2006年03月14日

西遊記 第十巻

『滅法国』

一体天竺に近づいているのだろうか、そんな不安を胸に押し込めながら進む一行の前に美女たちが現れる。と同時にまたもや孫悟空(香取慎吾)は尿意をもよおし、飛び出してしまう。そんな中、美女の一人が驚くべきことを口走る。なんと天竺に行ってきたというのである。すっかり心奪われてしまう一行。
一方、離れて用を足していた孫悟空は遠くから異変に気づき皆のもとに戻ると、なんと沙悟浄(内村光良)と猪八戒(伊藤淳史)は倒れ三蔵法師(深津絵里)の姿がなくなっていた。悟空は悟浄と八戒を抱えて近くの宮殿に助けを求める。

宮殿にいた鶴林(谷津勲)の説明によるとここは妖怪の国、滅法国といい、姫様の婚礼の準備に追われている真っ最中だという。しかも続々と運び込まれてくる貢物の中に坊主が一人いた、というのだ。そこに運び込まれてきたのはまさしく三蔵法師。三蔵を助け出そうとする孫悟空と妖怪たちがもみあっていると…。
公式HPより=「天竺には美味しい果物がたーくさん!」
そう言い果物を八戒に渡す美女。八戒、それをパクッ!
「魅力的な女性も、た〜くさん!」
「いや・・・そういうあなたも・・・」と悟浄。

悟空が用を足していると、皿がわれるような物音。
法師の元へ駆けつけると、悟浄と八戒が倒れ、そして法師がいない!

近くの宮殿に悟浄、八戒を担ぎ込む悟空。
その宮殿では、婚礼の準備に追われていた。
「ここは妖怪の国、滅法国!」

妖怪たちが、貢物と言い法師を運んでくる。
「お師匠さんは食い物じゃねー!」と怒る悟空。

そこへ、滅法国女王、羅刹女(らせつにょ)と姫君が登場。
「頭が高い!」鶴林に無理やりひれ伏される悟空。
女王たちを盗み見していた悟空は思わず立ち上がる!
「凛凛!」
悟浄も八戒など驚いて声も出ない。
「おめーここで何をしてんの!?」
悟空が近づくと、妖怪たちが押さえつける。
「手荒なマネをするでない!
 この方々は私の客人です。手出しはなりません!」
妖怪たちが悟空を離す。
「しかし、この者たちは・・・」と羅刹女。
「お母様、約束をお忘れですか?
 頭を下げよ!
 この方は私の夫となり、この国の王となる、 
 斉天大聖 孫悟空様である。
 丁重にもてなしなさい!」
凛凛はそう言い玉座の間を立ち去る。
「ハハー!」
悟空に対し、一斉にひれ伏す妖怪たち。

その様子を不満そうに見つめる犬魔将軍(デビット伊東)、
「ワン!」

「悟空が、」と悟浄。
「王!?」と八戒。
「え!?」 と悟空はわけがわからない。

先ほどの美女が悟浄と八戒を手当てする。
なんと八戒は妊娠しているという!
ハラハラの実を食べさせられた八戒。男女を問わず妊娠する実だ。
「じょ、冗談でしょう!?ウップ。」
「つわりです。」
「えーーーー!?」
「心配されなくても、ハラハラの実で出来た赤ん坊は
 成長が早いので、幾日もしないうちに出産できるでしょう!」
「おめでとう、八戒!」と悟空。
「おめでたくありませんよー!うっぷ。」
「お母さん!」
「困りましたね。」と法師。
「困りましたー。」
「母乳は、出るようになるんでしょうか!?」
「出ます!」
「良かったー!」心底安心する法師。
「良くないですよー!うっぷ。すっぱい物が食べたい!」
「では私はこれで。」
「おい、悟浄の皿を修理してやってくれよ!」と悟空。
「修理じゃない!治療だ。」と悟浄。
「こちらは私の専門外、ですので・・・。」
「せともの屋さんの方がいいのかな・・・。」
「せともの屋さんじゃねー!
 先生にもこのお皿を、治す方法が、あります。
 人肌で、温めるのです。」
「嘘だー!」と悟空。
女医が悟浄の皿に手を当てる。悟浄、恍惚の表情!

