2005年10月14日

ブラザー☆ビート 第1話

『長男の逆玉見合い』

1990年夏、家族と公園で幸せな時間を過ごす桜井家。

ある日、父・勤(赤井英和)が交通事故に合ったと連絡が入る。
腕と肋骨にヒビが入るぐらいの怪我。
医者も1週間ぐらいの入院で済むと言う。
ほっと一安心する家族。「そういう訳で、父さんしばらく家に帰れないからな。
 
 達也、お前は長男や。
 弟らの世話、ちゃんとしてやれよ。
 
 陸、お前は、お兄ちゃんの言うことよく聞くんやで。

 純平、お前は、・・・お前はもうそのままでええわ。

 それとな、母さんに面倒かけたらあかんぞ。
 母さんは女や。女は大事にしてやらなあかん。」

勤が息子達一人一人に言う。

だが勤は、大動脈損傷となり、緊急オペ。
待合室で待つ子供達。
泣き出す弟達に、父の言葉を思い出す達也は
ウルトラマンタロウの歌を歌い出す。
泣いていた弟達も、一緒に歌い出した。

勤は、帰らぬ人となる。

15年後。
家事の苦手な春恵の為に、家事を分担する3人の息子達。
母・春恵(田中美佐子)はスーパー・マーケットのパート勤務、
硬派な長男・達也(玉山鉄二)大学を出て広告代理店に勤めるビジネスマン。
軟派な二男・陸(速水もこみち)は大学には行かず水泳のインストラクター。
純情な三男・純平(中尾明慶)は介護士の専門学校に通っている。

ある日、長男・達也は、二男・陸にノセられて合コンに参加。
元カノとソックリな理絵(岡本綾)と出会い興味を持つ。
大学時代にカノジョにフラれて以来、恋人の存在もなく、
女性との関係も(?)の達也を弟たちはもちろん、
母・春恵まで心配していたのだ。
ようやくカノジョ候補が現れたことで、桜井家が騒ぎ出した。

達也に気になる女性が出来たことを冷やかす3人。
達也の硬派さと、陸の軟派さを比べた時、母親が自分の携帯を見ていることを
知った陸。
文句を言う息子の「クソババァ」という言葉が許せない春恵。
それをたしなめる達也。
二人は言い合いをしているうちに、取っ組み合いの大喧嘩に。
二人のケンカを止めようとした春恵は、腰を強打してしまう。

ある日、達也に見合い話が舞い込んでくる。
相手は達也の勤める会社の得意先の娘だ。
母親と一緒に来るよう上司に言われる。

春恵のパート先のスーパーの店長・野口秀貴(生瀬勝久)は、
春恵の高校のときの同級生。
何かと春恵の世話を焼く。どうやら気があるようだ。

店の客が万引きするのを目撃した春恵は、レジを通り抜けようとしたその客を
引き止め、逃げないようカバンを掴む。
そのせいで客は転んでしまう。
店長の野口は怒る客に菓子折りを持たせ、帰ってもらう。

春恵は自分が悪いことをしたとは思わず、野口に説教する始末。
たまたま通りがかった達也は、春恵の変わりに野口に謝罪。
「腹が立つことがあってもぐっと堪えろよ。」
息子に言われ、春恵も渋々反省する。

息子に見合い話が来たと知り、春恵は大喜び。
その時、陸から、理絵の電話番号がわかったと電話が入る。
だが硬派な達也は、
「見合いを控えているので二股のようなことをしたくはない、
 見合いは断るつもりだから、断ってから教えてくれ。」と言う。

陸の元カノ、久遠アイ(浅見れいな)は今は良き友人として付き合っている。
アイはまた合コンに行くと言う陸に、本命の彼女は作らないのか聞いてみる。
「俺はアニキと違って好きになってもその女一筋にならないしな。
 そしたら悲しませるだろ?お前ん時みたいに。」
陸がそう答えた。

お見合い当日。
陸は、見合い相手を見てびっくり。
なんと相手は理絵だったのだ。
合コンの時に名刺を渡した達也。
その名刺を見た理絵が、達也の勤め先は父親の会社の取引先と気付き、
見合いを頼んだのだった。
同席する春恵は思わず、理絵を指差し「似てる!」と言う。

