2005年09月16日

幸せになりたい! 最終話

『よーい!スタート!』

UBSテレビに新しい人事が発表された。制作局長の熊野(津川雅彦)が左遷され、新しい局長に佐久間(伊原剛志)が決まった。佐久間は雅子(松下由樹)にドラマ部部長にならないかと持ちかける。雅子が佐久間と付き合うことが条件だ。雅子は断り、佐久間は雅子に国際部への異動命令を出す。さらに熊野の時に決めたことをすべて白紙に戻し、ひかり(深田恭子)の考えたドラマの企画もなかったことになってしまう。
テレビの仕事をあきらめ、スーパーのレジのアルバイトを始めたひかりは、雅子の異動の話を聞きがっかりする。佐久間が中心となったドラマ部でドラマを制作する情熱が失せたという雅子に、ひかりはもう一度情熱を持ってほしいと願う。そして白紙に戻ってしまった自分の企画を何か形に残したいと脚本を書き始める。
公式HPより「今日も一日幸せでありますように。」
母の遺影に向かい手を合わせる3人。
ひかりの職場が変わり、弟たちも嬉しそう。
ひかりは新しい職場でも可愛がられているようです。

ひかりに『流れよ我が涙と少年は言った』のコピーを届けにやってきた長谷川。
だがひかりの家にビデオデッキはなかった!
長谷川はひかりに、ひかりの企画書のドラマのプロデューサーをやりたいと
思っていると告げる。
ひかりに歓迎され、ほっとする長谷川。
そこへ、弟達と一緒に洋二がやって来る。

5人で食卓を囲むが、なぜか気まずい雰囲気がながれる。(笑)
「じゅんじゅん、お姉ちゃんのこと好きー!?」無邪気に質問する悟。
「何言い出すのよ!」とひかり。
「じゃ、嫌いー!?」と悟。
「そんなことないよ。好きだけどさ。」とテレながら言う長谷川。
「先輩!?」
「いや、あの、あの、俺も・・・
 それ食べていいかな。」
「姉ちゃんと結婚するー!?」
「お前何言ってるんだよ。」と武史。
「長谷川先輩がお姉ちゃんと結婚するわけないでしょう!」
「なーんだ、しないのか。」
「おい、お前なんでこんなやつと結婚してほしいんだよ。」洋二が聞く。
「だってお父ちゃんもお母ちゃんもいなくなっちゃったから・・・。」

そうだよね。まだこんなに小さいんだし、寂しいよね。

ところで、この二人は、恋のライバルなのか!?
洋二、告白しちゃえば良かったのにー!


佐久間と食事をする雅子。
「俺が局長でお前が部長。
 これからは好きなように仕事が出来るぞ。
 お前の作りたいドラマだって、好きなように作らせてやるよ。
 悪い話じゃないだろ?」
「確かに悪い話じゃないけど、甘い話には裏があるっていうからね。」
「裏ってほどのことじゃないけど・・・
 今晩、朝まで付き合えよ。」佐久間はそう言いながら足で雅子の足に触れる。
「せっかく局長になったんだから、もっと若い女の子誘えばいいのに。」
雅子が足で佐久間の足を触り返す。
「俺は、お前じゃなきゃダメなんだよ。」
「それは光栄だわ。」
そう言いながら、ヒールでむぎゅっと佐久間の足を踏む雅子。
「アイタタタ!!」

「はぐらかすのもいい加減にしろ。
 今ここで決断しろ。
 俺の女になれ。絶対損はさせないから。」
「あなたのそういう野心あふれるところ、嫌いじゃないわよ。
 でも、答えなノーよ。」
「断るんだったら、覚悟は出来てるんだろうな。」
「異動?好きなようにすれば。」
「何でそんなに突っ張るんだ。
 もっと楽に生きればいいじゃないか。」
「・・・そうね。多分、自由でいたいのよ。
 さよなら。」

雅子と話す熊野。
部長の座を蹴ったと知り、
「部長ならお前が一番だよ。局長だっていけると思ってるんだ。
 いまだに何がいいドラマかはよくわからんよ。
 でもね、お前が血眼になって仕事に向かってるっていうのはよくわかった。
 報道の時の俺みたいにな。
 だからさ、その真剣さが、あのずる賢い佐久間を打ち破る瞬間ってのが
 見たかったんだなぁ、正直。」と言う。

