2006年03月22日

アンフェア FINAL

『今夜すべての真相が!』

雪平(篠原涼子)の発砲に倒れた佐藤(香川照之)・・・。

=1日前=

雪平の父親の亡くなった場所に花を添える安本(志賀廣太郎)。
「命日には一日早いが、来ずにはいられなかった。
 和夫さんが指名手配された。
 雪平、夏見ちゃんを守ってくれ。」

佐藤指名手配のニュースがテレビで流れる。
「ここまで具体的に発表して、
 もし、佐藤和夫が犯人じゃなかったら
 どうするもりなんだよ。」
そう心配する山路(寺島進)。
「管理官ともあろうお方が弱気な!
 ご心配なく。間違いなく佐藤和夫が犯人です。」
と小久保(阿部サダヲ )。
「急ぎすぎると、痛い目に合うぞ。」
山路はそう言い、ライターをカチカチさせながら立ち去った。『こどものこころのケア』という本を棚に戻し、
立ち去ろうとする安藤に今井(榊英雄)が声をかける。
「安藤刑事・・・でしたよね。いつも雪平さんと一緒の。 
 日報新聞の今井です。
 佐藤デスクのことで何かつかんだでしょう?」
「こっちが知りたいぐらいですよ。
 あなたの方こそ居場所をご存知じゃないんですか?」
安藤はそう言い立ち去った。

車のテレビから、自分の指名手配のニュースを見つめる佐藤。
「潮時か・・・」とつぶやく。

美央を抱きしめ髪を撫でる雪平。
『ずっといっしょ』と美央が書いたボードを見つめ、
「ずっと一緒・・・」と呟く。

そこへメールが入る。
『会いたい。
 あの教会で待ってる。
 和夫』

雪平は指定された場所へ向う。
「あなた指名手配中よ。」
「知ってる。だから呼んだんだ。
 俺はもうこれ以上身動きがとれない。」
「懺悔でもしに来たの?」
「何言ってるんだよ。俺は犯人なんかじゃない!
 本当だ。」
「それが本当なら、どうして、連絡してくれなかったの?
 どうして蓮見の病室から、逃げたの?」
「お前の同僚の蓮見が、誘拐犯だったんだぞ!
 もう警察は信じられない!
 1度捕まったらおしまいだ。
 何が何でも犯人にされるに決まってる!
 俺はな、この事件を自分の手で調べたかった。
 真相を掴みたかった。
 今でも警察は信用してない。
 だが・・・お前は、信じてる。
 だから連絡した。
 そのパソコンを見ろ。」
「これは・・・」
「蓮見から俺宛に来たメールだ。」
 
『佐藤和夫様。
 あなただけに、お話したいことがあります。
 警察病院752号室に一人で来てください。
 警備は厳重ですが、あなたなら上手くかいくぐって
 来られるでしょう。
 蓮見杏奈』

「蓮見が出せるわけがない・・・」と雪平。
「あの時俺は彼女の状態を詳しくは知らなかった。
 だから病院へ行った。」

「蓮見さん?」佐藤が声をかけると、蓮見が目をゆっくりと開く。
佐藤はポケットからICレコーダーを取り出し、蓮見に近づける。
「蓮見さん、佐藤和夫です。」

「とても話が出来る状態じゃないと思った。
 でもな・・・彼女最後に呟いたんだ。」

「B・・・A・・・T・・・S・・・U・・・X・・・」
蓮見がそう呟いたとき、雪平が病室に踏み込んだ。
「今捕まるわけにはいかないんだ!」
佐藤はそう言い捨て、逃走した。

そして車の中でパソコンを操作し、あのサイトにたどり着いた。

「そのサイトが、『罰』だったんだよ。 
 瀬崎も牧村さんも蓮見も、ここで会ってた。
 メール画面を閉じてみろ。」

『アンフェアなのは誰か』という文字がそこに表示された。

「私たちも、同じサイトにたどり着いた。
 そして、このサイトの管理人は・・・あなた。」
「お前何言ってるんだよ。」
「とぼけないで!
 ちゃんと登録は調べてあるのよ。
 3年前、あなたはこのサイトを立ち上げているの。
 動機は何?私への復讐?
 そんなに私のこと憎んでたの?」
「・・・そうだ。
 真犯人の動機はな、夏見!
 お前への復讐だ。
 色々と他の可能性を考えて見たがそうとしか考えられない。
 3つの事件をつなげる黒幕の動機はいいか夏見!
 お前自身にあるんだよ。
 お前への復讐という視点から見たらこの複雑な事件は
 単純化するんだ。
 瀬崎、牧村、蓮見。
 三人の実行犯の個人的な動機を完全に覗いて考えてみた。
 
 まず瀬崎の推理小説事件だ。
 一連の復讐の幕開けだ。
 瀬崎は愉快犯的手法で自分の復讐を果たしながら、
 お前の幼馴染の松本理恵子さんを殺した。
 瀬崎にとって何のメリットもないこの理恵子殺しは、
 お前を悲しませようとする黒幕が後ろに存在した証拠だ。
 愛するものとは、お前に取っての愛する者だったんだよ。
 そして黒幕はその瀬崎をおまえに撃たせることで、
 5年前の斉藤ユタカ(三浦春馬)射殺の件を呼び起こし、
 お前の評判を、地に落とした。
 お前は黒幕の策略にまんまとはまって、
 5年前と同じコメントを出す。

 お前の評判が地に落ちたその時、今度は、その世間を利用した
 募金型誘拐を始めるんだ。
 お前のプライド、ずたずただったろう。
 犯罪者に頭まで下げて。
 うがった見方かもしれないが、美央の誘拐事件を通して、
 俺とお前の関係をもう一度親密にさせることが、
 黒幕の目的の一つだったんじゃないか?」
「どういうこと?」
「再び築かれた信頼関係を今度こそ完全に崩壊させることで、
 お前を苦しみのどん底に突き落とす。
 そのために黒幕はわざわざ連続殺人事件を起こして、
 俺を犯人に仕立てあげようとしているんだ。
 
 仕上げがこのバツサイトだ。
 瀬崎、牧村、蓮見をつなげる唯一の物証のこのサイトの管理人を
 俺の名義にすることで、決定的に俺が黒幕のように
 見せかけたんだ。
 夏見、信じてくれ。俺は犯人じゃない。
 信じてくれ!」
「私は・・・蓮見を信じきっていたの。
 そして・・・裏切られた。
 あなたは・・・あなたもそうやって私を裏切るの?」
「夏見!それじゃ犯人の思う壺だ。
 そんな美央を悲しませるようなことを俺が出来ると思うか?」

雪平の脳裏に美央の笑顔が浮かぶ。
「じゃあ・・・本当の黒幕は?
 サイトの管理人が他にいるっていうの?」
「そうだよ。
 黒幕の目的は、雪平夏見から愛する者、信頼する者を
 奪うこと。
 そして今回は、お前が俺を犯人として射殺すること。
 瀬崎の時のように!
 犯人はその一大イベントを絶対にその目で見たいはずだ。
 ここまで積み上げてきた計画の最後の仕上げ。
 その完成の瞬間を絶対に見逃す訳がない。
 そう思わないか?
 お前がどれほど苦しみ、どれほど絶望しているか、
 黒幕は必ず見に来る。」
「自分の成果を確認するため?」
「そう。俺だったらそうする。 
 夏見、俺を、撃て。
 俺を射殺したあとに、最初に現れる人間が、黒幕だ。」
「もし、誰も現れなかったら?」
「その時は俺を逮捕すればいい。
 黒幕として。
 
 まず、罰サイトから管理人宛にメールを出すんだ。
 管理人の名前のところに、隠しリンクがある。
 黒幕が用意周到なら、そのメールは俺のパソコンに転送されて
 くる。つまり、そのメールは、俺と黒幕の二人が読むことになる。」

『1月29日。午前10時。
 父の亡くなった場所で、二人だけで会いたい。
 雪平』

雪平は、メールを送信した。

蓮見を見舞い、彼女の手を握り締める山路。

「安本さん、そろそろ本当のことを聞かせてくれませんか?」
小久保(阿部サダヲ)たち刑事が安本に迫る。
「さて・・・何のことでしょう。」
「とぼけてもらっちゃ困りますよ。」

三上は罰サイトを調べていた。

美央の世話をする安藤。美央はお絵かきをしている。
「ねぇ美央ちゃん。その耳のデカいのは僕かな?」
美央が笑顔で頷く。
「えー!そんなに耳で書くないぞー!」
安藤が美央を追いかける。楽しそうに逃げる美央。
安藤が美央を捕まえた時、
「わー!」
美央が声を上げた。
「あれ?今、声、出た!?
 出たよね、美央ちゃん!
 わー、すごい!!」
安藤が喜んで美央を抱き上げる。

佐藤の狙い通り、佐藤のパソコンに雪平からのメールが届いた。

=翌日=
指定された場所に集まる雪平と佐藤。
「あのサイトの管理人はあなただったの!?」
「お前はないンもわかっちゃいない!!」
銃を構えあう二人。
雪平が、佐藤目がけて発砲した。
その場に倒れる佐藤。
黒幕は現れるのか?
足音が近づいてくる。
雪平がゆっくりと振り返る。
・・・安藤だ。

「世の中には、フェアなことなんて何もない。
 目には目を。復讐には復讐を。
 アンフェアには、アンフェアを。」


最終回のナレーションは安藤でした。
彼が、黒幕なのか!?


安藤が、近づいてくる。
「雪平さん!」
「お前か、安藤。」
「撃ったんですか・・・」
「なぜここにいる?」
「え!?ああ、安本さんから、お父さんの命日だからって。 
 それより救急車!」
「お前がサイトの管理人?」
「何です、それ。」
「瀬崎、牧村、蓮見を影でつなげていたのはお前?」
「やだな、雪平さん。何言ってるんですか。」
「何が目的?」
「早く!救急車呼ばなくていいんですか?」
「答えて安藤!」
「救急車、」
「その必要はない!」佐藤が起き上がる。
「残念だったな。生きてるよ。」と佐藤。
「お前が、罰サイトの管理人?
 管理人なの?」雪平が聞く。
「・・・やっぱり、雪平さんは凄いや。
 ・・・降参です。」
「蓮見の名前を使って、佐藤を病室に誘い入れたのも、
 お前?」
「そうです!僕がメールを入れました。」無表情に答える安藤。
「罰マークの連続殺人も?」
「ええ。」
「蓮見の首を絞めたのも?」
「はい。」
「牧村を撃ったのも?」
「僕です。
 あの日は色々大変で、
 撃たれた傷口が開いてしまいました。」
「牧村さんを利用するだけ利用して、殺したのか!」と佐藤。
「利用!?違いますよ!
 僕は協力しただけです。 
 そもそも罰サイトは、復讐を考えている人の為に
 僕が作ったものです。
 僕はそこに集まった人間に、少しだけ、ヒントを与えていたに
 過ぎません。」
「そんなの詭弁だろ!」
「彼らは彼らの意思で犯行を行っていたのです!」
「初めて私の家に来た日、あの日私を殺そうとした?」
「ええ。思いとどまりましたが。」
「どうして・・・」
「5年前の射殺事件か?
 斉藤ユタカを雪平が射殺した件か?
 あのパチンコ店員を皆殺しにして、店長を人質にした、
 殺人鬼の!」
佐藤の言葉に、安藤が銃口を向け発砲する。
吹き飛ぶ佐藤。
「安藤!」雪平が銃を向ける。
「性能のいい防弾チョッキでよかったですね。
 次は本気で頭狙います。
 僕、射撃の成績いいんですよ。
 この日の為に、必死で練習しましたから。
 雪平さんより上手いと思います。
 雪平さん、あなたが殺したユタカって、
 どんな人間か知ってますか?
 知ってますか!?」
「17才。
 パチンコ店住み込み。
 従業員5人を刺殺したあと、 
 店長を人質にとり、重症を追わせた殺人犯。」
「ユタカとお前は、何なんだ。」と佐藤。
「・・・」
「施設か!?」
「そう。僕もユタカも、新宿のコインロッカーに捨てられていた
 子供でした。
 兄弟同然に育ったんです。
 とても優しい子でした。」

