2005年08月17日

海猿 EVOLUTION7

『人を殺した』

『ながれ』に威嚇射撃の命令が下り、船内に緊張が充満した。
射手の池澤真樹(仲村トオル)と助手の仙崎大輔(伊藤英明)は言わずもがなである。
そのころ、池澤の妻、尚子(芳本美代子)は緊急治療を受け、付き添いの伊沢環菜
(加藤あい)はロビーのニュースを見つめていた。
また、下川いわお(時任三郎)の娘・唯(一木有海)は電気店のテレビニュースで
父の危険に気付き、オーシャンズのスタッフは息をのみ…と、
それぞれに恐怖と不安を受け止めている。射撃予定時刻が近づく。
不審船は警告を聞かずに真っ暗な海の中を突き進んでいく。
「何も・・・何も見えません。」大輔がフラフラと立ち上がると
「レーザーではちゃんと見えている!座ってろ!」池澤が大輔を怒鳴りつける。
「これ・・・訓練じゃないんですよね。
 現実なんですよね・・・。」大輔はそう呟き、環菜から貰った時計にそっと触れる。
環菜の笑顔、そして『私は普通に、普通に恋愛したかたの。』と言った環菜の言葉を
思い出す。

「威嚇射撃、開始。」
「ロック解除!」
「射撃用意、打て!」
池澤が射撃を開始する。船上に発射音が鳴り響く。
「まだ打つんですか。」と大輔。

「撃ち方止め!」船長の支持を大輔が伝える。
不審船ほ反応を見守る『ながれ』。
「撃つな・・・。撃ち返すなよ・・・。」大輔が呟く。
「来んなよ、マジ来んなよ。」別の場所でカメラを構える吉岡(佐藤隆太)も呟く。

だが、みんなの希望むなしく、不審船は応戦してきた。
闇の海上に光が炸裂し『ながれ』の船体に着弾する。
船体に穴が開き、窓が割れ飛ぶ。
吉岡哲也が必死でビデオ撮影を続ける。

「正当防衛につき、応戦せよ」。勝田孝太郎船長(夏八木勲)の命令が下った。
池澤は叫び声を上げながら引き金を引き続ける。
光の筋は交錯し、池澤の弾も不審船に着弾する。
敵の攻撃が止み「もう止めましょう」と叫ぶ大輔を無視し撃ち続ける池澤。
その時、不審船が爆発。
船員たちの動きが止る。

「被弾か?自爆か?」本部も色めき立つ。
不審船はあっという間に沈没してしまった。
放心する池澤と大輔はその場に立ちすくんだ。

突然の応戦。暗闇の中、花火のような光と共に、それが船体に当たった時の
金属音。
『ながれ』船員たちのすぐ側に当たる銃弾。
本当に恐ろしいシーンでした。

第7話のキーワード。
『ながれPL100』
『生存者ゼロ』
『一番そばにいて欲しい人』
『査問委員会』
『ダメージ』
『降り止まぬ雨の中で』


辰鳥島沖 不審船沈没海域。

「夜が明けるのを待って、捜索が、開始された。
 しかし、不審船の国籍や目的を示す残留品も、
 そして生存者、遺体も見つからなかった。
 この海域は水深2000メートル。
 船を引き上げることも、不可能だった。」


大輔が海を見つめていると、水面にぷかりとゴム手袋が浮かび上がる。
海保たちはそれを回収する。
大輔は、その手袋が「誰かのもの」というリアリティに、罪悪感を倍増させる。
それは池澤も同じことだった。
び・・・びっくりしました。最初遺体、もしくは手が浮かんでくるのかと
錯覚してしまいました。


