2005年12月23日

今夜ひとりのベッドで 最終回

『君をみつけに』

明之(本木雅弘)を待っていた友(瀬戸朝香)が、待ち合わせの場所で
倒れてしまった。
その頃明之は、友が倒れたことも知らずに行方不明の梓(奥菜恵)を探して
いたのだった。
そして、友が子供のことである決断をしたことなど、その時の明之は
当然知らない…。

後になって、倒れた友の真っ直ぐな決断を知った明之は、深い感動に包まれる。
それは、同じく自分の生き方を模索していた梓や了(要潤)、
俊介(佐々木蔵之介)、玲子(羽田美智子)たちにも大きな影響を与える
ものだった。
そのことによって、それぞれが前向きな人生を意識し始めることに。

みんなが歩み進もうとしている、その大人の決断とは…。
公式HPより=倒れた友はお腹の子も無事で、その日、改めて家で食事をすることに。
「どっちが急を要していたかっていうと、やっぱり梓さんの方だもんね。」
友の穏やかな返事に、かえって不安を覚える明之。
「子供には嘘つきたくない。
 この人があなたのお父さんよ。
 あなたは、お父さんにもお母さんにも沢山愛されているのよって
 言いたい。
 ちゃんとお父さんになってくれる?」
「もちろん!
 俺もそうしたくて、昼間、これ取ってきた。」
料理を押しのけて婚姻届をテーブルに置く明之。
「もう一度、俺と結婚して下さい。」
「あ・・・ごめん。
 そういうことじゃないの。私夫はいらないから。」
「だって今・・・」
「うん。子供にとっては、愛し合っている両親がいることは一番、だよね。
 でも私もう、そうなれないの。
 誤解しないでね。今夜のことがあったからそう言ってるんじゃないの。
 アキちゃんが時間通りに来てても、同じこと言ったから。
 あ、さっき私、アキちゃん待っている間、貧血で倒れちゃったのね。」
「え・・うそ。大丈夫?
 何で連絡、・・・あ。」携帯が切れていたことを思い出す明之。
「でも考えもしなかった。アキちゃんへの連絡。
 倒れた瞬間も、あ、お腹気をつけなきゃって。
 救急車の中や病院ではずっと、レバーとほうれん草沢山食べなきゃって。
 レバーとほうれん草、レバーとほうれん草って、もうそればっかり!
 で、看護士さんに、誰かに迎えに来てもらった方がいいって言われて、
 すぐに浮かんだのが、玲子さん。
 だから、ごめんなさい。」
婚姻届を押し戻し、レバーの皿を元に戻す友。
「じゃあ俺は、何をすれば・・・。」
「うん。この子が生まれたら、抱いてあげてくれればいい。
 この子を、愛してくれればいいの。」

「友はとても真っ直ぐで・・・
 俺の心は、うなだれるしかなかった。

 離婚届はとっくに出していたのに、
 俺にとってはなんだか今が、離婚の瞬間みたいだった。」


梓は友に連絡をする。
梓のお願いを受ける友。
友も梓に、みんな心配しているから無事なことを知らせるよう
お願いする。

明之の携帯にメールが届く。
『心配かけてごめんなさい。
 私は大丈夫です。』

天神様で玲子、俊介と偶然会う友。
お参りの帰り、友は俊介に明之のことを頼む。
「腐れ縁ですけど。
 けど、まだライバルのつもりだからね。
 その、友ちゃんにとっての、レバーに勝つくらい!」
「でもレバー、強いよー!」友が笑う。

「別にあの人に会いに来たわけじゃない。
 なんか遠くに来たかっただけ。
 それだけだから。」


明之はそう自分に言い訳しながら、父・竜之介の元を訪れる。
すると、了も来ていた。
母親に浮気がばれ、家出してしまったと、息子達にメールをよこしたのだ。
「母さん決めてたんだって。
 俺の浮気が20回超えたら、出ていこうって。
 で、21回目だったんだな・・・。」

