2007年10月30日

暴れん坊ママ 第3話

『オヤジ襲来!!通園の危機』

川野あゆ(上戸彩)と夫・哲(大泉洋)、そしてその子供・佑樹(澁谷武尊)が暮らす家に、突然、あゆの父・吉田吾郎(大和田伸也)が現れ、「あゆが帰るまで帰らない」と居座ることに。その横暴でマイペースな振舞いに川野家の3人はうんざり。心を開きかけていた佑樹も再び心を閉ざしてしまう。

そんなある日、佑樹が幼稚園に行く前にトイレを使おうとすると、ドアが開かない。新聞を持ち込んだ吾郎が占拠しているのだ。ノックをするも、吾郎に一喝された佑樹はトイレを我慢したまま登園するはめに。

一方、佑樹を幼稚園に送り届けたあゆは、相変わらず北条翠子(ともさかりえ)、花輪倫子(片瀬那奈)、小南八重(山口紗弥加)らママたちから無視され、それが佑樹の友達関係にも影響を及ぼしていることに気づく。

その頃、教室で遊んでいた園児たちが「臭い、臭い」と騒ぎはじめる。佑樹がウンチをもらしてしまったのだ。幼稚園に駆けつけたあゆはそんな佑樹を励ますが、佑樹の傷は簡単には癒えそうにない。そんななか、幼稚園から連絡が入り、今度は佑樹が翠子の息子・蓮を傷つけたというのだが…。

公式HPより=
第2話が良かったので感想だけですが記事にしてみます。

佑樹役の澁谷武尊君が可愛いですね〜!
トイレの臭いに鼻をつまむ姿も、ため息をつく姿もかわいい。^^

千葉から頑固じいちゃん(あゆの父)に心を閉じてしまう佑樹 。
でもこのお父さんは男手一つであゆを育ててきた。
哲の気持ちを一番理解出来るのは彼でしょう。
ゆくゆくは、哲の一番の味方になってくれるのかな。

トイレを吾郎に占領されていた為、佑樹は幼稚園でウンチをおもらし。
明るく励ますあゆ、いいママです。

声を殺して泣く佑樹君。
あゆと哲がケンカしたときも、声を出さずに泣くんです。
子どもなんだから、大声でびぇ〜んと泣けばいいのに。

ウンコチビリ虫♪(おしりかじり虫のメロディー)とからかわれ、
本を投げてしまったら、その本が会長の息子・蓮君に当たってしまった。

佑樹を必死に庇うあゆ。
会長に必死に謝る哲。

哲は哲で、子どもやあゆを守ろうと思ったのかもしれません。
でも、自分が悪くないのに親が謝っていたら、子供は辛いですよね。
意見の違いから、夫婦喧嘩に発展。
「ママなんかやめる!」
「出て行け!」
そんな二人の姿にますます心を痛める佑樹。

夜、酔っ払って帰って来た哲はお土産でご機嫌とり?
先に謝ったのはあゆでした。
哲も頭を下げて謝ります。
楽しそうな三人の笑い声に、あゆの父は・・。

今回の出来事に園長先生は、
「こういう時の対応で、家庭のレベルがわかるのよ。」
とイケメン先生に言いました。
家庭のレベルかぁ。
自分の子供可愛さに、ちゃんとした判断が出来なくなってしまう親心。
園長先生はPTA会長・翠子にイエスマンというわけではないんですね。
第二話の運動会のシーンでも、あゆたち親子にエールを送ったり。
今回も、翠子追い出しに掛かっても、それには乗ってこない。
真の教育者、と思っていいのかな。
いい人なのか悪い人なのかよくわからないのも面白い。

ママたちを家に集めて、このままではお受験にも響くと、
あゆたちを幼稚園から追い出そうと提案する翠子。
自分の恨みをお受験絡めて働きかけるところが性格悪い!
あゆと二人で話をしたことのある八重(山口紗弥加)は、
「まだ転園したばかりで慣れてないのでは・・」
と恐る恐るですがあゆ親子を庇おうとしました。
すると翠子、無言の睨み攻撃。ぎらっ!
「ではみなさん、保護者会ではその方向で参りますので。」とにっこり。
『ライフ』の愛海みたいですね。

