2005年08月26日

電車男 第8話

『復活!!涙のオタク激白』

沙織(伊東美咲)に誕生日のプレゼントを渡すために、雨の中、彼女が来るのを
ずっと待ち続けていた剛司(伊藤淳史)は、体調を崩し、意識を失って倒れた。
ラジコンで二人の様子を伺っていた桜井(豊原功補)。
そのラジコンから火花が飛び散る。
「おいおい!何で動かなくなっちゃったりなんかするんだよ、オイ!!」
リモコンに当たる桜井。
「あ、また壊しちゃった!」(また、なのかい!)(笑)
「山田さん!!」叫び続ける沙織の声に、放っておくことも出来ず
車から飛び出していく桜井。
ラジコンカーを蹴飛ばし、剛司の荷物を拾い上げ、剛司を担ぎ病院へ運ぶ。病院のベッドで眠る剛司。
担当医師はDr.ナカマツ。

家に戻った桜井は掲示板を覗き込む。

インターネット掲示板の“住人”たち――皆本(小栗旬)、一坂(温水洋一)、
富永(我修院達也)、浅野(山崎樹範)らは、剛司=電車男からの報告を
待ちわびていた。
『いつもならもう戻ってくる頃なのに』
『もしかして脱ヲタが認められてお泊りコースとか?』
『早くその後が聞きたい!』

「しょうがねーな。
 そんなに知りたきゃ教えてやるよ。」桜井はそう呟くと掲示板に書き込む。

「ぼぼぼ、ぼく、電車です。
 たたただいま、帰りました。
 実は、エルメスちゃんに再度アタックしたけどダメでした。
 もう僕に、構わないで下さい。あぅぅ。バイなら。
 これでこのスレは完全に終わりだ。」
・・・と呟きながら、以下のように書き込む。
(マネが似てたんです!)(笑)
『僕、電車です。
 ただいま帰りました。
 実は、エルメスちゃんに再度アタックしたけどダメでした。
 もう僕に、構わないで下さい。あぅぅ。バイなら。』

書き込みを見た掲示板住人。

『まだかなぁ。電車。』と一坂。
『俺は待つ。奴が戻ってくるまで。
 深夜組の意地を見せてやる!』
『終電ないけど、電車を待つー。』と車掌。

「どうして反応しないんだよ・・・。
 せっかく電車男で、報告してんのに。
 ・・・
 ど、ど、どうして、無視するんですか。
 ぼ、僕ならもう帰ってきましたよ。
 エルメスちゃんには、モデル並のルックスで、
 頭も切れるクールな婚約者がいたのですぅ。あぅぅ。
 で、結局振られちゃったので、これで報告は終わりにします。
 バイなら。よっし!」と桜井が呟きながらキーボードを叩く。
『どうして無視するんですか。僕ならもう帰ってきましたよ。
 エルメスちゃんにはモデル並のルックスで
 頭も切れるクールな婚約者がいたのです
 で、結局振られちゃったので、これで報告は終わりにします。
 バイなら。』

『アンチよりタチ悪いな』
『わざとスルーしてんの、分からないのかね』
『ウゼー、偽者!』

「えっ・・・どうして偽者ってわかるんだよ。」

『電車は「僕」なんか使わないっての』とザスパ。
『「エルメスちゃん」とか超キモイ』と萌え男。
『婚約者とか自分想像してんじゃないの?』靴マニア。
『この人、文才ないよね』と川端やすなり。
『「バイなら」っていつの時代だよ。ジジィがっ』
『やめとけオマイら。バカがうつるぞ』

「こいつらっ!」思わずPCに拳が飛びそうになる。
「おっとあぶねぇ!
 まあいい。この怒りは電車、お前にぶつけてやる。」
勢いよく立ち上がる桜井、コードに足をひっかけ、ノートパソコン落下!!

『電車、遅すぎるぞぉ。まだエルメス待ってんのかなぁ』
『気になってスレから目が離せない』
『誰か暇つぶしの相手してくれー』

皆本がファイルをめくり、『NIWATORI001-A3』と書かれたページを見つめる。

剛司に付きそう沙織。
そこへ桜井が花束を持ってやってきた。
「会社は?」桜井が沙織に聞く。
「休んだ。私のせいだから。」
桜井は花を花瓶に生けてくるよう沙織に頼み、そして眠っている剛司にパンチ!
「うわっ!」剛司が痛みに飛び起きる。
「目〜覚めた?初めまして。桜井です。
 沙織の婚約者と言ったほうが話が早いかな。」
「えぇ!?」
「君は振られたんだ。これ以上彼女に付きまとっても彼女が迷惑するだけだ。
 すっきり諦めろ。」
そして沙織には、
「もう顔も見たくない。暫く、一人で考えさせてほしい、だって。」と
嘘を伝える。
悲しそうに剛司を見つめる沙織を、桜井は肩を抱き病室の外へと連れ出す。

あれ、担当医師が木村と変わっている!?

