2007年04月21日

帰ってきた時効警察 第二話

『好きな理由よりも嫌いな理由の方がハッキリしてると言っても
 過言ではないのだ!』


 総武警察管轄内で、そこかしこの女子トイレにオッサンが現れるという痴漢事件が発生。問題のオッサンを捕まえられないまま、十文字(豊原功補)は頭を悩ます日々を送っていた。そんな中、霧山(オダギリ ジョー)は、裏社会を牛耳っていた“闇の帝王”権現三郎(赤星昇一郎)が刺殺された時効事件を捜査することに。当時、犯人と目されたのは権現の内妻でナンバーワンホステスだった吉良深雪(銀粉蝶)。ところが、彼女は事件直後から行方不明になっていた。直感的に深雪が犯人ではないような気がした霧山は、三日月(麻生久美子)を連れ、元担当刑事・鬼八郎(志賀勝)のもとへ。鬼刑事によると、深雪はまるで捕まえてくれと言わんばかりに、初めのうちは目立った逃げ方をしていたという。鬼刑事の話からは事件の全容が掴めなかった霧山と三日月は、深雪の娘・綺羅(市川実和子)が経営する高級クラブ「Em」へ。綺羅は死体の第一発見者だったが、ショックから事件に関する記憶が何もないという。完全に綺羅に飲まれ、決定的な証言が何ひとつ得られない霧山。しかし霧山は、綺羅の太ももから出た酸性の汗に触れた10円玉がキラッキラになったことから、彼女が何か隠し事をしていると感じる。さらに、クラブ経営者の綺羅がカクテル嫌いであることに不自然さを覚える。 「綺羅に飲まれたのは威厳が足りないからだ」と、余計な気を利かした十文字が貸したトレンチコートを羽織り、霧山は再び綺羅と接触するため「Em」へ。店の前で高校時代の同級生で現在はオカマのノブユキ(堀部圭亮)と偶然再会した霧山は、綺羅が常連客となっているバーを紹介してもらう。バーで綺羅との再接触に成功した霧山は、酔っ払った綺羅に言われるまま、スーパーで買い物に付き合うことに。そこで、「雪男おじさん」という伯父にあたる人物を捜してほしいと頼まれる。雪男おじさんは、事件後に綺羅を引き取ったお婆ちゃん(銀粉蝶・二役)を時々訪ねてきては、お金を渡していた人物。しかし、綺羅は顔がどうしても思い出せないという。さらに、カラカラという音に異常な拒絶反応を示す綺羅の姿が、霧山の心にどうも引っかかる。
 後日、三日月と共に綺羅のお婆ちゃんを訪ねた霧山は、深雪が事件の1週間ほど前から姿を消していた事実を聞かされる。となると、深雪はやはり犯人ではないということになる…。そんな折、十文字が追っていた女子トイレ痴漢事件に事件性がまったくないことが判明した。女子トイレに出現していたのは痴漢ではなく、オッサンに見えるオバサンだったのだ。その話を聞いた霧山の頭に、謎だった「雪男おじさん」の正体が浮かび上がった!

 霧山は三日月と共に綺羅のもとを訪れ、犯人が綺羅であることを告げる。そして、彼女がカクテルを嫌う理由がシェイカーを振るカラカラという音を連想させるからだ、と続けた。カラカラという音は、何かを入れた缶を振った時に出る音。すなわち、権現殺しの凶器を隠した缶を振った音なのではないか…? その時、綺羅の脳裏をわずかな記憶がかすめた。霧山と三日月は、綺羅に案内され、今は使われていない猟師小屋へ。そこで、権現を死に至らしめたハサミの入った缶を発見する。その缶を振った瞬間、綺羅の記憶が鮮やかに蘇ってきた! あの日、深雪が消えて怒鳴り散らす権現に対してハサミを構えた綺羅。その時、偶然転んだ権現がハサミに向かって背中から倒れたのだ。慌てた綺羅はハサミを缶に閉まって隠し、その後しばらくして記憶を失ったという。「逃げる必要はなかったのに、どうしてお母さんは私を捨てたんだろう」――そう言う綺羅に霧山は、深雪が娘の罪を被って、男に変装しながら逃げ切る決心したと説明。雪男おじさんが深雪だったことを告げる。犯人が自分だと思い出し、証拠の缶を差し出す綺羅に、霧山は「誰にも言いませんよカードF」をそっと渡すのだった。そんな霧山にお礼のキスをする綺羅。しかし、一足先に小屋を出ていた三日月は、その事実を知る由もなかった…。【脚本・監督 三木 聡】

