2005年11月06日

着信アリ 第4話

『テレビ公開除霊〜死の瞬間を実況された女生徒!』

由美と仙堂は北村聡の死の予告時間である深夜0時を過ぎ、ようやく部屋に
たどり着くがそこに聡の姿はなかった。
しかし、聡の携帯の留守電を聞くと、部屋で争うような物音と何かが砕けるような
音が吹き込まれていた。
聡は確かにこの部屋にいたはずだと確信した由美が、クローゼットを開けると、
そこにはものすごい力で折りたたまれたような姿で絶命してる聡の遺体が。
彼からの電話に出ながら、即座に助けようとしなかった由美は、責任を感じずには
いられなかった。

そんな中、由美は「呪いのメッセージが届いた」という女子大生・小田桐恭子から
相談を受ける。着信時刻は2日後の午後9時30分。
由美は、恭子を助けるために動き始める。いっぽう、明和女学院では、秋野の元を成瀬という男が訪れていた。
2人は、これまでに呪いの携帯の一件で死んだ男女と何らかの関わりがある様子で、
「俺たちの秘密を、何者かが嗅ぎ付けた」という会話を交わす。

由美に付き添われて自宅に帰って来た恭子を、テレビカメラが待ち受けていた。
番組のディレクター・藤枝は、強引な態度で勝手に取材を始め、反発する由美を
尻目に恭子に呪いの携帯に関する特別番組への出演を依頼する。
恭子は恐怖と戸惑いから、いたたまれず家の中へと逃げ込んでしまう。
そんな時、由美の携帯に仙道から連絡が。
編集部に戻った由美は、聡の遺体からアドレスと暗証番号が書かれた紙片が
見つかったと知らされる。
そして、仙堂や編集部の面々が見守る中、そのアドレスと暗証番号から
映像ファイルが呼び出され画像が再生される。
そこに映っていたのは、何者かに襲われる聡の姿だった。
その様子を見た由美は、科学では割り切れない何かが本当に存在するのでは
ないかと、恐怖を新たにするのだった。

翌日、恭子が着信時刻にテレビに出演しようとしていることを知った由美は、
仙堂と共に彼女の家を訪れる。
わらにもすがる思いで出演を決めたという恭子だが、その父・小田桐はテレビに
出ることをなぜか強く反対する。
また、仙堂も小田桐のことを以前から知っていたようで…。

いっぽう、明和女学院では、さやかとは別に“伝説のバラ”を受け取ったという
優里が犬に襲われて大怪我を負ったという話題で持ち切りになっていた。
また、何かを知っている様子の山下は、さやかに「狙いは何だ?」と問いかけるが、
「意味がわからない」とにべもなくかわされてしまう。

由美はふとした偶然から、呪いの携帯の被害者たちの共通点が、
父親の出身大学にあることを突き止める。
しかし、そのことに対して仙堂は口を閉ざしたままで…。
 
翌朝、恭子は番組出演のためテレビ局へ。
それを追って由美と仙堂も局内へと入り、恭子に出演を思い留まらせようと
するが、彼女はもはや聞く耳をもたなくなっていた。
そんな中、本番がスタート。
由美は、自分の無力さに苛まれながらその様子を眺めるしかなかった。
そして、いよいよ問題の着信時刻が迫ると、高名な霊能者が恭子の前に。
が、霊能者と共に死の予告メールに写っていた祠を模したセットが出現。
呪いの力を信じていない藤枝が、リアリティを出すという理由で用意させて
いたのだ。
そして、死の予告時間が来ると、あの不気味な着信音が聞こえてくる。
それと同時に霊能者はたやすく吹き飛ばされ、恭子の目は他の誰にも見えない
“何か”をとらえていた。
由美は、恐怖におびえる恭子を助けようとするが、恭子はものすごい力に
引きつけられ、骨を砕かれて絶命。その遺体には、バラの痣が浮かんでいた。
 
その後、仙堂はこれまでの単独捜査の件で監察部長に呼び出され、由美に
「俺の捜査はここで終わりだ」という言葉を残して去るが…。
公式HPより



今日最初の犠牲者・聡が残したメッセージ。
「この映像を見てる人が・・・いるってことは・・・僕は・・・。
 どうか、この映像を参考にして、犯人を捕まえて下さい。
 もちろん僕だって、死にたくはないけど・・・。」
その時、12時を知らせるアラーム音。そして携帯のメロディー。
何者かに倒され。ひきずられていく聡。聡の悲鳴・・・。
でも人の姿も霊の姿も映っていませんでした。

