2006年02月18日

夜王〜YAOH〜 Episode6

『ホステス軍団ロミオ封鎖』

麗美(かたせ梨乃)の命が残り僅かなことを知った遼介(松岡昌宏)は、
今まで以上に奮闘し、ついに売上5位にまで踊り出た。
一方麗美も、生きた証を残そうと新作発表会を集大成にするべく、
仕事に没頭する。
そんな中、ファッションブランド社長の岡崎(岩城滉一)がロミオに来店、
遼介を指名する。
岡崎は遼介に麗美に会わせろと財布から札束を取り出す。
かつての仕事仲間だった麗美に助けを求めるも、拒絶されていた岡崎は、
遼介を使って麗美に接触を図ろうとしていたのだ。
「お客様のプライバシーはお金で買えるほど安くありません」
と遼介に断られた岡崎は、クラブのママ・揚羽(佐田真由美)を使い、
ロミオを窮地に陥れる作戦を開始する・・・。
公式HPより=指名客に積極的に営業を働きかける遼介。
「いらっしゃいませ。」の一言だけで、今までとの違いがはっきり見えます。
遼介の客も、彼がトップになることを応援。
身体にムチを打って働いてでも応援すると言う客の言葉に、
麗美のガン告白が浮かぶ。
「ダメですよ。身体だけは、大事にして下さい。」
麗美の言葉を胸に、遼介は客に接していきます。
恩人の麗美のために、彼女に自分の頑張る姿を見せる為に。

修や夏輝、金四郎の協力の元、遼介の努力が実り、トップ5に食い込む。
1位 聖也
2位 蓮
3位 大河
4位 光
5位 遼介

遼介はオーナー・矢島に、3ヶ月という期間を与えられたのは、麗美の余命宣告が
3ヶ月だったからと告白される。
「大丈夫です。落ち込んでなんかいられません。
 聖也さん抜いてトップになる姿、麗美さんに見てもらいます。
 俺には、それくらいしか出来ませんから。」

麗美は残された時間、生きた証を残そうと精一杯生きるべく、
新作発表会の準備に打ち込んでいた。

そんな麗美の元に岡崎という男から電話が入る。
「もう一度俺の話を聞いてほしい。」
「前にも言ったと思うけど・・・
 今後ろを振り返っている時間はないの。二度とかけてこないで。」

「遼介ごときに抜かれやがって!それでも聖也派か!!」
聖也派のホストたちを叱り飛ばす大河。
「自分が焦ってんじゃないの?」
そう言い笑っちゃう光!ロミオの中で3番目に気になるホストです。(笑)
(ちなみに1位は修さん、2位は聖也さん)
聖也派の中にも不協和音が流れ始めそうですね。
「金をつかめないやつは、俺についてくる資格はない。わかったな。」
聖也はびしっと後輩たちを指導します。

遼介の必死さを心配する修。いい先輩です。

ロミオに岡崎来店。岩城滉一さん、カッコいい〜!
「お前か。麗美の若いツバメっていうのは。」
聖也も指名され、岡崎の席につく。
岡崎の連れの女性二人は聖也を気に入るが
「見てくれで人を判断するのは良くないな。
 遼介の方がもっといい男かもしれない。
 加納麗美を落とした男だもんな。」と岡崎。
「あなたベッドの方がすごいんでしょう!」と女性客。
「なんだったらお持ち帰りするか?
 ホストはな、金さえ積めば、誰とでも寝てくれるそうだ。」と岡崎。
「えー。聖也もそうなの?」
「僕ならセックス以上に素敵な夢を見せてさしあげます。」と聖也。
もう一人の女性にアフター付き合うよう言われた遼介、
「わかりました。
 ただし、ベッドまでご一緒出来るかはわかりません。
 僕は心のないセックスはしたくないんです。
 互いの心が通い合うのに、一晩で時間が足りるかどうか。」
修と夏輝は遼介の言葉に満足げ。
岡崎の狙いは遼介に麗美と取り次がせること。
遼介が取り合わないと、胸ポケットから金の入った封筒を取り出す。
「お客様のプライバシーは、お金で買えるほど安くはありません。」と遼介。
「いっちょまえに、麗美のナイト気取りか。
 俺があの女に何を与えたと思う?
 チャンス、金、人脈、全てだ。
 仕事もプライベートも俺が仕込んでやった。
 加納麗美は俺が作った。わかるか!?
 なのにあの女、俺に黙って独立して、しかも今更こんな若造に入れ込んで。
 どうやってあの女を落とした!?
 俺のときは向こうからきたぞ。」
「止めてください!俺のことはどんだけバカにしても構いません。
 けど、麗美さんを侮辱するのは許しませんよ。」
「遼介!お酒をお作りしろ。
 すみません。気の利かない若造で。」
聖也が間に入ると、岡崎は女性を残し先に帰っていった。

