2012年07月30日

リッチマン, プアウーマン 3

『明かされた過去…。恋が壊れるとき』

日向徹(小栗旬)は、バイクの後ろに朝比奈燿子(相武紗季)を乗せて
NEXT INNOVATIONに戻ってくる。
バイクから降りた燿子は、それを目撃した澤木千尋(石原さとみ)に、
自分たちはライバルだ、と声をかける。

雑誌のインタビューを受ける日向。
「トップリーダー日向徹っていうタイトルが駄目ですね。
 新しいものは誰が作ったかなんてどうでもいい。
 何が作られたかが重要なんだ!
 もういいですか?あなたと話していると時間がとても長く感じる。」
「えっとじゃあ、最後に、日向さんの出生について。」と記者。
「・・・ふ。鈍感は才能だな。
 ここまで言われてまだ僕の話ですか?
 まあいい。どうぞ。」
「6歳から養子として、今のご両親に引き取られたということですが。
 実のご両親とは?」
「顔も名前も知らない。」
「会いたいと思いますか?」
「思わない。生物学上の親に会うのに意味がありますか?
 いや、遺伝子工学でもやってれば別ですけど。
 もういいだろ!お疲れ様でした。」

続きを読む

2012年07月29日

ビューティフルレイン 4

『母が遺した贈り物…父娘の切ない約束』

木下圭介(豊川悦司)は、病気のことを愛娘の美雨(芦田愛菜)に打ち明けた。
しかし、治らない病気だとはどうしても言うことができず、薬を飲んでいれば
すぐに治ると嘘をついてしまう。

小学校が夏休みに入った。圭介は、夏休み中も規則正しい生活を送るよう美雨に話した。
その際、圭介は、病気のことは中村富美夫(蟹江敬三)や千恵子(丘みつ子)らに
言わないよう口止めをする。
夏休みの間は、美雨も工場で一緒に昼食を食べることになるからだった。

ラジオ体操に出かけた美雨は、友だちの新井小太郎(高木星来)から
四葉のクローバーのキーホルダーを見せられる。
四葉のクローバーは“魔法の葉っぱ”で、4つ集めて願い事を書いた紙に
はさんでおけばどんな願い事も叶う、と聞かされ驚く美雨。
小太郎は、願い事が叶うまでは誰にも教えてはいけない、と付け加えた。

家に戻った美雨は、図鑑で四葉のクローバーを調べ、そのページに
「父ちゃんのびょうきが早くなおりますように」
と書いた紙を挟んで、探しに出かける。

続きを読む

2012年07月23日

リッチマン, プアウーマン 2

『動き始めた運命! 嘘つきは恋の始まり』

「偽名を使って潜り込んでくるような人間をチームに参加させとくのは危険だ。
 とこらが君はどこをどう調べても、名前以外はごく普通な大学4年生で、
 ただの一つも怪しいところはないんだよ。」と朝比奈恒介(井浦新)。
「つい・・・言っちゃったんです。澤木千尋ですって。
 でも、バレてほっとしました。
 偽名使って優秀な女性のふりするなんて、私には無理。
 本当にすみませんでした。」

朝比奈に嘘がばれ、再び就活に励む澤木千尋(石原さとみ)だったが、
日向徹(小栗旬)は、千尋を「NEXT INNOVATION」に呼び出す。
総務省の藤川事務次官(大地真央)から呼び出しがあったのだ。
澤木に気づいた日向は、取締役会を後回して彼女を会議室に連れていく。

「で、これがバカの見本だ。」
「・・・は!?」
「彼女は、藤川事務次官のご機嫌伺いで実際は何もしない。
 というか出来ない。
 この時季に内定を一つももらっていない非常〜に出来の悪い就活生だ。
 このことが周囲に漏れるのは困る。
 彼女の素性を知っているのはここにいる人間だけで、 
 幸い、君たちは我が社の先鋭だ。
 このまま新しいプロジェクトチームのメンバーになってもらう。
 いいか!?澤木千尋が無能だということを、他の社員には絶対に知られるな。
 しかし、またその暑苦しいスーツか。今は夏だぞ!
 君には皮膚感覚がないのか?」
「・・・就活生の勝負服ですけど何か!?」

続きを読む

2012年07月21日

ビューテイフルレイン 3

『…父ちゃん、アルツハイマーってなに?』

木下圭介(豊川悦司)は、美雨(芦田愛菜)の誕生日や靴のサイズを忘れてしまったり、
自宅までの帰り道がわからなくなったりするなどの症状が出ていた。
美雨のためにも病気と向き合うことを決意した圭介は、主治医の古賀豊(安田顕)を訪ね、
病気の進行を遅らせる薬と、生活の心構えや注意点などが記された冊子を受け取った。

