2007年01月03日

のだめカンタービレ 原作本

明けましておめでとうございます。
みなさん、いいお正月を過ごされていますか?
我が家は、のーんびり、まったりと過ごしています。

年末に届いた【のだめカンタービレ1巻〜16巻】読破しました!
簡単ですが感想を。

ドラマで【のだめワールド】にハマった私。
私にとって千秋=玉木さん、のだめ=上野さんと
すでにイメージが出来上がっているので、
なんだか不思議な感じがしました。

もしもドラマを見ていなかったらわからなかった音楽が、
マンガを読んでいて、頭の中で鳴り響きました!
ドラマが原作に忠実なことに感動!そして、原作を読んでますます千秋とのだめの結びつきの強さを
感じることが出来ました。
千秋はのだめに、のだめは千秋に出会わなければ、
自分の才能を開花させることは出来なかったんですよね〜!
もちろん、他のSオケのメンバーも。

ドラマ編では描かれなかった長野や彩子さんのストーリー。
のだめがフォント"みそ字"を作ってしまうほどPCの能力が
あったとは!
そして、ドラマで見過ごしていたコネタも再発見!
ケエコと学は『ケイコとマナブ』から来てたんだーとか。(笑)

留学編。
千秋に追いつこうと必死に語学やピアノを頑張るのだめや、
千秋の乗り越えなければならない壁を、
応援しながら読んでいきました。
ますますのだめや千秋が好きになりました!

原作本の最後に必ず書かれている、Special Thanks to・・・。
リアルのだめちゃんの近況報告も興味深かったです。

留学編を映像化するのは難しいとは思いますが、
是非是非、続編をドラマで見てみたいです。
ミルヒーみたいに日本人の役者さんを外人に見立てるのも限度があるし、
あれだけ外人の役者さんを揃えるのも、ロケにしてもスタジオ撮影に
してもお金かかるだろうなぁと素人目にもわかるし。
でも・・・千秋とのだめ、登場人物全員のその後を
オリジナルのメンバーで見てみたい!

昨年中は沢山のアクセス、コメント、TBを
ありがとうございました。
今年は4月からはフルタイムに近い勤務体制になる予定です。
ブログとの両立がますます難しくなりそうですが、
ここは私の趣味の空間。
なるべくオンタイムで更新を続けていきたいと思っています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!


ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking



B000HIVIGKのだめカンタービレ上野樹里 二ノ宮知子 玉木宏 フジテレビ映像企画部 2007-05-25by G-Tools




2007年1月11日
アニメ「のだめカンタービレ」スタート!
http://www.nodame-anime.com/



原宿・明治通り沿いにオープンしていた"cafe de のだめ"が
2007年1月11日よりリニューアルして登場!



のだめが、愛しの千秋の写真を入れているペンダント。





のだめが愛用のフエルト ケンバンバック!!





のだめカンタービレ ベスト100
8枚組だそうです!2007/01/01発売予定。
のだめカンタービレ ベスト100 (通常盤)のだめカンタービレ ベスト100 (通常盤)


「のだめオーケストラ」LIVE!
「のだめオーケストラ」LIVE!「のだめオーケストラ」LIVE!


「のだめカンタービレ」オリジナル・サウンドトラック
B000I5YADA「のだめカンタービレ」オリジナル・サウンドトラックTVサントラ ERJ 2006-12-06by G-Tools



のだめカンタービレ キャラクター・セレクション のだめ編
のだめカンタービレ キャラクター・セレクション のだめ編オムニバス(クラシック) ソニーミュージックエンタテインメント 2006-11-29売り上げランキング : 43Amazonで詳しく見るby G-Tools
のだめカンタービレ キャラクター・セレクション 千秋編 のだめカンタービレ キャラクター・セレクション ミルヒーと仲間たち編 「のだめオーケストラ」LIVE! のだめカンタービレ ベスト100 (完全生産限定盤) 「のだめカンタービレ」オリジナル・サウンドトラック



2007年カレンダー
4063579689のだめカンタービレ 2007年カレンダー二ノ宮 知子 講談社 2006-11-15by G-Tools



4401016904ピアノソロ のだめカンタービレの世界 (入門編)シンコーミュージック 2005-11-15by G-Tools



のだめカンタービレ#0キャラクターBOOK
4063720799のだめカンタービレ#0キャラクターBOOK二ノ宮 知子 講談社 2005-10-28by G-Tools



