2005年10月07日

電車男〜もう一つの最終回スペシャル

電車男とエルメスの『秘密の場所』で陣釜美鈴にプロポーズする桜井。
嬉しそうな美鈴。
その時桜井の携帯が鳴る。
桜井の会社の倒産を知らせるものだった。
それを知った美鈴の態度はひょう変!
お金のない桜井など興味のない美鈴は桜井を殴り蹴り、その場を立ち去る。いきなりのエルメス風・陣釜さんに萌え〜(笑)!
そしてやっぱり陣釜さん、やってくれます!
最終回での桜井さんの怪我の由来はこういうことだったんですね。(笑)


エルメス=沙織(伊東美咲)との恋を成就させた電車男=剛司(伊藤淳史)は、
彼女と共に夜行列車に乗って温泉旅行に出かける。
が、緊張と興奮のあまり、寝台列車の中でなかなか寝付けない剛司。
沙織は、そんな剛司に、インターネットの掲示板・Aチャンネルの
「独身が毒づくスレ」について尋ねた。
剛司は、自分が書き込む前に話題になっていた“ギター男”のことを沙織に
話し始めた。
剛司は知らなかったが、実はそのギター男の正体とは、剛司の友人でもある
松永(劇団ひとり)だった。

寝付けない剛司がカーテンをそっとあけて見ると、隣の寝台にいる沙織も
カーテンを開け剛司を見ていました。
この時の沙織の表情がまたかわいい!


松永は、出会い系サイトで知り合ったミュージシャン好きの女性・美代子
(岩佐真悠子)に恋をしてしまい、メールでのやり取りを続ける一方で必
死にギターの練習をするなど、彼女に好かれるための努力を続けていた。
そんな折、松永は、とうとう美代子と会う約束を取り付けるが、いきなり彼女に
300万円でボロボロのギターを売りつけられた挙句、美代子の恋人(井澤健)に
殴られてしまう。
松永は、「独身男が毒づくスレ」で事の顛末を報告し、掲示板の住人たち――
牛島(六角精児)、一坂(温水洋一)、浅野(山崎樹範)、富永(我修院達也)らに
「もう恋なんてしない」と宣言して別れを告げる。
住人たちは、そんなギター男を哀れみ、
「おまいの勇姿は忘れない」「もうそれ以上、自分を傷つけるな」と
励ましの言葉を送った。

同クールで『がんばっていきまっしょい』に出演していた岩佐真悠子ちゃん。
雰囲気が変わっていました。大人っぽい!
騙されているんだと気づきながら、彼女の足首に負けて契約しちゃうところが
松永氏らしい。(笑)
彼のテーマは薬師丸ひろ子さんの『セーラー服と機関銃』!


エルメスが電車と出会った夜。
数日後、友人の川本(菅原永二)のアパートを訪ねた松永は、ネットで
面白いものを見つけた、と言われ、「独身男が毒づくスレ」を見せられる。
そこに、初めて書き込んできたのが、
電車の中で女性を酔客から救った、という男・剛司だった。

同じころ、牛島は、コリアンスナックで働くティファニー(ソニン)という女性に
入れあげていた。
ティファニーにプロポーズすることを決意し、彼女の働いている店を訪ねる牛島。
しかしティファニーは、誰にも行き先を告げずに姿を消していた。
牛島は、ティファニーに頼まれて、200万円貸したばかりだった。
牛島は、そのショックから逃れるように、電車男の応援に没頭していく。

牛島のアドバイスの裏側には、こんなストーリーがあったんですね。
アドバイスする側の私生活がとても興味深い!
これって、後付されたストーリーなんでしょうか?
妙に本ストーリーとマッチしています。


ここまでのあらすじは公式サイト より。
牛島は、また毒スレに熱中していく。

剛司が沙織から贈られたカップがエルメス製と知り騒ぐ住人。
「エルメス・・・キターーー!!
 ・・・ティファニー・・・」と落ち込む牛島。
だが掲示板に現れたAAと電車男という文字を見つめ、
そしてティファニーの写真を見つめ、牛島がキーボードをたたく。
「次のレスに従う」と覚悟を決めていた剛司が掲示板を見つめる。
『電話しる。電車男、頼む。俺達のためにも、変わってくれ。』

牛島の打ち込んだレスに従う剛司。
彼の運命が変わったのは、牛島のレスのおかげだったんですね。


川本が電車男年表(?)を作成していると、ドアベルが鳴る。
松永がベッドと枕持参でやってきたのだ。
「川本氏と電車男を応援しようと思ってやってきました。
 このスレ一人で見るには勇気がいるんです。」
川本は戸惑うが、掲示板の更新音に、二人はパソコンの前に座り込む。