「ながれが横浜に帰ってきたのは、銃撃戦があった翌日だった。」

「生きて帰れた。」とほっとする吉沢。
大輔は気を取り直し、携帯を手にする。
すると留守電に環菜から、尚子が入院したという連絡が入っていたのだ。

病室に向かう池澤と大輔を、尚子と環菜が待ち受けた。
環菜は、尚子と赤ちゃんの無事を説明する。
「池澤さん・・・。
 どうして、側にいてあげないんですか?
 尚子さん、すごく大変だったんですよ。
 池澤さんの名前、何度も呼んでいました。」環菜はそう池澤を責めてしまう。
「環菜、ながれはずっと、」大輔が説明しようとする。
「知ってます。
 苦しくて不安な時に、一番そばにいて欲しいと思う人が、遠い海の上で
 打ち合いしているなんて・・・。どうしてそんな辛いこと・・・。」
「池澤さんだって、池澤さんだって、」
「わかってるよ!全部分かってるよ。
 でも、赤ちゃん生まれるんだよ!!」
環菜はそう言うと病室を飛び出してしまう。

追い掛けてきた大輔に環菜は言う。
「ごめんなさい。私には耐えられない。」
そして泣きながらその場を去っていく。
大輔はつらそうな表情で環菜の後姿を見つめた。

「まーくん。」目を覚ました尚子が夫に声をかける。
「あぁ。一緒にいてやれなくて、悪かったな。」と池澤。
「赤ちゃんね、頑張ったのよ。ねぇ、触って、声かけてあげて。」と告げる。
だが、昨夜の罪悪感で強張る池澤はためらってしまう。
「すぐに戻らなければいけないんだ。
 報告書を書いたり、いろいろやることがあってな。
 心配するな。また来るから。」そう言い病室を後にした。

『ながれ』にいる下川の元に別れた妻・里江子(奥貫薫)から電話が入った。
「無事で良かったわ。でも唯が・・・ずっと思いつけた顔をしているの。
 どこかでテレビを見たんだと思う。あの銃撃戦。
 申し訳ないけど、今度の日曜日は無しにしてくれる?
 あなたの顔を見たら、あの子泣いちゃうかもしれない。」
「わかった。とりあえず銃撃戦のことは、触れないほうがいいだろう。
 俺も唯を不安にはさせたくない。」
「あなたが現場にこだわる理由がわからない。」妻はそう言い電話を切った。

そのころ唯は、一人、海保で『ながれ』を悄然とながめていた。

こんな大きな事件が起こり、家族や愛する人を待つ側の人間はどんなに
不安でしょう。
環菜の気持ちもよくわかります。

唯は父親が心配で、一人港まで来てしまったんですね。
この時下川と会わせてあげたかった。


制服に身を包み、大輔、池澤、下川、勝田船長が査問委員会の為に
霞ヶ関の海保本部へと向かう。

環菜は冬柴康介(鈴木一真)に週末に食事に行こうと誘われ、
一瞬迷うもののOKする。

査問委員会。
下川を残し、船長、池澤、大輔の三人が事情を説明する。
勝田と同期の五十嵐監察官(木場勝己)が聴取責任者である。
「私は早々に陸に上がったが、この男は本物の海の男だ。」と五十嵐。
「船を下りたら、何のとりえもありませんから。」と船長。

「言うまでもなく、我々海上保安官の任務は、日本の海の治安を維持する
 ことにある。
 我が領域内に置いて、重大、かつ、凶悪な犯罪の準備のため、
 との疑いを払拭できない船に対しての射撃は、
 例え、人に危害を与えることがあったとしても
 法律に基づく正当な行為とする。
 したがって我々はこの件に関して、君達の責任を問うということは
 一切しない。 
 これは、事実を確認するための事情聴取である。
 銃撃に携わった君達の名前は、今後外部には一切伏され、
 君達は守られる。安心しなさい。」と五十嵐。

「不審船の2箇所から、同時に銃撃を受けました。
 これは間違いありません。
 それから、こちらの玉が当たって火花が散った瞬間、
 もう一人の姿を見ました。
 少なくてもあの船には、三人の、人間が乗っていたと思われます。」
池澤がそう説明する。