=希望の丘学園=
肉を残したと、施設の大人にこっぴどく叱られるユタカ。
「動物を殺して食べるなんて、嫌だ!」
ユタカを庇う安藤。
「カズ兄・・・」ユタカが呟く。

「5人も殺した人を・・・優しいっていうの?」雪平が言う。
「雪平さん!あなたにいはわからない!」

二人は施設を出たあと、一緒に暮らしていた。
バイトから帰った安藤にユタカが言う。
「カズ兄、頭がいいんだから、大学行きなよ。」
そう言い、大検のパンフレットを渡す。
「今からでも遅くないって。
 その分、もっともっと働くからさ。」

仕事先のパチンコ店で、安藤とユタカは酷い目に合っていた。
「お前、誰のおかげで飯食ってられると思ってるんだ?」
「素性のわからないおめーらを働かせてやってるんだ。」
パチンコ店従業員らがそう言いながら安藤に殴りかかる。
「お願いします!
 ユタカの給料だけでも払ってやって下さい!」
安藤が必死に頼む。
「給料?笑わせないでよ。」と女性店員。
児童相談所がうるさいから顔は殴るな、とオーナーらしき男。
そこへユタカが戻ってきた。
「カズ兄!」
「なんか文句でもあんのか!?」ユタカに掴みかかる従業員。
「ユタカには手を出さないって約束だろ!」と安藤。
「いつから俺らに命令できるようになったんだよ。」
殴られる安藤の姿をユタカは見つめ・・・。

「雪平さん。
 雪平さんは覚えていないでしょうけど、
 あの日、雪平さんがユタカを射殺した日!
 僕はあそこにいたんです。」

店長に包丁を突きつけるユタカ。
「ユタカ!何やってるんだよ!」
安藤が警察の静止を振り切ろうと、必死に声をかけていた。
その時、銃声が鳴り響く。
ユタカが、自分の方を見ながら倒れた。

「雪平さんが射殺したユタカは・・・
 あいつは・・・僕を助ける為にやったんです!
 あの生活から、僕を救う為にやったんです!
 あの日から、僕の人生は変わってしまいました!
 5年間、あなたに復讐することだけを考えて
 生きてきました!
 毎日毎日、あなたのことだけを考えてきました!
 あなたにも、僕と同じ苦しみを。
 大切な人を失う悲しみを!
 もっともっと味わってもらいたかった。
 でも、もうおしまいです。
 死んで下さい。ユタカのために。」
佐藤に向けていた銃口を、ゆっくり、雪平に向ける。
にらみ合う二人。だが雪平は銃を下ろし、
「いいよ。」
「夏見!!」佐藤が叫ぶ。
「それで、お前の気が済むのなら。
 ・・・撃っていいよ」
安藤が泣き出す。
泣きながら、引き金を引こうとする。
そのとき!
「美央!」佐藤が叫ぶ。
美央の姿に安藤は銃をしまう。
「美央ちゃん、車で待ちくたびれた?」安藤が優しく聞く。
美央は頷き、ボードに字を書く。
『ないてるの?』
「僕?泣いてないよ。
 お兄ちゃん、もう行かないと。
 残っているお仕事があるんだ。
 美央ちゃん。元気でね。
 勇気があれば、大丈夫だよ。
 行きなさい。優しいママとパパのところに。」
安藤は美央を雪平たちの方に歩かせ、静かにその場を立ち去った。

美央を抱きしめる佐藤。
「美央のことをお願い。
 車、貸して。」
佐藤が車のキーを雪平に渡すと、雪平は走り出す。

走りながら山路に電話する雪平。
「罰マークの連続殺人事件の真犯人がわかりました!」
「誰だ?」山路が聞く。
「安藤です。」
「安藤!?本当か。」
「間違いありません。自白しました!」
「自白!?」
「詳しいことはまたあとで。
 現在江東区を湾岸道路へ向って南へ。PC210号で逃走中。」

「犯人がわかった。
 安藤一之、23歳。」
「安藤!?」署員たちが動揺する。

警察車両を運転する安藤は、自分の指名手配を無線で知る。
「江東署の黒岩です。
 手配中の対象者は、現在、湾岸道路を直進!
 横浜方面へ逃走中!」
そう嘘の情報を流す。

モニターでPC210号を追う小久保たち。
安藤が、スイッチを切ると、モニター場の車の表示が消える。
「PC210号ロストしました!」と女性職員。

湾岸道路を走る雪平。
小久保は横浜方面に行ったらしいと情報を告げると
「横浜?
 その情報は確かなんですか?
 安藤は斉藤ユタカの射殺現場に向っているはずです。」
「指揮官は俺だ!
 雪平、単独行動をするなよ!」
小久保が怒鳴るのを突き飛ばし、マイクを奪う山路。
「雪平!行け!
 俺が単独行動を許可する。」
「了解。」と雪平。
安本が、動き出す。

安藤が、パチンコ店に足を踏み入れる。
「店長は?」
「3階の、事務所ですけど。」

3階の事務所に向う安藤。
「カズ兄!」
その声に驚き、振り返る。そこにはあの日のユタカがいた。
安藤は少し迷い、そして3階を目指す。

「どなたですか?」店長が聞く。
「警視庁、捜査一課、安藤一之。
 あなたに、罰を与えに来ました。」
そう言い、足を撃つ。
「僕を覚えていますか?
 ユタカと一緒にいた、カズです。」
そう言い恐ろしい表情で店長を睨みつける。

その時、車の急停車する音が。
逃げ出そうとする店長。
安藤は逃げる店長をゆっくり追い詰める。

店長が、裏口に逃げてきた。
雪平がユタカを射殺した場所だ。
「助けてくれ!お願いします!」
店長に銃を突きつける安藤。
「安藤!」雪平が叫ぶ。
「雪平さん。」
パトカーのサイレンが近づいてくる。
「私の目の前で、人を殺させはしない。
 それが、お前でも。」
小久保が雪平を止めようとする。
「あんた、引っ込んでろ。」と三上がその肩を掴む。
黙って従う小久保。

「雪平・・・。」安本が呟く。
「安藤・・・。」山路が呟く。

安藤が、微笑む。
そして、店長に鋭い視線を向け、銃を握り締める。
「安藤!」
雪平が、安藤の心臓を撃ちぬいた。
その場に倒れ、階段から転げ落ちる安藤。
「安藤・・・安藤!!」
雪平が安藤に駆け寄り、抱き寄せる。
「安藤!
 安藤!」
安藤の手から銃弾がこぼれる。銃は空だったのだ。
「ばかだ、お前は・・・・。
 ばかだ、お前は!」
雪平は安藤を抱きしめ号泣した。

安藤の部屋を調べる三上、安本と雪平。
部屋の一角は、雪平の写真で埋め尽くされていた。
「すごいな・・・。
 安藤の警察学校での成績、取り寄せてみたよ。
 全部、トップクラスだった。
 復讐なんか止めて、そのまま行けば、
 幹部にだってなれる可能性があった。
 そっちの方が、もっと大きな復讐になったんじゃないのか?」
安本が、パソコンのキーボードに置かれた雪平への手紙を
渡す。
中には、コインロッカーの鍵が入っていた。
安藤とユタカが、新宿のコインロッカーに捨てられていたと
言った彼の言葉を思い出しながら、
雪平は、若い頃の安藤とユタカの2ショット写真を見つめる。

美央と佐藤が車を降り、手をつなぎ楽しそうに歩き出す。
「ママ待ってるからね。」
だが、待ち合わせ場所の噴水の前に行き平はいない。
美央が突然、笑顔で走り出した。
母親の姿を見つけたのだ。

「終わったのか。」佐藤が聞く。
「うん。」
「そうか。
 ママの仕事が終わったら、一緒に遊園地に行こうか。」
美央が嬉しそうに頷く。
そしてボードに
『あんどうも』
と書いた。
佐藤は笑顔で頷いて見せた。
「美央、安藤ね、外国に行っちゃった。
 これ、美央にって。安藤から。」

『ゆうき』

そう書いてあった。
美央が雪平を見つめる。
「マ・・・マ・・・
 だ・・い・・す・・き」
そう言い、美央は雪平に抱きついた。
「美央・・・」
雪平が、そして佐藤が涙する。

=警視庁=
「推理小説事件、美央ちゃん誘拐事件、×マーク連続殺人事件に
 おける不祥事の、全責任を取り、山路管理官が更迭される
 ことになりました。」
小久保が記者会見の席でそう発表する。

=蓮見の病室=
「事件は全て、解決したぞ。」山路が蓮見に報告する。
「こ・・ろ・・し・・て・・」
「ダメだ。生きて償え。」
山路はそう言い、蓮見の手を握る。
「俺がずーっと、そばにいるから。」
蓮見の瞳から涙がこぼれた。

山路が雪平に、広田が起こした交通事故のもみ消しが書かれた
内部資料を託す。
「佐藤和夫に書かせろ。」
「いいんですか?」
「だが、情報提供者の名前は、出すんじゃない。」
山路はそう言い立ち去った。

安本、退職の日。
「お返事を頂く間もなく、僕の時代が来てしまいましたね。」と小久保。
「だから言ったでしょう。
 おいぼれの私があなた達の派閥争いに参加しても無意味だって。
 これ、安藤から送られてきたんですよ。
 ま、老後は、コンピューターでもやって楽しみます。」
「何だ、あのおっさんは。」小久保が小さく呟いた。

=もつべい=
「終わったな。」と三上。
「そうね。
 薫ちゃん、牛乳じゃないんだ。」
「今日は飲もうかなと思ってさ。
 献杯。
 あのさ、安藤の復讐って、最終的には成功したんじゃないのか。」
「どうして?
 佐藤和夫は私に撃たれず、
 パチンコ店の店長も、生き延びた。
 何?」
「お前って、捜査の勘も鋭いけどさ、
 自分のことは・・・
 ま、それがお前なんだけどな。」