そこへ、鶴林が凛凛が悟空を呼んでいると呼びにくる。
法師がこの結婚の意味を尋ねる。
「あなたがたの、お命を御守りするためです。
 姫様は、混世魔王率いる軍隊を引き上げさせ、
 羅刹女様のお怒りを静める為に、約束なされたのです。
 結婚して、女王となり、この国を、継ぐと。」

悟空が凛凛の部屋へと行く。
「苦しゅうない。そこへ座れ。
 あー、疲れたー!
 お姫様らしくしているのって、結構大変なんだよねー。」
「一体どういうことだ!?」
「話すと長くなるんだけど、結論から言うと私、
 三蔵さんの命、狙ってたんだよね。」
「なんだとー!おめえ!」
「待って待って待って!
 やっぱりはじめから説明する。
 私、こーんなお城に閉じ込められるの嫌だったし、
 お母さん、結婚しろ結婚しろってうるさいからさ、
 旅に出てたのよ。
 それで火焔国に遊びに行ってた時に、ちょうどあんた達が来てさ、
 竜魔王様をやっつけちゃったもんだから!
 あの牛のおっさん、偉そうだったから、
 まー、私的にはざまーみろって感じだったんだけど、
 お母さんはめちゃめちゃ怒ってさ、
 三蔵一行を許すなーって!」
「俺たちのことを騙してたのかー!?」
「騙してないわよ。話さなかっただけ。」
「同じことだろー!
 っていうか、勝手なことするなよー!
 おめーが混世魔王の軍隊引き上げさせたんだってな!」
「だって、あんなのに勝てるわけないでしょ?
 あーでもしなきゃ、逃げられなかったでしょ?」
「だからって結婚とかなんとか訳わからない約束すんなよ!」
「仕方ないじゃない!
 私だって別にあんたと結婚なんか!
 ・・・
 とにかく!婚礼の儀は三日後だから、よろしくね!」
「よろしくない!!」

そこへ犬魔将軍がやって来る。
「勝手に入って来ないでよ!」
「申し訳ありません。
 しかし私は、羅刹女様より命じられた、
 あなたの真の婚約者なのです!」
「私は犬が嫌いなの!」
「私は・・・犬じゃありません。」
「伏せ!(伏せる犬魔)
 お手!(お手する犬魔)
 お代わり!(お代わりする犬魔)
 犬じゃん!」
「犬じゃありません!」
悟空が口笛で合図し、皿を投げる。
それを口でキャッチする犬魔将軍。
「私に命令するな!この、猿!!」将軍が悟空に皿を渡しながら言う。
「なんだってー!犬が!!」
犬魔将軍は怒りながら立ち去った。

「ねえ、助けて!
 他に結婚相手を見つけないと、あんなのと結婚させられるのよ!」
「いいじゃないか、優しそうだしー。」
「良くない!
 あんな人じゃ、胸がキューンとしたりしないもん。 
 私は、胸がキューンとなる人と結婚したいの!」
「だったら何で俺と結婚するんだー!?」
「え・・・。
 だから、さっき説明したでしょ?
 私と悟空が結婚することが、あなた達が生き延びられる
 たった一つの方法なの。しょうがないでしょ!」
「しょうがない!?しょうがなくて結婚すんなー!」
「いいじゃない!
 私と結婚すれば、この国の王様になれるのよ! 
 どんな妖怪よりも偉い王様になれるのよ。
 悟空がずっとずっと望んでいたことでしょう?」
「それは大昔のことだ!
 今はもっと大事な、」
「王様になるより大事なものって、何よ!?」
「お師匠さんと一緒に天竺に行くんだ。
 こんな所に住む気はねー。ほかを当たってくれ。」
「無理よ。
 あなた達は天竺には行けないわ。
 あなた達妖怪は、天竺には入れないの。」
凛凛はそう言い立ち去った。

そうこうしている間に八戒のお腹はどんどん大きくなり、
八戒はすっかり母親モード。
「今、赤ちゃんがお腹を蹴りましたー!」

悟空は法師に言う。
「今凛凛が変なことを言っていたぞ。 
 俺たち妖怪は、天竺に入れない。」
「何ですって!
 そんなことは聞いたことがありません!」驚く法師。

『熱烈歓迎 乳祭』
・・・の招待状に釣られてやって来た老子。
「また騙された!」
「俺たち妖怪が天竺に入れないというのは本当なのか!?」
悟空たちに詰め寄られ、老子は白状する。
「お前たち妖怪が入れるわけなかろうが!
 三蔵法師を、天竺の外まで連れていって、
 それでお役御免だ。」
「それじゃ、僕たちただの馬と同じじゃないですか!」と八戒。
「おやおや、違うのかな?
 サルと、ブタと、カッパ、」
「ふざけるな!!
 俺たちはなー!」いきり立つ悟浄を止め、法師が言う。
「彼らもみな、天竺に行けば願いが叶えられると信じて
 ここまで来たのです。
 それを、今になって・・・。」

