2005年12月14日

1リットルの涙 第10話

『ラブレター』

亜也(沢尻エリカ)は、滑らかな発音が難しくなる構音障害が進行していた。
亜也の診察をした担当医の水野(藤木直人)は、潮香(薬師丸ひろ子)と
瑞生(陣内孝則)に説明する。
「現在の症状を考えると、亜也さんが養護学校を卒業した後の
 進学や就職は・・・やはり難しいと思います。
 無理に社会に出ないで、在宅で、ご家族に見守られながら、
 リハビリに励むことを考えたらいかがでしょうか。」
「確かに、その方が俺たちも安心です。」と瑞生。
「ええ・・・。」戸惑いながら潮香が答える。

=卒業証書授与式=
「とうとう、卒業の、時がきた。
 病気になる前に、思い描いていたものとは、違う卒業だった。」
「卒業おめでとう!」
担任のまどか(浜丘麻矢)やボランティアの高野(東根作寿英)が
亜也に花束を渡す。
亜也が、潮香と瑞生が二人にお礼を言う。
「2年間、本当によく頑張ったね。
 もし、辛くなったり、苦しくなったら、
 ここでの生活、思い出してね。」とまどか。
「亜也ちゃんがいなくなると寂しくなるよ。
 亜也ちゃんの言葉には、いつも元気を貰っていたんです。
 生徒たちだけじゃなくて、僕達大人もです。」
掲示板に貼られた亜也の詩を見つめる。

『苦しみの向こう 池内亜也
 人はみな苦しいのです
 でもきっと苦しみの後で
 その満足感が与えられる
 スポーツだって勉強だって試練だって
 人生だってみんなみんなそう
 苦しんで苦しみ抜けば
 その向こうには
 虹色の幸せが待っている
 それはきっと宝になるはず
 そう信じよう』

『一歩一歩 池内亜也
 自分という存在が消えそうになったら
 自分の個性を生かせる所を探そう
 これからゆっくりじっくりと
 あせるな
 よくばるな
 あきらめるな
 みんな一歩ずつ
 歩いてるんだから』

「どんな小さなことでもいいから、
 人の役に立ちたいと思っていた。」


常南大学医学部の試験会場。
遥斗はストラップのイルカを見つめている。
「時間です。では始めて下さい。」
試験官の合図に、遥斗は真剣なまなざしで試験に挑む。

「18歳。
 進学や就職。
 みんなそれぞれの道へ進んでいく。
 けれど私は・・・」


「これで・・・居場所、なくなっちゃった・・・かな・・・。」
正門を出て校舎を振り返った亜也は、そう呟いた。

それに気付いた潮香は、亜也のために部屋を用意し、家族皆で温かく迎え入れた。
1階に移した亜也の部屋。
カーテンは亜湖(成海璃子)が、布団は弘樹(真田佑馬)が、ぬいぐるみは
理加(三好杏依)が選んだ。
「はい、はい、はい、はい!このカレンダーは、俺が選んだ!」
瑞生が手を挙げて発言する。
壁に、『冬の後には必ず暖かい春が来る』と書かれた2008年3月の、細長い
カレンダーがかけてある。
「カレンダーだけ浮いてるよね。」と亜湖。
「え、どこが!?」
「みんな亜也が帰ってくるのをすごく楽しみにしていたのよ。」
潮香たちが笑顔で亜也を見つめる。
「気に入った?
 これからは、家族のみんながそばにいるし、
 亜也は何も心配しなくていいのよ。」
「そうだね。」
潮香の言葉に笑顔で答える亜也。

「みんなの気持ちは、素直に心に染みる。
 でもねお母さん。
 過ごしやすい場所が欲しいわけじゃないの。
 これから先、どう生きていくか。
 そのことを考えていたの。
 今の私は、ただみんなの世話になるばかり。
 足がフラつく。
 言葉が上手く話せない。
 それでも、自分の体だから、
 自分が諦めちゃいけないんだ。
 18歳。
 私にだって、私なりの未来があるはず。」


もう、2008年という設定なのですね。
養護学校を卒業して、居場所がなくなってしまったと悲しむ亜也は、
それでも家で、リハビリセンターで懸命にリハビリを繰り返します。
過ごしやすい場所が欲しいわけじゃない、という言葉が
今の自分の甘えた心に響いてきます。


そんなある日、池内家に、明和台東高校の卒業式を終えたばかりの
遥斗(錦戸亮)やまり(小出早織)、早希(松本華奈)ら、
かつてのクラスメートたちがやってくる。
遥斗は、常南大学医学部に合格していた。
まりたちも大学に進学し、春からは新しい生活が始まるのだという。
亜也は、まりたちの話を笑顔で聞いていたが、その表情はどこか寂しそうだった。
潮香や遥斗は、そんな亜也のようすが気になっていた。

学校が変わってしまっても、ちゃんと交流があったんですね。
良かった!でも、みんなの輝いた顔を見つめる亜也は寂しそう。
北海道に一緒に遊びに行こう、と早希やまりに声をかけられる亜也。
多分それは無理なことなのだろうけれど、潮香は笑顔で賛成します。
そのときの瑞生の複雑な表情。
遥斗は冷静にその場を笑顔で見守っていました。
そして亜也自身も、どこか諦めたような表情で・・・。
それでも、自分のことを今までのように誘ってくれて、
亜也は嬉しかったのかな。


=神経内科 動物実験室=
マウスを使っての実験。
水野は落胆した表情を浮かべる。

診察室でデータを入力。
薬の効果は表れていないようだった。
水野は思わず机に苛立ちをぶつける。

水野先生はこうして頑張っているのですね。
せめてドラマの最終回、明るい兆しを見せて終わってほしい・・・。


別の日。
リハビリのために常南大学医学部附属病院を訪れた亜也は、そこで遥斗に会う。
遥斗にキャンパスを案内してもらう亜也。
行き交う生徒は、車椅子の亜也をものめずらしそうに見て通り過ぎる。
遥斗の友達も、遥斗に声をかけるもののよそよそしい態度で行ってしまう。
そんな様子を敏感に感じ取る亜也。