あゆの父親は、
「佑樹は私と哲ちゃんで守るんだから!
 そう決めたんだから!」
あゆのこの言葉に、あゆの覚悟を悟ったのでしょう。
佑樹に謝り、あゆが母親になることを認め、
そして哲のことは認めずに(笑)、千葉に帰って行きました。

食事のシーンで佑樹君が「いただきます」と言えないのは
お弁当が食べられなかった時のように何か理由があるのかな。

哲は佑樹に、怪我をさせたことは悪いのだから謝ろうとアドバイス。
そして翌日、
「すまなかった!」と頭を下げる佑樹。
おじいちゃんの男らしい謝り方に影響?
哲とあゆも、ちゃんと謝って仲直りしていたから、
佑樹君も素直に謝ることが出来たんですね。
母親の顔をちらっと見た後、蓮君も
「ごめんね。あそぼ!」
二人は仲直りし、園庭で他の子どもたちも交えて仲良く遊び出す。
すると翠子はママ茶会にあゆを誘い、
そして他のママたちが、笑みを浮かべながらあゆたちに歩み寄り。

幼稚園ママさんたちのバトルは昼ドラチックですが、
私は好きです、このテーマ。

プライドの高い北条翠子をはじめ、その取り巻きのママたちが
あゆと関わりどう変わっていくのかが楽しみ。
ともさかさん、山口さん、片瀬さんらに注目!
チャオーッ!とご挨拶する親子は、他のママたちとは少し距離を置いた、
一匹オオカミタイプ!?
あゆの味方となるか、敵となるか。

そして北条役の東さん、いい味出していらっしゃいます!
幼稚園の時におもらししたことを哲がずっと黙っていてくれてから、
ずっと彼に感謝してきたんですね。
当の哲は、気付いてなかっただけのようですが。(笑)

大泉さんが演じる哲は、最初は口先ばかりの男で嫌だなぁと
思っていたんですが、
今日はトイレに篭るお父さんにも一応抗議していました。
何より、哲、あゆ、佑樹の3ショットが微笑ましい!
三人でベッドでじゃれあう姿に、ほのぼの〜!
夫婦喧嘩のシーンもそれで帳消しになります。

初回、二話と、あゆのヘン顔とカメラ目線トークが多すぎるのが
気になっていましたが、今回は丁度良かった!


余談ですが、私は子どもが幼稚園の頃に出来たママ友とは、
子どもが高校生となった今でも仲良くさせてもらっています。
一緒に子育てしてきたていう連帯感みたいなものがあるんですよね。

あゆ、哲、佑樹がどんな家族へと育っていくのか、
周りの人たちがどう変わっていくのか楽しみです。

このドラマは不定期になるかもしれませんが、感想のみアップしていく
予定です。

『スワンの馬鹿!』も今日はとってもいい感じ!
娘に拒否されてショックを受ける父親の姿とか、
娘の一輪車の特訓に付き合う父親、こういうはいいですね〜!
会社中心よりも家庭中心のストーリーの方が私には楽しいみたいです。
でもやっぱりスワニーは絢奈に胸キュンしちゃってるんですよね〜。

両方はレビュー出来ないので、『スワンの馬鹿!』の感想も
こちらに下さると嬉しいです。



第一話あらすじ
『なんで私がママなのよっ!!』
川野あゆ(上戸彩)は、12歳年上で美容師の川野哲(大泉洋)と結婚したばかり。早くに母を亡くし、父・吾郎(大和田伸也)に育てられた田舎育ちのあゆは、都会での哲との生活を心待ちにしていた。

そして、哲が営む美容室も開店を迎え、まさにこれからという折、店に哲宛の手紙を持った男の子がやってくる。手紙は哲の前妻からで、その男の子・佑樹(澁谷武尊)を託すという内容だった。哲から佑樹が息子だと告白されたあゆは、ショックで家を飛び出してしまう。

