2007年11月02日

ジョシデカ!−女子刑事− 第3話

『車上荒らしが盗んだ連続殺人犯の手がかり』

日暮署刑事たちの捜査により、連続殺人事件の第四の被害者・佐藤有希(入山法子)は偽名だったということが判明。本名は時田梨恵子という名の大企業の社長令嬢であることがわかった。なぜ偽名を使う必要があったのか、一日も早く連続殺人事件の捜査本部に戻りたいと思う来実(仲間由紀恵)だったが、ひったくり事件捜査の際、再び路上で発砲してしまったことが原因で、刑事課長の青山(益岡徹)から未来永劫、捜査本部には戻れない告げられてしまう。

ショックを隠せないまま吉井(大倉孝二)と二人で、車上荒らしの捜査をすることになった来実。しかし、連続殺人事件のことが頭から離れない来実は、車上荒らしの件で聞き込みをするも、ついついその質問は連続殺人のことばかりになってしまう。

一方、華子(泉ピン子)はパク(リュ・シウォン)が偶然撮影したという時田梨恵子の写真を手に入れ、それをエサに柳田(田中哲司)と取引し、連続殺人事件の捜査本部に戻れる事に。その後、本田(袴田吉彦)と組んで捜査をする華子であったが、新たな進展もなく。

そんなある日、来実は殺人事件があった現場近くのコインパーキングで車上荒らしがあったことを聞きつける。その件での被害届けが出されていないことがわかった来実は、何か怪しいと睨み一人で現場に駆けつける。すると、そこに何者かの姿があった…。

公式HPより=以下、気になるポイント!

・「私も、刑事になったからには、所轄風情で終わりたくないんですよ。
 二人の手柄にしませんか?
 私は本庁、管理官は昇進。悪い話じゃないと思います。」
 柳田と取引する華子。
 柳田からの条件、期限は1週間。
 それで解決しなければ、情報は本部で共有。
・「畑山さん、帰らないんですか?
 ・・お疲れ様です。」
 無言の来実を残し、電気を消して立ち去る警察官。
 朝、来実は全く同じ姿勢のまま!
・華子、来実を残してそそくさと本部へ。
・来実の教育係は、じゃんけんで負けた吉井(大倉孝二)。
「畑山って彼氏いんの?」
「・・・」
「・・・」諦めてタバコをふかす吉井。
「いますよ。」
「えーーっ、いんの!?」
「まあ、彼が仕事が忙しくて、最近は会ってないですけどねー。」
「へーー。どん位会ってないの?」
「えーっと、2年。」
「うぇぇぃ!?2年も会ってないの!?」
「ええ、彼が仕事で忙しいんですよ。
 だから、時間が出来たら、連絡するねって。」
「お姉さん・・それ終わってますよ。」
「何がです?」
「何がって・・」
来実と吉井、ナイスコンビです(笑)
 来実は時田梨恵子の殺人現場に近くで多発する車上荒らしをしようと提案。
・華子は本田に黒いコートを着せ、パクが写真を撮った場所を検証。
 空き地に捨てられたタイヤ、ハンドル、カーブミラー。
 そこにあったバックミラーに黒いスーツ姿の人物と梨恵子の姿、
 その下の鏡のようなものに黒いスーツ姿の人物の掌。
・殺人事件で頭がいっぱいな来実に、今日は帰れと諭す吉井。
「でもでも人形か、お前は!」「帰らない人形か、お前は!」
 吉井&来実コンビが楽しかった!
・本日の溝ノ口家
 双子の姉妹のシャツにはAとB。
 「途中でやめたら、今まで頑張ったのが全部無駄になっちゃうんだよ。
 石の上にも3年っていう言葉があるでしょう。
 今は我慢よ、我慢。」母から娘たちへの言葉。
 お隣の家族は一人暮らしの来実を元気付けてくれているようですね。
・本日の来実の夕食
 ご飯にのりの佃煮
・岩代教官(片平なぎさ)に呼び出された来実。
 警察学校時代の同期が、職質中に刺されて重体となった。
 着任したてで張り切り過ぎ、単独行動をして時に起きた。
 岩代は来実のことも心配になり呼び出した。
 「勝手な行動はしない。単独行動は絶対にしない。
 あなたは一つのことに集中すると、誰よりも周りのことが
 見えなくなっちゃうでしょう。」
「そりゃ、自分だってわかっています!
 ルールが大事なことも、連続殺人の捜査が自分の担当じゃないことも
 わかってます!
 でも・・有希さんは・・・
 いえ、時田梨恵子さんは、自分が最初に担当した事件の、
 被害者なんです。
 別に、手柄を立てたいとかそういうんじゃないんです。
 でもこの事件だけは・・この事件だけからは、
 絶対に逃げちゃいけない。
 そう思えて仕方が無いんです。」
・車上荒らしの犯行は、どれもマイナスドライバーのようなもので
 行われていることが判明。
・高木(鈴木浩介)、塩瀬(入江慎也)情報、
 駅で放置されていた梨恵子の自転車に、不審な指紋などは出なかった。
 来実は二人から、華子が黒いコートを調べていることを知る。
・昼は車上荒らし、夜は殺人事件の捜査をする来実。
 定食屋の店員たちからある情報を手に入れる。
 梨恵子が殺されていたアパートの裏にある、とどろき駐車場でも
 車上荒らしがあったと近所の人が目撃。
 ところが、その被害届けが出ていない!
 「殺人事件と何か関係が!?」
・とどろき駐車場近辺を調べる来実。
 ゴミ捨て場に黒いコートの人物を見かけ、近づいていく。
 ポケットから何かを取り出そうとしたとき、来実に気付いた華子が
 投げ飛ばす!
 目覚めた来実は、パクに介抱されていた。
 華子は来実が銃を取り出すのかと思い、投げ飛ばしたのだった。
 来実は警察手帳を取り出そうとしただけだった。
 「いくら自分でもそんな一般市民に銃を突きつけるような
 非常識な人間じゃありませんよ!」
 このセリフも気になります。
 パクの過去と関係あるのかなぁ。

