2006年02月07日

西遊記 第五巻

『子供の国』

孫悟空(香取慎吾)、沙悟浄(内村光良)、猪八戒(伊藤淳史)、三蔵法師(深津絵里)たち。とある町の目前で、悟空は木の枝にひっかかっていた赤ん坊を助ける。町に入って、子供の親を探すと純純(吉武怜朗)が自分の弟だと名乗り出た。純純は、弟を助けてくれたお礼がしたいと自分の家に一行を招く。そんな時、悟浄は町の異常に気付いた。この町には大人の姿がなく、いるのは子供だけだったのだ。
純純によると、大人は全員狩猟に出ているらしい。そんな純純が、仲間の雲呑(松岡和暉)と隣町に商売に行くと言う。
留守を心配する悟空は、純純の妹、明明(松尾瑠璃)と赤ん坊を一晩世話することに。

翌朝、純純が帰ってくると、悟空たちは再び旅に出る。山道に入ると、一行の前を雲呑が歩いている。その雲呑は、あたりを気にするように、とある祠へと入った。 
気になる悟空たちも祠に入っていくと、中はまるで蟻の巣のような迷路。二手に別れて雲呑を探すと、小さな牢獄のような部屋がたくさん並ぶ空間に出た。よく見ると、各部屋には大人たちが入っている。と、ある部屋の前に雲呑がいた。そこに、医者と名乗る紅蟻夫人(高橋ひとみ)が現れ…。
公式HPより=母乳代わりに迦乳果(カチチカ)がいいと凛凛から聞いた悟空は、その実を捜しに
いくと、老子さまがそれにほお擦り!
それを見た悟空、
「老子さまともあろうものが、こんなものをこそこそと育てていると知ったら、
 菩薩さまが何と言うか・・・。」

悟空が老子さまにお説教してるー!!

その実をすりおろし、布にくるんで絞り、火で温め。
赤ちゃんの為に食事を準備する悟空。

ビストロスマップ仕込みの手つきで
赤ちゃんを膝に抱きご飯を食べさせる悟空、さまになっていましたね!
ナマカたちにお父さん、と呼ばれちゃっています。
赤ちゃんがまたかわいい!


蟻の巣の牢獄に、大人たちが囚われていた。
大人と入ると病気に感染してしまうと言い、紅蟻夫人によって大人と子供と
分けられてしまった国。

大人なんていらない!と言う純純と妹には、親がいなかった。
「大人はずるくて、自分勝手で、嘘つきで!
 人間は大人になるとどんどん汚れていくんだ!」
「まあ・・・確かに、やらしいこととか、な。」と沙悟浄。
「いいことも、覚えますよ。ご飯のこととか。」と猪八戒。
「あといやらしいこととかね。」と悟浄。
「ごはんのこととか!」と八戒。
「いやらしいこととかね。」と悟浄。
「確かに、大人とは、純粋ではないかもしれませんが、
 傷ついていれば、優しさを身につけ、
 人の痛みもわかるものなのですよ。」と法師。
「大人になると、優しくなるんですか?」純純が聞く。
「そうですよ。大人というのは、」
「だったら!どうしてうちのお父さんとお母さんは僕たちを置いて
 出て行ったんですか? 
 どうして雲呑の親はこんな小さな赤ん坊を捨てたんですか!?
 僕たちが・・・僕たちがお父さんやお母さんに愛されていなかったからだよ!
 どうせすぐいなくなるくせに、偉そうに勝手なことばかり言って!
 あなたたちも汚い大人だ!大人なんていらない!帰れ!!」

子供たちの寂しさを知った悟空は、旅をやめると言い出す。
「俺はこいつらのお父さんになる!」

凛凛の調べにより、病原菌を巻いたのは純純だということがわかる。
「多分、寂しかったからじゃないかな。
 自分たち兄弟にだけ、親がいなことが。
 街を歩いていても、友達の家にいっても、親子の姿を目にする。
 そうだ、町中の親たちがみーんないなくなれば、 
 もう寂しくないんじゃないか?
 そう考えてしまったのね。」

悟空はそのことに気付いていたから、父親になると言ったのでした!

「朝目が覚めたら遊びに出かけて、
 腹減ったら召し食ってまた遊んで、
 日が暮れたら召し食って明日の遊びを考えながら寝る!
 これが子供の仕事だ!ガキはその辺で遊んでろ!元気出して。」

悟空が純純に言った言葉です。なんて理想的なのでしょう!!

