2005年11月19日

花より男子 第5話

『命がけの愛の告白』

つくし(井上真央)が、下着姿でイケメンの男とホテルのベッドで寝ている
写真が、学園のカフェに膨大に貼り出される。
ショックを受けた道明寺(松本潤)は、つくしに背を向けてしまう。
「また赤札貼られたのも同じね!」
生徒たちのいじめに会うつくし・・・。
「続きはまた今度ね!」生徒たちが去ったあと駆け寄る桜子(佐藤めぐみ)。
「桜子・・・。学校、来られるようになったんだ・・・。」
「私のことなんていいの。大丈夫?」
「どうってことない。こんな傷。
 ・・・なんなのよ、あいつ。あんな顔して・・・。
 なんで、信じてくれないのよ。」
「つくしちゃん、道明寺さんの所に行こう!」
「え?」
「ちゃんと話してわかってもらおうよ。
 つくしちゃんは絶対に、あんなことする子じゃないってことを。」
桜子の言葉に頷くつくし。
歩き出すつくしの背中を見つめる桜子の表情は怒りに満ちていた。

=道明寺家=
「こりゃ、すげーな。」例の写真を見ながら美作(阿部力)が言う。
「すごい!
 何がすごいって、この姿で全然そそらない牧野がすごい!」と西門(松田翔太)。
「何考えてるんだろうな、この男。」
「チャンレンジ精神でしょう!図鑑に載ってない、きのこ食ってるような、」
つくしは西門から写真を取り上げ、窓際にたたずむ司に言う。
「道明寺・・・。」
つくしの手や足の怪我を見つめる司。
「私、この男と何もしてないよ。信じて!」
「こんな写真があって、何を信じろって言うんだ。」
「私だってわかんないよ。何でこんなもんがあるのか!」
「こいつとホテル行ったからあるんだろ!」
「だから!行くも何も、気付いたらここにいて、
 あ、いやそうじゃなくて、だから・・・つまり、」
「道明寺さん!つくしちゃんのこと、信じてあげてください。
 そりゃ、つくしちゃんがこの男の人と、ホテルの部屋に二人っきりでいたのは
 事実です。写真があるんだから。
 でも、何が理由があるに決まって、」桜子の言葉に一瞬耳を疑うつくし。
「うるせえ!誰に向って口利いてるんだよっ!」
「ちょっと!桜子にあたることはないでしょう!」
「つくしちゃん、やめて!
 道明寺さんだって今、とっても傷ついているんだから。
 私はただ、二人に仲直りしてほしい・・・。」
「お前は俺を裏切った。」
「違うって言ってるじゃない!
 大体!何よ裏切ったって!あんたと付き合ってるわけでもないのに!
 何でそんなこと言われなきゃなんないのよ!」
「・・・」
司の悲しそうな目に視線をそらすつくし。
「そうかよ。だったらお前もこんな所にまで来るなよ。」
司はそう言い部屋の奥に行ってしまう。
「そうだね。あんたなんかにわかってもらう理由、どこにもなかった!
 お邪魔しました!」
つくしもそう言い捨て、部屋を飛び出していく。
つくしを追う桜子。二人がいた場所にハンカチが落ちていた。

「残念だな。結構いいカップルだと思ってたのに。」と西門。
「まぁでも良かったんじゃない?
 牧野が本気で司と付き合う気、ないってはっきりして。」
二人の会話を、司は悲しそうに聞いていた。

「何よ・・・。」
風呂に入りながら司が今までに言ってくれた言葉を思い出すつくし。
『牧野がそんな女なわけねーだろ!』
『俺が認めた女なんだ。』
「信じてくれないなら、あんなこと言うなっつーの!」

一人になった司は、クリーニングに出したマフラーを見つめながら
思い出す。
エレベーターに閉じ込められた時、つくしが寒がる自分に貸してくれた
ものだった。

そんな中、つくしは家族と、食卓で写真を撮っているうちに、ホテルの部屋に
シャッターを切った第三者がいることに気付く。

「写真を撮った人間が、他にいるはずなの!
 私、犯人捜す。
 桜子、手伝ってくれないかな?」桜子に電話でそう話すつくし。
「つくしちゃん。それって、道明寺さんのためなの?
 いいじゃない。あんな人にどう思われたって。
 つくしちゃんのこと、ちっともわかろうとしないし、
 それに、今まで散々酷い目に合ってきたこと、忘れたの?」
「そうなんだけど、でも、」
「悪いけど、道明寺さんのためなら私、協力出来ない。
 でも、何がっても私はつくしちゃんの味方だからね。」