「自分も、三人の姿を確認しました。」と大輔。
「そうか。」
「あの、一つ、質問してもよろしいでしょうか?」と大輔。
「なんだ?」
「遺留品の中に、ゴム手袋があったはずですが、
 一体どういう人間が所持していた、あ調べは付いたんでしょうか。」
「所持者については、何もわからなかった。」
五十嵐は書類をめくりながらそう答えた。
「そうですか・・・。」大輔の心は沈む。

扉の外で待つ下川の前に矢吹真一(布施博)が現れる。
「久しぶりだな、下川。」
「矢吹!」
「事情聴取か?」
「ああ。」
「大変だったな。」
「まあな。」
「まだ、潜水士を続けているんだって?」
「現場が、好きなんだよ。」
「そうか。」少し考えたあと、矢吹は笑顔でそう答える。
「じゃあな。」矢吹はそう言いその場を後にする。
矢吹の姿を見送りながら、下川は矢吹が怪我を負った時のこと、
リハビリをしていたことを思い出していた。

池澤と大輔は事情聴取を終え先に返される。
下川は二人を気遣い、船へと戻っていった。

勝田船長は五十嵐監察官たちと話を続けた。
「ながれの船体に残っていた弾痕は22箇所。
 あの二人、甲板で不審船の銃撃に身をさらしてたってわけだ。」
五十嵐はそう言うと『ながれ』の写真を勝田船長に見せる。
「ながれの補修は、いつ頃終わるんだ?」と問う勝田に、
「すぐに取り掛からせるが、完全に元に戻すかどうか未定なんだ。
 実はな、勝田。ながれの廃船が決まった。
 もちろん、今回の事件とは関係ない。
 あれは、海上保安庁の一番古い船だからな。」
「そうか・・・。」
「ながれに対する君の愛着はひとしおだろうが、こればっかりは仕方がない。」
船長は寂しそうにその場を去る。

『ながれ』では、吉岡が潜水士を目指し、来週から50日間呉の学校に入ると
発表が行われる。
永島康太(坂本真)や大輔に焚きつけられての事だった。
しかし、そこに大輔の姿は無い。
「辞められた別所さんの後を継ぐのは自分しかないと思いまして、
 潜水士になる覚悟をいたしました。
 厳しい訓練を耐え抜き、必ずや潜水士となってこのながれに帰って来ます。」
「吉岡、頑張ってこい!」と船長。
「はっ!」
岩松補給長(坂本あきら)が涙を堪えながら吉岡を見つめていた。

「ながれに戻ってくる、泣かせること言ってくれますよね。」
岩松が船長に言う。
船長は黙ってそれを聞いていた。

その夜、環菜は冬柴康介(鈴木一真)に誘われ食事をしていた。
冬柴は、展示会の夜の告白を持ち出し「あれは本気だ」と環菜に迫る。
「こんなこと言ったら迷惑か?」と冬柴。
「・・・そんなことないです。」
「このあとなんて言ったらいいんだろう・・・。」
 俺は、毎日こうやってお前と一緒にいたい。」
「冬柴さん・・・。
 ありがとうございます。
 でも、少し時間をいただけませんか?
 気持ちの整理がつくまで待って欲しいんです。
 すいません。」
「わかった。待つよ。」

レストランから外に出ると、雨が激しくふっている。
冬柴が傘を差し、二人は並んで歩いていく。
ふと、環菜が見た電光ニュースには『ながれ』と不審船の映像が流れていた。
「あれって実弾?」「撃沈させようとしてるか?」
人々の会話が耳に届く。
「やっぱり、今日は一人で帰ります。おやすみなさい。」
環菜はそう言うと雨の中傘もないのに走り出した。

妻の見舞いに行く池澤。
尚子は痛みが無いようなら退院出来ると報告する。
「無理するなよ。」
「うちにいる方が落ち着くし。」
「2,3日、安静にしていた方がいい。」
池澤はそう言うと、着替えを取りに行くと言い席を立つ。
「まあ君。・・・どうして、お腹触ってくれないの?」