 黒いコートの秘密を探ろうと華子に迫る来実。
 二人は頬の殴りあい!
 来実は自分が掴んだ情報と交換に、やっとパクが撮った写真のことを
 教えてもらう。
「当日気温は20度以上。
 おかしいだろう!?黒いコート目立つだろう?
 それなのに目撃者は一人もいない。
 目撃者は、たった一人。ジウォン。」
 来実も自分が掴んだ情報を告げる。
「梨恵子さん殺人事件のあの日、あのアパートの裏の駐車場で
 車上荒らしがあったらしいんです。
 なのに、被害届けが出てないんです。」
「ということは・・」
「車上荒らしにあったのに、被害届けを出せない状況が
 その車の持ち主にあった!
 車上荒らしの犯人はその車の持ち主の身分証明書の入った 
 財布やバッグを盗んでいった可能性があるんですよ!
 だから、その車上荒らしの犯人を捕まえれば、 
 連続殺人犯を捕まえる手がかりが、見つかるかもしれない!」
「畑山!でかした!
 ・・・はぁ。さっき叩いたな、こいつ・・。」
・徹夜でおとり捜査(不注意で路上駐車)する二人。
 朝、諦めて帰ろうとしたとき、路上駐車を取り締まる女性の姿。
「あの人、夜中も違う服で通りましたよ。
 髪や服装は違いますけど、顎のところに二つ並んだ小さいほくろがあって、
 完璧にそれが一緒なんです。」
 女性がマイナスドライバーを鍵穴に差し込んだとき、
 二人は女性に向かって歩いていく。
 たまたまパトカーが通りがかり、女性が逃げ出す。
 走って追いかける来実。
 パトカーに乗り込む華子。
 パトカーを運転する華子は来実を追い越していく。
 走り続ける来実。
 バイクに乗ったパク登場。
 「来実さん、乗って!」
 細い路地に入り込み、追跡を諦める華子。
 パトカーの横をパクのバイクが猛スピードで走り抜ける。
 「ジウォン!?畑山!」
・アーケードを走り抜ける犯人のバイク。
 銃を取り出す来実。
 銃に気付いても走り続けるパク。
 人通りの多い商店街。
 来実はバイクのタイヤではなく、商店街の天井を狙い、
 「集中して、無心になって、ただ引き金を、」
 5発発砲。
 飾り物のネットが落ち、犯人確保。
 免許を調べる来実。
 犯人の名前は有吉久美。
 「ここに今まで盗んだものあるのか?」
 手錠をかけた犯人を連れ、彼女のアパートに行く来実。
 パクをアパートの入口に待たせて犯人と部屋の中へ。
 「ジウォン!今どこ!?」華子からの電話。
 「犯人の、アパート。」
 「何であんたがそこにいんの!」
 「お母さんと来実さんが心配で来てみたら、
  来実さんが、一人で。」
 「あのバカ、拳銃発砲したりしてないでしょうね!?」
 「・・・撃ったよ。」 
 「何発!?」
 「5発くらい。」
 「・・・5発ぅ!?」
・「駐車場から盗んだものはどこ!?」
 「あのパソコン!」
 「どれ!」
 「ベットの下!」
 犯人を座らせてベッドの下に手を伸ばすと、パソコンがあった。
 鏡に映るナイフ。来実は気配を感じ・・・
 