つくしから電話を貰った時、桜子はクラブに遊びに来ていた。
電話を終え店に戻ると、二人の女性が桜子に絡んできた。
「最近よく見るね。」「そんな格好して、目立ってんじゃないよっ!」
「ごめんなさい・・・。そんなつもりは・・・。」
顔を伏せた桜子はそう言いながら二人の女性の足を思いっきり蹴り転ばせる。
「道開けな!ブス!
 そんな醜い顔でいること自体が犯罪なんだよっ!
 とっとと失せなっ!ドブスッ!!」

席に付いた桜子に
「どうしたの?チェリーちゃん。何かあった?」
指輪をつけた男性が桜子の肩を抱いた。

出ました!桜子豹変!
同一人物とは思えないぐらいの豹変ぶり。お見事です!


つくしが、アルバイト先の団子屋で、優紀(西原亜希)とその話をしていると、
それを聞きつけた西門と美作が現れる。
不倫相手の人妻と別れたばかりの美作は、エッチな写真を撮られて学園中の標的に
されても日曜に勤労する不幸な少女を見学して元気を出そうと思って来たと言う。
「ようするに、暇なのね。」
「そう!」西門、美作、女将の3人が揃って答える。
「これ君の?」司の家に忘れていったハンカチを見せる美作。
「ううん。違うよ。」
「じゃああの子か。」
「で、何?探偵ごっこするんだって?」
「え!?何で。」
女将がVサインを送る。
「俺たちも入れてよ。」
「いないよりマシ!」心配する優紀にそう言い、
「よろしくお願いします!!」とつくしが答える。
「よし。じゃあすぐ行こう。
 お前牧野の変わりに働けよ。」
「何で俺が?」と美作。
「お願いします!ピンチなんです、つくしちゃんの!」と女将。
西門は美作の手を引き店の外へ連れて行き、
「いらっしゃいませ、いらっしゃいませ!
 団子をお買い上げの方には漏れなく、この男のチューが付いてきます!」
店にはたちまち行列が出来る。

その頃桜子は、道明寺の家を訪れ、
「一緒に犯人を探して欲しいんです。」と司に訴える。
「俺には関係ない!」
「道明寺さんだって、はっきりさせたいんじゃないんですか?
 本当にあの男の人と、何もなかったのかどうか。
 夕方、原宿神宮橋で待っています。」
「行かねーよ!
 何だよ。当たり前のような顔してこんな所まで入ってきやがって。
 出ていけよ。出てけ!」
司が投げたクッションが桜子の顔に当たる。
慌てて顔を抑える桜子。

司の部屋に楓(加賀まり子)が秘書と一緒にやって来た。
秘書があの写真を差し出す。
「テメェか!テメェが命令してこんな写真撮らせたのか!?」
「テメェって言葉、私の辞書にはありませんよ。」
「・・・こそこそ調べてんじゃねーよ。」
「あなた、道明寺財閥の跡取りなのよ。
 こんな、素行の悪い娘と、関わったりするんじゃありません!
 ・・気に入らないようね。
 愛だの恋だの、得たいの知らない感情に、何の興味もないの!」
つくしの写真をヒールで踏みつけ、楓は部屋を後にした。

神宮橋で待つ桜子。司の姿に嬉しそうに微笑む。

西門は、写真を調べ、イケメン男がつけていた指輪を入手した店を割り出し
その店を訪ねていく。
「これ、ここのだよね。」
「さすが西門さま。当店の一点ものでございます。」
「誰が買ったの?」
「お客様の個人情報は・・・」
「この店の隣に新しくメンズブティックでも建てようかなー。」
「ホストをなされてる方です。」店員の即効な返事にはつくしもびっくり!
「どこのクラブ?」
「いやぁ・・・そこまでは・・・。」
「この辺一体買い取って、茶道会館でも建てよっかなー。」
「君!コーヒー買ってきてくれないかな?
 ホストクラブSの!この辺のショップのね、クラブSの!」
店員に話しかけながら店の名前を教える店長。
「この店の服全部、家に届けておいて。」西門がにっこり笑い店長に言う。

そのクラブへ向う途中、二人は道明寺と桜子とすれ違う。
「司!そっちも犯人探し?」
「そんなわけねーだろ!」
「じゃあ、何だよ?」
「・・・見りゃわかんだろ。行くぞ。」
しかし、道明寺はつくしに一瞥もくれず、去っていってしまう。
そんな道明寺の態度に、なぜか胸が痛むつくし。

