2005年12月18日

着信アリ 最終話

『最終回〜明かになる呪の正体と驚愕の真犯人』

由美がいち時期姿を消したことで、亜美の遺体のありかを隠蔽するために大山を殺害したのではないかという疑惑が浮上。そんな時、明和女学院で由美が襲われたという知らせが入る。仙堂たちが駆けつけると、亜美の遺体の手掛かりを探していたところ何者かによって殴られ気を失っていたという。しかし、疑いを解かない仙堂たちは、由美に詰め寄る。無実を訴えながらも答えに窮した由美は、死の予告時間が迫る中、部屋を飛び出す。

その後、学院内を調べていた仙堂は再び由美と顔を合わせ、そこで真利子の絞殺死体を発見。付近に由美の携帯が落ちていたことから再び疑惑がふくらむ。そうして、由美は警察に軟禁状態となるが、隙を見てその場を脱出する。その頃、仙堂はコインロッカーから大山が残したと思われるビデオテープを発見。再生すると、学院のバラの花壇が映し出されていた。それを見た仙堂は、由美が花壇に先回りして証拠を隠滅するのではと察し、山下と共に現場に向かう。
 由美は、仙堂たちより先に花壇に到着し、土を掘り返していた。そこに西村が現れ、驚くべき告白をする。当時、由美に思いを寄せていた西村は、生贄に選ばれた由美を見守るため学校を訪れたが、そこで由美の代わりに生贄役を買って出た亜美が、9人の男たちによって殺されそうになっている現場を目撃。とっさに照明を落として亜美に逃げる隙を与え、別の場所で亜美の姿を捕える。しかし、亜美が由美と入れ替わっていることに気づいていなかった上、動転した亜美になじられた西村は、思わずそのまま絞め殺してしまったという。その後、2人が入れ替わっていたことに気づくが、花壇に埋めた遺体を守るため、ずっと学院に留まり続けたのだと告白する。さらに、西村に思いを寄せる真利子が、真相に近づきつつあった由美を襲ったが、西村は自分を守ろうとした彼女をも、その手にかけたのだった。

告白を終えた西村がナイフを手に由美に迫った時、仙堂と山下が到着。しかし、西村は由美を助けようとした山下を刺し、そのまま逃走。追いかけた仙堂ともみ合いになるが、そんな中で不意に呪いの着信を受け、「悪魔はまだ潜んでいる」という言葉を残して不思議な力によって命を落とす。
 
いっぽう、花壇の由美は再び呪いの着信を受けていた。一刻も早く亜美の遺体を掘り起こさなければ! そんな由美の手を地中から現れた腕がつかみ、土の中から埋もれていた亜美が起きあがってくる。死の予告時間が迫る中、憎悪の眼差しで由美を襲う亜美。しかし、山下がそんな彼女を抱きしめたことで呪いは止まり、由美は死なずにすむ。
 
亜美の携帯には、これまでの被害者たちの携帯番号への発信履歴があった。仙堂は、亜美の遺体が発見された花壇には校舎の増築計画があり、自分の遺体を西村が持ち去ることを恐れて呪いをかけたのではないかと推測する。
 
その翌日、仙堂は西村から告白文を受け取る。そこには、10年前に亜美を殺したのは確かに自分だが、それを見ていたある人物によって「墓場を守り続けろ」と脅迫されていたと書かれていた。そして、入院中の山下に呼び出された仙堂は、亜美の遺体が崩れ落ちる寸前に告げられたという驚がくの真相を聞くことになる。
公式HPより=



大の大人たちが学園中、『亜美』の遺体を探し回って見つけられない、
というのはあり得ない感じも否めませんが・・・。

【亜美と由美】
頭が良くて運動神経も抜群の優等生、亜美。
完璧すぎた彼女は、本当に心を許してくれる友達がいなかった。
その逆に、のんびりやでマイペースの妹・由美には
一緒に笑って泣ける仲間がいた。
自分の方が頑張っているのに、愛されるのはいつも妹。
それが悔しい、許せない、と嘆いていた亜美。
お互い、コンプレックスを抱きあっていたんですね。

【10年前の真実】
やはり、『亜美』はバラ園の下に埋められていました。
『亜美』殺しの犯人は西村。
由美を好きだった西村は、伝説に由美が選ばれたことを心配し、
見守っていた。
そこで、由美と入れ替わった亜美が男たちに襲われるのを目撃し、
電気を落とし逃がした。
=※=
西村は廊下を走る亜美を由美だと勘違いしたまま助けようと声をかけるが、
彼女は拒絶。
階段の踊り場で、彼女を絞め殺してしまう。
ちょうどこの場所は、秋野校長がイスの下から引っ張られる幻想を見た場所。
ここが、殺害現場だったんですね。
そして西村は、いつも見える場所(バラ園)に死体を埋めた。
ところが翌朝、姉がいなくなったと泣く由美の姿に
自分は亜美を殺してしまったのだ、と気付かされる。
それから10年、遺体が見つからないよう、バラ園を守ってきた。