見舞いに来ていた剛司の妹の葵(掘北真希)は沙織と話をしていた。
「これ・・・兄があなたの為に、散々悩んで決めたものです。
 買う前に私のところに来て、どういう物がいいかウザイぐらい聞いてきて。」
箱を開ける葵。だが中の皿は割れてしまっていた。
「バカみたい・・・。
 正直、物心ついたときから、兄のことが大っ嫌いでした。
 だけど最近、ちょっとだけいいなって思うようになりました。
 きっと、あなたに会ったからだと思います。
 兄はあなたの為に変わったんです。
 今時そういうの重いっていう人もいるかもしれないけど、
 私は単純に、すごいなって思いました。
 本人の目の前では、口が裂けても言いませんけど。
 ・・・だから、兄の気持ちを弄んでいるなら、
 これ以上苦しめないでください。お願いします。」
葵はそう言うと、沙織に頭を下げた。

そんな中、暇を持て余していた掲示板の住人たちは、皆本が作ったゲームにハマる。
それは、性別とキーワードを入力するとそれに合わせてニワトリがさまざまな
反応を見せるというものだった。

ゲームのアドレスは、http://niwatori・・・
何かあるかな、と思ってクリックしてみたけど表示されません。(笑)
でも公式HP に『イライラ電車男ゲーム』が登場!
シンプルだけどハマります。私は初級レベルをやっとクリア!!


文学マニアが挑戦する。
『性別=男 キーワード=ワキガ』
『結構好きかも』とニワトリが答える。
「萌え〜」

カップルの男が挑戦する。
『性別=男 キーワード=美人』
『残念だけど、おまえじゃ一生縁のない相手ね』
「そうがもな・・・。」

軍隊マニアが挑戦する。
『性別=男 キーワード=戦闘』
『いい湯だな、アハハ♪』
「そっちの銭湯じゃないだろう!」
怒って撃った弾が跳ね返り、「イテテテテ!キサマ、やるなぁ!!」

『性別=男 キーワード=植毛』
『ウ〜〜ン!』卵を産み落とすニワトリ。
「あ、あれ!?」

「陣釜さん!それは、無理ですよ・・・。」うなされる剛司。
「お注射しまーす!」ナース姿の美鈴が太ーい注射を手に微笑む。
「はい。」とにやける剛司。
目が覚め、「幻か・・・。」と呟く剛司。

『スターウォーズ』のテーマ。
殺気を感じた剛司が、恐る恐るドアの方へ視線をやる。
美鈴がすごい形相でドアを開ける。
「うわっ!」
「いちいちリアクションが大げさなんだよ!」剛司の頭をボコっと叩く。
「今日は何しに?」
「相談しに来たの。
 あんたの会社の及川のことでさ。
 ま、社長の息子だから、一応食っておいても問題はないかなって
 思ったんだけどさ、
 とにかくネチっこいんだよ。
 性格じゃなくて、あっちの方ね。
 それでさ、山田から言っておいてくんない?
 あんたのことなんか何とも思ってないからってさ。」
「そんなこと、僕の口からは言えませんよ!」

その及川(前川泰之)の姿を病室の窓から見つけ、慌てて出て行こうとするが
また戻り、剛司の布団に潜り込む美鈴。
「ちょっと、どこ触ってるんですか!」
そこへ上司の黒木(佐藤二朗)が飛び込んできた。
「山田!今、陣釜さん、見なかったか?」
「見ません!!」
「どっかに隠れてるんだろう!?」
剛司の布団のふくらみに気づく黒木。
「いいもん持ってんじゃねーか。」
そこへ及川もやって来た。
美鈴の担当を変わってほしいと頼む及川。
「ああ、別にいいですよ。
 !!あぁ!!よくないです!!
 陣釜さんは・・・勘弁して下さい!!」
剛司のすごい形相に、
「怖っ!!」
「そんなに嫌なら!!」
二人は帰っていく。
布団から出てきた美鈴は
「何硬直してるんだよ!」とスリッパで頭を叩く。
「すいません・・・!!」

