2006年01月14日

夜王〜YAOH〜 Episode1

『女性を癒す情熱ホスト』

的場遼介(松岡昌宏)は、東京で一発当てたいと野望を持って北海道から
上京してきたもののそのきっかけさえもつかめずに打ちのめされていた。
そんな時遼介は、世界的な有名デザイナー・麗美(かたせ梨乃)と出会った。
「この街は誰も手を差し伸べてはくれない。でも、努力すれば必ず報われる。
 成功すれば、普通では見られない景色を見ることができる」
という麗美の言葉に導かれるように、遼介はホストの世界に飛び込んだのだ。

歌舞伎町でトップのホストクラブ・ロミオで働き始めた遼介は、ありきたりの
接客術ではなく、1人の人間として女性と接することで彼女たちの心を掴んでいく。
ロミオの1ホスト・聖也(北村一輝)は遼介のやり方を認めないが、
修(要潤)たち一部のホストが遼介につき、それまで聖也の独壇場だったロミオに
少しずつ新しい風が吹き始める。そのことに気づいた店のオーナー・矢島(内藤剛志)はトラブルメーカーの遼介を
見守ることにする。
ロミオで麗美と再会を果たした遼介。
麗美はホスト遊びをしながらも、これまで一度もホストを指名したことがなかったが、
遼介を一流のホストに育て上げたいと、遼介を指名する。
周囲はなぜ麗美が遼介を指名するのかと不思議がり、麗美の指名を狙っていた聖也は
自分が馬鹿にしている遼介に負けたことが信じられなかった。
遼介は麗美に、聖也を超え、いつかこの世界で1になることを誓う。
そして夜の街の王、「夜王」を目指すことをも・・・。
公式HPより=

ここまでが、2時間ドラマのストーリーです。

夜の歌舞伎町。
強引なホストから祭(香里奈)を助け出す遼介(松岡昌宏)。
祭りは遼介もホストだと知り、思いっきりビンタ!

「ロミオへようこそ!ジュリエット。」

この決まり文句も懐かしい!いい決まり文句ですね。
2時間ドラマの時から新しいメンバーが増えました。


結花(岩佐真悠子)にホストを紹介する遼介、修、夏輝(石垣佑磨)。
ほとんどのホストクラブでは一度指名したら永久にチェンジ出来ないものだと
説明する。

ナンバー4の光(忍成修吾)は、聖也がつれて来た男。
甘え上手のマダム・キラー。
心の中は凍り付いていて何を考えているかわからない危ないやつ。

忍成修吾さんは『幸せになりたい!』では取立て屋役でいい味出していましたね。

ナンバー3の大河(青木伸輔)は元プロボクサー。
引退してカジノバーでボディーガードしていたところ、聖也が引き抜き。
彼の為に風俗に落ちた女性が沢山いる、危険な男。

ナンバー2の蓮(須賀貴匡)。元々は別の店のナンバー1だったが聖也が引き抜き。
落ちたら最後、骨の髄までしゃぶりつくすという、危ない男。

そして、ナンバー1の聖也は、さらにその上をいく。
入店以来、トップの座を譲ったことのないカリスマホスト。
客も年収一億以上の事業家や芸能人。
ロミオのホストの大半は、聖也の派閥。
遼介、修、夏輝はアウトローの3人組。

金四郎(佐藤二朗)はどこにも属さずに、一匹狼。
年配の女性の肩を抱き、更年期障害について語り合う!

遼介は、こんな個性溢れるホストの中で、ナンバー1を目指してがんばっていた。

そんな中、聖也は指名客が待ちくたびれて怒って帰ろうとした頃に
別の女性客を引き連れ登場。
バラ一輪を差し出し
「1年ですよね、今夜で。」
それを合図に店の照明が落ち、シャンパンタワーが登場。
「ヒロミさんに指名してもらって、今夜でちょうど一年。
 二人だけの記念日だよね。」と耳元でささやく。
会場からの拍手に送られて、バラの花びらが敷き詰められた道を通り
特等席へ。

「じらされて嫉妬した分、喜びは倍増。
 それだけじゃない。
 アピールしてるんだよ、ナンバー1の威力を。」
修の言うとおり、店の女性客たちはうっとりと聖也たちを見つめる。
遼介はその手法に驚かされる。

「新宿歌舞伎町。
 この街は、学歴や金がなくても、
 努力すれば結果が出る。
 成功すれば普通では見られない景色が見られる。
 そして、この景色を掴んだものは、夜王と呼ばれ、
 伝説の男になれる。」


