2008年06月19日

無理な恋愛 第11話(最終回)

『すばらしき人生』

正午(堺正章)が皆の前から姿を消し、龍彦(徳井義実)は自分でいなくなったのだから気にするなと言うが、かえで(夏川結衣)は自責の念に駆られる。
そんなかえでの元に、正午から手紙が届く。
そこにはこれまでの感謝やお詫びとともに、かえでの前から姿を消せば恋は終わらず、ずっと恋をしていられるからと、失踪の理由が綴られていた。

その頃、正午は海辺の町をぶらついていたが、偶然、国内を転々としていた元部下の菊原(坂口憲二)と再会する。
仕事をしないのは3日で飽きたと本音を洩らす正午に、菊原はやっぱり好きな音楽に関わっているべきなのではないかと意見し、正午も2人でインディーズレーベルを立ち上げ、アーティストを発掘しようという気になる。

映画の撮影をしながらも元気のないかえでに、律子(鈴木砂羽)は正午が消えたのは、かえでに負担をかけたくなかったのだと励ます。
龍彦は水田(福田充徳)と仕上げた脚本をコンクールに応募し、これがダメでも諦めないと、今までにない頑張りを見せる。

正午と菊原は新レーベル「チャッピーズ」をスタートさせ、海辺の町でオーディションを開催して新人発掘を始める。
その後、ZUKAN(ZUKAN)のCDチャートが急上昇し、祥子(青木さやか)と矢代(田中圭)は正午を連れ戻しにやって来るが、正午は自分のために新しいことを始めたいと会社復帰を断る。


B001B2CAT0無理な恋愛DVD-BOX堺 正章, 夏川結衣, 徳井義実(チュートリアル)ポニーキャニオン 2008-09-17by G-Tools
そして1年後。
かえでは出演した映画が封切りになり、正午は新人を売り出すためにレコードショップを回ったりして営業に精を出していた。律子は臨月を迎え、水田と結婚式を挙げるが、そこに龍彦の姿はない。
龍彦は脚本コンクールに再チャレンジするために自主取材に出かけていたが、海辺の町で楽しそうに仕事をする正午を偶然見かけ、思わず物陰に隠れてしまう。
東京に戻り、正午を見たことを言い出しかねている龍彦に、かえでは自分と龍彦が頑張り続けるのが正午への恩返しなのだと話す。
ちょうどその時、かえでに電話がかかってきて、小さな映画祭の助演女優賞に選ばれたと知らされる。正午はそのことを新聞記事で読み、遠い町で秘かに感動するのだった。

龍彦がグレイスランドに行くと、光代(夏木マリ)とケンちゃん(ムッシュかまやつ)が正午の思い出話をしていた。
正午の存在の大きさを思い知り、龍彦は悪態をつくが、光代は団塊の世代は反抗はしたけど、いじけなかったと龍彦を諭す。
同じ頃、正午は菊原に、1年前は自分が60歳になるなんて受け入れたくなかったけど、今はめちゃくちゃ楽しいと話し、いくつになっても恋をしろとアドバイスをしていた。

やがて映画祭当日がやって来た。会場で律子に会った龍彦は、指輪を見せて、授賞式の後でかえでにプロポーズをするつもりだと話す。
スピーチを終えたかえでに、観客たちが見ている前でプロポーズをし、かえでもそれを受け入れる、と龍彦は想像するが…。

授賞式で成功の秘訣を聞かれたかえでは、正午に言われた「理想の自分と今の自分を比べて落ち込むのはやめろ」という言葉を信じてやってきたと答える。
そしてそれは、「私の大好きな人」に言われた言葉だと。
それを聞いた龍彦は、指輪の箱をそっとポケットにしまう。
そしてかえでに正午の居場所を教え、自分は他の女と付き合うけど、脚本家として成功したら作品に出てほしいと強がりを言って、かえでを送り出す。

正午が海岸にたたずんでいると、かえでが会いにやって来た。
そして正午がいないと寂しいから、一緒にいてほしいと告げる。
「立木さんが生きている間だけでいいから」と言うかえでに、正午は笑顔で答えるのだった。
「あのね、かえでさん、いいの? 長いよまだまだ僕の人生」。

公式HPより=


正午が姿を消してしまったあとの、かえでは元気がなく、
なぜ気づけなかったのかと自分を責めます。

KENちゃんの店で、
「いいですよねー、KENちゃんさんは。」
「心の底からそう思ってないでしょう?」
「全然思ってませんけど!」
正午とKENちゃんのやり取りをいつの間にか受け継いでいるかえで。