電車男とエルメスのデート報告。
『大丈夫ですよ。ちゃんと掴んでますから。』

松永が、なぜか薬師丸ひろ子のモノマネで
「ちゃんと、掴んでますから。」とレスを読み上げる。
松永の中ではエルメスは薬師丸ひろ子のイメージで固まっていた為だ。
電車男は合コンに出かけていった。
松永は引っ越し祝いと言い寿司を取ったと言う。
やって来たのは『布川寿司』。元シブがき隊の布川敏和さん!
寿司職人二人を伴い、そこで寿司を握り始める!
おすし屋さんを呼んで家で握ってもらうのっておいくら!?
さすが、大地主の息子!!(笑)


そこへ、剛司から合コンの誘いの電話が入る。
「同じタイミングで合コン・・・
 もしかして、山田氏が電車男では・・・!?」
「は!今、なんと!?」剛司が驚く。
「いやいや、ないないないない!!」
シブがき隊の『ナイナイ16』にかけてます!?(笑)

合コンなど行かない、と言ってた二人だが、次のシーンでは正装して
合コンに参加していた・。
合コンの相手は、沙織、果歩(佐藤江梨子)、裕子(須藤理彩)。

沙織と剛司が帰った後、裕子たちが二次会に連れてこられた場所は
お風呂付きのカラオケ!
薬師丸ひろ子の『セーラー服と機関銃』を歌う松永。

裕子は松永に「何かしゃべったら!?」と当たり気味。
「実はこの前、女性に振られたばっかりでして。
 出会い系サイトで知り合ったんですけど、会ったら300万でギター
 交わされちゃいました。
 騙されてたんです。バカですよね。
 僕みたいのに彼女なんて出来るはずないのに。」
裕子は松永の髪を掴み
「何ヘラヘラ笑ってんのよ!
 そんな目に合って、何でその女見返してやろうって気にならないわけ!?
 そのギターでラブソングの一つでも作って、もっとイイ女口説けばいいじゃん!」
と叱り飛ばす。
すると松永は突然泣き出す。
「こんなこと言ってくれる女性の方は初めてだったんで・・・
 ありがとうございます、僕なんかの為に。
 一発芸やります!海がめの産卵!」

裕子からのメールを心待ちする松永。
コミケに出品する作品作りに忙しい川本。
そこへ、エルメス宅にいる電車男から掲示板に書き込みが入る。
『エルメス宅から実況、キターーー!!』
掲示板住人も大騒ぎ。
告白のセリフを忘れた剛司が掲示板住人に聞こうとアクセスしたのだ。
紅茶の銘柄を選ぶよう沙織に言われ、
『ベノイストと書いてあります』
電車男の書き込みに
『ベノア。19世紀創業の、伝統あるイギリスの高級食品会社』
『英国王室御用達!!』
掲示板はまたまた大騒ぎ。

「決まりましたか?」沙織が戻ってきた。
「じゃあ、ベノアで。」剛司が答える。
「全部、ベノアですけど。」
「!!じゃあ、これで。」
「ダージリン?私も好きです。」
このシーン、ホント、かわいい!

「エルメス・・・」桜井がため息をつく。
「え!?エルメス!?」
「エルメス?」
「エルメス?」
「エルメス?」
ベノア・ティールームの前に並んだ人々が次々に呟く。
みんな、お互いを知らないがスレの住人たちだった。

店の中にも、スレの住人であふれかえっていた。
「電車男・・・」(と聞こえましたが、違うかも)
一坂の呟きに過剰反応する店の客ら。
「ずっと、掴んでますから。」
カップル女がカップル男に言うと店の客はまた過剰反応!

このシーンも、何度見ても笑えます。
実際に自分のすぐ側にも、ネット友達がいるかもしれませんよね。

電車の中で一人「エルメス・・・」と呟く桜井。
目の前に座る女性は、エルメスのバッグにベノアティーの紙袋、そして
読書をしている。
「25歳ぐらい・・・長めの黒髪・・・体型は細め・・・
 色白で、華やかな雰囲気・・・
 まさか彼女が・・・エルメス!?」
桜井はその女性に声をかける。
この女性は、皆本の元彼女でスレの住人の一人、涼子(桜井千寿)!
「失礼ですが、ベノアティーがお好きですか?」
「いえ、そういう訳では。」
「隠さなくてもいいんですよ。
 しかも、ダージリンが好きなはずだ。」
「違うって言ってるじゃないですか。」
「いいんですよ、わかってますから。
 それより、僕と食事でもいかがですか?」
「いい加減にして下さい・・・」
「食事がダメならお茶でも。
 僕この先の駅で、ヘルシードリンクバーを経営しています。」