CDブック
4063646467のだめカンタービレSelection CD Book二ノ宮 知子 講談社 2005-08-10by G-Tools



4063646661のだめカンタービレ Selection CD Book〈vol.2〉二ノ宮 知子 講談社 2006-08by G-Tools



4401017404ピアノソロ のだめカンタービレの世界 モーツァルト編シンコーミュージック 2006-04-14by G-Tools



原作
のだめカンタービレ (16)
のだめカンタービレ (16)二ノ宮 知子 講談社 2006-10-13売り上げランキング : 5Amazonで詳しく見るby G-Tools
のだめカンタービレ (15) のだめカンタービレ (14) のだめカンタービレ (13) のだめカンタービレ (12) のだめカンタービレ (11)



キャスト

野田 恵(上野樹里)  ピアノ科
千秋真一(玉木 宏)  ピアノ科
峰 龍太郎(瑛  太)  ヴァイオリン科
三木清良(水川あさみ) ヴァイオリン科
奥山真澄(小出恵介)  管弦楽科
多賀谷彩子(上原美佐) 声楽家 千秋の元恋人
大河内守(遠藤雄弥)  指揮科
佐久 桜(サ エ コ)  管弦楽科
峰 龍見(伊武雅刀)  『裏軒』主人
河野けえ子(畑野ひろ子) 雑誌『クラッシック・ライフ』編集者
佐久間学(及川光博)  音楽評論家
江藤耕造(豊原功補)  ピアノ科講師(エリート)
江藤かおり(白石美帆) 江藤の妻
谷岡 肇(西村雅彦)  ピアノ科教師(落ち専)
フランツ・シュトレーゼマン(竹中直人)世界的指揮者
              通称ミルヒー(ミルヒ・ホルスタイン)
桃平美奈子(秋吉久美子) 理事長

石川怜奈(岩佐真悠子)
田中真紀子(高瀬友規奈)
玉木圭司(近藤公園)
橋本洋平(坂本 真)
鈴木 萌(松岡璃奈子)
鈴木 薫(松岡恵望子)
岩井一志(山中崇)
金城静香(小林きな子)
井上由貴(深田あき)
金 井(小嶌天天)


スタッフ
原  作 : 『のだめカンタービレ』二ノ宮知子(講談社)
放送日時 : 10月16日(月)スタート 毎週月曜よる9時放送
※全11回予定
プロデュース : 若松央樹(フジテレビ)
清水一幸(フジテレビ)
脚  本 : 衛藤 凛
演  出 : 武内英樹(フジテレビ)ほか
制  作 : フジテレビドラマ制作センター

主題歌:ベートーヴェン 「交響曲 第7番」
エンディング曲:ガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブルー」




上野樹里さんの主な出演作品



玉木宏さんの主な出演作品


この記事へのコメント
あけましておめでとうございます♪
オイラも原作本欲しいと町中の古本屋巡ってますが、ぜんぜん無い!思わず新品を買おうかと思ったぐらい。
買えよ!とお思いでしょうが、ちょっと財布が厳しいもので。
でも財布が緩むのも時間の問題です。

今年も大変でしょうが、レビュー楽しみにしてまっす♪
Posted by はるぼん at 2007年01月03日 20:41
初めまして。シンガポールのタンです。
明けましておめでとうございます!

少し前からこのブログを発見して、とてもすばらしいところだと思います。特に日本語学習者の外国人の僕にとって、ほとんど脚本に近いドラマのレビューは非常に役に立っています。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

仕事と興味を両立させることはきっと大変でしょうけれども、陰ながらいつも応援していますので、頑張ってください。今後とも宜しくお願い致しますm(__)m

拙い日本語で、失礼しました。
Posted by タン at 2007年01月03日 21:48
ちーずさん、あけましておめでとうございます♪

のだめ・・・私もドラマで嵌って漫画買いました(笑)。
そしてますますのだめと千秋先輩が好きになりました♪
本当にドラマがほとんど原作通りで驚きました!
私の中では、真澄ちゃんなんか漫画から飛び出てきたような(笑)。
留学編、観たいですよねぇーー。
連ドラで無理でもSPとかでまたあのメンバーに会いたいです♪
Posted by yoo-chan at 2007年01月04日 00:21
謹賀新年 ブタネコです