駅のコインロッカーに鍵を差し込む雪平。
中にはDVDが一枚。『雪平さんへ』と書いてあった。

自宅に戻ると、美央が描いた安藤の絵があった。
大きな耳に、ニコニコ笑顔。
スーツ姿なのにバケツを持っている。
その絵に微笑む雪平。

DVDを再生してみた。
安藤がカメラの前に座る。
「えーと、雪平さん。
 このビデオを見ているということは、
 僕はもう、この世にはいないんでしょうね。
 雪平さんの手で殺されているといいんですけど。
 雪平さんも知ってのとおり、僕、時々ヘマやらかすんで、
 違う死に方になってしまっていたら、残念ですが、
 それも仕方ありません。
 それも、報いの一つとして受け入れます。
 5年前、あなたにユタカを殺されて、
 あなたへの復讐だけが、僕の全てになりました。
 本当に、それしか道がなかったんです。
 毎日が、地獄のようでした。
 あの心優しいユタカが刺殺され、
 店長が生き延びる不条理に、僕は耐えられませんでした。
 どうすれば、あなたに、もっとも効果的な復讐を
 することが出来るのか、
 来る日も来る日も、そればかり考えていました。
 検挙率ナンバー1のあなたに近づくため、
 僕は、必死でした。
 それこそ、命がけで。
 でも、憎しみだけを、原動力にして生きていくのに、
 もう、疲れました。
 僕は、いつも少しだけ、混乱しているんです。
 ユタカを失った僕には、サイトのメンバーこそが
 友人であり、仲間であり、家族でした。
 むこうは、僕のこと知りませんけどね。
 そして、雪平さん。
 僕は、・・・今更信じてもらえないと思いますけど、
 本当にあなたが好きでした。
 この気持ちに嘘はありません。
 これは、僕の誤算でした。
 でも・・・本当に良かった。
 復讐する相手があなたで。」

雪平の瞳から涙がこぼれた。


本編は終り、
エンドロールに、安藤が×印連続殺人を犯していく映像。

広田裕次を絞殺し、Xマークをつける。
武田を絞殺、Xマークをつける。
佐藤が帰ったあと、蓮見の家に侵入、背後から首を絞め、
ライフルを置く。
森川を、『推理小説・下巻』でおびき寄せ、背後から絞殺。×印。
久留米も原稿をエサに、絞殺、Xマーク。
「アンフェアには、アンフェアを。」と呟きながら。

安藤の涙。
パチンコ店で銃の弾を抜く姿。
空砲を撃つ安藤。
雪平に銃を向けられた時の安藤の微笑み。
雪平に撃たれ、倒れた安藤。握っていた弾がこぼれ落ちる。
「バカだお前は!」

安藤が亡くなった場所に同じ姿勢になり、きらきら星を口ずさむ
雪平。

「世の中には、フェアなことなんて何もない。
 目には目を。復讐には復讐を。
 アンフェアには、アンフェアを。」


雪平が視線の先に何かを見つけた!


雪平は何を見つけたのでしょう!
面白い終わり方でした。

本当に、安藤が犯人だったのですね。
ということは、瀬崎も『予告小説殺人事件』の
実行犯、5人の被害者を絞殺、刺殺したんでしょうか。

ネット仲間が友達、家族だったと言う安藤。
もしかしたら、瀬崎や紀世子の仇を討つつもりで、
X印連続殺人事件の被害者を選んだのかな。
でも、友達、家族と思っていた住人の紀世子や蓮見を
殺した(そうとした)のは、言い分が食い違う気もします。

安藤は、雪平から愛する者、信頼する者を奪っていったけど、
最後に一番大切な者を雪平にプレゼントしていきました。
美央の心、美央の言葉。
安藤がいなければ、きっとこの親子の心は
すれ違ったままだったでしょう。

正直、ドラマの真相は、ここのコメント欄やTBいただいたブログの
方が面白かったりもするけれど、
復讐に燃えていた安藤が、雪平に惹かれ、
そして美央と接することで、本来の優しい安藤に戻れた、と
考えると、感動を残してくれました。
その分、彼の死は悲しいですね。
復讐に燃える安藤に、ユタカの幻は何と訴えたのでしょう。

山路の蓮見に言った、
「生きて償え。
 俺がずーっと、そばにいるから。」
という言葉が良かった。
実行犯は蓮見を残して全て死んでいったけれど、
本当は蓮見のように、生きて償う道を選んでほしかった。

安藤が安本にパソコンを送ったのは、
パソコンなど全然わからないと言った彼に、
その面白さを教えようと?
それとも、まだ何か秘密があるのでしょうか?
それに安本が気付き、新たなる幕が開ける!?
もしくは、安本、証拠隠滅!?

このドラマには、沢山の方のコメントをいただきました。
感謝しています。ありがとう!
どの推理も、とても面白かったです。
引き続き感想などお待ちしています。
仕事が片付かず、なかなかお返事出来ずごめんなさい。


今までの犠牲者

『予告小説殺人事件』
第1&第2の犠牲者:木村弘務&龍居まどか=刺殺。
第3の犠牲者:編集長=刺殺。
『犯人は右利き。 凶器も三件とも同じ。
 刃渡り9.5センチ、ノック型の登山ナイフと思われる。』
第4の犠牲者:愛する者(松本)=絞殺
第5の犠牲者:か弱き者(平井)=刺殺 
 凶器は木村&龍居&編集著と同じものと思われる。

※雪平、瀬崎を射殺

『募金型誘拐事件』
第6の犠牲者:牧村紀世子=射殺

※雪平、牧村に銃を向けるが撃たなかった

『Xマーク殺人事件』
第7の犠牲者:広田裕次=絞殺 Xマーク
第8の犠牲者:武田=窒息死  Xマーク
第9の被害者:蓮見=首を絞められる Xマーク
第10の犠牲者:森川 Xマーク
第11の犠牲者:久留米 Xマーク

※雪平、安藤を射殺


オープニングナレーション:
第1話=雪平
第2話=小久保
第3話=久留米
第4話=瀬崎(第4話で雪平に銃殺される)
第5話=紀世子(第8話で誰かに銃殺される)
第6話=安本
第7話=山路
第8話=蓮見
第9話=三上
第10話=佐藤
最終話=安藤


ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking



DVD発売決定!
アンフェア DVD-BOXアンフェア DVD-BOX


原作は、あの秦建日子さんです!
ドラマを見終えたら読むのが楽しみ!
4309407765推理小説秦 建日子 河出書房新社 2005-12-21by G-Tools


主題歌です。
B000E1NYKIFaith伊藤由奈 ソニーミュージックエンタテインメント 2006-03-01by G-Tools



篠原涼子さん過去の作品


09:15 | CM(69) | TB(0) | アンフェア | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最終回、いちばんなってほしくない結末でした。
いちばん怪しい安藤を犯人から除外していろいろ推理してきましたが、考え過ぎでしたね。
雪平のお父さんの事件の時効や安本さんの定年など、まんまと引っかかってしまいました。お父さんの事件は今回のストーリーには無関係だったのですね…。
だとすると、本編に何度となく映し出され、「×」のサイトにも一瞬出てくる東京タワーの映像はいったい何だったのでしょう。あれで完全に「真犯人はお父さんの事件に関係アリ」と考えてしまいましたよ。

公式サイトのストーリー紹介のところに、「安藤が最後に見た景色を見ようとしたそのとき、雪平は、何かに気付く…。」とありました。これって何なんでしょうね。続編とかSPへの伏線だったりして。
Posted by わっち at 2006年03月22日 10:35
まさか安藤だなんて。。。
泣けました。
Posted by スニ at 2006年03月22日 10:59
はじめまして。
ドラマを観た後も、しっかりおさらいさせていただいてます。
いつも素早いアップには脱帽です。。

で、安藤かよぅ〜〜!!!でした。
いちばん視聴者に打撃を与える犯人だと思います。

動機はよくあるパターンって感じがしましたが
安藤を撃ったことで、雪平も今後の犯人射殺に対しての心が変わるんでしょうね。
安藤が残していったものは大きい。
美央ちゃんの声にしてもそうですよね。
安藤はやっぱいいヤツだったんじゃないと思ったけど
エンドの、殺人シーンは怖かった。

黒幕っていうのはわかったけど
それぞれの犯人がどうやって雪平に関係する人間を
殺した(殺そうとした)んでしょうか。
安藤のことは誰も知らないんですよね。
脅迫でもされてたのでしょうか。
私がどこかで見落としてるのかなぁ。

次回作もしくはスペシャル。なんなら映画化を期待します。
Posted by かおぴ at 2006年03月22日 11:01
安藤って、そのまんまでしたね・・・(苦笑)
Posted by 期待しすぎ at 2006年03月22日 12:10
犯人安藤でしたね。
ショックといえばショックですが、
おもしろいドラマでした。
最後の意味深な終わり方は気になりますね。
私も続編希望します。
Posted by moegi at 2006年03月22日 12:13
「急所をハズして撃たんかい、おらぁ!」が雪平に対する感想です。(-_-;
ホント、困った人たちのドラマでしたね。(笑)
Posted by 真陽路 at 2006年03月22日 12:17
>安藤が最後に見た景色を見ようとしたそのとき、
雪平は、何かに気付く…。

なんですか、なんですか???
後半20分だけ見たんですが
いったいなにに気づいたんですか??

私はてっきり安藤犯人の後に
またどんでん返しがあると深読み
しすぎました。
安本が
「定年後は安藤の残したパソコンでも
いじる」といって去っていったので
実は安本もなにか絡んでいるのでは…
でも、もう時間ないしなあと
気になっていると
そのまま安本は登場しないで終わりました。
なーんだ。

雪平はいったいなにに気づいたのだ??
ぜひ教えてくださいませ!
気になって仕方がないです!
Posted by 通りすがり at 2006年03月22日 12:48
う〜ん…って感じです(苦笑)
牧村に撃たれてしまったのは百歩譲るとします。
でもやっぱり彼が牧村を射殺したのは無理がありすぎる。
百メートル先のビルまで誰にも不審がられずダッシュですか?あの体で。
あと蓮見が犯人だと知ってたなら、何故蓮見に呼び出された時に美央ちゃんを一人にしたんでしょう?
蓮見が美央ちゃんを狙ってる事、分からないはずないのに。
安藤が美央ちゃんを大切に思ってた気持ちは、本物だったのに…

動機だって結局逆恨みみたいなものだし。
豊の犯行動機や、豊と安藤の繋がりを警察が全然知らないのも変。

松本理恵子を殺したのって瀬崎?安藤でしたっけ?
蓮見の動機も不明だし、雪平の父親殺しも謎のまま。
続編狙いかもしれないけど、安藤のいない続編なんてな…
っていうのが正直な気持ちです。
Posted by 猫舌 at 2006年03月22日 12:50
私も安藤を何故殺してしまったの〜?って感じです。
肩とか足とか、安藤を動かせない方法はあるでしょう!って思います。
確かに安藤は雪平に殺されたい感じはありましたが、山路が蓮見に言ったように、「生きて償う」方法もあったはずです。
結局犯人を楽にさせているだけのような気がしますね。
安藤を生かす事で、雪平にも成長が見られたのではと思うのですが・・・

でも安藤犯人としても、蓮見や牧村を殺す必要はなかったのでは?と疑問に思います。
彼女らは真犯人を知らなかったわけだし。
そして蓮見だけ殺し損ねたのも、ちょっと疑問。
まぁいろいろつじつまが合わないのでは?と思う部分はありました。
でもラストに美央ちゃんの声でてくれたのは良かったです。

あの終わり方、何かスペシャルか何かの続編がありそうですね。
ちょっとモヤモヤした終わり方でした。
Posted by しゅじゅ at 2006年03月22日 13:27
全国で「ガッカリ…!」という
ため息が聞こえてきそうなオチでしたね。

