2006年01月19日

神はサイコロを振らない the 1st day

『10年ぶりに生還した恋人や親友に・・・・』

10年前に別れた恋人を想像する黛ヤス子(小林聡美)。
でも、10年という時間の長さに、今の彼を想像することが出来ない。

積乱雲の中で強い揺れにあう飛行機。
突然、まばゆい光に包まれ、そのまま跡形も無く消えてしまった。

ヤス子は、東洋航空のグランドホステス(地上勤務)。
人生の大きな目標もなく、このまま何事もなく定年まで平穏な毎日を送りたいと
考えている。しかし、彼女は 10年前、航空機事故で親友と恋人を失っていた。
1996年の8月10日に発生したこの事故は、離島から長崎空港に向かって出発した
東洋航空402便が、乗客28名と乗務員を乗せたまま消息を絶った、というもの。
当時、大規模な捜索活動が行われたが、結局何ひとつ発見されず、
2ヵ月後、当時の運輸省は、402便の墜落と乗客乗員全員の死亡を確定していた。
この402便に、ヤス子の親友・竹林亜紀(ともさかりえ)が客室乗務員として、
そして、恋人の木内哲也(山本太郎)が副操縦士として搭乗していたのだ。航空機事故調査委員会は、その 1年後、402便は、急速に発達した積乱雲を避け
きれず、ダウンバーストに巻き込まれて海面に叩きつけられた、との結論を下した。

だが、そんな中、奇妙な自説を振りかざす1人の学者がいた。
当時、東大教授だった量子物理学者の加藤久彦(大杉漣)は、402便が地球を
横切るマイクロブラックホールに吸い込まれた、との仮説を発表し、
10年後の2006年2月10日に時空を超えて再び出現する、と断言したのだ。
その説は、誰からも相手にされず、加藤は教授の座を追われていた。

事故当時、402便支援対策室に所属し、遺族のケアを担当したヤス子だが、
10年たった今では仕事への情熱も薄れ、淡々と職務をこなしてきた。
2月7日、38歳の誕生日を、居候しているニートの弟・菊介(武田真治)と
過ごしたヤス子。
だが、その翌日、ヤス子は、突然、かつての上司・坂倉将(升毅)から
長崎への出張を頼まれた。実は、坂倉は、ネットの掲示板に、
「2日後の2月10日に長崎空港に集結せよ!」
との書き込みを発見していた。
2006年2月10日といえば、あの加藤教授が、402便が再び姿を現すと予言した日。
ネットの噂を真に受けた遺族が長崎空港に集まることを心配した坂倉は、
ヤス子に当日、念のため現地にいて欲しかったのだ。

当日、長崎空港にやって来たヤス子。
しかし、遺族が集まるという話もなく、マスコミからの問い合わせもないため、
すぐに東京に戻ろうと考えていた。
ヤス子は空港で偶然10年前の事故を通して知り合った浜砂柚子(市川実和子)と
再会する。
一方、長崎空港近くに陣取った加藤は、遺族会会長の甲斐陽介(尾美としのり)と
共に、じっとその時を待ち構える。

「私が会社を辞めない理由は、定年後、年金を頂くためである。
 わずかな年金に過ぎなくても、老後の暮らしを考えて。
 決して上司に逆らわず、無理なく、淡々と。
 消して自分の意見は口にださないで、
 あっても決して口にはしないで。
 与えられた仕事だけを、
 無難にこなす。
 この10年、この10年で私はそう学んだの。」


加藤の計算した時刻どおりに、飛行機が姿を見せる。
その瞬間、誰もが目の前の光景に言葉を失った。

「イリュージョン?
 消したり出したり消したり出したり?
 生きてるんですか?乗客も、乗員も。
 誰かふざけてやってるとか!?
 CG、とか?」動揺しまくるヤス子。

滑走路に緊急着陸した機体を、信じられない気持ちで見つめる。
空港関係者たちは混乱に陥ってしまう。
その頃、長崎での緊急事態を知った東京の本部も騒然としていた。
本部長の大屋(岸部一徳)はそのまま待機せよ、との指示を出した。
だが、続々駆けつける遺族たちを前に、何もできずにいたヤス子は、
遂に決心し自分の責任で402便のドアを開けて――。

空港内の大きな窓から亜紀を見つめるヤス子。
「アッチ!」
「ヤッチ!」
と心の中で声を呼びかけあう二人。

402便の乗務員である親友の亜紀と恋人の哲也、
そして乗客たち― 
天才ピアニスト少女・後藤瑠璃子(成海璃子)、
お笑い芸人を目指していた中武昇子(明星真由美)、
駆け落ちカップルの日向啓太(丸山智己)と霧島藍(矢沢心)、
物理学専攻の大学生・甲斐航星(中村友也)、
小学校教員の神蔵竜蔵(ベンガル)・栄子(大川栄子)夫妻、
1人旅の少年・黒木亮(小清水一揮)
らは、突然10年後の世界に放り出されることになり・・・。