理絵と達也は庭園を二人で散歩する。
「初めて会ったときから・・・達也さんは?」
「僕も・・・初めてあった気がしなくて。」

その姿を見つめる親達。
「私には、父親のいない家庭というものがどういうものかわからない。
 だから正直、この見合いも賛成しかねている。
 子供は家庭環境で変わるという人もいる。
 父親にしか出来ない教育という物もある。」と言い出す。
「ご心配されることも、最もだと思います。
 確かにうちには父親はいません。
 そのせいで、息子達に寂しい思いをさせたこともあります。
 でもだからって、私が父親の分まで頑張ったわけではなく、
 それどころか、母親としてもだらしないところがいっぱいあるんです。
 たとえば、朝、起きれなかったり、家事が苦手だったり、
 家計簿つけるの面倒臭がったり。
 なのに、そんな私がここまでやってこれたのは、 
 長男、次男、三男、兄弟3人が、母親の私を助けて、
 力を合わせて頑張ってくれたおかげなんです。
 特に長男の達也は、父親代わりとして、弟達の面倒を良く見てくれました。
 母親の私も、そんな長男につい、甘えてばっかりで。
 達也には、私は、幸せになってもらいたいと思っています。
 達也は、お嬢さんのことを、とっても気に入っています。
 どうぞ、息子のことを、よろしくお願いします。」
そう言い頭を下げる春恵。
理絵の母親も父親も、春恵の気持ちを理解してくれる。

桜井家。
「やったじゃん、兄貴!これって逆玉だよ!」と陸は言うが
「逆玉ってそんなんじゃねーよ。」
「じゃあ何なんだよ。」
「運命だよ。」
達也も乗り気で、結婚したらこの家をリフォームして同居するつもりだ。
部屋に戻り、マウスパッドの下に隠した元カノの写真を見つめたあと、
それを棚の上にジャンプして置いた。

水族館デート。
二人は楽しい時間を過ごすが、新居の話になると雲行きが一転する。
理絵は一人娘。
結婚するなら、婿養子となることが条件として課長に伝えられていた。
長男としての責任から、達也は見合いを断ってしまう。

家に帰り、家族に説明する達也。
「俺を婿養子に欲しいんだって。」
「婿養子ー!?」3人が声を揃えて言う。
「そんな条件飲めるわけないだろう。
 俺は結婚しても、この家でみんなと暮らすつもりなんだから。
 だから断った。」
「・・・別に、いいんじゃない?婿養子でも。
 婿養子のどこがいけないのよ、ねぇ。」春恵が言う。
「いいワケないだろう。俺はこの家の長男なんだから!」
「こんないい話、二度とないわよ。
 早速電話して、婿養子でいいって言いなさい。」
「やだよ。」
「達也!」
「俺はこの家を出ていくつもりはないの!」
「誰も長男だからこの家継げだなんて言ってないでしょう?
 それよか、むさくるしい男が3人もいるんだから、
 一人でもいなくなってくれた方がかえってせいせいすんのよ。」
「年取ったらどうすんだよ。」
「年?」
「お前が年取って、誰もこの家からいなくなったら
 どうすんだって聞いてるんだよ。
 誰が面倒見るっていうんだよ。」
「私の老後の心配なんかあんたにしてもらわなくてもいいの。
 自分のことは自分でちゃんと考えるわよ。」
「今までも、俺達がいなかったらちゃんとやってこれなかったくせに。
 何言ってるんだよ。」
「生意気意言うんじゃないわよ!
 いい?
 あんたが今考えなきゃいけないことは、自分の幸せなの。
 あのお嬢さんのこと、好きなんでしょう?」
「好きになりかけてるところだよ。
 まだ好きなわけじゃねーよ。」
「強がっちゃって。」陸が言う。
ケンカになりそうな二人を止めながら春恵が言う。
「向こうのお父さんだってあんなに気に入ってくれているのよ。
 ああいう人を妻にしてくれると、出世だって出来る。
 今まで、父親がいなくて悔しい思いをしてきた時もあるけど、
 けど、それがなくなるのよ。」
「それがどうしたんだよ。
 俺はこの家で、お前達の面倒を見たいんだよ。
 だからお嫁さんも、この家に来てくれる人じゃないと、
 俺は結婚なんかしない。」
「私はあんたに幸せになれって言ってんの!」
「俺は婿養子にはいかないって言ってんだよ!」
「この、わからずや!」春恵のビンタが飛ぶ。
「どうして私の言うことがわかんないのよ。
 私は、長男のあんたには誰よりも、」
「何言われても、俺はこの家を出ていくつもりはないからな。」
「わかった。それじゃあ私がこの家を出てく!」
「出て行きたかったら勝手にしろ!」
「どうもいろいろお世話になりました!!」
春恵は出て行ってしまった。