公式HPより=


・「思い出は、未来の残骸なんだよ。」
 BY霧山(三日月の幻覚)

・三日月が10年後の自分に宛てたメッセージ。
 「警察官として頑張っているんでしょうか。
 それとも、もうお嫁に行ってママになっていたりしますか?
 いろんなことが上手くいってなくて、
 落ち込んだりしてませんか?
 頑張って!
 10年前の私は、あなたのことをずっと応援してるから。
 もし彼氏がいないなら、自分の周りを良く見ること。
 近すぎて気付かないこともあるからね!」
 そのポイントに反応する霧山。
 反応したのは三日月の言葉ではなく、その後ろに映るUFO
 乙女心を理解されずムっとする三日月。
 わかってくれたのは新人・真加出だけ。

・「だって円盤の方がすげーぜよー。」By又来
「なんで坂本龍馬なんですか?」By霧山
「すげーぜよ!」

・熊本、ロッカーを整理。
 アザラシのポーチ、誰も欲しがらず。
「オッサレですよね!」喜んで持っていったのは、十文字!
 「4月は、しまってあったものが
 出てくる季節なんですよ。」By霧山

・女子トイレに現れる痴漢?

・屋上で昼ごはんにしゃぶしゃぶする霧山
 三日月は、『漫画肉』に、「ウホッ!」
 ※『はじめ人間ギャートルズ』に登場するような肉!

・吉良深雪(きらみゆき)(Killer)

・「"権現"ってすごいなー。ティンパニかよ。」と又来。
「何でです?」
「チャーーー、チャーーー、チャーーー、
 チャラーーー
 ゴンゲンゴンゲンゴンゲンゴンゲン♪」(2001年宇宙の旅)

・吉良深雪が一番怪しい人間だが、なんだか違う気がする、
 と霧山。
「霧山修一郎、違いのわかってる男、かぁー!」BY三日月
「三日月君っておっさんっぽいよね。」
「あー、おっさんっぽいおっさんっぽい!」
「おっさんなんじゃないの?」
「こんな感じ?」サネイエ、ギターをかき鳴らす。
「なんで私がEマイナーなのよ!」

・鬼刑事を訪ねていく三日月と霧山。
 どちらが声をかけるか押し付けあっていると、
「何をごちゃごちゃごちゃごちゃついとるんや!?」鬼刑事が顔を出す。
「1個多いですよ。」
「何をごちゃごちゃごちゃついとるんや?」

・最初は捕まえてくれとでも言わんばかりに
 電車やバスを乗り継ぎ逃走していた容疑者、
 チョコレートとガムを一緒に食べたように姿を消した

・鬼刑事、二人に"チーズフォンデユ"を振舞う。
 「どうや?意外と美味くないやろ?」

・「ヨックモックって1個いくらなんですかね?」とサネイエ。
「テトラポッドって、1個いくらすると思います?」
新人・真加出、テトラポッド80トンサイズを61万円で
買おうとした経験あり。
どうやら彼女は物作り?
公式HPより=

・吉良深雪の娘、吉良綺羅(きらきら)の店、『Em』(Eマイナー)
 吉良綺羅とキスするのに1千万円貢いだ社長がいるらしい。

・「名前って親の願望が現れたりするだろ?
 自分の性格が暗いと、明って。
 自分が弱いと、強って付けたがるじゃん。
 ところが、やっぱり親には似るからね。
 名前と正確が逆になることがしばしばある。」BY霧山

・電信柱の張り紙
 『社長募集』『スパイ募集』

・「ここのスパゲッティー生クリームがかけてあって
 美味しいのよー!」
 フォークをくるくるくる回すと、皿の上のスパゲッティーが
 大きな団子となって全てまきつく!

・「記憶を失くすって感じがわからない! 
 今日三日月君は?」
 さっき三日月は腹痛で休むと聞いたばかりなのに、
 又聞いてしまう熊本さん。

・「威厳が足りなくて困ってるんだろう?
 そういう時はトレンチコートだよ。
 たまには俺にも格好つけさせてくれ。
 上手くいったら、クリーニングぐらいは頼むぞ!」By十文字