二人目の犠牲者・恭子の場合、2、3日前から変な写真が
携帯に届くようになった。新しいパターンです。
スタジオのセットの中で倒れる恭子。
そこに駆け寄る由美(偽者)。菊川さんの声とは別人でした。
あれは誰の声なんでしょう。由美の姉?
そして、身体が宙に浮き、不自然な形に腕が曲がり・・・。

優里がドーベルマンに襲われるすぐ側にいたさやか。
そのさやかが歩き出したあとの次のシーンは、学生服姿の姉を追う由美の夢。
黒板にはMerry Christmas 1995。10年前の日付です。
恐ろしい形相の姉に首を絞められる現在の由美。
あまりにも悲しい夢に、由美は夢から覚め、涙をこぼす。

さやかも、由美の姉も、選ばれし者・・・という共通点。

犯罪か、呪いか。

被害者たちの共通点は、父親の出身大学が同じことだったんですね。
そして、父親たちと、明和学園の10年に一度の伝説の繫がりはあるんでしょうか。

「私が父からここを引き継いだ時、ここは名門とは名ばかりの、
 経営破たん寸前の学校だった。
 あれから10年。
 私はまさに、血のにじむような努力でこの学校をここまでにしたんだ。」
そう西村に言い、バラの花を机においた犯人探しを命じる秋野校長。

その秋野を訪ねてきた成瀬。
杖を突く成瀬は、秋野とは二度と顔を合わせない、と約束した同士。

帝都大学出身の父親たち。
仙堂の仕事場のホワイトボードに書かれていた
『1994年10月』『大学サークルOB』
彼らはある人物とつながっていくようです。

・水野=亜紀(女子大生。明和学OG)プールで溺死
・成瀬=娘・佐々木裕子(明和学園在校生)が歩道橋から転落死
・牧村=智子(18)踏み切りの手前で転倒。鉄が刺さる
・横田=涼子(20)首切断
・北村=聡()捻じ曲げられてロッカーに。
・小田切=恭子(20)テレビ撮影中。

・秋野=校長

この男たちのサークルで何があったんでしょう。
殺人?それとも、女性に暴行?
彼らのせいで命を落とすことになった『選ばれし者』が
その子供達に復讐しているようですね。
秋野校長には、子供はいないんでしょうか・・・。

被害者の共通点を知っている、仙堂と特命ウォッチ編集長・佐久間。
佐久間は取材中偶然に知ったんでしょうか。
仙堂は、警察とは別に単独で行動。そして、担当を外されてしまった。
何の力が働いているのでしょう。権力者がいるのか。

外されてしまった仙堂さん、暫くは登場しないの!?
由美との掛け合いが好きなのに。
由美を演じる菊川さんの恐怖の表現、上手です!

テレビ関係者を演じるのは田中要次さん。
『幸せになりたい!』でも現場スタッフを演じていましたね。

今日のキーワード:RYOKO

やっとレビューが追いついたので、今日はこれからお返事返しに行きまーす!(笑)
レビュー数、減らさなければと思いつつ、どうもなかなか切れないでいます。(苦笑)


ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking



Heart(初回)
B000BDJ1AQD.D.D ワーナーミュージック・ジャパン 2005-11-02売り上げランキング : Amazonで詳しく見るby G-Tools



B000223MU6着信アリ(初回生産限定版・3枚組)柴咲コウ 秋元康 三池崇史 バップ 2004-08-06by G-Tools



B0009HMX5E着信アリ2 DTSスペシャル・エディション (初回限定生産)ミムラ 秋元康 塚本連平 角川エンタテインメント 2005-08-05by G-Tools



着信アリ
4041745144秋元 康 角川書店 2003-11売り上げランキング : 171,641Amazonで詳しく見るby G-Tools
着信アリ (2) 着信アリ 着信アリ1+2―完全版コミック 仄暗い水の底から トンネル


13:58 | CM(0) | TB(0) | 着信アリ | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。