「これは天竺の掟だ。
 不満があるなら、今すぐ旅を止めなさい。
 新しい弟子を探す。」
老子はそう言い、帰っていった。

老子の真剣な表情、初めてでは。
いつものおちゃらけキャラと違い、迫力がありました。


法師はみんなに頭を下げ、もう一度老子にお願いする、と言う。
「いいんですよ、お師匠さん。
 妖怪は妖怪。ここらが、潮時なのかもしれません。」と悟浄。
「僕、旅を辞めます。
 この子を産んで、田舎に帰ります。
 親子二人、仲良く暮らします。」と八戒。
「老子様に頼んで、新しい弟子を雇って下さい。
 我々より立派で、優れたものが来るでしょう。」
悟浄はそう言い立ち去ろうとする。
「おい!どこへ行くんだよ。」と悟空。
「散歩だよ、散歩。皿が治らないんじゃどこにも行けないよ。」
「僕も行きます!」八戒が悟浄を追いかけた。

「なんでー全く!
 いいよいいよいいよ!
 破門!破門!
 あんなヤツラ、破門にしちまおうぜ!」と悟空。
三蔵法師は落ち込んでしまう。

悟空は凛凛に八つ当たり。
「私と結婚して王様になればいいのよ!」
「そうか!それか!」
「ほんと!?」
「そんなワケねーだろ! 
 俺はたとえ一人になろうと、天竺に行く!」
がっかりした様子の凛凛が言う。
「一人で天竺に行ってどうすんのよ!」
「どうしよー!」
「私と結婚して王様になればいいのよ!」
「それだ!」
「ほんと!?」
「そんなワケねーだろ!」
凛凛、再びがっかり。

「今度は何を企んでるんだ?」
「何も企んでないわよ。」
「信じられるか!
 何でオメーが俺たちの為にしたくもない結婚するんだよ!
 オメーは泥棒女だ!
 泥棒女だったら泥棒女らしく、泥棒してろ!
 そっちの方が自由でよっぽどオメーらしい。」
「そうだね。
 でもね、この国には、王の座を狙っている悪い妖怪が
 沢山いるの。
 私が跡を継がなかったら、この国は大変なことになるの。
 しょうがないのよ!」
「だからそれがオメーらしくねーっていうんだよ!」
「らしくなくても、それが私の運命の星なの。」
「運命の星?」
「運命には逆らえないのよ。
 生まれ持った星は、自分では変えられないのよ。」
「知るか!俺にはカンケーねー!」
「しょうがないわねー。」
凛凛が小瓶を取り出し、その薬を唇に塗る。
「しょうがない!?
 オメー今、しょうがねーって言った?
 俺はそのしょうがねーって言葉が、」
凛凛が悟空の頬にキス!
「な、な、なにすんだ! 
 ふざけんな、このやろー!」
悟空の頬には凛凛がつけたキスマーク。
「ねえ悟空、私のこと、好き?」
「バカ!大嫌いだー!」
「ふーん。あっそう。」
「あー、女クセー。凛凛クセー!
 バカバカ凛凛!」
「ねえ悟空!私のこと、好き?」
「好きなわけあるか!!」
そう言い部屋を出ていった。
「そろそろかなー。
 3、2、1!」
悟空、再び登場。
「凛凛!大好きだー!」
「悟空!私もよ!」
「凛凛!」
抱きしめあい、くるくる回転する二人!
「・・・!!何してんだ、オメー!
 オメー、俺に何をしたー!?」
「惚れ薬の混じった紅よ。
 あなたの心は、私が盗んだわ!」
「なんだってー!」慌てて薬をふき取ろうとする悟空。
「無理無理無理!
 それ、これじゃないと取れないから。」
凛凛がクロスを掲げる。
「ふざけんな!」
飛びかかる悟空をかわし、凛凛、ウインク!
悟空の口元がチュー!
「凛凛、だーいすきだよ!
 あー、もう、離さないぞー!」そう言いながら抱きしめる。
「私と結婚する!?」
「・・・!!いやだーーー!!」