「やメろよォ・・・」
「なに!?」桜井が振り返ると、気の弱そうな男性が怯えながら立っている。
「やめろって、いってるジャなイ・・・」
「何言ってるだかさっぱり・・・」
「彼女が、嫌がってるじゃないか・・・」
桜井が説明しようとすると、その男が必死になってパチパチたたいてくる。
「落ち着いて、座れって!」桜井はその男に一発パンチ。
抵抗をやめない男に
「何でパチパチたたくんだよ!」と桜井も戸惑う。
すると背後から桜井を掴む男が。スレの住人、筋肉マニアの男!
「みっともないですよ、いい年して。」
「この人が騒ぎを?」車掌の格好をした男(スレ住人)もやってくる。
二人は桜井を担ぎ上げる。
「おいおい!えぇ!?
 ・・・これって・・・。」
桜井を担ぎ上げていた二人も、桜井も、エルメス(偽)も、電車男(偽)も
急に我に返り、『電車男』ごっこを止める。

コミケから帰ってきた川本と松永は、会場に駆けつけた沙織と剛司の
険悪なムードを心配する。
掲示板を見ると、電車男からフラれたとの書き込みがあった。
「電車男もコミケでエルメスに・・・
 待って下さい。もしかして、山田氏が電車男じゃ・・・」
「・・・・」
「いやいや、ないないないない!」二人が声を揃えて笑う。

牛島は、店の女の子からティファニーが歌舞伎町の店で働いていると
聞かされる。
店の名前は、コリアンスナック『華阪神』。(笑)

牛島が店を出ると、なぜか大奥のBGMをバックに二人の男が登場。
借金取りだ。
借金取りの一人は小川直也さん!
牛島がティファニーに渡した200万は、ここから借りたものだった。
利子だけでも払え、と言い牛島に暴行する二人。
男は牛島が持っていた指輪を持っていってしまう。

夢をかなえるのにお金が必要だったティファニー。
「うち、牛島さんのこと好き。
 お金もらったからじゃないで。
 うち、好きって言う、一人だけ。」
牛島はティファニーの言葉を信じていたかった。
「世の中、そう上手くはいかないなぁ・・・。」
道路に倒れたまま、牛島が呟いた。

『今日偶然エルメスたんに会ってはっきりしますた。
 彼女は俺にとってかけがえのない人で、
 それはまだ現在進行形なんです。
 このままじゃ終われないよ・・・』
電車男の書き込みを見つめる牛島は、
『よく言ったぞ、電車。その言葉を待ってたんだ!』と書き込み
ガッツポーズ。
その時にパソコンのコンセントを思いっきり踏んでしまい、
パソコンが火を噴いた。

裕子は雑誌『PAS!』で松永勇作(30)が大富豪の御曹司で、
年収3000万の、名古屋の大地主の一人息子ということを知る。
「ある意味掘り出し物かも!」
裕子は松永に興味を持ち出す。

電車男はエルメスにオタクをカミングアウトしようとしていた頃、
松永の携帯に裕子からメールが届く。

『先日合コンをした観月裕子です。返信遅れてごめんなさい。
 松永さんのことが忘れられずにメールしちゃいました黒ハート
写真付きのメールだった。

パソコン修理20日目。
やっと牛島のパソコンが直る。
「電車・・・帰ってきたぞ・・・」
感激しながらスレにアクセスすると、
『エルメスたんに完全に拒絶されました。
 今度こそ本当に終わりです』という電車男の書き込み。
「俺がいない間に、何があった・・・」

牛島が20日間分の過去をさかのぼる。
そして、掲示板のことを正直に話そうとエルメス宅に向かった電車男が
既に弟によりスレのことを聞いていたエルメスに拒絶されたことを知る。
掲示板の諦めのレスを読む牛島は、ティファニーの写真を見つめ・・・

川本家。
「もう電車男の恋も終止符を打ったことですし、
 名古屋にお帰りになられては?」
「いいえ。まだ遣り残したことが。」
川本が松永の携帯を取り上げると、そこには

『ちゃんと寝る前に歯磨くんだよわーい(嬉しい顔)黒ハート

裕子の写真つきメールだった。

「裕子さん!しかもメールの内容がまるで長年のカップルのよう!」
驚く川本。
「もう長い間密会を重ねているんですか?」
「いいえ、合コン以来会っていません。」
「どうしてですか。メール送り返すより会ったほうが。」
「会ってツボ売りだったら嫌じゃないですか。
 また騙されたら惨めじゃないですか。」
「またって・・・何かあったんですか?」
「いいえ。」
秘密主義の松永です。(笑)

その時パソコンから妙な熱気を感じる二人。
強風と共に阪神グッズが舞い込む!