同じ世代の若者の元気な姿。
楽しそうに並んで歩くカップルの姿。
「どうして、人間は、歩くのかな?」
「え?」
「人が、人らしく、ものを考えられるのは、
 もしかしたら、歩いている時なのかも。」
「そうかな。」
「だって、恋人同士も、歩きながら、将来のこと、
 語り合うでしょ?」
「・・・」
遥斗は何と答えていいのかわからなかった。

リハビリする姿を見つめる遥斗。そこへ水野がやって来た。
「君が医大生になるとはね。
 どうして医者になろうと思ったの?」
「・・・人の役に立つ仕事がしたくて。
 そんなの、うそ臭いって思ってたんですけど、
 あいつを見てたら・・・。」
「そうか・・・。
 僕もね、彼女を見ていると、自然と背筋が正される。
 俯いている暇はないんだって、前を向かされる。」
二人はそのまま亜也のことを見つめていた。

亜也を遥斗に任せて家庭訪問に行っていた潮香は、亜也を迎えに行く前に
一旦帰宅する。その際、机の上から落ちた亜也の日記を偶然見てしまう潮香。
そこには、
『お母さん、過ごしやすい居場所が欲しいわけじゃないの。
 これから先、どう生きていくか、そのことを考えていたの』
と記されていた。
「私・・・何にもわかってなかったのかもしれない・・・。」
潮香はそう呟く。

ショックを隠しながら、亜也を迎えに行く潮香。
「亜也、さあ、帰ろうか。」
「お母さん、私、入院したい。」
「え!?」
「先生、入院させてください。」
「どうしたの、急に。」
「リハビリしたいんです。
 週に2度、通うだけじゃなくって。
 このままじゃ、歩けなくなっちゃうかもしれない。
 自分の足で歩くこと、まだ諦めたくないんです。」

遥斗との会話で、
「人が、人らしく、ものを考えられるのは、
 もしかしたら、歩いている時なのかも。」
と語った亜也。
歩くことが出来なくなったとき、人らしくものを考えられなくなる。
そういう恐怖を感じていたんですね。
年配の方たちが多いリハビリセンターの中で懸命に努力し続ける亜也。
原作には、そんな亜也さんの姿に励まされ、勇気を貰った患者さんが
沢山いらしたそうです。


亜也の入院が決まる。
亜湖に付き添われて病室に入る亜也の表情。
この部屋って、まさか、優花ちゃん(松本梨菜)のお父さんが入院していた
部屋じゃないですよね!?


潮香は仕事をしながら、亜也がノートに綴っていた言葉が
頭から離れないでいた。
そんな潮香を、高野が訪ねていく。

まどかとの結婚の報告をする高野。
「ご家族で一緒にいらして下さい。
 それと、友達の麻生君も誘って。」
「ええ、是非!
 それでわざわざ?」
「いえ。実は僕、こういうところで働いていまして。」
高野が名刺を渡す。
『株式会社 文芸総合出版』
「僕が担当しているのは主に、難病の患者さんや、そのご家族を対象にした
 会報なんですが、各市の保険センターに置いてもらおうって、
 こうして回っています。
 この会報は、患者さん同志が少しでも、情報の交換が出来る様にと
 始めたものなんです。
 病気の悩みを、自分たちだけで抱え込んでしまうご家族は、
 多いですからね。」
『かけはし』と書かれた会報を差し出す。
「そうですね・・・。」
「それで、亜也さんに、お願いが。」
「亜也に?」
「もしよろしかったら、亜也さんが養護学校で書いていらした詩を、
 この会報に掲載させていただきたいんです。」
「ええ。それはきっと亜也も喜ぶと思います!」
潮香が嬉しそうにそう言い、会報を手に取った。

亜也の見舞いに来た遥斗は病院内で父・芳文(勝野洋)と会う。
立ち止まり見つめあう二人。
遥斗は父に会釈をし、そして亜也の部屋へと向った。

潮香が芳文に声をかける。
病院を出て並んで歩く二人。
「亜也さんのご様子はいかがですか?」
「ええ・・・。以前より、歩くことが、難しくなってきたみたいです。
 リハビリも一生懸命頑張っているんですが、とくにそれも・・・。」
「そうですか・・・。」
「人の役に立ちたい仕事をしたいと言っていたのに、
 日を追うごとに、人の助けが必要になって、
 思い悩んでいるようです。」

遥斗は亜也にお見舞いの花を渡す。
「綺麗。
 でも、病人に、鉢植え?」
「うん。これ、可愛かったから。」
そう言い微笑む遥斗。亜也も嬉しそうに微笑む。

「それでも、麻生君と過ごす時間は、唯一、あの子の心の支えに
 なっているようで。」
「いやあ、こちらこそ・・・
 亜也さんのお陰で、あいつは変わりました。
 目標を見つけて、前よりずっと楽しそうで。
 しかし、あいつはまだ子供です。
 まだ18歳です。
 挫折を味わったこともなければ、自分の限界も知りません。
 私は医者としてではなく、父親として、
 遥斗がお嬢さんと関わることは反対なんです。」
「・・・」
「いつか、現実の壁に当たったとき、
 息子は、お嬢さんに背中を向けてしまうのではないかと。
 そのとき、一番苦しむのは、一番傷つくのは、
 お嬢さんではないでしょうか。
 今の、この関係を続けることは、
 あの二人にとって、いいことだって、
 私にはどうしても思えないんです。」

「植物って、すごいね。
 雨が降っても、踏みつけられても、
 その場で、じーっと、耐えて、
 花、咲かせるんだよね。
 私も、そんな風に、強くなれたらな。」

鉢植えを持ってきた遥斗のメッセージをしっかりと受け止める亜也。
最初、鉢植えを持って病院に来た遥斗に、
この子ったら!と思ってしまった私。
でもそこには、遥斗の深い考えがありました。
歩けなくなれば、人間らしさを失ってしまうと怯える亜也に、
動けなくても美しく咲く花を見せたかったんですね。