お笑い芸人を目指していた昇子は、柚子に「ダッチューの!」を繰り返し、
神蔵夫妻は、娘に子供がいることに驚き。
昔のままの姿の、家族、恋人、友人。

「君は、いくつになりましたか?
 対策本部にいたときは、まだ、入社して4、5年でしたか?
 あれから10年。
 一体どういう年の取り方をしてきたんです?
 何が、あとはよろしくお願いしますだ!?
 君は上からの命令にそむき、ヒーロー気取りで乗客を誘導し、
 さぞかし、気持ちが良かったことでしょう。
 しかし、この尋常ではない状況に置いて、
 君の軽率な行動が、とりかえしのつかないことになっていたら、
 どうするつもりだったんです?
 これ以上、この件に関わることを禁じます。
 ただちに、東京にもどって下さい。」
大屋本部長(岸部一徳)に叱られるヤス子。

亜紀は哲也と、あれは何だったのだろう、と振り返る。
お互いに触れ、生きていることを納得する二人。
亜紀は哲也お頭を思いっきり叩き、そして泣き出す。
「良かったね。だって死ぬかと思った。あの時、怖かった。
 もう、怖くて怖くて、本当に死んじゃうかと思った。
 良かったね・・・。」

哲也はヤス子とけんかをしたまま、離れ離れになっていた。
「おまえなんか死んじゃえ!」
それがヤス子の最後の言葉だった。
そして、ここが10年後の世界という実感を持てずにいた。
「10年か。いろいろあったろうな。
 ・・・大丈夫かな。」と哲也。
「ヤッチは、ヤッチだったよ。」と亜紀が安心させるように言った。

「私は理解者を得たいわけじゃないんだ。
 402便の身の上に怒った現実が、私の計算通りだったことを、
 確かめたかっただけだ。
 あとは、有意義な時間を過ごしてくれ。」
加藤教授は甲斐にそう言い、帰っていく。

状況を理解し、タクシーに乗り込む駆け落ちカップル、啓太と藍。
天才ピアニスト少女・瑠璃子も一緒に逃げ出そうとするが、
甲斐に見つかってしまう。

甲斐は応対する坂倉では話にならず、ヤス子はどうしたのか、と声を荒げる。
彼女が帰ってしまったと聞き、亜紀は空港へ追いかける。

柚子に電話をかけ、今のお笑いブームはチャンスだと喜ぶ昇子。
柚子は娘の顔を見つめ、複雑そう。

黒木少年は、死んでしまった虫かごのクワガタを悲しそうに見つめる。

娘に自分たちの決心を告げる神蔵夫妻。

タクシーの運転手に旧札の一万円を渡し、空港へ駆け込む亜紀。
ヤスコの「どっこいしょ」という独り言に顔をしかめる。
「ヤッチ!何やってんの!?」
「どうしてここに!?」
ホテルでの状況を説明する亜紀。
「私もう、帰んないと。」とヤス子。
「オイ!帰ってる場合じゃないんだってば!
 哲ね!ケンカしたんでしょ?
 つまんないことで意地張ってたらダメだってばー。」
「関係ないから。」
「素直になんないと。
 好きっていう気持ちを大切にしなきゃ。
 仕事も恋もバリバリやってこそヤッチでしょう!?」
「うざったいなー。
 もうね、そういうの終わったの。うっとおしいこと言わないでよ。
 私今年で38だよ。こっちは10年経ってるの。
 昨日のヤッチとは違うの。黛さんなの。」
「・・・老けたね。」
「・・・」
「10年経つと、そうなるんだ。
 10年経つと私もそんな風になっちゃうんだ。
 よっこいしょ、とか、どっこらしょ、とか言っちゃうような。 
 干からびて、ペラペラな干物みたいな女になっちゃうんだ!」
「あのね!」
「ついこの前お立ち台で一緒に踊ったあのヤッチ、もういないんだ!」
「それ20年前だし。」
「ボディコン着てさー。」泣きながら訴える亜紀。
「泣いてるし・・・。」
「30になっても40になってもずっとずっとイケイケでいようって。」
「イケイケってあんたねー。」
「10年なんかに負けてんじゃねーよ、テメーはよー!」
「ヤンキー入ってるし。」
「汗をかけ!」
「冬だし。」
「心にだよ!心に汗かいてないだろうが!」
「・・・かけないし。」
「大変なのわかってて、仕事ほっぽり出して帰っちゃうような女に
 成り下がってんじゃねーよ。
 あんなに好きだった哲のこと、もう終わったなんて言うんじゃねーよ。
 女終わらせてんじゃねーよ!
 勝手に人生捨てるんじゃねーよ!」
「・・・あのね、」
「なんだよ!」
「18歳から28歳までの10年と、28歳から38歳までの10年は違うの。
 同じ10年だけど違うの。
 少なくても私は違ったの。
 ま、あんたもこれからいろんなことあるでしょう。
 体にだけは、気をつけんのよ。じゃ。
 あ、その前髪、ちょっと・・・。」
ヤス子はそう言い、亜希の前から立ち去った。
亜希は両手で顔を覆い泣きじゃくった。