圭介は、その冊子などを参考に、
「予定はメモに残す」
「禁煙する」
「病気に良いとされている食材を摂取する」
といったことをさっそく実行する。

圭介が禁煙すると知った美雨、
「また〜?」
「またって言うな。今度こそ絶対禁煙する。」
「何で?」
「それは・・たばこは体に悪いからに決まってるじゃないか。」
「今まで何回禁煙するって言った?どうせまたすぐ吸っちゃうって。」
「今度こそ、絶対の絶対だ。」
「ふ〜〜ん。
 そういえば、夕べ遅くまで本読んでだでしょ。あれ何の本?」
「・・・あれは・・仕事の本だ。」
「仕事の本?」
「難しい、大人の、仕事の本。」
「ふ〜〜ん。」
「ほら〜、早く顔、洗っちゃえ。」
「はーい!」

圭介はアルツハイマーの本をもっと高いところへ隠す。

続きを読む

2012年07月16日

リッチマン, プアウーマン 1

『資産250億の男と就職難民女の最低最悪の出会い』

禅寺
SAWAKI CHIHIROという人物を検索する日向徹。
該当する人物は見つからず。

日向徹(小栗旬)は、29歳にして時価総額3000億円とも言われるIT企業
「NEXT INNOVATION」を率いる注目の若手社長。
徹に可能性を感じた朝比奈恒介(井浦新)が会社設立を持ちかけて、
8年前に大学が開放した古い学生会館の一室から会社をスタート。
瞬く間に成功を収めた。

一方、澤木千尋(石原さとみ)は、東京大学理学部という学歴ながら
就職が決まらず面接に奔走する日々を送っていた。
「私、こうした方がいいよって言われたことはちゃんとやってきました!
 でも、就活って正解が分からない。
 どうすれば丸がもらえるんでしょう。」
大学の心理カウンセラーに相談する。

そんなある日、面接に向かう途中で、「NEXT INNOVATION」が入る高層ビルが目に止まった。
ハイセンスな職場と、そこで働くオシャレな人々。
就活用のスーツに履き古しのローヒール姿の自分とは何かが違う、とため息をもらす。

そのころ、日向は朝比奈と取締役の山上芳行(佐野史郎)を前に、
戸籍をインターネット上で管理するシステムを作る計画を明かした。
「国民一人ひとりに番号をつける共通番号制度がスタートするだろ。」
「ああ、3年後だっけ。」と朝比奈。
「でも、番号振るだけで問題は解決するか?
 年金の記録はなぜ消えた?
 管理がばらばらだからだ。
 整理されていない情報ほど無意味なものはない。
 それを僕らが、うまく使えるようにしてやるんだ。」
「会社の評価も上がるな。」と朝比奈。
「はぁ。作りたいものを作るだけだ。別に褒められたいわけじゃない。」
「実際何を作るんだよ。」と山上。
「・・・パーソナルファイルだ。
 一人に一つ、国が認めた個人ファイルをインターネット上で管理して、
 生まれてから死ぬまでの記録を一つにする。」
「そうすれば年金だ住民票だっていちいち役所に行かなくても済むのか。
 でも初期投資だけで会社の金が吹き飛ぶぞ。何で俺らが。」
「国が作るのを待ってたら僕らは不当に搾取されて不便な思いをしたまま死ぬぞ!
 ろくに年金ももらえずに。」
「お前は年金必要ないだろ。」
「パーソナルファイルは必要だ。
 年金はおろか、人が一人生きてるか死んでるかも国はちゃんと把握していない。
 そんなことが許されていいはずがない。」
「いやだからって、まともな企業はそんなハイリスクな事業には
 手を出さんよ。」
「あなたがいた会社だったらやらないだろうねぇ。
 でも、僕らはやるんだ。」
「・・・」
朝比奈が頷く。

続きを読む

2012年07月15日

ビューティフルレイン 2

『記憶を失うとき一番大切な人を傷つける』

木下圭介(豊川悦司)は、医師の古賀豊(安田顕)から、
若年性アルツハイマーだと診断される。
しかし圭介は、愛娘の美雨(芦田愛菜)はもちろん、
勤務先の中村産業の同僚たちにも病気のことを打ち明けることができずにいた。

圭介のようすがどこかおかしいことに気づいた美雨は、
友だちの新井小太郎(高木星来)に相談する。
すると小太郎は、それは“オンナ”ができたからだという。
小太郎の母親・春子(国生さゆり)も、新しい恋人ができると圭介と同じように
ボーっとしたりため息をついたりする、というのだ。