竜之介が息子達と飲もうと、鹿児島の焼酎を持ってくる。
「こいつの話聞いた?
 職失くしたうえに、借金だらけ。
 でもいい子なんだよな。友達のためだって。」
父の言葉に驚く明之。
父親は明之に、昔描いた明之の母親の絵をプレゼントした。

「泊まっていけよ、今夜。
 でさ、愛について語り合わない?」と竜之介。
「愛って、よく真顔で言えるよね。」と了。
「そう?でも大事でしょ、愛は。
 あ、恋についてでもいいけど。」
「付き合ってあげれば?」了が明之に言う。
「遠慮しておきます!お前こそ泊まれよ。お袋のこともあるんだし。」
「俺は仕事探さなきゃなんないの。」
「俺だって仕事があるんだよ。」
「もういいよ。」息子達の言葉に父親が言うと、
息子達は本当に帰っていった。

友が梓の工房を訪ねていく。
アシスタントの女性は、梓から聞いていると言い、
明之の装丁の仕事で作ったガラスの作品を託す。

明之の職場を訪ねる俊介。
「いいのか?お前は。」
「実はちょっと怖いです。
 父親として、子供のことを愛してくれさえすればそれでいいって言うけどさ、
 だからって子供が俺のこと愛してくれるとは限らないわけだよね。
 むしろ冗談じゃないって思うわけでしょ?
 母親の事悲しませて苦労かけて。」
「子供がお前と同じになるのが怖い?」
「ちょっと。
 ま、蓋を開けてみなけりゃわからないって所があるけどね。
 ていうか、こういう所がなんかテキトー?俺。」
「まあ大目に見てやるよ。ふられたばっかで可哀想だから。」
「お前だってふられたくせに。」
「・・・」
「傷を突き合うのはやめておこうね。」
「そうね。38歳独身同士、悲しくなるだけだからね!」

『その後、梓から何の連絡もなく、
 工房は新しい持ち主を待つことになった。』


『卓球王子』という小説の為に、ラケットでピンポン玉をはじいていると
友がやって来た。
友が梓に頼まれたこと・・・

「思いっきり派手に割って下さい。
 そうすれば友さんも少しはすっきりするだろうし。
 なんたって、友永さんと私の大きなきっかけとなった
 ガラスだから。
 もちろんそれで許してもらおうとか、そんなんじゃないですから。
 私も過去を壊してすっきりしたいし。
 で、何となく、友さんがいいかなって。
 今一番、ちゃんと前を向いて歩いている人だから。」

だが友には、どうしても割ることが出来なかった。
それで明之のところに持ってきたのだ。
「だっていいじゃない、これ。
 見ているうちにね、アキちゃんも純粋にいいなーって思って
 仕事に使ったんだろうなって。
 だから、置くべきところに置いてあげたいと思ってね。」

そのとき、了から連絡が入る。
「え・・・親父が?・・死んだ?」

『この人は呆れたことに、例のナースのアパートで倒れ、
 意識の無いまま運ばれた病院で息を引き取ったという。
 脳溢血だった。』



「昨日は・・・元気だったよなー。」と了。
「あれから行ったんだな、ナースんとこ。
 おふくろさんは?」
「美容院行ってる。喪服の着付けに。」
「喪主だもんな。」
「それはやんないって。」
「だって普通妻だろ?」
「お袋にしてみればやっぱり・・・あれなんじゃないの?」
「まあ、そうね。」
「後の仕切りは全部明之さんに任せるわって。」
「俺!?」
急に慌しくなる明之、了に社会勉強と言い一緒に動き出す。

=葬儀の席=
お線香を上げる女性が泣きじゃくっている。

「・・・それが多分、問題のナースだった。
 なぜ多分かと言うと
 他にも何人か、訳あり風な涙を流す女性の風景が見受けられ、
 誰が父の最後の恋人なのか、俺たちにははっきりわからない。
 まったく呆れた親父だ。」


