2008年05月14日

無理な恋愛 第6話

『彼女の母が来た!!』

祥子(青木さやか)から正午(堺正章)の恋心を聞かされた
かえで(夏川結衣)は、律子(鈴木砂羽)に相談。
正午のことは嫌いではないが、全くの予想外だったと
正直な気持ちを吐露する。
律子は、かえでに恋をしているのに龍彦(徳井義実)との仲を
応援してくれるなんて、いい男だと正午を支持する。

一方、かえでにキツイ言葉を浴びせられて落ち込む正午に、
祥子は恋心を代弁して伝えたことを報告。
そして、かえでの反応を聞かされた正午は、自分が恋愛対象の
範疇に入っていないことを再認識し、落胆する。

そんな時、“チャッピー”こと正午の大ファンであったかえでの母・
秀子(高畑淳子)が正午に会いたいと東京に押しかけて来た。
かえでは迷惑がるが、連絡しないと親子の縁を切るとまで言われ、
しぶしぶ正午に電話をかけ、3人でディナーをする承諾を受ける。

正午に会うための服を買いたいと、かえでをともなって
街を歩いていた秀子は、光代(夏木マリ)と遭遇。
実は、ザ・レインドロップスの追っかけとして有名だった2人は
旧知の仲だったのだ。

光代は3人でディナーに行くことを聞かされると
「複雑な三角関係…」と言い、それに気づいたかえでは、
光代も正午の恋心を知っていたのだと混乱する。正午は、祥子と矢代(田中圭)にこれまで浮わついていたことを詫び、
かえでに対しては“お母さんがファンだった人”という役割を全うして、
きっぱり諦めると宣言する。

かえでと秀子が正午に指定された店に行くと、秀子から連絡を受けた
龍彦も来ていた。
そこで正午はステージに立ち、思いを込めてザ・レインドロップスの
曲を歌う。
だが歌いながら、正午の頬に涙がこぼれているのを、かえでと龍彦は
気づいていた。

ディナーが終わり、ケンちゃん(ムッシュかまやつ)の店に寄った正午は、
最初から無理な話だったとつぶやき、「恋の終わりだ」と乾杯する。

秀子を帰したかえでは、正午が自分に好意を持っていることを
龍彦に話す。
それを聞いた龍彦は、
「今一番しんどいの、おっちゃんだから」と言って
正午の部屋へ戻り、自分と正午の友情は変わらないし、
恋愛でもいい勝負だと正午を慰める。
だが正午は、かえでにとっての自分と龍彦は決定的に違うと言い、
今は一人にしてほしいと部屋を出て行ってもらう。

それからしばらくして、圭介(尾美としのり)が正午の会社にやって来た。
朝子(小嶋陽菜)がオーディションを受けるから、
力になってやってほしいと言うのだ。

朝子の履歴書を確認した正午は光代とカフェで会い、
娘と対面することに躊躇する正午。
それに対して光代は
「ちょっときついことを言うよ」
と前置きをして話しはじめる。

そして、オーディション当日。
朝子は正午が立ち会う最終審査の5名に見事残った。
正午は光代に
「朝子はあなたが自由に生きるために捨てた現実。
 もうあなたの子じゃないし、後悔しても戻らない」
と言われたことが胸に刺さっていたが、意を決して朝子の歌を聴く。

だが、ザ・レインドロップスの歌を選んだ朝子は、
正午の前で泣き出してしまい、満足に歌うことが出来なかった。
そんな朝子に正午は、
「歌手になりたいんだったら、どんな時でも歌えないとダメだ。
 他の道を探しなさい。幸せになって下さい」
と告げる。

迎えに来ていた光代と圭介にそのことを報告した朝子は、
さっぱりとした表情で帰って行く。
そんな幸せそうな3人の背中を見送った正午は、
自分が失ったものを思い知らされていた。
そして、たまらなく寂しい気分で会社を出た正午を、
かえでが待っていた…。

公式HPより=


かえでの周りに一人でも正午の良さをわかってくれる人がいてくれて
良かった!
律子さん、さすがです。

「チャッピーに会いに来た」とかえでの母。
ワンコじゃなくて本物のチャッピーに!
「抑えきれないのよ、会いたい気持ちが!
 この服だってそのために買ったのよ!
 これいくらしたと思ってんの!?
 いいから連絡しなさい!親子の縁切るわよ!」

かえでの母・秀子さんが可愛かった!
青春時代のアイドルが、自分の娘と知り合いだなんて。
「チャッピー!チャッピー!チャッピーよね!?チャッピー!!」
「ええ。」
「あ"ーーーーーーーーっ!!」
秀子さんの気持ちがわかる!(笑)

秀子さんと光代さんは、追っかけ仲間!
"失神のお光"に"雄たけびの秀子"!