好き・・・嫌い・・・
しばらくループします。(笑)


「僕と、結婚して下さい!」
「いいわよ。結婚しましょう!」
「やったー!
 ・・・えぇぇぇぇ!!」

「お母様、承諾をいただきましたわ。
 私、この方と結婚いたします。」
「おめでとうござます!」妖怪たちがひざまずく。

二人の結婚に大反対の羅刹如。
「でもあの子は昔から、一度言い出したことは絶対にやめないの。」
「そのようで。」と犬魔将軍。
「私があの三蔵法師やサル共を始末してしまったら、
 あの子は女王の座を継ぐどころか、出て行ってしまうでしょう!」
「ならば・・・あの者たちが勝手に命を奪い合えばいいのです。」
「どういうこと!?」
犬魔将軍が耳打ちする。
「そんなこと!?」
「出来ます。ただし、」
「ただし?」
「あれが欲しゅうございます。」
「杯ね。」
「王位継承の証である杯を、この私めに、お譲り下さい。」
「・・・」

法師に巻物を届ける犬魔将軍。
「ある妖怪が盗んだ、天竺に関する書物です。
 聞けば、弟子の妖怪たちと、天竺に入りたいとか。
 こちらの書物をよーく読めば、その答えが見つかるやも
 しれません。
 どうぞお納め下さい。」
「ありがとうございます!」

悟浄や八戒の前で、幸せモードになってしまう自分と戦う悟空。
八戒はお腹をさすり幸せそう。
悟浄は女医に皿の手当てをしてもらい、幸せそう。
「みんな落ち着くところに落ち着いて、めでたいですね!」
と八戒。

法師は一生懸命書物の中から答えを探していた。
すると突然その文字が浮かび上がり、魔物の姿に変わる!

悟空、凛凛の結婚の準備が進められる。
花嫁衣裳をまとう凛凛の美しさに、悟空の胸はキューン!

「ちょっと、効き過ぎちゃったかしら。」
そう言いながらも凛凛はとても幸せそう。
「彼に媚薬を使ったのね。」羅刹女が言う。
「・・・」
「綺麗よ。とっても綺麗よ、凛凛。
 彼は、亡くなったあなたのお父様に似ているわ。
 乱暴者で、頑固者で、不器用で。」
「わからずやで、偉そうで、バカで。」と凛凛。
二人が楽しそうに笑う。
「あなたはやっぱり私の子ね。
 同じような人を好きになるなんて。
 彼らを助けるためだなんて、強がっていいわけしているけれど、
 本当は、彼のことが、」
凛凛が頷く。
「でも、あなたのお父さんがそうだったように、
 彼もまた、荒々しい風のような人。
 閉じ込めておくことは出来ないわ。
 その覚悟は出来ているの?」
「・・・できています。」
「ならば何もいいません。
 今の幸せを選びなさい。」
「お母様。」
二人は幸せそうに笑いあった。

羅刹女は、居眠りする悟空の鼻をいたずらっ子のようにつまんで
微笑む。

「計画は中止です。
 凛凛はあの悟空という男と結婚します。
 あなたに預けた杯も、返しなさい。」
羅刹女が犬魔将軍に言うと、将軍は笑い出す。
「あの杯、もともとあなたのものではありません。
 所詮、あなたは人間だ!
 妖怪の王子に恋をして、妖怪の国に嫁いだだけの人間だ。」
「知っていたんですか?」
「凛凛とて、人間の血が混じっている。
 我々妖怪の上に立つべきではない!」
「無礼ですよ!」
犬魔将軍が羅刹女に襲い掛かる!

結婚の儀が始まる。

「この国の杯を手にしたものは、この国の王だ!」
「お前・・・初めから・・・」
「今日は、私と姫との婚礼の日。
 明日は、あなたと姫との、弔いの日。
 忙しくなりますなー。」
「凛凛・・・」

八戒が産気づく。
「頑張れ、八戒!
 新しい命だー!」出産に立ち会う悟浄が叫ぶ。

その頃、魔物に取り付かれた法師は、巻物の文字が姿を変えた
小刀2つを手に取り・・・。
法師の瞳は赤く、手にはなにやら文字が浮き出ている。

「幸せになろうね!」悟空が凛凛に言う。
「・・・そうね。」少し複雑そうな凛凛。
「お母様は?」
「羅刹女様は、すでに披露宴の会場に向われました。」
犬魔将軍がそう答えた。

八戒、無事に男の子を出産。
その子豚が逃走する!!