ある日、ロミオに高級エステの女社長・水前寺紅子(南野陽子)と
チーフマネージャー・国枝弥生(伊藤かずえ)が来店した。
ロミオを気に入った紅子は、経営するエステの10周年記念パーティーで
ホストたちに華を添えて欲しいと依頼する。
聖也が見込まれてのことだった。
聖也派ホストたちは、「誠也派で仕切る」と言うが
オーナーの矢島は「これはロミオが受けた仕事だから全員で。」と決定する。

そんな中、亮介は矢島に呼び出され、罰金10万円と言われてしまう。
別のホストから女性客を救い出したことが、客を横取りしたと
ホストクラブ『ブルーナイト』からクレームがついたのだ。
店のマネージャー・佐々木(矢島健一)からはホストに向いていないと
嫌味を言われる。
「挽回すればいい。今度のパーティーで。
 太い客を掴む、チャンスだぞ。」
矢島は遼介にそう言う。

「手っ取り早くあの女社長、食っちゃおうか。」
「どっちが早いか俺と競争します?」
蓮と大河がそう話していると、
「メインディッシュは聖也さんに残しておかないと
 あとでどうなっても知らないよ。」
ナイフを手に、光が微笑みながらそう言った。

早朝、遼介たちは行きつけの定食屋で食事をしていると、
遼介が助けた女性と再会する。
なんと彼女は、店主・慎吾(荒川良々)の妹だったのだ。

「妹の、祭だよ。」
荒川良々さんのこの喋り方が、『タイガー&ドラゴン』を思い出させる!


祭は、出版社の契約社員。
尊敬するデザイナー加納麗美(かたせ梨乃)がホストクラブで遊んでいて、
遼介を指名したことがあると聞いて驚く。
「ホストなんて、女を騙してお金を巻き上げる最低な人種じゃない!」
と言い放つ。

遼介にとって麗美は客というより恩人。
「ホストの世界でてっぺん取って、麗美さんのところへ登りつめてみせる。」
遼介はそう語った。

北海道の昔の仲間(暴走族)からとばが届く。
「ありがたいよなー。昔の仲間って。
 おし!今日も一日がんばるか!おやすみー!」

矢島は麗美を訪ね、10周年パーティーの話をする。
遼介を気にかける麗美に、
「気になるなら店に顔出してやってくれよ。
 あいつをホストの世界に導いたのは君だろ?」
麗美は遼介と出会ってからのことを思い出す。
「私が行くのは簡単よ。
 でもあの子が一人でどこまで上れるか、見てみたいの。」
「なら、ちゃんと、見届けてやってくれ。」
「・・・間に合うかな。」
矢島は麗美の手に優しく触れると、麗美はその手に自分の手を重ね・・・。

客の好みを知るため、エステにリサーチに行った遼介は
そこで紅子が弥生の頬を叩く姿を見てしまう。

エステの体験コースを受けながら、遼介は弥生に話を聞く。
紅子と弥生は同級生。実家は愛媛で学校を出たあと状況、
一からこの店を始めた。
紅子が経営、弥生が技術。
一緒に苦労を共にしてきたと言う。

従業員の一人と関係を持ち、紅子のワンマンぶりの情報を得た蓮、そして大河。
「業績の悪いやつは容赦なく切っていくから社内じゃかなり
 嫌われているらしい。
 唯一の味方が弥生。」
そんな二人をバカにして、光はスタッフルームを出ていく。
そこで立ち聞きしてしまった遼介と会い、
「邪魔だけはしないでね。」と言い立ち去った。

麗美が『ロミオ』を訪れる。
遼介よりも先に麗美に挨拶する聖也。
「どうして僕を指名してくれなかったんですか?」
「聖也には私は必要ないでしょう。」
そう言い、コートを聖也に預け、遼介の手を取り店の中へ。

「少々お疲れ気味ですか?」と気遣う遼介。
実は、麗美の身体はガンに蝕まれ、余命3ヶ月の宣告を受けていたのだ。
「ちょっと仕事が続いていたから。」
「俺に出来ることがあったら何でも言って下さいね。
 俺、麗美さんのためでしたら何でもやりますから!」
「じゃあ早くトップになって。
 ・・・指名したホストには、トップになってほしいものよ。」
「麗美さん、俺は麗美さんに拾ってもらったおかげで、
 今の自分があるんです。
 この世界のトップとって、必ず麗美さんにお返しします。
 だから、それまで、待ってて下さいね。」
遼介の言葉に微笑む麗美。だがその微笑みもすぐに消え・・・。

