2005年08月28日

はるか17 Act.7

『ドラマ抜擢・・・うごめく陰謀』

遥の芸能活動に反対だった父・岩男も、自分の夢を見つけた娘のひたむきな姿に
心を打たれ、その夢を応援することに。
そんな中、JARのCMの演技審査の結果が発表され、遥の出演が決定。
福原をはじめとする童夢企画の面々は、その吉報に喜びながらも兜の緒を締め、
本格的に演技の練習を開始する。
いっぽう、計算の狂ったファインプロでは、崎谷を中心として遥を潰す算段を
始めていた。

先週見逃してしまった『はるか17』!
父親の説得するところ、見たかったなぁ。
ファインプロの社長は父親との会話ではまるで小さな子供です!
数日後、笠倉健の陣中見舞いのため映画撮影所を訪れた遥は、
大物女優・旭ヶ丘雪乃と顔を合わせ、桃田共々そのオーラに圧倒される。
そして、雪乃はなぜか、自分が主演するスペシャルドラマの重要な役どころに、
ほとんど面識のない遥を推薦し、プロデューサーの伊賀崎に半ば無理矢理、
そのキャスティングを承諾させる。

陣中見舞いに訪れたスタジオには、田村正和さん(の、そっくりさん)!
笠倉健役は西岡徳馬さん。
大物俳優・笠倉健は、高倉健さんと口癖が同じ。(笑)でも少し3枚目。
そんな健さんへの手土産は、『不器用でもむける甘栗』(笑)

旭ヶ丘雪乃役は、朝丘雪路さんが演じられています。
笠倉健に話しかける姿など、実際のスタジオ風景を思わせてくれました。


一方、同じドラマに端役で出演することが決まった佐倉ユリ。
1シーンしか登場シーンのないユリに
「何が起きるかわからないのがこの世界。
 登場人物全部を演じきるぐらいの心構えでいろ。」
そう言いユリに参考書類を渡す崎谷!!

突然の大役に戸惑うはるか。
どうやら笹倉がはるかを誉めていたのを聞き、雪乃の推薦で妹役が
舞い降りたのだ。
(しかも、ザ・テレビジョンの表紙つき!)

ユリとの競演!!どうなる!?

ドラマの原作『お父と・・・』(おとうと)の著者名が津川雅・・・広。(笑)
朝丘雪路さんの夫、津川雅彦さんを思わせる名前です。


その後、福原は伊賀崎から遥のドラマ出演のオファーを受けるが、
あまりにも旨過ぎる話に疑問を抱く。
しかも、同じ作品にユリも出演すると聞き、不安は増すばかり。
いっぽう、崎谷はファインに有利になるような裏工作を着々と進めていた。

崎谷は、1月期ドラマのユリ主演と、ユリの番手をはるかよりも上にすることで
オファーを受けました。
※番手=ドラマや映画などで最後に流れるエンドロールで名前の流れる順番。
番手って、そんなに重要なんですね。


いきなり舞い降りた大役に、はるかも戸惑いを隠せない。
それに、メークの尾倉によると旭ヶ丘は意地が相当悪いらしく、
奈々子もかなり苛められたそうだ。
「あの女、自分より目立つ女には容赦ないんだから。」

ここで、今週の韓国ドラマ。
黒いスーツに髪をアップにした女性が鏡に問う。
「この世で一番美しい女性はだ〜れ?」
「ハーイ!お答えしましょう、女王様!
 この世で一番美しい人、それは、雪白姫でございまーす。」
なぜかランドセル背負う少女。女王に戸惑い首をかしげる。
そして彼女に背を向けリコーダーを吹く。

この女性が振り返った時、少し衣装は違うけど、真矢!?と思ったんですよ。
ランドセル姿の少女、あの仕草は間違いなく、『女王の教室』のパロディーだ!!
ランドセルの女性が首をかしげる姿は、『ティヒ』かと思いました。(笑)
テレ朝さん、やってくれます。ブラボー!!


ユリと崎谷は、雪乃とスタジオ内で会い挨拶する。
「頑張ります!」と挨拶するユリに、
「別に頑張らなくていいのよ。
 私の邪魔にならなければ。」と冷たく微笑む。

この時点で崎谷はまだ動いていないんでしょうか。

はるかは緊張しながら雪乃に挨拶するが、はるかにはとても優しい雪乃。

モンペ姿に着替えるはるか。
こういう格好は日本一似合うとスタッフに誉められ無邪気に笑うはるかが
可愛い!スタッフのみんなも釣られて笑い、ハッピーモード。(笑)
助監督・森山とは、恋に落ちそうな予感。


こうして、スペシャルドラマ「お父と…」の撮影がスタートし、
遥は雪乃の気遣いに感銘を受けつつ、懸命に撮影に臨む。

だが雪乃の正体を知る伊賀崎は
「数字取りたいからってペコペコ頭下げてるけど、
 30過ぎて怒鳴られるってのは、正直キツイなー。
 猿吉くん、プロデューサーって、何なんだろうねー。」
と、珍しく本音をしんみり語る。
「いなくても、いい人、っていうか、いても、邪魔な人。」と桃田。
「どんがらがっしゃーん。」