たぶん制作サイドは、
真犯人が、安本オチ、三上オチ、山路オチ、
なども準備してたけど、
俳優側の力関係で安藤オチが採用された、
とかそんな流れだと思います。
というのも、今回の安藤オチは、
安本と三上と山路、
それぞれに微妙な見せ場ありましたよね。
違う人のオチでは、
あのへんが変わるんじゃないかと。

なにしろ、原作以上にガッカリなオチでした
((((゜д゜;))))
Posted by たくラモーン at 2006年03月22日 14:11
ちーずさん、いつも素早いアップお疲れ様です。
いやー、終ってしまいましたね!予想通りだったとは言え駆け足で、何か最後は火サスばりに説明が多くて、いつ崖に行くのかとさえ思いました。
安藤の心の動きや蓮見の動機、雪平父エピソードとの関りを丁寧に描いて欲しかったのに、残念です。
もしかして、それが「アンフェア」だったり(^^)
個人的には、加藤さんと香川さんがお気に入りでしたが、影の主役・瑛太さんもWBから3年、いい存在感を出す俳優になって来ましたね。これからが楽しみです。
最後に、主題歌の歌詞(聞き取りだけではっきりしないのですが)安藤の心情を表しているようで、とても切なかったです。
いいドラマでした。
Posted by みかんママ at 2006年03月22日 14:25
安藤が犯人かな?とはウスウス思っていましたが。
放送開始早々、思うツボみたいな感じで登場し、あっさり犯人であることを
認めた辺りで、この後、大ドンデン返しがあるのではと期待してました。
が・・・、そのまま終わってしまったので何かスッキリしません。
最後の雪平の行動・・・
>安藤が最後に見た景色を見ようとしたそのとき、雪平は、何かに気付く…。
あの終わり方からすると絶対続編はあるはず。
まだまだはっきりしていない謎がたくさんある。

気になる点・・・
1.実は、安藤と雪平が真犯人を誘き出すために行った狂言で、安藤は生きている。
 カメラの前を横切った黒い影が気になる。安藤とも思われるが、それでは
 あまりにも単純すぎる。
 そして、安藤が言った「安本さんから連絡があって」という
 台詞も気になる。
 今までのドラマの流れからしてラストがあまりにも単純すぎる。
2.安本が持ち帰ったパソコン。
 「安藤から送られてきたパソコ」と言っていたが果たしてそうなのか?
 安本が犯行に使ったパソコンではなかったのか?
3.瀬崎、牧村、蓮見の犯行動機の確信の説明が浅い。
4.回想シーンに牧村の射殺シーンがなかったような気がする。
5.×のサイトの内容が明らかにされていない。
 事件に関係したそれぞれの人物がどのような書き込みをおこなって
 いたのか?がはっきりしていない。

以上のようなことから推測すると、真犯人は安本。
雪平のお父さんの事件の鍵を握る、もしくは安本がらみの犯罪を
雪平のお父さんに追求され殺したか。
事件は雪平のお父さん殺しから始まっている・・・。
このまま雪平が警官を続けていくと、いつかお父さんの事件の核心に迫り、
自分の身が危うくなるから早いうちに雪平を潰したかった。
そこで安藤のサイトを発見!!
サイトの一員となり、安藤を含む、瀬崎・牧村・蓮見を自分の駒のように
自由に動かし今回の一連の事件をおこした。
安藤は、安本の存在を知らなかった。
その証拠となるのが安本が持ち帰ったパソコンの中にある。
どの回だったか忘れたが、安本が
「真実を突き止めるだけが警察じゃない」みたいなことを言っていた気がする。
とにもかくにも続編を希望する。

単に予算の都合、放送時間の都合、みたいな理由で様々な謎を
有耶無耶にしたということがないことを祈る。

 
Posted by ドルフィン at 2006年03月22日 14:45
終わっちゃった…

うう〜悲しすぎる結末でした…。

安藤君、子どもには優しくって、途中で計画変更してくれたらよかったのに…

それにしても、あれだけの人を殺しておいて、最後にパチンコ店の店長の急所をはずし、わざと雪平の前で銃を構え、計画通り撃たれて…本望だったかな…?

黒幕は最後に生き残らない正義感のあるやつだとは思ってたけど、雪平は(というか警察はみんな)狙撃能力を鍛えて(シティハンターみたいに)、犯人の銃を持つ手だけ撃つとか、命を奪わない逮捕のしかたをして欲しい。。。

最後のほうに殺された人、本当に殺す必要あったかなあ?

きっとスペシャルがあるでしょうね。

安藤君抜きで続編は…、物足りないし。

安藤君役の瑛太、コロッと殺人鬼の表情、話し方になってびっくり!
演出も見事。

みおちゃん可愛い〜!よかった。

P.S.「殺」の字が「私の目の前で、人を頃させはしない。 それが、お前でも。」になってますよ。
Posted by tsuki2004 at 2006年03月22日 15:19
さくらです♪

正直、皆さんがいってるように、安藤の最後は全ての事件を操る黒幕にしては、ちょっとあっけなさすぎなラスト・・でしたね。安藤すらも操っていた黒幕が他にいたのでは?という気にもなりますが、考えすぎかな?続編やSPをつくるとしたら、そういう展開になるのかもですが・・。自分の推理にしても、安藤に関することはほとんど当たっていたものの、安本に関しては全部ハズレでした。すみません・・。

結局、それぞれの事件は安藤の指示ではなく、彼らが個人の意思で行っていたと安藤も言っていたので、小説型殺人事件と募金型誘拐事件に関しては、安藤はヒントをサイトで出しただけで、基本的には関わっていないってことですよね。安藤が実際に殺したのは、牧村・広田・武田・森川・久留米の5人ってことかな?蓮見も安藤が殺してましたが、未遂に終わりましたね。

雪平の安藤射殺に関しては、安藤が死を望んでいることを雪平もわかったのかな。自分に殺されたいと思ってる安藤の気持ちがわかったから、最後は動きを封じられる場所でなく、心臓を狙ったのかなと思いましたが、どうなんでしょう?でも、その後に山路が蓮見に「生きて罪を償え」と言ったとおり、安藤にもユタカにもあくまで生きて罪を償わせる方法もあったんですよね・・。雪平にとって安藤は、黒幕とはいえ相棒以上の大事な存在だったはず。雪平は、そんな安藤を自分が撃つことで、ユタカを射殺して生きて罪を償わせる機会を奪ってしまったことに対する罰を受けるつもりで、撃ったのかもしれないと思います。

最後に、安藤が死んだ場所で雪平が見つけたものってなんなんでしょう?個人的には、雪平が安藤の死んだ場所でキラキラ星を歌っていた場面の後に、雪平のナレーションで「世の中にはフェアなことなんて何も無い。目には目を、復讐には復讐を、アンフェアにはアンフェアを。」というのが入ってEDの歌に繋がっていくつくりだったと思うので、「アンフェアなのは誰か?」と書いているのを、安藤が死んだ場所で見つけたのかなと思いました。事件はまだ終わっていなかった・・・みたいな感じで、SPとかやるつもりなのかな??続編がまだありそうな終わり方ですよね。

オチは期待してた程ではなかったとはいえ、全体的にいい作品だったと思います。後半になるにつれ、色んな方の色んな推理が披露され、本編を見た後、そういう皆さんのレスを読むことでまた楽しめるドラマでした。こういうドラマが、また次のクールでもあるといいですね♪
Posted by さくら at 2006年03月22日 15:24
 ヒューマンドラマじゃん
 
東京タワーのホームページまで見てた自分をおもいきり笑ってください

 僕ならもっとリアリティーのある小説が書けますよBy瀬崎

 勝手に推理したオオバカものより
Posted by けた at 2006年03月22日 15:42
公式HPに
「さて、最終回のラストシーンで雪平刑事は「キラキラ星」を口ずさみながら、何かを発見したのでしょうか…?もしかしたら、またいつの日かみなさんとお目にかかれるかもしれません。では、また会う日まで!
プロデューサー 吉條 英希」
とありますから、必ず続編があるでしょうね。スペシャルかな?
Posted by tsuki2004 at 2006年03月22日 15:44
犯人は安藤でしたね・・・
ずっと三上だと思ってたのに。
続編・スペシャルがあるなら、雪平の父のことやってほしいです。
父殺しはまだ、安本だと睨んでますから。
Posted by ロディオン at 2006年03月22日 15:48
犯人は安藤でしたね。
私的には満足。悲しき犯罪者はやっぱり安藤じゃないと雰囲気出なかったと思います。
なんか、今となってみれば、雪平を思いながらべそかきながら山盛りキャベツをほうばっていた安藤が思い出されて、その葛藤を思うと本当に切ないです。安藤の思いに泣けた。
雪平父の件とか蓮見の理由とか明かされなかった事もあったけど、逆に安藤のみに焦点をしぼったラストに私は大満足でしたよ!
アンフェア面白いドラマでした。
Posted by ぱった at 2006年03月22日 16:35
追伸!
安本さんは最初相関図にも載ってなかったので、視聴者の推理が過熱するのに合わせて製作者がサービスしてくれたんじゃないですかね。
井上順さんとか元ダンナの会社の後輩とか。
視聴者が「黒幕かも」って思う人たちのショットを最後ちょっとづつ盛り込んでくれたような気がします。当初の予定になかった、サービスショットかな。
Posted by ぱった at 2006年03月22日 16:54
安藤が黒幕でしたね。
残念な結果でしたけど、安藤と同じように
違う結果でも受け入れないといけませんね。(笑)

まだまだ、アンフェアの話題をブログで
するかもしれませんが、また別の作品で
盛り上がりましょう!それでは。
Posted by misato(moonlit stars) at 2006年03月22日 17:37
…安藤が黒幕で、あの復讐サイトの本当の管理人だったんですね・・・。まさかあんなにいつも雪平とよく一緒にいながら、ラストまでちっとも気づかなかったなんて・・・もっとこのことに早く気付いていれば、瀬崎射殺の件以外の、安藤が牧村を射殺したことや、また蓮見の首を絞めることだって阻止出来て、何とか説得して生きて罪を償うことが出来たかもしれないのに・・・。なぜか僕は、後悔の念が押し寄せましたね。ちょっと哀しくなりました。人は、変わってしまいますね。表の顔は案外いい人ぶってて、その裏では今回のようにとんでもない恐ろしい行動に入っているんですから、もうホントに人間信用できなくなりますよ。その一例で、雪平の親友だった蓮見は結構前の話で「あたしは、あんたの味方だから何でもいって。」とか言っておいて、結局は娘の美央を誘拐して、裏切り行為をあっさりしてしまったんですから。あの7話あたりの時に黒マスクの顔が明らかになった時「警察仲間にバレたら、裏切った分、生きて罪を償え!このバカ女!!!」って、激怒の念がこもりました。・・・ところで、黒幕は本当に安藤なんでしょうか?この事件には、山路管理官も絡んでいたようなシーンが大分前の話で見られましたが・・・。気になると言えば、安本も怪しいですね。ラストでは「定年後は、安藤が残していったパソコンでもいじるつもりだ」と言って、その後は顔を現しませんでしたが、あのパソコンは本当に安藤のものなんでしょうか?もしかしたら彼安本もこの事件の共犯者みたいな影の人物で、そして彼が持ち去って行ったあのパソコンには、安藤をも操る本当の黒幕に繋がっているのではないかと思ったのは僕だけでしょうか?とにかくもう最終回を迎えてしまったのでこれ以上追求しても仕方がないかもしれませんが・・・。やっぱり気になります!僕が今でも考えていることはこちら!
第1の謎→これも事件に絡んでいていいのかどうかは分からないが、安藤が雪平に向けて残したあのビデオは一体いつ、どこで撮ったんだと言うこと。