桜子に連れられ、つくしが行ったクラブを訪ねる司。
桜子が店員に店を出たあとどこへ行ったかわかるか、と聞くと、
「そりゃ、あの雰囲気を見れば・・・ねぇ。」と店員が意味深に笑う。

つくしの泊まったホテルの支配人に頼み、部屋を見せてもらう二人。
「つくしちゃんは、この部屋で、このベッドで、この男の人と、
 一夜を過ごしたんですね・・・。」
そのときのことを想像する司。
「大丈夫ですか?
 私も、つくしちゃんに裏切られました。
 何だか・・・やりきれない気分・・・。
 道明寺さんだって、そうでしょう?
 そんな悲しそうな顔しないで下さい。
 私、ほっとけなく・・・なるから・・・。」
桜子がベッドに横たわる道明寺にキスしようとする。次の瞬間、
「ぶっ殺してやる!」ベッドから飛び起き、
「あの女、俺をコケにしやがって!」
そう言いホテルの部屋から出ていった。

残された桜子は、つくしの写真に火をつけ燃やしていく。
桜子が燃やしたのはつくしの写真だけでなく、道明寺が一人で映っている
写真が何枚もあった。

クラブの偵察を西門に任せ、後から合流した優紀に自分の気持ちを話すつくし。
「私ね、花沢類のこと、とても好きだったんだ。
 ついこの間まで、私の心の中は、花沢類でいっぱいだったはずなのに・・・
 さっきあいつが、道明寺が桜子と歩いてて、
 ただ、それだけなんだけど・・・
 胸が、チクチクして・・・。苦しくてしょうがないの。」

司はぶつかった男に「どこ見て歩いてんだよ!」と絡まれる。
「何でだよ・・・。」
司はそう呟くと、男たちを殴り続けた。

「私思うんだけど、恋って、いつの間にか始まってるよね。」と優紀。
「恋?」
優紀が優しく微笑んで頷く。
「そんな!まさか私が、あんなヤツ・・・。」
そこに、桜子から電話がかかってくる。
「つくしちゃん?桜子。
 今、道明寺さんに頼まれて電話しているの。
 道明寺さん、つくしちゃんと仲直りしたいんだって!」
「仲直り?道明寺が?」
「家に来て。道明寺さんが待ってるから。」
電話を切ったあと、ある写真にナイフで傷を付け続ける桜子・・・。

クラブに潜入する西門は、女性客たちから大人気。
ドンペリ、ロマネなど高級酒がテーブルに乗り切らないぐらい注文される。
店のオーナーからも是非家の店に、とスカウトされる。
そこへ、あの指輪をつけたホスト・リュウジ(半田健人)がやって来た。

=京極屋=
「人間っていうのは怖い生き物でさ。 
 信用していた相手に、突然裏切られることもあるんだよね。
 私がかつて愛した男は、二つの顔を持つ男と呼ばれていてね。
 昼は、真面目なサラリーマン。
 夜は、不真面目なサラリマン。」
「いやそれ普通ですよね。」と美作。
「そんな彼に、純情な私は、まんまと騙されて。」
「意味わかんないし。」
持っていた団子が着物についたと大騒ぎする女将。
西門は持っていたハンカチでふき取る。
その時、ハンカチからもみじのしおりが落ちた。
その裏を見て、美作は「あっ。」と呟く。

西門はリュウジを問い詰め、チェリーという女に金を貰ってやったと
白状させる。
「自分も英徳幼稚園に通ってた、生粋のお嬢様とか言ってたけどな。」
そこへ、美作から電話が入る。
「総二郎!もみじの葉っぱだ!」

桜子の家に駆けつけたつくし。
「道明寺は!?」と聞くつくしに、桜子は紅茶を入れてくると
席を立つ。
つくしは桜子の机の上にあるアルバムに気付く。
前につくしがそのアルバムに触れたとき、すごい勢いで奪い返したことを
思い出すつくし。ためらいながらそっとアルバムを手に取る。
開かれていたページには、F4の幼い頃の写真があった。
「F4・・・ってことは、一学年上のアルバム?」
ページをめくったつくしは驚愕する。
司の写真は顔がわからないぐらいナイフで傷つけられていたのだ。