今年も よろしく御願い申し上げます。

私も 昨日 1〜16巻を一気読みしました。^^
Posted by ブタネコ at 2007年01月04日 19:14
本当に、原作に対するドラマ制作者達のこだわりは凄いです。
のだめの部屋の「おケツ占い」「ウコンのダンボール箱」、峰の仮装案の絵、のだめのノートに書いてある落書きなんていった細かいところまで再現しています。ストーリーの流れ上または登場人物が雑多にならないように考えて、原作と変えてあるオリジナルのシーンでも、原作のとある場面での台詞を使ってみたりと工夫がみられるため、原作ファンも納得するドラマになっているんでしょうね。
Posted by おりくん at 2007年01月04日 20:40
こんばんは。

『のだめ』はまったくノーマークだったのですが、ロケ地が自宅の沿線で知り合いが通っている学校だったのと、初回たまたま見て劇中のクラシックが耳に心地よくて、結局全部見ました。

千秋先輩役の玉木くんがあんなにかっこ良く見えたのは初めてでした(笑)

フジでアニメ化されますね。こちらも楽しみです。
Posted by きっちょめ at 2007年01月05日 00:29
ちーずさん、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

漫画のほうも気に入ったみたいでうれしいです。
気にしてたんですよ、ドラマがあまりに原作に忠実すぎて、かえってシラけちゃうんじゃないかと。ドラマを見てから漫画を買った人のなかには実際そういう人もいるらしいので。
3話くらいで忠実に作っていることに慣れてしまって、ドラマオリジナルの部分にビックリすることもありました。千秋が閉めかけたドアに首から突っ込むのだめには本当に驚きました。球体のオブジェの上で落ち込むのだめとか、水をかぶるのは峰と一緒だったりとか、けっこう好きですね。極めつけは「するめ交響曲」かなw。
私がこのドラマの殿堂入りに躊躇したのは、大川ハグを最後にしてほしかったのが大きいです。RSオケで感動の大団円もよかったけど、そこまで格調高くしなくても・・・という思いからです。千秋の感動の涙より、できれば千秋の悲鳴か怒鳴り声で締めてほしかった。これは原作を読んでいた者の勝手な思い入れなのかもしれませんね。
あと続編のことですが、待望論は当然出るでしょうね。ただパリ編はやっぱ無理でしょう。それが叶わないくらいなら、いっそ続編は望まないというのが私の意見です。もしやるなら長野のエピソードを単発で・・・かな。
それよりも、玉木&樹里のコンビで別のラブストーリーが見たい!コンクールを見にきてくれた千秋にのだめが「好きです」って言うシーンの、最初に向き合ったふたりの絵が最高に好きです。ビストロに出たときは玉木は大人、上野樹里は子供ってかんじだったのに、あのシーンでは完全に「男と女」でした。上野樹里の次回作が早く見たいです。
Posted by マンデリン at 2007年01月06日 13:41
もう1回コメント!
ついに財布が崩壊!16巻除いて新品買ってしまいました。16巻は古本で初版があったので購入。

2日かかって読みました。
すっごく楽しくよめました。
やっぱり登場人物の声が上野樹里ちゃん達の声になって頭の中でしゃべってくれます。
巴里編でのだめと千秋がラブラブになっていくのがすごく良かった。橋の上の喧嘩は実写にするとワイヤーアクション張りの格闘になるかもしれないなと想像してしまいました。17巻が楽しみ♪

ドラマオリジナル部分もよく演出されていてDVDでたらマジで買ってしまいそうです。てか買います。

続編はオイラは希望派です。
読んでいて海外ロケしなくても結構できそうですよね。(風景とかあんまりないし)

やっぱり問題は役者ですよね。多国籍集めるのに大変そうです。
Posted by はるぼん at 2007年01月06日 16:19
ちーずさん、こんにちは。いつも素敵なレビューをありがとうございます!

私は海外在住なので、リアルタイムでドラマを見られず(1週間から10日遅れで日系レンタル屋で借りてます)某掲示板に私と同じような海外組が結構いて、あらすじだけでも知りたいとの声に、親切な人がこのサイトを紹介してくれたんです。電話回線の為にYouTubeも見られない私には、ありがたいです。

実はマイボスに嵌ってしまい、秋からは腑抜け状態(爆)だった私を立ち直らせてくれたのが、のだめでした。ドラマって、本当に良いですよね。早く日本に帰国して、ドラマをたくさんリアルタイムで見たいです!ちーずさんも、4月から忙しくなるようですが、体にはどうぞ気を付けて、無理のない範囲で更新して下さい。

あと、上の方にあったシンガポールのタンさん、日本語がとても綺麗ですね。うちの大学の生徒達に爪の垢を煎じて飲ませたいくらいです。
Posted by ののこ at 2007年01月07日 19:14
 こんばんは。コメントありがとうございます!

