2005年12月15日

大奥〜華の乱〜 第9話

『遺言』

柳沢邸で催された宴席の最中、吉里が柳沢(北村一輝)と同様に左利きであることから、柳沢の子であると悟った桂昌院(江波杏子)がショックのあまり倒れた。
騒然となる中、柳沢は安子(内山理名)を別室に招き入れる。そこにはなんと、死罪となったはずの安子の夫・成住(田辺誠一)が幽閉されていた。柳沢の野望が安子に阻まれぬよう、成住は人質にされていたのだ。思いもかけない再会に涙する安子。

信子(藤原紀香)は病気ですっかり弱った桂昌院に対して、“お末上がりのお玉”と侮蔑しながらこれまでの恨みを述べ、吉里は柳沢の子で、染子(貫地谷しほり)はまだ柳沢と密会していると桂昌院を苦しめる。

一方、染子は、世継ぎの母を演じる重圧に耐え切れず、安子に「吉里は上様の御子ではございませぬ。」と打ち明けるが、そのやりとりを隣室で聞いていた音羽(余貴美子)と右衛門佐(高岡早紀)が踏み込み、桂昌院の前でそう証言するよう申し渡す。
しかし…。
公式HPより夫との再会に涙を流す安子。
成住は、命の捨て時、という言葉を言っていましたが、
染子にとっても、「今がそのとき」だったのでしょうか。

染子は、吉里君の出生の秘密がいつバレてしまうかと、心の休まる時がない。
美味トリオでさえ、吉里君は誰の子か一目瞭然、と噂するほど。
その上染子は胸のうちを柳沢に訴えるが、
「お方さま、お気の迷いはお捨て下さい。」
とその手を払いのけられてしまい・・・。

柳沢は成住の牢に行き、そこで酒をふるまい、胸のうちを明かします。
宮仕えの辛さ、りくという女性を殿に奪われた悲しみ。
いずれは嫁にしようと思いをかけていた女性、りくは死んでしまったのですね。
「邪魔者は切って捨てる、相手がおなごでも。」
たとえそれが安子でも、と凄む柳沢。

そしてそれは本当になりました。
染子は柳沢に殺してほしいと懇願。
遺書には、死んで、身の潔白を晴らすとしたためて。
両膝を縛り、返り血で汚れないよう柳沢に着物を掛け・・・
刃物を向けながらも迷う柳沢に、染子は自分のことをお方さまではなく
染子と呼んでほしいと言います。
「染子・・・。」頬に触れ、そして、小刀で一突き。
「嬉しい。今一度、こうして殿に、抱かれとう、ございました。」
染子はそう言い残し、絶命します。
「染子・・・染子・・・染子・・・」
そう呟く柳沢。
染子と過ごした時間よりも、恨みの方が強かったのですね。
柳沢をただひたすら愛し続けた染子。
あまりにも悲しい一生でした。

信子vs桂昌院
今日もまた、迫力がありました!
お見舞いを装い、桂昌院を訪ねていく信子。
そんな信子に感謝の言葉を並べる桂昌院。
すると信子は、
「望まれて京の都を捨て輿入れしたのに、
 捨て駒でしかなかった。
 あとからあとからおなごがやって来て、
 私の顔に泥を塗っていきました。」
長年の恨みを吐き出すように言い、
そして、染子と柳沢が密会していたところを見た、と告白。
あまりのショックに発作を起こしてしまう桂昌院。

桂昌院vs安子
吉里君の真実を知った桂昌院は安子に言う。
「このことは、決して口外してはなりません。
 今のままでよい。全てが丸く収まっている。
 幼い子を次々に失くし、この上の悲しみに耐える力がない、
 心の弱いお方。
 わらわ亡き後は、そなたが、上様を、この婆に代わって。」
寝込んでいても、心配するのは綱吉のことばかり。
親心、と言ってよいのでしょう。

そして、桂昌院臨終のシーンも迫力がありました。
「口うるさく、厳しいばかりの母でした。
 もっと早く、こうして抱きしめればよかった。」
厳しすぎた自分を後悔し詫びる桂昌院。
そんな母の言葉に、綱吉も母の胸で涙を流します。
突然、起き上がる桂昌院。
彼女が見ていたものは、春日局。
「そこが私の席、あなたさまのお隣が、もったいなや・・・。」
そう言い、絶命。