佐久間は局長に就任し、雅子は国際部への異動が決まる。
「入社以来の本人の希望、」と佐久間は説明する。

長谷川が雅子に言う。
「僕は、永井さんは部長になると思っていました。」
「私、出世に興味ないのよ。」
「でも、部長になれば、もっと自由にドラマが作れるじゃないですか。」
「自由っていうのはさ、人から与えられるものじゃないのよね。
 自分で掴み取らないとね。」

雅子はひかりの勤めるスーパーに行き、お昼を一緒に食べる。
ひかりはそのとき、雅子がアメリカへ行くと知らされる。
「こっちに残って、ドラマを作り続けることも出来るんだけど、
 ただ惰性で作り続けることになりそうで。
 弱音は吐きたくないけど、情熱が湧いてこないのよ。
 あなたもいなくなっちゃったし、
 一緒にやるパートナーもいないしね。」
「長谷川先輩は、クリスマススペシャルやるって張り切ってましたよ。」
「あの企画、結局流れたのよ。
 佐久間が局長になって、全てが白紙に戻ったの。
 あなたには、申し訳ないことしたわね・・・。」
「残念ですけど、私には何も言う資格ないです。」
雅子はアメリカへ向かう日にちが決まったら連絡すると言い帰っていく。

商店街で職探しに回る洋二。
ふと、自分を見つめている晃に気づく。
洋二が声をかけると黙って背中を向け歩き出す晃。
「ちょっと待って下さい、晃さん!この間からずっと探してたんですよ!
 一体どこに、」
見ると、晃の右腕に包帯が巻かれている。
「まさか、俺のせいで!?
 俺が、借金取り辞めたいなんて言うから、
 晃さん、俺の代わりに!?」
「誰だテメェ!?
 ・・・足洗ったんだろう。気安く声かけるんじゃねーよ。」
そう言い晃は歩き出す。
「晃さん!どうせなら、晃さんも一緒に足洗いましょう!」
「俺は・・・やり直すにはもう遅すぎる。」
そう、寂しそうに笑うと、再び歩き出す。
ふと立ち止まり、
「おい洋二!幸せになれよっ!」
洋二に笑顔を見せ、晃は街の中へと消えていった。
晃さん、渋い、の一言です!
寂しそうな笑顔も、洋二にエールを送る笑顔も、最高!


ひかりは弟達を寝かすと、「よしっ!」と気合を入れて
昼間買った『シナリオの書き方』という本を取り出し、勉強し始める。
仕事の合間を見つけては、勉強を続けた。

原稿用紙を広げ、そこに『ラピスラズリを求めて 浅田ひかり』と
書き込むひかり。
弟達が、家事に、エンピツ削りを手伝う中、ひかりの執筆作業は続けられ・・・。

生き生きと書き綴っていくひかり。
『改札口を出てくる人々、
 中田詩織(17才)、
 携帯、』
どんなストーリーなんでしょう。

雅子は出発を翌日に控えていた。
会社の荷物をまとめる雅子に、スタッフたちが必ず戻ってきてくださいと
声をかける。
雅子が社を出て行こうとすると、佐久間と長谷川が打ち合わせをしている姿を
見かける。
「おう。」声をかける佐久間を無視し、雅子は二人の横を通り過ぎる。

アメリカ行きは雅子にとっては栄転なのだろうけれど、雅子はとても悔しそうでした。

翌日、ひかりは書き上げた原稿を自転車のカゴに乗せて雅子の元へと向かう。
雅子は荷物をタクシーに載せ、車に乗り込む。
その後をひかりが自転車で必死に追いかける。
ひかりに気がついた雅子はタクシーを止めひかりに駆け寄る。
「これ、渡そうと思って。
 クリスマススペシャルの企画、脚本にしてみました。」
「えぇ!?これ全部あんたが書いたの?」
「はい。シナリオの書き方の本とか、前に作家の塚田さんが作った箱書きとか、
 いろいろ参考にして、みようみまねで書いてみました。
 私、この企画がドラマになると聞いて、とっても嬉しかったんです。
 でも、結局ダメになっちゃって。
 でも、どうしても何か形に残したくて。
 時間があるときに、読んでみて下さい。」
「わかった。確かに受け取ったわ。
 ロスに行く飛行機の中で読ませてもらうわ。」
雅子は原稿を大事そうに抱きしめ、そしてひかりと握手し、タクシーに乗り込んだ。

