2006年12月29日

ブスの瞳に恋してる 

恋の軌跡、愛の未来スペシャル
〜初めてのクリスマス・エビちゃんの逆襲〜


山口おさむ(稲垣吾郎)と美幸(村上知子)が結婚して半年、
今夜は2人で迎える初めてのクリスマス。
「今夜は早く帰ってくるよ」と約束をして仕事へ出かけたおさむを
見送り、美幸はいそいそと2人きりのクリスマスパーティーの準備に
取り掛かる。
 
相変わらず売れっ子構成作家のおさむは、美幸とのあまりにおもしろい
結婚生活を赤裸々につづったエッセイも好評で、
仕事の合間に雑誌の取材も入るなど、さらに大忙しだった。

そんな中、美幸がパーティーの準備をウキウキで進めていると、
おさむが忘れていった携帯電話が鳴った。
手にした美幸の前に飛び込んできたのは「エビ」と書かれた着信画面。
その瞬間、おさむの元彼女の蛯原友美(蛯原友里)の存在や過去の
出来事を思い出し、たちまち不安にかられる美幸。
 
同じ頃、テレビ局ではおさむや後輩の構成作家の松本(忍成修吾)に
プロデューサーの斎藤(相島一之)から緊急の呼び出しがかかり…。

おさむの浮気を疑い、頭の中はおさむと友美のラブラブなシーンの
妄想でいっぱい。
翔子(MEGUMI)や弥生(滝沢沙織)の助言により着信履歴も
チェックすると、前日にホテルに電話したこともわかり動揺と妄想で
美幸は何も手につかなくなってしまう。

公式HPより=あれから半年。
立派なお家で新婚生活を過ごすおさむと美幸。
家の中には大きなクリスマスツリー。
「ムーたん」「ミーたん」と呼び合ってます。


おさむの腕時計は9時6分。玄関の時計は9時10分。
「また遅れてるなー。」おさむの言葉に美幸の笑み。
あの意味は!?

「いってらっしゃい」と見送る美幸。
キスのおねだりにおさむホッペにチュー!
二人は、とーーっても幸せそう!

「私、クリスマスとかちゃらいの」嫌いなんだよねー。
 そうやって、強がり言うしかなかった、去年までの私。」

ここから、美幸が過去を振り返る形での回想シーン。
「私がこんなクリスマスを過ごせるなんて!」
幸せに浸り、踊りまくる美幸。

新婚生活を綴る雑誌の連載が好評で、インタビューを受けるおさむ。
ここで、美幸との出会い、過去の恋を振り返る形での回想シーン。

クリスマスのデコレーションや料理に張り切る美幸。
そんな彼女に忍び寄る不幸の影。
おさむが忘れていった携帯が鳴り、
チェックするかどうか迷いながらも開けてみると・・・
『エビ』という名の着信。
エビちゃんが演じる友美、美幸の妄想モードで登場。サンタ・コスです。(笑)
エビちゃんとおさむのラブラブモードを妄想し、美幸、半べそ状態。


その頃会社でおさむに話しかける人物が。
「おさむさーーん!」
「おぉ、エビ。どうした?」
「さっき携帯に電話したんですけど・・・。」
ジャージに『海老名』と名札がついてます。
エビの正体はこの人ですね。(笑)


「ごめん、エビ。もう一回鳴らしてみて。」
おさむに言われ、海老名が電話する。

『エビ』からの着信に悲鳴を上げる美幸。
妄想がどんどん膨らんでしまう。

この時電話に出てしまえば、すぐ笑い話に変わったのに。

翔子と弥生に相談の電話をいれる美幸。
彼女たちの声に、二人に応援してもらった時の回想シーン。

「コードネーム タイガーホール
 虎の穴作戦!!」
弥生に言われ、着信だけでなくリダイヤルも確認する美幸。
ホテルに電話した履歴・・・。
「ひょ・・・ひょっとして・・・。」
美幸の妄想炸裂。

実はそのホテル、おさむが美幸の為に予約していたもので、
美幸が家でパーティーをしたいと言い出したから
前日キャンセルしたものだった。

早く帰る予定が、斉藤プロデューサーに頼み込まれて
生放送を手伝うことに。

おさむと又一緒に仕事をすることになった松本の回想シーン。
「結婚してもおさむさんカッコイイっす!」

落ち込みモードの美幸は、ラジオのチャンネルを合わせる。
『星の瞬く聖なる夜、
 あなたに贈るクリスマスナイトクルージング。
 特別な夜のひと時、ラジオに耳を、傾けてはみませんか?』

ここで、いつもこの声に助けてもらっていたと回想シーン。

『イブの夜に、一人寂しくこの放送を聴いているあなたへ。
 華やかなクリスマスの喧騒が、
 たった一晩で、幻のように消えてしまうように、
 目の前の幸せが、幻なんじゃないかって思ってしまう、
 そんなあなた。
 やっと手にした幸せが、その手からこぼれ落ちてしまいそうな、
 例えば、あなたの彼や旦那さんが、
 浮気してるんじゃないかって不安。
 そんなのって、あるよね。
 こうしている今も、本当は、別の女性といるんじゃないかって
 勘ぐってみたり。
 でもそれは・・・
 ズバリ大正解!
 男ってそんな時は大体浮気してるんだよね!統計的に。』

「ジ・・・ジューシー!?」

『それにほら、鏡を見てごらん。
 君はほら、浮気されるような顔だしね。』

「お・・おい!」

『さっきサンタクロースが君を見て逃げていった。
 君のところに来るのは、ナマハゲぐらいかなー!
 厳しいけどそれが現実だよね!
 ジュテーム・ボクー!
 