愛する息子の側を離れ、春日局の幻に語りかける桂昌院。
乙羽のナレーションにもありましたが、息子への愛情よりも
権力へのこだわりを思わせる最期でした。

安子は考えに考え、綱吉に吉里君の秘密を打ち明けます。すると、
「安子、そのことにわしが気付かなんだと思うか?
 そのようなこと、初めから察しておったわ。
 世継ぎに立てたのは母君のため。
 母上がそう信じ、その望みにすがっていたから。」
親子して、お互いの為にと演じあっていたんですね。

安子は桂昌院の言いつけを守り、綱吉を支えていくんでしょうか。
それとも・・・。
お伝の、吉里君を見つめる視線。
大典侍の、まだ少しも諦めていない姿勢。
そして次週、信子さま、火達磨に!?
藤原さんの迫真の演技が楽しみです。



ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking



大奥 DVD-BOX
B00012T1NY菅野美穂 池脇千鶴 安達祐実 ポニーキャニオン 2004-01-21売り上げランキング : 2,964Amazonで詳しく見るby G-Tools
大奥スペシャル~幕末の女たち~ 大奥 第一章 DVD-BOX 大奥オリジナル・サウンドトラック 天璋院篤姫〈下〉 天璋院篤姫〈上〉


修羅場
B000BD3DXM東京事変 椎名林檎 ネッド・ドヒニー 東芝EMI 2005-11-02売り上げランキング : 309Amazonで詳しく見るby G-Tools
遭難 Dynamite in tokyo incidents vol.1 群青日和 Dynamite out


この記事へのコメント
失礼致します。
私は「e-アフィリ」と言うサイトの運営者で御座います。
現在「e-アフィリ」のアフィリエイトプログラムに参加してくれる方を探しているのですが、まだバナー登録が少ないので、すみませんがもし宜しければこちらのバナーを登録していただけないでしょうか。アクセス数はかなりありますので、ネットサーフィンの足止め役としてもご利用頂けますよ。
是非一度覗いて見て下さいね。では失礼致しました。
Posted by e-アフィリ at 2005年12月16日 03:29
ちーずさん、こんばんは!
染子は残念な最期を迎えましたね。
柳沢にあんなに健気に献身的に
尽くしていたのに、当の柳沢はリクの事が
忘れられずだったなんて。。。

桂昌院は、一生を賭けて信念の元に
綱吉を育てたのですね。この親子、
心の奥ではしっかりと愛し合い、
お互いを良く理解していたんですね。
普通の親子関係ではないけど。

来週は最終回。
信子が爆発するのか!?
Posted by otyaken at 2005年12月16日 21:02
殺意の回を見過ごしてからこのブログにたどりつき、
毎回楽しく拝見させていただいてます。

寝込んでいても、心配するのは吉保のことばかり。

だけは、「綱吉」と訂正した方がいいのではないかと思いコメントさせていただきました。
最終回、そしてスペシャルまで
更新頑張ってください☆
Posted by み〜 at 2005年12月16日 22:47
ど〜〜でした〜〜吉保と染子のエピソード( TДT)
涙なくしては観られません・・
完全に野望の道具として使われているのに、それでも愛した男のためにと命をも捨てる・・
悲しすぎます(´;ω;`)
そのシーン以外忘れてしまいそうになるほど感情移入しちゃいましたよ(笑)
来週もかなり物語が動きそうですね。
Posted by ひらた at 2005年12月17日 14:31
こんばんは。コメントありがうございます!

otyakenさん。
染子のことを思うと切ないですね。
柳沢と、あんなに幸せそうだったのに。
せめてあの時は柳沢は染子のことを愛していたと
信じたいです。

み〜さん。
訂正ありがとうございます!
この時間帯は裏番組をビデオに録っているので、
あらすじはすっかり公式HPに頼ってしまっています。^^;
また遊びにいらして下さい!

ひらたさん。
染子は本当に健気で一途で。
吉保は、刺さないだろう・・・と思っていたけど、
相当思いが強いようですね。
次週、そしてSPと、目が離せません。
Posted by ちーず at 2005年12月18日 20:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。