2005年11月13日

着信アリ 第5話

『携帯を握った白骨死体の謎〜目覚めた学園の呪い』

恭子の死を目の当たりにした小田桐が自責の念にかられていると、自身の携帯にもあの不気味な着信音が。そのしばらく後、真奈美が帰宅すると、部屋には首吊り死体となった小田桐の姿があった。いっぽう、監察部長・土肥に呼び出された仙堂は、呪いの携帯の件から手を引くように指示されるが、それを突っぱね独自の捜査続行を宣言する。
 
翌朝、小田桐家を訪れた由美は、真奈美に被害者の父親が皆、同じ大学の同期生だったことについて話を聞き、彼らが全員ワンダーフォーゲル部に所属していたという共通点を見つける。そして11年前、彼らは南アルプスを登山中、大地震に巻き込まれて遭難し、その5日後に発見されたという事実を聞き出す。さらに、その事故にあってから、小田桐は仲間との交友を断っていたようだと聞く。
 その頃、明和女学院では、智佳が取り巻きを引き連れてさやかを呼び出し、優里が襲われた件について問いただしてた。しかし、さやかは逆に、「自分に手を出せば、学校に眠る悪霊の怒りに触れることになる」と挑発するのだった。

独自に捜査を進める由美は、プールで水死した亜紀の父・水野の元を訪問。呪いの携帯と遭難事故の繋がりを聞き出そうとするが、水野はその場で吐血して病院に運ばれる。また、そのほかの犠牲者の父親たちも自殺未遂やショックによる入院で話を聞ける状況になく、由美はそれこそが呪いをかけた人物の本当の目的なのではないかと推理する。そして、遭難事故にあったのは9人であるのに対し、呪いの携帯の犠牲者はまだ6人であることに気づき、残り3人の内の1人、齋藤の元へ。しかし、齋藤は由美たちの話に聞く耳を持たず、自分には失って辛い思いをする人間なんていないと言って去る。
 
いっぽう、特命ウォッチの編集部では、遭難事故の当時、同じ場所でもう1組、遭難した親子がおり、発見されないまま捜索が打ち切られたという情報を発見していた。

その後、自らも不気味な着信を受けた水野から、「全ての事実を教えてやる」と由美に連絡が。指定の場所に行き、由美が話を始めた途端、水野は不可解な死を。その時丁度、水野の携帯に秋野からの着信が。同じ頃、齋藤は最愛の恋人・さつきと結婚の約束を交してた。しかしその時、彼女の携帯に自身からの着信が。さらに、彼女は心臓に持病を抱えていて…。
 
秋野に聞き込みをするため、仙堂と共に明和女学院を訪れた由美は、10年ぶりに山下と再会。感慨を受けるが、山下の方はそっけない態度。いっぽう教室では、生贄伝説の件で智佳がさやかを問い詰めていたが、やがて教室内で恐ろしい異変が起こり…。
公式HPより

だんだんと真相が見えてきました。

被害者の父親たちは同じ大学のワンダーフォーゲル部だった。
11年前、同窓会を兼ねて南アルプスへ山登り。
その日、駒ケ岳大地震に合い彼らは遭難。5日後に救出される。
その間、何があったのか。

9人の遭難者中、6人が、子供を失った父親たち。
そして齋藤。
あとの二人のうちの一人は秋野。秋野にも娘がやはりいましたね。
もう一人は仙堂を妨害する人物?その子供は、誰?
その人物が同級生とすると、子供は18歳〜20歳ぐらい。OBという可能性もあり!?

これとは別に、母子2名も同じ場所で遭難。この二人は発見されず。
新聞記事によると、榊あゆみ。
呪っているのは、この人物、またはこの家族?
狙いは、彼らに生き地獄を味わせることらしい。

榊あゆみの記事を見て驚く編集長。
昔は優秀な看板記者だったというこの男、何を知っている!?
きっと、10年前の真相、そして仙堂のことも、知っているんですね。

11年前の遭難事件と学園の伝説、10年前の由美の姉の失踪。
どこでつながるのか!?
由美の姉がいなくなったのは10年前ということだけど、
もしかして、由美の記憶はすり返られているという可能性もあるのかな。

「どこだ・・・君は今どこにいる・・・。」
山下が探す人物は・・・由美の姉でしょうか。
由美と再会した時、姉と見間違えたと気付いた時の落胆した様子。
10年前の生徒の失踪事件に何か関わっているようです。

選ばれし者・さやかを攻め立てるクラスの生徒たち。
さやかは微笑み、そしてポルターガイスト現象を起こしました。
不慮の死を遂げた何者かが、10年に一度、この学園から生贄を選び
その人物に乗り移って復讐を続けている、ということ?

・水野=娘・亜紀(女子大生。明和学OG)プールで溺死。
    本人は吐血して入院。由美の前でミイラ化。
・成瀬=娘・佐々木裕子(明和学園在校生)が歩道橋から転落死
・牧村=娘・智子(18)踏み切りの手前で転倒。鉄が刺さる
・横田=娘・涼子(20)首切断
・北村=息子・聡()捻じ曲げられてロッカーに。
・小田桐=娘・恭子(20)テレビ撮影中。
     本人は首吊り
・齋藤=恋人・さつき
・秋野=娘・智圭
・?=

本日のキーワード:YAYOI




ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking



Heart(初回)
B000BDJ1AQD.D.D ワーナーミュージック・ジャパン 2005-11-02売り上げランキング : Amazonで詳しく見るby G-Tools



B000223MU6着信アリ(初回生産限定版・3枚組)柴咲コウ 秋元康 三池崇史 バップ 2004-08-06by G-Tools



B0009HMX5E着信アリ2 DTSスペシャル・エディション (初回限定生産)ミムラ 秋元康 塚本連平 角川エンタテインメント 2005-08-05by G-Tools



着信アリ
4041745144秋元 康 角川書店 2003-11売り上げランキング : 171,641Amazonで詳しく見るby G-Tools
着信アリ (2) 着信アリ 着信アリ1+2―完全版コミック 仄暗い水の底から トンネル


12:23 | CM(1) | TB(0) | 着信アリ | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここに出現するのは久しぶりです。
5話まで見た時点での、感想ですが・・11年前の同窓会でおこった事件に関わった9名の最後の1人は、警察に上から圧力をかけてた人物でしょうね。
そうなると・・政治家か警察の上層部の人間か・・。
仙堂は、多分被害者の繋がりに気づいた時点で、9人目の仲間の正体も知ってたんですね。

事件の真相的には、さやかのあの能力があれば、これまでの事件も説明がつきそうですね。
ちーずさんのいうように、10年に1度選ばれた生贄に、何者かの怨霊が乗り移って復讐してるとすれば、今後は11年前に何が起きたのかを明らかにして、怨霊の無念をはらした上で・・怨霊を死の世界に帰してあげる・・みたいなことが、ドラマのメインになってくるんでしょうか??

その前に、まだまだ死の連鎖が続きそうですが・・。

後、編集長は多分ですが・・11年前に死んだ家族の・・元父親とかだった可能性がありますね。
それなら、9人の関係や仙堂のことについて知ってたのも納得だし、あまり呪いの電話事件のことを、部下に調査させたがらないのも、わかる気がします・・。
Posted by さくら at 2005年11月15日 19:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。