「父親面やめて下さい!
 あなたには分かるわけないんだ。
 あなたになんて、俺の気持ち・・・」

凛凛は、紅蟻夫人が妖怪だったとたどり着く。
親子を引き離した理由は、大人だけを隔離して、奴隷として
売り飛ばそうとしていた。
純純は奴隷商人に売られると聞きつけ、大人たちを助けにいったところ、
紅蟻夫人に見つかり、病原菌を飲まされてしまった。

「悟空の、言うとおりでした。
 外に、遊びに行ってきたんだ・・・。
 みんなに謝らなきゃ。僕のせいで、みんな、寂しくなって。
 ごめんね・・・。」
「もういい。みんなわかってくれる。」と悟空。
「みんなを助けて。」
「俺に任せろ!」
「僕・・・逢いたい。お父さんと、お母さんに、逢いたい!
 悟空・・・言っていいかな。
 悟空のことを、一回だけ、お父さんって・・・。」
「バカ!一回だけなんてケチケチしたこと言ってねーで、
 百回で千回でも、百千万回でも、何回でもう呼べばいいんだよ!」
「ありがとう・・・お父さん・・・」

「すべきことをすればいいのです。彼らの父として。」
法師に言われ、悟空は紅蟻夫人に立ち向かう。
「ウッキー!!觔斗雲!」

「行きましょう。私も頭にきました!」
法師が悟浄、八戒に言う。

「みな従順な働き蟻。こき使ってあげてちょうだい。」
奴隷商人に大人たちを売り飛ばす紅蟻夫人。

そこへ法師の鈴の音。三蔵法師とゆかいな仲間達、登場!
「病源菌はお前だ!
 お前、赤ちゃんのオムツ変えたことないだろう!
 めちゃくちゃ臭いんだぞ!
 臭くて臭くて鼻が曲がっちまう! 
 だけどな、親はそんなこと全然気にしない!
 毎日毎日飯食わせて、泣きだしたら夜中だろうとなんだろうと抱き上げて、
 大きくなれ大きくなれって抱きしめてやんだよ!
 何でだかわかるか?
 親だって子供に洗ってもらってるからだよ!
 心って言うオムツをな!
 親と子は一緒にいなきゃいけないんだー!
 その邪魔をするようなやつは、たとえ神様仏様が許したって、
 この俺様が許さねー!
 さぁ答えろ!天国に行きたいか、地獄へ行きたいか!?」

アハハハと笑いながらスパイダーマンのようにウェブを出して
悟空に攻撃する紅蟻婦人。
蟻なのに糸?・・・と思ったら、酸を出していたのですね!

逃げ出したと見せかけた悟浄と八戒が気を引き、その隙に悟空は・・・
さすがに女優・高橋さんを殴り倒すシーンはなく、画面は
恐怖におののく紅蟻婦人の表情を捕らえたあと、
倒れこむシーンに。

今回の先頭シーン。なかなか見応えがありました。
紅蟻夫人も悪だけどお美しかった!


純純も薬で元気になり、大人たちは町へ戻り。
「僕たちにも、お父さん、お母さんはいるよ。
 僕たちの心の中にいる。
 そして、いつか必ず帰ってくる。
 うちの戸を叩いて、帰ってきてくれるから。
 それまでは、お兄ちゃんが、お父さんお母さんになるから。」
そう言い妹を抱きしめる純純。

悟空は二人から名前入りの腹巻をプレゼントされ大喜び。
一行はまた天竺目指し、旅に出た。

めでたしめでたし!

純純の、
「大人はずるくて、自分勝手で、嘘つきで!
 人間は大人になるとどんどん汚れていくんだ!」
という言葉の裏側には、寂しいという気持ちが隠されていたんですね。
回りのみんなには親がいて、自分たちにはいない。
あんな気持ちになっても仕方ありません。

そんな純純たちに、
「俺はこいつらのお父さんになる!」
と決心した悟空。
そんな悟空の思いに、純純も素直な心を取り戻すことが出来ました。

悟空が紅蟻婦人に言った言葉も素敵でした。
心っていうオムツを子供たちに洗ってもらっている・・・かぁ!
悟空、なかなかの詩人ですよね。(笑)
毎回〆の言葉が楽しみになっています。

それから凛凛、今回も大活躍でしたね。
彼女の正体も気になります!



純純役の吉武怜朗君のプロフィール
http://www.g-tohai.co.jp/person/reo.htm


ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking



主題歌はこちら。今風なアレンジですね!
B000E0VPJQAround The WorldMONKEY MAJIK エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2006-02-22by G-Tools



元祖・MAGIC MONKEY。

B00005ELVK西遊記ゴダイゴ GODIEGO ミッキー吉野 コロムビアミュージックエンタテインメント 1993-10-21by G-Tools


saiyuki.jpg

1978年に放映された『西遊記』の主題歌。
ゴダイゴもこのドラマも大好きでした。
(孫悟空=堺正章 三蔵法師=夏目雅子 猪八戒=西田敏行 沙悟浄=岸部シロー)


こちらはサウンドトラック。
B000E0VPJG西遊記オリジナルサウンドトラックTVサントラ エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2006-03-01by G-Tools



慎吾君が読んでいた孫悟空の漫画。コロコロコミック連載中!
西遊記ヒーローGo空伝!