部屋に戻った環菜は、着替えもせずに大輔との関係に悩んでいた。
「一人で抱え込まないで。
 恋人って、こういう時こそ必要なんじゃないのかな。」
「ごめんなさい。私には耐えられない。」
自分が大輔に言った言葉、そして射撃の映像。
環菜は携帯を手に取り、大輔に電話をする。だが電話は繋がらなかった。

その時ドアのチャイムが鳴る。大輔だ。急いでドアを開けようとすると
「開けないで。」と大輔。
「顔、見られたくないんだ・・・。」
「大輔君、私、大輔君に酷いこと言っちゃった。
 本当に辛いのは大輔君なんだよね。
 ごめんなさい。」
環菜はそう言いドアを開けようとするが、向こうから大輔が抑えていて開かない。
「俺は、人を殺したんだ・・・。
 あの船には、人が乗ってた。
 犯罪に関わってたかもしれないけど、人が・・・何人も乗ってたんだ。
 撃ったのは池澤さんだけじゃない。
 俺も、あの人たちを殺したんだ・・・。」
大輔の告白に環菜はなんと言葉をかけていいのかわからず・・・。

病院。
「俺には、触れない。
 この手で、お前のお腹には、触れない。」
池澤もまた、自分のことを強く責めていたのだ。

環菜の家の前。
「人を助けたくて、海上保安官になったのに・・・。
 環菜の言うとおりだよ。
 環菜は、こんな奴と付き合っちゃいけないんだ。
 今まで・・・ありがとう。」
大輔はそう言うと、土砂降りの雨の中歩き出した。
「さよなら・・・。」そう呟く大輔。

環菜は、大輔の言葉にしばし呆然。
大輔の笑顔、おちゃらけた様子、キスを思い出す。
そして、環菜は大輔を追い飛び出していく。

雨の中、大輔を見つけた環菜。
「大輔君!行かないで。
 一緒にいよう。私が、支えになるから。
 何があっても、大輔君を指させるから。」
かんなはそう言うと大輔の胸に飛び込んだ。

尚子は池澤の手を握りしめる。
「尚子・・・」
「何があっても、あなたはあなたよ。」
尚子はそう言うと池澤の手を引き自分のお腹に当て、
「この子のパパなんだから。」
池澤はその言葉に、そのぬくもりに泣き出した。
尚子は夫の頬を優しく撫でた。

大輔を抱きしめる環菜。
大輔の手がそっと環菜を抱きしめ・・・
そして二人はお互いを強く強く抱きしめあった。

一部公式HPを引用させていただいています。


人を殺してしまったという後悔。
池澤や大輔にとっては、国を守るという大きな理由があったわけで、
これは任務なのですから仕方がなかったこと。
そうとはわかっていても、どうしようもない後悔に襲われる二人。
池澤は妻のお腹に宿った無垢な命に触れることが出来なくなってしまい、
大輔は最愛の人と別れる決意をしてしまう。

そんな二人を支える女性の強い思いは本当に感動的でした。

環菜は大輔の全てを受け止めてくれたんですね。
前回は、まだ彼女の想いに迷いがあるように見えましたが、
もう大丈夫なはず。

大輔を強く抱きしめる環菜、夫の手をお腹の子供に触れさせる妻の愛に涙!!

吉岡くんも潜水士の仲間入りの第一歩を踏み出します!
50日間、ということは、最終回までに戻ってこられるんでしょうか。
潜水士・吉岡が見たい!!

ほっとしたのもつかの間、次週予告を見て、ちょ、ちょっとぉ!!
死ぬなんて結末は絶対に嫌です〜!!



ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking



海猿('05放送 / 主演 伊藤英明、加藤あい)海猿('05放送 / 主演 伊藤英明、加藤あい)


OCEANOCEAN


海猿 TV ORIGINAL SOUND TRACK海猿 TV ORIGINAL SOUND TRACK


海猿 プレミアムDVD-BOX海猿 プレミアムDVD-BOX


海猿 UMIZARU~オリジナルサウンドトラック海猿 UMIZARU~オリジナルサウンドトラック


海猿 (1)海猿 (1)


17:20 | CM(19) | TB(0) | 海猿 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
海猿、泣けました><

いつも環菜にはイライラするっていうか、こう腑に落ちない発言やらなんやらが多かったんですが、
今回の大輔を受け入れようとする環菜には泣けました。

来週、池澤さん大丈夫でしょうか?
大好きな吉岡が学校に行くために、しばらく画面に出てこないと思うと切ないです;
ながれもなくなるって事は、船長も引退・・・ですよね!?

うぅ。。。寂しい。
Posted by サッキー at 2005年08月17日 17:44
最後のシーンはよかったですねー。
みっちょん、すごい! の一言です。
池澤さん夫婦がこんなにいい感じなのに、
来週の予告・・・あれは何????(T-T)
これじゃ目の病気なんて関係ないじゃん、
と突っ込みたくもなります。
心配要素が多すぎ。(涙)
Posted by takapon at 2005年08月17日 17:45
こんにちは。コメントありがとうございます!

サッキーさん。
きっと環菜も迷いを吹っ切ることが出来たんでしょうね。
これからの二人が楽しみ!
そっか。船がなくなるということは船長は引退と
なるんですね。
それは寂しい!海の男を貫かせてあげたいですね。

takaponさん。
みっちょん演じる尚子の妻の愛!
感動的でしたね。
お腹を触らせるのも、夫の頬を優しく触れる姿も。

本当に、これで彼に何かあったら目の病気なんて
関係ないですよ!
死ぬなんてことにならないで欲しいです。
Posted by ちーず at 2005年08月17日 17:49
ちーずさんこんにちは
尚子や、環菜の包み込むような愛に感動でしたね。
でも、あの予告・・・
しかも、タイトルが、発表されてるようです。
ってことは・・・・。
私も池澤には、死んで欲しくないです(泣)
Posted by まりこ at 2005年08月17日 17:54
まりこさん、こんにちは。
7話の終わりにほのぼの、感動していたら、
あの予告ですよ!
死亡という結果だけは勘弁してほしいです。
Posted by ちーず at 2005年08月17日 18:24
こんにちは、

海保の方のお仕事に改めて頭が下がります。
パイロットやスチュワーデス、テレビキャスター、医者、弁護士、教師等、所謂かっこいい系の様々な職業がドラマになりましたが、おそらくとても地味な「海保」という職業へのスポットライトは、今の時世の流れにとてもふさわしいものだと思います。

今年の春頃の事故の時ネットで知ったのですが、救難訓練中に殉職した空自自衛官は被疑者死亡のまま「重過失航空危険罪」に問われるそうです。
信じられますか?人命救助の為に文字通り命懸けの訓練をしていたにも関わらずですよ。
メディアじゃこの不条理をこれっぽっちも伝えないですね。
命がけの訓練、なのに亡くなった自衛官も、残された遺族もこの不条理は悔しいと思います。

今回の海猿もそんなことを頭に浮かべながら見ていました。
正当防衛で戦い、犯罪者は亡くなったかもしれないが、
彼らは海保隊員を守ったのです。
来週なんか見るの怖いなぁ。。
B’Zのエンディング曲いいですね。
いつもここで涙最高潮になってひまいまふ。
Posted by ぷうわん at 2005年08月17日 18:42
ぷうわんさん、こんばんは。
「重過失航空危険罪」のことは知らなかったです。
ご家族の方はどんなに辛い思いをされているでしょう。
来週は辛い展開となりそうですね・・・。
B'zの曲はドラマと合っていて私も気に入っています。
Posted by ちーず at 2005年08月17日 20:51
こんにちは。
このドラマは相変わらず良いですね。
今回は前半で驚き、後半は感動で、
最後予告でまた驚きました。
死ぬな、寺泉〜! みたいな(苦笑)。