果歩(佐藤江梨子)と裕子(須藤理彩)に相談する沙織。
「私がちゃんと言わないと、もっと山田さんを傷つけることになるから。」
「あ、そっか。えらいえらい。」と果歩。
「そうかな。」と裕子。
「えらいじゃないですか。
 嘘は無理ってことをちゃんと伝えて、山田ときっぱり別れようと
 したんですから。」
「でもそれって、沙織は何も変わってないよね。
 なんていうか、沙織の嘘への拒絶反応って、きっと一生治らないもんじゃん。
 言っちゃ悪いけど、病気、みたいな。
 てことは、その病気をダメだダメだって拒否ってるだけじゃなくて、
 自分から、克服していかなきゃダメなんじゃないの?」
「自分から・・・」と呟く沙織。

『性別=男性 キーワード=詳細』
『キボンヌ、キボリーヌ、もう苦しいんじゃない?』
ガッカリと肩を落とす絵描き。バックには象!

住人たちの反応に微笑む皆本。
ニワトリのイラストを見つめ、ため息をつく。

それを見た橋爪涼子(桜井千寿)。
「これ・・・!!」
彼女がファイルを広げると、そこには同じイラストがあった。
『性別=女 キーワード=宗孝』
『毒男の掲示板を作った、ご主人さまの名前だよ』
『性別=女 キーワード=涼子』
『ご主人さまが連絡待ってるぜ。毒男のスレに返事くれ』

『この掲示板のご主人様へ。
 ニワトリ女っていえば分かるかな。
 驚きました。あなたがまだこの掲示板にいたなんて』

『こういうのを奇跡とでもいうのかな。
 君が気に入ってたスレだから、もしかしたらとは思ったけど・・・。
 勝手に君のデザインしたニワトリを使って悪かった』

『他に謝ることないの?
 突然私の前から姿消して、携帯まで変えて、勝手だよ。』

『一緒に会社を立ち上げた友達に資金を持ち逃げされて、
 人間不信に陥ったーーっていうのは言い訳かな』

住人たちが書き込む。
『なんか掲示板で恋のやり取りが』
『カップル版でやってくだされ』
『まぁまぁ、暇だし、温かく見守ってあげましょ』

『ケイコからその話は聞いた。
 その友達見つかったの?』
『いや、探してない。見つけても何話していいかわからないし。』
『信頼していたパートナーだったのにね。
 また、会社立ち上げたりしているの?』
『そんな勇気があったら、君にこんな回りくどい形で連絡なんか取ってないよ。
 まだ、起こってるか?』
『いなくなって1ヶ月は怒りまくったよ。
 どうして何の連絡もなしに消えたんだって。
 でもその理由を知って無理やり納得した。
 今は・・・会いたいよ!』

住人達が書き込む。
『良う言うた!
 おい男!答えたれ!』
『マジレスすんなって。』
『きっと、彼氏も引きずってたけど、なかなかそのきっかけがなかったんだな』

『ごめん。まだ無理っぽい・・・・』と皆本。

『どうしてだよー、男ー!』
『あと一歩なんだよ。気持ちわかるぞ』
『会いたいって言ってる彼女が可哀想でしょう?』

『まだってことは、その気あるんだ。
 じゃ、一つ提案。
 電車さんの恋が、このスレで初めての恋が、上手くいったら、
 会ってくれますか?』と涼子。
『上手くいかなかったら、会わないってことか。』
『そうなるね・・・。』
『わかった。』

『なにゃ、この味わったことのない繊細な空気は』
『よーし。こうなったら余計に電車を応援しないとな』
『こういうエピソードなら、嘘でも信じたい』
『彼女に萌えぇ』
『よし、電車の帰りをみんあんで待つかぁ』

そんなことは知らず、剛司は病院のベッドで眠っていた。

ニワトリゲームに挑戦する桜井。
『性別=男 キーワード=結婚』
『おまえには一生無理!一生毒男!一生右手が恋人!』
「うっせー!このクソニワトリ!!
 覚えとけ!おれは左利きだ!」
怒った桜井は、持っていたビール缶を握りつぶす。PCにビールが!!
「うわ!こぼしちゃった!」シャツのすそで慌てて拭く桜井だった。

なんだか憎めない桜井さんです。(笑)

松永(劇団ひとり)と川本(菅原永二 )は、剛司の病室にきて
フィギュアコレクションを並べまくる。
「脱ヲタ撤回するなら山田氏にあげてもいいけど。」
「別に、ほしくないです!!」
「心拍数はかなり素直に反応していますよ。」
「これは、ミーナの声でモーニングコールが聞ける非売品の目覚まし時計!」
心拍数がますます上がる。
次々とお宝を見せられ、思わず「萌え」と言ってしまう剛司。
そしてとうとう剛司は気を失い、心拍数がゼロに!!
「山田氏!どうしました!?」
「これは、俗に言う、心停止というやつでは!?」
「こういう時は、」
「心臓massage」
「mouth to mouth」
松永に人工呼吸され、慌てて飛び起きる剛司。
「良かったぁ!生き返りましたぁ!」と盛り上がる二人。