真利子は西村のために大山を勝手に殺し、そして『由美』をも襲った。
西村は真利子が秘密を知っている、と知り、真利子を殺害。

由美を襲おうとする西村。そこへ駆けつける仙堂、山下。
「あんただったのか。亜美を殺したのは!」
そのとき、あのメロディーが鳴り響く。
暴れる西村の持つナイフが山下に突き刺さり・・・。

逃げる西村を追う仙堂。
仙堂に襲い掛かる西村。
あわや、という時、西村は木の蔓に巻きつかれ、
「まだ終わっちゃいない。
 悪魔はまだ潜んでいる。
 本当の、悪魔・・・。」と言い残し、絶命。

山下の怪我を泣きながら心配する由美のもとに、あのメロディー。
『お前の命 あと』
3分からのカウントダウン。
「早く!早く亜美を掘り起こすんだ。
 早くしろ、中村!」
山下に言われ、懸命にバラ園を掘り起こす由美。

『どこ・・・どこなの、お姉ちゃん。』

これは、彼女に届いたのろいのメッセージと同じ言葉。
由美の手を、土の中から掴む『亜美』。
『亜美』は由美に襲い掛かり・・・。

そんな『亜美』を抱きしめ、
「やめろ!
 亜美、やめろ!亜美!
 これ以上人を憎み続けてどうなるっていうんだ。
 そんなこといくら続けたって、お前が救われるわけないだろう!
 これからは、ずっと俺が側にいる。
 もう二度とお前に寂しい思いなんてさせない。
 だから、僕を連れていけ!
 僕がそばにいる。
 僕を連れてけ!亜美!
 僕を連れてけーーー!!」
山下の言葉に、『亜美』は消えてなくなります。
残ったのは、携帯一つ。
由美への呪は解けました。
山下は病院に入院する。

「お姉さんの携帯の発信履歴には、これまでの被害者の
 携帯番号が入ってた。
 この敷地には、校舎の増築が計画されていた。
 おそらく君のお姉さんはそれを知り、
 自分の死体を西村が持ち去ることを恐れて
 呪を掛けたんだろう。
 彼女の怨念が、全ての始まりだったんだよ。
 そして彼女は西村を一番最後まで追いつめ、
 恐怖のどん底に突き落とした。
 まさに、西村にふさわしい地獄だ。
 彼女の思いは遂げられた。
 あとは君が供養してやれ。
 わるかったな。疑ったりして。」
「船頭さんの気持ちは、わかってましたから。」
「これでやっと、俺もこの事件から解放される。」
「・・・だといいですね・・・。」

>彼女は西村を一番最後まで追いつめ、恐怖のどん底に突き落とした。
由美が今まで何度か亜美を助けたことも、このことが理由なのかも。

【驚愕の真実】
西村の部屋に、仙堂あての手紙が残されていた。

『この手紙が警察に押収されているということは、
 きっと俺はもう裁きを受けているに違いない。
 確かに俺は10年前、中村亜美を殺し、学校に埋めた。
 だが、俺の犯行を密かに見ている奴がいた。
 俺はそいつに脅迫を受けた。
 お前の罪を暴かれたくなければ、
 墓場を守り続けろと。』

「誰だ・・・一体誰が西村を・・・。」

病院で目が覚めた山下は、仙堂を呼び出し打ち明ける。
「彼女が・・・彼女が伝えてきたんだ。
 恐ろしい、真実を・・・。」

墓場から蘇った亜美を抱きしめた時、彼女は山下の心に訴えた。
『先生、私は亜美じゃない。
 妹の、由美です。』

由美の机にバラがおかれていた時、姉の亜美が言った。
「私が変わってあげる。
 私が今から中村由美よ。」
「お姉ちゃん・・・。」

亜美は男たちが榊を殺すところを見てしまい・・・
※印のところで、二人はまた入れ替わっていた。
男たちから逃げ出した亜美は、様子を見に来た由美と会い、
二人は教室へ。

「お姉ちゃん、落ち着いて。」
「何でよ。何で私がこんな目に合わなきゃならないのよ。
 勝彦はどこよ。どうして来ないの? 
 どうして私じゃダメなのよ。
 身代わりなんてするんじゃなかった!
 あんたのせいでこんな酷い目にあったのよ!
 ぼーっとしてないで助け呼んできてよ!」 
由美は泣きじゃくる姉のために、助けを呼びに出ていく。
そこで、西村と出会い、襲われ・・・。
首を絞められながらも助けを求めるように目を見開く由美。
彼女の目に、姉の亜美が映った。