第2の謎→今まで雪平に冷たい態度をとっていたあの山路管理官が、安藤が黒幕だと知った時に何故か急に雪平に単独行動を許可したのには何か裏があったのではないかと言うこと。

第3の謎→第8話あたりで、蓮見が美央がいる家に侵入して、誘拐犯の黒マスクの正体が、自分だと言うことがバレていると確信し、口封じをするために殺そうとした時に、タイミングよく安藤から電話が掛かってきたが、実はあれは、安藤が自分を操っている真の黒幕に電話で「蓮見が雪平の娘の美央を口封じしようと、家に侵入した形跡がある。まだ手遅れになっていないはず。直ちに阻止してくれ。」と伝えられて、分かっていたのに、何も知らないフリをして、偶然掛けたのではないかと言うこと。

第4の謎→過去の雪平の父親殺しの事件の真相は結局分からずじまいで何だったのかと言うこと。

とまあこんな感じですね。他に何か疑問点が残っているようなモヤモヤ感があったりはしますが、とりあえず後の件については、そのうち、スペシャルか、続編でもやると思うので、それに期待します。ハイ。
Posted by ナルミ at 2006年03月22日 17:39
ちーずさんこんにちは!
黒幕、安藤でしたね・・・。一番嫌なラストであり、一番期待してたラストでもありました(苦笑)
原作でもドラマの中でも、瀬崎が「推理小説では読者にヒントを与えなければならない」というようなことを言ってましたから、このドラマもちゃんとそのルールに従ってたということですよね。安藤の怪しげな表情、発言、そして過去の射殺事件。視聴者はいっぱいヒントもらってました。私は三上や安本さんを疑ってたけど、それだとヒントが足りなすぎですもんね(汗)

あと、「なーんだ、安藤か」というような声が多いようですけど、ネット上での推理合戦があったからこそ安藤を疑う人が増えたわけで、(たぶん)雪平に一番の理解者に見えた安藤が黒幕という結末は普通に考えたら十分にアンフェアだと思います。

とはいってもやっぱショックな結末ですけど。でも安藤は死ぬ覚悟ができてたんでしょうね。あそこで引き金を引こうとすれば、必ず雪平は自分を撃つ、撃ってくれる。そう思ってたんでしょうね。うわ〜なんか雪平以上に悲しい人生かも知れません、安藤。

でも自分的には好きな形のラストでした。安藤にたくさん焦点があたっていて。ベジタリアンになった理由とかも。(そこかよ!)続編かSPは必ずあるはず☆父親の事件も解決してないし・・。なにはともあれアンフェアにはまった3ヶ月間は最高でした☆
Posted by めろんぱん at 2006年03月22日 18:03
泣いてしまった最終回。やはり安藤でしたか。
最後の山路がかっこよかったです。小久保も嫌味ばっかだけど安本に次期管理官をお願いしようとしてたあたりイイやつなんですかねぇ。

でも、続編がありそうな終わり方でしたね。
結局雪平父の事件も終わってないし、また何かないかなぁと少し期待をしてます^^

安藤を失い、美央の声が戻った。
人生ってそんなモンですよね(15歳のくせに)
失うものばかりじゃない。
犯人が復讐の相手の子供にきっかけを与えるという変わった設定も安藤らしい。

あのビデオは警察署内ですよね?壁のカンジとか。違うかなぁ。誰にも見つからなかったんでしょうか?

安藤と言えば、瑛太さんの演技力はすごいですね!
特に、店長を狙ったときのあのガラス玉のような死んだ瞳はゾクっときました!!
アンフェアは役者さんが皆さんとても素晴らしい方なので、毎回頭を悩ませてました。
終わってしまって残念です。でも、SPや続編がありそうな気がするので気長に待つことにします。
Posted by 夜色 at 2006年03月22日 18:07
5年前の雪平が射殺したユタカと安藤はともにコインロッカーに捨てられた子供で同じ施設で育ったとのことでしたが、5年前の事件後にユタカの身辺について警察は調べなかったんでしょうかね。あれだけの事件を起こしたわけですから、それ相応の理由があったはず。警察は裏付けをしなかったんでしょうか。そういった捜査をしていれば同じ職場にいて、一緒に暮らしていた安藤も聴取されて、記録が警察に残っていてもおかしくないです。
こんなに悲しい結末になる前に、未然に防ぐことができなかったのか、悔やまれてなりません…。
Posted by わっち at 2006年03月22日 18:12
そうだ、書き忘れました。

香川さんの言う1話目のヒントは、アドと革の手袋&土足での雪平宅侵入でしたね。

安藤が片付けてくれたおかげで雪平の部屋がやっとどんなカンジかわかりました(笑)
雪平も少しは片付けましょうね^^;

安藤が安本さんのことを慕っていたのは、施設の親父(?)で酷い目にあったり、親の顔を知らないという辛い過去からだったんですね。

ベジタリアンな理由もわかりました。

それにしても、安藤が捨てられたのは23年前なわけだから、当の昔にロッカー自体は撤去されて新しいのに変わってますよね?同じ番号っていうだけなんでしょうか…。。。
Posted by 夜色 at 2006年03月22日 18:15
久留米の秘書はどこに?
なぜ安藤は牧村に撃たれたのか?
なぜ三上は証拠の栞を隠したのか?

この3点が気になるんですが、誰か説明してください。
Posted by あじあ at 2006年03月22日 18:34
はじめまして、ちーずさん!

犯人、やはり安藤でしたね。でも、安本や三上も不敵な笑みや頷きのシーンがありましたよね?なにかまだあるんでしょうか??それに、最後、雪平がなにか、驚きの表情を見せていましたし・・・。再放送、または、スペシャルをやってほしいですね。でも、最後の安藤のメッセージには感動にてしまいました。なんか、三上はまだ、秘密がありそうですね
Posted by 冬穂 at 2006年03月22日 18:52
アンフェアが終わってしまって、私の楽しみも無くなってしまいました。。。

やっぱり安藤だったんだぁ。犯行を自白し始めた時は今までの安藤とは人が変わってしまった感じで何だか怖かったけど、だんだん感情が湧き出し、涙を流した時には私も涙してしまいました。

ラストには満足しているけれど、皆さん同様疑問は残りますね。

考えれば考えるほどあーじゃないかこーじゃないかって色々推理してしまいます。

雪平が最後に見た景色は何だったのか!!

続編、スペシャルに期待します!!
Posted by at 2006年03月22日 19:25
アンフェアが終わってしまって、私の楽しみも無くなってしまいました。。。

やっぱり安藤だったんだぁ。犯行を自白し始めた時は今までの安藤とは人が変わってしまった感じで何だか怖かったけど、だんだん感情が湧き出し、涙を流した時には私も涙してしまいました。

ラストには満足しているけれど、皆さん同様疑問は残りますね。

考えれば考えるほどあーじゃないかこーじゃないかって色々推理してしまいます。

雪平が最後に見た景色は何だったのか!!

続編、スペシャルに期待します!!
Posted by kyouko at 2006年03月22日 19:25
安藤犯人でしたね。皆様思うように犯人を射殺するのは正義であろうともいかんですよね。
復讐鬼の安藤としてだけではなく、雪平を愛したことにより安藤のやさしが表現されていた部分はよかったですよね。それにしても雪平のお父さんがなぜ殺されたのかがはっきりしていないので、皆様と同様スペシャル版して欲しいと思っています。実は安藤がお父さん殺しのいきさつもしくは犯人を裏で調査をしていて途中までつかんだ情報を安本に託したpcの中に入れているのではないでしょうか。。安本にそれを託して雪平と協力して解決してほしいと思ってたりして。

最後に雪平が安藤の射殺された現場で見たものは
「アンフェアなのは誰なのか」という文字でしょうね。それは安藤が書いたものでしょう。雪平が殺害現場でかならず寝転んで最後の風景を見ると知っていて、、、わざと残したのだと私は思いました。
Posted by hell at 2006年03月22日 19:28
 先ほどは、失礼なコメント、済みませんでした

 でも前の事件の詳しい、いきさつとか動機がみたかったです、前のかたが書いていた、崖がみえた状態でした。
 皆さんの書き込みをみて、ドラマ的には優秀ですが、最後の安藤の自白はしわくちゃになった脳みそにアイロンをかけられたようでした

 公式ホームページにドラマの倫理のような、書き込みがありました、もしそれでラストが変わったの
なら、ホストやキャバ嬢をもてはやし、苦労ばなし
までドキュメントするテレビ局のほうがアンフェア
なのでは?

 推理てきに締めるには、安藤が安本を見たことのない父親にみたてて、昔の事件に気がつき、勇退を迎える安本の犯行に、ピリオドを打つために、すべてをかぶり、雪平の銃弾に倒れた
 こんな、展開でセカンドシーズンが始まってもらえないでしょうか
 
 とりあえず、三ヶ月、頭のなかにアンフェアが住み着いたことは確かです すごいドラマでした
 ありがとう!
Posted by けた at 2006年03月22日 21:24
こんばんは。
最終回迎えてしましましたね。
わりと早々に安藤が犯人だというながれになったので、大ドンテン返しみたいな結末を期待していましたが、やはり安藤でしたね。
ラストのシーンは印象的でした。続編があるのでしょうか?とても楽しみです。安藤が生きてたらいいのに・・・けどいくつか気になる点はあります。
三上が熱心にパソコンに向かっていたり、蓮見が雪平を落とし入れようとした理由、また安藤が牧村に撃たれたのは必然だったのか、単なるドジなのか・・・どこまで安藤が指揮していたのかも気になります。
雪平・父の事も待ち合わせ場所に出てきただけでまだ解決していないし・・・気になる事ばかりです。
Posted by アゲハ at 2006年03月22日 21:37
また、書き込みます。

やはり、安藤でしたか?