哲太はフロントで手紙を受け取る。
便箋にいは、
『残された時間は、あと9日』
とだけ書かれていた。

インターネットで402便が戻ってくる、と予告したサイトにも、
同じ文章がアップロードされる。

「神様は、どうして402便を連れてきたんだろう。
 10年という時空を超えて、どうして奇跡を起こしたんだろう。
 なんてことを、昔のヤッチだったら考えたりするんだろうか。」

ヤス子は東京行きのフライトへと向っていた。

※あらすじは公式HPに加筆しました。


思っていたのと違うテイストのドラマなのか!?
わりと、コメディーっぽいのに拍子抜け。でもそれが良いのかも!

ヤス子の弟・菊介がニート、というのも今風。公式HPによると、音大卒だとか。
姉のすねかじりのスッチー好き。
10年前の人々との再会は彼をも変えていくのでしょうか。
ヤス子の親友・亜紀は地元長崎でミス・角煮まんじゅうに選ばれるほどの美人。
菊介、惚れるな!(笑)
飛行機事故に話が及ぶと、
「そういえばあったね。そんなこと。」
家族や恋人など、親しい間柄以外の人にとっては、すっかり風化して
しまっているんですね。

前半はコメディーチックに展開していきましたが、最後のヤス子と亜紀の
やり取りに、時間の流れとはこういうものなのだとしみじみ。
せっかく帰ってこれたと思ったら、あと9日限定なのですね。
9日経つと、乗客、乗務員は消えてしまうのでしょうか・・・。

亜紀の熱い思いもわかりますが、ヤス子の冷めた思いも理解出来ます。
ヤス子にしてみれば、自分は恋人より10歳年上となっていて、
やはり会うには複雑でしょう。
ケンカして最後に言ってしまった言葉を、彼女はどれほど責めたでしょう。
まだ再会できていないけど、冒頭のモノローグで、ヤス子が今でも哲也を
好きなのは明らかだし、哲也もヤス子を心配しています。
早く2人のわだかまりが無くなればいいですね。

公式HPにあった言葉。
『10年前になりたかった自分に、今なっていますか?』

自分の10年間を振り返ってみると、やはり、子育てが中心だったかな。
子供がまだ小さい頃は、子供中心の生活。
気の合うママ仲間とは、今でもランチしたり映画を見に行ったり。
でも子供の手が離れると、自分の時間をどう使っていいのか戸惑い。
今はやりがいのある仕事と出会い、ほぼ毎日ブログを更新し(笑)、
充実した毎日を過ごしています。

自分ととても身近な人間が、あの飛行機に乗っていたとして、
こちらは10年ぶりに、向こうは29分41秒ぶりに再会したとしたら、
その人は私にどんな言葉をかけるのだろう。
そんなことを考えました。


ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking



4122046238神はサイコロを振らない大石 英司 中央公論新社 2005-12by G-Tools



4120035948神はサイコロを振らない大石 英司 中央公論新社 2004-12by G-Tools






この記事へのコメント
ちーずさん こんにちは

私も同じく最初コメディータッチだったので、拍子抜け。でも、だんだん見てて落ち着いてきましたが。。。10年ぶりの再会だけど残り9日間でまたいなくなる。その9日目を思うと切ないです。
Posted by アンナ at 2006年01月19日 07:51
おはよーございます。

またまた転校生ペア登場ですね。

 ただ私にとってもちょっと想定外な展開かも?
 この先、ビデオとってまで見続ける気になるかはちょっと微妙です。

 でも、ともさかりえがぐちゃぐちゃに泣きながら笑わせてくれるところはさすがでした。
Posted by さとし@快投乱打 at 2006年01月19日 08:48
こんにちは。

私もヤス子が覚めてしまう気持ちが分かります。
災害対策本部も解散してたし、いろいろと諦めてしまわないと10年間は辛かったんでしょうね。
あと、9日間がどうやって描かれていくのかすごく楽しみです。
Posted by ひいな at 2006年01月19日 08:58
こんにちは!コメントありがとうございます!