俊介、玲子と共に、友が焼香に駆けつける。
友の手を合わす姿を見つめる明之、了。

「ふと、親父と友は、結構気があったかもしれないな、と思ったら、
 ふいに、涙がこみ上げた。

 俊介と玲子は、仕事の為に東京へととんぼ返りし、
 妹の弓坂下あずきさんも、育ててくれた父に悪いからと
 俺たちの挨拶もそこそこに帰っていった。」


友は、竜之介から遺言状として預かっていた封筒を二人に渡す。
中には、了と明之名義の預金通帳が、何冊も入っていた。
「生まれる前から・・・。」
「毎月毎月、子供が出来たってわかった時からってことだよな・・・。」
「毎月毎月5000円ずつ・・・。」
「ばかだな・・・。今年の夏までだよ・・・。
 いくつだと思ってるんだよ。」と明之。
「ほんと・・・。こっちが小遣いやる年だっつーの。」と了。
父の遺影を見つめる明之。
「ありがとう・・・。父さん。」

竜之介流に、焼酎ストレートをグラスに4つ注ぎ、
一つは友に、一つは遺影の父に、
そして兄弟は、父の思いを語りながら飲み明かす。

「同じように飲んでやればよかったよな、おととい。」
「まだまだ飲みたそうだった。」
「泊まっていけって。」と明之。
「そうだよ!泊まっていけば良かったのに。」と了。
「お前こそ!」
「親父はあんたに泊まってほしかったんだよ。」
「どっちが泊まったって一緒だよ。」
「ちょっと!ここでケンカするかなぁ。」と友。
「愛を語ろうなんて言っちゃってな。」
「あの顔で言うんだよ!」了が笑う。
「でも、ちゃんと語ってくれているじゃない。」
明之は、友の言葉に、自分の通帳を了の前に置く。
「両方あわせたら、借金きれいに返せるだろう。」
「渡す相手が違うでしょう!」了が、通帳の束を友の前に置く。
「ダメよ!これはお父さんがアキちゃんの為に溜めていたものなんだから、
 アキちゃんが使わなきゃ!」
「貰っておけばいいじゃん。
 親父だって孫のためなら大喜びだよ!」
「ダメ!」
「だよね。
 子供の通帳は、愛情込めて父親の俺がちゃんと作ります。」
「アキちゃん・・・。」

「ん?ちょっと待って!
 はんこうは?この通帳の、印鑑!」
引き出しの中には印鑑の山!
3人は楽しそうに印鑑をチェックし始めた。

「了の勤め先が決まったと友から連絡があり、
 俺はいいと言うのに、友は許してくれなかった。」


八百屋で買い物をしていると、猫の鳴き声。
振り返ると、そこに梓がいた。
「元気!?」
梓の笑顔に微笑む明之。

明之、友、了、梓、玲子が揃って、居酒屋のカウンターに並ぶ。
梓はなんとか父親を見つけ、なけなしのお金を奪って戻ってきたと語る。
「まだ足りないけどちゃんと了にお金返すから。」
「ああ、あれもう大丈夫だから。」と了。
「そ!だからそのぶん取ってきたお金は、ガラスの為に使って下さい。」と明之。

俊介から連絡が入る。
エディーが来た、と大喜びで店を飛び出す玲子。
「エディー!」
「Mommy!!」
抱きしめあう二人。
「これからはずっと一緒にいよう。
 マミーとずっと一緒にいようね。」

「あのチビ、いきなり家の前にタクシーで乗り付けてさ。
 母を訪ねて何千里だよ。」と俊介。
「さすが玲子さんの息子!やってくれるね!」と了。
「なんかいいね、あんな愛し合っちゃって。」と梓。
「友!」
「はい。」
「俺も愛します。
 玲子に負けないくらい、俺の親父に負けないくらい、
 その子のこと、愛せるから。」
「うん。」
4人は玲子とエディーの姿を見つめながらそう言った。