遼介たちは、パーティー用のタキシードをレンタル。
その帰り道、弥生の姿を見かけて声をかける。

支店長の一人が解雇されそうになり、それを考え直してもらおうと
訴えていたとき、紅子に頬を叩かれてしまったと、弥生は遼介に話す。
「結局、解雇されました。」
「そうだったんですか。厳しい方なんですね、社長さんって。」
「でも仕方がないんです。会社を経営していますから。
 昔から責任感が強くて、会社を大きくするって夢を持っていて。
 本当は、面倒見だっていい人なんですよ。尊敬しています、私は。
 昔ね、会社を立ち上げた頃、お金がなくて、
 よく二人で、みかんばかりを食べていたんです。
 田舎から送ってきたみかん。
 指の先が黄色くなる前食べてました、二人で。
 だから、そんあこともあったから、お金にも仕事にも厳しいんです。
 変な目で見ないで下さいね、彼女のこと。」
そう言い、帰ろうとする弥生を遼介が呼び止める。
「仲間って、いいですよね。
 俺、札幌出身なんですけど、古い仲間が応援してくれているんです。
 いい事も悪いことも全部知っているから、
 厳しいこともちゃんと言ってくれますし、
 結構それが、ありがたいっていうか。」

10周年記念パーティーの日。
パーティーの雰囲気に満足気な紅子。

遼介たちも意気込んで会場に乗り込んだ。
が、ボーイ扱いされ落ち込む。

奥の部屋から、紅子と弥生の声が聞こえる。
「今は、親友として忠告しているの!」
「会社の経営に口出さないで!あなたもクビになりたいの!?
 クビよ。あなたもクビ!」

弥生の気持ちを聞いていた遼介は、黙っていられず間に入っていく。
「ちょっと待って下さい。
 もう少し、弥生さんの気持ち汲んであげてもいいじゃないですか。
 社長と弥生さんって、昔からの仲間なんですよね。
 田舎から送ってきたみかん、二人で食べてがんばってきたんですよね。
 苦労を共にしてきたんですよね。 
 弥生さんは、会社での立場とか、約束とか、そういうの関係なく、
 大切な仲間として心配しているんです。
 もう少し、弥生さんの話を聞いてあげてもいいんじゃないですか?」
「バカバカしい。」
紅子は怒って部屋を出ていくが、遼介はそれでも諦めない。
パーティー会場で客と話す紅子に、弥生の話を聞いてあげて欲しいと
訴える。
怒った紅子は、持っていたシャンパンを遼介にかけた。
床を拭く遼介に、札束を投げつける紅子。
「舐めて。
 そのお金上げるから、私のヒール舐めなさい。
 お金のことなら何でも言うこと聞くんでしょ。ホストなんだから。 
 早く!」
「金のためだけに、ホストやっているんじゃありません。
 お客様の心を癒すために一生懸命なんです。
 喜んでいただいて、初めてお金を頂く。それがホストです。
 ホストのプライドです。」
様子を見ていた聖也が、紅子の前でひざまずき、彼女の靴にキスをした。
そして札束を拾い上げ、
「笑って下さい。
 あなたのパーティーはこれからですよ。」
と紅子にささやく。
「楽しんでいただけたでしょうか?これからがメインイベントです。
 まずこれは、社長からのプレゼントです。」
そう言い札束を高く投げる。
会場の客は舞い落ちる札束に大喜び。
「パーティーを続けましょう。」
聖也は紅子の手を取り歩き出した。

「バッカみたい。ホストなんて。」
祭は一人、会場を後にした。

「またやったの、遼介!」麗美が楽しそうに言う。
「その場は聖也が上手く収めたらしい。
 もちろん聖也たちは、ごっそり指名客を掴んでくるだろう。
 遼介は、まだホストとして自分を殺せない青さがある。
 時間がかかるだろうな。トップになるには。」と矢島。
「じゃああと3ヶ月じゃ無理よね。
 私の方が間に合わないみたい。」

聖也が紅子たちをエスコートして店にやってくる。
「持っていかれたな、根こそぎ。」と修が呟く。
「弥生さんは?」紅子に訪ねる遼介。
「あなた、ホストに向いていないんじゃない?」
紅子は優しく微笑む。