そこへ潮香がやって来た。
「いつもありがとうね。」
潮香は遥斗に挨拶したあと、亜也にまどかと高野の結婚式の招待状を
見せる。
「まどか先生の、結婚式?」
「そう!頑張って、みんなに元気な姿、見せようね。」
亜也が嬉しそうに微笑む。
「麻生君も、良かったら一緒にって。」
「俺も行っていいんですか!?」
「でも忙しかったら、無理しなくても。」
「いえ、是非!
 タキシードでも着ていこうかな。」
遥斗の笑みに、亜也は少し寂しそうに微笑んだ。

病院の屋上で青空を見上げる亜也。
車椅子のレバーには、遥斗から貰ったイルカのストラップ。
亜也は、校内を歩く遥斗の姿を見つけ微笑む。
遥斗の、友人と語り合う笑顔に、亜也の笑顔は消えていく。

亜也はベッドから1人起き上がり、車椅子に乗ろうとした時に転んでしまう。

遥斗が亜也の病室を訪ねてきた。
「よ!
 ・・・どうした?」
亜也が床に座っている。
「来ないで・・・」
「大丈夫か?」遥斗が亜也に歩み寄る。
「来ないで!」
トイレに行こうと立ち上がった亜也は転んでしまい、
起き上がることが出来ず、間に合わなかったのだ。
「何で・・・。」悔しさに泣き出す亜也。

そこへ潮香と亜湖がやって来た。
「麻生君、ちょっと、出てって。」
「でも俺・・・」
「いいから今は、出ていって。お願い。」
潮香に言われたとおり、部屋を出ていく遥斗。

「大丈夫大丈夫。」
亜也を優しくさすりながら、潮香は亜湖にバケツを取ってくるよう言う。
「亜也。着替えよう。」
「いや・・・。」
「ね、亜也。
 これからは、方法を考えればいいだけよ。
 トイレに行きたくなってからだと間に合わない。
 だったら、時間を決めていけばいいんじゃない?
 ね、そうしよう!
 たとえば、3時間置きにいくとか。
 ほら、着替えないと、風邪ひくわよ。」
娘を抱きしめながら優しくそう言い、潮香は亜也を抱え起こした。

遥斗があの時すぐに部屋を出て行こうとしなかったのは、
ショックもあっただろうけど、医者という意識もあったのかな。
亜也を抱き起こす潮香を見ていてそう思いました。
心の支えである人に、失敗を見られてしまった亜也の気持ちを思うと
苦しいです。
原作では、自分から「時間を決めてトイレに行こう」と答えを見つけた
亜也さんです。


暫く廊下で呆然と立ち尽くしていた遥斗。
授業中も集中できずにいた。

亜也を着替えさせ、笑顔で床を拭く潮香。
亜也にわからないようにこっそり涙をこぼしていた。

消灯時間が過ぎても、亜也は暗い部屋の中、一点を見つめ・・・。
亜也は震えていた。

真っ暗な廊下、公衆電話にたどり着く亜也。
受話器をとり、カードを入れ、プッシュホンを押していく。
だが、手の震えでなかなか電話番号を押すことが出来ない。

そのとき潮香はなにやら胸騒ぎを覚え、電話を見つめる。
亜湖が心配そうに見つめる中、潮香は突然出かける準備を始める。
「ちょっと、病院に行ってくる。
 何だか亜也が心配で。」
「じゃあ、俺も行くよ。」と瑞生。
「やめときなよ。
 こんな時間に二人で行ったら、なんか大事みたいで、 
 亜也ネェ逆に気を使うじゃん。」
「そうか?」
「そうそう!お父さんと私はお留守番!」
亜湖の言葉に従う瑞生。

潮香が病室に行ってみると、亜也の姿がなかった。
慌てて病院内を探し回る潮香。
すると、亜也が公衆電話の置かれた台に顔を突っ伏していた。
「亜也!どうしたの、こんな時間に。
 風邪ひいちゃうでしょう。
 早く戻ろう。」
「お母さん、」
「どうしたの?」
「眠れなくって、目、閉じるのが、怖くって、
 家に電話かけたの。
 何度もしたの。
 お母さんの声が、聞きたかったから。
 でも、上手く押せなくって・・・」
涙をぽろぽろこぼす亜也を、優しく抱きしめる潮香。
「助けて・・・お母さん・・・
 なくなっちゃうよ・・・
 あたしに出来ること、一つも・・・なくなっちゃうよ・・・」
「行こう!」
潮香は涙をこらえ、亜也を病室に連れ帰る。
そして部屋の電気をつけ、病室の引き出しからノートを取り出して並べる。
「確かに、亜也は病気になって、
 一つ一つ、出来ないこと増えたよね。
 歩くことも、話すのも、難しい。
 お友達みたいに、大学も行けないし、
 就職も出来ない。
 でも、出来ること一つもなくなっちゃうの?
 本当にそう思うの?
 亜也、これ見て。
 これも、これも、これも。
 亜也が、毎日毎日綴ってきた日記。
 ぜーんぶ亜也が、一生懸命、ペン持って、
 一生懸命書いた言葉!
 同級生のお友達にも、健康な人にも出来ないこと、
 亜也は、ずーっとしてるじゃない!
 亜也には、亜也には、書くことがあるじゃない。
 違う?亜也・・・。
 そうでしょう?」
亜也が泣きながら母の手を取る。
亜也を抱きしめる潮香。

「私には、書くことが、ある!」
ノートに一生懸命言葉を綴る亜也。
車椅子のキーホルダーを見つめ・・・。

亜也はレポート用紙を取り出し、そこに文字を綴り出した。

まどかと高野の結婚式。
可愛らしいドレスを身に纏った亜也、車椅子で両親に付き添われ
参加する。
「先生、可愛い!」
「亜也ちゃん、よく来てくれたね。」
まどかが握手を求める。
亜也がその手を握り、
「しあわせに、なって、下さいね。」と微笑む。
「ありがとう。」

