・・・アタルに、捜査の訓練をさせているんですか!?」
「正確には、捜査に活用できるデータをインプットし、
 事件現場を見れば、必要なデータがアウトプット出来る、」
「そんな訓練頼んでません!!」
「我々が死んでも、アタルが一人で生きていける、
 そんな未来がほしい。
 25年前、おっしゃいましたよね?」
「・・・」
「アタルの人生を、障害者ではなく、天才として歩ませる。」
「障害者であろうが天才であろうが、アタルは大切な息子です!!」

「アタルが、天才だから、私たちは手放したの?
 アタルの能力を、天才じゃなくて障害だと思ったから、
 だから追い詰められたんでしょう?
 責めるならラリーさんじゃない。私たち自身よ。」
と母・ゆり子(原日出子)。
「・・・」

続きを読む
タグ:ataru
00:17 | CM(0) | TB(0) | ATARU | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

もう一度君に、プロポーズ 9

『最後の思い出〜大切な人の笑顔…そして、涙』

神社で倒れ、病院へ運ばれた太助に付き添う波留は、家を訪ねてくる約束だった
可南子に戻れなくなったことを伝える。
入院に付き添おうとするものの、いつも通りの毎日がいいと、家に戻ることにした太助。

診療所
「日記、ですか?」とカウンセラー。
「はい。書いてあるのは間違いなく私の字で。」
「それを読んで、何か感じたことはありました?」
「・・・ちゃんと読めませんでした。
 なんだか怖くなってしまって。」
 周りの人から話を聞くのは、受け入れられるんです。
 でも日記は・・自分の言葉なんで・・・読むのが怖いです。

家に帰った可南子に、一哉(袴田吉彦)からの電話。
「どうしたの?」
「いや、可南子はどうしたかなーと思ってさ。その後。」
「ああ・・・ちゃんと話してみようって思った。」
「思っただけ?」
「・・・いろいろ、あるんだよ。」
「ふ〜ん。いろいろか。
 まあ、いいけど。後悔はするなよ。」
「いつも一言多くなければカッコイイのに。」
「別に可南子にカッコイイなんて思われなくてもいいよ。
 気になることを見て見ぬふりするのは、体に良くないしな。」
「気になること・・・。
 気になるけど・・・見るのが怖い時は、どうすればいいと思う?」
「うーん、見なきゃならないことなら、見るしかないよな。
 まあ、どうしても怖いなら、誰かと、一緒に見ればいいんじゃないか?」
「・・・」

父の住む家にバイクで向かう波留、瞳には涙が浮かんでいて・・・。

続きを読む

2012年06月11日

ATARU CASE09

『幼児虐待!!でもママが好き』

チョコザイことアタル(中居正広)を連れ、アタルの両親がいる八王子の猪口家を
訪ねた沢(北村一輝)と舞子(栗山千明)。
アタルが渡米する前に住んでいた仲蒲田に頻繁に通っていたこと、ラリーとの関係など、
疑問に思っていることを父親の誠(市村正親)にたずねる。
「ああ、初めまして。在の父です。」
「警視庁の沢です。」「蛯名です。」「チョコザイです。」
「すいません、お仕事中に。」と沢。
「いや。
 アタル、ラリーさんから聞いたぞ。
 空港から逃げ出したんだって?」
「・・・」
「アタル君の本名が分からなくて、こちらにお連れするのが遅く、」
「チョコザイ。」
「こちらにお連れするのが遅くなりまして、申し訳ありません。」
「いえいえ、こちらこそ、ご迷惑をおかけして。」
「あの、アタル君は仲蒲田にも、」と舞子。
「チョコザイ。」
「仲蒲田には何度も通ってたんです。」
「仲蒲田に?
 でも10年も前ですよ。仲蒲田から八王子に引っ越したのは。」

そんな時、沢の携帯に八王子の雑木林で幼児の遺体がみつかったという連絡が入った。
テレビからはそのニュースが流れる。
「Mission accepted.」

『八王子雑木林』『幼児遺体』『複数の傷やアザ』

続きを読む
タグ:ataru
18:00 | CM(0) | TB(0) | ATARU | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

もう一度君に、プロポーズ 8

『始まりと終わりが重なる時…辿り着く答えは…?』

「あなたを幸せに出来るのは、今の自分ではない」と言って部屋を出て行った可南子。
一人残された波留のところに、桂がやってきた。
「これで終わり」と言う波留のさびしそうな背中に思わずすがりつく桂。
しかし、慌てて身を離すと、何を言ったらいいのかわからず、そそくさと帰って行く。

一方、可南子は一哉に会うものの、何も言うことが出来ない。
自分も離婚している一哉は、
「恋人と夫婦の違いというのは別れてみなければ分からないのかもな。
 経験者は語る。」と励ますのだった。

翌朝、桂が会社に行くと、波留はいつも通りに接してくる。
しかし、波留は可南子に言われたことを考えずにはいられない。

レストラン
裕樹が一人で昼食をとっていると、志乃がやってきた。
「何で俺なの?
 こんな冷たい男じゃなくてさ。
 志乃ならもっといい彼氏できるだろ。」裕樹は聞いてみる。
「分かんないよ。私だって。
 でも、まだやり直せるって思ってるから。
 だから裕樹にちゃんと私の話聞いてほしい。」
「聞いてるよ。聞いてるし考えてるよ、志乃のこと。
 考えたから距離を置いたほうが、」
「嘘だよ。」
「・・・」
「裕樹は全然、私のこと見てない。」
「・・・」
「でも・・・裕樹は冷たくなんかないよ。」
「・・・先出るよ。」
「・・・」

続きを読む

2012年06月08日

リーガル・ハイ 8

『親権を奪え!天才子役と母の縁切り裁判』

古美門研介(堺雅人)、黛真知子(新垣結衣)、服部(里見浩太朗)が事務所で
くつろいでいると、テレビに天才子役・安永メイ(吉田里琴)が出演している
ドラマが流れる。
「お母ちゃん!」
「ナツコ!!」
「戦争、終わったんやね。」
「そうや。終わったんや。」
「これからうち、ぎょうさん働いて、お母ちゃんを幸せにしたる!
 うちがお母ちゃんを幸せにするんや!」

感動的な親子再会シーンに、素直に涙する黛。
「なんていい子なんでしょう・・。」
「天才子役、安永メイさんですね。」と服部。
「メイちゃんにはいっつも泣かされます。
 永遠の理想の娘ですね。」
「フ〜ンッ!」と古美門。
「何か?」
「成功する子役なんて二通りだろう。
 大人の金儲けのためにむち打たれる哀れな操り人形か、
 大人の顔色を見て手玉にとるませたクソガキか。
 彼女は一体どっちだろうね。」
「どちらでもないと思います。」
「数年後にはチンピラタレントとできちゃった結婚するか
 年寄りの愛人になっていることだろう。」
「服部さん!」
「は、はい。」
「この方は子供の時からこうなんでしょうか!」
「さあ・・・いや、私は、先生にも、無垢なる少年時代があったであろうと
 そう思いますがね。」
「無垢なる少年時代!?」
「はい。」
「どうですかね?」
「ウフフフフー。」

続きを読む