失神して病院に担ぎ込まれた光代は、お見舞い来てくれた正午に
もう1度失神。それを正午が受け止めて・・
というのが二人の馴れ初めのようです。
「あれ、芝居よね。」秀子の鋭い突っ込みにとぼける光代。

三人で会うという複雑な思いを祥子と矢代に打ち明ける正午。
「出来れば、彼女に会いたくなかったっていうか・・
 顔見るの辛いからさ。
 このままフェードアウトするのがいいのかなと思ったんだけどさ。
 ・・・全うしようと思うんだ。
 かえでさんにとっては、俺はお母さんがファンだった人。
 その役にさ。
 それできっぱり、諦めようってな。
 まあ・・無理な恋愛だったわけだし。」

無理な恋愛。タイトルがここで使われました。

「立木さん、一秒で答えて下さい。
 私じゃダメかな。」と祥子。
「はい、ダメです。」即答する正午。
「・・了解。」
これも・・無理な恋愛?

正午はかえでと秀子の為にステージの準備をしていてくれました。
ファンにとって、こんなに幸せなことはないですね。

恋の歌を歌いながら涙する正午。
60歳になっても、恋にときめき、恋に苦しみ、恋に涙し・・。
正午の涙をかえではどう受け止めたのでしょうか。

ケンちゃんのお店で、正午は複雑な思いを素直にケンちゃんに話します。
昔のバンド仲間は今でも現役で歌を作って歌っているのに
盛り上がるのは昔の曲ばかり。
自分たちはもう過去の人なのか、という切なさ、寂しさ。
バイトの女の子がそっぽを向きながら「私の奢り」と正午に酒を
出してくれました。

かえでから正午の思いを聞いた達彦は、
今はかえでよりも正午の方が辛いからと、かえでを居酒屋に残し
正午のマンションへ行きます。
「客観的に見たら、なかなかいい勝負なんじゃないの?
 俺はさ、こんなんやし、金もないし、
 将来は全く見えへんし。
 結婚は全然考えられへん男やし。
 おっちゃんはさ、世の中から見たら成功してるし、
 金だってあるし、それに、」
「バカヤロ。
 そんなことで男を選ぶ女じゃないだろ?かえでさんは。
 決定的に違うんだよ。かえでさんにとって俺とお前は。
 達彦は、かえでさんにとって男だ。
 俺は・・男ですらない。
 比べ物にならないんだよ。」

スタートラインにも立てない恋。
一途に好きなのに、敵うことのない恋。
辛いですね・・。

文平のアレンジにOKを出す正午。
「立木さん、もう俺は必要ないかなとか思わないように。
 そんなことありませんから。」と祥子。
「祥子・・俺のことわかりすぎ!」
「恐れ入ります。」
祥子の言葉に救われます。

圭介が正午に、朝子のことでお願いをしにやってきました。
「力になってあげて下さい。」
朝子のことを褒めまくる圭介に、
「見事な、親ばかなんですね。」と正午。
「はい、愛してますから。
 こんな小さいあの子が、私のことパパって呼んでくれた瞬間から、
 あの子は私の子ですから。
 ですから、何とかしてやりたいんです。」
「でもね、小川さん。
 歌を聴いてみないとわからないけれど、
 無理して、歌手にしたとしてもね、
 その方が、不幸になることが多いんですよ、結果的に。」
「そうなんですか・・。」
「はい。」
「不幸は嫌です。ダメです。
 でも落ちて泣くとこ見たくないしな・・。」

圭介、いい父親ですね。
朝子のことを自分の娘として心から愛している。
妻の元夫に頭を下げるなんて、本当は嫌だったろうに・・。

正午は朝子が赤ん坊の時に別れて以来、ずっと会っていなかったんですね。
でも、彼の財布の中には赤ん坊の朝子と撮った写真が
大切に入れられていました。

朝子がこのオーディションにこだわっていたのは、
やはり本当の父親に会ってみたかったのでしょう。
でも、今の父親が本当にいい人だから、それを言いだせずに、
彼女も悩んだのでしょうね。

履歴書の写真を見た正午は、光代を呼び出します。
朝子と対面したとき、どんな顔をしたらいいのか、と迷う正午に、
「ちょっとキツいこと言うよ。ごめんね。」

そして、オーディションの日。
正午は朝子の方を見ようとせず、下を向き、じっと耐えているように
見えました。

「あなたが朝子を見て、どう思おうと、
 もうあの子は、あなたの子じゃない。
 もう手に入れることは出来ない。
 あなたの生きかたについて、どうこう言うつもりはないけど、
 あなたが自由に生きるために捨てた・・現実なの、あの子は。
 辛いと思うよ、あなたは・・朝子と会ったら。
 あったんだよ、あなたにもチャンスが。
 私と朝子と三人で、ずっと幸せでいられるチャンスがね。
 父親としてね。
 あなたはそれを捨てたの。
 ・・ごめん。今更責めてるんじゃないのよ。
 でもそれが現実。
 自由に生きることで、手に入れたものも、一杯あるはずよ。
 でも、後悔しても、戻れない現実もある。
 それは、受け止めて下さい。」
光代は正午にそう言いました。
その言葉を受け止め、そして顔を上げる正午。
正午の穏やかな微笑み。
「じゃあ、歌ってもらおうか。」

朝子が選んだ曲は、正午の曲。でも途中で歌えなくなってしまいます。

オーディション会場の前で、光代と圭介が待っていました。
どうだった?と聞かれた朝子は、
「参りましたね。
 立木正午さんの前に出たら、なんだかダメでした。
 泣いちゃいました。」