友の家にクリスマスパーティーの準備に集まる明之、了、俊介、玲子、梓。
エディーは祖父、祖母が大喜びで連れまわしているらしい。

梓は竜之介の死を知り、了との結婚がダメになったあと、
自分を訪ねて来てくれた時の事を話し出す。

「あなた、梓さん?
 一之瀬了の父の、一之瀬竜之介です。
 その節は、了が大変失礼なことをいたしまして、
 申し訳ありませんでした。」
そう言い頭を深く下げる竜之介。
「あ・・・いえ・・・。」
「お詫びだけでも、どうしても、と思って。
 じゃ、失礼します。
 ・・・」
「何か?」
「あなた、いい目してますね。
 まっすぐ生きる目だ。」
「はい?」
「だから、もし嫌なことがあれば、
 その目で見据えて、そのあと殴り飛ばしてやればいいんです。
 じゃ、失礼します。」

「あれで少し元気でたの。」と梓。
「お父さん、優しいわよね。」と友。
「女性にはね。」と了。

パーティーの席で語り合う6人。
「じゃあ何?明之はベビーシッターみたいな感じになるわけ?」と俊介。
「ベビーシッターじゃありません!
 通いの父親。
 必要があれば泊まることもあるけどね!」
「お義姉さんと同じ部屋で寝るなよー!」と了。
「いい加減しつこいね、お前は!」
「あんたが諦め早すぎるの!」
「俺は別の愛で友ちゃんを包むことにしました!
 担当編集者の、愛。」と俊介。
「え?書くことにしたの、友!」
「うん。なんかね、書きたいって思いがムクムクと。」
「いいじゃない!!
 どんどん書いちゃいなさい。
 夫の不倫とか浮気とか!」と玲子。
「冗談やめて。ま、それもありか!」

「さ、私そろそろ行かなくちゃ。」と梓。
「どこへ?」
「ニューヨーク。」
「え!?」
「言ってなかったっけ?」
「聞いてない。」と明之。
「ちょっとね、ガラスの修行!
 そういえば、ガラスの処理、ありがとうございました。」
「処理・・・ああ、あれね。」
「割ってくれたんですよね。」
「あれなら俺のとこ。」と明之。
「え!?何で?
 約束したじゃないですか!」
「だって好きなんだもん、あれ。」と友。
「俺も好きだし。
 どうしても壊して欲しかったら、もっとすごい作品を作って下さい。
 そしたらそのとき考えるから。」明之がそう言う。
「じゃあ、絶対にもっとすごい作品作って見せますから!」
「でもニューヨークって金、大丈夫なの?」と了。
「北海道で父親探しているときに、偶然パトロン見つけたの。
 あ、男じゃないからね、おばさん。
 男はあっちで見つけます!」
「はぁ!?」

5人に見送られ、梓は帰っていく。

「子猫は相変わらず気まぐれに、
 するりと飛び出していった。
 そして俺は、相変わらずパソコンに向かい、
 年老いた男が、かつて愛した女たちを回想していくその物語に、
 父が描いた母の横顔を重ねる。」


「俺?俺はまだ友を諦めてなんかいません!
 押しまくるばっかりが能じゃないってことがわかった俺は
 相当協力だよ。
 覚悟しておいてね、アニキ!」


「エディーがいれば、恋なんてどうでもいいの!
 あ、でも当分ね。当分はってことよ!
 女ですもの。またいずれ、花開いてみせますって!フフフ!」


「友は、制服姿と小説家を両立すべく頑張っている。」

「友ちゃんの書く小説には、愛が溢れている。
 それを一番最初に読める幸せを、俺はかみ締めてます。
 あ、でもここちょっと順番、入れ替えた方がいいかも。
 と、もちろん、担当編集者としての目は厳しくね!」


「そして俺は、友と二つの約束をした。
 一つは、友の小説家としての復帰作は、俺が装丁すること。
 もう一つは、子供の名前は俺がつけること。
 しかし実は、こちらはまだ合意に至っていない。」