そこへ桜子が戻ってくる。

家に戻った司は怒りが収まらず、家具に八つ当たり。
クリーニングに出したマフラーの袋を破き、マフラーを叩きつけようとし
思いとどまる。
そこへ一本の電話が入る。
「道明寺さん?今日はお付き合いいただいて、ありがとう。
 道明寺さんって、意外とチョロいんですね。」
「は?」
「気付かなかったんですか?クラブの店員も、ホテルの支配人も、
 ずいぶんとクサい芝居してたのに。」
「テメェ!」
「英徳のカフェに来な!
 あんたの愛しい牧野つくしが待ってるから。
 一人で来なさいよ。あんた一人でね!」
司は学校へと走り出す。

男たちにカフェに連れてこられたつくし。
「あんたのそういう姿、見飽きた。」と桜子。
「どうして?どうしてなの、桜子。
 私たち、友達でしょう?」
「友達?笑わせないでよ。
 クラブで男を差し向けたのは私。
 ウーロン茶に薬を入れて、眠らせるよう指示したのも私。 
 ホテルで写真撮ったのも私よ。」
「ふざけんじゃないよ!
 友達のふりして騙すなんて、最低だよ!」
「うるさいんだよっ!」つくしの頬を叩く桜子。
「私には、やり遂げなくちゃなんないことがある。
 雑魚の気持ちになんかかまってらんないんだから。
 私は幼稚園の頃から、道明寺に復讐するために生きてきた。」
「復讐?」
「そのためにあんたを利用させてもらったの。
 カフェで出会ったところまでは偶然だけど。
 道明寺にぶつかったのはわざと。
 案の定、お人よしのあんたは私を庇った。
 これであいつとのつながりが出来た。
 あんたは期待以上に上手くやってくれた。
 でも・・・計算外だった。
 あいつがあんたに入れ込むなんてね!」
「一体、道明寺に何をされたの?」
「あいつは昔から、今と変わらない最低の男だった!
 許さない。絶対にアイツだけは!
 あんたの使い道もこれで最後ね。
 あんたは道明寺をおびき出すための、おとりよ。」

カフェへと走る司に、美作から電話が入る。
「司!三条桜子と一緒か?」
「いや。」
「あの女には気をつけろ。本当の狙いはお前だ。」
「・・・」
「いいか司。良く聞け。
 司、どこに向ってる?」
「家だよ。」
「嘘をつけ!どこへ行くんだ。何があった!言えよ!」
「行くな司!あの女は危険だ。どこの誰だか得たいが知れない。
 今幼稚舎のアルバムを見たら、」西門が電話を変わりそう言う。
「行かなきゃならねーんだ。」
「どこに行くのか教えろ。な!?俺たちも行くから!」
「それじゃ牧野を守れねーんだよ。」
司は電話を切り、つくしのマフラーを握り締め、再び走り出す。

「道明寺は、来ないよ。
 あいつは、私に背中を向けて行っちゃったんだから。」つくしが桜子に言う。
「そうやって恋愛ごっこにどっぷりハマってるのがムカつくんだよ!」
桜子は両手を縛って座らせたつくしを蹴飛ばす。
「牧野!」司が駆けつける。
「何で・・・なんで来るのよ、バカ!」
「牧野・・・悪かった。信じてやれなくて。」
「罪滅ぼしに来たってわけ?」
「テメェ。どういうつもりだ!」
「見せてもらおうじゃないの。あんたのこの女への気持ちが、どの程度のもんか!
 ちょっとでも手ー出したら、この女に突き立てるよ!」
桜子はつくしの背後に周りナイフをつくしの顔に向ける。
「俺を誰だと思ってる?
 ・・・牧野、目ーつぶってろ。」
「え?」
「いいから、つぶってろ。」
言われたとおり目を閉じるつくし。
桜子が男たちに合図を送る。
男たちは司に殴りかかる。つくしは驚いて目を開けてしまう。
「あら、意外と素直なのね。」
「やめてよ!」つくしが叫ぶ。
「どう?あんたがいつも王様気分で仕切ってるこのカフェで殴られる気分は!?
 悔しいでしょう?悔しかったらやり返せば?
 いいじゃない、こんな女の顔どうなったって。
 どうせ最初からめちゃくちゃなんだから。」
高笑いする桜子。
「効かねーんだよ、こんなパンチ。」
「やりな!」
桜子の命令で男たちが再び司に殴りかかる。
「何でよ・・・。
 今まで殴られたことなんてないくせに。
 そんなやつら束でかかってきても、負けないくらい強いくせに。
 何でやり返さないのよーっ!」つくしが叫ぶが司はやられたままだった。