中村産業
職場でもため息ばかりの圭介は、後輩工員の勝田秋生(三浦翔平)に聞いてみる。
「なあ秋生、もし仮に、今までのことを全部忘れちまったらどうする?」
「忘れる?」
「いいことも悪いことも。
 楽しかったこと、辛かったこと。
 全部忘れるんだ。」
「・・・ハッピーじゃないっすか!」
「何で?」
「何でってだって、親に怒鳴られたり先輩に怒鳴られたり、
 あとお巡りに怒鳴られたこと全部忘れられるってことでしょ?」
「お前怒鳴られっ放しの人生だな。」と宗田。
「ちょ、大きなお世話ですよ。
 あと忘れたいことっていったら・・・」
「いや。俺は忘れたいんじゃなくて、・・・いいや。仕事仕事。」
「水臭いじゃないですか。もう何でも言ってくださいよ。」
「バカに相談した俺が間違ってた。」
「バカって・・ムネさんに失礼でしょ。ねえムネさん。」
「バカ。」と宗田。
「・・・え、俺!?」

続きを読む

2012年07月11日

ビューティフルレイン 1

『最近、父ちゃんは忘れ物が多い…』

木下圭介(豊川悦司)とひとり娘の美雨(芦田愛菜)は、東京の下町にある
小さな金属加工工場『中村産業』の離れでつつましやかに暮らしている。
圭介の妻・妙子は、8年前、美雨の命と引きかえにこの世を去っていた。
当時、大手建設会社に勤務していた圭介は、妙子の分も美雨のことを愛して
育てていこうと決心し、会社を辞めて中村産業に転職していた。

朝、朝食の準備が出来ると、圭介は美雨を起こす。
「ほら、起きろ美雨。・・・美雨ちゃん?お嬢様?
 朝でございますよ。」
「今何時?」
「お嬢様、もう7時5分でございます。」
「あと5分。」
「おい美雨〜。」
「あと3分。」
「起きろ!」
「ヤダ。」
「いつまでもぐずぐずしてるとどうなるか。」
圭介のくすぐり攻撃!
「アハハハ。やめて〜!」
「はい終わり〜。」
「もうちょっとやってよ。」
「ダメ〜。」
「チェッ。」
「顔洗って歯磨きしてこい。」
「はーい。」

続きを読む

2012年07月03日

2012年07月期 ドラマ一覧



時 間開 始      番 組 名     出 演 者    脚  本  

20:00
TBS
7/02
浪花少年探偵団
多部未華子
小池徹平
山本耕史
吉田紀子
江頭美智留
沼津そうる

21:00
フジ
7/09
リッチマン、プアウーマン
小栗旬
石原さとみ
相武紗季
井浦新
安達奈緒子

24:00
TBS
7/16
走馬灯株式会社
椎由宇
菅原敬太(原作)

21:00
フジ
7/10
息もできない夏
武井咲
江口洋介
木村佳乃
渡辺千穂

22:00
フジ
7/3
GTO
AKIRA
瀧本美織
城田優
藤沢とおる(原作)

24:55
TBS
7/17
ドラゴン青年団
安田章大
蓮佛美沙子
ユースケ・サンタマリア
上田誠

21:00
テレ朝
7/04
警視庁捜査一課9係
渡瀬恒彦
井ノ原快彦
羽田美智子
深沢正樹

22:00
日テレ
7/04
トッカン特別国税徴収官
井上真央
北村有起哉
木南晴夏
高殿円(原作)

20:00
テレ朝
7/05
京都地検の女
名取裕子
寺島進
益岡徹
西岡琢也

21:00
TBS
7/12
ビギナーズ!
藤ヶ谷太輔
北山宏光
剛力彩芽
櫻井剛

21:00
テレ朝
7/12
遺留捜査
上川隆也
斉藤由貴
八嶋智人
大石哲也

22:00
フジ
7/05
木曜劇場
東野圭吾ミステリーズ

唐沢寿明
坂口憲二
松下奈緒
観月ありさ
反町隆史
長澤まさみ
戸田恵梨香
三浦春馬
広末涼子
篠原涼子
鈴木京香
中井貴一
東野圭吾(原作)

23:58
日テレ
7/05
VISION
-殺しが見える女-

山田優
金子ノブアキ
矢柴俊博
飯田譲治(原案)

22:00
TBS
7/20
黒の女教師
榮倉奈々
木村文乃
市川実日子
小林聡美
山下友弘

23:15
テレ朝
7/06
ボーイズ・
オン・ザ・ラン

丸山隆平
平愛梨
斎藤工
花沢健吾(原作)

24:12
テレ東
7/13
マジすか学園3
AKB48
秋元康(原作)

21:00
日テレ
7/07
ゴーストママ捜査線
〜僕とママの不思議な100日〜

仲間由紀恵
沢村一樹
志田未来
佐藤智一(原作)

23:10
フジ
7/07
主に泣いてます
菜々緒
中丸雄一
風間トオル
東村アキコ(原作)

24:50
日テレ
7/07
スプラウト
知念侑李
森川葵
小島藤子
南波あつこ(原作)