もしかして、ファースト・キス奪われちゃったのかな!?(笑)

携帯のアドレス欄の『山田剛司』を見つめながら、沙織は桜井や葵の言葉を
思い出し悩む。

退院して家に戻った剛司。
フィギュアなどコレクションを片付けてしまったため、がらんとした自分の部屋を
見渡す。
「グフ・・・ザク・・・ドム・・・」そう呟き悲しげに俯く。
追い討ちをかけるように、桜井の言葉を思い出す剛司。

そして剛司は、PCに向かう。

『お久しぶりです。報告が遅くなりました』
電車男登場に、掲示板の住人たちの表情が変わる。
『エルメスたんとは何とか会えたのですが
 体調不良で倒れてしまって、話はほとんどしてません。
 でも、入院中にエルメスたんの婚約者とか言う人に会って、
「迷惑だからつきまとうな」と言われますた』

『我々がニワトリと戯れている間に緊急事態発生』と川端やすなり。
『体調不良で倒れて入院?』と靴マニアの男。
『エルメスの婚約者?』
『フリー確定したんじゃなかったのか?』
『確定はしてない』と車掌。
『電車、怒涛の展開でパニックになってないか?』とカップル男。
『婚約者はどんな男か?』
『入院中はエルメスと話さなかったのか?』

『一度来てくれましたが、直接言葉は交わしてません。
 ちなみに、婚約者は、イケメンです。
 せっかく退院したのに、心の傷は、酷くなる一方だよ。』

電車男の言葉に落ち込む住人たち。
皆本も、涼子も肩を落とす。

タイガースファンの男はまだPC修理と格闘中。
「電車、俺は諦めないぞ。絶対に戻ってやるからな!!
 電車の気持ちを受け入れたエルメスは、彼の胸に包まれて、
 キスをするんだぜ。」
修理をしていたPCがまた火を噴く。

間に合うんでしょうか・・・。(笑)

『電車、ヲタクだったお前がエルメスと付き合える可能性なんか
 もともと1%もなかったんだ。
 それを承知でここまで頑張ってきたんだろ。
 今更相手がイケメンだからとか
 そんな普通レベルの男が悩む問題でうろたえるな』

『でも、婚約者ですよ。彼女にこれ以上迷惑かけたくないし・・・』

『それってただの逃げの口実だろ?』
『エルメスが電車男を裏切るとは思えないけど』と一坂。
『敵の巧妙なトリックだ。引っかかるな。』と軍事マニア。
『偽電車ってことは?』カップル女。
『だったら楽勝だな。あいつバカそうだったし。』
桜井さん、噂されてますよ。(笑)見ていたんでしょうか!?
『親同士が、勝手に盛り上がってる縁談かも。』
『婚約者が何だ。お前のハートが大事なんだよ。』

キーボードを叩く皆本。一瞬迷い、デリートキーを押す。
せっかく描いた絵が消えてしまった。
そして再びキーボードを叩き始める。
『俺は電車の恋が成就して欲しいと心から願っている。
 だがそれ以上にお前自身が納得のいく恋愛であって欲しいと思っている。
 お前の勇気は不可能を可能にする。
 俺はその勇気を信じたいんだ。』
彼が文字で電車男に語りかけたのは、初めて!?

『不完全燃焼なんて嫌だ』
『エルメスとちゃんと向き合え』
『お前の終着駅はここじゃない』
住人達が一生懸命電車男を応援する。

『お前ら、なんでそんなにいいヤツなんだ。
 俺なんかのために・・・。
 怖くて、怖くて、逃げてるというのが本当です。
 でも、みじめです。
 このまま、逃げたまま終わるのはみじめです』

『電車がこんなんで、悔しくないのかー!』
『悔しいに決まってるだろう!!』

『みんなぁ!』剛司がパソコンを抱きしめる。
住人達もパソコンを抱きしめる。
ここで、BGMは『HERO』。
ドラマ『スクール・ウォーズ』の主題歌でしたね。熱いぜぃ!(笑)
主演は山下真司さん!あとで登場してきます。


住人たちの思いに背中を押され、剛司は勇気を振り絞って沙織に電話する。

沙織の携帯が鳴っていることに気づいた桜井は、勝手に剛司の電話を
着信拒否に設定してしまう。
そこへ沙織が戻ってきた。
「どうかした?」
「ちっちゃいゴミがついてた。
 そうだ!明日、海行こうよ。たまには気晴らしも良いかと思って。
 俺も、久しぶりにサーフィンやりたいし。」
「うん。」と答えながら、元気なくそう答え、沙織は携帯を見つめていた。

エルメスがサーフィン好きとスレを読んでのお誘いです。
BGMは『マイアヒ』!