アンナさん。
もっとシリアスなドラマかと思っていたので、ちょっとびっくり!
でもかえってそれが良かったかも!
ヤス子の心のつぶやきに、うんうんとうなずく、私は同世代です。(笑)

さとしさん。
ともさかさんの演技、いきなり10年後に飛ばされてしまった
戸惑いが現れていましたね〜!
あの泣きの演技はさすがです!

ひいなさん。
残されてしまった人たちの10年の重み。
その傷は癒えることはないはずです。
ヤス子の、彼を思い続けてきた気持ちが切ないですね。
きっと後悔でいっぱいだったんだろうなー。
早く2人のわだかまりが解けますように。
それぞれの9日間がどう描かれていくのかに期待しています。
Posted by ちーず at 2006年01月19日 09:16
ちーずさん、こんにちは。
今日のガチバカ!で、混戦状態の冬ドラもやっとそろいますね。
今期は、あまりにも秀作ぞろいでホント大変・・・
悲しいかな、全部見られるわけではないので、そろそろリタイヤする作品を決めたいと思っています。
その中での候補がこの作品。
主演の小林さんや脇の方も大好きな方ばかりで本当に残念なのですが。物語のテイストについていけないです(泣)
今日の夜も重なってる番組があるので、涙の選択をします・・良いと思われた方、ゴメンナサイ。
Posted by gen at 2006年01月19日 10:28
ちーずさんの記事を読んで、やっぱり見続けようと決心しました!
いやぁ、私は最初、原作を知らず、『すいか』のメンバーだったので、『すいか』風にのんびり&のほほんとしたドラマかなぁと思っていたんです。
『すいか』が好きでしたので…。
が、設定がシリアスな割には、コメディ風で、しかもちょっぴり『すいか』を意識したような部分もあったり…で、期待感が薄れていました。
最後の方は半分見る気も失せてしまって。。。。

でも、ちーずさんの記事で再び、最後のセリフに目を通すと、考えが変わりました。
もう少し見てみます。
ちーずさんも続けてくださいね。

応援してます。
Posted by 京女。 at 2006年01月19日 10:34
ちーずさん こんにちは。
なにげに見ていたのですが、これも頑張ってブログ書いていこうかなっておもってますのでよろしくお願いします。
コメディじゃなかったけど、ちょっと考えさせられてしまいました。
でもたまには振り返るのもいいかもしれませんね。
Posted by みいちゃん at 2006年01月19日 10:56
ちーずさん、こんにちは。
10年後の再会。しかし相手は10年前のまま・・・。
家族ならまだしも、恋人だったやっちにとっては、確かに複雑でしょうね。

ドラマはそんなに暗く重たくならず、私としては観やすかったです。小林聡美さんの演じるコメディは好きですし♪
9日という時間をどういう風に過ごしていくのか、今後の展開が楽しみです。
Posted by lavish at 2006年01月19日 11:15
ちーずさん、こんにちわ。
10年なんて、たしかに、18から28歳までと、
28から38歳までは違うと言ったヤス子。
社会の風は冷たいから、諦めと、後悔と、萎縮が
今のヤス子を作っているのでしょうね。
9日間で、氷解できるでしょうか?
Posted by mari at 2006年01月19日 17:18
こんばんは。コメントありがとうございます!

genさん。
良いドラマが多いのは嬉しいけれど、視聴するのは大変ですよね。
とくに木曜日の4本!!
リタイヤされるのは残念ですが、仕方がないですね。
もしよければ、あらすじだけでもチェックしてみて、
それで良さそうだったらまた視聴してみて下さいね!

京女。さん。
この記事がきっかけで視聴を続けてくださるとは、光栄です!
10年という時の長さに、いろいろと考えさせられそうです。
乗客もそれぞれお抱えているものがあるようで、その変にも興味があります。
笑って泣ける、ドラマとなりそうですね!
応援ありがとうございます。がんばりますね!