おでん屋で、野口相手にグチりまくる春恵。
「達也君さ、春さんに一番幸せになってもらいたいんじゃないかな。
 父親が亡くなって、春さんが苦労していたこと、長男の達也君が
 一番良く知っているんだよ。
 だから、お母さんに一番楽させてあげたいんだよ。」
春恵はグラスに酒を注ぎ飲み干した。

心配する息子達の元に、野口から電話が入る。
達也が走って母親を迎えにいく。
酔いつぶれた春恵を背負う達也。
「春さん、わかってるから、達也君の気持ち。
 けどね、母親は息子の幸せを一番に考えるものだから。」
野口の言葉に微笑み、達也は春恵を背負って家へと向かう。

雨が降り出し、達也は家へと走り出す。
弟達が迎えに来た。
「思い出すな。よく子供の頃この辺で親父とキャッチボールしたな。」
達也がウルトラマンタロウの歌を歌うと、陸と純平も一緒に歌い出した。

翌朝。
会社に向かう達也に、春恵はお見合いの件をもう一度確認する。
「俺の幸せは俺が決める。
 母親でも口出しすんなよな。」
「偉そうに。」春恵は微笑み、達也を見送った。

出勤途中、携帯で取った理絵との写真を悲しそうに見つめたあと、
全て消去する達也。
その直後、女性とぶつかり、彼女のめがねを壊してしまう。
「弁償します!ちょっと急いでいるんで、これ渡しておきます。
 あとで必ず連絡下さい。」達也は名刺を渡し、会社へと急いだ。

春恵の勤めるスーパーに、新しい主任が配属されてきた。
田村知里(国仲涼子)。達也がぶつかった女性だった。
「おばさん相手に主任なんか務まるのかねー。」春恵たちが噂する。

めがねをテープで止めている知里に、春恵は近くの眼鏡屋で直してきたら?と
言うが、
「弁償してくれるっていう人がいるんで。」と嬉しそうに笑った。

陸は、インストラクター仲間にホストにならないかと持ちかけられ・・・。

一部公式HPより引用させていただきました。

達也と陸の取っ組み合いのケンカにはびっくり!
男の子が多いと、あんな風にケンカするのかな。

第1話は達也がメイン。
一人娘と長男。
母子家庭は・・・と顔をしかめる見合い相手の父親に言った春恵の言葉が
良かったです。
あれは、説得力があったなー。

いくら弟達がいるとはいえ、今まで長男として母や弟達を支えてきた
達也には、婿養子に行くなど無理な決断だったんでしょう。
きっと達也は今までにいろんなことを我慢してきて、
春恵もそれを知っているんですね。
親が老いた時のことを考える達也。
息子のことを考える春恵。
口は悪いけど優しい家族ですね。

田中さんの演技、好きです。
同性から見てもとても可愛らしい女性だと思う。

野口は達也達から、野口のおじさんと呼ばれ慕われているようです。
春恵も野口にグチをこぼせるぐらい気を許している?
案外上手くいくのかも!?

まずまずの第1話。
ただ、あまり息子たちがマザコンっぽくならないことを期待します。



ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking


この記事へのコメント
ちーずさん、こんにちは! いや、おはようございます!
めずらしく早朝活動です。実は寝てしまって・・・。
このドラマでの騒ぎを見て、疲れたからかな?(苦笑)

私もまずまずといった感想でした。
番宣映像が強烈だったのもあって、
もっとパンチがあると思っていただけにね。
しばらく様子を見たいと思います!
Posted by ads(あず) at 2005年10月14日 07:04
「ブログフリーク」からのお知らせ


ブログランキングサイト「ブログフリーク」がオープン!!

只今【 iPod nano 】が当たるキャンペーンを実施中です。

皆様のご登録・ご参加をお待ち申し上げております。

今日より本登録開始 もしかして あなたが一番乗り!!

目指せ、アクセスアップ!