「良かったのか?あいつに連絡しなくて。」
瑞生が亜也に聞く。
「きっと、授業あるし、いいの!」
「そうか・・・。」
「よくねえよ!
 おいてけぼりにすんなよ。
 行くって言っただろ!」
「・・・本当に、着てきたんだ。タキシード。」
「アニキの借りたんだよ。」
「似合ってないよ。」
「うるせーよ。」
「ありがとね、麻生君。」潮香が言う。
「・・・おい、何なんだよ、その格好は!
 いいところのボンボンぶりやがってよ。
 俺と差、つけるつもりかー!?」
「ヤキモチ焼かないの、お父さん!」と潮香。
「すいません。」と遥斗。
「わかりゃ、いいんだよ・・・。」

二人が顔を合わすのは、あれ以来でしょうか。
どんな顔をして会ったらいいのかと、不安な気持ちでいっぱいだった
ことでしょう。
そんな不安を、吹き飛ばしてくれるような遥斗の第一声でした。


まどかがブーケトスをする。
亜也の膝に、まどかのブーケが飛んできた。
みんなが拍手を送る中、亜也は恥ずかしそうにブーケの花を手に取った。

結婚式会場を出る4人。
「じゃあ・・・俺らは、車を回してくるから。な、潮香。
 少しの間、亜也を頼むぞ。」
瑞生と潮香が亜也を遥斗に託す。

「素敵だったなー、花がいっぱいで。」
「そうだな。」
「・・・麻生君、これ。」
亜也がポケットから手紙を差し出す。
「何?・・・ん?」
「ラブレター。」亜也が微笑む。
「あ、そう。」
嬉しそうにポケットにしまう遥斗。
亜也の笑みが次第に消えていく。
そのとき教会の鐘が鳴り、二人が同時に振り返る。
亜也は視線を遥斗に戻し、悲しそうに見つめ・・・。
そして自然を外した。

両親と共に病院に戻った亜也は、急にむせ返り苦しみ出す。
水野が駆けつけ、吸引、点滴、ネブラーゼ、と処置を進めていく。

その頃遥斗は、鉄橋の上で亜也の手紙を広げていた。

『麻生君へ
 面と向っては素直に言えなそうだから、
 手紙を書きます。
 いつもそばにいてくれて、ありがとう。
 励ましてくれてありがとう
 自分の夢を見つけて、生き生きと輝いている麻生くんを見ると
 私も嬉しくなります。』


亜也が目を覚ますと、両親、水野が心配そうに覗き込んでいた。
「お母さん?先生、私・・・」
「軽い肺炎をおこしかけたんだ。
 でももう大丈夫。
 呼吸も落ち着いてきたし、このまま横になっていればいいから。」
「心配しなくていいのよ。」
「たいしたことねーからな!」

『色んなことを学んで、色んな人と出会って、
 あなたはこれからも、ずっとずっと生きていく。
 あなたの未来は、無限に広がっている。
 でも、私は違います。
 私に残された未来は、 
 なんとかして生きる、それだけ。
 たったそのことだけ。
 この差はどうしようもありません。
 毎日、自分と戦っています。
 悩んで、苦しんで・・・
 その気持ちを押さえ込むので、精一杯です。』


亜也の辛そうな様子を心配する潮香たち。
「亜也ちゃん?」「亜也、どうしたの?どこか痛い?」
「・・・麻生君に、手紙、書いたの。」


『正直に言います。
 麻生くんといると、つらいです
 あんなこともしたい、こんなこともしたい
 もしも健康だったら出来るのにと、思ってしまうんです。
 麻生くんといると、叶わない大きな夢を描いてしまうんです。
 もちろん、麻生君のせいじゃありません。
 でも、羨ましくて、情けなくて、
 どうしても、今の自分が、みじめになってしまうんです。
 そんなんじゃ、前を向いて生きていけないから、
 いろいろしてくれて、ありがとう。
 こんな私のこと、好きって言ってくれて、ありがとう。
 何も返せないで、ごめんなさい。
 もう、会えません。』


亜也の手紙を読む遥斗の瞳から涙がこぼれ落ちる。
封筒の中には、あのストラップも一緒に入れられていた。

「どうして、亜也。
 大事なもの、自分から諦めるのは・・・」
「・・・お母さん?
 お父さん?
 先生?
 私、結婚出来る?」
誰も亜也の質問に答えることが出来ない。
「・・・そうだよね。」亜也が悲しく微笑む。
「亜也・・・。」
「でも、それでも、いつか、
 いつかがきたら、お花いっぱいに囲まれて、
 眠り続けたい。」
涙をこぼしながら微笑む亜也。
瑞生はたまらず、病室を飛び出し、廊下で声を立てずに号泣した。

家に戻った遥斗を父親が出迎える。
「遥斗。どうした?」
遥斗が手に持つ封筒に気付く父。
「あなたの言うことは、いつも、正しいです。」
遥斗は泣きはらした目でそう言った。

病院のベッドで号泣する亜也。
潮香は娘を励ますように手を握ろうとするが、亜也はそれを突っぱね、
声を上げて泣き続けた。

「過去を思い出すと、涙が出てきて困る。」

『現実があまりにも残酷で きびしすぎて
 夢さえ与えてくれない
 将来を想像すると また別の涙が流れる』

『わたしはどこへ行けばいい?
 何も答えてくれないけど
 書けば気持ちだけでも晴れてくる
 求めているんだよ 救いの手を
 だけど届かないし 逢えもしない
 ただ暗闇に向かって
 吠えるわたしの声が響くだけ』