麗美の取材をする祭。
「私、夢だったんです!麗美さんのお仕事取材するの。」
「夢か・・・。私の夢はね、洋服を作ること!
 一着作るたびに、夢が一つ叶えられた気分になるわ。」
「素敵な夢ですね!私も出来る限りお手伝いします。」
「一緒に夢を叶えましょう!」

クラブのママ・揚羽が胡蝶、繭香、蛍ら沢山のホステスを引きつれロミオに来店し
遼介を指名する。
彼女たちが居座るせいで、常連客たちは入店できず。
「遼介君!これかなりヤバイよ。
 鈍感だね。まだ気付かない?あれ見て。」光に言われ、修が呟く。
「ロミオが・・・ジャックされている!」

揚羽が携帯を差し出す。相手は岡崎。
「早く麗美につながないと、店に迷惑がかかることになるぞ?」

「いいお店ね。暫く通うことにするわ。
 みんな、朝まで楽しみましょう。
 ただし、ボトルは入れちゃダメよー。」
「ハーイ!」
「覚悟してね。遼介。」

岡崎の経営する『ジュリアン』の業績はここ数年悪化。
岡崎は、麗美の信頼が厚い遼介に目をつけ、
遼介を通せば麗美がデザインを引き受けるだろうと考えていた。
二人はかつて結婚を約束した仲でもあった。
オーナーと遼介は、麗美に余計な心配はさせないよう
岡崎のことを秘密にする。

聖也派は、暫くは店外営業でフォローすることに。

しんちゃん食堂で、遼介は修、夏輝、金四郎に麗美のことを話す。
「実は・・・麗美さん・・・ガンなんです。
 もう長くないんです。
 あとどれ位持つか、わかりません。
 もうすぐ新作の発表会があるんですけど、麗美さん、それを
 自分の生きた証にしようって。
 けど、それをジュリアンの岡崎さんに、邪魔をされていて、それでお店に・・・。
 みんなには迷惑をかけると思う。
 っていうか、もちろん迷惑をかけていると思います。
 けど、麗美さんは俺にとって一番大事な人だから、
 守ってあげたい。
 麗美さんを守ってあげたいんです。
 すいません。」
「何の為に俺たちがいると思っているんだよ。」と修。
「そうだよ。もっと俺たちを頼ってよ。」と夏輝。
「すぐ一人で背負いこもうとするからなー。」と金四郎。
「そのための遼介派だろう。
 お前の好きなようにやればいい。
 あとは俺たちに任せろ。」と修。
「私も、麗美さん守る。
 麗美さんは、私にとっても大切な人だから。」
話を聞いていた祭も涙をこぼしながら遼介にそう言った。

遼介は麗美を訪ねていき、先日トップ5になったと報告。
「そんなことで喜んでいたらまだまだよ。」
そう言いながらもとても嬉しそうな麗美。
痛みを堪える麗美を心配する遼介。
「こんなことで負けたりしないわよ。
 ここにいるスタッフのためにも、発表会だけは、
 どんなことしてもやり遂げてみせる!
 私、今、最高に幸せな気分よ。 
 独立して、麗美ブランド立ち上げて。
 自分ひとりでここまでやって来たつもりだったけど、
 こんないいスタッフに恵まれて、
 仕事はなれた部分では、遼介やオーナーの矢嶋さんに見守られて。
 これが最後の仕事になるかもしれないなんて、自分でも嘘みたい。
 最高に幸せ。」
「何か手伝えることはありませんか?
 俺に出来ることがあれば、何でも!」
「私のことは心配しないで。
 あなたは、ロミオでしっかり働きなさい。
 私、あなたが頑張っている姿が好きなの。
 それが私の励みになる。
 私も頑張ろうって思えるの。」

その頃、麗美は届けられたバラの花束のメッセージカードに表情が変わる。
『ロミオはいい店だな。岡崎』

ロミオがジャックされ焦るホストたちは、オーナーに何とかしてくれと訴える。
「僕が何とかしましょうか?
 どうせここは僕のものになるんです。」
「どういうことだ!?」驚く遼介派。
「そろそろロミオを譲っていただきたいんです。
 歌舞伎町一のホストクラブ。
 ロミオは僕の新しい城を築くのに、ふさわしい店です。」
「勝手なことを言うな。お前一人で何が出来るんだ。」
オーナーが言うと、ナンバー2〜ナンバー4が前に出る。
「ロミオの成功はあなた一人の手によるものじゃない。
 加納麗美という、一人のカリスマデザイナーの出資と、
 我々ホストの、働きがあってこそ。
 もちろんただで譲ってくれとは言いません。
 あなたがここを作ったとき、麗美さんが出資した額と同じ、1億出します。
 遼介に何を期待しているか知りませんが、あいつに望むだけ、時間の無駄ですよ。」