その日はるかには、『ザ・テレビジョン』の取材が入っていた。
設定よりもずいぶん早くスタジオに現れた雪乃はその様子に憤慨。
きちんと正座して睨みつけるシーンは迫力があります。
そんな前でレモンを持たされカメラに微笑むはるか。
取材を早々に終わらせ、はるかは次のシーンの着替えへ。
ところが取材が入ったことで衣装担当は席外し。
『はるか待ち』状態の雪乃はだんだん怒りを募らる。

「たいした新人だ。
 雪乃さんも、なめられたモンですね。
 まったく、どっちが主役なんだか。」
と崎谷の追い討ちをかけるような発言。

「まさか新人に、恥をかかされるなんて思ってもいませんでしたわ!
 もう、結構です!!」と席を立つ雪乃。

駆けつけたはるかに
「あなたね、よくこうやって人を待たせて取材なんか受けられるわね。
 私なら申し訳なくて出来やしないわ。
 伊賀崎さん!こんな無神経な人が相手じゃ、役に入り込めないのよ、私。
 とんだ期待はずれ!
 帰りま〜す。」
雪乃はそう言い捨て帰ってしまう。

はるかの泣き顔に、不気味に微笑む崎谷。
その様子に気づいたユリは・・・。

「雪乃さん、あんなに優しかったのに・・・。
 きっと、私の態度が悪かったんです・・・。」
はるかは謝罪する森山にそう言う。

「謝らなきゃ。雪乃さん怒らせたのは私なんだから、
 ちゃんと謝らなきゃ。
 許してもらえないかもしれないけど、私、このまま終わりたくない。」
そう言い、雪乃を追おうとするはるかの元へ福原が駆けつける。

結局はるかは、雪乃の顔を立てるため、体調不良という名目で
ドラマを降板させられることに。
ほとぼりが冷めるまで、実家で待機することになった。

雪乃を訪ねていく伊賀崎。
「あんなんで良かったの?」と雪乃。
「さすが大女優だ。名演技でしたよ。
 おかげで説得力がありましたよ。
 誰も疑わなかったでしょう?」
「でも潰さなきゃいけないほどの器なのかしら、このはるかって子。」
「危険な目は早めにつんでおいた方が。」
「いい暇つぶしになったわ。
 ドラマってやる気にならないのよ。
 この仕事が終わったら、暫くお休みしようと思っているの。」
「最高級のバカンスを用意させていただきます。」
「あなたも一緒に、どう?」

実家の母が、ドラマ制作発表でのはるかのインタビューを見て電話をしてきた。
雪乃ファンの母は大喜び。
はるかはテレビを見ながら泣き出してしまう。

崎谷はいつ、雪乃と接触したんでしょう!?
大女優を怒らせてしまい、その上降板させられてしまったはるか。
せっかく本気で取り組もうとしていただけに、ショックはかなり大きいはず。
しかもそれは、崎谷に仕組まれてたことなんて。
『潰す』っていうのは、ただの嫌がらせと違い
再起不能にさせること。恐ろしいです!!

それにしても、このドラマの遊び心が面白い!
『女王の教室』のパロディーには大笑いしました。
局の壁を越えて、頑張ってくれています!

はるかの恋も気になるところ。
次週も楽しみです。


一部公式HPあらすじを引用させていただきました。


ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking




主題歌はメレンゲ「アオバ」
タイトル未定タイトル未定


イメージDVD
はるか 17歳はるか 17歳


「はるか17」オリジナル・サウンドトラック「はるか17」オリジナル・サウンドトラック


はるか17 1 (1)
406328932X山崎 さやか講談社 2004-02-23売り上げランキング : 1,039Amazonで詳しく見るby G-Tools
はるか17 3 (3) はるか17 4 (4) はるか17 5 (5) はるか17 6 (6) はるか17 7 (7)


11:37 | CM(7) | TB(0) | はるか17 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラバありがとうございました。
なかなかバカバカしいくらいおもしろいので、ちょっとハマってます。

次週が楽しみですね。
Posted by at 2005年08月28日 16:34
桂さん、こんにちは。
コメントありがとうございます!
ほんっと、バカらしいんだけど面白い!
スタッフの遊び心は『電車男』と比べて引けをとりません!
Posted by ちーず at 2005年08月28日 17:05
ちーずさん、
そっかー、「女王の教室」のパロディだったのかー!!私は「萌え」しか連想しなかったですよー。
今回伊賀崎さん出番が多くて楽しかったです。
Posted by きこり at 2005年08月28日 19:00
きこりさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!
いろいろと遊び心満載で、楽しいですよね!
伊賀崎プロデューサーの独特なセリフ回しが
楽しいです!
Posted by ちーず at 2005年08月29日 22:50
森山はおそらくファインの刺客
Posted by ててて at 2005年09月03日 11:57
助監督・森山役をやってる人、誰だか知ってる方、教えていただけませんか??
Posted by 林 恭子 at 2005年09月09日 17:32
こんばんは。コメントありがとうございます!

てててさん。
おそらく、そういう展開になりそうですね。
私は時々漫画版を読んでいるのですけど
その辺のことは忘れました。(笑)

林恭子さん。
私は森山助監督役の方、今回初めてお見受けしますが
検索したらわかりましたよ。
載寧龍二さんという方だそうです。

http://www.horipro.co.jp/hm/sainei/
Posted by ちーず at 2005年09月09日 22:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。