「1リットルの涙」より


『わたしは何のために生きているの』
『しゃべりたくない
 話したくない
 言語障害がこわい
 家にTELした・・』
『動けない
 悔しい。』
『生きていていいのか?
 おまえがいなくなっても何一つ
 残りはしない。なのに・・・
 愛ー
 ただ それにすがって生きている自分の
 なんとかなしいことよ』
エンドロールで流れる自筆のノートに、そう綴られていました。

何一つ残りはしない、そうノートに気持ちをぶつける亜也さん。
あなたは沢山のかけがえのない言葉を残してくれました。

次週、最終回。
きっと将来遥斗は、効果のある新薬を開発してくれることでしょう。
どうか亜也に間に合いますように・・・。



ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking



1リットルの涙―難病と闘い続ける少女亜也の日記
4344406109木藤 亜也 幻冬舎 2005-02売り上げランキング : 887Amazonで詳しく見るby G-Tools
いのちのハードル―「1リットルの涙」母の手記 ラストレター―「1リットルの涙」亜也の58通の手紙 ママでなくてよかったよ―小児がんで逝った8歳 498日間の闘い からだの部品事典 13歳の黙示録


ドラマ「1リットルの涙」オリジナル・サウンドトラック
B000BNM8XSTVサントラ ソニーミュージックエンタテインメント 2005-11-23売り上げランキング : Amazonで詳しく見るby G-Tools



Only Human
B000BM6JIOK ソニーミュージックエンタテインメント 2005-11-23売り上げランキング : Amazonで詳しく見るby G-Tools



粉雪(初回限定盤)
B000BKTD7Kレミオロメン ビクターエンタテインメント 2005-11-16売り上げランキング : Amazonで詳しく見るby G-Tools



B000197M243月9日レミオロメン 藤巻亮太 ビクターエンタテインメント 2004-03-09by G-Tools


歌詞はうたまっぷ.com様で読めます。
素敵な歌です。

ピアノ弾き語り レミオロメン Best Selection





映画版『1リットルの涙』
B000BUN0P61リットルの涙大西麻恵 岡村力 かとうかずこ 東映 2006-01-21by G-Tools



B000BSQN481リットルの涙 by G-Tools
この記事へのコメント
ちーずさん、こんにちは。
今回の話は、本当に辛くて涙が止まりませんでした。
自分にはできることが何もない、そう思っている亜也が、どれだけの人に力を与えているのか知ってもらいたいと思います。
Posted by lavish at 2005年12月14日 11:42
海外からちあきです。こんにちは!
今回もレビューありがとうございます。

9話はとても辛い話となったようですね…
レビューを見ただけで涙が出ました。
遥斗はやっぱり常南大に入ったんですね。
亜也のために一生懸命勉学に励む姿も、亜也にとって実は苦しいものだったんですね。
亜也が遥斗に書いた手紙。
一字一字書くのがつらかったと思います。
それは、上手にかけない悔しさと、遥斗への気持ち。
沢尻エリカさんはそんな面も上手に表現してくれるので、余計涙が出てしまいます。
遥斗が父親に言った、
『あなたの言うことはいつも正しいです』
という言葉。
何もしてやれない自分が悔しかったんじゃないかなと思います。

最終回が楽しみなのと同時に、どうなってしまうのか不安もあります。
遥斗が将来、新薬を開発してくれることを祈ります。
それはきっと、現在本当に病気と戦ってる患者さんの希望となってくれるんじゃないかなと思います。
Posted by ちあき at 2005年12月14日 12:16
こんにちは。

亜也は今まで「過去」を振り返らずに生きていこうと前向きでしたが、今回では「将来」を想像すると涙が出ると言いました。
亜也は今回の話までで「過去」でも「将来」でもなく、「今」しか信じるものがなくなっているのだなと強く感じました。
その今ですら、出来る事が次々と失われていくという残酷な現実であるというのに、亜也は本当に前向きで強いです。
改めてそう感じさせられました。

亜也たちだけが悔しいのではなく、ドラマを見ている自分も同じように悔しかったです。こんなに苦しみながらも前向きに人生を歩む亜也が、何故これほどまでに過酷な運命を辿らなくてはいけないのか…
本当に悔しくて涙が出るものです。
Posted by なつ at 2005年12月14日 13:30
ちーずさん、こんにちは。
今回もつらい展開になりましたが
亜也は何もできないなんてことないですよね。
潮香の言葉は本当だと思います。
Posted by honey at 2005年12月14日 14:24
ちーずさんこんにちわ。
リアルタイムで観て、深夜にビデオを観て何度も何度も泣きました。
このドラマは脚本もすごいけれど、沢尻エリカちゃんの演技が本当にすごいと思います。
麻生役の錦戸君もその他のまわりの家族の人たちもみんなみんな本当にすごい。
実際の「1リットルの涙」では麻生君はでてこないらしいですね。
そして母親が「あやにも恋愛をさせてあげたかった」ということからああいう脚本になったそうだとフジが言ってたようですが、どうなんでしょうね。
でも麻生君という役があって私はよかったと思ってますが・・。

そういえば、あのお見舞いに持ってきた鉢植えの花の名前は「エリカ」です。
花言葉にも何か意味があるかと思いましたが、あまり関係ないようでした。
沢尻エリカちゃんにかけただけなのかな??

どのシーンもとても印象深い回だったけれど、「病人に鉢植え?」と聞いた時のあやの表情と、「可愛かったから」と返事がきたあとのあやの表情がとても印象深かったです。。
あの時何を思ったのかと思うと切ないです。
そして麻生君がそんなあやに全く気づかなかったのもまた切ない。。
Posted by さな at 2005年12月14日 16:15
こんばんは!最終話はたぶん死の瞬間が描かれると思うので、そこで錦戸君がどう強い悲しみを表現できるか楽しみです。
Posted by レパードタイガー at 2005年12月14日 17:46
ちーずさん、こんばんは!