沙織の自宅に電話をする剛司。
電話に出た母親・由紀(秋吉久美子)に
「はははははじめまして。あの、やや山田と申します。
 ささ沙織さん、ご在宅でしょうけ?」
「あの、よく聞き取れないんですけど?」
「あの、すみません。
 僕、山田と申しまして、あのその、沙織さんとは、友達・・・仲良し・・・
 とも言えないかもしれないですけど、一応、知り合い・・・とは
 思われているのではないかと・・・」
「あ、沙織ですか?まだ帰宅しておりませんけど。
 ご用件でしたら、お伝えしましょうか?」
「どうしようかな。あ、じゃあ、青山さんに、僕を嫌いになった訳を
 教えて下さい、と、お伝え下さい。」
「そういうのって、伝言に残さないと思うんだけど。
 沙織に嫌われちゃったんだー。」
「はい。いろいろ、理由はあると思うのですが・・・。」
「理由が分かったところでどうなるの?
 あなたがどうにも出来ない問題かもしれないし。」
「それでも何とかしたいんです!僕に出来る限りのことはしたいんです!
 直せるところは直しますし、無理なところも頑張って直します!!
 だからお願いします!僕と!!」
「私にお願いされても困るんだけど。」
「えぇ!?あーっ!!そうですよね。ごめんなさい。」
「あなた、沙織に・・・嘘つかなかった?」
「嘘・・・ですか?
 はい。仕事といって、遊びにいっちゃったことがありました。」
「きっとそれよ!
 あの子ね、嘘にすっごく敏感なの。
 理由はあなたに言うほどのことじゃないから言わないけど、
 それがトラウマになって、男の人が信じられなくなっちゃったの。」
「そうだったんですか・・・。」

「僕を嫌いになった訳を教えて下さい」って普通伝言しないところを
言っちゃうのが剛司のすごいところ!
そんな剛司の変わったところに、由紀は興味を持ったのか、
沙織が嘘を最も嫌うことを教えてくれました。
こうやって知らず知らずのうちに人の心にふっと入ってこれる人なんですよね、
剛司って。


再び、掲示板の住人に相談する剛司。
『ヲタクが原因じゃなかったんだ』

『実はさっき片付けられた部屋を見て、物足りなさを感じた。
 やっぱり俺はヲタクを捨てられないよ・・・。
 だけど、ヲタを隠してたら彼女に嘘をつくことになる。』

『気にしすぎだよ。隠し事なんて誰にでもあるって』と一坂。
『もう一回脱ヲタしろ』
『隠す必要はない。ヲタクでこそ電車なんだぞ!』
『問題はヲタクの電車がどうのというよりは、
 エルメスに対して何が誠意なのかってことだと思う』
『俺は脱ヲタする努力を続けることが誠意だと思う』
『ヲタクだって彼女にちゃんと伝えることが誠意!』
『別にエルメスは電車がヲタクかどうかなんて問題にしてないんだし、
 あえて自分をさらけ出すことはない』
『「僕ヲタクです」って告白されたら、100%引くぞ』
『相手がエルメスでも間違いなく嫌われる』
『電車よ、ヲタク魂を見せてやれぇえ!』

『みんな、マジレスありがとう。
 無茶な賭けだってことはわかってます。
 でも、やっぱり彼女に嘘はつけません。』

剛司はそう打つと、エルメスとの2ショット写真を胸に抱きしめた。

『俺、エルメスさんにヲタクをカミングアウトします!』

住人たちは電車男の決断に心配しつつも温かく見守る。

掲示板の住人たちのいろんな意見を聞きながら、最後には自分で答えを出す。
そして彼がどんな答えを出そうと、みんなが応援する。
いい関係ですね。


「山田氏、その言葉を待っていましたよ!」
ヲタク復帰宣言を電話で聞いた松永が言う。
「ありがとうございます。
 あの・・・それで・・・差し上げたフィギュアを返してもらうこと・・・」

メイドカフェで、脱ヲタ証書を返還し、川本と松永からフィギュアを返して
もらう剛司。松永のダンボールが軽いことに気づく。
川本は、松永のポケットや靴下に隠されたフィギュアを次々と見つけていく。