「ねえ、悟空。」
「やだやだ!悟空タンって言って。」
凛凛は迷った挙句、悟空の頬から媚薬をふき取る。
「ごめんね、悟空。
 やっぱりこんなの、運命じゃないよね。」
「・・・ん!?
 何なんですかー!?」
「悟空タン、聞いて。」
「誰が悟空タンじゃー!どうなってんだよ、これ。」
「楽しかったよ、悟空。
 三蔵さんがいて、悟浄さんがいて、八戒君がいて、悟空がいて、
 紅一点の可愛い私がいて。
 このままずっと、旅が終わらなければいいのにって。
 だけど、運命の星には逆らえないね。」

「これより、太刀の交換を行います。」
鶴林が準備を始める。
「いい?婚礼だけ済ませて、女王にさえなれば、
 もう誰にも口出しさせないわ。
 悟空も三蔵さんも、逃がしてあげる。
 無事に天竺に行かせてあげる。
 だからお願い。
 好きじゃなくていい。
 大嫌いでいい。
 このまま結婚式だけして。
 天竺に行くために。」
「よくわからないけど、それじゃお前はずっと一人ぼっちじゃねーか。」
「大丈夫。大丈夫!」

「それでは、太刀の前へ。」
犬魔将軍の合図で、法師が先ほどの太刀を悟空・凛凛の前に
持っていく。

子豚を追ってきた八戒と悟浄は、羅刹女が倒れているのを見つける。
「三蔵法師が・・・。」

凛凛の手に太刀が手渡される。
次に、悟空の手に。

悟浄と八戒は玉座の前に向ったが、護衛のものに入れてもらえない。

太刀を受け取ろうとしたとき、凛凛は太刀を渡す者の手にある
模様に気付く。
「これは・・・。」
法師が悟空に刀を向けたその時、悟浄のキューリが悟空を救った。
「その結婚式は中止だ!」
犬魔将軍が太刀を悟空に投げつける。
凛凛は悟空を庇い・・・。

「ねえ悟空・・・。
 私がいないと、寂しい?
 お姫様になんか生まれてこなければよかった。
 ずっと泥棒女でいたかった。
 残念だな。もうちょっとで、悟空のお嫁さんだったのに。」
そう言い凛凛は目を閉じた。
「おいこら!何寝てるんだよ!泥棒女!!
 まだ終わってねーだろ!
 まだ式が終わってねーじゃねーか!
 天竺だってまだ行ってねーじゃねーかよ!
 決まってんだろ。決まってんじゃねーか。
 寂しいに決まってんじゃねーか!
 おい。起きろ!起きろ!凛凛!」

「姫様が、人間に殺されたぞー!
 刺したのは、そいつだ!三蔵法師だー!」
犬魔将軍の言葉に鶴林が刀を抜く。
「待て!
 お前たちの姫をやったのは、うちのお師匠さんじゃねー!」
「あいつがやったんだ!」
悟浄と八戒が犬魔将軍のことを言う。

法師の手から印が消えた。

妖怪が法師たちに向おうとしたとき、悟空が叫ぶ。
「ウキーーーー!!
 運命って何だ?
 そんなもんで腹がいっぱいになんのか?
 俺はそんなもん、信じねー。
 何があるかわかんねーから面白いんじゃねーか。
 何が起こるかわかんねーから生きてんじゃねーか!
 俺たちの道は俺達が作るんだ。
 俺たちの歩いた一歩が道になるんだ!
 一歩一歩が、運命なんだ! 
 運命の星は空じゃねー!
 ここ(心)にあんだよー!

