2005年11月17日

大奥〜華の乱〜 第6話

『殺意』

大奥という闇の中に、安子(内山理名)が見出した、たった一つの希望の光。それは我が子・長丸であった。しかし、その長丸も・・・。安子と綱吉(谷原章介)は茫然自失。
長丸への災いが、お伝の方(小池栄子)のしわざに違いないと確信した安子は、綱吉と桂昌院(江波杏子)に詮議にかけるよう訴える。だが、綱吉の血を引く徳松の母・お伝の方を罪人にするわけにもいかないとの思いから、桂昌院は世継ぎのお墨付きを授けさせることに。

その上、信子(藤原紀香)が京から呼んだ右衛門佐(高岡早紀)と対抗させ、さらにお世継ぎ候補をとの思惑で、桂昌院は京から新たな側室・大典侍(中山忍)を呼び寄せる。大典侍は別殿を要求し普請が始まった。女性としても自信満々の大典侍は、綱吉に対して積極的で、お伝の方を挑発するほど。そんな中、お伝の方に対する安子の恨みと怒りは爆発寸前・・・背後で安子の不幸とお伝の方とのバトルを楽しんでいる人物がいるとも知らずに・・・。
 そして、後日大奥にさらなる波紋を呼ぶ子どもが産まれた。柳沢(北村一輝)の側室・染子(貫地谷しほり)にも男児が誕生したのだ。
公式HPより安子は長丸を亡くしたばかりか、お告げを深く信じる桂昌院の命令で
長丸の形見の品全てを燃されてしまったとは・・・。
そして、災いをもたらすとまで言われて、綱吉に近づくことさえ禁じられる。
夫から引き離され半ば無理やり大奥に連れて来られたというのに
本当に安子は可哀想です。

新たにやって来た側室・大典侍がまたすごい女性!
信子は公家の血を引く子を、と歓迎ムード?
それだけでは済まなさそうですね。

公家の出同志、三人仲良くするのかと思いきや、
子供が生まれれば立場は逆転すると右衛門佐に敵意丸出し。
軽くあしらう素振りの右衛門佐が素敵に見えました。

綱吉だけは安子を大切にしているようで。
新しい側室に見向きもせず、
奥どまりには、大典侍でなく安子をと桂昌院に逆らう。

「わしはもう疲れた。
 母の言いつけを守り、母の機嫌を取って生きるのに、
 もう疲れたのじゃ。」
綱吉の言葉に涙をこぼす安子。
「今宵は、このまま二人で起きていよう。
 長丸の弔いをしよう。」
この言葉で安子の心も少しは癒されたかもしれません。

大典侍は綱吉が自分ではなく安子を選んだことに激怒!
安子への嫉妬、怒りの目が恐ろしかった!

増築中の別殿に徳松が持っていたまりを投げつけ
憂さ晴らしするお伝。
この女性は本当にやることがストレートです。

そのまりを拾い上げる安子は、長松を思い出し涙。
そこへ徳松君がまりを捜しにやってくる。
安子の憎しみは徳松に向けられる。かんざしを構え、まりを転がす。
まりを見つけ走ってくる徳松は、綱に足をひっかけ転倒。
その時木材が崩れ落ちる。
安子は反射的に徳松を庇い、木材の下敷きに。
安子が徳松を傷つけるようなことがなくて良かった。
憎い相手の子供を咄嗟に庇うなんて、優しい、母性に溢れた女性なんですよね。

何ともなかったように見えた徳松君は、その晩から高熱。
そして、3日目に危篤に。

憔悴しきったお伝。そなたのせいじゃ、と安子を責める。
「同じ言葉、あなたさまにお返しします。
 長丸を殺したのはあなたさまじゃ!長丸を返して!」
安子に問い詰められ、お伝は青梅のことを話す。
「青梅ぐらいで死ぬわけがない。
 長丸君が死んだのは弱かったからじゃ。
 弱い子を産んだそなたのせいじゃ。」

お互いの頬を何度も叩きあう二人。いつしか取っ組み合いのけんかへ。
これがすごい迫力でした。
髪を振り乱して掴みかかってくるお伝が怖かった。
演じている小池栄子さん、本当に頑張っています。
あのビンタもきっと本物なのでしょうね。

駆けつけた者たちに引き離され、顔を上げた安子が見た物は・・・
不適な笑みを浮かべる信子!

「それは、女の直感にございました。
 お伝の方様は、真の敵ではない。
 長丸君をあやめたのは他のお方だと、
 安子さまは思われたのです。」

染子、男児出産。
「殿に似て美しい子です。」
「そうじゃの。
 いや・・・。わしには似ておらん。
 染子。この子はいずれ天下人になる。」
恐るべし、吉保!
吉保は、赤ん坊を殿の子ということにしようと企んでいるんですね。

急に具合の悪くなった徳松君も、信子に毒を盛られたのでしょう。
(足の怪我、見逃していました。くー。さん、ありがとうございます!)
そして染子、男児出産。

真の敵の存在に気付いた安子は、子を失った今、
あの大奥でどういう生き方を選ぶんでしょう。
お伝と和解することは出来るんでしょうか。
大典侍、信子、そして右衛門佐は、ど動く!?



ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking



大奥 DVD-BOX
B00012T1NY菅野美穂 池脇千鶴 安達祐実 ポニーキャニオン 2004-01-21売り上げランキング : 2,964Amazonで詳しく見るby G-Tools
大奥スペシャル~幕末の女たち~ 大奥 第一章 DVD-BOX 大奥オリジナル・サウンドトラック 天璋院篤姫〈下〉 天璋院篤姫〈上〉


修羅場
B000BD3DXM東京事変 椎名林檎 ネッド・ドヒニー 東芝EMI 2005-11-02売り上げランキング : 309Amazonで詳しく見るby G-Tools
遭難 Dynamite in tokyo incidents vol.1 群青日和 Dynamite out


この記事へのコメント
早っ!!
もう記事が出来ているんですね!
大奥見てますよー。
まさに修羅場の連続で面白いですねー!!
Posted by けーた at 2005年11月18日 00:59
こわかったですねえ、今回も。
徳松くんの笑顔がかわいかったので、(亡くなるのは史実で分かっていても)、亡くなってしまうのはかなしいです。
長丸くんにも優しいお兄ちゃんだったのになあ。
徳松くんが急に容態が変化したのは、毒のせいではなくて、破傷風ではないかなあと思います。
足の傷を映していたし。高熱だしてふるえていたし。

お伝の方より大典侍がこわいです。友達になりたくない〜^^;
Posted by くー。 at 2005年11月18日 01:00
こんばんは。コメントありがとうございます!

けーたさん。
パソコン打ちながら見ていたら、肝心なところを
見逃しました。(汗)

くー。さん。
徳松くん、優しい子供でしたよね。
あのお伝の子とは思えないぐらい!
お伝だって本当は優しい人なんでしょう。
大奥という特殊な世界が変えてしまったのかもしれないですね。
足の傷、見逃していました。
落ちてきた木材で怪我をしてしまったんですね。
教えて下さりありがとうございます!
Posted by ちーず at 2005年11月18日 01:22
こんにちは!
足の傷のシーンは見逃さなかったが、その後の高熱には疑問を持っていました。破傷風か〜なるほどね。
目まぐるしく動いた大奥、信子がまだ毒を持っていることからいったいいつ使うことになるのだろうか?その他にも見所は多い。
Posted by レパードタイガー at 2005年11月18日 13:09
迫真の演技でしたね。
それにしても、右衛門佐は何をしているのでしょう!! もっと大奥総取締りとしてやることがあるような気がするのですが…。
お世継ぎ二人が死んでいるのです。責任はどうなるの????

TBさせていただきますね。
Posted by 京女。 at 2005年11月18日 13:59
TBさせていただきました。
やはり一番の悪人は、吉保ですね。でもこれから徳川家乗っ取り計画が発動されますが、抵抗も多くなってきます。信子の残った毒はたぶん・・・・
次回が楽しみです。また来ます。
Posted by haru at 2005年11月18日 18:54
新入りの大典侍、気が強くて凄いですね。
自信満々でずううずうしいし。
にこやかな顔から発せられる嫌味爆弾!
最強の武器です。

しかし、信子に早速目を付けられて
しまいました。近いうちにやられますね。
こういうタイプは自滅するかな?!
綱吉にもあんまり気に入られてませんよね。

綱吉も立て続けに世継ぎを亡くしてしまい
へこんでいます。次回はいよいよ「犬」が
出てくるみたい。政治の方もどうなるか
楽しみです!
Posted by otyaken at 2005年11月19日 05:00
ちーずさん、こんにちは!
長丸に飲ませた毒は柳沢さまが用意したものだったんですね〜
企みすぎですよね^^;
せっかく産まれた子も上様の子として次回どこかに連れて行ってしまうのでしょうか?
またまた染子が可哀想です。

あの、大典侍!(なんて読むのでしたっけ?笑)
また面白そうなキャラが加わりましたね。
Posted by ひらた at 2005年11月19日 13:54
こんちわ〜
あまりお伝に共感が持てません。安子の方が可哀想です。
予告の最後に綱吉が倒れていました。
誰かが「上様さえいなければ」と言っていたので毒を盛られたのでしょうか!?
そして黒幕に気づいた安子、そして信子、どうなるのでしょう!?
Posted by キリン at 2005年11月19日 15:52
こんばんは。コメントありがとうございます!
体調不良のためまとめてのお返事お許し下さい。

残りの毒の行方、気になりますね。
使われることがないことを望みます。
信子さまは罪悪感にとらわれることはないのでしょうか。

前作にも積極的な側室がいましたが、
今度はそれに輪をかけて強力ですね。
Posted by ちーず at 2005年11月19日 21:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。