>何一つ残りはしない、そうノートに気持ちをぶつける亜也さん。
あなたは沢山のかけがえのない言葉を残してくれました。

本当にそう思います。
多くの人に、感動、勇気、
たくさんのものを、与えつづけています。
もちろん、これからも、、、

素晴らしいですよね。
ありがとう、亜也さん。
Posted by GO at 2005年12月14日 19:45
今回の脚本に対して。
ほとんどのシーンはそれなりに必然性が感じられましたが、ブーケが亜也の膝に落ちるシーンはどうだったでしょうか。
亜也は嬉しそうに笑っていたように見えましたけれども、亜也は自分は結婚できないだろうと思っているはずです。僕自身は、「ここまで亜也を追い込む演出は必要だったんだろうか」という疑問を持ちました。

遥斗が鉢植えを持ってきたシーン。僕は、敢えて鉢植えを選んだのかなと思いました。切り花は、枯れていく一方ですが、鉢植えはそうではありません。普通は、病気が「根付く」という意味で嫌われる鉢植えですが、遥斗としては、むしろ「1年でも長く根付いていて欲しい」気持ちだったのかも知れません。

亜也が電話をかけようとしても、ボタンがうまく押せないうちに、時間切れでカードが戻ってきてしまうシーンは、観ていて本当に辛かったです。亜也はまだ話せるのに、ボタンが押せないがために話すことが許されないなんて。
便利そうにみえる物も、そのほとんどは健常者の感覚で作られた上での便利さなんですよね。

僕は、このドラマを制作したスタッフからのメッセージをまだはっきりとは受け取れていません。ただ「まだ若いのに、かわいそう」だと涙を流してもらうために制作しているわけではないはずです。亜也さんの生き方や、亜也さんを支えた周りの人達の生き方に、何かを感じ、その感じたことを多くの人に伝えたいと思ったからこそ、このドラマを制作しているのだと思います。
僕は、最終回で、どんなメッセージを受け取れるんでしょうか。
Posted by おりくん at 2005年12月14日 20:44
涙で一杯のラブレターでした。
遥斗と一緒に、沢山泣きました。
潮香としては、限りある生の短時間でも
好きな人と過ごし、楽しい思い出を残せたらと思うのは、自然です。亜也の辛さを潮香が、全部引き受けて、家族で対処していたのでしょうね。頭が下がります。
Posted by mari at 2005年12月15日 03:20
遥斗はこの先どう亜也と付き合っていくのだろうか?もしかしたら自分の存在が今は亜也にとって負担なのかも知れない。そう思うとどう接するべきか悩むかな?
でも今まで付き合ってきたのはなぜか。河本みたいにさっさと降りてもよかったはず。同情?いいことしてますって言う自己満足?それでは長続きしないでしょう。
思うに遥斗には自分のほうこそ世話になった、教えられたという感謝の気持ちがあるのではと思います。そういえば水野も似たようなことを言ってました。襟を正す気持ちになると。
最終回でそういう気持ちを亜也に伝えるとか勝手に想像してます。「お前は気づいてないだろうけど、どれだけ周りの人間を変えたと思ってんだよ。」とか。
あるいは、そんな重いマジなものではなく、もっと彼らしくヤボったく話しかけてくるのかもしれません。

明日美はどうなっちゃったのかな?病気については常に先輩だったから、もう.....なのかも知れません。

「一人暮らししたかったから東京の大学に....」
早希の一言で場所が東京でないことは分かりました。関東の地方都市のようです。

般教もちゃんと出てる遥斗、マジメだぜ。

次回、最終回、早かったな〜。もうこんな秀作しばらくないのかな?
Posted by 山崎 at 2005年12月15日 03:42
おはようございます。ちーずさん。
私は、まだ原作に目を通してはいないのですが、『映画版』は劇場で鑑賞しているので、そのためでしょうか、少し考えてしまった場面があります。

「どうして、亜也。大事なもの、自分から諦めるは・・・」
「私、結婚出来る?」

現実の木藤亜也さんのそばには、遥斗の様な人がいなかった様ですが、『TV版』の「池内亜也」のそばには、「麻生遥斗」がいるんですよね。
そして、あの遥斗だったら、たとえ亜也がどんな状態であったとしても、以前とかわることなく、ずっと亜也のそばにいてくれる様な気がするんです。
それに、確か『映画版』では、鳥居かほりさん演じる「山本先生」が、大西麻恵さん演じる「木藤亜也」に、はっきり「できない。」と言っていたと思います。
同じ女性の立場から、面と向かってありのままの「現実」をつきつけられる程、辛くて悲しいことはないですよね。
だからこそ、『映画版』では自然と涙が流れ、『TV版』では涙が流れなかったんだと思います。

やはり、『TV版』の「池内亜也」では、木藤亜也さんの本当の思いを伝えきるのが難しい様な気がします。

「病気になったのは、不幸じゃないです。不便なだけ。」

この言葉も、「池内亜也」ではなく、「及川明日美」に言わせていることから見て、『TV版』製作陣自体が、そう感じているのではないでしょうか。
前回での「さくらさん」の表現を借りますと、『映画版』も見て欲しいな、という風になりますね。

そう言えば、明日美が結婚式に出席していませんでしたが、もう動ける状態ではなくなっているのでしょうか。そう思うと、胸が痛みます。それと、理加が随分しっかりしていましたね。少し微笑ましく思えました。
Posted by 庚鴛くん at 2005年12月15日 07:38
きのうコメント入れたのですが反映されなかったようです。送信ミスみたいです。

突きつけられてくる現実は亜也や家族やはるとがどんなにか覚悟していても、それでもそのレベルを超えてやってくる。

出来ることが減っていく亜也の辛さも、どんなに考えて言葉をかけ接しても正解のないような家族やはるとの痛み。誰も逃げたり現実から避けてるわけじゃなく誰も間違いじゃないけれど・・・。

本当にあやが戦っているものからは完全に救出してやれない無力さ。

あのラブレターは本当に辛かった。書くことで訴えることで自分の気持ちに納得しようとしている亜也。はるとにとってもまた、辛い内容でしたが、はるとだからこそこんなに辛いの苦しいの。同じように歩けない将来を夢見れない絶望感を吐露できたんだと私は思っています。