遼介はクラブAGEHAにいる岡崎に会いに行く。
「お願いします。麗美さんから手を引いてください。
 あなたと麗美さんの間に、何があったかは知りません。
 でも、これ以上関わらないで下さい。
 麗美さんは次の仕事にかけているんです。
 お願いします!」
「麗美は俺を裏切った。
 その恩返しをしてもらいたい。」

麗美は岡崎に会いに行こうと慌てて支度をしている時、激しい痛みに襲われ
倒れてしまう。

ロミオは変わらずジャック状態。

「今は麗美さんを、放っておいてあげて下さい。」
そう言い土下座をする。
「たかだかホストが何をそんなにムキになってる。
 どうして一人の女の為にそんなに必死になってるんだ?」
「麗美さんには・・・時間がないんです。」
「時間がない?時間がないのはこっちだ。
 今すぐにでもあいつの才能が欲しい。
 どんな手を使ってでもな。
 そういえば近々新作の発表会があるそうだな。
 なんだったら、行ってお手伝いでもしようか?」
拳を握り締める遼介。
「やるのか?」
「わかって下さい・・・。」遼介はもう一度深く頭を下げる。

病院に運ばれる麗美。
祭は麗美から貰ったコサージュを手に彼女の回復を祈った。

岡崎に追い返される遼介。
「お願いします、岡崎さん!」
遼介は必死に叫び続けるが・・・。


的場遼介(ロミオの異端児) ・・・ 松岡昌宏
聖也(ロミオのNo.1ホスト) ・・・ 北村一輝
斉藤 祭(ファッション誌編集者) ・・・ 香里奈
修(ロミオのホスト 遼介の先輩) ・・・ 要 潤
夏輝(ロミオの新人ホスト) ・・・ 石垣佑磨
蓮(ロミオのNo.2) ・・・ 須賀貴匡
大河(ロミオのNo.3) ・・・ 青木伸輔
光(ロミオのNo.4) ・・・ 忍成修吾
結花(ロミオの客) ・・・ 岩佐真悠子
奈々子(修の客) ・・・ 小川奈那
及川宏美(聖也の客) ・・・ 中島史恵
斉藤慎吾(祭の兄) ・・・ 荒川良々
金四郎(ロミオのホスト) ・・・ 佐藤二朗
佐々木篤(ロミオのマネージャー) ・・・ 矢島健一
矢島輝彦(ロミオのオーナー) ・・・ 内藤剛志
加納麗美(世界的デザイナー) ・・・ かたせ梨乃


遼介派のチームワークがどんどん良くなっていくのが嬉しいです。
麗美を守ろうと、オーナー、遼介、祭、遼介派がひとつになり、
自分に出来ることを探し、一生懸命行動する姿が素敵です。
次週、麗美旅立つ・・・!?
旅立ちは最終回かと思っていたので、もう!?という印象です。
彼女亡き後、遼介は何を目標にするんでしょう。

※度重なるメンテでご迷惑をおかけしています。

=Seesaaよりお知らせ=
メンテナンス完了後もブラウザの種類によっては画像などのファイルの表示が
キャッシュとして保存され、正常に表示されない場合がございます。
その場合、以下の手順でブラウザのキャッシュをクリアしてください。

< Microsoft Internet Explorer ブラウザをお使いの方 >
1.ブラウザの起動後、上部メニューバーにある[ツール]をクリックして、
 内部にある[インターネットオプション]を選択
2.[インターネットオプション]ウィンドウが開くので、[全般]タブ内にある
 [ファイルの削除]をクリック
3.[すべてのオフラインコンテンツを削除する]をチェックして、
 [OK]ボタンを押下
4.[インターネットオプション]ウィンドウを[OK]ボタンを選択して閉じる

< その他のブラウザをお使いの方 / 上記操作方法が分からない方 >
キーボードの[Ctrl]キーと[F5]キーを同時に押して、
スーパーリロードを行ってください。

以上いずれかの方法により、ブラウザのキャッシュをクリアして
再度サイトにアクセスしてください。



ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking



Mr.Traveling Man(初回限定盤A)
Mr.Traveling Man(初回限定盤A)TOKIO ユニバーサルJ 2006-02-08売り上げランキング : Amazonで詳しく見るby G-Tools





夜王-YAOH 11 (11)
夜王-YAOH 11 (11)倉科 遼 井上 紀良 集英社 2005-12-19売り上げランキング : Amazonで詳しく見るby G-Tools
夜王-YAOH 10 (10) 黒服物語 2 (2) 夜王-YAOH 9 (9) クラブアンダルシア 1 (1) 夜王-YAOH 8 (8)


B000E0OASE夜王 ~YAOH~ (出演 松岡昌宏) by G-Tools



松岡昌宏さんの作品


16:58 | CM(0) | TB(0) | 夜王〜YAOH〜 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。