『どうしてお前ら、電車を途中下車させたんだ。
 このままじゃあいつは前と何も変わらないぞ!
 俺だって必ずうまくいくなんて思ってない。
 でもな、悔いは残してほしくないんだ。
 あいつはまだエルメスに自分の思いを告げてないじゃないか。
 諦めるのは、それからでも遅くないだろう。』

牛島の熱い書き込み。
だが電車男はもうスレから去ってしまっていた。
『俺達なんて緒戦電話線1本のつながりなんだ・・・』
諦めモードの住人たちに、牛島は引き続き渇を入れる。
『そんなだから毒男と呼ばれるんだ。 
 俺達が変わらないで、電車の気持ちを動かせるわけないだろう!
 もう一度、あいつをこの掲示板に呼び戻して、
 「告白しる」と言ってやろうってヤツはいないのか!』

牛島の呼びかけにより、住人たちはアキバ潜入計画を思いつく。

『駅で待ち構えてみる』と筋肉男。
『駅でアナウンスする』と車掌男。
『路上ライブをやってみる』とメガネ少女。
『アキバの中心で「電車」を叫ぶ』と萌え男。
『上空3000フィートから呼びかける』と飛行機マニア。
『電車の本を書いて出版する』と川端やすなり。
『アキバで招集かける!!』と軍事マニア。
『アキバを街ごと買い占めて電車を探す』と靴マニア。
『じゃあ俺は、テレビに映って呼びかける』と牛島。

電車をこの掲示板に呼び戻そう!住人達が一致団結した。
「電車、お前には、みんなが付いている。」牛島が呟く。

駅に横断幕を手に子供と一緒に立つ車掌男。
カップル男とカップル女はティッシュにメッセージを入れて配る。
涼子がニワトリのイラスト付きのポスターを張っていると、男達がカメラを
向けながら付いて歩く。
軍事マニアもほふく前進でアキバを進む。
川端やすなりも本を書き上げて本屋で宣伝をした。
靴マニアの男は、『パチンコ屋』『万世』『石丸電気』の広告スペースを
買取り、大きな看板を立てさせた。
明治男は川に看板を流した。
偽電車男は剛司とすれ違ったが、それが本物の電車男とは気づくはずもなく。
引きこもっていた男性も、ミーナのポスターを町中に貼り、
牛島はゴルフの中継に乱入。
飛行機マニアは自ら操縦席に乗り込み「グッドラック!」と合図。
そして青空に『電車男帰ってこい』と描いた。

みんなの思いに気づいた剛司は、アキバ中に張り巡らされた
自分へのメッセージに涙する。

家に戻った剛司は掲示板に、
『このスレに出会えてよかった。
 お前らと出会えてよかった。』と書き込み、
そして、もう一度頑張ると約束する。
住人達は電車の決断に感動。
「電車。お前なら、やれるよ。」
牛島はそう呟き、ティファニーの写真を見つめた。

メイド喫茶で松永は川本に初めて自分のことを話す。
「私女性に騙されたことがあるんです。
 実は出会い系サイトで出会った女性と、123回もメールのやり取りをして、
 それで初めて会ったその日に300万でギターを買わされたという経緯が
 ありまして。」
「そ、その話って、ギター男の!?」
「そうです。私が、壷売りにあった、バカでマヌケな上京のオタクの
 ギター男です。
 怖いんです、また騙されるんじゃないかって。
 私は電車男のようにはなれません。」
そこへ、裕子がやって来た。
「あの・・・僕裕子さんとはお付き合い出来ません。」
「え!?あ、こういう趣味だったら私全然OKだから。」
「そうじゃないんです。
 僕のことは諦めて下さい。」
「ちょっと待って。外で話そうか。」

松永を外に連れ出した裕子は松永の首根っこを掴んで言う。
「付き合えないってどういうこと?」
「あ、いや、その・・・」
「男ならはっきり言いなさいよ!」
「あの、足首が萌えないっていうか・・・」
「はぁ!?」
「好みの足首じゃないんです。」
「それって、遠まわしに太いって言ってる?」
「ああはい、平たく言えば。」
裕子の回し蹴りが飛ぶ。
「あんたなんて、普通に出会った時点でこっちから願い下げなのに!
 ここまで妥協した自分が憎い。」
裕子は悔し泣きしながら立ち去る。
BGMに『セーラー服と機関銃』が鳴り響く。
「何でしょう、このキュンとする胸の痛みは・・・」