タクシーの中、ひかりの書いた原稿を真剣な表情で読み始める雅子。

雅子を乗せた飛行機がロスへと飛んでいった。

ひかりは日常生活に戻り、スーパーの仕事に精を出す。
洋二も同じスーパーで商品搬入の仕事が決まっていた。
ひかりはお弁当を二つ作り、二人で仲良くお昼を取る。

「拝啓、永井雅子さま。
 その後、お元気ですか?
 私は毎日元気に働いています。
 弟達も、仲良く学校に通っています。
 こんな穏やかな日々が訪れるとは、思ってもみませんでした。
 これも全て、永井さんのおかげです。
 唯一つ残念なのは、もう、永井さんやスタッフのみなさんと
 もう一緒にテレビのお仕事が出来ないことです。」

スタッフたちも雅子が行ってしまったことを寂しがり、話題にしていた。
雅子が異動となった国際部は、現地のテレビ番組を買ったり、
日本の番組を売り込んだりしているらしい。
「そんなことやってないで、こっちに帰ってきて一緒にドラマを作ってほしいよな。」
「永井さんいなくなってからUBSテレビさっぱりだもんなー。」
駒田たちが言う。
「やっぱじゅんじゅんじゃダメか。」「ダメダメ。」
若い男性スタッフたちの言葉に、
「お前ら、いつからそんな偉そうになったんだ!?
 お前らが言うには10年早いんだよっ!」アキたち女性スタッフがそう怒る。

UBSドラマ『ヒトミ初恋中!』第7話の視聴率は8.5%。
「先週と比べて0.1%上がっています。」と弁解するスタッフに
「そんなミクロの戦いしていても仕方がないの! 
 もっとドーンと景気よくいかないのかよー。
 それから!
 先々週から言ってある、次のスペシャルドラマ!
 まだ一つも企画が出てないぞ。一体どうなってんだ。」と佐久間。
「私は先週提出しました!」とじゅんじゅん。
「また例の、巨大ロボットが出てくるやつだろ。ダメだって言ってるじゃないか。」
「読んでいただけたんですか?」
「読むわけないだろ、時間の無駄だ。」
「そんなんじゃわかんないじゃないですか!」
「何だお前。ずいぶん粘るな。」
「僕は、あの企画がやりたいんです。
 絶対に面白くなるはずです!」
「当てる自信あるのかぁ!?」
「え・・・」
「数字だよ、数字!何パーセント取れる!?」
「そう言われても・・・」
「数字の取れないものはやらないんだよっ!」
「局長の企画だって数字取ってないじゃないですか・・・。」長谷川が呟く。
「なに!?今何か言ったか?」
「いえ。別に。」

じゅんじゅんも強くなりました。(笑)
そこまで言うなら、巨大ロボットもの、見てみたいかも!?
案外ブームを捲き起こすほどヒットしたりして。(笑)

ちなみに佐久間企画のドラマのサブタイトルは、「衝撃の事実発覚」
脚本:神林譲
P:長谷川純一
D:澤口修
出演:坂下まさみ
最上正敏

その隣りの局のドラマは『ほんとに幸せ』(途中切れて確認できず)
全24話の6話。サブタイトルは「人生忍耐ですね」

反対隣りの局のドラマは『かなたに(前半確認できず)
視聴率は13.9%。


空港に飛行機が降り立つ。
一台の車がUSBテレビへと向かう。
後部座席に乗る人間が、大切そうにカバンを膝の上に置く。
エレベーターを降り、サングラスを外したのは、雅子だった。

会議が終わろうとしたとき、
「お久しぶりです!」雅子、登場!
「企画を持ってきました。
 噂によると、最近ドラマ部は、企画不足で困っているとか。
 それなら、少しは力になれればと思って。」
「お前の企画に頼るほど困っちゃいないよ。」と佐久間。
「本当に!?」
『Searching for My Lapis Lazuli』と書かれた英語の企画書を手に取る佐久間。
「この企画は、国際部の企画として、アメリカのテレビ局にプレゼンしたものです。
 既に先方の企画会議には通っています。
 国際部の仕事としてこのまま進めてもいいんですが、
 私としては、UBSテレビ・ドラマ部との共同制作という形を取りたいと思って、
 今日ここに来ました。」
「すごいじゃないですか!局長、是非やりましょうよ!」長谷川が立ち上がる。
「日米共同制作ということか?
 プロデューサーはお前がやるのか?」
「はい。長谷川と一緒にやりたいと思います。」
「永井さん・・・!」
「で、どんな話なんだ。」
「既に脚本があります。」
「向こうのライターか?」
「これは、日本の作家が書いたものを、私が英語に翻訳したものです。」
「その、日本の作家って誰なんですか?」
企画書には、『Written by Hikaru Asada』と書かれている。
「浅田ひかりです。」スタッフを見渡しながら雅子が嬉しそうに言う。