西門と美作は幼稚舎の頃のアルバムを見ていた。
「どう見たってあの三条桜子とは別人だよ。」
「あの女は一体誰なんだ・・・。」

「こいつ・・・おかしいんじゃないか。」
殴っていた男たちは、何度殴っても向ってくる司に気味悪がる。
「もう止めてよ!」つくしが泣き叫ぶ。
「どうしてよ!どうして手ー出さないのよ。
 こんなブスのために、何でそこまでするの?」
司は這ってつくしのそばに行こうとする。
「どうしてあの女じゃなきゃだめなの?どうして?
 きれいになって帰ってきたのに・・・。」

幼稚園の頃、桜子はもみじのしおりを司にプレゼントしようとした。
F3に冷やかされた司は
「こっち来んな!ブス!!鼻ペチャ!ブスブス!ドブス!」
もみじのしおりの裏には、司の似顔絵と司の名前が書かれていた。

「こんなにきれいになったのに・・・。
 パパとママの遺産をつぎ込んで、学校だって一年休学して。
 全部、取り替えたのに・・・。
 どうして私じゃダメなの?」
「牧野・・・」
「ひれ伏してよ、私の前に。
 きれいだと言って!
 夢中になってよ!私なしでは生きられないくらいに。」
「牧野・・・」
「どうして私を見てくれないのよ!!」
桜子は道明寺目がけてイスを振り下ろす。
動けない道明寺につくしは覆いかぶさって庇った。
「もう・・・いい。」
桜子と男たちがカフェをあとにした。
「道明寺・・・大丈夫?ね、道明寺!!」
「大丈夫なわけ・・・ねぇだろう。」
「何で・・・なんでやり返さないのよ。」
「手ー出したら、お前を守ったことにならねーだろ。
 言っとくけど、俺だってわかってたんだぜ。
 お前が、コトリだってことぐらい。」
「バカ。おとりでしょ。」
「そっか・・・。」
「わかっててなんで来んのよ!」
「決まってんだろ。好きだからだよ。
 お前が好きだ。」
司に抱きしめられ、つくしはそっと目を閉じた。

1週間後。
ニューヨークの楓の元に、司がつくしに付き添われ病院に行ったと知らせが届く。
「あの娘、まだ司に付きまとってるの?」
「いや・・・それが・・・。」

学校のカフェ。
口をあーんと開ける司。おいしそうに自分の口に頬張るつくし。
「おい!食わせろ。」
「はぁ!?何で私が。お箸ぐらい持てるでしょー?
 大体何で1週間で骨までくっつくのよ。
 どれだけカルシウム取ってんの?」
「くっついたけどまだ痛いんだよ!」

二人のやりとりを見つめる西門と美作。
「甘いねー。雨降って地固まったってこと?」
「茶菓子と恋は甘い方がいいっていうからね〜。」
「言わないよ。」

「で、司、どうする?」西門が聞く。
「何が。」
「三条桜子だよ。」
司が答えに迷っていると、カフェの1階で騒ぎが起こる。
百合子たちが騒ぎながら桜子を連れてきたのだ。
「これ、あんたでしょう?」卒園アルバムを手にあざ笑う三人。
「昨日、一つ上のいとこに家で見つけちゃったの。
 こーんなブスでも、整形でそこまでなれんのねー。」
三人の高笑いが響き渡る中、その場に座り込む桜子。

つくしが三人の前に立ちはだかる。
「いいじゃんよ別に!
 あんた達だって、お金で買いたいもん買うでしょうが。
 美しさをお金で買って、何が悪いのよ!」
3人はつくしに答えられず、ふん!と横を向きその場を後にした。

「言っとくけど、あんたのこと、許したわけじゃないから。
 逆さづりにしたって、気がすまないくらいムカついてる。
 ただ・・・あんた、お母さんのおにぎり美味しいって言ってくれたから。
 あの言葉だけは、本物だったはずだから。」
つくしの言葉に泣き崩れる桜子。
「ごめんなさい・・・。」
そう言い走り去った。

「最高!さすが俺がタイコバラ押した女だ!なぁ!」
司が嬉しそうに後ろからつくしに飛びついて生徒たちに同意を求める。
生徒たちが立ち上がり歓声を上げる。
「タイコバラ!?太鼓判でしょ!また骨折られたいの?
 は!?てか、治ってんじゃん!」
「バレた!?」
「バレたかじゃ、ないわよ!」司を突き飛ばすつくし。
「命の恩人に何すんだよ。」
西門と美作も楽しそうに二人の様子を見守る。
「コノヤロ、コノヤロ!」じゃれあう(?)二人。
「ただいま!」
聞き覚えのある声に、二人の動きが止まる。花沢類だ。
「ただいま。」
突然の類の帰国に、司もつくしもただ類を見つめ・・・。