・トレンチコートを羽織って「Em」へ向かうと、
 毛皮を着込んだ4人の男性に絡まれる。
 男の一人は手にアザラシのポーチを持っている。
 彼らは「Em」の用心棒

・ナターシャ登場。
 彼女(彼)は霧山の高校時代の同級生だった!
 名前の由来は足が臭い→納豆足→ナターシャ

 キャッチボールをする二人。
 「高校のときからお前のこと好きだったんだ。」
 ナターシャの告白、霧山には聞こえず。

・バーで綺羅と接触成功。
 その後、スーパーに付き合わされる霧山。
 三日月に目撃され、吹き矢攻撃される!
 三日月ちゃんの日記にその時の様子あり。

・「キラキラはカラカラがダメ」
 押収品の中にあった缶を振ってみる又来。
 "カラカラカラ"
 中には、喜怒哀楽の顔。
 「何か見たくないものを封印していた!?」

・雪男おじさんは何かを知っているはず
綺羅のお婆ちゃんを訪ねる霧山と三日月。

・「ロマンティックなもの」を三日月に見せると霧山
 期待する三日月!
 霧山、ライターの火をタバコの周りに付け、
 そしてタバコを吸うと・・・火花が飛び散る!
 「ほらほら、ロマンティックでしょ!?」
 「スナック芸じゃん!」

・マシュマロを焼いて差し出す
「マシュマロを焼くってのは外国の映画だとおいしそうです
 けど実際はイマイチですね。」Byおばあちゃん
 チーズフォンデュに続いて、あまり美味しくないものを 
 食べさせられる二人。(笑)

・雪男について聞かれるととぼけるおばあちゃん。

・「なんだバカヤロウ!」
 十文字と蜂須賀に痴漢と間違えられて掴まった
 オッサンに見えるオバサン!

・「フォグマウンテンが!」
 十文字、霧山に八つ当たり!

・「十文字なぁ、靴ばっか磨り減って
 心は磨り減らないからなぁ。」By又来

・限りなくオッサンに近いオバサン、オバサンに近いオッサン、
 霧山、ひらめく!

・涙で文字が滲んだラブレター
 涙と同じ成分で文字が滲んだラブレター
 区別が付かない!

・十文字、今回は諸沢に3千円お支払い。
 現在収監中の空き巣に聞いた、
 この家で大事なものをどこに隠すか、
 アンケート結果
 『ここじゃない?』『この中』『ここだ!』『貯蔵庫』
 『ぜったいココ』『この床下』『この下』『HERE』『ここここ』
 全員一致!

そして、解決編。


「心の傷は鉄の錆びに似ています。
 表明はどんなに綺麗に塗られていても、
 錆びは深く静かにあなたの心を蝕みます。
 できれば、手遅れになる前に、」と霧山。
「さて、行こうか。」と綺羅。
「え?どこへ?」三日月が聞く。
「私の心の開かずの間・・・。」

昔住んでいた家の床板を外すと、缶を発見。
その中には、錆びたハサミ。
「思い出した。
 偶然倒れてきたのよ、あいつ。
 ハサミを構えた私のほうに。」
「だったら殺人ではない。」
「ううん、それは違う。
 ハサミを、突き出したのよ、私。
 そうすれば、全ての苦しみから逃れられると思って。
 多分私笑ってた。
 本当は、ママと普通に暮らしたかった。
 ママ、どうして私を捨てたりしたの。
 逃げる必要なんてなかったのに。」
「違いますよ。あなたのお母さんはあなたを捨てたり
 してませんよ。」
「どうしてそんなことが言えるのよ。」
「あなたのお母さんにお会いしたからです。」
「え?」

深雪は、漁師町で、漁師として働いていた。
「娘さんの事件の時効が成立しました。」
「15年ぶりよ、女になるのは。」
「不思議な感じですか?」
「さあ、どうだろう。
 どうして私だってわかったの?」
変装を外し、化粧をしていく深雪。
「いやあまあ、なんとなくおかしいな、とは思いました。
 吉良雪男、母親の兄だと言う。
 時々訪ねてくるが、吉良さんとは会うわけでもない。
 でも金銭的バックアップをしている。
 非常に不自然なかかわり方だと思います。」
「警察も気付かなかったのよ。」
「まあ、そういう目線を持つかどうかですよ。
 ほら、感じの木へんに、春と書いて、椿。
 木へんに、白と書いて、柏。
 では、木へんに、黄色の黄は?」
「うーーん、イチョウ、だっけ?」
「違います。横です。」
「そっか!」
「非常に美人だったあなたが、おっさんになる。
 あまりに荒唐無稽。」
「あり得ないような話でしょ?」
「だからよけいにあり得た!」
「15年は、以外にすぐねー。」
「はい。」
「今はね、おじさんでもおばさんでも、
 どっちでもいいんだけどね。」
「いやあ今でも充分大丈夫ですよ!」
「嬉しいこと言ってくれるじゃない!」