20:00
NHK
1/08
平清盛
松山ケンイチ
玉木宏
松田翔太
藤本有紀

21:00
TBS
7/08
サマーレスキュー
〜天空の診療所〜

向井理
尾野真千子
小池栄子
秦建日子

21:00
フジ
7/01
ビューティフルレイン
豊川悦司
芦田愛菜
中谷美紀
羽原大介


続きを読む

2012年07月02日

リーガル・ハイ 11

『内部告発者を不当解雇から救え!!
最強の弁護士がついに敗北!?真実は常に喜劇だ!!』


美門研介(堺雅人)のもとを去った黛真知子(新垣結衣)が、古美門法律事務所を訪れる。
1年ぶりの再会に白いユリの花などを用意し、黛を歓迎する古美門。
「先生、ご無沙汰しております。」
「いやあ、元気そうじゃないか。
 君が来るというんで、君に似合いそうな花を買ってみたんだが、どうだろう。」
「私のためにですか?」
「一年ぶりに会うんだ。それなりの歓迎をしようと思ったまでだよ。
 さあ、座りたまえ。」
「ありがとうございます。とっても嬉しいです。
 先生のお噂は聞いてますよ。ますますのご活躍で。」
「黛先生は、今どちらの事務所で?」と服部。
「一応、個人でやっております。
 携帯させあればどこでも仕事は出来ますから。
 時には図書館、時には喫茶店、時には公園。
 どこであろうとそこが私の法律事務所です。」
「ハハハハ。君らしいね。」
「先生にお詫びしなければなりません。」
「うん?」
「先生への借金返済を続けると言って出ていったのに、
 ここ2ヶ月ほど滞納しています。申し訳ありません。」
「いいんだよ。個人でやってるんじゃ大変だろう。」
「現在訴訟の準備をしています。
 それに勝訴して、まとめて返済する所存ですのでご勘弁を。」
「訴訟ともうしますと、どのような?」と服部。
「今日ご相談に伺ったのはそのことです。
 先生、八木沼佳奈さん覚えてらっしゃいますよね?」
「うん?」
「1年前の訴訟で私達に協力してくれた、仙波化学の八木沼佳奈さんですよ。」
「あー!我々が勝てたのは彼女のおかげだ。
 仙波化学でどのような仕打ちを受けているか案じていたんだよ。」
「彼女はあの直後、フロンティアケミカルラボに好条件でヘッドハンティングされたんです。」
「フロンティア?仙波化学の、ライバル企業ですな。」
「あそこは優秀な会社だ。それは良かった。」
「ところが、フロンテイアで佳奈さんは、長期間、飼い殺しにされます。
 そしてとうとう解雇されました。」
「なるほど。これには裏があるね。」
「仙波化学とフロンティアはライバル関係とされていますが、
 実は両社の社長は大学の先輩と後輩なんです。」
「裏ではつながっていて、裏切り者である佳奈さんをヘッドハンティング
 させた上で解雇させる。
 つまり、仙波化学はフロンティアを使って佳奈さんに報復人事をした
 というわけだ。やり方が悪質だな。」
「仙波化学とフロンティアの両社を訴えます。」
「仙波化学といえばまたあの、三木先生が。」
「そうなんです。
 古美門先生、一緒にやりませんか?
 これは私達がやるべき仕事です。」
「うーん。引き受けたいのはやまやまなんだが、あいにく現在手が一杯でね。」
「ダメですか。」
「佳奈さんには恩があるし、報酬などゼロでもやりたいぐらいなんだが、どうしてもね。」
「仕方ありません。私一人で精一杯やってみます。」
「すまないね。思えば僕は君が持ち込む仕事に対していつも断ってばかりいた。」
「でも何だかんだ言いながらもいつも助けてくださいました。
 だから今回も、ちょっぴり期待してます。」
黛、ウインク!
「ハハハ。参ったな。そんな期待しないでくれたまえよ。」

B0089K6PIOリーガル・ハイ Blu-ray BOX
TCエンタテインメント 2012-12-05

by G-Tools


続きを読む

2012年07月01日

2012年4月期 どらま・のーと杯

今期は以下ドラマを視聴していました。

月21:00【鍵のかかった部屋】フジ
火21:00【リーガル・ハイ】フジ
火22:00【37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜】フジ
火22:00【はつ恋】NHK
水22:00【クレオパトラな女たち】日テレ
木22:00【カエルの王女さま】フジ
木23:58【たぶらかし〜代行女優業・マキ〜】日テレ
金22:00【もう一度君に、プロポーズ】
土21:00【三毛猫ホームズの推理】日テレ
金23:15【都市伝説の女】テレ朝
日21:00【ATARU】TBS
日21:00【家族のうた】フジ

続きを読む