 ・・・以上、ブラック・ジューシーからの、メッセージでした。』

半年でキャラが変わってしまったジューシー。(笑)

ここでまた、美幸の、おさむを諦めようと決めたときから、
結婚式までの回想シーン。
美幸と父親のシーンは回想シーンであってもジーンときます。


差し入れの食事に手も付けず、必死に番組の台本を仕上げるおさむ。

不安で一人涙する美幸。

出来上がったばかりの台本を斉藤に渡し、急いで家に帰ろうとする
おさむ。
「そんなのおさむさんらしくないですよ。
 本番見届けていって下さいよ。」
松本や斉藤に引き止められるが、
「たとえ、テレビの前の何千万の人を笑顔に出来ても、
 一番大切な人を笑顔に出来なかったら、
 それは今の俺じゃないんだ。
 たった一人の笑顔が大事な時だってある。
 それが今なんだ。
 あとは頼んだぞ。」

おさむの完璧な台本に感心する松本。

おさむ、たった一人の大切な人の元へと走る!!
美幸の笑顔を思い浮かべながら・・・。

この時に流れるのは、SPでの映像。

急いで家に戻ったおさむだが、美幸はリビングにも台所にも
寝室にもおらず。
テーブルに上に置いてあった自分の携帯で、美幸に電話を
してみると、着メロがどこからか鳴る。
その音を辿って見ると・・・
美幸はトイレに篭っていた!

仕事で遅くなったことを謝るおさむ。
「さびしかったんだよ。」泣きながら美幸が言う。
「ごめん。謝るから、パーティーやろ。」
「もういい。パーティーなんかやらない!」
「そんな、すねてないでさ。
 謝るから。ね、ミーたん!」
「私だって・・・寂しいとか思ったりするんだよ。」
「わかってるよ。」
「ムーたんが、仕事大変なのわかるしさ、
 私と仕事、どっちが大事とか、
 そんなこと言う女に、なりたくないけど、
 でも本当は・・・すっごく寂しいんだよ。」
「わかってる。
 わかってるよ。」
「わかってない!
 ムーたんは、私のことわかってない。 
 わかってくれようともしてない。
 ・・・あ、ごめん。
 本当はそんなこと言いたくないの。」
「なに?」
「なんか・・・すごく不安になるんだよな。
 突然ムーたんが、いなくなっちゃうんじゃないかって。」
「僕のことが、信じられない?」
「違う。ムーたんが信じられないんじゃなくって・・・
 やっぱり、自分が信じられないの。」
「どういう、こと?」
「私ね、今すっごく幸せなの。
 毎日、なにやっても、幸せって思えてさ。
 でもね、なんていうか・・・こういう幸せとか
 慣れてないから・・・
 昔っから、あきらめてきたから、 
 だから・・・
 怖いんだよね。
 これ全部・・嘘なんじゃないかって・・・。
 ある日突然、ムーたんが、なんでこんなヤツといるんだって、
 魔法が切れたみたいに、気付くんじゃないかって。
 だから、」
「美幸ちゃん、聞いて。
 僕は、ここにいる。
 何があっても、ここに帰ってくる。
 ずっと、ここに帰ってくる。
 美幸ちゃんの、笑顔を見るためにね。
 だから出てきて、その笑顔を見せてよ。」

トイレを流す音。
そして、美幸がドアを開けて、困ったように微笑む。
「そう!
 その笑顔を見るたびに、ずっと帰ってくるよ。」
「おさむさーーん。」
おさむの胸に飛び込む美幸。
「ありがとうございます。」
美幸が幸せそうに微笑んだ。

そして二人は、シャンパンで乾杯。
二人きりのクリスマスパーティー。
プレゼント交換。
おさむからは、キャラクターの被り物。
美幸からは、腕時計。
「え?何これ。」
「今使ってたやつ、調子悪いって言ってたし、
 そんな高いものじゃないけど、
 似合うかなーって。」
「え?っていうか、面白は?
 これじゃー普通でしょ。」
「え!?」
「いやいや。頼むよ、ミーたん。
 ここは面白でしょ?
 いつなんどきでも、面白でしょー。」
「でも・・・」
「いやいや、でもとかじゃなくってさ、
 俺だってミーたんがそう言うかと思って、
 今日だって寂しい思いをさせているのはわかっているけど
 仕事行って来たわけだし。
 ミーたんが好きなのは、そんな俺でしょ?
 何なんだよ、これー。
 俺の好きなミーたんは一体どこに行ったの?」
「・・・」無言でお面を被る美幸。
「いやいや、被ってごまかしたってダメだからね。
 じゃあ・・・え?これがクリスマスプレゼント?
 彼が驚いたそのプレゼントとは!?はい。」
答えを求められ困る美幸。
「えーと、えーと、えーと、」
「えーとはいらない。
 えーとはいらないよー。」
「はい!」
「はい、ミータン。」
「ふんどし!」