「由美・・・」
「お姉ちゃん・・・」
亜美は由美を助けようとせず、目をそむけ・・・。

バラ園に由美が埋められるのを見つめる亜美。
彼女は自分の生徒手帳を破り捨てる。
「心配しないで、由美。
 生贄になって失踪したのは中村亜美。
 そして、今から私が中村由美になってあげるから。」
そう言い、微笑む亜美・・・。

「亜美が・・・妹に憧れていた。
 死んだ、中村由美を名乗り、中村由美として生きていくことで、
 彼女は、完璧な人生を手に入れた。
 そして俺に、亜美が死んだと思わせ、地獄の苦しみを味あわせようとした。」

山下、吐血をし、絶命。

仙胴は編集長に連絡をし、由美の所在を確認する。
だが由美は職場の荷物も、自宅の電話や携帯、アパートの部屋まで解約し
姿を消していた。
彼女の両親に連絡をしようとする仙堂だが、
中村亜美が失踪してから一年後、由美の両親は、埠頭から
車ごと海に突っ込んで死亡。自殺か事故かいまだ不明のまま。

由美と出会った時からの出来事を思い起こす仙堂・・・。
「もしかして、パズルのピースは、彼女でなく、
 俺たちの方だったのか・・・。」

エレベーターの扉が開くと、そこに由美が美しい微笑みを浮かべて
立っていた。彼女の背中が後ろの鏡に映る。
背に包丁を隠したまま、由美はゆっくりと仙堂に近づき、抱きしめ・・・。


【まとめ】
ワンダーフォーゲル部員に殺された榊母子の恨み。
真実を知らされずに殺された榊夫の恨み、
そして、西村に殺され、姉・亜美に見捨てられた由美の恨み。
恨みの気持ちが呼び合い、悲劇を繰り返してきたのでしょう。

多分真田が告白した時点で、榊の家族は成仏したんだと考えます。
その後に鳴った着メロは、バラの下に眠る由美の、
自分を殺した西村と、自分を見捨てた亜美への復讐ですね。

完璧な人生を手に入れる為に、亜美は由美になり代わっていた。
亜美が由美を殺した、と言っても過言ではないのかも。
あの状況で、由美に助けを求めに行かせること自体、それを伺わせます。
双子の姉妹です。男たちが由美を見たら、すぐに殺していたでしょう。

山下と再会した時、由美が懐かしそうに、愛しそうにしていたのは、
彼女が『亜美』だったから。

亜美は、西村が由美を絞め殺すのを見ておきながら
翌日学校で、「姉がいなくなった。」と由美を演じる。
亜美という人物の恐ろしさが伝わってきます。

そして妹の由美も、山下のことが好きだった。
西村に首を絞められ、由美は山下の名を呟いていました。
そんな由美だから、山下の言葉に、成仏することが出来たのかな。
それとも、山下が吐血し死亡したのは、由美が迎えに来たからとか?

亜美・由美の両親は、事件の一年後に亡くなっていました。
いくら双子が入れ替わっても、両親になら気付くはず。
その発覚を恐れ、由美(本当は亜美)が殺害したのでしょうか?
前回、「事件のあと、引きこもっていた」と話した由美は、
自分が亜美であることを悟られないため、
また、自分が由美になりきるために必要な時間だったのかも。

ちょっとつじつまの合わないところもあるけれど
亜美は10年の間に、由美になりきってしまったのかもしれません。
もともと頭のいい、クールな女性。
そして、10年間演じてきた由美のキャラ。
彼女自身、自分がどちらなのか、混乱していたのかも。

混ざり合った呪の力を全て操っていたのは、
生きている人間・亜美だったのでしょうか。
結果的に、亜美は目撃者、関係者を全て消し去り、
完璧な人生を手に入れたように思えてきます。


・水野=娘・亜紀(女子大生。明和学OG)プールで溺死。
    本人は吐血して入院。由美の前でミイラ化。
・成瀬=娘・佐々木裕子(明和学園在校生)が歩道橋から転落死
・牧村=娘・智子(18)踏み切りの手前で転倒。鉄が刺さる
・横田=娘・涼子(20)首切断
・北村=息子・聡、捻じ曲げられてロッカーに。
・小田桐=娘・恭子(20)テレビ撮影中。
     本人は首吊り
・齋藤=恋人・さつきを守り
    本人は飛び降り
・秋野=娘・智圭を何かの力により娘に銃口を向けるものの
    自分を傷つけることで回避。だが後日病院の屋上で変死。
・真田=妻・律子、山荘の暖炉の前でイスごと叩き付けられる。
    本人は獄中で律子の姿の霊に首を折られる。

・亜美、由美の両親=事件の2年後に事故死?