推理小説としては、少し物足りないですね。
安藤です・・・の伏せんだらけだもの。
もう少しひねりがあって欲しかった。

雪平が最後に観たもの・・・
東京タワーじゃないかな。

SPか、続編ありそうですね。
お父さんんの事件の真相が知りたいです。

では、いつも どらまのーと 見ています。
また、楽しみにしています。
Posted by ざわっち at 2006年03月22日 21:58
こんばんは。安藤が犯人でしたね。最後までもう一人誰かいるんじゃないかと思っていました。
それにしても、解決していない複線がいっぱいありますよね?でも、続編をやったとしても・・・どうなんでしょうねぇ?
Posted by あずさ at 2006年03月22日 22:11
こんばんわー。
とうとう終わっちゃいましたね〜
うーん、個人的には予想@薫ちゃんが外れてOTLだが、
>安藤が安本にパソコンを送ったのは、
うーん、こちらもちとひっかかりますね。
あっさり流されていた気もしますが。

とにかく、面白かったですね!
Posted by demasse@宿無し at 2006年03月22日 22:55
オープニングでばれちゃいましたねぇ
もうちょっとラストまでハラハラしたかったなぁ・・・
Posted by あんぱんち at 2006年03月22日 22:59
初めまして。
しっかり、おさらいさせていただきました。

やはり安藤なんですね・・。
予想通りなんだけど、まだ納得しきれない点が
ちらほらと。。
瀬崎の性格上、殺人の実行犯とは思えないんだけどなぁ・・
そして、雪平、何故いつも心臓をぶち抜くの??
他にも解決の道はあったような・・。

最後に雪平が何に気づいたのかがとても気になります。
安藤からのメッセージを発見したのか。
それともただ単に東京タワーが見えたのか。
または、新事実を発見してしまったのか?
個人的には、3番目が良いな〜。
続編希望!!
Posted by えみり at 2006年03月22日 23:43
とうとう終わってしまいましたね。コメントをくれた方のように安藤が「やっぱり...」でしたか。コメントのみなさんは強引な終わり方と中途半端なまとめ方に感動した反面、がっかりしたところもあるようですね。続編、スペシャルを期待している向きもあるようですが。11回という連載が短すぎましたね、最終回の前にもう1回くらい入れて雪平の父の死のことをもう少し詳細に描いて欲しかった。彼と安本との関係も入れて欲しかった。そして雪平の過去を知り安藤は自分の境遇と似ていることに気づき一層、雪平への愛を深めていき、雪平を裁くのではなく雪平に自分を裁いてもらうことにしたという流れでもあったほうがよかったのになと思います。それと蓮見は×サイトの人でしたが何に復讐したかったんでしょう。雪平を恨んでいたのか、「金」というものに復讐したかったのか山路がその理由を知っていて雪平に話すというところも欲しかったなと。....やはりこのドラマは11回じゃなく13回くらいにしておけばもっと質の高いみどころのある作品になったのにとそれだけが残念に思います。私としては面白かったですけど。(少なくとも2時間物のくだらないサスペンスよりはずっと。)
Posted by TALK SHOW at 2006年03月23日 00:15
こんばんわ。
カキコミを読みながら、みなさんの推理力に驚きです。
私は安藤が黒幕だったなんて、全く気づきませんでした。そうであって欲しくない、という希望だったのですが・・・。
そんな希望も込めて、私は「安藤は一命をとりとめた」と推測するのですが、どなたか共感してくださる方いらっしゃいませんか?
雪平が安藤を打ってから、誰も直接的に「安藤は死んだ」
とは言っていない気がしたのですが・・・。
実は生きていて、蓮見のように生きて、全てをつぐなっていく・・・。
そして雪平も犯人を射殺することはなくなった・・・という続編を期待しています。
でも面白かったですね!!
Posted by きょうか at 2006年03月23日 00:26
くぼっちです。こんばんわ。アンフェア、いいドラマでしたね。ドキドキして、哀しくて、時に優しくて。最高でした。

それにしても・・・皆さんの推理力には頭が下がります。。すごい。
Posted by KUBOTCHI at 2006年03月23日 00:31
いつも楽しく読ませていただいています。
ありがとうございます。
うまくいえないんですけど、安藤は、催眠というか あのサイトで何かかけられていて
雪平の言葉で、それが出ていきなり変わったんじゃないかなっと思ってしまいました。
で、最後に黒幕が出てくるかと思ってしまいました。
現実と非現実の世界をさまよっていて、現実の世界に戻すのが 美央の純粋さでなんて
黒幕は、安藤を射殺するのかしないのか かけてたのでは
安藤が、送ったというパソコンは証拠物件にならなかったのでしょうか
くだらないことすみません。
続編が楽しみです。
Posted by かわいこちゃん at 2006年03月23日 01:59
初めまして♪こんにちゎ。
アンフェアのことで頭がいっぱいになり、
先週からこのHPを見つけて毎日拝見させてもらってます☆

黒幕として安藤だったことは、やっぱりな・・・と思いました。
中間ぐらいから安藤が怪しいと思うところが結構あったので、もしかしたらとは思っていました。でもできれば違う人であってほしいとも思っていたのですが・・・。

皆さんのコメントで、射殺ではなく急所を外して打てば・・とゆぅような文を読んで、ホントだよ〜。と、私も同感でした。
妹とアンフェアの話をしていたところ、その射殺の話の時に父が割りこんできて、「それじゃいかんのだよ。」と教えてくれました。実際過去にそうゆぅ問題があったそうです。瀬戸内海かどこか場所は特定できませんが、フェアリーハイジャック事件で問題になったそうです。射殺したみたいですが・・・。急所を外すと犯人がどのような行動をとるか分からないから、急所を狙わないといけないとか・・・。なるほど。だからか・・・。
それにしても安藤のことを考えると切ないですね。
生きていると心のどこかで期待しています☆

皆さん同じだと思いますが、まだちょっと気になるところってありますよね。続編はいつやるのかと、もう楽しみです♪

ありがとうございました☆
Posted by ☆ナナ☆ at 2006年03月23日 11:57
こんにちは。
もうね、王ジャパンに浮かれすぎてニュース見てたら、アンフェアの最終回をすっかり忘れちゃってて・・・。ガッカリでした、よりによって最終回だけ見忘れるなんて。
でもちーずさんのおかげで助かります。今回もお世話になりました。
そうか、安藤が犯人だったのか。安藤が犯人とすれば雪平に殺されたパチンコ屋の店員が関係してるんだろうなと思ってたけど、う〜ん残念だ。安藤にはいい奴のままでいてほしかった。
Posted by マンデリン at 2006年03月23日 12:01
私は ブログをのぞけなかったので
こんなに高度な推理が展開していたとは
しりませんでした。
なので まっさらな気持ちで みて
ただただ びっくり、まだひきづっています。
しばらく 尾をひきそうです。
Faith、ほんと 安藤の気持ちっていう感じですね。切ないけど さっきから何度も聞いてます。
続編 よくある主人公じゃないひとのモノローグで きれはしを振り返る感じじゃなくて
女王の教室みたいに 番外編みたいな
展開を望みます!
Posted by まいっち at 2006年03月23日 12:02
すいません、もう一つ気になった事。
なんかこのドラマ、終わってみれば殺人の正当性を主張しているようで、そこも引っかかります。
一体何人殺された事か。
雪平の急所狙いもそうけど、安藤だって。
動機が豊の復讐なら、なにもあんなに殺さなくても。
1話冒頭の無差別殺人の説明もないですしね。
いいのだろうか…
Posted by 猫舌2 at 2006年03月23日 12:32
 初めまして!!このサイトにお世話になり始めたのは、アンフェア5話あたりからだったのですが、最終回を観て、ど〜しても書きたくなってお邪魔しました。

 最終的には安藤が真犯人…。このサイトでも彼が犯人の一番候補でしたね。結局「まんま」な最終話でしたが、私はこれでよかったのかなとも思いました。もちろん、安藤が生きてくれるラストが一番のベストでしたがっ!

 安藤は最終的には、雪平を憎み続けることができなかったのですよね。
 最初は復讐のためだけに彼女に近付いたものの、彼女の抱える心の葛藤や優しさ、強さ、弱さ。そして美央に対する想い。それらをすべて間近で観てしまって、彼に人間らしさが戻っていったのでしょう。もしかしたら、顔も知らぬ母を雪平に見たのかもしれません。
 雪平に復讐を誓い、そして愛してしまった安藤。 DVDが出たら、もう一度見返したいですね。
 彼の心の葛藤が解ると思います 
Posted by まお at 2006年03月23日 12:38
なぞだらけで終わっていますね。
最終回を迎えてとりあえず安藤ということで終わっていますが、真相が他にあるのではと気になって仕方ありません。安本が怪しい!!だって、小久保に安本は「いいかげん、本当のことを言ってもらいましょうか?」的なことを言っていましたが、そっから一切そのカットの続きがなく、怪しすぎます。そして皆さんがおっしゃる通りあの最後のフリ。パソコンを持ち帰って・・・安藤からもらったっていつもらった?っていうことと、その小久保とのやりとりの続きはなくさっさと退職してしまって・・・オイオイ!って感じでした。雪平の父のことも東京タワーの映像のなぞもさっぱりそのままで、絶対あの安本が一枚かんでますね!うんうん。
それから一話で殺されている人たちは安藤がやったのかも不明。雪平とつながりもないし、安藤が殺す意図がわかりません。
そして、皆様の声で続編、すっきり謎解明の為にすぐに放送してほしい!と言いたいです。だれか力ある人言ってくださ〜い(^o^)丿
Posted by すっぎー at 2006年03月23日 12:55
ちーずさん こんにちは。
今回もレビュー楽しみに読んでしまいました。
結局安藤君が犯人でしたが、また続編あるかもしれないですね。
そのときはまたよろしくお願いします。
Posted by みいちゃん at 2006年03月23日 14:35
このドラマはドラマ自体もおもしろかったけど、
ここで繰り広げられるみなさんの推理を見て
自分なりの推理をするのがすごくおもしろかったです!
Posted by よっしー at 2006年03月23日 14:54
安藤、瀬崎、牧村の死は、憎しみだけを原動力にして生きていく生き方、それがどんなに悲しく、生産性のない無間地獄のような日々かを教えてくれます。
雪平も亡き父の復讐のために、犯罪を憎んで生きています。

自己の偏狭な正義貫けば、嫉妬と憎悪と敵意を生む。
謙虚な心で、他の人々を助けることで、人は幸福になれる。
他の人に愛と憐れみを多量に与えれば与えるほど、彼の魂は成長する。
甘ったるい考えかもしれませんが…

安藤も未央を世話をするうちに、そのことを気づいたのかもしれません。
残念ながら、3人とも死しかそれまでの生き方を変えることはできなかったのですが…

違う生き方もあったのかなと愚痴る雪平に、「自分らしく生きるのに、手遅れなんてありません。人生なんて、決心一つで変えられる。」と瀬崎が語った言葉が思い出されます。

雪平が最後に見たものは…その気づき、決心かも知れないと思います。

ドラマの中でまかれた謎にはまだ解決されていないこともありますから、推理を楽しむドラマであれば、もしかしたら続編があるかもしれませんね…
Posted by nagoya74 at 2006年03月23日 14:58
ちーずさん、こんにちは。

またしても、予想された結末なのに
最後の最後で泣いてしまいました。
安藤の豹変ぶりを見られたのは満足でしたが、
無表情な話し方や見開いた目、
エンドの連続殺人の様子は怖かったァ。

瀬崎の時もそうだったけど、
自分が殺された後のことを考えて
準備するって、どんな気持ちなんでしょうか。
きっと、達成感よりも
やっと終わることへの安堵感と空しさが
大きいような気がします。

未央ちゃんの声が出てよかったと思う反面、
あんなに鋭くて聡い子供なので、
牧村や安藤のことも何か気付いてたのかも?
なんて思ってしまいました。
そうだとするとあまりに悲しすぎますが・・・。

安藤がビデオの中で言ってた
「いつも混乱」って言葉、
このドラマう見てるとまさにそんな感じで、
最後まで振り回されたように思います。
Posted by のんのん at 2006年03月23日 16:32
橋野美樹は、、、
Posted by katie at 2006年03月23日 17:25
 すこし気になったところがありました

 アンフェア第五話で、安藤が雪平の捜査履歴の中に

 『斉藤ユタカ
 東京都立光が丘工業高校3年

 平成12年12月25日
 強盗殺人罪 近所に金銭目的で強盗に入り
 目撃者らをナイフで刺殺し死亡

 平成13年1月9日
 傷害罪 パチンコ店で勤務中に口論になった店長を
 ナイフで刺す 射殺により被疑者死亡』

 パチンコ店の事件の前に、強盗殺人を犯しています ユタカはかなり逆上型で決して優しいだけの子ではなかったのでは、前に推理するときに、そんな人間に同情するものはいないと思いました
 警察の捏造でなければ?
 
