2006年05月06日

マチベン ファイルNo.5

『無実を信じますか?』

天地涼子(江角マキコ)は四谷通り魔事件の裁判をやり直すことを
宣言した。
5年前、不動産会社勤務の土居勝成が通り魔に殺された事件で、
涼子はこの事件の担当検事だった。
涼子は、自首してきた深川保(竜雷太)を供述に従って殺人犯と
断定し起訴。深川には無期懲役の判決が下された。
しかし結審の一ヵ月後、深川のアリバイを証明することになるかも
しれない写真が偶然みつかる。
無実の人を犯罪者として裁いてしまったかもしれない。
涼子は深川のもとに走るが、深川は相変わらず自分の犯行だと
言い張る。
涼子は上司に再捜査を掛け合い、深川にも再審請求を勧めるのだが、
本人が罪を認めていることもあり、上司たちを動かすことは
出来なかった。

涼子は、この事件の真相究明のために検事を辞め弁護士に
なったのだった…。
公式HPより=第一話冒頭、いきなり、主人公の女弁護士の殺人未遂の裁判シーン。
そのことが、今回明らかになりました。

第一話から、主人公涼子とどういう繫がりなのだろうと思わせていた
死刑囚・深川保。
その娘・八重子(森下愛子)と、八重子の娘・友香(谷村美月)。
いよいよそのストーリーに突入しました。

2002年1月19日、四谷の通り魔事件。
不動産会社の支店長・土井が殺害される。
深川保が、運送屋の退職金を競馬ですったため、金目当てで
殺害したと自首した。
近所の主婦が、事件当日の午後5時ごろ、彼を駅の陸橋で見たと
証言。
だが保は人違いだと主張。
主婦も記憶に自信がないと言い出し、
金銭目的の通り魔として、無期懲役の判決を受ける。

その事件の主任検事だったのが涼子。
判決のあと、別のひき逃げ事件の実況見分の写真に、深川らしき
人物が写っていたのを見つける。

無実の人間を、無期懲役囚にしてしまったのではないか。
それを調べる為に、涼子は検事を辞めて弁護士になりました。
そして、涼子は事務所のみんなに迷惑かけぬよう、事務所を辞め、
単独で保と向き合おうとします。
保の無実を証明する、ということは、自分のミスが明かになると
いうこと。
涼子はそれでも恐れず、真実を調べようとする。

「被告人は嘘を言っています!」
事務所の仲間たちが、弁護士らしい手法で涼子の真意を聞きだします。
神原の元上司・太田は以前、別の王両事件で保の弁護を引き受けていて、
何らかの事情でそれを途中で降りていた。
涼子は太田と親しい神原を、巻き込みたくなかった。

今まで何かとぶつかり合っていた神原やたまを(中島知子)、
後藤田(沢田研二)、村山(小林隆)は涼子をサポートすると宣言。
そんなみんなの思いに涙をこぼす涼子・・・。
チームワークが出来上がっていくシーンに、ほろっとしました。


娘の寝顔を見つめそっと髪を撫でる母親。

拘置所に訪ねてきた孫娘に、お前は一番大切な子だ、と優しく
語りかける保。

二人が守ろうとしている大切な人・・・。

八重子は、真実を全て話すと言って涼子と会い、
自分が土井と、不倫の関係であったこと。
そして父親が別れ話をつけにいき、殺してしまったと話す。
涼子が詰め寄ると、
「誰か助けてー!!」と突然、何度か大声で叫び、
そして自ら道路に飛び出した。
車は彼女の前で急停車。
「あの人が突き飛ばしたんです!!」

その一部始終を見ていた娘・友香は涙を流して走り去り・・・。

殺人未遂で逮捕された涼子に、神原が会いにいく。

「状況は、極めて不利ね。
 でも、こうなったおかげで、見えた。
 犯人の、涙。」


保と八重子が必死に守ろうとしているのは・・・。
「法は弱者を守ってくれない。」
「法で救われなかった人。」

『クロサギ』の黒崎の主張と同じですね。

次週最終回!!



ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking



主題歌はEXILE!素敵な曲です。
B000BNV096ASIA (DVD付)EXILE エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2006-03-29by G-Tools



江角さんの出演作品




22:42 | CM(9) | TB(0) | マチベン | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ストーリーがいよいよ佳境に入ってきましたね。最終回が楽しみです。仲間が涼子を支えようとする場面、よかったです。

ただ、難を言うなら、ちょっと涼子の頑張る動機が弱い気がして残念でした。もう少し、迷いがあってもいいのでは?「真実の追求」だけでは、まずいでしょう。真実だけでは人は生きていけないはず。真実を隠す権利は、人間に許されていると思うのですが。このままでは、涼子がすごく傲慢に思えてしまいそう。もっと迷えよ。自分に不安を持てよ。…と言いたくなりました。
最終回で、そんな疑問が払拭できるといいのですが。

今のところ、毎週観続けているのは、マチベンとクロサギだけなので。(私って、よほど法律と社会に懐疑的?)
Posted by りん at 2006年05月06日 23:49
天地涼子すごく強い女性いや人間ですね、自分達の犯したミスを認め判決を覆す、検事の役目として犯人の罪に対して求刑する弁護士の役目として被告人の処罰を軽減するこの二つを裁判官が判断して判決をだすしかし被告人が犯行を認めてしまえば公正な裁判が出来ません涼子が深川に求めるのは真実ですね、八重子が車道に飛び出した事により涼子が法廷にあげられ深川一家が証人席に

掘り起こしてはいけない事実が暴露されるのでしょうしかし少しでも疑問の残る判決には真実を求めるべきでしょう
Posted by けた at 2006年05月07日 13:55
ちーずさん、こんにちは!

いよいよ、次回は最終回ですね!
深川事件、、というか(苦笑)
"四ツ谷通り魔事件"の真相ですね。

犯人は、わかりましたが
果たして明かされるのか、どうか?
正義とは、何なのか?
ちょっと考えてしまいましたね〜。

仲間達がサポートすると言ったシーンには
私もホロリでした。

また、よろしくお願いします!
Posted by ルル at 2006年05月07日 16:13
こんばんは。コメントありがとうございます!

★りんさん★
あの二人が必死に真実を隠そうとしているその思いを、
涼子はどう受け止めているんでしょうね。
嘘で守ろうとするのではなく、法律で守るということを、
涼子はしようとしているのでしょうか。
次週、楽しみです。
マチベン&クロサギ、それぞれに面白いですね。

★けたさん★
難しい問題ですね。
子供を助けたいと思う親心はとてもよくわかります。
でもそれが、本当にその子のためになるかどうか。
ただ単に真実を追究するだけでなく、あの家族にとって
一番幸せになる方法につながればいいですね。
正当防衛、じゃなかったのかな・・・。

★ルルさん★
全6話、あっという間ですね。
>正義とは、なんなのか?
本当に!
涼子はどうしようとしているんでしょう。
見応えのある回となりそうですね。

こちらこそ、またよろしくお願いいたいします!
Posted by ちーず at 2006年05月07日 21:05
ということは、ここでも幼児虐待なのでしょうか、このドラマに思い込みが深いので少し違ったナガレがみたいです

ちーずさんのHPをみて知ったぼくはNHKにはまりそうです

この番組がおわったあとの情報もお願いします
Posted by けた at 2006年05月07日 21:44
★けたさん★
土井が母親を殺そうとしているところを、
娘が助けようと、殺してしまったとか。
でもだとすると、普通に警察に届ければ
良さそうですよね。

NHKの連続ドラマ、久しぶりに見ました。
派手さがない分、しっかりとした作りですよね。
次はレビュー出来るかわかりませんが、
情報は掲載しようと思っています。
Posted by ちーず at 2006年05月07日 22:20
ちーずさん、こんばんは。
冒頭の涼子の法廷シーンが意味がわからなかったのですが、これで、涼子自身の冤罪を証明しなくてはならなくなりましたね。不用意とはいえ、したたかな方法でした。ただ、あっけに取られてみているしかできませんでしたが、ゑびす堂の彼らの活躍を期待したいです。
Posted by mari at 2006年05月09日 00:36
ようやく、冒頭のシーンの謎が解けましたね。
そして、最終回です。
涼子は何も語らないようですが、、、。
深川が話したら、話すみたいな、、、。
だけど、深川と八重子が守りたいものがわかってしまった時点で
かなり厳しいですね、、、それでも真実を探求しなければ、、、
なのでしょうね、、、。
正当防衛的な何かが隠されているような気もします
犯人が彼女だったら、、、そうでもなければ救われない、、。
涼子の自己満足で終わってしまっては、哀しいです。
Posted by めいまま at 2006年05月10日 17:46
こんにちは。コメントありがとうございます!

★mariさん★
涼子が黙秘を続けるのは、何か考えてのことなので
しょうか。
冒頭のシーンとストーリーのつなげ方が
さすがですよね。興味を引かれます。

★めいままさん★
犯人がわかってしまった涼子。
そこに少しでも救いがあればいいのですが。
涼子は深川が語るのを、待っているんでしょうか。
最終回、見応えありそうですね!
Posted by ちーず at 2006年05月11日 13:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。