沙織は『自分から克服していかなくちゃ』と言った裕子の言葉を思い出す。

由紀が沙織に言う。
「お父さんね、日本に帰ってくるんだって。
 そこで正式に離婚ってことになりそう。」
「そう・・・。」
「ねぇ、沙織が男に裏切られるって思うようになったのって、
 私たちのせい?」
「違うよ。それは、関係ない。」
「そう、わかった。」
「行ってきます。」
「この世に嘘をつかない男なんていないの!
 でも嘘=裏切りってことでもないのよね。
 自分のことを本当に思ってくれる嘘だったら
 許してもいいんじゃないのかな。
 私はお父さんの嘘が許せなかった。
 だから・・・。
 はい、いってらっしゃい!」

『恋のマイアヒ』を歌いながらハンドルを握る桜井。
助手席には沙織が座っている。二人は海へ向かっていた。

剛司はフィギュアを元通りに並べていた。

海を見つめる沙織。
「お、あと3分だ。」桜井が呟く。

桜井の今度のシナリオはこうだ。
ラジオのDJがメッセージを読みあげる。
『次のリクエストは桜井さんから沙織さんに、愛を込めて。
 「宇宙のファンタジー」です。』
「灯台下暗しとはこのことだ。今まで君の魅力に気づかなかっただなんて。
 あの灯台のように、僕はずっと君を見守っていたい。」
ラジコンのリモコンを操る桜井。
二人の元に一台のラジコンカーがやって来る。
その上にセットされた婚約指輪を差し出し
「結婚しよう。」
「はい。」笑顔で答えるエルメス。
二人はそっと抱きしめあい・・・。

・・・とシナリオを思い浮かべ、自分の肩を抱きしめる桜井。
「完璧だ!」と呟く。
桜井の車の横を、バイクを押す女性たちが通り過ぎていく。

沙織の携帯が鳴る。啓介(速水もこみち)からだ。
「実はさっき、山田から電話があって、アネキの携帯に何回も
 かけたらしいんだけど、通じないって泣きつかれてさ。
 何かどうしても伝えたいことがあるんだって。」
「わかった。ありがとう。」

沙織は桜井に、どうしても行かなければいけないところがある、と説明する。
「それってもしかして電車、
 コホン、ヤマダ、山田んとこ!?」
桜井に頷き、走り出す沙織。
「ちょっと待って!」
桜井は慌ててラジコンを操作するが、バイクを押していた女性たちが
隙を狙い、桜井の車に乗り込み走り去る。
そして、婚約指輪を乗せたラジコンは、海へとダイブ!!

『宇宙のファンタジー』をBGMに、沙織は剛司の元へと走り続ける。
途中、通りがかったタクシーに乗り込む。

「これで、25回目の話中・・・。
 やっぱり、もう無理なのかなぁ。」
洗面所で着替えながらそう呟く剛司。
そのとき、インターホンが鳴る。
「どちら様で、」
上半身裸のままドアを開けたが、反射的に閉めてしまった。
「え・・・夢だ!これは夢だ!」
自分の頬を叩き、もう一度ドアを開け、沙織の姿を確認。
そしてまたドアを閉めてしまった。
「夢じゃないよ・・・。ちゃんとした服!!
 ・・・そうだ。」
覚悟を決めて、そのままの姿でドアを開ける剛司。

「突然お伺いして、すみません。」と沙織。
「いいえ。電話が通じなかったので、会えないと思っていたんですが。」
「啓介から電話があって。
 私に伝えたいことがあるって。」
「はい。」

食事中の葵と父・恒生(岸辺シロー)に
「お邪魔します」と挨拶する沙織。
「か・・・母さん若くなっちゃったよ。」と恒夫。

ドアの前で待たされていた沙織が、剛司に言われて部屋のドアを開ける。
そのフィギュアの数や種類の大きさに驚く。

「高校の頃に・・・アニメを見るのが好きになって。
 それから、ゲームやフィギュアを集めるようになって。
 専門学生のときに、秋葉原に通うようになって。
 声優アイドルのイベントに行ったり、
 初回限定のポスターが欲しくて、3日間徹夜したりするようになりました。
 人と話すより、一人でゲームやアニメを見ている方が楽しくて。
 そのせいで、周りから、ヲタクって呼ばれるようになって。
 でも、やっぱり、ゲームもアニメも大好きだから、
 やめられなくて。
 僕はっ、こういう人間なんです。
 僕は、ヲタクなんです! 
 ダサイとか、キモイとか、思われてもしょうがないと思っています。
 だけど、僕にはこういう生き方しか、出来なくて・・・。
 青山さんに、嘘を付きたくなくて。
 だから、ほんとは、すごく恥ずかしいんですけど、
 ありのままの僕を、見て欲しかったんです。
 こんな、僕で好かったら・・・
 仲直り、して下さい!!」

