2006年10月01日

喰いタン スペシャル

『香港ぜんぶ食べちゃうぞ!編』

事務所の幻のオーナーからチェロの運搬を頼まれた涼介(森田剛)と
京子(市川実日子)が、商社マンの父・耕助の所に遊びに行くという
金田一少年(須賀健太)と共に食の都・香港にやって来た。
さっそく、香港のホームズ・エージェンシーを訪ねた涼介らは、
そこで、横浜の事務所から姿を消した聖也(東山紀之)を発見。
聖也が、それぞれ自分たちと同じ年恰好の3人、ラウ(北岡龍貴)、
ケリー(春日井静奈)、チャン少年(張沢紫星)を使って香港警察に
協力し、大活躍していると知った涼介らは、ア然となった。
 
そんな折、聖也の元に、はるばる日本から桃(京野ことみ)
と五十嵐(佐野史郎)が訪れ、横浜で発生した事件への捜査協力を
要請した。
事件というのは、早瀬久志(小松英文)というフリージャーナリストの
他殺死体が、横浜の埠頭で発見されたというもの。
被害者が殺される少し前まで香港にいたと知った桃は、司法解剖で
判明した胃の内容物の報告書を持ち、その立ち周り先を調べに来たのだ。
捜査資料を見た聖也は、被害者が梨入りの酢豚を食べたとにらみ、
桃らと店の特定を開始した。
 京子とケリーが買い物に出かける中、金田一少年、チャンと一緒に
耕助の駐在先の部屋に行った涼介は、内部が荒らされていると知り、
胸騒ぎを覚えた。
耕助は、2日前から、会社を欠勤しており、連絡も取れない。
涼介らは、部屋の中で見つけた『亀』という文字を手掛かりに、
耕助捜しに乗り出した。
 
まもなく、涼介は、表情が暗い金田一少年から、思わぬ話を聞き出した。
実は、金田一少年は、耕助とペアで豚のストラップを作ったが、
横浜の被害者がなんと耕助の持っているはずのストラップを
握りしめていたというのだ。
桃が持ってきた捜査資料の写真を見た金田一少年は、耕助が人を
殺してしまったかもしれないと考えて脅えていたらしい・・・。
公式HPより=


裏番組を録画しているので、感想のみになります。

最終回で予告した通り、SPとなって帰ってきてくれました。
しかも、最終回、香港で何が起こったの!?と気になっていたので
その続きとして帰ってきてくれたのが嬉しかったです。

おいしそうな香港グルメ!
相変わらずの喰いタン。
香港バージョンのマイ箸。
香港版・女性刑事と男性刑事は、桃ちゃん&五十嵐コンビにそっくり!

香港で偶然全員集合した一同。
そっけない桃ちゃん、挨拶をせがまれて
「元気か!!」
浮かれまくるみんなに、
「いがらしーっ!!」
パワーアップしている感じ!?懐かしい!

誕生石の真珠を選ぶ京子ちゃん。
今回のキーワードは豚。豚に真珠!

豚を可愛がったあと、その豚を美味しいと食べる喰いタン。
その神経が理解出来ない金田一少年たち。
金田一君は、菜食主義になると言い出します。
食べるために育てるなんて・・・。
そんな金田一たちの疑問に、

「人間は勝手なものです。
 でも他の命をもらわないと、生きていけない。
 だから残さず食べてあげましょう。
 それが、供養というものです。
 さあ、いただきましょう。」

食に対するメッセージが込められているのが、このドラマの良いところ。

本編では登場しなかった金田一少年の両親。
親子の絆、香港で出会った少年との友情。
香港の少年は船に大家族で住んでいる。
裕福ではないけれど、にぎやかで幸せそうな大家族。
一方、裕福な家庭で育った金田一君は、
お金はあるけど、核家族で、両親は仕事が忙しくて家におらず。

父親を信じたいけれど、信じきれない金田一少年。
「パパ、どこにいるの?
 どうして、隠れてるの?
 パパ、出てきてよ。
 出てきて、本当のことを教えて・・・。
 パパ、ずるいよ。」
須賀 健太君の号泣シーン、見応えがありました。