あゆを探し当てた哲は、佑樹の面倒はすべて自分が見るから自分のそばにいてほしいとあゆに懇願。あゆは、渋々、佑樹との同居を承諾する。ところが、どういうワケか佑樹はあゆを完全無視。あゆも佑樹にぞんざいな態度で接するようになり、ふたりはいきなり冷戦状態に。

困惑した哲は、佑樹を幼稚園に入れようと思い、近所でクリーニング店を経営する金井玉男(日村勇紀)相談する。しかし、途中入園できる幼稚園はないと言われ、唯一の望みだという小学校の同級生で現在は歯科医院院長の北条一(東幹久)に頼む。そして、無事、入園できることに。

登園初日、佑樹を連れ幼稚園にやってきたあゆは、一の妻で保護者会会長でもある北条翠子(ともさかりえ)をはじめとして、ブランド服に身を包み、園児とともに高級車で乗りつけるママたち・花輪倫子(片瀬那奈)、小南八重(山口紗弥加)、植松莉香(中山恵)を目の当たりにする。初めて見る光景にあゆが驚いていると、倫子と八重が半ば強引に翠子の家へと連れて行く。

案内された北条家の広いリビングには、翠子を筆頭に、ママたちが顔を揃えていた。一見、和やかだが実は張りつめた空気のなか、子供のお受験の話に花を咲かせるママたち。店のことが気になるあゆは、あいさつもそこそこに中座する。

店に戻ったあゆが接客をしていると、やがて、佑樹の迎えの時間になる。哲は接客中のため、あゆが迎えに行くことに。佑樹を連れて帰宅しようとすると、教諭・山口洋平(向井理)が来て、園長・高沢理恵子(岡江久美子)が呼んでいると声をかける。園長室に通されたあゆは、幼稚園の前で店のビラを配っていたことを咎められたうえ、園児が持つバッグは手作りが原則だと、既製品を持たせていたことも注意される。

その夜、あゆは哲に相談するが、哲は既製品で構わないと言う。そんな哲に、あゆは明日は佑樹が弁当を持参する日だからと念を押すが、翌朝、あゆが目覚めると哲はベッドのなかにいた。あゆはキッチンに駆け込むと、5分で弁当を作り上げる。哲は佑樹を背負うと幼稚園まで疾走し、佑樹はなんとか遅刻せずにすむ。

しかし、再び園長から呼び出されると、今度は弁当のことで注意を受ける。弁当は子供が食べきれるように嫌いなものは避けて、小さな弁当箱に彩りよく入れるようにと言うのだ。

あゆは再度、哲に相談するが、子供が好きな“キャラクター弁当”や手作りのバッグなど、自分にはできないと哲は言う。佑樹のことは自分がやると約束したはずなのに…。やるせなくなったあゆは、ひとり実家へ帰っていく。

実家で吾郎の手料理に舌鼓を打ったあゆは、自室で幼稚園のころに持っていたバッグを探し出す。バッグには吾郎が縫ってくれた花のアップリケと「あゆ」という名前の刺繍があった。それを見るうち、あゆのなかにある決心が芽生える。

翌早朝、哲がやってきて自分の都合であゆを束縛することはできないから、あゆはあゆの人生を自由に生きてくれと、離婚をほのめかす。あゆはそんな哲を一喝すると、「なんでもかんでもやりゃいいんだろ! うちがママになってやる!」と“ママ宣言”する。

あゆの決意をうけ、その日は哲も一緒に幼稚園へやってくる。初めて会うママたちに、あゆとともに哲もあいさつをして回る。ところが、ママたちは明らかにふたりを避けていて…。
公式HPより=

第2話あらすじ
『突撃!!園ママデビュー戦』
ママになる決意をしたあゆ(上戸彩)は、夫・哲(大泉洋)の息子・佑樹(澁谷武尊)を連れ、意気揚々と幼稚園にやってくる。しかし、そこで北条翠子(ともさかりえ)、花輪倫子(片瀬那奈)、小南八重(山口紗弥加)ら園児のママたちからの無視にあう。