桜子の真の目的は、道明寺への復讐でした。
幼稚園の頃、F3に冷やかされた司は、元々の口の悪さもあったのでしょうが
桜子に酷いことを言ったのですね。
それから、司への復讐を胸に生きてきた桜子。
1年間休学し、整形をして戻ってきた。
復讐したいという気持ちの底には、司への一途な思いが残っていたように
思います。
神宮橋で司を見つけた時のあの微笑は、本物だと思うなぁ。

それにしても、今回、司はカッコ良かったですね。
ケンカにはめっぽう強い司ですが、つくしの為にたった一人で乗り込み
つくしの為に殴られ続けた。
そのあとの告白。これはもう、つくしの心が動かないわけがありません!
そこへ、類の帰国。
つくしの心はどちらへ向う!?

自分をあんなに酷い目に合わせた桜子を許すつくし。
そんなつくしを誇らしく思い、背中からとびっきりの笑顔で抱きしめる
司の気持ち、わかります!
カフェのF4専用スペースで、みんなが高級料理を食べる中、
本当においしそうに母親の作った重箱のお弁当を食べるつくし。
こういうシーンにもつくしの良さが表れていますね。

つくしを連れ出す為に団子売りを手伝うシーンは原作にもあり
お気に入りだったので、再現が見れて嬉しかった。

子役のF4が可愛かった!また登場してほしいです。

※管理人、昨日胃痛に襲われ、唸りながら仕事をこなし。(笑)
帰ってきたら38度8分の高熱。
インフルエンザだと市販の薬の副作用があったら困るので
ひたすら寝てすごしました。
今日病院に行ってきたら「まだインフルエンザは流行ってないよ」とのこと。
薬を飲んで眠ったら、復活!
ブログ初めて以来久しぶりにこんなに寝たなぁ。(笑)
コメント、TBのお返しなど遅れがちとなりそうです。
ご了承下さい。



ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking



4088551206花より男子 Vol.8 完全版 (8)神尾 葉子 花より男子 Vol.6 完全版 (6) 花より男子 Vol.5 完全版 (5) 花より男子 Vol.3 完全版 (3) 花より男子 Vol.4 完全版 (4) 花より男子 Vol.2 完全版 (2) by G-Tools



B0002CXDKA流星花園 ~花より男子~ DVD-BOX 1バービィー・スー 神尾葉子 ジェリー・イエン 流星花園 ~花より男子~ スペシャルBOX 流星花園 II ~花より男子~ 完全版  流星雨 DVD-BOX 恋のめまい愛の傷~烈愛傷痕~[2枚組 DVD-BOX] F4 言承旭 (ジェリー・イェン) 写真集「両棲類動物 日本版」 by G-Tools



花より男子(だんご)
B00005F9Y4内田有紀 坂上香織 楠田泰之 キングレコード 1997-02-21売り上げランキング : 3,273Amazonで詳しく見るby G-Tools



WISH (初回限定盤)
B000BQTMV6嵐 久保田洋司 CHOKKAKU ジェイ・ストーム 2005-11-16売り上げランキング : Amazonで詳しく見るby G-Tools



プラネタリウム
B000A3RN8O大塚愛 愛 Ikoman エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2005-09-21売り上げランキング : 43Amazonで詳しく見るby G-Tools
ネコに風船(DVD付) SMILY/ビー玉(DVD付) 黒毛和牛上塩タン焼680円(DVD付) 大好きだよ。 (DVD付) 金魚花火(DVD付)(CCCD)


真央ちゃん代表作!
キッズ・ウォースペシャル~これでファイナル!ざけんなよ~
B00018GZUU井上真央 小谷幸弘 斎藤祥太 コロムビアミュージックエンタテインメント 2004-02-25売り上げランキング : 14,348Amazonで詳しく見るby G-Tools
キッズ・ウォー スペシャル~愛こそすべてだ!~ざけんなよ キッズ・ウォー・スペシャル~ざけんなよ~ キッズ・ウォー3 DVD-BOX<上巻> ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 特別版 キッズ・ウォー5 ~ざけんなよ~ DVD-BOX<上巻>