 おめーのようなやつは、例え神様や仏様が許したって・・・ 
 この俺様が許さねー。
 天国だろうと・・・地獄だろうと・・・どこでもいい!
 ただ、凛凛を・・・凛凛を返せー!!」
「この国の王は私だ。
 私に命令するなー!」
「そんなものー!!」
悟空は犬魔王が掲げる杯を如意棒ではじき、犬魔将軍を一撃!
杯は粉々に割れ、犬魔将軍はその場に倒れた。

八戒は女医に必ず帰ってくるのでそれまでよろしくお願いしますと
子豚を預ける。
法師は自分が凛凛を、と責めるが、悟空たちが励ます。
「我々が、お供をします。
 お師匠さんを放っておくわけにはいきません!
 天竺は、もうすぐ、そこです!」
「しかし、あなたたちは、天竺には入れないのかもしれないのですよ。
 そして私自身も、もう天竺に入る資格など・・・。」

「なっさけないわねー!」
振り返ると、そこに凛凛がいた。
「何があるのかわかんないから面白いんじゃない。
 何が起こるかわかんないから生きてるんじゃない。
 運命の星は、ここにあるんでしょ!」

「・・・ふざけんな!バカバカ凛凛!」と悟空。
「凛凛さん・・・。」と法師。
「あんなヤツに、私がやられるわけないでしょ!」と凛凛。
「この子には、この国でやってもらわなければならないことが
 いっぱいあるの。」と羅刹女。
「そうよ!あの世になんか行ってらんないわよ!」
痛みを堪えて凛凛が言う。
「おい。無理すんな。」
「大丈夫、大丈夫!」
「良かった。本当に良かった。」涙する法師。

「悟空。あなたさえよければ、いつかこの国に戻ってらっしゃい。
 私達は喜んであなたを迎えますよ。」と羅刹女。
「・・・気が向いたらなー!」

「・・・行ってらっしゃい。」
「行ってきます。」と法師。
「行ってきます。」と悟浄。
「行ってきます。」と八戒。
「いざ天竺へー!」悟空が元気いっぱいそう言った。



凛凛の乙女心をちっともわからない悟空でした。(笑)
結婚承諾してくれるのか、っという時の凛凛の「ほんと!?」が
可愛かった。

そして凛凛にキスされた時の悟空のリアクション。
小学生の男の子みたいで可愛かった!

「あなたの心は、私が盗んだわ!」
ポーズをつけていう凛凛。(笑)
さすが、泥棒!

凛凛が死んでしまうのでは、とハラハラしちゃいました。
そうなったら、きっと法師は旅を続けられなくなってしまいますね。
いつか悟空は滅法国に戻ることがあるのでしょうか。
でも次週、また凛凛登場!?

それから、元祖悟空の堺さんが登場するニュースが!
新旧のコラボ、楽しみです。

※TBに文字化けが発生しているようで、申し訳ありません。
※本職の方が忙しく、コメントを返せていません。ごめんなさい!




第9話のゲスト:

羅刹女(らせつにょ)大地真央
・・・減法国の皇女。
犬魔将軍
・・・デビット伊東
鶴林
・・・谷津勲
玉英
・・・眞野裕子



必見、マチャアキ&慎吾が「西遊記」最終回で夢の共演!

新旧悟空、夢の共演が実現! 20日放送のフジテレビ系月9ドラマ「西遊記」の最終回で、孫悟空役の香取慎吾(28)と、28年前に“初代孫悟空”を演じた堺正章(59)が共演することが10日、分かった。「堺さんの悟空はあえて見ていない」というチャレンジャー・慎吾に対し、「(慎吾版を)1話目から見てます」と余裕の堺。時空を超えた歴史的対決は、まさに必見だ!

初回に視聴率29.2%をたたき出し、以降も常に20%越えを続けている“香取悟空”の西遊記。それでも、あなたの周りにはきっといるはず、「私はマチャアキの西遊記しか認めない」という人が。そんな人をも納得させる究極の競演が、最終回で実現する。

堺版「西遊記」は、昭和53年から日本テレビ系で放送。パート2まで全52話が作られ、本来男性である三蔵法師を初めて女性(故・夏目雅子さん)が演じ、それを今回も深津絵里(33)が踏襲するなど、日本人の“西遊記像”を決定づけた傑作だ。

その堺が28年ぶりに「西遊記」に戻ってくるのだから、文字通りの歴史的事件。フジの鈴木吉弘プロデューサーは「神様に出演をお願いする思いでお伺いし、OKを頂いたときには体が震えた」と興奮しきりだ。

香取も「最終回にふさわしいゲストであることこの上ない! いつも以上にでけぇ声で『ウキーッ』と叫びます」と喜び全開。独自の悟空像を作るため「堺さんの西遊記は見ないようにしてきました」が、世間の評価は毎週の高視聴率が証明。今は堂々と“初代”の登場を待ち受ける。