あとから弥生がやって来た。
「遼介さん!」
「弥生さん。辞めなくて済んだんですか!?」
「夕べ、二人でみかん食べながら、じっくり話が出来ました。
 ありがとう!」

閉店後、マネージャーの佐々木は遼介を辞めさせるようオーナーに言う。
「あの場は聖也さんの機転を利かせたおかげで上手く収まりましたが、
 遼介がしたことには、みんな納得していません。
 もちろん私もです!
 遼介一人の為に、ロミオを潰すおつもりですか!?」
納得をいく処分を、と聖也派のホストたちも言う。
「3ヶ月やる。
 3ヶ月でトップにならなければ、トップをやめてもらう。
 それでいいな。」
聖也は納得したのか、少し微笑み出ていった。
遼介も、それを受け入れる。

「3ヶ月・・・。」そう呟く麗美。

「あと3ヶ月。
 つかめるか・・・この景色。」

遼介は早朝の新宿を見つめ・・・。

=一部、公式HP引用=

2時間ドラマを見たときに、連ドラ化するかな、と期待していました。

個性的なホストたち。
そこに集まる女性たち。
いろんなドラマが見られそうですね。

今回のゲストは南野陽子さんと伊藤かずえさん。
彼女たちのドラマ、学生の頃好きでしたね〜!大映シリーズ!
社長として会社を引っ張っていこうと必死な余り、
ワンマンになりすぎてしまう紅子。
そんな彼女を心配する弥生。
仲間を思う気持ち。仲間だから言えること。
二人は遼介のおかげで、再び気持ちを通い合わすことが出来ました。

遼介の祭からのビンタと、弥生の紅子からのビンタ。
遼介の田舎から送られたトバと、弥生や紅子の田舎から送られたみかん。
ちゃんとリンクしていて、こういうのが嬉しい。

ナンバー1ホストの聖也の機転の良さはさすがですね!
魅せてくれます。

熱帯魚屋さんの主婦を店に誘う修。
要さんにあんな風に迫られたら、断る自信なーい。(笑)
ホスト役、ハマっています!

ちょっと変わったホスト・金四郎に、佐藤二朗さん。
彼からも目が離せません!

夏輝役の石垣佑磨さんは、『エンジン』でメカニック役でしたね。
前の髪型の方が良かったー。
松岡さんも、短い方が似合うような気がします。

次週のゲストは星野真理さん。
最近色んなドラマにゲスト出演されていますね。
こちらも楽しみです!

3ヶ月。
オーナーは、トップになった遼介を麗美に見せてあげたくて、
あんな条件を出したんですね。
果たして3ヵ月後の第11話に、彼はトップになっているんでしょうか!?
余命を宣告されている麗美の心も、遼介のトップを目指す姿に癒される
こととなるのか。
祭との関係も気になるところです。


ナンバー2役の須賀貴匡さん公式HP
http://www.sugatakamasa.com/
『スカイハイ2』『すいか』『帰ってきたロッカーのハナコさん』などに出演

ナンバー3役の青木伸輔さんは、『エンジン』で木村さんのライバル、
比呂人役の方でしたか!

新人ホスト役の石垣佑磨さんも『エンジン』に出演されていました。
http://www.horipro.co.jp/hm/ishigaki/



ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking



Mr.Traveling Man(初回限定盤A)
Mr.Traveling Man(初回限定盤A)TOKIO ユニバーサルJ 2006-02-08売り上げランキング : Amazonで詳しく見るby G-Tools





夜王-YAOH 11 (11)
夜王-YAOH 11 (11)倉科 遼 井上 紀良 集英社 2005-12-19売り上げランキング : Amazonで詳しく見るby G-Tools
夜王-YAOH 10 (10) 黒服物語 2 (2) 夜王-YAOH 9 (9) クラブアンダルシア 1 (1) 夜王-YAOH 8 (8)


B000E0OASE夜王 ~YAOH~ (出演 松岡昌宏) by G-Tools



松岡昌宏さんの作品


14:36 | CM(11) | TB(0) | 夜王〜YAOH〜 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちーずさん、こんにちは(^o^)
TBさせていただきました。

私は石垣佑磨くんの大ファンなので
すごくドキドキしながら見ました。
彼と松岡くんの髪型がヘンなのは、
多分「売れないホスト」だからじゃないのかなと。
松岡君はこれからbPを目指すので
仕草も外見もどんどんカッコ良くなりそうな気がします(^-^)
Posted by れい at 2006年01月14日 17:50
こんにちは。

私も要くんにあんな風にせまられたら、絶対断れません。旦那のことをほったらかしても、お店に行くと思います。
一番お気には、No.2ホストの蓮なんです。
彼になら骨の髄までしゃぶられたいかも(笑)

これから、金曜は楽しみになりそうです♪
Posted by ひいな at 2006年01月14日 18:25
こんばんは。コメントありがとうございます!

