2005年02月02日

みんな昔は子供だった #4

『愛と挫折の星空』

ゆかり(白石美帆)がメインだった第4話。
ゆかりが星の研究をしてきたこと、また、愛しそうに望遠鏡を
見つめたりすることから、星の大好きな人だということは
わかっていましたが、時折見せる辛そうな表情の意味が4話で
明らかになりました。
自分の研究の成果を恩師(助教授)に持っていかれて
しまったんですね。
(ちなみにタイトルは『木製の縞構造に「雷雲帯強制説」』)

日本で一番の大学だから、と「東大」を目指す風太。
理由をみつけられないまま受験勉強をする風太に、
「やめちゃえば!」と冷たいゆかり。

ゆかりはアイ子(国仲涼子)のがんばり、笑顔に触れ、
思わず尋ねます。
「教師ってそんなに楽しい仕事なの?」
「楽しいですよ。みんなの笑顔を見られることが好きですから。」
そう即答するアイ子。
しかし柾(瑛太)に、アイ子も過去に東京で何かあり、ここにやって
来たらしいと聞かされます。

そんなアイ子の姿や、必死に受験勉強をがんばる小学生の姿に、
ゆかりは大切なことを思い出します。

私にとっても一番、思い出したよ。
子供の頃から星が大好きで、天文学で有名な大学に進学した。
夢を実現させ、幸せだった。
いつの間にか子供の頃の気持ちを忘れていた。
自分の好きなことのための努力は無駄にはならない。

そう、風太に話しかけるゆかり。

ゆかりは大切な天体望遠鏡を子供たちに貸してあげました。
星を見て歓声をあげる子供たちを嬉しそうにみつめるゆかり。

龍平君のナレーション、「笑顔の伝染」って、本当にあると
思います。素敵ですよね!

ところで、陣内さんの「お前んちの布団をアイコ先生んちに?」
というセリフのとき。
瑛太さん、本気で笑っていらっしゃいませんでしたか!?(笑)



ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking


この記事へのコメント
トラックバックありがとうございました!

>龍平君のナレーション、「笑顔の伝染」って、本当にあると
>思います。素敵ですよね!

そうそう、本当に有ると思います!
その考えも好きなんですけど、たっペー君自身も
変に子供子供してなくて、それでいて変に大人っぽくも無く、
すごいいい味出してますよね。

彼、何気にあのドラマのすごいいい役割を
果たしてるんじゃないかなぁ、って思いました。
Posted by ごう at 2005年02月03日 01:07
ごうさん、こんばんは。
ご挨拶もせずにTBさせていただきました。

たっぺー君のナレーション、いい味出していますよね。
あの年頃の子供って、よく大人を見ていますよね。
子供の視点でとらえたアイ子先生の
優しさや、
過去の悲しい出来事まで語られていて、
ごうさんのおっしゃるようにいい役割を
果たしていますよね〜!
Posted by ちーず at 2005年02月03日 01:25
初めまして!TBからやって来ました。
みんな昔は子供だった、地味だけどかなり好きなドラマです。
次回の放送が待ち遠しいですね。
では、こちらからもTBさせてもらいました。
Posted by Bもも at 2005年02月03日 17:25
TBありがとうございます。

>自分の好きなことのための努力は無駄にはならない。

いい言葉ですね。小さい頃の夢を実現させたゆかりは小学校の頃からそのための努力は惜しまなかったんだろうと想像でき、とってもかっこよく見えました。

ちーずさんのブログはとっても詳しく書いてあるのでドラマを見ていたときは見落としていた新たな発見がよくあるんですよ。(^^)ありがとうございます。

TBさせてくださいね。
Posted by fallen_angels728 at 2005年02月03日 17:42
Bももさん。fallen_angels728さん。

こんばんは。
ご挨拶もせずTBさせていただきました。
お返事コメントありがとうございます!

良いドラマですよね。
見終わったあと、心が温かくなるような
気がします。
視聴率など気にせずに、マイペースで
続けていっていただきたいですね!
Posted by ちーず at 2005年02月03日 20:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。