2007年11月18日

モップガール EP:6

『グラビアアイドルの夢は夜ひらく!?』

ちまたでは、両手に鎌を持って人を襲うという、都市伝説の"鎌男"が実在したという噂でもちきり。そんなある日、桃子(北川景子)は未樹(池津祥子)の強引な誘いで、ドラマのオーディションを受けることに。会場にやって来た桃子は、女優志望の元グラビアアイドル・安住明日香(佐藤仁美)が落とした鈴を拾ってあげたにもかかわらず、明日香から「やる気がないならオーディションに来ないでくれる?」と因縁をつけられ圧倒されてしまう。

その夜、「リトル・エンジェルズ」に、"鎌男"が人を殺したとの連絡が入った。清掃のため現場へ向かった桃子は、被害者が明日香だと知って呆然。さらに、明日香の殺害時に現場にいたカメラマン・島岡マコト(山本剛史)が参考人として連行されるのを目撃する。島岡は過去2回も鎌男の出没現場に居合わせてスクープ写真を撮っているが、今回はどうやら動揺のあまり写真を押さえていないらしい…。

やがて桃子は現場で、以前拾った明日香の鈴を発見。彼女の無念を思いながら鈴を手にした瞬間、いつものように耳鳴りに襲われ、オーディション会場にいた時間に逆戻りする。そこで、明日香のマネージャー・結城仁(松澤一之)と接触した桃子は、明日香の女優業に対する熱意、そんな明日香を陰で支える結城の思いを知ることに。桃子は結城に「今夜は明日香さんが外出しないように気を付けてあげて」とだけ忠告し、今度は島岡の自宅へ。が、肝心の島岡は不在…。そこで、島岡と同棲している彼女が外国人であることを知った桃子は、それをエサに将太郎(谷原章介)を呼び出すことに成功。将太郎が彼女から聞き出した島岡の居場所へ向かい、島岡に"鎌男"のスクープ写真について直撃する。しかし島岡は、写真は偶然に撮ったものだと言い、さらに明日香についてもまったく興味のない様子だ。その後、桃子と将太郎は、明日香が殺された現場へ先回り。すると、島岡が現れた!島岡はある男から事前に"鎌男"出現の情報を得て、やって来たらしい。そこへ、助けを求める女性の叫び声が響いてきた。慌てて声のする方へ駆けつける桃子と将太郎。しかし、そこには明日香ではない別の女性の姿が!女性は"鎌男"に襲われたが、逆に"鎌男"を刺してしまったという。ということは、まだ明日香は襲われていない!――桃子は、事件を食い止めるため、"鎌男"を捜して現場を走り回る。しかし、そこで桃子は思わぬ場面に出くわしてしまう。結城が"鎌男"の服をカバンにしまっていたのだ!

「"鎌男"はあなただったんですか?」――信じられない気持ちでいっぱいになりながら、結城に問いかける桃子。すると、そこへ腹部を刺された明日香が現れた。なんと"鎌男"の正体は明日香だったのだ。島岡が金のためなら何でもやることに目をつけた明日香は、ボイスチェンジャーを使って、島岡に"鎌男"の出現予告の電話を入れ、スクープ写真を撮らせていたという。明日香が"鎌男"だと気付いた結城は、事前に犯行を止めさせようとするが失敗したため、現場へ。襲った女性と揉み合っていた明日香は、結城の登場に動揺し、誤って鎌を自分の腹部に刺してしまったのである。

しかし、桃子にはどうしても解せないことがあった。それは、なぜ明日香が"鎌男"になって人を襲う必要があったのか、ということだ。実は、その背景には明日香の歪んだ女優魂があった。明日香は小劇団に所属していたころ、"鎌男"を演じ、小さな演劇祭の主演女優賞を初受賞。明日香が大切にしていた鈴は、そのときの演出家が明日香の才能を賞賛して贈ったものだった。ここ数年女優として開花できずにいた明日香は、自分の当たり役である"鎌男"を実際に演じることで、どれだけの信憑性をもって世間に受け入れられるかを知りたかったという。明日香の女優業への情熱が本物だと感じる桃子だが、殺人を犯してまでも注目を浴びたいという心情までは理解が及ばなかった…。

公式HPより=


ジュリアナ東京ー!の未樹が、女優志望だったとは!

「命がけで私女優やってんの。
 人は一つの使命の為に生き、
 そのために死ぬものだと私は思うから。」
そう語っていた、女優志望の元グラビアアイドル・明日香。

明日香の遺品の鈴に触れて、今回戻った場所はオーディション会場。
眠っていた場所、という法則じゃなかったんだ。

明日香のオーディションの邪魔をしてしまった桃子。
桃子が邪魔しなくても、結果は同じだったのですが、
明日香は桃子にキレてパンチ!
そのお陰で、明日香のマネージャーから話を聞くことが出来ました。

カメラマン・島岡の彼女はルーマニア美人。
そこで大友の出番!
「いつでも俺が女に釣られると思うなよ。」
その次のシーン、釣られている大友さん。(笑)
ワルの顔もデレデレの顔も可愛い!
ご近所さん役に見栄晴さんも出演。

「俺の目を見て嘘をつける女はこの世に存在しない。」
大友に見つめられる桃子は、
「大友さん・・・私・・・
 実は火星から来たんです。瞬間的にパーテーションして。」
「・・・それを言うならテレポテーションだろうが!!」
大友、桃子のほっぺをつねる!痛そう!
大友&桃子カップル誕生への道は遠いか・・。(笑)

なんとか明日香を助けようと必死な桃子に、
「いちいち重いんだよ!」ついそう言ってしまった大友。
「・・・すみませんでした。自分で何とかします。」
「・・・おい待てよ!
 手伝ってやるよ。
 その代わりな、お前会社の為にも絶対横内さんを落とせよ。」
「え・・そんな!」