日本産の豚の味が香港で変わってしまっていたのは、
ストレスのせいでした。

「猫に小判」「豚に真珠」
そのことわざから、真実にたどり着く喰いタン。

ジャーナリストを殺したのは、香港マフィアと手を組んだ日本のヤクザ。
香港マフィアと日本のヤクザが宝石の密輸をしていて、
金田パパは、上司が絡んでいると偶然知り告発しようとした。
パパはそれでジャーナリストに情報を流そうとしたが、
ジャーナリストは殺されてしまい、パパはぬれ衣を着せられることに。

組織は、生きた豚に宝石を飲み込ませて密輸。
豚のストレスは、そのせいでした。

組織VS喰いタン&ラウ&ホーさん。
銃弾をマトリックスのように避け、戦闘銭湯シーンを楽しく、
コミカルに、美しく、魅せてくれました。
ヌンチャクさばきもお見事!
BGMは『燃えよ!ドラゴン』。
香港ではブルース・リーの銅像も登場。
ちなみに、涼介君はブルース・リーを知らない世代という設定!

「豚に代わって・・・お仕置きよ!」
セーラームーンのポーズも登場したり。
ラスボスの後を追い鏡張りの部屋での撮影は、
ブルース・リーの映画のマネでしょうか!?
東山さんの服装と、BGMと、映像をレトロっぽくしてみたり、
凝っていました。

組織が探していたチップは、猫のミユキの小判に隠してありました。
金田親子の絆も深まり。めでたしめでたし!
父の膝に乗せられた金田一少年が、
香港で見た、チャン少年と父親が一緒に船を操縦する姿を思い浮かべる
シーンが良かったです。

そして、オーナー登場!
警官の山内の弟!?演じているのは、伊東さん二役です。
「そんな・・・まさか!」

喰いタンがホームズエージェンシーに戻ると、
みんなが食べているのは、なんと、アグネスプリン!!
ジャニーズ繫がり。土9日テレ繫がり!
そしてもう一つ。
同じ土9日テレ繫がりで、次クールドラマ『たったひとつの恋』の
亀梨さん登場!

「あの!」アグネスプリンを手にする喰いタンを呼び止める青年。
「はい?」
「それって・・・」
「これ食べます?」
「喜んで。」
「あなた・・・きっと恋をしますよ。
 それも、一生忘れられないような。」
喰いタンは青年にウィンクして、立ち去る。
青年は、男の背中を見送りながら、タバコに火をつけた。

ジャニーズ繫がりでもあったりするんですね。(笑)

喰いタンがオーナーから渡された任務は!?
『喰いタンへ
 パート2!!
 よろしく!
 オーナーより』

おぉ!パート2決定ですか!?楽しみです。^^



ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking



喰いタン DVD-BOX
喰いタン DVD-BOX東山紀之 寺沢大介 森田剛 バップ 2007-03-28売り上げランキング : 531Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 喰いタン スペシャル HONEY BEAT / 僕と僕らのあした (初回限定盤A)(DVD付) HONEY BEAT / 僕と僕らのあした (初回限定盤B) HONEY BEAT / 僕と僕らのあした (通常盤) 木更津キャッツアイ ワールドシリーズ さよならキャッツ★限定版




キャスト

高野 聖也 : 東山 紀之
野田 涼介 : 森田 剛
緒方 桃 : 京野ことみ
出水 京子 : 市川実日子
金田 一 : 須賀 健太

金田 耕助 : 吹越 満
龍井 達彦 : 三宅 弘城
ホー : 前原 実
ラウ : 北岡 龍貴
ケリー : 春日井静奈
チャン少年 : 張沢 紫星
早瀬 久志 : 小松 英文

五十嵐修稔 : 佐野 史郎
山内 崇 : 伊東 四朗


スタッフ

原 作 : 寺沢 大介(イブニング連載 講談社刊)
脚 本 : 伴 一彦
演 出 : 中島 悟 (アベクカンパニー)
プロデューサー : 次屋 尚  
         山本 由緒
協力プロデューサー : 和田豊彦 (アベクカンパニー)
           井下倫子 (アベクカンパニー)


喰いタン remix:soundtrack喰いタン remix:soundtrack


喰いタン 4 (4)
喰いタン 4 (4)寺沢 大介 講談社 2005-09-21売り上げランキング : 26,095Amazonで詳しく見るby G-Tools
喰いタン 3 (3) 喰いタン 2 (2) 喰いタン 1 (1) ミスター味っ子2 3 (3) ミスター味っ子2 4 (4)