歌の後、正午は朝子にこう言いました。
「残念だけど、不合格だね。
 歌手になりたいんだったら、どんな時でも歌えなきゃダメだ。
 他の道を探しなさい。
 そして・・幸せになって下さい。
 お疲れ様でした。」

朝子は歌手への思いを吹っ切り、新たな一歩を歩み出せそうです。
圭介、光代、朝子の幸せそうな後姿。
そんな三人の背中を、正午はとても悲しそうに見つめていました。

自分が手に入れたもの。
自分が失ったもの。
60歳という年で思い知らされて、
取り戻したくてもどうしようもなくて・・。

そんな思いでいるときに、
「どうしました?立木さん。
 なんか寂しそうでしたよ。」
最愛の人にこんな風に声を掛けられたら、きっと泣いてしまいます。
正午が涙を必死にこらえているのが切なくて・・。

仕事・・恋・・家庭・・
人生には様々な選択肢があります。
私は60歳になったときに自分の人生をどう振り返るんだろう。

愛するかえでの前で歌い涙する正午と、
愛する父の前で歌い涙する朝子。(泣くシーンはなかったけど)
シンクロしていて素敵でした。



ランキングに参加しています。 よろしければクリックお願いいたします。
人気blogランキング     TV Drama Ranking



B0016W8LXO忘れもの堺正章 ビクターエンタテインメント 2008-05-21by G-Tools




キャスト
立木正午・・・堺 正章
長野かえで・・・夏川結衣
東海林龍彦・・・徳井義実
水田一郎・・・福田充徳(チュートリアル)
門田祥子・・・青木さやか
矢代文平・・・田中圭
久保律子・・・鈴木砂羽
小川圭介・・・尾美としのり
小川朝子・・・小嶋陽菜
姫野まどか・・・スザンヌ
田代和也・・・永田彬
ケンちゃん・・・ムッシュかまやつ
小川光代・・・夏木マリ
菊原・・・坂口憲二
ほか

沖縄インディーズバンドZUKAN公式ブログ

スタッフ

脚本
 岡田 惠和
音楽
 仲西 匡
 瀬川 英史
主題歌
 堺 正章「忘れもの」
 (ビクターエンタテインメント)
演出
 塚本 連平
 小松 隆志
プロデューサー
 安藤 和久(関西テレビ)
 東城 祐司(MMJ)
 浅井 千瑞(MMJ)
制作
 関西テレビ
 メディアミックスジャパン



堺正章さんの主な出演作品



夏川結衣さんの主な出演作品


21:41 | CM(2) | TB(1) | 無理な恋愛 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちーずさんこんばんは、かえでの母親はパンチきいてますね!追っかけをやっていた秀子と光代の価値感の同じ者同士の再会が楽しかったです、失神できれば自分が正午と結婚していたかもと思わせる会話に、かえでが正午のムスメでもおかしくないことに気づきました、ステージで失神したのはポーズかな?憧れの人が個人のためにリサイタルを開いてくれたらああなるのかもしれませんね!『トップセールス』の母子も素敵な関係ですが、この母子の友達のような関係も素敵です!

かえでがコネで役を貰ったことを律子に話したとき、律子の考えかたの方が大人だと思いました!チャンスを貰っても実力が無ければ落とされるし、もし関係者がみても次には繋がらないと思います、その点では母親の秀子はチャンスをものにしていますね!

祥子の話で恋愛のスタートラインにも立てないことを思い知った正午が切なかったですね!龍彦の優しさもアダになるだけ一人になりたい気持ちもわかります!そして追い討ちをかけるような圭介の朝子への愛情が孤独感を深めました!

朝子のオーディションは正午に逢いたい気持ちのほうが勝っていたのでしょうか?涙で声が詰まる朝子、リサイタルで涙をこぼしながらも唄い切った正午のプロ魂の違いも上手く伝わってきました、一度吹っ切れた朝子の挑戦が見てみたいです、正午ならそのチャンスは与えてくれそうな気がします!

オーディションが終わって仲良く帰って行く親子をみる正午の姿が寂しそうで…こんな時に好きな女性の顔を見たら…複雑ですね〜

かえでがなぜ正午の帰りを待っていたのか気になります!次回、恋人候補に立候補宣言する正午まだまだ枯れるには早すぎますね!
Posted by けた at 2008年05月15日 19:27
かえでの母は強烈でしたね。高畑さんが出るとそれだけで笑ってしまいそうになります。「篤姫」では家定の生母・本寿院をこれまた天真爛漫に演じてますねw こういう役が似合いますよね。また「夫婦道」が見たいです。
オーディションの場面は切なかったですね。朝子役の女優さん正直微妙な感じがしていたのですが、小動物系の可愛らしさがありますね。がんばって幸せになってほしいと思いました。
Posted by マンデリン at 2008年05月15日 21:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

無理な恋愛 第6回 感想
Excerpt: 『彼女の母が来た!』
Weblog: ぐ〜たらにっき
Tracked: 2008-05-15 20:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。