 ここに引っかかったのですが、ちーずさんの文章
のはじめの回ばかり、探していてやっと見つかりました 

 すっきりしました。
Posted by けた at 2006年03月23日 19:03
はじめまして。ブログ読ませていただきました。
ドラマ自体は最高におもしろかったですが、皆さんおっしゃっているように疑問だらけで消化不良です…。

ところで、最終回の日のNs’あおいの前の番組で、ア
ンフェアの番宣やってたの見ました??安藤と小久保と安本が出ていたやつです。あれで小久保(阿部さん)が、「最後の15分がすごい」とか、犯人を聞かれたときに「ここに篠原さんがいないということは…ってことですよ!」みたいなこと言ってましたが、オンエア見てもあの言葉の意味がさっぱり分かりません。
誰か教えて…

それにしても最終回の台本読んだ時の瑛太の気持ち…どんなだったんだろう。
Posted by sepia at 2006年03月24日 00:03
ちーずさん、こんにちは。

とってもハマったアンフェア、ついに終わってしまいましたね。
私もみなさんと同じように安本がこのまま終わるの??って思ったのと、最後に雪平が何を見たのか?って思ってました。

このドラマが終わるまで原作を読むのは我慢してたのでさっき買ってきたのですが、そこに挟まってるしおりに

アンフェアなのは、誰か

と書いてあって、更に裏には

そして二○○六年夏、
雪平夏見、ふたたび。

って書いてあったんです!!!って興奮してるけど、もう既出ならすみません。
一応みなさんの書き込みはチェックしましたが、なさそうだったので。

この続編があるって事はやっぱり事件はあれで終わりではなかったんでしょうか?それか番外編みたいなのかな?どっちにしても続編、すごく楽しみです。

P.S. 雪平って「夏美」だと思ってたら「夏見」だったんですね。
Posted by seiko at 2006年03月24日 18:13
こんばんは。コメントありがとうございます!

★わっちさん★
同じく、お父さんの死が全てにつながると考えていました。
雪平が見たものは・・・
うまい終わり方でしたね!
続編に期待が深まります。

★スニさん★
やっぱり!という思いと、まさか!という思いが交差しました。
彼の告白は悲しかったですね。

★かおぴさん★
初めまして!
彼じゃありませんように!と信じつつ見ていました。
安藤の殺人シーン、怖かったですね。
ためらいもせず、あの表情!

同じく、瀬崎の殺害シーンも確認したかったです。
みんな、安藤に操られていたのでしょうか。
紀世子に佐藤家にもぐりこませたり、
瀬崎に理恵子を狙わせたり、
わからないことが多いですね。
その辺、SPなどですっきりさせてくれると嬉しいですね。

★期待しすぎさん★
同じくすごーく期待していました。
ちょっと消化不良な感じですね。
でも、面白かったです。

★moegiさん★
続編、出来ると嬉しいですね。
あのエンディングは、それを期待させるものでした。

★真陽路さん★
なんで心臓を狙うかなー、でしたね。
人質を取っている犯人には、そうするしかないのでしょうか。
急所を外すと人質の命も危なくなりそうですし。

★通りすがり★
雪平が何に気付いたのか。
それは続編に続く!?
もしも新たな栞が置かれていたとしたら、
安藤もまた、操られていた一人だったということになりますね。

★猫舌さん★
猫舌さんが挙げられた不明な点、同感です。
なんとなく、別に協力者がいたような気もしますね。
安藤と雪平のやり取りが好きだったので、
それがもう見られないと思うと寂しいです。

★しゅじゅさん★
そうですね。生きて償ってほしかった。
そして、しゅじゅさんが疑問に思われた点にも同感です。
こうしてみると、結構つじつまの合わない点が残りますね。
すごく楽しみにしていた分、そのことに関しては残念です。

★たくラモーンさん★
安本オチ、三上オチ、山路オチ、
それぞれ見比べてみたい気分!
原作にも挑戦したいと思います。

★みかんママさん★
ありがとうございます!
アハハ。崖のシーンまで想像されましたか!
確かに、そんな雰囲気もありました。
瑛太さんは、私もWBぐらいでしかちゃんと見ていなかったので、
今後の活躍が楽しみ。
エンディング中の殺害シーン、声なしであれだけの迫力!
次はどんな役に挑戦されるのかな?

★ドルフィンさん★
本当に、それで続編が出来そう!面白いです。
制作者さんに、視聴者を唸らせるような続編を作ってほしいです。

★tsuki2004さん★
最後は多くの人が殺されすぎましたね。
雪平も、心臓狙わなくても・・・と思います。
SPへの期待が深まりますね。

安藤君の豹変、見事でした。
別の方のお返事にも書きましたが、表情だけの演技なのに
迫力が伝わってきました。

誤字の訂正、ありがとうございます!

★さくらさん★
同じく、自分で推理したり、みなさんの推理を読んだり、
とて楽しかったです。
続編に期待がかかりますね!

★けたさん★
東京タワーのHPをチェックされたとは、
けたさんのこのドラマへの思いが伝わってきあmす。
そんなけたさんのためにも、続編を!

★tsuki2004さん★
公式情報ありがとうございます。
反響も大きかったようですし、続編、作ってくれるかな。
楽しみです!

★ロディオンさん★
三上黒幕説も、とても面白かった!
雪平の父の死の謎、続編で解き明かしてほしいですね。

★ばったさん★
面白いドラマでしたね〜!
うんうん。キャベツ、涙目で食べていました。
憎い相手を好きになってしまった安藤の思い。
切なかったです。

視聴者の声を反映してくれていたとしたら、嬉しいですね。

★misatoさん★
そうですね。これはこれで受け入れなければいけません。(笑)
また、次クールも盛り上がれるドラマがありますように!
また遊びにいらして下さい。

★ナルミさん★
身近な人にあんな風に裏切られて、雪平こそ人間不信に
陥りそうですよね。
でも、取り戻したものの方が大きかったから平気なのかな。
本当の黒幕、なんだかいそうな気配ですよね。
続編が描かれることになったら、ナルミさんが挙げられた
謎も解決すると嬉しいですね。

続きはまた明日、お返事させていただきます。
Posted by ちーず at 2006年03月25日 00:09
今日和、初めて書き込みさせていただきます。
皆さんの書き込みで『雪平が急所を外せば』と言われているのを見て思ったのですが、例え片腕・片足・腹を撃たれたとしても、相手に対する憎しみが強ければ強いだけ最後の力を振り絞って撃つと思います。
その可能性は十分あります。
今回の雪平と安藤を見ても、銃を持ち尚且つ人質までとっている犯人までは距離があるのです。
手や足を撃った所で、警察側が犯人の所へたどり着くまでに犯人が相手を撃ち殺す事も可能なわけです。
だから雪平は一発で仕留めているんだと思います。
『自分の目の前で人は殺させない』と言っているように、これは雪平の信念なのです。自分が『警察』である事に対しての。
安藤を撃つ事が、如何に理不尽であろうとも。
だからこその『アンフェアは誰か?』であるとも思います。
Posted by かずみ at 2006年03月25日 04:24
★めろんぱんさん★
確かに瀬崎の言うとおり、ヒントがありました!
でも、それぞれが怪しく描かれる場面があり、惑わされました。(笑)
安藤が犯人だったことは、本当にアンフェア。
瀬崎にしても、安藤にしても、雪平に撃たれて本望だったのだと
思います。引き金を引くほうも、撃たれる方も、切ないですね。
続編に期待したいです。

★夜色さん★
山路は最後、カッコ良かったですね。
蓮見とお揃いのストラップを持っていたことも好感!
そして小久保も、出世欲の強い人でしたがいい人でした。
いつかSPとしてでもいいので、帰ってきてほしいですね。
殺人鬼安藤の表情、怖かったですね。
私はとくにエンドロールで流れた瑛太さんの表情が
気に入っています。
雪平の部屋は・・・また散らかっているような気がします。(笑)

★わっちさん★
5年前、ユタカが射殺され、安藤は雪平に自分で復讐を誓った。
だから警察には、ユタカが個人的な恨みを彼らに持っていたと
嘘をついたのかもしれないですね。

★あじあさん★
久留米の秘書を疑った時期もありました。
第一部終了後、一度も登場しませんでしたね。
牧村に撃たれたのは、計算上!?
そういえば、あの撃たれた体で、安藤はあのメッセージを壁に
書いたんでしょうか。
三上は・・・ただ手柄がほしかっただけ!?
謎が残りますね。

★冬穂さん★
はじめまして!
まだ続きがありそうな雰囲気が残りました。
そうであると嬉しいですね!
また遊びにいらして下さい。

★kyoukoさん★
疑問が残った分、あとを引くドラマですね。
雪平が最後に見たもの・・・
もしもそれが栞だとしたら・・・
私も続編に期待しています!

★hellさん★
雪平が最後に見たものは、安藤が用意したあの文字。
私は別の黒幕が用意したのか、と思ったんですが、
hellさんがおっしゃるように、安藤が自分で用意したのかも。
そう思うと尚更彼の死が切ないです。
東京タワーに掲げられていたり?・・・は、ないか。(笑)

★けたさん★
雪平の父親殺しの犯人がまだ捕まっていない、ということは、
それを絡めての続編、考えられそうですよね。
最終回が終わっても色々考えてしまう・・・
ある意味、すごいドラマです!続編に期待!!

★アゲハさん★
同じく、早い段階で安藤が犯人とわかったので、
別の黒幕が後半15分くらいで登場するのかと思っていました。
自分の死を想像してのビデオメッセージが悲しかった。
残された謎を、続編で解決してほしいですね。

★ざわっちさん★
雪平が最後に見たもの。
確かに東京タワーが見れそうですね。
でも安藤のことですから、もしかしたら雪平にメッセージを
残していたかもしれないですね。

いつも遊びにいらしてくださりありがとうございます。
これからもお気軽にコメント下さいね。

★あずささん★
続編をやるとしたなら、今残された謎としっかりつなげてほしいですね。
ただ、あのメンバーに犯人を作るとすると、三上か安本ぐらいしか
考えられないので、犯人が想像出来る推理ドラマって、
作るほうは難しいのかなぁ。でも期待しちゃっています。

★demasse@宿無しさん★
面白かったですね〜!
三上説、あり得そうだったのにな。
またSPなどでじっくり怪しい三上さんを描いてほしいです。

★あんぱんちさん★
私も最後15分に別の黒幕が登場するのだろうと思っていたら、
安藤のままでした。(笑)

★えみりさん★
初めまして!
瀬崎は、小説を書いたことは認めたけれど、
殺人は・・・どうだったのでしょうね。
雪平が心臓を狙うのは、人質をとられているからなのかも。
でも別の解決方法も考えられそうですよね。
雪平が最後に見たもの・・・
私も続編へのサインだと思いたいです。
また遊びにいらして下さい!