一方、堺は「1話目から見てますよ」と余裕。香取悟空についても「若さの爆発もあるし、湿っぽい部分もきちんと演じている。そのうえ『すごいことをやっている』という感じを全然持っていない、その辺がニクイ!」と大絶賛だ。

肝心の出演場面、堺の役どころなどは、「すべて最終回で明らかになります」(フジ広報部)と一切秘密。収録を終えた堺が「如意棒を回すシーンを作っていただきました」と一端をこぼしており、これをヒントに想像するしかない。老若男女、すべての西遊記ファン必見の最終回となるのは確実だ。
(サンケイスポーツ) - 3月11日8時2分更新


ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking



主題歌はこちら。今風なアレンジですね!
B000E0VPJQAround The WorldMONKEY MAJIK エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2006-02-22by G-Tools



元祖・MAGIC MONKEY。

B00005ELVK西遊記ゴダイゴ GODIEGO ミッキー吉野 コロムビアミュージックエンタテインメント 1993-10-21by G-Tools


saiyuki.jpg

1978年に放映された『西遊記』の主題歌。
ゴダイゴもこのドラマも大好きでした。
(孫悟空=堺正章 三蔵法師=夏目雅子 猪八戒=西田敏行 沙悟浄=岸部シロー)


こちらはサウンドトラック。
B000E0VPJG西遊記オリジナルサウンドトラックTVサントラ エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2006-03-01by G-Tools



慎吾君が読んでいた孫悟空の漫画。コロコロコミック連載中!
西遊記ヒーローGo空伝!


こちらは中国のテレビシリーズ。
B000B84Q3S西遊記 スペシャル DVD-BOXビデオメーカー 2005-10-21by G-Tools



西遊記オリジナルサウンドトラック西遊記オリジナルサウンドトラック


西遊記〈3〉
西遊記〈3〉中野 美代子 岩波書店 2005-03-16売り上げランキング : 39,659Amazonで詳しく見るby G-Tools
西遊記解体新書 孫悟空の誕生―サルの民話学と「西遊記」 西遊記〈4〉 太平洋探検 (6) 西遊記の秘密―タオと煉丹術のシンボリズム


西遊記 (4)
西遊記 (4)藤原 カムイ 日本放送出版協会 2005-10売り上げランキング : Amazonで詳しく見るby G-Tools
西遊記 (3) 西遊記 (地の巻) 西遊記 (天の巻) ドラゴンクエストエデンの戦士たち 13 (13) ロトの紋章~紋章を継ぐ者たちへ 1 (1)


香取慎吾さん過去の作品


09:06 | CM(8) | TB(0) | 西遊記 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
悟空も凛凛も可愛かったですね。
悟空の場合は可愛かったよりも、面白かった方が強かったりしますが^-^;

喧嘩するほど仲が良いって、よく言いますからね。
悟空も気付いてないだけで凛凛にホの字でしょう(笑)

TBなんですが、一回目(09:06の分)がなぜか文字化けしていたので、削除をお願いします。
迷惑をおかけして申し訳ないです。
Posted by chany at 2006年03月14日 09:19
おはようございます!
先ほど、TBを送信させて戴いたのですが、なんと文字化けをしておりました!! 何故に???です。livedoorが悪いのかどうか不明ですが、今の所、私の場合は、seesaa様にTBを送ると、文字化けになっているようです(他の所へのTBは正常)。
どうもスミマセン!!
Posted by たまちゃん at 2006年03月14日 10:06
こんにちは。わたしのところも文字化けをしてしまうようですね。
2006-03-14 12:40のものが<風の便り>です。
ご迷惑をお掛けしますm(_ _)m
Posted by あちゃこ at 2006年03月14日 12:44
管理人様、はじめまして。
「芸能新聞」 編集長 梅津と申します。

とても素敵なブログですね。楽しく拝見させていただきました。

そこで折り入ってお願いなのですが、よろしければ、相互リンクを許可していただけないでしょうか?誠に恐縮ですが、検討していただけると幸いです。

なお、勝手にリンクを貼らせていただくのは失礼かと思いまして、まだこちらからリンクは貼っておりません。

もし、相互リンク許可をいただける際は、お手数だとは思いますが、こちらのブログにコメントしていただけましたら、すぐにリンクを貼り、対応いたします。
ご連絡を心よりお待ちしております。よろしくお願いいたします。