00:30 | CM(8) | TB(0) | 喰いタン | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
喰いタンスペシャル、とてもおもしろかったです。
アグネスプリンがでたときは、おもわず笑っちゃいました(笑)でも、誰がアグネスプリンを持ってきたんですかね?もしかして、一般販売してるとか!
Posted by レイ at 2006年10月01日 10:42
2時間ものは元々苦手なのにもってきて、
最近は早寝の習慣がついてしまい、途中寝てしまいました・・・
あわてて巻き戻してボケ〜と視聴を再開したのですが、お遊び感覚いっぱいのラストに思わず「おぉ〜♪」と一気に目が覚めましたわ〜(笑)。
パート2、楽しみです♪
Posted by まこ at 2006年10月01日 14:07
こんいちは。ちーずさん
最後の数分にびっくりがいっぱい詰まってましたね。
でもパート2ももうひとつの恋も楽しみ〜。
すごいバトンで楽しませてもらいました。
アグネスプリンからひと恋そしてパート2へ・・・
日テレ頑張ってますね!
そうそう。この頃コメントが反映されなくて
困っていたんですが、アドレスをちょっとでも
入力すると反映されるんですね。
全部は入力してないですがすみません。
Posted by みのむし at 2006年10月01日 14:39
こんにちは。コメントありがとうございます!
喰いタンと他のドラマとのコラボ、楽しかったですね。^^

みのむしさん>>
ご迷惑をおかけしています。
アドレスの設定など、とくにしてはいないのですが、
Seesaaさん、最近ちょっと重いようですね。
サイドバーに設置したものも表示されないし。
サポートにちょっと質問してみますね!
Posted by ちーず at 2006年10月01日 16:31
ちーずさんこんにちは、喰いタンSPも楽しませて頂きました!

ドラゴンシリーズのパロと判っていても、ちりばめられたコネタに拍手。でもあんなに強かったかな?連ドラの時は闘っているときも、すこしドジなところがあったような…

香港事務所の二人も強いですね、ケリー役の春日井さんは、よくドラマに出ていますがアクションもさまになっていました、ラウ役のひとは本当の香港の役者さんだと思っていました!

最後の土曜9時枠のリレーも見事な演出でしたね。
Posted by けた at 2006年10月01日 17:02
こんにちは♪喰いタン、本編も面白かったですけど、やっぱりアグネスプリンと亀梨くん登場がすごい遊び心だな〜って思って、面白かったです。
パート2も決まったみたいで、今から楽しみです♪キャストとかは変えないでほしいな〜と思います。
Posted by はずみ at 2006年10月01日 22:26
さくらです♪

喰いタンSP面白かった。香港のホームズエージェンシーのスタッフさんは、中国語?も上手で香港の方の俳優さんかと思ってたら、日本の俳優さんなんですねぇ・・。けたさんと同じくちょっとびっくり。涼介役の剛君は、アジアでも超人気のV6の中心メンバーなのに、見かけも軽そうだの散々言われてたのが、面白かった。

でも一番記憶に残っているのは、豚を放牧してる放牧場で、さっきまで可愛いよねって言っていた豚の料理が出てきて、涼介達と同じく、それは普通食べられないよなぁ・・って思ってたら、その後の喰いタンのセリフ・・。確かに、人間が食べるものは野菜も魚も肉も、元は生きてたものだし・・食べたく無いとか言って、食べてあげない方が失礼かもですね。人間は勝手なもの・・でもだからこそ、供養のためにも残さず食べてあげないと・・という喰いタンのセリフが凄く良かったです。偽善的な優しさじゃなくて、喰いタンは本当の意味で心が優しいんですよねぇ。そこが喰いタンの良さだと思う。

最後にパート2の発表がありましたね。来年になるのかな?今から楽しみです!!
Posted by さくら at 2006年10月01日 23:03
 ドラゴンシリーズやセーラームーン以外にマトリックスのパロディもありましたね。球を指でつまむんじゃないかと思ったけれど、そこまではありませんでした^^;
Posted by さとし@快投乱打 at 2006年10月02日 14:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。