★はるぼんさん★
祝!ご購入!(笑)
そして、私もDVD欲しいです。(笑)
17巻以降も買い続けます!
続編も期待!!


★タンさん★
はじめまして。
嬉しいコメントをありがとうございます!
タンさんは日本語のお勉強中とのこと。
とても上手ですね!
レビュー、頑張りますので、タンさんも頑張ってください!
またお待ちしています。

★yoo-chanさん★
yoo-chanさんも、買ってしまわれましたね。(笑)
続編に期待しながら、コミックの方も買い続けようと
思っています。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

★ブタネコさん★
お久しぶりです!
ブタネコさんも読まれたんですね。(笑)
あとでお伺いします。

★おりくんさん★
おりくんさんのコメントに、見逃していることがいっぱいあることに
気付きました。
またゆっくり原作読んでみます。DVD買っちゃうかも。(笑)

★きっちょめさん★
玉木さん、いろんなドラマで拝見していましたが、
この役が一番ハマっています。カッコイイ!
アニメはどんな感じになるのかな。
私もチェックしてみます。

★マンデリンさん★
読みましたよ〜!そして気に入りました!

大川でのハグ。そうですね〜!
ドキドキするシーンなので、あそこで終わっていたら
余韻が残りましたね〜!

『いいとも』で見た樹里さん。
普段の彼女を知りませんが、のだめそのもの!
役から抜け出せたのかなぁ。

★ののこさん★
はじめまして!
お役に立てて何よりです。
『マイボス』も楽しいドラマでしたが、『のだめ』も面白かった!
もうレンタルされたのかな?
また感想などお聞かせくださいね!
Posted by ちーず at 2007年01月08日 20:30
ちーずさん、ものすごくお久しぶりです。
「14才の母」へのコメント、どうもありがとうございました!(いつの話だ……)

あまりにも久しぶりなので、コメントに気づいていただけるのかすら微妙ですが……。本当に今更ではありますが、「のだめ」最終回へのトラックバックもひっそりとさせていただきました。

原作本、読まれたんですね! しかも気に入っていらっしゃるようで、昔からの原作ファンとしてはつい嬉しくなってしまいます。

ドラマは本当に原作に忠実でしたよね。オリジナルの部分も原作の世界観を壊さず、とてもよかったと思います。スタッフや役者の方の、このドラマに賭ける思いや原作に対する熱い気持ちを感じられて、とことんハマってしまいました。私の中では、文句なしこのクールNo.1ドラマでした!

「のだめ」の大ヒットでもうひとつ嬉しいのは、クラシックに対する垣根が低くなったこと。私はもともとクラシックが好きなのですが(まったく詳しくはないのですけど……)、誰かと話していて好きな音楽のジャンルの話題になったとき、うっかり「クラシックが好き」と言うと、どうも引かれる傾向があったんですよね。「……へー…………」という反応が返って来たりして。そういうことが今までに何度もあったんです。悲しいことに。

だから演奏会に行った話やら何やらは“クラシック好き”とわかっている人にしか話したことがなかったのですが、「のだめ」のおかげでちょっとは堂々と話せるかなー、という気分であります(笑)。

コメント、大変長くなってしまってごめんなさい。これからもどうか無理はなさらず、楽しんでブログを続けてくださいませ。更新楽しみにしています!
Posted by mahou-hikou at 2007年02月09日 01:55
mahou-hikouさん、お久し振りです!

原作にもハマりましたよ〜♪
これからも買い続けていきます。^^

私は今までクラシックは音楽の時間などで聞く程度
だったので、今回クラシックのイメージがガラっと変わりました。
のだめのお陰で、クラシックに親しみを持つようになった人は
私も含め、多いはず。
本当に楽しいドラマでした。
続編希望!

ありがとうございます。
これからも楽しみながら更新していきます!
また遊びにいらして下さいね。
Posted by ちーず at 2007年02月11日 23:23
ありがとう~!!ノダメは 大好きです.
Posted by Ahn JeongHyun at 2007年08月29日 15:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。