「あなたのお母さんは、事件の数日前から行方不明だったんです。」
「でも、行方不明ということで、
 事件と結び付けられてしまった。」と三日月。
「まあ、そういうことです。
 お母さんにはアリバイもあったはずです。
 でも、あなたの罪を被って、逃げ切る覚悟をしていた。
 そして、男性として生きるという、妙な方法を
 思いついた。
 凶悪な権現がまさか、中学生の女の子に
 殺されるはずもない。
 そして、事件のあと行方をくらました内縁の妻、
 あまりにありきたりな想像力が、事件を時効にしてしまった。
 以上が僕が趣味で調べた推理です。
 あとは、犯人であるあなたのご好意に甘えるしか
 ないのですが。」
「そうか。雪男おじさんがママ!
 そういえば雪男おじさん、ばあちゃんと話してたみたい
 だけど、私のほうにはあまり近づかない感じがしてた!
 ママがいなくなってから、権現は私に当たるようになったの。
 あの日も朝から機嫌が悪くて、」
ハサミを突き立てる綺羅に、歩み寄る権現、
落ちていた置物に足を取られ、綺羅の方に倒れ、
命を落としたのだった。
「私は権現を刺した。
 そしてばあちゃんの家まで走っていって、
 缶の中にハサミを入れたの。
 そしてマンションに戻った。
 何日かすると、私は事件が夢か何かのような気がしてきた。
 私は缶のことを思い出すと、
 思い切って振ってみることにした。
 もし振って何も音がしなければ、
 権現を殺したことは幻想になる。
 でもダメだった。
 缶を振ったら音がしたのよ、カラカラって。
 思い出した。
 全部思い出した。
 もう忘れることなんて出来ないわ。
 霧山、これ、どうしたらいい?」
「あーいや、砂の中にでも埋めておいて下さい。
 綺羅さん、事件はもう時効ですから、
 僕はこの件を口外することはありません。
 で、せっかくご協力いただいた犯人の方を、
 不安な気持ちにさせてはいけないと思いまして、
 これ、誰にも言いませんカード・Fです。」
「はい。」
「厳密に言うと、誰にも言いませんカードなんですけど、
 その辺はお気になさらないで下さい。
 ここに僕の認印を押しますから、
 お持ちになっていて下さい。
 どうぞ。」
「どうもありがとう。」
「では。」
三日月が部屋を出ていき、霧山も出て行こうとする。
「ね、霧山。」
「はい。」
「お礼に、キスしてあげようか。」
「・・・・・」

「ねー、霧山くん、何かあった!?」
「なんでもねーーよ!!」
海に小石を投げる浮かれモードの霧山

朝。
イスを二つ使い眠る霧山。
前日、徹夜したらしい。
時効課のメンバーは悪戯心を起こしてイスを一つ外す。
イスを外してもまっすぐなまま!
もう一つ外すと・・・桐山、中に浮いている!
一同、大騒ぎ!
「まったく霧山らしいや。」一人冷静な十文字。
霧山をそのままにしたまま、それぞれ自分の仕事に戻っていった。


男に見える女、女に見える男。
ありきたりな想像力。
冒頭にちりばめられた伏線が、事件解決に綺麗に
つながっていました!

店の常連客役に志賀廣太郎さんが登場していました。
もっと事件に絡んでくるのかと思ったら、ほんの1シーンだけ。
贅沢なドラマです。(笑)

綺羅は本当に記憶を失っていたんですね。
娘の罪を隠そうと、男となって生活していた母。
すごい愛情です。
変装を外し、化粧をし、かつらを取ったときの銀粉蝶が綺麗でした。

綺羅の1千万のキス!
三日月に気付かれなくて良かったですね!

前回コメント欄で、面白ネタを見落としていると知りショック!
(笑)
また見落としているのがあれば教えてください。


ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking



4778310721クイック・ジャパン (Vol.71)太田出版 2007-04by G-Tools



B000P0I7MI帰ってきた時効警察 オリジナル・サウンドトラック+三木聡×坂口修作品集TVサントラ ピーエスシー 2007-05-23by G-Tools



4043844018時効警察三木 聡 角川書店 2007-03by G-Tools




B000ECWZ7U時効警察 DVD-BOXオダギリジョー 三木聡 麻生久美子 角川エンタテインメント 2006-06-23by G-Tools



4778310004時効警察オフィシャル本テレビ朝日『時効警察』スタッフ 太田出版 2006-05-26by G-Tools



B000EHQID2時効警察 オリジナル・サウンドトラックTVサントラ 坂口修 ピーエスシー 2006-03-01by G-Tools




第一話ゲスト

麻木久仁子
温水洋一
不破万作
蛭子能収
森下能幸
東ちづる(特別出演)