でもラブレターもらったときの麻生君が嬉しそうで余計辛かった。
本当は・・・大好きなのに空をつかむように届かないのは残念でした。

はるとはどう動くのでしょう??亜也はどう思うのでしょう??予告の2人のシーンで【役に立ったんだ】ってところで泣きました。ますます家族が結束している姿にも。

亜也さんの人生の結果は分かっていますが、残されたものがどう歩むのか、何を亜也が愛する信頼する人たちに残していくのか。ちゃんと見届けたい。。人間はちっぽけだけどちっぽけじゃないし、終わることが始まることかもしれないとも思った。
Posted by ぽち at 2005年12月15日 09:39
はじめまして
読んでまた泣いてしまいました。
ところで理加ちゃんが3歳年取って
大きくなってましたね。役者も実際のお姉さんみたいです。公式サイトのチャート図が新しくなっていて名前も変わってたし。
同じ事務所所属で姉妹なのかも。
Posted by はるぼん at 2005年12月15日 10:56
本当に、つらい現実・・・
みなさんのコメントを読んでいても、ますます辛くなる・・・
なぜなら、私の友人の子供も、亜也と同じ病気で、今まさに苦しんでいるから・・・
木藤亜也さんは、25歳で亡くなられたそうですが、養護学校を18歳で卒業してから後の生活は、本当に本人にとっても大変だっただろうし、お母さんや家族にとっても辛い年月だったと思います。

現実にも、遥斗のような恋人がいたら良かったのにな・・・

でもこのドラマができて、木藤亜也さんやお母さんにとっても、彼女の素晴らしさや、存在意義が再認識できて、本当に良かったと思います。
Posted by けい at 2005年12月15日 11:10
ちーずさん、こんにちは。
潮香は亜也の日記を読んで、遥斗は亜也からの手紙を読んで、
彼女の苦しみを分かっていなかった自分に気づいた。
人を思いやるのって、とても難しいですね。
Posted by HM at 2005年12月15日 13:47
TBさせていただきました。
Posted by ルル at 2005年12月15日 13:47
ちーずさん、はじめまして。ドラマのセリフをブログに引用して、TBさせて頂きました。
すごいですね、これだけのドラマをしっかりと要約されているなんて。ちーずさんにも感動しました。
Posted by みっち at 2005年12月15日 18:03
前回は泣けましたね〜。18歳、人生で一番楽しい時に、恋も、進学も、病気のせいで諦めざるを得ない、なんて、むごすぎます。けど亜也の前向きさには、毎回頭が下がります。けどこんな病気があることには、きっと何か意味があると思います。神様が、人間は自分の力ではどうにもならないことがある、傲慢になるな、と教えるためであるような気がします。
Posted by お金の情報ブログ・藤堂 at 2005年12月16日 19:33
生きるということは、出会いと別れの繰り返し・・。でも、治ることのない病魔におかされた亜也には、普通の人と出会い恋することすら、自分と比較して色々考えてしまって苦しいんですねぇ。残酷な現実です・・・。

ドラマ版で、原作の亜也さんのことがどこまで伝えられるか・・という点には前も触れましたが、今回の作品をみると・・ドラマ版の亜也はドラマ版の亜也で・・違った辛さを感じてしまいました・・。

願わくば、死後の世界というものがあるのなら、その世界が亜也さんにとって幸せだといいなぁ・・・。
Posted by さくら at 2005年12月17日 00:22
はじめまして
火曜日ドラマ見えなくて、今、ブログ読んだすけど涙がでてきました。何も出来なくなっていく亜矢さんの気持ちが悲しくて悲しくて・・・・
Posted by koo at 2005年12月17日 03:22
今回はすごく感動ボロボロですよ〜!
Posted by aaa at 2005年12月17日 14:38
ちーずさん いつも読ませていただいてます。
毎回ながら考えさせられ、今この瞬間でもいろんな病いと闘ってる人がたくさんいるんだって事を考えてしまいます。
亜也の病状も進んできてしまいましたね・・
でもノートに書いている言葉、一言一言が私の心に残ります。ども亜也さんは本当に感性の強いそれをキチンと言葉にできすごいなぁっと思います。本も読んでみたいっとおもいます(今頃ですが・・)
最終回楽しみですがただ悲しいではなく、しっかりと見なくてはっと思っています。
Posted by まーや at 2005年12月18日 18:08
こんばんは。コメントありがとうございます!

lavishさん。
同感です。
亜也、そして亜也さんの言葉が、どれほど私たちの心に響いているか。
早くそのことを亜也に知ってほしいですね。

ちあきさん。
海外からいらっしゃいませ!
遥斗の元気に友達とキャンパスを歩く姿を見てしまった亜也。
自分も一緒に笑いながら歩きたい、一緒に勉強したい。
いろいろ考えてしまうでしょうね。
父の言うとおり、自分の存在が亜也を傷つけてしまっていたと知った遥斗。
とてもつらそうでした。
設定が未来となることに、遥斗の研究の成果に期待しています。

なつさん。
この病気は、本当に辛い病気ですね。
なつさんのコメントにあるように、すがりたいもの一つ一つ奪われてしまい。
「今」しか信じるもの、考えられることがない。
せめて、書くことだけは、奪わないでほしい。
亜也さんの言葉を胸に、私たちは今出来ることを精一杯努力しなければ、
という気持ちにさせてくれます。

honeyさん。
次週、そのことを亜也が気付いてくれればいいのですが。
毎回娘が迷うと、的確なアドバイスをする潮香。素敵なお母さんですね。

さなさん。
このドラマ、作り手の方たちが、とても丁寧に作っているのが
いろんな場面から伝わってきますね。
遥斗は、ドラマだけに登場する人物。
私も同じように教えていただきました。
遥斗の存在が、私たちに出来ることを教えてくれているような
気がします。
お花のこと教えて下さりありがとうございます。
沢尻さんと同じ名前の花なんですね!