16:33 | CM(16) | TB(0) | 花より男子 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちーずさん、こんにちは。
桜子が怖すぎで、司がすごくかっこよかった今回でした。
体調悪い中、いつもどおりの完璧レビュー素晴らしいです。
どうぞ無理なさらずにお大事にしてくださいね。
Posted by honey at 2005年11月19日 16:54
honeyさん、こんにちは!
見直ししてたら何箇所も訂正がありました。(汗)
桜子役の佐藤さん、見事に桜子の本当の顔を
演じていましたね!
司はカッコ良かった!見直しました。(笑)
お気遣いありがとうございます!
野ブタ。までにあと2本残っているので焦っています。^^;
Posted by ちーず at 2005年11月19日 17:06
初めまして!花より男子は毎週見ています。
僕の予想通り、先週の激写事件の張本人は、つくしが友人と見ていた桜子でした。
『桜子は、道明寺への復讐のためにつくしの心を踏みにじり、苦しみを齎すことに罪悪感を持たない極悪人。道明寺が駆けつけると、取り巻きのヤクザを指揮して、道明寺に襲いかかった。』
 とまあ、まとめるとこんな感じになりますが、こんかいの司はとにかくかっこ良かったですね。これからもますます目が離せません。
Posted by フランヴェルジュ at 2005年11月19日 20:08
いつも楽しく拝見させていただいております。毎度の事ながら完璧ですね。見忘れたときはもちろん観ていてもこちらのレビューを読み、次回につなげています。
体調を崩されたとの事、思わず初書き込みです。どうかお大事になさってくださいね。
Posted by ヨコ at 2005年11月19日 21:42
こんばんは^^
何時も拝見していながら、コメントは控えさせていただいてたのですが、チーズさんの体調が気になってコメントしました。
本当にご苦労様です!
でも、無理せずご自身の体調を気遣って下さいね☆
これからも、宜しくです^^
Posted by ayu櫻 at 2005年11月19日 23:24
心配かけてしまってごめんなさい!
でもそのせいでの初書き込みや久々のコメント、
とてもうれしい!
おかげさまで、この時間にブログの更新が出来るぐらい
元気になりました。^^
ただ薬のせいか、あれだけ寝たのにもう眠いので
『野ブタ。』『着信』の更新は明日にします。
昨日、今日いただいたお返事を個別ではなく
まとめてお返事したことをお許しください。
Posted by ちーず at 2005年11月19日 23:34
ちーずさん、こんばんわ♪
今回も大変お世話になりましたよー。

昨日の花より男子・・・
見てたのに、見てたのに、
気付いたら夢の中でした( ̄ロ ̄lll)

起きた時はモチロン夜中も夜中3時すぎー。
自分では寝るつもりはまったくなかったので録画してないし・・・
そんな時は【どらま・のーと】です^^
いつも助かってます。

帰りにいつもランキングをぽちッとしとりますぅ。
頑張れどらま・のーと♪ちーずさん♪
Posted by きらら at 2005年11月19日 23:39
こんばんは〜
今回は見れなかったんですが、話の流れは知ってるからいっかなーと思っていたんですが、録画しなかったことをかなり後悔です。
いろんな話が混ざってる!?美作のチューや司がボコボコにされたとこなど。
くっそ〜〜〜〜〜

私先月で仕事を辞めたので保険証持ってないんです。
だから風邪ひかないように気を付けなければ!
ちーずさんは一先ず安心といったところでしょうか。
ぶり返さないように気を付けて下さいねー
Posted by キリン at 2005年11月20日 01:40
罪を憎んで人を憎まずって言葉がありますが、今週のつくしはまさにそれの実践編でしたねぇ。以前の司なら、あの場ではつくしのために黙っていても、学校に復帰次第桜子に赤札を張ってそうなもんですが、司は今回あれだけやられても迷っていました。更に、桜子をかばうつくしを見て、つくしを最高と誉めています。司も以前から比べると、凄く変わってきてますね。そして、桜子にもこれから変化がおきそうです。

ちーずさんが、桜子はお気に入りのキャラといっていたので、このまま悪人のイメージで終わるとも思えないし・・これからの桜子の変化にも注目ですね。

次回は、類が帰ってきたということで、つくしの司と類の間で揺れ動く心みたいなのが、描かれるんでしょうか?今から楽しみですね。
Posted by さくら at 2005年11月20日 04:18
こんばんは。みなさんコメントありがとうございます!