「山田さん。ずるいですよ。
 私が言おうとしたことを、先に言っちゃうんですもの。
 素敵な部屋じゃないですか。個性的で。
 私は、好きですよ。
 私と・・・仲直り、してもらえますか?」

「はい!!」泣き笑いしながらうなずく。

沙織が帰ったあと、掲示板の住人たちに報告する剛司。
住人達も満面の笑みを浮かべる。
皆本は、ミーナのキャラクターの絵と『勇気をありがとう』という
メッセージを送った。

みんなからの書き込みを見ていると、携帯が鳴る。沙織からだ。
「誕生日プレゼント、ありがとうございました。」
「いえ。でも、本当にあんな物でよかったんでしょうか。」
「とっても、かわいいですよ。
 早速飾っちゃいました。」
沙織の机の上にはミーナのフィギュア。
「良かったです。秋葉原にしか、売っていないんです。」

そしてその頃、青山健吾(山下真司)が日本に戻ってきた。

エルメスの父親役は、山下真司さんだったんですね!
なるほど。だから『スクール・ウォーズ』の主題歌かぁ!(笑)
剛司の母親は、今回も登場しませんでした。どなたが演じるんでしょう。
それとも最後まで登場しないのか!?

剛司と沙織、仲直り出来て何よりでした。
剛司はありのままの自分をさらけ出し、沙織もそんな剛司を受け入れた。
これって、すごい進歩ですよね!!

毒スレのスレ主、考えたことがなかった!!そうだったのかー!
皆本さんの過去が、電車男とエルメスの恋とこういう形でリンクするとは!
彼がニワトリゲームを作ったのは、暇を持て余すスレ住人の為にかと思いきや、
彼も電車男に影響され、第一歩を踏み出したということだったんですね。
友人に裏切られたショックから自分の殻に閉じこもってしまっていた彼も、
恋人に何とか接触しようと、彼女の書いたイラストを使ってメッセージを
送っていた。
私も二つのカップルの恋を益々応援したくなりました。

『仲直りしませんか?』というセリフがすごく心に残りました。

次週はまた新たな問題発覚。
なんと沙織が毒スレに気づいてしまうようです!!
次に、電車男から勇気を貰うのは誰でしょう。


【追記】
浅草サンバに「電車男」伊藤ともこみち

「ボク、オタクです」で「電車男」割引



ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking



電車男 (テレビ版)電車男 (テレビ版)


ドラマCD 電車男 vol.1ドラマCD 電車男 vol.1


CCB TREASURE COLLECTIONCCB TREASURE COLLECTION


電車男 (映画版)電車男 (映画版)


電車男電車男


映画電車男オフィシャル・ビジュアルブック映画電車男オフィシャル・ビジュアルブック


電車男電車男


20:05 | CM(15) | TB(0) | 電車男 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラバさせていただきます^^)
私はあの抜け目ない桜井さんはどうも好きになれないなぁ
憎めないキャラなんだろうけど(笑)そこまでやっちゃう?
って感じです^^;
妙に細かく凝る男って苦手だからかなぁ
来週もまだなにやらやらかしてくれそうですが、負けるな電車君!です
Posted by rosa at 2005年08月26日 21:27
俺も担当医師の件は結構気になっていたのですが、なんで中松→木村に代わっちゃったんでしょうね?
やっぱ、単純にスタッフさんのミスでしょうか・・・?

>私は初級レベルをやっとクリア!!
俺は初級すらクリア出来ずに、断念してしまいました・・・(泣)
Posted by フェイク・ヒーロー at 2005年08月26日 22:00
ちーずさん、こんばんは。
今回も菩薩のようなエルメスさんでした。
あのオタクルックにもフィギュアの山にも
ひくことなく。。。。
ほんとに中味重視なんですね。
Posted by honey at 2005年08月26日 23:33
こんばんは!
いやー、電車男は安心して楽しめるのがいいですね〜。ここへきて、桜井・陳釜コンビがこんなにいきてくるとは!
いいとこ突いてますね!
原作より面白くなってきたと思います!
Posted by gary87 at 2005年08月26日 23:36
こんにちは。はじめて投稿します。
今、アメリカに短期できているのですが、電車男をはじめ、スローダンス、海猿も3話目くらいまで日本で見たので、途中がどうしても気になるのでとても助かります。読ませていただくと、ほんとに見た気になってしまいます。日本に帰ったら、ビデオを借りて見ようとは思っていますが、最終話まで拝見させていただきますのでよろしくお願いします!
Posted by シャネル at 2005年08月27日 07:06
こんにちは。私も初めて投稿させていただきます。
今週のサブストーリーで出てきたあの『ニワトリ』なんですが、
実はアレも原作にあったストーリーだったのはご存じでしょうか?(確かP127になんの脈絡もなく話題にあがっています)