・大山=秘密を嗅ぎ付けられ、真利子が殺害

・仙堂=由美(本当は亜美)が殺害?


秘密のキーワード『SHUJI』



ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking




DVD-BOX2006年3月3日発売決定!
B000CNERKY着信アリ DVD-BOX菊川怜 秋元康 升毅 角川エンタテインメント 2006-03-03by G-Tools



Heart(初回)
B000BDJ1AQD.D.D ワーナーミュージック・ジャパン 2005-11-02売り上げランキング : Amazonで詳しく見るby G-Tools



B000223MU6着信アリ(初回生産限定版・3枚組)柴咲コウ 秋元康 三池崇史 バップ 2004-08-06by G-Tools



B0009HMX5E着信アリ2 DTSスペシャル・エディション (初回限定生産)ミムラ 秋元康 塚本連平 角川エンタテインメント 2005-08-05by G-Tools



着信アリ
4041745144秋元 康 角川書店 2003-11売り上げランキング : 171,641Amazonで詳しく見るby G-Tools
着信アリ (2) 着信アリ 着信アリ1+2―完全版コミック 仄暗い水の底から トンネル


17:07 | CM(5) | TB(0) | 着信アリ | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
芸能人有名人ブログのランキングサイトを運営しています管理人です。

この度、芸能関係のブログを運営している方向けに芸能ブログのランキングを開設しました。
閲覧者は芸能の関係に興味をもった人ばかりなので、集客には効果があると思います。
また今はオープンしたばかりなので、登録して頂いた方には電光掲示板にタイトルと簡単な説明を流した宣伝を期間的にさせてもらおうと思います。
ご興味がありましたらお越し下さいませ。
Posted by 芸能人ブログランキング管理人 at 2005年12月18日 22:56
あなたの隣に誰かいるのページから
こちらに来ました。
着信ありも楽しんでいたのですが
最後は思いもよりませんでした。
仙堂さんは死んでしまったでしょうか?
続編ができないかな?と期待しています。
Posted by ゆか at 2005年12月19日 02:36
ゆかさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。
『あな誰』からもう2年。早いですね〜!
着信アリのラスト、仙堂さんはどうなってしまったのでしょう。
トリックを知った今、また最初から見てみたいです。
また遊びにいらして下さい!
Posted by ちーず at 2005年12月19日 23:16
結局、ちーずさんも私も・・微妙に予想外してましたね。私は、ああいうホラー系の話し自分で考えたりするんですけど、どっちかといえば内容はホラーでも、結末はハッピーエンドにしたいほうなんで・・今回の結末は正直納得できないかな・・。まぁ、書く人によって結末は色々あるでしょうが・・亜美と由美が入れ替わっていて、死んだのは実は由美なのはいいとしても、あの結末では結局最後は亜美だけが得したような印象だし・・。榊親子や由美の呪いにしても、亜美のために利用されたような印象をうけます。もっとも由美は最終的に亜美に復讐して復讐を成し遂げるはずだったのを、山下が亜美の身代わりになることで止めたようなもんですが・・。結局、10年前山下がちゃんと亜美と向き合えていれば、亜美が殺したいほど由美を憎むこともなかったわけで・・山下にも責任はあるんでしょうが・・。

私なら、結末として亜美は中村由美として、10時丁度に呪いによって殺されてしまう。そして、呪いを達成した由美は、山下に10年前のクリスマスイヴに起きた事件の、本当の真相をつげあの世へ消えていく。後日、仙堂宛てに警察に届く1通の手紙。山下は仙堂宛てのその手紙だけを残し、行方不明になる。その手紙によって、やっと10年前の真実をしる仙堂。とはいっても、関係者はもうほとんど死んでいる事件・・仙堂は自分1人の胸の中に真相を閉まっておくことを決め、真田にもらったライターで、その手紙に火をつけるのだった。手紙が灰になり、風に飛ばされていくのを見届けた仙堂。最後に一言・・・『これで・・やっと、終わったな』といって、かすかに微笑んだ。・・・みたいな、ラストにしたいなぁ・・。これなら、この世では上手くいかなかった、亜美と由美の姉妹も、由美の怨念が消えたことで、あの世でもう一度仲良くやり直せるかもしれないし。

こういうラストじゃ・・だめですかねぇ??(;^_^A アセアセ・・・
Posted by さくら at 2005年12月21日 18:57
さくらさん、こんばんは。

さくらさんが考えたラスト。
姉妹がまた仲良くなれるあたり、優しい方なんだろうな〜!

二人がコンプレックスをお互いに抱いていたのは
わかりますが、ちょっと、あそこまで恨みを
持つ、という理由が弱かったかな。
恨みが恨みを呼び込み、あんな事件を繰り返して
しまったんですね。
由美は幸せなのかしら・・・
Posted by ちーず at 2005年12月22日 21:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。