れいさん。
髪型、やっぱり気になられました?
なるほど。売れないホストだから!
これからカッコ良く洗練されていくのかな?
だとすると、その変化も楽しみです。

ひいなさん。
聖也派のナンバー2がお気に入りですか!
ナンバー2、ナンバー3を演じる役者さん、ノーチェックでした。
二人ともカッコいいですね!
情報として追加しておきます。
Posted by ちーず at 2006年01月14日 20:22
ちーずさんこんにちは
まだまだ荒削りの遼介がどんな風にトップになっていくのかを見守るのは楽しいですね。
聖也の機転は、さすがです^^
Posted by まりこ(^▽^) at 2006年01月15日 04:51
ちーずさん、おはようございます。
短期間でNO.1にのし上がれるのでしょうか?
少し、松岡さん精彩が無いみたいですけど。
がんばれ^^
Posted by mari at 2006年01月15日 07:32
はじめまして

すごいサイト様です〜!

私夜王見るの忘れてたのですが、このブログを見て、来週絶対見なきゃと思いました

私もこんな風な人気ブログにしたいと思います

とっても気に入ったので、ブックマークさせていただきましたvv


お暇であれば、まだまだできたばっかりですが、私のブログにも遊びに来ていただけるとうれしいです。

では。また来ます
Posted by ちゅん at 2006年01月15日 09:15
こんにちは。コメントありがとうございます!

まりこさん。
遼介の、女性を癒そうとする思い。
きっとトップになれるはず!
麗美さんのためにも、がんばってほしいですね。

mariさん。
3ヶ月という期間は短いですが、きっと麗美たちの
期待の答えてくれるはず!
同じく、がんばれ!

ちゅんさん。
お役に立てて何よりです!
次週はぜひチェックしてみて下さいね。
また遊びにいらして下さい。
ちゅんさんのブログにも伺いますね!
Posted by ちーず at 2006年01月15日 16:31
こんにちは〜。
以前のSPは、お互いに大絶賛しましたよね。
それで見事に連ドラ化したんだけど、
やっぱり女性向きなのかな・・・という印象でした。
でも見続けるとは思いますよ。

大映シリーズの二人もお見事でしたね(笑)。
それから松岡作品、興味あった〜!
Posted by ads(あず) at 2006年01月15日 21:55
ちーずさん、こんにちは。
私のSPのときに連ドラ化を意識していたので、期待して観ました。
いや〜、かっこいいですねぇ!(笑)
こんなにイケメン揃いのホストクラブあるのかなぁ、と考えてしまいました。
私は気が多いので、みんな素敵でしたが、No.4の忍成くんを押したいです。(何に??(笑))
ジュリエット気分で、3ヶ月楽しもうと思います♪
Posted by lavish at 2006年01月16日 14:45
何かホストの顔が覚えられません・・・
でも、私なら要さんを指名でしょうか・・。
遼介そんなにやる気あるように見えないですが、
本当にてっぺんを取る気なんですかね。
いちおう、見続けようと思います。
Posted by きこり at 2006年01月16日 16:08
こんばんは。コメントありがとうございます!

あずさん。
あずさんのSPの記事にコメントさせていただいたのを
覚えてますよ!
気軽に見て楽しめるドラマとなりそうですね。
毎回のゲストも楽しみ。
『夜王』『西遊記』『N'sあおい』『時効』『喰いタン』。
今回、ゲスト出演するドラマって多いですね。

lavishさん。
No.4の忍成さんは、謎めいていて素敵ですね!
テレビでホスト気分を味わい満足できる私たちは
安上がりですね!^^

きこりさん。
要さん、素敵ですね!
自分を出しすぎてしまう遼介は、ホストとしては
失格なのかもしれません。
でも女性を食い物にしようとするホストの中で、
彼のように女性を癒したい、というポリシーを持つのは
魅力あります!
実際の世界では、どうなのでしょう!?
Posted by ちーず at 2006年01月17日 20:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。