スーパーでレジを打つひかりを訪ねていく雅子。
「永井さん!!」
「ちょっと、話があるんだけど。」

「すごいです!永井さん!
 こんな風に形になるなんて!」
「すごいのはあなたよ。
 私は、あなたが書いたものを英語に翻訳してプレゼンしただけ。」
「でも、こんなことになるなんて、夢にも思わなくて。」
「私、あの時ショックを受けたのよ。
 私が日本を発つ日に、あなたが自転車で走ってきて・・・」
原稿を手渡された時のひかりの言葉を思い出す雅子。
「私、正直ドラマ作りを諦めかけていたの。
 でも、飛行機の中であなたの原稿を読みながら、感じたの。
 あなたはまだ諦めていないって。」
「私は別にそんな・・・
 とにかく、何かの形にしたいと思って。」
「私も、あなたの原稿を読んでそう思ったの。
 この原稿をなんとか形にしたいって。
 どう?また一緒にやらない?ドラマ作り。」
「え?」

『ラビスラズリを求めて』の予算表とスケジュール表を佐久間に届ける長谷川。
「今日、クランクインか!」佐久間も微笑む。
「はい。僕もこのあと現場に向かいます!」

黄色いつなぎ姿で赤灯を掲げ、ロケバスを誘導する女性。それはひかりだった。
「浅田!?」雅子が驚く。
「こっちこっちー!
 みなさん、こっちでーす!」
「ひかりちゃん!!」
何台ものロケバスからスタッフたちが顔を出し、笑顔で叫ぶ。

「浅田ー、どうしたの!?
 今回は、脚本家なんだから、現場に来なくていいって言ったでしょう?」
雅子が言う。
「今日からクランクインだと聞いたら我慢出来なくて。
 本山さんにスケジュール聞いて、来ちゃいました!」

「浅田!お帰り!」「お帰り」「お帰り、ひかりちゃん!」
スタッフ全員の言葉に、
「浅田ひかりです!今日からまたお世話になります!
 よろしくお願いします!」
ひかりが元気に声をかける。
みんながそんなひかりを拍手で迎えた。

現場の仕事を手伝うひかり。
出演者の西園寺翔(岡田浩暉)は黒いシルクハットにスーツ、蝶ネクタイ姿。
スティックを手に
「さぁ、ラピスラズリを探しに行こう!」
と、白いワンピース姿の外国人少女に語りかける。

雅子は外国人スタッフと和やかに打ち合わせ。

「さてと、じゃあ本番行きますか!」と監督。
「本ヤン!上の車止めよろしく!」駒田の言葉に
「ハイ!車止め行ってきます!」ひかりが手を挙げる。
「え?いいよ、ひかりちゃんは。」本山は言うが
「これだけは私得意ですから。」とひかり。
「じゃあ、しっかりやって来なさい。」雅子が笑顔で言う。
「はい、行ってきまーす!」赤灯を受け取りひかりが走り出した。

ー 完 ー

脚本家になっても現場を大切にするひかり。
雅子の志と同じですね!
車止め、借金取りさんたちに伝授されたもんなぁ。(笑)

テレビのお仕事、脚本家という職種なら、弟達に寂しい思いをさせずに
済みます。
何より、書く才能がひかりにはあったんですよね。

ストーリーから、音楽の使い方まで、『恋におちたら』にそっくり。
『お金がない!』を思い出させるドラマでしたが、
(脚本家は両方とも両沢和幸さん!)
これはこれで、楽しかった!
何より登場人物に愛着を持てました。
主人公のひかりの真っ直ぐな心、
雅子のカッコ良さ!
長谷川じゅんじゅん、借金取りの晃と洋二、
アキをはじめ女性スタッフの強さ!