こうして駐車場を張り込む二人。
途中、痴漢に間違えられて警備員室に連れていかれてしまった桃子
でしたが、何とか大友と合流。
そこへ、女性がカマを手に二人の元へダッシュで登場!
鎌男に襲われ、必死に抵抗し、刺してしまったと。
「正当防衛ですよ」となだめる大友。
この女性の登場にはびっくり。すごいインパクトでした!
のちにこの女性は、その駐車場に出没する女痴漢だったと判明。
桃子の濡れ衣も晴らされました。

女優という職業に全てをかける明日香の思い。
そんな明日香の思いを支えようとするマネージャー。

酷い出血で一時は危険な状態だった明日香でしたが、
その日のうちに病院を退院、そして警察に車椅子で出頭。
「私の右側に立つんじゃないよ、横内!」
警部補を呼び捨てする明日香。
呼び捨てされた警部補を鼻で笑う女性刑事。

「私は女優として鎌男を演じただけ。
 それがどれだけの信憑性を持って、世の中に受け入れられるか、
 知りたかっただけ。
 私が初めて認められたのは、小さな劇団で、
 鎌男の役を演じたときだった。
 オーディションに通らないのは、私に見合うだけの役が無いからよ。
 だから私は、自分に一番の当たり役、鎌男を演じた。
 カメラマンを付けたのは、私の演技がどれだけ素晴らしいか、
 世の中に知らしめるため。
 明日の新聞の一面は、私の記事ね。
 最高の鎌男を演じることが出来て、私は心の底から満足。」
そう語る明日香に、
「私は、明日香さんの演じることへの情熱は、本物だと思っています。
 でも、人を傷つけてまで人に注目されたいと思う明日香さんの気持は、
 理解出来ません。」
「大衆は、どんなに流行したものでも、すぐに飽きてしまう。
 そんなことはわかってる。
 でも私は、そんなありきたりの幸せなんかいらない。
 刑務所に入れられようが、非難を浴びようがかまわない。」
「だからって、自分が死んだら何もならないじゃないですか。」
「女流画家の、ローランサンの詩にこうあったわ。
 死んだ女より、もっと哀れなのは・・・
 忘れられた女ですって・・・。」

女優という仕事に全てをかけた女の、悲しい、哀れな選択でした。
人生全てを賭けても叶わなかった夢・・・。
好きだという情熱だけではつかめない夢もある。

「あの・・この間の、デートのことなんだけど。
 ごめんなさい!
 俺が一人に絞ると、五反田のカナに、西日暮里のアヤ、
 そして、錦糸町のミルが、悲しむことになる。」
桃子は横内警部補にフラれてしまい、
しかもキャバクラの女性との擬似恋愛に負けてしまい、ショック!?

「私今回、大友さんのお陰ですっごく助かりました。
 何だかんだいって大友さん私のこと助けてくれるのって、
 どうしてですか?」
「・・・」
「うわ、もしかして大友さん、私のこと好きなんですか!?」
大友、しかめっ面で桃子を睨み、
「んなわけないだろっ!」と頭突き!
「うぁー、痛い!
 人のことなんだと思ってんだよ。
 うー、女の子なのにー。」
最後の桃子の呟きが可愛かった!



ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking



「怖がらないで。
 未来に・・さい・・なるのはあなた・・」


キャスト

長谷川桃子・・・北川景子
大友将太郎・・・谷原章介
若山朗・・・高岡蒼甫
大河内日奈・・・浅見れいな
東重男・・・佐藤二朗(リトル・エンジェルズ社長)
平松琢巳・・・小倉久寛
横内淳・・・マギー(池ノ浦署の警部補)
片岡未樹・・・池津祥子(リトル・エンジェルズ経理)
中村環・・・渡辺夏菜(リトル・エンジェルズアルバイト)
謎の女性・・・堀まゆみ(12年前桃子を助けて命を落とした)
ほか

第1話ゲスト:

第2話ゲスト:
城之内綾乃(酒井彩名)
本宮和彦(西村清孝)
清島徹(浜田学)
神林幸弘(松田賢二)

第3話ゲスト:
宝生舞
第4話ゲスト:
小出早織
坂本真

第6話ゲスト:
佐藤仁美


スタッフ

原作: 加藤実秋
プロデューサー: 桑田潔ほか
脚本: 真柴あずきほか
演出: 片山修ほか



4093861927モップガール加藤 実秋 小学館 2007-09-14by G-Tools




北川景子さんの主な出演作品


23:34 | CM(1) | TB(1) | モップガール | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちーずさんこんばんは、今回の明日香が真犯人はノーマークでした!結城が話題性を造るための犯行かと思っていました!しかし凄い女優魂ですね、痴女やくの女!大友に鎌を振りながら近づく姿はまさに鎌男、ゾクっとしました〜

北川さんもかなり体を張っていますね!頭をはたかれたりほっぺたをつねられているシーンが痛そうです!谷原さんが上手いのかな?

大友が最近、桃子の予言に理解を示しているような気が…第一話でちーずさんが言っていた大友からハンカチを受け取った桃子の耳鳴りが気になります!桃子を助けた女性と関係があるのかな?それとも命を助けられたほうかな!
Posted by けた at 2007年11月19日 19:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

伝説のマネージャー(モップガール#6)
Excerpt: 『モップガール』女優帽とグラサンにキラキラ花柄シャツで『荒海のバイキング〜パイレーツ・オブ・東京湾』というどこかで聞いたような映画のオーディションに来た80年代の遺産・片岡未樹@池津祥子は、長谷川桃子..
Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
Tracked: 2007-11-21 02:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。