レパードタイガーさん。
ドラマとして考えると、とても難しいシーンとなりそうですね。
次週最終回、注目しています。

GOさん。
亜也さんの言葉は、今でも生きているんですよね。
本にして下さったことに感謝したいです。

おりくんさん。
ブーケトスが亜也の膝に。
亜也が結婚を諦めていたとしたら、あれは残酷なシーンですね。
遥斗が鉢植えを持っていったのは、私も遥斗の考えがあってのことだと
思います。
公衆電話のシーンは本当に悲しくなりました。
スタッフの方々が視聴者に伝える、というよりは訴えるメッセージ。
最終回がどう描かれるのか、私も注目しています。

mariさん。
潮香の親としての気持ち、言葉、行動力。
親というのはこういうものなのだなぁと、本当に頭が下がります。

山崎さん。
私も遥斗は、亜也と対等に付き合っているように思います。
亜也から教わったことに、感謝し、尊敬している。
対等って、いいですよね。
亜也からの手紙に、遥斗は何て答えるのでしょう。
山崎さんの最終回予想、いいですね。
そう亜也に言ってあげてほしい。
明日美、登場しませんでしたね。
場所、東京じゃなかったですね。

庚鴛くんさん。
私は映画版は見ていないのですが、原作は読みました。
映画版は原作に近いようですね。
結婚、出来るかな、という話も、実際亜也さんは担当医から言われました。
本のあとがきに、その時のことを先生が書いていらっしゃいました。
テレビ版の亜也は、多分、お母様とスタッフが話し合って生まれた、
亜也さんとは別のお話だと思っています。
機会を見つけて映画版も見てみたいです。

ぽちさん。
先週、Seesaaがとても重い時期があったのでコメントが反映されなかったのだと
思います。再コメントありがとうございます!
遥斗と亜也の思い、切ないですね。
でもぽちさんのおっしゃるように、相手が遥斗だったから
亜也は気持ちを素直にぶつけられたのだと思います。
最終回、亜也の言葉をしっかりと受け止めたい。

はるぽんさん。
理加ちゃんの情報、ありがとうございます!
姉妹だったんですね。
こういうところも、丁寧に作っているドラマだなぁと思いました。

けいさん。
お友達のお子さんが、同じ病気とのこと。
視聴者という視点とは別の立場から、このドラマをご覧になっていることと
思います。
今も戦っている人たちのために、一日も早く効果的な治療方法が見つかりますように。

HMさん。
亜也の身近にいる二人なのに、亜也が思っていることに気付くことは
出来なかった。
そのことで自分を責める二人。
人の気持ちって、その立場になってみなければわからないことって沢山あるから、
本当に難しいです。

ルルさん。
TBありがとうございます。

みっちさん。
引用していただきありがとうございます。
いえいえ。時間さえあれば、難しいことではないんですよ。^^
また感想など書かれたらTBなどでお知らせ下さい。

お金の情報ブログ・藤堂 さん。
出来ることが少しずつ奪われていく、というのはどんなに恐ろしいことでしょう。
何か意味がある、というのとは違うかもしれませんが
亜也さんが残してくれた本には、とても大きな意味があると思います。

さくらさん。
今までは、ドラマ版の亜也よりも亜也さんの方がずっと辛かっただろうな、と
思っていました。
でも、さくらさんが書かれたように、今回、ドラマ版の亜也にはまた別の辛さがあり・・・。
私も、病気から解放された亜也さんが、別の世界で幸せに暮らしていると
思いたいです。

kooさん。
見逃してしまわれたとのこと。お役に立てたようでよかったです。
書くことに生きる意味を見つけ出した亜也さん。
どうかそれを奪うようなことがありませんように。

aaaさん。
感動、というより、胸が苦しくなる思い。
あと1話、最後まで亜也の言葉をしっかりと受け止めていきたいです。

まーやさん。
まだ若い亜也さんが残していった言葉。
そのほとんどが、自分で自分を励ましているものでした。
原作、是非読んでみて下さい。また感想など、お待ちしていますね。
Posted by ちーず at 2005年12月18日 23:41
メロの名前が「ミル」なnonです。
お久しぶりです!
以前お友達になってもらったのに一回ブログ閉めてしまって……新しく再開しました!
よかったらまた来てください!!

このドラマ、毎回30分で涙してます。
ちーずさんの言うとおり、感動ではなく、胸が苦しくなってしまう。
お父さんの演技がもう、本物で、病室から出て行って堪えきれない涙を流している陣内さんの涙がすごく印象的でした。
次は最終回。
私はどれだけ泣くんだろう・・・・・・・。
亜也と麻生くんの関係も気になります。
Posted by non at 2005年12月19日 21:25
nonさん、こんばんは。
こちらこそ、またよろしくお願いいたします。

病院の廊下で号泣する瑞生・・・。
陣内さん、ぽろぽろと涙を流していて
あれには私もつられてしまいました。
いよいよ明日、最終回ですね。
Posted by ちーず at 2005年12月19日 23:42
こんにちは。
「とうとう、卒業の、時が来た。
病気になる前に、思い描いていたものとは、違う卒業だった。」
という文章は、なんだか切なくなりました。
1話や2話までの元気だった姿を思い出して・・・
車いすで卒業ですからね。思ってもなかったでしょう。
わたしも22日で小学校を卒業します。
亜也さんよりも幸せな生活をしていたのだから、
そういうことをよく考えて卒業していきたいと思います。
最高な6年間だったと思って・・・・・・・
Posted by なーさん at 2006年03月19日 14:11
なーさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!
ご卒業、おめでとうございます。
なーさんが、そう感じられていること、
亜也さんはきっととても喜ばれていると
思います。
これからも、一生懸命、楽しく、生きていって
下さいね。
Posted by ちーず at 2006年03月19日 20:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134560360

この記事へのトラックバック