自分の嘘に落ち込む松永。
家に戻った二人は掲示板をさかのぼり、電車男の告白の様子を知る。

沙織のセリフを松永が薬師丸ひろ子のモノマネでアテレコ。
松永に言われ、川本は電車男のパートを読み上げる。

秘密の場所での剛司の告白。
掲示板をちゃんと読み、そしてそれを受け入れる沙織。
剛司の言葉を、応援しながら聞き・・・
そして、電車男の告白。
『僕は・・・エルメスさんのことが大好きです。』
『私も、電車さんのことが、好きです。
 だから、これからも、ずっと、一緒にいてくれますか?』
『はい・・・』
『もらい泣き、しちゃいました。』

松永が雰囲気で川本にはキス!!
「好きって言ったら、もっと好きになっちゃいました。」
泣くシーンは目薬を使い、役になりきる二人。(笑)
二人ともアテレコ上手でした。(笑)


住人達も電車男のノロケに気を失うほど。
『電車は俺達の先を走りはじめたんだ。
 だからあいつをこのスレから卒業させてやろう』
『このままじゃ電車はコトあるごとに俺達を頼ってしまう。
 それじゃあいつの成長につながらない・
 俺達は、電車からたくさんのものを貰った。
 だからこそ、あいつの新しい門出を祝ってやるべきじゃないのか』
牛島の書き込みに、スレの住人たちは全員賛成する。

そして、再び書き込む電車男にわざとそっけなく当たる住人。
『このスレを卒業する時が来たんだ。』
寂しがる電車男。
『仲間だから言ってやってるんだ。』
『お前はもう一人じゃないんだ。』
『強くなれ。お前が守らなくて、誰がエルメスを守る。』

『分かりますた・・・俺、旅立つよ。』

『それでこそ、電車だ。
 さあみんな、電車に思いをぶつけろ。
 毒男の、卒業式だ!』牛島が書き込む。

みんなが電車男にメッセージを送る。

『998.発射ベル鳴りまーす!』車掌が泣きながら笛を吹く。
『999.卒業、おめでとう。』皆本が最後のAAを送る。
『1000.このスレ、まじで魔力ありすぎ・・・
 おまいらにも光あれ』

「光あれ・・・か・・・。」牛島が呟く。

松永も川本も、このスレに勇気を貰った。
「私も裕子さんに告白します!
 傷付くのが怖いから、逃げてただけなんです。
 彼女の回し蹴りは私の為にあります。
 私にも光あれ!」
松永が新スレッドを作成する。

タイトル:ギター男が毒づくスレ
名前:ギター男
内容:皆さん、お久しぶりです。ギター男です。

掲示板の住人たちがざわめき始める。

『実は私も陰ながらも電車男の勇姿を見守ってきました。
 おかげで私はもう一度立ち上がることが出来ました。
 私は明日の19時、東京ドーム前の電光掲示板で、
 意中の女性に告白することをここに宣言します。』

「告白場所まで記すのはどうかと・・・」と心配する川本。
「ここまでしないと震えて脚が前に進まないんです。」と松永。

掲示板の住人たちも、大騒ぎ。

『私は電車から学びました。
 どんな逆境にも屈しない姿勢と何が合っても愛する人を信じぬく心を・・・』
その言葉に拍手を送る住人達。

「信じぬく・・・心を・・・」
牛島はティファニーの写真を見つめ、そして、部屋を飛び出していく。

松永は裕子に
『明日の19時に東京ドーム前の電光掲示板の前で
 待っていて下さい』
とメールする。

そのメールに気づいた果歩は、裕子の心の変化に気づく。

牛島は店の女の子にティファニーのいる店の名前を聞き、
その『リックドム』へと走り出す。

「みんなのレスを読んでいると、不思議と、何でも上手くいくような
 気になってきて、自信がつきました。
 いろんな方々の助言、声援を得て、俺は、少し成長出来たような
 気がします。」