ブログフリーク
http://blogfreak.jp/

お問い合わせはコチラから
http://blogfreak.jp/ask/
Posted by ブログフリーク at 2005年10月14日 10:31
ちーずさん、こんにちは。
外見も、中身も魅力的な三兄弟でした(笑)
春恵さんも明るく、いい意味で無理をしない母親でかわいらしかったです。
田中美佐子さんの久しぶりのドラマと言うことで、期待していましたが面白かったです。
どこか懐かしい感じもして、次回も楽しみだなぁと思いました。
Posted by lavish at 2005年10月14日 12:34
TBさせていただきました。
>母子家庭は・・・と顔をしかめる見合い相手の父親に言った
>春恵の言葉が良かったです。
やっぱりはるさんは母親ですね^-^
普段はだらしないですけど、しっかりしてますね。
ほんと説得力ありました(≧∇≦)b
Posted by chany at 2005年10月14日 13:35
ちーずさん、こんにちは!
3兄弟の中では中尾君演じる純平に対して印象がいい。しっかりした特徴があるので、出演時間が少なくても印象に残る。あとの2人がキャラがかぶって存在感が薄くならないかが心配。設定ではかぶることはないけど…。それから国仲さんにも注目しています。
Posted by レパードタイガー at 2005年10月14日 13:59
いい忘れましたが、ヤフーブログは特に夜の時間になると重くなります。今週の水曜日は鬼嫁日記を投稿したんですが、記事が反映されずに困りました。それでも大分、マシになっています。
Posted by レパードタイガー at 2005年10月14日 14:01
初めまして!
ドラマ大好き主婦のあみといいます。
TBさせていただきました。
テンポの良いドラマですね。
家族がみんな熱くて、いまどき珍しい光景だと思いました。
我が家にも息子が二人いるので、あんな風に家事をやってくれないかなぁ・・・と思いつつ見ていました(笑)
これからも、他のドラマでもよろしくお願いしますm(__)m
Posted by あみ at 2005年10月14日 17:15
ちーずさんこんにちわ。
ブラザービート面白かったですね。
長男のお母さんを思う気持ちと
お母さんの長男を思う気持ちの葛藤が
とってもよかったです。じーんとしてしまいました。
男の子の兄弟っていつまでたっても
喧嘩するんですよ〜。骨を折らないかと心配になることもあります。
Posted by みのむし at 2005年10月14日 17:16
こんばんは。TBありがとうございます!

あずさん。
ほんとだ!あずさんが朝にコメントを残してくださるなんてめずらしい!(笑)
お疲れですか?無理ならさらないで下さいね。
あの番宣は、印象深いですよね。
あのインパクトを越すのは大変かも。(笑)
でも、登場するキャラクターはみんな好感持てたので、
次週のストーリーに注目です。

lavishさん。
田中さん、いつ見ても可愛らしい!
今回は、男の子3人を育て上げた母親ということで、らしさが出てたと思います。
毎回、にぎやかな中にほろっと出来るとうれしいかな〜!

chanyさん。
あそこで奇麗事を言わないところに好感を持ちました。
等身大なまま、生きているんでしょうね。
母親として学べそうです。

レパードタイガーさん。
上の二人は、硬派と軟派ということですが、熱いといった面では一緒ですね。
三男は介護師を目指しているようなので、そんな話も登場するのかな。
国仲さんと、長男が上手くいくといいな〜。
コメント反映されなかったのは、そのせいでしたか!
お知らせ下さりありがとうございます!

あみさん。
初めまして!
男の子って、基本的には優しいですよね。
春恵と息子たちの関係も、付かず離れずでいい感じ。
私もドラマ好き主婦です。(笑)
こちらこそ、よろしくお願いいたします!

みのむしさん。
男の子の兄弟がいると、兄弟げんかって激しいんですね!
でも、きっとそれも人生勉強になっているんだろうな。
うちは男の子一人なので、取っ組み合いのけんかの経験ゼロです。
これって、マイナスなことなんだろうなー。
Posted by ちーず at 2005年10月14日 20:35
このドラマには実は俺自身、あまり期待していなかったのですが(笑)、でも見てみたら結構良い感じでしたよね!
来週以降もとりあえずは気楽な感じで見続けてみようかと思います!!
Posted by フェイク・ヒーロー at 2005年10月14日 20:47
フェイク・ヒーローさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!
気楽に見れるドラマって、重要ですよね。
春子と3人の息子達。
みんなが幸せになれるといいですね!
Posted by ちーず at 2005年10月14日 21:16
こんにちわ☆

5年前に亡くなった元ダンナが赤井さんでしたねぇ(*o*)!!
田中さんと赤井さんがそろったことで
剛くんやら黒田勇樹くんやらがよみがえってきて…
『セカンドチャンス』のビデオをレンタルしようかしら♪
セカチャンでも剛くんたちは
「春子!」「ハルさん!」と呼んでいましたよねぇ。
なつかしいです☆★☆

私は小松さんの脚本が好きなので、
来週からも楽しみです!
Posted by 菜都 at 2005年10月15日 00:39
菜都さん、おはようございます!
『セカンドチャンス』は見ていなかったのです。残念!
でもあれって、もう10年も前のことなんですね。
田中さんって、その頃から全然変わってないような気がします!
次週、楽しみですね。
Posted by ちーず at 2005年10月15日 08:16
ちーずさんこんにちは
もっとケンカばかりかと思ったら
4人の強いつながりみたいなのを感じられていいなと思いました。
陸や、純平の話も楽しみですね。
Posted by まりこ at 2005年10月15日 15:05
ちーずさん、こんにちは。
ケンカしても色んなことを言い合える家族っていいですよね。
またまた、意識していなかったドラマで、即お気に入りになりました(笑)
結婚したら解りませんが、まだ達也達は悪い意味で言われるマザコンではないように思います。これから変わらないで欲しいですね(汗)
Posted by 乃慧 at 2005年10月15日 16:57
こんばんは。コメントありがとうございます!