書籍では当然ですが、アドレスをクリックして次のページへ…ってのができないのでついついスルーしがちなのですが、実際にそのニワトリ(本物)のページにいくと、ドラマのような、ややかわいらしいアニメ調のニワトリではなく、
かなりリアルな着ぐるみのニワトリ男が、いかにもアメリカ〜ンなリビングに突っ立っている映像が出てきます。
で、その画像の下に英語でなにかメッセージを打ち込むと、それらに応じたリアクションをとる(その映像はあらかじめ用意してあり、メッセージに対応して流れる)
といったものなんですが…

そのニワトリ男、かなり怖いんです。
かなりリアルで…(KILL ME なんて入力してはいけません)

気になられた方は見てみてはどうでしょうか?(あんまりオススメできませんが)
Posted by うに王 at 2005年08月27日 10:45
こんにちは。
保留中だった後半記事、お待ちしておりました。

やっぱり「スクール・ウォーズ」には反応しましたか!
ちーずさんも音楽のことをたくさん挙げていて、
私的にうれしかったです。 (^o^)/
Posted by ads(あず) at 2005年08月27日 18:29
こんばんは。コメントありがとうございます!

rosaさん。
次回予告を見ると、どうやら桜井さんはまだまだ
懲りてないようで。
いい加減エルメスは諦めて、新しい恋を見つければ
ロマンティストみたいだし幸せになれそう!?(笑)

フェイク・ヒーローさん。
ドクターの件気づかれました!?
入院中にドクターって変わりませんよね。
ミスだとしたらおいしい発見!?

gary87さん。
桜井・陳釜コンビ、大活躍です!!
これは原作には登場しないキャラクターでしたよね。
ほんと、毎回楽しませてもらっています。

シャネルさん。
そう言っていただけると本当に嬉しいです!
感想なども気軽に書き込んで下さいね!

うに王さん。
そのチキン!!見たことあります!!
うに王さんに言われるまですっかり忘れていました。(汗)
このニワトリゲーム、オリジナルから
きていたんですね。
また気軽にコメント下さい!

あずさん。
予定よりも完成が遅くなってしまいました。(汗)
待っててくださりありがとうございます!
「スクール・ウォーズ」見てましたからぁ!
山下さん登場に、すごい反応しちゃいました。(笑)
のちほどあずさんの所に伺います!
Posted by ちーず at 2005年08月27日 22:35
ちーずさんこんにちは
皆本の過去の話は、意外でしたが
ますます電車とエルメスの恋を応援したくなりますね!
Posted by まりこ at 2005年08月28日 13:42
まりこさん、こんばんは。
皆本が、あんな形で電車男と絡んでくるとは!
しかも同じスレに元恋人がいたとは!!
ほんと、意外性の楽しいドラマです。
Posted by ちーず at 2005年08月28日 16:32
初めまして。僕は、電車男のにわとりが
気になって、この掲示板に来ました。
だれか知ってる人居ませんか?
Posted by 半分オタク at 2005年08月28日 18:06
半分オタクさん、こんばんは。
レス遅くなってごめんなさい。
もう解決済みですか?
検索して見つけました。
多分こちらだと思います。
http://www.subservientchicken.com/

ウニ王さんに言われて私が思いついたチキンとは
別物でした。(汗)
Michael Jackson とか命令すると笑えます!
Posted by ちーず at 2005年08月30日 00:08
電車が、少しずつ成長して「かっこ良く」なって行ったり、沙織の「トラウマが改善」していく…こんな関係って理想かなーって、思いつつ観ています。
でも、毎日お疲れさまです… 体に気を付けて下さいね。
Posted by まさかず at 2005年08月30日 00:47
まさかずさん。
ほんと、お互いに良い影響を与えあっている二人ですね。
お気遣いありがとうございます。嬉しいです。^^
Posted by ちーず at 2005年08月30日 01:18
ただいま帰りますた。
Posted by 電車男(偽) at 2006年09月27日 14:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。