うーん、なかなか犯人にたどり着けませんね。
って当たり前か。(笑)

都合よく登場するパクさんが怪しい。
来実がバイクの後ろで銃を構えても慌てなかったし。
過去に何かあるようですね。

梨恵子の両親がまだ登場しないのも気になります。
岩代教官さえも疑ってみたり。

鏡はキーアイテムなのでしょうか。
今までの数字、
22 15 07(もしくはム0) 13
これを鏡に映すとか?
・・・やってみたけれどさっぱりわかりません。



【今までの事件】
・第1の殺人現場
被害者は会社員の小高嘉弘さん。
アイスピックで胸部を刺されて殺されていた。
手のひらにあった謎の番号は22。

・第2の殺人現場
被害者は大学生の倉本道夫さん。
ロープで絞殺された模様。
手のひらにあった謎の番号は15。

・第3の殺人
被害者は会社員の小田島勝さん。
果物ナイフで胸部を刺されて殺されていた。
手のひらにあった謎の番号は07。(ム0?)

・第4の殺人
村上のアパート
佐藤有希と名乗っていた時田梨恵子が風呂場で溺死体で発見。
手のひらには謎の番号13が。
『名賀投資信託株式会社』令嬢と判明。


ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking



B000VJD4B2小さな掌Aqua Timez 太志 エピックレコードジャパン 2007-10-31by G-Tools



B000X4FHCETBS系ドラマ「ジョシデカ!-女子刑事-」オリジナルサウンドトラックTVサントラ ERJ 2007-12-12by G-Tools


キャスト

畑山来実 … 仲間由紀恵
桜華子 … 泉ピン子

パク・ジウォン … リュ・シウォン

青山光一郎 … 益岡徹
吉井耕介 … 大倉孝二
本田聡史 … 袴田吉彦
高木潤 … 鈴木浩介
塩瀬努 … 入江慎也(カラテカ)

柳田隆弘 … 田中哲司
木崎匡 … 大浦龍宇一
川口卓也 … 金子昇

蜷川はるか(吉瀬美智子)

岩代百枝 … 片平なぎさ


スタッフ

脚本 … 秦 建日子
プロデューサー … 鈴木早苗
武藤 淳
演出 … 平野俊一
清弘 誠
主題歌 … AquaTimez「小さな掌」
製作 … TBS
制作 … TBSテレビ


仲間由紀恵さんの主な出演作品


この記事へのコメント
ちーずさん、こんばんわ。
話は面白いんですけど、どうにもこうにも、主役の来実が好きになれません。
自分のやるべき仕事をしっかりやれって思っちゃうし、実績も経験も無いのに口ばっかりって感じの印象なんですよね。
それに、やっぱり銃の腕を過信し過ぎ!
あんな街中で撃たれたら危なくて仕方がない(笑)
片平なぎさにもっとビシっと言って欲しかったなぁ。
最後に「あなたも大人になったわね」みたいな事を言った時にはがっくりしちゃいました(笑)
でも、来週もしっかり見ますけどね。
うーん、もうちょっと来実を好きになれるともっと楽しめるんだろうな。
Posted by りの at 2007年11月02日 01:33
ちーずさんこんばんは、来実の行動が気になりまね!岩代が心配して呼び出したのに何にも変わっていないですね!単独での捜査や上司の指示も聞かずに家宅捜査してしまうのはリアリティーがないかな!そもそも拳銃の携帯許可はだれが出しているのだろう?

華子も来実と同じ匂いがしますね、のめりこむとルールを無視しても行動してしまう今回のようにパトカーを奪って街中交通ルールを無視しての追跡、似たもの同士ですね!

シリアスな面がなくても本線の殺人事件はそれ以上に気になります!手のひらの数字やコートの男、パクの過去、今回の車上あらしの犯人は来実の背後で殺されてしまうのですかね?ドアのそとにパクがいるのに侵入しての犯行や情報の早さが気になりますね?
Posted by けた at 2007年11月02日 18:53
ちーずさん、こんにちは。
畑山と桜の掛け合いがどんどん漫才になって行って、シリアスな部分とのギャップが激しくなってきましたね。それに同僚の男刑事たちも有能なのかバカなのか掴めないw
車上荒らしの女は殺されてしまうのでしょうか?畑山を気絶させてから女を殺し手の平に数字を書き込むのかな?パクは???
Posted by マンデリン at 2007年11月03日 20:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ジョシデカ!〜第3話・黒いコートの男!
Excerpt: ジョシデカ!ですが、被害者の手の平にナンバーを書くという連続殺人事件を追っているのですが、寄り道が多いです。来実(仲間由紀恵)と華子(泉ピン子)は捜査本部から追放されてましたが、華子だけ復帰します。(..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2007-11-02 15:25
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。