みいちゃんさん。
10年という時間の重さ。現実として突きつけられると、複雑ですよね。
たまには、過去を振り返ってみるのもいいものかもしれません。
記事の更新、がんばりましょう!楽しみにしています。

lavishさん。
過去の思い出の中の彼を、ずっと思い続けてきたヤッチにとって、
若いままの彼との再会は酷ですよね。
小林さん、素敵な女優さんです。
今を大切に生きようと、思わせてくれるドラマとなりそうですね!

mariさん。
あのセリフは名言でした!
9日間、あっという間に過ぎてしまうでしょうね。
ヤス子も、昔はアッチのような女性だったんでしょう。
アッチを見ることは、昔の自分を見るような気になるのかな。
ヤス子がアッチのように再び熱くなれる時は来るのか。
続きが楽しみです。
Posted by ちーず at 2006年01月19日 20:31
こんばんは!
コメント、ありがとうございました!

>自分ととても身近な人間が、あの飛行機に乗っていたとして、
こちらは10年ぶりに、向こうは29分41秒ぶりに再会したとしたら、
その人は私にどんな言葉をかけるのだろう。
そんなことを考えました。


テンポもよく、ユーモアもありますが、
テーマは深く、いろいろな事を考えさせらえるドラマですね。
期待大です!
Posted by GO at 2006年01月19日 23:27
さくらです。

このドラマの印象は、見やすくて良かったですよ。もうちょっと大人向けのドラマになってるのかと思いましたけど、アンフェアと白夜行があるんで、これは思いっきりシリアスじゃなくてかえって良かったかな。死んだと思ってた大事な人が、10年たって10年前のままあらわれたらどうだろう・・。10年もたてば、哀しい現実も思い出になるだろうし、そんな人がいきなり10年前のままあらわれたら・・今頃戻ってこないでよって思うかもなぁ。10年前から突然10年後に一瞬で飛んできた人達と違って、残された方にはその人がいなかった10年間があるわけで・・・・ヤッチにとって18〜28までの10年間と28〜38までの10年間が違ったのは、アッチや恋人と過ごせた10年間とアッチも恋人もいなかった10年間・・っていう違いもあるのかなぁ・・やっぱり。

成海瑠子さんも、出てましたね。ほとんどセリフとかなかったけど・・。天才ピアニストってことですが、駆け落ち中のカップルと一緒に、ホテルを抜け出そうとした理由が気になります。ピアノ弾くのが嫌で、家出でもするために402便に乗ってたんでしょうか。だったら、親が来る前に、抜け出そうって気持ちもわかりますが・・。
Posted by さくら at 2006年01月20日 21:53
こんばんは。コメントありがとうございます!

GOさん。
みなさん比較していらっしゃる、『漂流教室』や
『黄泉がえり』のように、シリアスな感じかと思ったら!
登場人物のセリフがとても面白かったです。
同じく、期待大です!

さくらさん。
10年前に死んだと思った恋人が突然昔の姿のままで
現れたら・・・
女性としては、辛いだろうなーと思いました。
女性にとっての10年は大きい!
ヤス子は今でも彼のことが好きなようですが、
別の人と結婚して今は幸せ、というケースもあるでしょうね。
駆け落ちカップルの家族たちは二人をどう受け止めるのか。
成海さんが演じている少女は、さくらさんが書かれたような
理由かな、と私も思います。
タイトルによると、1日ずつ描かれていくようなので、
いろんな人のストーリーが同時進行していくのかな?
それもちょっと楽しみです。
Posted by ちーず at 2006年01月21日 00:33
こんにちは!
「18歳から28歳までの10年と〜」は深いセリフでしたよね。
ほぼノーマークだったんだけど、
かなり期待できそうな感じがしました。
今日も放送がありますね。しっかり見ます!
Posted by ads(あず) at 2006年01月25日 01:45
あずさん、こんにちは!
あずさんにも評価が高いようで嬉しい。
予想以上によさそうなドラマ。
最後は切ない気持ちとなりそうです。
Posted by ちーず at 2006年01月26日 14:16
ちーずさん、こんばんわ。

「10年前になりたかった自分に、今なっていますか?」っていうところがこのドラマのテーマなのかもしれませんね〜

タイトルだけを見ると、神様なんていないという意味に感じるのですが、どのような展開になるのか楽しみなところです!
Posted by Ky'z at 2006年01月29日 00:59
Ky'zさん、こんばんは。
そうですね。まさにそれが、このドラマのテーマなのでしょうね。
そして、これから先の自分の10年を考えるきっかけも
与えてくれそうです。
Posted by ちーず at 2006年01月29日 20:46
この、ドラマを、見ると、泣けます。
あたしは、パンよろしく。えへへ。
Posted by パン at 2006年02月19日 18:51
パンさん、こんばんは。
私も今クールでこのドラマが一番好きです。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
Posted by ちーず at 2006年02月20日 19:48
テツ
ヤスコ
緒婚
好き
テイト
Posted by テツヤヤスコ at 2006年04月15日 16:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。