視聴率って、見ている私はあまり気にならないんだけど、
みなさんいかがですか?
そりゃ、ハマッているドラマの視聴率が高いのは嬉しく思うけど。
でも製作者側にとっては、たとえば雅子が涙を流すくらい、
嬉しいものなんでしょうね。
でも、視聴率が低くても心に残るドラマはいっぱいあると思う。
それに、高視聴率を狙ってワンパターン化されるのは絶対やめてほしいと
一視聴者として思います。

ということで、ドラマ制作者さま!
これからも心に残るドラマを心待ちにしています!^^


※【どらま・のーと】から『あらすじ』を引用する場合、
とくにお知らせ下さらなくても結構ですが、
記事内にリンクを貼っていただきますようお願いいたします。
詳しくは記事の引用について を一読下さい。


ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking



ひまわり/LOVEACCELEひまわり/LOVEACCELE

 
幸せになりたい!幸せになりたい!


B0009J96B6富豪刑事 DVD-BOX深田恭子 筒井康隆 山下真司 農家のヨメになりたい 下妻物語 スペシャル・エディション 〈2枚組〉 ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 3 南くんの恋人 DVD-BOX ケータイ刑事 銭形泪 DVD-BOX 2 by G-Tools



忍成修吾フォトエッセイ 「Shapes of Dreams」 青のフォトエッセイ-PERSONART-忍成修吾フォトエッセイ 「Shapes of Dreams」 青のフォトエッセイ-PERSONART-


ガチャポンガチャポン


ゴーストシャウトゴーストシャウト


滝沢沙織写真集「thanks」滝沢沙織写真集「thanks」


CAST
浅田ひかり(高校生→清掃員→?) … 深田恭子
   
永井雅子(UBSプロデューサー) … 松下由樹
   
長谷川純一(アシスタントプロデューサー) … 谷原章介
飯島 晃(借金取立て屋) … 鶴見辰吾
星野早苗(UBS総務部) … 伊藤かずえ
田島洋二(借金取立て屋) … 忍成修吾
   
澤口 修(監 督) … 佐渡 稔
浅田芳江(ひかりの母) … 銀粉蝶
浅田武史(ひかりの弟) … 篠田拓馬
浅田 悟(ひかりの弟) … 綾部守人
   
駒田孝治(チーフ助監督) … 田中要次
本山 仁(制作担当) … 森下能幸
ア  キ(照明助手) … 滝沢沙織
シーちゃん(メイク) … 春日井静奈
薫(スクリプター) … 大和田美帆
   
小宮山隆之(脚本家) … 江守 徹
西園寺翔(俳 優) … 岡田浩暉
桂 真紀(女 優) … 三船美佳
   
佐久間裕也(UBSドラマ部長) … 伊原剛志
   
熊野雄太郎(UBS制作局長) … 津川雅彦


この記事へのコメント
確かに俺も視聴率自体はそれ程気にはならないのですが、でもやっぱ改めて数字を見てしまうと、「このドラマはもっと評価されても良いのになぁー」って、つい思ってしまいます・・・。
まぁ、そういう俺自身も実はリアルタイムでは『とんねるずのみなさんのおかげでした』を見てしまっていますので、あまり視聴率に貢献していないタイプの人間ではある訳ですが・・・(笑)
Posted by フェイク・ヒーロー at 2005年09月16日 13:47
こんにちは。
視聴率の振るわなかったこのドラマでしたが、いい意味で軽く観れて良かったです。
最後にはそれぞれが幸せになれたようで良かったですね。
欲を言えば、もう少しじゅんじゅんの駄目っぷりを観たかった気がします〜(笑)
Posted by lavish at 2005年09月16日 13:49
あ〜、あたしも頑張らねばっ!と思わせてくれた心温まるドラマでした♪
こんなほのぼの系好きかも〜。

あたし自身は、視聴率の高低はいっさい気にならないんですけど、やはり局としては数字が全てのようですよね。それなら、視聴者が「見たい!」と思えるような秀作を作ってくれればいいのに、最近は話題性のみで釣ろうとしてる浅ましさを感じてしまいますぅ…ドラマに限らず、選挙速報でさえ視聴率競争の下品さが見え隠れしててイヤです((((( ̄_ ̄;)サササササッ
Posted by まこ at 2005年09月17日 11:54
フェイク・ヒーローさん、lavishさん、まこさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

私もこのドラマ、もっと沢山の人に見てもらいたかった。
ほのぼの系、いいですよね!
笑える場面も多かったし。
じゅんじゅんの壊れっぷり、私ももっと見たかったです!
次クールも良いドラマがあるといいですね!
Posted by ちーず at 2005年09月18日 13:55

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。