そんななか、さくらんぼ幼稚園の運動会が近づく。 園長・高沢理恵子(岡江久美子)は、ママたちを前に運動会の意義を語り、両親と園児で行う「親子三人四脚」には必ず両親で参加するようにと念を押す。これを聞いたあゆは、夫は店があるので自分だけの参加でも構わないかと尋ねるが、親の代役はきかないものだと、園長に一蹴される。そのうえ、ママたちから「家族席係」を押し付けられてしまう。

家に戻ったあゆは、哲に「三人四脚」のことを話し、運動会の日の午後は客の予約を受けないように頼む。
一方、佑樹はまだあゆに心を開かないままで、あゆが一生懸命作ったキャラクター弁当も残して帰ってくる。嫌いではないはずなのに残す佑樹には、何か理由があるようにあゆは思うが…。

運動会前日、明日の午後に来店したいという客から電話が入り、哲は予約を受けてしまう。
この哲の態度にあゆの怒りのスイッチが入る。子供がいるのを隠していたこと、佑樹が来てからは佑樹のことは全部やるといいながら何もやっていないことなど、哲に対する不満のあれこれを爆発させる。そんなあゆに哲も応戦。激しい口論の末、あゆは、再びママ放棄宣言をする。

ところが翌早朝、あゆはキッチンに立つと、キャラクター弁当を作っていた。何としても残さずに食べてほしい、そんな思いを込めて“究極のキャラ弁”を完成させる。

朝6時過ぎ、佑樹と幼稚園にやってきたあゆは、門の外に列を作っている父母の多さに驚く。先頭を陣取るのは、翠子の夫・北条一(東幹久)だ。やがて開門すると、父母たちは場所取りのため、なだれ込むようにグランドに。「家族席係」のあゆは、メガホンをもち注意するが、父母たちは耳を貸そうとしない。

そして、昼食時間、園児たちが父母たちと食事をはじめるなか、佑樹はひとりその風景を眺めていた。あゆがゴミの番を任されているからだ。昼食時間も終わりに近づいたころ、番から解放されたあゆは佑樹と弁当を食べることに。自分が作った豪華なキャラ弁を前に、あゆは佑樹に弁当を残す理由を聞いてみる。何か言いたげではあるが、何も言葉にしない佑樹。そうするうち、「三人四脚」の時間になり、結局、弁当はお預けとなる。

教諭・山口洋平(向井理)が哲の代役となり、「三人四脚」が始まろうとしたとき、哲が駆け込んでくる。客がキャンセルになったという哲に、あゆは驚きながらも嬉しい気持ちを隠せない。そして、競技が始まる。一着になった園児は名門・慶明幼稚舎に合格するとのジンクスがあるため、練習を重ねた北条一家とは対照的に、まったく練習をしていないあゆたちは、いきなり倒れこんでしまう。その後、北条家は一着でゴール。ほかの家族もゴールするが、あゆたちは何度も転んでしまい、ゴールまでが遠い。父母たちから失笑がもれるなか、あゆたちを見つめていた園長が手拍子を始める。それがだんだんと大きくなり、いつしかあゆたちを応援する声援へと変わる。そんななか、3人はゴールする。ダントツの最下位だが、そこには気持ちのいい空気が流れていて…。

運動会終了後、あゆ、哲、佑樹の3人は、公園で弁当を食べることに。今まで残していたおかずをもりもり食べる佑樹に、今度は哲が残していた理由を尋ねる。沈黙の後、「もったいないから」と佑樹。あゆが一生懸命作ってくれたのがわかるから、もったいなくて食べられなかったというのだ。それを聞いたあゆは、胸に熱いものがこみ上げてくる。と、そんなところへ、あろうことかあゆの父・吉田吾郎(大和田伸也)が怒声を上げながらやってきて…。
公式HPより=


B000VZK7YSCX火曜21時ドラマ「暴れん坊ママ」オリジナル・サウンドトラックTVサントラ ユニバーサルJ 2007-11-28by G-Tools



B000WW2838I SHOULD BE SO LUCKY/愛コトバ(初回盤A)(DVD付)mihimaru GT ユニバーサルJ 2007-11-28by G-Tools



ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking



キャスト
川野あゆ  ……  上戸 彩
川野 哲  ……  大泉 洋
北条翠子  ……  ともさかりえ
花輪倫子  ……  片瀬那奈
小南八重  ……  山口紗弥加
金井玉男  ……  日村勇紀(バナナマン)
植松莉香  ……  中山 恵
山口洋平  ……  向井 理
川野佑樹  ……  澁谷武尊
小南 学  ……  音尾琢真
金井幸子  ……  広岡由里子
安部直也  ……  瀬戸康史
花輪英二  ……  岡本光太郎
北条 一  ……  東 幹久
吉田吾郎  ……  大和田伸也
高沢理恵子  ……  岡江久美子


スタッフ
脚  本 …………  大石静
音  楽 …………  服部髞V
主 題 歌 …………「I SHOULD BE SO LUCKY」 mihimaru GT
企  画 …………  大辻健一郎
プロデュース ……  永井麗子
演  出 …………  佐藤祐市  石川淳一
制  作 …………  フジテレビ 共同テレビ


上戸 彩さんの主な出演作品



大泉 洋さんの主な出演作品


23:50 | CM(1) | TB(6) | 暴れん坊ママ | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちーずさん、こんにちは。
とても楽しめるドラマに仕上がってますよね。上戸&大泉コンビがいい感じだし、澁谷くんは超可愛いし、展開も気楽に追えるし。上戸ママがママたちの中で孤立しているようでいて実は味方がいるという設定も救いがあるし。

【スワンの馬鹿】
これも気楽に追えるドラマでいいですね。
登場人物が極めて少なく簡潔なのも素晴らしい。
エンディングのハラフウミ(原由子×風味堂)「夢を誓った木の下で」もいい

火曜日は肩が凝らなくて楽ですわ。
Posted by マンデリン at 2007年11月01日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

暴れん坊ママ 第3話
Excerpt: 暴れん坊ママ 第3話<br />フジテレビ? 2007/10/23(火)? 22:00〜 (日本シリーズ60分延長)<br />「オヤジ襲来!!退園の危機」<br /> <br /> <br />★はじめに  <br /> <br />大声を出す吾郎に、<br />「千人に演説するような声出すの..
Weblog: シャブリの気になったもの
Tracked: 2007-10-31 05:14

暴れん坊ママ 第三話
Excerpt: 「オヤジ襲来!!退園の危機」
Weblog: 特に個性の無いブログ
Tracked: 2007-10-31 10:56

暴れん坊ママ 第3話オヤジ襲来!!退園の危機
Excerpt: 佑樹えらいっ!(*・・)ヾ('▽'*)ヨシヨシ <br />ちゃんと謝る事が出来て良かったわ〜{/onpu/}それにしても「すまなかった!」とは<br />おじいちゃん譲りの古風な謝り方だこと{/face_nika/}<br /><br />あいさ..
Weblog: あるがまま・・・
Tracked: 2007-10-31 11:03

暴れん坊ママ (上戸彩さん)
Excerpt: ◆上戸彩さん(のつもり)上戸彩さんは、毎週火曜よる9時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『暴れん坊ママ』に川野あゆ役で出演しています。
Weblog: yanajunのイラスト・まんが道
Tracked: 2007-10-31 11:19

暴れん坊ママ 第三話「オヤジ襲来!!退園の危機」
Excerpt: 今回は野球で1時間ずれてたんですね。<br />スワンの録画予約してあったから、暴れん坊ママ見逃さずにすんで<br />良かったです益々このドラマ面白くなってきたので。<br /><br />あゆ(上戸彩)の父親の吾郎(大和田伸也)は、あゆの家に<br />居..
Weblog: 掃き溜め日記〜てれびな日々〜
Tracked: 2007-10-31 13:56

暴れん坊ママ〜第3回・子供の喧嘩に親が出る!
Excerpt: 暴れん坊ママですが、あゆ(上戸彩)の父親・大和田伸也は美容院にいついてしまいます。元々気にくわない哲(大泉洋)の隠し子発覚で、あゆを無理にでも連れ戻したいようです。哲が側にいるのに「おまえ」呼ばわりで..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2007-10-31 21:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。