こちらは中国のテレビシリーズ。
B000B84Q3S西遊記 スペシャル DVD-BOXビデオメーカー 2005-10-21by G-Tools



西遊記〈3〉
西遊記〈3〉中野 美代子 岩波書店 2005-03-16売り上げランキング : 39,659Amazonで詳しく見るby G-Tools
西遊記解体新書 孫悟空の誕生―サルの民話学と「西遊記」 西遊記〈4〉 太平洋探検 (6) 西遊記の秘密―タオと煉丹術のシンボリズム


西遊記 (4)
西遊記 (4)藤原 カムイ 日本放送出版協会 2005-10売り上げランキング : Amazonで詳しく見るby G-Tools
西遊記 (3) 西遊記 (地の巻) 西遊記 (天の巻) ドラゴンクエストエデンの戦士たち 13 (13) ロトの紋章~紋章を継ぐ者たちへ 1 (1)


香取慎吾さん過去の作品


01:59 | CM(10) | TB(0) | 西遊記 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
蟻夫人が出していたのは酸だったんですか?
そうですね、蟻ですもんね。
それにしても、今回は悟空の優しさがとてもよかったですね。
Posted by いわぴい at 2006年02月07日 06:57
はじめまして。いつも楽しみにしています。

今回の三蔵は頼りなかった。悟空を良くしすぎ?

あと、赤ちゃんのそばで怒鳴りすぎでしょう。
Posted by たにやん at 2006年02月07日 10:24
こんにちは!今回は、孫悟空と純純の「擬似親子」体験。どちらも素直になれたので悔いはなし、という感じでしょうか。対決シーンも盛り上がりましたね。
Posted by ドラマの視点 at 2006年02月07日 11:54
こんにちは。コメントありがとうございます!

いわぴいさん。
まるでスパイダーマンみたいでしたよね!
公式HPのクイズのところで酸だとわかりました。^^

たにやんさん。
はじめまして!
この西遊記の三蔵法師は、ずっとああいうキャラなのかも
しれないですね。
私は深津さん贔屓なので(笑)こんな三蔵法師も
今回はアリかなーと受け入れています。
怒鳴りのシーン、赤ちゃん疲れただろうなー。

ドラマの視点さん。
純純は孫空のおかげで素直になることができました。
孫空もそうなんですよね!
高橋さん、いい雰囲気をかもし出していらっしゃいましたね。
Posted by ちーず at 2006年02月07日 12:04
高橋ひとみさんの妖怪、蟻だったんですかっ。
全然わかりませんでした(苦笑)
Posted by あちゃこ at 2006年02月07日 13:08
どうも 新年あけましておめでとうございます。

いきなりのコメントで大変申し訳ありません

今回コメントさしていただきましたのは

かってですが私のブログ <Blogを紹介しちゃます。>でどらま・のーとを紹介さしていただきました。

かってに紹介して悪いと思ったんですが、 どうしても紹介したいと思いまして...

今回紹介さしていただきました、 かってに紹介してもうしわけありませんでした。

もしよかったらご覧ください。

ホントに毎回楽しく拝見しています。 ありがとうございます。

http://ameblo.jp/tkfire/
Posted by tkfire at 2006年02月07日 21:01
はじめまして。
Jパスポートアフィリエイトの板橋と申します。
http://affiliate.jpassport.jp/

西遊記何となくですが、毎週見ちゃってます。ウッチャンの沙悟浄が1番ハマッているような。。。
他にもロンドなど、魅力的なドラマの記事が満載です。

貴サイトの魅力を武器に、アフィリエイト活動で副業を始めてみませんか?

Jパスポートは貴サイトの様な魅力あるサイトをアフィリエイターとして歓迎します。
広告は1クリック5円、会員登録1件3000円、継続報酬5%と魅力的な報酬設定です。

ぜひ一度Jパスポート
http://affiliate.jpassport.j/
へ遊びに来てください!

ご質問などは、affiliate@jpassport.jp まで
Posted by Jパスポートアフィリエイト at 2006年02月07日 21:30
こんにちは。ちーずさん
今回悟空がいった言葉は心にずしんと来ましたね。
本当に毎回いいことをいってくれますね。
それにしてももうちょっと三蔵さんが
活躍してもいいのに!と不満だったりして・・・(^_^;)今回の登場もすくなかったですね。
Posted by みのむし at 2006年02月08日 21:17
こんにちは。コメントありがとうございます!

あちゃこさん。
私も公式あらすじを見なければ蟻ってわからなかったかも。(笑)

tkfireさん。
ご紹介いただき光栄です!ありがとうございました。
また遊びにいらしてください。

Jパスポートアフィリエイトさん。
ウッチャンの沙悟浄、いいですよね〜!
私もつい目で追ってしまいます。

みのむしさん。
この西遊記の三蔵法師は、新たなキャラですね。
おいしい所を全部悟空に持っていかれてしまい、
ちょっと可愛そうです。^^;
Posted by ちーず at 2006年02月09日 23:18
さくらです。

コメント遅くなってしまったので、簡単にいきますが・・今回は戦闘シーンがそこそこ楽しめて良かったですね。凛凛の正体は・・・多分妖怪?人間にしては妖怪のこと知りすぎですもんね。三蔵役の深津さんは、いつも男勝りに女性ならではの意見を主張してる、カッコイイ役が多いので、個人的にはもうちょっと言って欲しいってとこがあるけど、悟空が主人公なんでしょうがないとこでしょうか・・。

今日放送の第6巻では、いよいよ成宮くん登場。予告でも悟空が旅に誘ってたし、新たな仲間が加わりそうで楽しみですね♪
Posted by さくら at 2006年02月13日 18:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。