「これが、二人のはじめての、クリスマスのお話。
 二人にとっては真剣なことも、
 それは周りからは、笑える話で。
 でもそれが、二人には一番幸せなことで。
 本当はプレゼント、すごく嬉しかった。
 ありがとう、ミーたん。
 また、ネタが出来たね。」


友美からのクリスマスカードにはこう書いてあった。
「Merry Christmas.
 友美は、今年のX'masはN.Yです。
 2人のクリスマスが、
 Happyでありますように・・・
 友美も遠い空の下で祈ってます。」



冒頭の時計シーン。
それであの笑顔だったのか〜!
それにしても、おさむさんの面白追求度、恐るべし!

トイレに篭るエピソードは、連ドラの時美幸のお父さんが
やっていました。親子して似たようなことをしてって
微笑ましかったです。

てっきり、おさむの浮気を疑って落ち込んでいるのかと思ったら、
美幸は自分に自信を持てずに悩んでいたんですね。
やっとつかんだ幸せなのに
それがいつか消えてしまうのではと。
いつかこの幸せが過去のものになってしまうのではと、
不安になってしまう気持ち。
わかるような気がします。
今回、その不安をおさむさんが打ち消してくれたので、
2人はまた面白を極めていけるのかな?

楽しいSPでした。
が!!
ほとんど回想シーンだったのが残念です。
連ドラ見ていなかった人は楽しめたのかもしれませんが・・・。
もっと新しいお話を見せてほしかったです。



ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking



■放送日時
 2006年12月26日(火)
 22:00〜23:24

■出演者
 山 口 おさむ ・・・・・ 稲 垣 吾 郎
 山 口 美 幸 ・・・・・ 村 上 知 子
 蛯 原 友 美 ・・・・・ 蛯 原 友 里
 竹 田   武 ・・・・・ 大 森 南 朋
 佐々木 翔 子 ・・・・・ MEGUMI
 松 本 良 二 ・・・・・ 忍 成 修 吾
 寺 島 弥 生 ・・・・・ 滝 沢 沙 織
 清 水 浩 太 ・・・・・ 加 藤 成 亮
 佐 藤 一 恵 ・・・・・ 矢 松 亜由美
 太 田 絵 里 ・・・・・ 大 沢 あかね
           ●
 藤 原 美也子 ・・・・・ 井 川   遥
           ●
 太 田 義 男 ・・・・・ 渡 辺   哲
 井之頭   宏 ・・・・・ 佐 藤 二 朗
 上 島   聡 ・・・・・ 松 重   豊
 斎 藤 三 郎 ・・・・・ 相 島 一 之
 太 田 さと子 ・・・・・ 高 橋 ひとみ
 小田島  彬  ・・・・・ 船 越 英一郎(特別出演)
 里 中 花 子 ・・・・・ 室 井   滋





FUJITV WEB SHOP。フジテレビグッズが色々販売されています。





原作本
ブスの瞳に恋してるブスの瞳に恋してる


原作第二弾!
4838716753ブスの瞳に恋してる 2鈴木 おさむ マガジンハウス 2006-05-18by G-Tools



こちらはコミック版!
4253147887ブスの瞳に恋してる 1 (1)鈴木 おさむ 漫 画太郎 秋田書店 2006-05-18by G-Tools



4063653900ブスの瞳に恋してる平田 京子 鈴木 おさむ 講談社 2006-06-13by G-Tools



主題歌
B000F2CBI2恋のつぼみ (DVD付)倖田來未 エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2006-05-24by G-Tools



挿入歌!?
B000FDETDQビューティフル・マインドMIYU by G-Tools



B000FI8T5Aブスの瞳に恋してる・オリジナル・サウンドトラックTVサントラ エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ 2006-06-14by G-Tools





この記事へのコメント
ちーずさんこんばんは、SPではなく総集編に近かったかな?でも以外に懐かしい場面があったので面白かったかも?
美幸の不安な気持ちも理解できて、それでもオサムの気持ちに揺るぎない愛をラスト10分で描いたのでOKかな?

怪獣映画のような副題はネタバレが早かったかのでドキドキ感が少なかったです。
Posted by けた at 2006年12月29日 21:19
けたさん、こんばんは。
SPというよりは、総集編に近かったですね。
でも再放送もなかったし、懐かしく感じました。
とくにお父さんとのシーンが良かったな〜!
美幸とおさむさんが幸せで、良かったです♪
Posted by ちーず at 2006年12月31日 20:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。