新宿・歌舞伎町。
メモを手に店を探す牛島。

『リックドム』の前でチラシを配るティファニーがいた。
「ティファニー!」
「・・・歌手になるのが夢やってん。
 お店で、事務所の社長さんいう人に、契約金200万必要って言われて、
 でも、連絡なくて・・・
 後追って東京来たけど、事務所、なかって・・・
 ごめんな。騙されたいうの、牛島さんに悪くて、
 ちゃんと働いて返そう思って、」
「もういい!
 俺は、金もないし、見た目はこんなだし、
 阪神タイガースの優勝をひたすら願うだけの男だ。
 ティファニーのことにしたって、実はそんなに知らないし、
 はっきり言って好みのタイプじゃない。
 俺はもっと、胸が掌サイズの・・・ちきしょう、何言ってるんだよ、
 上手い言葉がみつかんねー。
 ・・・お前じゃなきゃダメなんだ。俺が幸せにする!
 だから・・・だから・・・
 側にいて下さい。」
そう言い、頭を下げる牛島。
「はい。」ティファニーが答えた。
「えぇ!?」
「うちも、牛島さんのことずっとずっと好きや。」
「ほんとに、俺でいいのか?」
「言うたやん。
 うち、好きって言う一人だけや。」
思わず泣き出す牛島。
「牛島さん、笑って。」ティファニーが寄り添う。
「こんなに嬉しいのに。誰が笑うかよ。」
牛島はティファニーを抱きしめ
「チキショー、また指輪買わなきゃなんねーよ。」と嬉しそうに言った。

ふと、時間が気になりだす牛島。
「すまんが、どうしても行かなきゃならない所があるんだ。
 電車に勇気を貰った、仲間の所だ。」
牛島はもう一度ティファニーを抱きしめ、そして東京ドームへと
走り出した。

東京ドーム前に集合するスレ住人たち。
裕子も果歩に連れられやってきた。
約束の7時。
電光掲示板に松永の姿が映し出される。

「裕子さん、これから、あなたへの思いを伝えます。」

「あれがギター男か。」
「完全にオタクじゃねーか。」
「いかにもアキバ系やね。」
「ギター男のスペックは、見るからに低そうだなー。」
「応援しに来たけど」
「勝算薄いなー」
住人達がそれぞれ呟く。

「君を知ったのは、とある合同コンパだった
 第一印象からかなり萌えたよ♪ 
 もうすぐ秋が終わる サンマの季節が終わる
 だからその前に言っておく
 僕はあなたが好き!
 心から君が好き!」

ステージを回転させんがらギター男が歌い出すが、その歌に裕子は寒がり、
住人達も呆れて帰ろうとする。
裕子と果歩も帰ろうとするが、その時牛島が叫ぶ。
「裕子さんとやらはいるか!?」
裕子たちも、住人たちも、足を止める。
「聞いてくれ。昔、ギター男という典型的なオタクがいたんだ。
 そいつは、誰とも付き合ったことがなくて、
 出会い系サイトで出会った女に、300万でギターを買わされて、 
 もう恋はしないと誓った。
 だけど、ギター男は、あなたに出会ったおかげで立ち直ったんだ。 
 あなたに思いを伝える為に、立ち上がったんだ。
 だから、ド下手な演奏かもしれないけど、どうか、最後まで聞いてやって
 くれないか。」

「先輩のためを思って作ったんですよね、ラブソング。」果歩が言う。
「私、そんなにいい女じゃないよ。
 あいつのことだって、最初は金目当てだったし。」
「最初は、でしょ。」
「ほとんど、メールのやり取りしかしてないし。」
「でも、100回以上したんでしょ?」
一生懸命歌い続ける松永の姿を真剣に見つめる裕子。
いつしか、彼女の瞳から涙がこぼれる。
「間に合うかな・・・。
 まだ、間に合うかな。」
「はい!」果歩が答える。

カメラを回していた川本が持つ松永の携帯が鳴る。裕子からだった。
「隣の音痴に伝えて。
 今度の日曜、飯おごれって。」
裕子からの電話を知り、松永は大喜び。
そして再び「足首フェチ!」と歌い続けた。

剛司と沙織の泊まる旅館。
食事から戻ると、部屋の布団が二つ並べて敷かれていた。
その様子に緊張する剛司。
沙織がお風呂に行ってる隙に、剛司はパソコンを取り出し書き込みをする。

『みなさん、お久しぶりです。緊急事態です。
 エルメスたんと温泉に来たのですが
 ワケあって同じ部屋に停まることになったのです。
 漏れは、どうすれば・・・』

『キターーー!!!』
住人達は電車男の登場に大興奮。
『久々の搭乗でノロケやがって』
「もう来るなって言ったのにな。」と呟く牛島の横にティファニーがいた。
優勝2005の旗も忘れてはいけない(笑)
『いきなり現れてなんだその爆撃は』と川端。
『電車が大人になっていく・・・』と一坂。
『そんなことを損弾する電車が大好きだー』と群馬男。

みんなの書き込みに答えようとすると、沙織が戻ってきた。
「あの・・・混浴しかないので、一緒に入ってもらえませんか?」
「えぇ!?」
『エルメスたんに一緒に混浴入ろうと誘われdrftgyふじこ』
沙織の方を見ながらキーボードをたたく剛司。
住人達はあまりのことに、みんなひっくり返る。
「よろこんでぃ!」
剛司はバスタオルを手に沙織の元へ。
そして二人は手をつないで、部屋を出ていった。