「だって痛い思いをして産むのは私よ!
 名前付けるなんておいしいとこだけアキちゃんが持っていくなんて
 許せないじゃない!
 それに実は、もう、決めてるんです。
 男の子でも女の子でも、明るいと書いて明。
 明るい明日の、明。」


「そして俺は、どうやら名前を付けさせてもらえないまま、
 未婚の父として生きていく。
 え?カバンの中にはまだずっと婚姻届が入っているんじゃないかって?
 それは、ありません。
 入っているのは紙ではなく、
 少しはちゃんと、愛に向かい合う勇気を持てそうな、
 俺の心です。」


明之のオフィスの棚には、
父の絵と『愛つむぐ女たち』
梓のガラスと『劇場』
そして、『ベビーベッド』。著者は、吉岡ユウ。
本の帯には、
『アキラには
 生まれながらに
 3人の父がいた
 その小さな手に孤独を握り締め、真実を
 求めて、ベビーベッドを抜け出した少年』
そのページをめくると、『装幀ー友永明之』と書いてあった。

「友は、俺の過去と、生まれてくる子供の未来を小説にした。
 その本当の結末は、まだ誰も知らない。
 
 この、俺でさえ・・・。
 何で!?」



=終り=


もう終わったと思ったら、エンドロールのあとに、「何で!?」って。(笑)

子供の名前に、明之の一字を取って、明。
自分で決める、と言いながら、父親の名前を取るだなんて、
友らしい!

一時ドロドロしましたが、最後は納得のハッピーエンド!
みんな、大人でした。
兄弟が仲良くなれたのが、嬉しいかな。

女の私には、明之の心の声が興味深かった。

明之、了、俊介。
三人の『父親』に見守られ、明にはすくすくと育っていってほしいですね。
こういう形の家族があっていいのかも、と思いました。

公式HPに、ドラマを見てくださった方あての、
本木さんのメッセージがアップされていましたよ♪



ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking



「ジョバイロ」とはスペイン語で「私は踊る」の意味だそうです。
ジョバイロ/DON’T CALL ME CRAZY
B000BAYC7Gポルノグラフィティ 新藤晴一 ak.homma ソニーミュージックエンタテインメント 2005-11-16売り上げランキング : 8,126Amazonで詳しく見るby G-Tools



「今夜ひとりのベッドで」オリジナル・サウンドトラック
B000BNM8LATVサントラ ソニーミュージックエンタテインメント 2005-12-07売り上げランキング : Amazonで詳しく見るby G-Tools


この記事へのコメント
ちーずさん、こんばんわ。
タイトルがお洒落で、配役みて、ワクワクしたのですが、最後には、梓までイイ人に
なってました。どうしてもこの6人を揃えないといけないらしくて。
それでも、ドラマが終ると、寂しいですね。
Posted by mari at 2005年12月24日 03:16
こんなブログがあったとは・・。
見過ごしていたのを拝見させていただきます。
Posted by えと at 2005年12月24日 12:25
キャストが好きでこのドラマを見てたのですが、センスがあってなかなか面白かったですね。
大奥の裏番で視聴率が低かったのが残念です。

いつもブログの更新お疲れ様です。
楽しく拝見させて頂いています。
これからも是非お願いします?**
Posted by 真実 at 2005年12月24日 17:33
こんばんは。コメントありがとうございます!

mariさん。
おしゃれなタイトル、おしゃれな音楽。
ちょっとコミカルで、不倫をテーマにしているのに
最後はすっかりハッピーエンド。
友の潔さが気持ちよかった!

えとさん。
このドラマは8話を見逃してしまいました!!
木曜はドラマ激戦区なので、レビューするには辛い!
お役に立てれば何よりです。

真実さん。
木曜はドラマがぶつかっていて、いいドラマが埋もれてしまいそうで
もったいないですね。
ありがとうございます。
また遊びにいらして下さい!
Posted by ちーず at 2005年12月24日 18:13
寺尾舞子役のサエコさんですが、愛の劇場でのニコニコ日記に花名子役で出るそうです。
Posted by 真駒内本町 at 2006年06月05日 22:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。