まりこさん。
私もです!
兄弟ゲンカのイメージで見たら、意外にもホロっとさせられて。(笑)
春恵さんがさっぱりとしていて、可愛らしい!

乃慧さん。
そうですよね〜!
ケンカして、仲直りして。
何でも言い合えて。
お互いを信頼しているからこそ、出来ることなんですよね。
視聴者に、マザコンと映らない、親思いで
留まってくれると嬉しいです。
私も男の子の親なので。(笑)
Posted by ちーず at 2005年10月15日 19:40
お久しぶりです。今回はこのドラマをがんばってみようかなっておもってます。TBさせていただきました。よろしくお願いします。
Posted by みいちゃん at 2005年10月16日 10:41
みいちゃんさん、こんばんは。
TB&コメントありがとうございます!
楽しくて、ほろっとさせられるドラマとなりそうですね。
こちらこそ、よろしくお願いいたします!
Posted by ちーず at 2005年10月16日 19:35
ちーずさん、こんばんは。
田中美佐子さんの久しぶりのドラマということで、何気なく見たのですが、
最後まで見続けたい!って思いました。
菜都さんも書かれていますが、私も「セカンドチャンス」を思い出しました。
小学生のときに見ていたんですが、大好きだったんです♪
再放送もかかさず何度も見るぐらいでした。
春恵という役名なのも、だんなさん役が赤井さんなのも、「セカンドチャンス」との
関連性を持たせるためなのかなぁと思って見ていました。
きっと古いドラマなのでビデオしかないと思いますが、機会があったらレンタルして
見てみてください。
Posted by はな at 2005年10月16日 21:19
はなさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。
はなさんも、セカンドチャンスが大好きだったんですね!
機会があれば私もチェックしてみたいと思います。
ブラザー☆ビートも、心に残るドラマになるといいですね。
Posted by ちーず at 2005年10月16日 21:59
なんか激しいドラマが始まりましたね。
ちょっとベタベタすぎる演技なんかもあったけども、それはそれでかなり面白くてはまってしまいました。
これからの展開がホント楽しみですね。
あと、TBさせていただきました。
Posted by つよし at 2005年10月17日 00:22
つよしさん、おはようございます。
コメントありがとうございます!
あのベタすぎる演技は、ホームドラマならでは!?
私もあれはあれでと楽しんじゃっています。
春恵さんと息子達のやり取りには見習うべきところがありそう!
Posted by ちーず at 2005年10月17日 09:17
こんばんは。
先日はTBありがとうございました。
嬉しかったです。

このドラマ、そこはかとなく懐かしい雰囲気と、テンポの良さが気に入っています。
これからが楽しみですね^^
Posted by 五十嵐 at 2005年10月18日 02:05
五十嵐さん、こんにちは!
こちらこそ、コメント&TBありがとうございます。
私もうれしいです!
五十嵐さんは原作読まれたんですね。
私もドラマが終わったら、読み比べてみようと思います。
また遊びにいらしてください!
Posted by ちーず at 2005年10月18日 12:09
はじめまして。
1回目を見逃してしまって、気になってたのですが、
こちらで確認できて、すっきりしました☆
田中美佐子さんの久しぶりのドラマなので、
毎週楽しみにしてます!
ブログ頑張ってくださいね〜。
Posted by maru at 2005年11月03日 23:22
maruさん、はじめまして。
コメントありがとうございます!
お役に立てて光栄です。
田中美佐子さん、生き生きと演じていらっしゃいますね。^^
応援嬉しいです。
また気軽にコメント残していって下さいね。
Posted by ちーず at 2005年11月06日 15:48
ちーずさんこんにちわ。
はじめまして(^0^)
今度、そうだんにのって下さい。
(お返事まってます)
Posted by ミッキー at 2005年12月01日 19:50
ミッキーさん、こんばんは。
私は何でも答えてくださる『生協の白石さん』のように
なれるかどうかわかりませんが、ここでよければお話してみて下さい。^^
Posted by ちーず at 2005年12月05日 02:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。