『このドラマは事実をちょっとだけもとにした
 フィクションです』

最終回を迎えてからまだそんなに日が経っていないのに、
登場人物が懐かしいこと!!
SPということで、もっと松永氏メインのストーリーになるのかと
思いましたが、牛島さん大活躍でしたね!
ソニンちゃん演じるティファニーと牛島さんの恋。成就して良かった!
牛島さん、カッコ良かったよ。

本編でもそうでしたが、住人それぞれのストーリーが楽しかった。
憧れの(?)陣釜さんの登場がちょこっとだけだったので残念!
でも彼女の豹変ぶりが見られて良かった。(笑)
白石さん、お疲れ様でした!!
またどこかで、陣釜さんとして登場していただきたいです!
スターウォーズ見ると、陣釜さん連想しちゃいそうだな。(笑)

桜井さんも、ナイスキャラでした。
いつまでも、カッコいいんだけどダメキャラでいてほしい!(笑)
彼の車の行方が気になります。

電車の中での『電車男』ごっこ。
エルメス役。酔っ払い役。電車男役。カッコいいサラリーマン役。車掌役。
演じていたみんながふと、我に返るところが面白かった!
これだけで、お楽しみ会の劇が出来そう。(笑)
ハロウィンは電車男に仮装!
・・・やって見たいがちょっと無理か(笑)。

電車男はもうこれで完結!?
また、この登場人物で、アナザストーリーを見てみたいです。



ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking



B0009VRGFM電車男 DVD-BOX伊東美咲 中野独人 伊藤淳史 ポニーキャニオン 2005-12-22by G-Tools


B0009V9394世界はそれを愛と呼ぶんだぜサンボマスター 山口隆 ソニーミュージックエンタテインメント 2005-08-03by G-Tools


B000A3H62W電車男TVサントラ エレクトリック・ライト・オーケストラ ミッシング・リンク ソニーミュージックエンタテインメント 2005-08-24by G-Tools


Romanticが止まらない
B0007G8FJKC-C-B 松本隆 川名卓馬 ユニバーサルJ 2005-02-23売り上げランキング : 2,718Amazonで詳しく見るby G-Tools
C-C-B メモリアルDVD-BOX ゴールデン☆ベスト C-C-Bシングル全曲集 すてきなビート‐Plus 僕たちNO-NO-NO-Plus INTO THE LIGHT

B00005S792薬師丸ひろ子 限定プレミアムBOX薬師丸ひろ子 角川エンタテインメント 2001-12-21by G-Tools


B0009ULBNQ電車男 スペシャル・エディション山田孝之 村上正典 中谷美紀 東宝 2005-12-09by G-Tools


405604080X映画電車男オフィシャル・ビジュアルブックテレビライフ編集部 学研 2005-06by G-Tools


電車男 3―ネット発、各駅停車のラブ・ストーリー (3)
4091532136原 秀則 中野 独人 小学館 2005-09-05売り上げランキング : 499Amazonで詳しく見るby G-Tools
電車男 2―ネット発、各駅停車のラブ・ストーリー (2) 電車男 1―ネット発、各駅停車のラブ・ストーリー (1) 電車男がんばれ毒男! 2 (2) 電車男 ―でも、俺旅立つよ。2 (2) 電車男がんばれ毒男! 1 (1)

B000A40M2MドラマCD 電車男 vol.1WAYUTA 2005-09-22by G-Tools


12:20 | CM(16) | TB(0) | 電車男 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちはー

見逃したので助かりました!
桜井さんのケガは...そうゆうことだったんですね。
松葉杖使うぐらい痛めつけたってこと?スゴイよ、陣釜さん!

桜井さんか陣釜さんのアナザーストーリーでもよかったなー
Posted by マウス at 2005年10月07日 14:01
ちーずさん、こんにちは。
スペシャルも遊びがいっぱいでおもしろかったですね。
布川寿司まで気がつきませんでした。
芸が細かいです、ほんとに!!
Posted by honey at 2005年10月07日 15:52
チーズさん、お久しぶりです。
陣釜美鈴・・・やっぱり最高っです^^
このドラマの放送中、私はずっと笑ってました(笑)
あー本当にこれで終わっちゃうのかと思うと寂しいですね;;
またスペシャルとかでその後をやってほしいです!
Posted by ayu櫻 at 2005年10月07日 18:11
こんばんわ、久々のコメントです。
今回のスペシャルでは、皆が「電車男」を勇気付けた…その事を、再度感じられました。そして、皆に「電車男」が与える勇気・波動の繋がり…。
とても、良いストーリーだと思いました。
Posted by まさかず at 2005年10月07日 23:47
お久しぶりです!
今回のSPも色々と見所が多くて、とても面白かったですよね!
ぜひとも次こそは陣釜さんが主役のバージョンも見てみたいと思います!!
Posted by フェイク・ヒーロー at 2005年10月08日 02:25
途中からチラチラ見ていたのですが
はじめからちゃんと見ればよかった〜!
陣釜さん主役いけそうですよねー!!
Posted by けん at 2005年10月08日 05:56
こんにちは。コメントありがとうございます!