そうそう、やっぱり「救命病棟24時」の雰囲気が、
全体的に漂っているかのようですね。
Posted by ads(あず) at 2005年08月18日 03:17
今回は本当に環菜&尚子の気持ちの強さに感動させられてしまう回でしたよね!
俺も見ながら感極まって、思わず泣いてしまいました(笑)
でも、そんな安堵も束の間、次回はなんだか池澤が撃たれてしまうようで・・・。
尚子や赤ちゃんの事を考えたら、彼には絶対生き続けて欲しいんですけどね・・・。

TBもさせて貰いますね。
あと、ちーずさんさえ良ければ、リンクを貼らせて頂きたいのですが、良いですか?
Posted by フェイク・ヒーロー at 2005年08月18日 11:17
こんにちは。コメントありがとうございます!

あずさん。
そうそう!ほんとに救命病棟風。(笑)
寺泉の時よりもヒヤヒヤします。
池澤さん、命だけでも助けてあげてほしいー!!
大輔にしたって、二度もバディーを失うような
ことがあれば立ち直れないかも・・・。

フェイク・ヒーローさん。
女性達の支える姿は心を打つものがありましたね。
次週の展開が気になります。
リンクの件、喜んで!ありがとうございます!
Posted by ちーず at 2005年08月18日 13:14
こんにちわ。
俺も手袋が浮かんできたとき、一瞬「手!?…ぎゃーぁ、あ!?」って思いました。
手袋でも手でも、あの船に誰かが乗っていたであろうことは変わらず、、、
仙崎たちが罪悪感に苦しむのも分かります。。。
Posted by demasse at 2005年08月18日 15:15
リンクの件、了解です!
早速貼らせて頂きます!!
Posted by フェイク・ヒーロー at 2005年08月18日 16:42
demasseさん、こんにちは。
demasseさんも驚きましたか!?
でも確かに、手袋でも手でも、大輔たちが罪に苦しむ
気持ちに変わりはなかったのでしょう。
こういう立場の方の気持ちを今まで深く考えたことが
なかった自分に反省しました。

フェイク・ヒーローさん。
ありがとうございました!
Posted by ちーず at 2005年08月18日 17:55
こんばんは!
>大輔を強く抱きしめる環菜、夫の手をお腹の子供に触れさせる妻の愛に涙!!
このシーン、感動的でしたね!うちの相方もグズグズ泣いてました。僕ももうちょっとでポロリでした(^^;)
気になる視聴率も12.9%と前週に比べて2.2%アップ!ドラマの出来に比べてちょっと低いですね。もっとみんなに見て欲しいです。
Posted by gary87 at 2005年08月19日 23:16
gary87さん、こんばんは。
おぉ!!視聴率アップですか!?それは嬉しい。
丁寧に作られたドラマなのに、視聴率が思ったよりも
伸びずに残念ですね。
Posted by ちーず at 2005年08月19日 23:57
そういえば・・・ですけど、
ながれって横浜ですよね?

不審船はどっから来たんでしょうか。
太平洋!?
普通は日本海側ですよね。。。

来週はなんかロシアがからんでるみたいですけど、横浜の「ながれ」が!?
ロシア系だと、北海道周辺じゃないのかな。。。

と不思議に思ったのですが、どうでしょう?
Posted by サッキー at 2005年08月20日 18:10
サッキーさん、こんばんは。
私はそこまで気が付かなかった!
でももしかしたら、あまり国を特定してしまうのは
まずいという配慮かな。
Posted by ちーず at 2005年08月22日 01:03
今回の内容に本当に感動させた!

でも最後のところ、船長がB’Zの音楽を聴いているシーンはマジ面白い〜〜〜
Posted by justinnnn at 2005年08月29日 14:48
justinnnnさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
船長がCDの宣伝!面白かったですね。
ストーリーの方は今しばらく辛い展開が
続きそうです。
Posted by ちーず at 2005年08月30日 01:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。