★TALK SHOWさん★
そうですね。雪平の父のこと、蓮見の動機、本編でもう少し
丁寧に描いてくれたら、もっと納得出来ただろうと思います。
瀬崎の事件に関しても、そうですね。
その辺を全て続編で!
新たな事件に、あのメッセージ、という流れで見たいです。

★きょうかさん★
そういえば、誰も「死んだ」とは言っていなかったですね。
雪平があの場に横になったことで、彼は死んだのだなーと
改めて感じたのですが、もしも安藤が一命をとりとめていたら、
そう考えると、ちょっと救われる気分になれます。
彼にも、山路が蓮見に言っていたように、罪を償う道を
選んでほしかったですね。

★KUBOTCHIさん★
私も皆さんの推理を読むのがとても楽しかった!
アンフェア、いいドラマでしたね。

★かわいこちゃんさん★
催眠、サイトのしかけと、雪平の言葉ですか。
これはこれで、面白いドラマとなりそう!
安藤のパソコン、安本さん持って帰っちゃっていいのかなーと
私も思いました。
続編、楽しみですね!
Posted by ちーず at 2006年03月25日 08:59
★☆ナナ☆さん★
はじめまして!
お父様のおっしゃるとおりですね。
凶器を手に人質をとった犯人。
急所を外したら、人質の命が危なくなります。
瀬崎は小説の続きを残し、安藤はビデオレターを残し。
雪平に射殺されることを覚悟していた二人の死は
やっぱり切ないですね。
続編、私も期待しています。
また遊びにいらして下さい!

★マンデリンさん★
お役に立てて光栄です。
再放送など早く決まると嬉しいですね。
続編が決まったとしても、安藤との掛け合いがもう見れないのは
寂しいです。

★まいっちさん★
みなさんの推理を読むのが私もとても楽しかったです。
女王の教室のSPはとても濃かったですね!
アンフェアも、続編を作るなら、見終わったあと、ますますアンフェアが
好きになるような続編にしてほしいです。

★猫舌さん★
安藤の狙いは雪平に同じ苦しみを与えること。
それにしては、関係のない多くの人が殺されていたのは
気になりますね。

★まおさん★
初めまして!
まおさんのコメントに思いました。
雪平の母としての葛藤を間近で見た安藤は、
自分の母親にもそういう思いがあったのかもと、
少しは母を許すことが出来たのかもしれないですね。
DVDの発売が決定したようです。
私も安藤の心の動きを探ってみたいです。

★すっぎーさん★
いろんな怪しさを残して終わってしまいましたね。
小久保は安本に、定年後の役職の相談をしていたようですが、
派閥争いに巻き込まれたくないと、安本は定年を選びました。
彼がパソコンを持ち帰ったのは、今後の趣味のため!?
それとも・・・。
雪平父が亡くなった場所にあった花束も気になります。
佐藤?それとも、安本?
こういった謎が、全て解決される続編を私も期待しています!

★みいちゃんさん★
ありがとうございます!
こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします!

★よっしーさん★
同じく、みなさんの推理に自分の視野がぐっと広がり、
とても楽しかったです。
またこんなドラマと出会えますように!

★nagoya74さん★
雪平が見たもの・・・決心。
だとすると、素敵ですね。
瀬崎の言葉が、瀬崎自身や安藤たちの心に届けば、
彼らも生き方を変えられたかもしれないのに。
蓮見は、変えられるかな。
続編に期待しています。

★のんのんさん★
瀬崎や安藤、雪平に撃たれる自分を想像し、
どんな思いで準備していたんでしょうね。
二人の死に顔は、ほっとしたように見えました。
瑛太さんの殺人犯としての表情、怖かったですね。
迫力がありました!

★けたさん★
最終回に登場したユタカは、逆上型タイプには見えなかったですね。
お役に立てて何よりです。

★sepiaさん★
はじめまして!
その番宣、見逃しているかも!
それは小久保役阿部さんの悪戯!?アンフェアですね。(笑)
瑛太さん、やりがいがあったんじゃないかな〜。
次の役は何でしょう。それも楽しみです。

★seikoさん★
私も教えていただいたのですが、『推理小説』の続編が出版される
ようです。
一体どんな事件が描かれるのか。
ドラマ続編と関係あるなら、ドラマ見るまで読みたくないかも!(笑)

★ かずみさん★
初めまして!
急所の件、本当にそうですよね。
犯人が人質を取っているのですから、人質の命を優先させるのは
当然なのでしょう。
犯人が人殺しになったとしても、それは地獄の始まり。
殺された人に恨まれる日々が待っているのですよね。
それを防ぐ意味もあるのでしょうか。
結果、殺された身内の感情を、全て雪平が背負っている。
そんな風にも思いました。
Posted by ちーず at 2006年03月25日 09:05
最終回が終わって4日たちましたが、とても心に残るものでした。携帯の書き込みもすごい反響で、最終回のあとこの気持ちを分かちあいたくて書き込みました。
スタッフ、キャストの方及び関係者の方、お疲れ様でした、と、共に有難うございました。
是非、続編を期待してます。
Posted by かおり at 2006年03月25日 13:02
TB頂き,ありがとうございます。

スペシャルの情報が,本当だといいですよね。
Posted by Pete at 2006年03月25日 22:57
 初めまして。アンフェアの復習に見させて頂いています。
 最終回終わって4日目だというのに、安藤がどこまで関わっていたのだろう、と気になっていろいろ妄想してみました。こういった書き込みは初めてで勝手がわかっていないのですが、書いてみたくて・・・
 
 ユタカが撃たれたのを目の前で見た安藤、雪平が処罰される訳でもなく、何の後悔もなさそうなコメントをするのを聞き、復讐を決意。始めは普通に(?)雪平を手にかけようと思ったが、雪平にはスキがなかった。その為雪平に近づく事にして、警察学校に入り猛勉強する傍ら、佐藤名義でサイト開設。そこでお互い名前も顔も知らない仲間ができる。
 推理小説型犯罪計画を打ち明けた瀬崎には、効果的な設定にする為のアドバイスという形で、刑事雪平と被害者の要に栞を発行した岩崎書房に勤める雪平の幼なじみを紹介(松本だけメールが送られていたり手が込んでいた)
 広田への復讐を打ち明けた牧村には、誘拐事件を提案。刑事と新聞社勤めの娘で、騒ぐ心配もなく、しかも家政婦を雇っているので、問題なく近づける格好の相手がいると教える。(1話で佐藤が「ふれあい〜」に頼んだシーンが邪魔・・・元々頼んでいた所で牧村の方から引き受けるのでないと、都合が良すぎ)
 蓮見はたまたま覗いたサイトで発見し、協力を申し出、自分の存在が絶対にばれない様に、牧村と個人的に詳細決めのメールをやり取りする。その為、安藤は牧村や広田関係の計画は知っていたが、監禁場所や募金型・株の事、そして蓮見の事は一切知らず。
 雪平に魅かれ始め、元々の正義感や自分の知らない展開への反発もあり、必死で捜査。牧村の存在で雪平に佐藤一家への居場所は更になくなった事もあり、復讐は充分かとも思った。事態を急変させたのは牧村に撃たれた事。誰にも危害を加えない犯罪予定の牧村が拳銃を所持しているとは思わず、油断した。
 そして、助かった事で、牧村が犯人一味である事を言わない訳にはいかず、サイトがこの時点でバレても管理人が佐藤なのは名前を騙られただけだと解るだろうし、自分の存在がバレるかもしれないと思い始める。広田を撃たないように説得する雪平と思い留まる牧村に裏切られたように感じて、牧村を射殺。これを機に安藤自身が罪に染まる。
 蓮見が美央を狙った事を知り牧村殺害の罪を着せ、殺そうとする。さらにその罪を本来の計画通り佐藤に。雪平への想いを自覚した今となっては雪平自身や美央への直接的攻撃は出来ず、葛藤を埋めるかのように殺害を繰り返す。雪平の手で終わりにされたいと思う反面、雪平と美央といる幸せな日々をもう少し・・・と。
 DVDまで用意したものの、自白も出来ない中、雪平と佐藤に罠にかけられたショックで逆切れ、本来の計画通りの幕を閉じる。
 
 どうでしょうか・・・私なりに納得のいく筋道をたててみました。

 ちなみに三上がニヤニヤしていたのは蓮見PCは捜査オタクの三上にしたら宝箱だったのではないかと・・・
 安本に預けられたPCは次回の事件への伏線も面白いものの、何話だかで「今度PC教えますよ」と果たせなかった約束を思い起こすものではないかと思っています。

 長くなってしまってごめんなさい。
読んで頂けたら嬉しいです。
Posted by ゆうき at 2006年03月25日 23:01
★かおりさん★
最終回を見終わっても、つい、アンフェアの続きを考えてしまいます。
それほど印象に残るドラマでした!
続編に期待したいですね。

★Peteさん★
もうSP情報があるんですか?
本当だとしたら嬉しいです!

★ゆうきさん★
安藤の視点の『アンフェア』、とても興味深い!
こうやってつなげられたゆうきさんも素晴らしい!
これを踏まえて、もう一度最初からこのドラマを見てみたいです。
また気付かれたことなどあれば、教えて下さいね。
Posted by ちーず at 2006年03月26日 11:09
はじめまして。 以前から、時々楽しませて頂いてます。
私が最終回で一番印象に残ってるのは、
もつべいでの三上の言葉です。

「安藤の復讐って、最終的には成功したんじゃないのか・・・」

雪平から愛する者を奪う、という復讐が
結果的には安藤の死によってもたらされるなんて。。
上手く書けませんが、すごく悲しいなぁと思いました。
お互い、愛し始めていたばかりだったのに。

*山路の台詞もカッコよかったですけどね!

推理に関しては皆さんとほぼ同じ感想です(笑)
また次回があれば、こちらにおじゃま致しますね。では
Posted by トオリスガリ at 2006年03月29日 03:25
トオリスガリさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!

そうですね。雪平は最終的に、安藤という愛する者を
失うことになった。
安藤はそこまで計算していなかったと思いますが、
その分、切ない結果でした・・・。

また、お待ちしています!
続編に期待したいですね。
Posted by ちーず at 2006年03月31日 07:55
友人に借りて、全話ぶっ通しで見ました

面白かったのですが、釈然としないところもみなさんと同じく多数

瀬崎を追ってるあたりから

「犯人はヤスだな…」

と思っていたので、最後に当たったのが嬉しいのと、やっぱりというがっかり感が入り混じった不思議な気持ちでした

もう一度見たいと思うようなものではありませんでした
登場人物に魅力を感じなかったので

続編…

やれば見るけどなぁ
Posted by ポートピア at 2006年05月02日 08:40
ポートピアさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!

途中から犯人がわかりましたか?すごい!
私は最後まで迷っていましたよ。(笑)
もう1度最初から見てみたいです。
Posted by ちーず at 2006年05月03日 17:39
驚きました、アンフェアのホームページ復活、お気に入りの中のアンフェア、サッカーの合間のCMの時に何気なくクリックしましたが、今後の展開を考えてくださいって?DVD発売記念はわかりますが今日とはサッカーとアンフェアで今日は眠れません!
Posted by けた at 2006年06月18日 21:43
けたさん、こんばんは!
アンフェアのHP、復活したのですね!
これは続編に期待を深めたくなりますね。
私もあとで見にいってみます。
情報をありがとうございます!!
Posted by ちーず at 2006年06月21日 19:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。