芸能新聞編集長 梅津
URL: http://geinoukai.blog57.fc2.com/
Posted by 芸能新聞編集長 梅津 at 2006年03月14日 23:55
ちーずさん、こんばんわー。
凛凛ちゃん、めっちゃかわいいですね。
水川あさみさんは前からファンだったので、
さらにかわい〜。
お母様役の大地真央さんとそっくりじゃなかったですか?
ほんとの母娘みたいだなーと思ってみてました。
凛凛死んだ!?と思ったときはほんとに悲しかったです。
でもなんで助かったのかもちょっと??
なにか種明かしがあるのかなと思ってたんですが
結局なかったので、あれだけの傷を負って助かったのがなぜか分からず終いでした。
…老子さまが何かしたのかなあ??
Posted by くー。 at 2006年03月15日 00:11
t−ずさん、こんばんは。
あっという間に正体がわかって、少し拍子抜け
しました。凛凛は、悟空の言うように、泥棒の
ほうが自由で可愛かったです。

三蔵の目が光ったのはビックリでしたね!
Posted by mari at 2006年03月15日 03:37
さくらです♪

なんか、相変わらずメインキャラの見事な掛け合いが楽しいのは楽しいんだけど・・なんか楽しいだけで終わっちゃうドラマですね。月9らしいといえば、そうですけどww凛凛が倒れたシーンをあんだけ感動的に描きながら、特に理由もわからず凛凛復活したし。悟空に抱かれて息絶えたように見えたのは、気絶しただけかぁ。なんかせっかくの、凛凛の死という悲しみを乗り越えていざ再び天竺へ出発・・みたいな雰囲気が凛凛が元気にまた出てきちゃってちょっと萎えちゃいました。西遊記の見所のひとつでもある、アクションシーンも・・犬魔将軍との対決が一瞬で決着したこともあって、妖怪達の中心地にしては、ほとんど無かったですね。前回の混生魔王の話しでアクションが多かったので、今回はあっさりと少なめにしたのかな??

次回最終回ですけど、その後再来週に早くもSP版があるそうです。なんか、電車男の時と似てるなぁ。最終回できたら、堀北真希ちゃん登場しませんかね?電車男で八戒こと伊藤さんの妹役やってたし、最終回あたりでまた二人の共演見てみたい気がします。後、悟浄がらみだと相方の南原さんとか。残りラスト1話+SPってことで思い切ったことやってほしいですね。まぁ、初代悟空こと堺さんと慎吾くんの絡みが楽しみとしてあるようですが・・もっと欲しいなぁ。
Posted by さくら at 2006年03月16日 04:40
こんにちは。コメントありがとうございます!

★chanyさん★
素直になれない、照れ屋の悟空、
面白くて可愛かった!
二人は両思いですね。(笑)
TB、ご迷惑をおかけしています。

★たまちゃんさん★
文字化け、ご迷惑をおかけしています。
Seesaaの仕様が少し変わったんですが、
そのせい!?
質問メールを出したのですが、まだお返事が来ません。
直ったらまたお知らせしますね。

★あちゃこさん★
あちゃこさんのところはgooブログさんですね。
こちらも文字化けしてしまうようですね。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

★芸能新聞編集長さま★
ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。

★くー。さん★
凛凛ちゃんの、乙女心がとても可愛かった!
そうそう!母娘並んだところが似ていました!
二人とも綺麗でした〜!
どうやって助かったのかは謎ですが、
もう登場しないと思うよりは、ずっといいですね。^^
羅刹女も二人のことを理解してくれて、良かったです。
まさか彼女が人間だとは思いませんでした。

★mariさん★
三蔵の目が光ったのにはびっくり!ちょい怖かったです。
凛凛は姫としても貫禄がありましたが、
やっぱり泥棒の方が生き生きとしていました。

★さくらさん★
このメンバーですから、楽しいだけで終わってしまっても
私的にはOKです。(笑)
えー!?もうSPがあるんですか?
この間クランクアップの様子が放送されていました。
みんな顔が泥だらけで、どんなラストになるのでしょう!?
初代悟空との競演、楽しみですね〜!
Posted by ちーず at 2006年03月16日 18:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。