フランヴェルジュさん。
男性の方にも気に入っていただけているようで
原作ファンとしてはとても嬉しいです!
また感想などお聞かせ下さいね。

ヨコさん。
初書き込みありがとうございます!
とても嬉しいです。
おかげさまで明日の仕事には差し支えなさそうです。
これからもよろしくお願いいたします!

ayu櫻さん。
久々のコメントありがとうございます!
心配かけてしまってすみません。
これからはインフルエンザもあるので気をつけなければ。
近々予防接種をしておこうと思います。

きららさん。
お役に立てて何よりです。
それから、ポチっとありがとうございます!
更新の励みになります。
私もポチっとさせていただきました。^^

キリンさん。
ありがとうございます。ぶり返さないように
気をつけます!
お医者さん曰く、イソジンでうがいは風邪予防の基本だそうです。
どこで風邪をもらってくるのかわからないので、
手洗い、うがいで予防しましょう!

さくらさん。
そうですよね。司は桜子の決断を出す前に
少し考えていましたよね。
あれって彼の成長です。
桜子は原作だと・・・。
いやいや、語るまい。(笑)
類も帰ってきたことだし、椿さんも帰ってきたようだし
ますます楽しみですね!
Posted by ちーず at 2005年11月20日 20:07
ちーずさん、こんばんわ。
御身体大丈夫ですか?

こっちも、2週間風邪で苦しんでいます。
何か周りを見ていると、今年の風邪はひつこそうかも!?

ドラマ『花より男子』ですが、桜子は復習というより、歪んだ愛情のように感じました。

元はと言えば、すべて道明寺のせいなんですがね・・・

つくしとの恋で、人間として大切なものをいろいろ学んでいくんでしょうね〜

次回、類がフランスから帰国して、更なる楽しみが増えました(^^♪
Posted by Ky&apos;z at 2005年11月21日 00:40
Ky'zさん、こんばんは〜!
お気遣いありがとうございます。
私のほうは熱もすっかり平熱に戻り楽になりました。
3日分薬が出たので、なくなったらまた病院に
行ってきます。
Ky'zさんは2週間もですか?それは辛いですね。
うがい、手洗い、あとは休める時にゆっくり休んで下さいね。

桜子、確かに、歪んだ愛情と表現した方が正しいですね。
ドラマ版でも桜子にはまだまだ登場してほしいです!
類と椿の帰国!次週ますます楽しみです!
Posted by ちーず at 2005年11月21日 01:02
チーズさん、こんにちは。
お風邪を召されたとか。
ひとまず復活されたようですが、
今年の風邪は長引くようです。
どうか、お大事に・・・。

今週は怒濤のストーリー展開でしたね。
あとで、じっくり見直そうと
ビデオをセットしていたのに撮れていなくて、
しばらく(今も)落ち込んでいます。
DVD購入が頭をかすめる自分のはまり具合が怖いです(笑)

王子様キャラが好きな私は、
最初、「絶対、類でしょ♪」と思っていたのに、
松潤道明寺をみていると、
どんどん道明寺に傾いていってしまっています。

来週はまた類が帰ってきますが、
それでまた切ない瞳をみせるであろう
松潤道明寺が楽しみでなりません。
Posted by Juliet at 2005年11月21日 11:43
Julietさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。

今年の風邪、長引くようですね。
油断せずにしっかり治そうと思います。
温かい言葉をありがとうございます!

ビデオ撮れていなかったとのこと。残念でしたね。
また再放送があるといいですね。
DVD買いたくなるお気持ち、わかります。^^

原作でも最初は類派だったのに、いつのまにか道明寺派になっていた
自分がいます。(笑)
類帰国に、三人の関係はどうなる!?
主題歌に合わせて流れる映像が今の三人を描いているようで
とても好きです。
Posted by ちーず at 2005年11月21日 11:55
ちーずさん、こんばんは。
お体大丈夫ですか?
私も最近、夫婦で39度超えの地獄を経験したばかり。
同じウイルス性大腸炎ってやつでは?
免疫力ア〜ップ!して冬を乗り越えましょうね♪

さて、桜子!!!
表情、怖かったですね。
演技上手!微妙な恋心も憎しみも、すごく伝わってきました。
つくしちゃんも、相変わらずいいですね。
スカっとするいいドラマです。
Posted by あさつゆのしずく at 2005年11月21日 17:04
あさつゆのしずくさん、こんばんは!
お陰さまで熱も引き、今日も仕事に行ってきました!
あさつゆのしずくさんも大変だったのですね。
私の場合、風邪、としか説明がなかったです。
胃の方はまだ少し痛むので、潰瘍かなぁ。

桜子、怖かったですね〜!迫力ありました!
今後も桜子には活躍してほしい。原作どおりになるかな!?
次週も楽しみですね!
Posted by ちーず at 2005年11月21日 20:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。