『茶はイックションですが・・・
 このドラマはフィクションであり
 登場人物・団体名等は全て
 架空のものです。』

第二話ゲスト
銀粉蝶
志賀 勝
矢沢 心
村松利史
堀部圭亮
赤星昇一郎
志賀廣太郎

市川実和子

『バッタモンはイミテーションですが・・・
 このドラマはフィクションであり
 登場人物・団体名等は全て
 架空のものです。』

CAST

霧山修一朗 オダギリジョー
三日月しずか 麻生久美子
十文字疾風 豊原功補
又来 ふせえり
蜂須賀 緋田康人
サネイエ 江口のりこ
諸沢 光石研
熊本 岩松了
真加出 小出早織
ナレーション 由紀さおり



STAFF
脚本・演出
 三木聡 
 園子温
 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
 麻生学
 ほか
監督
 安見 吾朗
脚本
 吉田玲子
 山田あかね
音楽
 坂口修
チーフプロデューサー
 黒田徹也
プロデューサー
 横地郁英
 遠田孝一
制作
 テレビ朝日
 MMJ




オダギリジョーさんの主な出演作品


この記事へのコメント
これって無理でしょう!コメント残したくてもツッコミ入れたくても全編コネタです、拾ったらきりが無いですね!

ちーずさんのコネタ拾いを後から読ませて頂きますね!そうじゃないとストーリーが…?三回くらい見直さないとね!

木へんに黄色はウケタ〜本気で考えてしまいました!ストップした時の「エンタの…」が情けなく見えます!数人の芸人さんが可哀想にみえた…
Posted by けた at 2007年04月21日 22:58
ネタが多すぎて見るだけでも大変なのに、
いつもながらの詳細レビュー、感謝してます。

三日月さんは、相変わらずかわいいけど、
新人の真加出さんもなかなかですね〜。
しかも、どことなくサネイエさんっぽいところもあるし。
ところでサネイエさんだけカタカナ表記なんですが、
漢字はどう書くのか気になったりします。
って、すっかり感化されてるような・・・。

今回、早くも3回見ました!
Posted by のんのん at 2007年04月22日 11:15
チーズさん
お疲れ様です。

トイレの憂鬱とU2の相合傘もありましたよね。
それにしてもよくこれだけこねたを出せましたね。
すごすぎます!!
木へんに黄って横だよ〜!!って思わず
がっくりしそうになりました!
Posted by みのむし at 2007年04月22日 11:39
こんばんは。

>店の常連客役に志賀廣太郎さんが登場していました。
えっ、そうなんですか?気づきませんでした。
もう1回見直さなければ(゜ー゜;Aアセアセ
ゲストも結構豪華になってきてますね(笑)

これは小ネタにツッコミを入れるしかないって感じですね。
Posted by 愛梨 at 2007年04月22日 22:51
この回に二回ほど出てくる「みゅうみゅうちゃん」って何のことだろうと思ってこのページにたどり着きました。
その結果、自力でわかりました!旧作第2話に出てくる電気屋の親父のことです。
前回も旧作第1話のねたが出てたし、これからもこのようなものが続くのかなぁ。
Posted by 石倉@zeke at 2007年04月23日 21:33
おつかれさまです!こんにちは、面白かったけれど、やっぱり、大変でした!!

凄いネタを発見しましたよ!
ヒントは「演歌の女王」と「先週の馬券の出目」です。
たぶん、ちーずさんならわかるはず〜〜
特に演歌は・・・
では・・

I appreciate in your usual cooperation. Best Regards,Chablis
Posted by シャブリ at 2007年04月24日 10:48
チーズさん、こんにちは。
1年半ほど前にもコメントしたことがあったのですが・・・。
お久しぶりです。
相変わらずとても細かいレビューで、見忘れたときはもちろんドラマを見た後も必ずチェックしてます☆

時効警察おもしろいですね!
前作は見ていなかったのですが、友達に薦められて見てみました。
木更津キャッツアイが好きな私は、こういうドラマ大好きです。
今回は熊本の「和民ノミンターレ」がおもしろかったなぁ♪
1回目はリアルタイムで見るだけでしたが、今回は録画してゆっくり見ました。
来週も録画して見て、ここで小ネタをチェックしてからもう1回見ようと思います。
前作もDVD借りてこなくっちゃ!
Posted by はな at 2007年04月24日 16:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。