マウスさん。
見逃されたとのこと。
再放送などがあるといいですね。
エルメス風な陣釜さんの豹変ぶり、最高!
陣釜さんや桜井さんのアナザ・ストーリー、絶対面白そうですよね。

honeyさん。
フッくんの登場は、シブがき隊の歌のせい!?
松永氏のお金の使い方、羨ましい。(笑)
東京ドームも貸しきっちゃうなんて、すごい!

ayu櫻さん。
私も本当にいっぱい笑わせてみらいました!
バカらしい笑いから、感動の笑いまで!
サイドストーリー+電車男とエルメスのその後、
気になりますね。

まさかずさん。
掲示板の住人さんたちみんなが、電車男から
勇気を貰ったんですよね。
牛島さんが、信じることの大切さに気づき
走り出すところが感動的でした。

フェイク・ヒーローさん。
お久しぶりです!
陣釜さんストーリー、私も見てみたいです。
旅に出た美鈴がさらにパワーアップして戻ってきた!
ってな感じで。(笑)

けんさん。
陣釜さん、主役張れちゃいますよね。
この時期は見たいSPが重なり苦労しますね。
電車男SP、期待以上に面白かったです。
Posted by ちーず at 2005年10月08日 16:20
楽しいドラマでしたね。アナザストーリー何本か作ってほしい気がします。
Posted by ドラマの視点 at 2005年10月08日 17:04
ドラマの視点さん、こんにちは。
コメントありがとうございます!
SP面白かったですね。
住人の一人、牛島さんのストーリーも良かった。
陣釜さん、桜井さんのその後、是非知りたいです!
Posted by ちーず at 2005年10月08日 17:31
ちーずさん、お久しぶりです!
つい先日SPの番宣を紹介していただいたけど、
番宣を見られずにいた私もかなり楽しめました!

松永氏だけではなく、スレ住人の暗躍ぶりまで描かれていたとは!
特に驚いたのは、電車男の復帰呼び掛けについての数々の苦労。
彼らの団結力はとにかくすごかったですね〜。
すごかったといえば、松永氏と川本のアレですよ、アレ(笑)。

同じく、他のキャラの特別編も見てみたいです!
Posted by ads(あず) at 2005年10月09日 02:29
見てる間中、ニヤニヤしてるかウルウルしてるかのどっちかでした〜♪
これでほんとに最後の最後かと思うと、なんとも言えない気分に…さびしい_| ̄|○
牛島さん、ほんとかっこよかった!!!
走るシーンでのサラサラ髪が印象的でした(笑)。
Posted by まこ at 2005年10月09日 10:01
こんにちは。コメントありがとうございます!

あずさん。
おひさです!
アキバ潜入計画の裏側、面白かったですね。
あずさんの記事にもありましたが、あの靴男が
万世の隣に看板立てたんだ!と感動。(笑)
こんなSP、また作ってほしいですね。

まこさん。
本編後半、牛島さん目立っていたけど、その時にはもう
この企画があったのかな。
東京ドームで叫ぶ彼もカッコよかった!
またSPで帰ってきてほしいですね。
Posted by ちーず at 2005年10月09日 10:44
ちーずさんこんにちは
ギター男の話というより、牛島が大活躍でしたね!
陣釜さんの話も見たかったです。
Posted by まりこ at 2005年10月10日 11:00
まりこさん、こんにちは。
そうそう。ギター男よりも牛島さんが目立っていました!
いい味出してましたよね〜、牛島さん!
陣釜さん、みんなが待ってます、カムバーク!(笑)
Posted by ちーず at 2005年10月11日 12:06
ちょうど録画を忘れていて、見れなかったのですが、コレを観てなんとなく分かりました!!これを書いてくれた人、感謝感激雨あられです☆
Posted by まり at 2005年10月13日 18:28
まりさん、こんばんは。
雨あられ、ありがとうございます。(笑)
また遊びにいらして下さい!
Posted by ちーず at 2005年10月14日 21:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。