かえでに届いた正午からの手紙。
『挨拶もなしに、突然いなくなってしまってすいません。
 怒っていますか?正直言うと、かえでさんを目の前にして
 お別れを言う自信がありませんでした。
 情けないですね。
 二十歳そこそこでバンドを始めてから、40年ずっと仕事漬けだったので、
 一度、何もかもなくしてゼロになってみようと思いました。
 何も無い生活はなかなか快適です。
 間違っても、かえでさんのせいだなんて思わないで下さいね。
 自分の為に、選んだことですから。
 かえでさんに出会って恋をしてからの日々は、本当に楽しかった。
 本当に、ありがとう。
 でも、僕は自分の気持ちばかり考えていて、
 かえでさんを困らせたんじゃないかと思っています。
 ごめんなさい。
 だけどね、思いあがりかもしれないけれど、
 ひょっとして、僕を選んでもらう可能性もゼロではなかった。
 そのステージに上がれただけで、僕はとても幸せです。
 自信も持てました。
 だから僕は元気です。
 ずっと、元気です。
 ずっと、かえでさんに恋をしているから。
 今まで本当にありがとう。
 デートで行った遊園地、最高に楽しかった。
 絶対、忘れません。
 龍彦くんに、よろしくお伝えください。
 繊細で、優しくて、人の気持ちがわかり過ぎるほどわかってしまう
 彼のことが、私は大好きでした。
 私はかえでさんの幸せをずっとどこかで願っています。
 あなたは絶対幸せになれる。
 でも寂しい時、つらい時、もし僕のことを思い出すことがあったら、
 空を見て。
 きっと、その時僕も空を見上げていますから。
 どこにいても、空は繋がっているから。
 立木正午』

正午の人柄がぎゅっと詰まった、優しい手紙です。

正午は漁船に乗せてもらっていた菊原と再会。
菊原役の坂口憲二さんの、明るくて元気で気さくな役を
見るのは久し振り!

「1回、ゼロになってみようと思って、フラフラしてみたんですけど、
 飽きてきました、そろそろ。」と菊原。
「俺もさ、3日で飽きた。」
偶然にも同じ様な状況だった二人。
浜辺では、中学生二人組みがギター練習中。
ギターの音が外れると二人揃ってガクっとコケるところが可愛い。
「No Music, No Life」
一生懸命練習する中学生に、二人とも、どれだけ音楽が大好きか、
ということを改めて感じたようです。

「やってみるかー。
 なんか、やる気になってきた!」
「そうすか!やっちゃいましょうよ!俺も混ぜて下さい!」
「そう?やっちゃう!?やらかす!?」
「はい!やらかしましょう!」
「おぉ!」
二人はレーベルをスタートさせることに。
この時の二人は本当に楽しそうで、羨ましくなりました!

「頑張ろう。
 頑張らないと立木さんに怒られる。」
バイト中、そう呟くかえで。

帰り道、月を見上げて
「立木さん、今まで、本当にいろいろありがとうございました。
 ずっとお元気でいて下さいね。
 お互い頑張りましょうね。」
と呟くかえで。

「かえでさん、幸せになって。
 僕も、頑張るから。」
そう呟く正午。

龍彦は、かえでが正午のことを考えている時不安そうな顔を浮かべています。

祥子と文平が正午の所にやってきます。
ZUKANが赤丸急上昇と知らされた正午、
「良かった。俺の勘は間違ってなかったのか。
 それだけでいい。最高!」
仕事に生きてきた正午、自分の勘は間違っていなかった、
まだまだ自分や大丈夫だと、安心しただろうし、
ますますやる気になったことでしょう。

『ゾンビかと、突っ込みたくなる団塊パワー』
今日の祥子さんの一句!
のちに、OL投稿川柳で一等入選となり、祥子さんもニッコリ。

いつの間にか、仕事する文平の顔つきが頼もしくなっていました。
その文平君、朝子ちゃんからお付き合いOKのお返事をもらえました!
良かったね〜!

「多分これから君に、偶然会うことが多くなると思うわよ。」
と笑顔の光代、真顔の圭介。
文平君の怯えた表情が可愛い!

正午と菊原が開いたオーディションに、個性溢れるメンバーが
集ってきました。
何組もの音楽を聴いて疲れていても、笑顔で次の人を迎える菊原。
そして、二人は女性ボーカリストと出会います。
砂川恵理歌さん、綺麗な声〜!

そして、1年後。
正午たちの会社には女性社員が二人増え、
砂川恵理歌のデビューシングル「ひがり」の売り込みに忙しい日々を
送っていました。

律ちゃんは水田とおめでた結婚!
「怖いよかえで。」
「律ちゃん、大丈夫。
 律ちゃんは、絶対幸せになる。絶対!
 そうじゃないとおかしいもん。」
「ありがとう。」
「もし、怖くなったりしたら、すぐに呼んで。
 駆けつけるから。ね!」
「うん。」
「結局大切なのは、友達なんだから。
 男なんかじゃない!
 最後に大切なのは友達だよ。男なんかじゃない!」
「そうだよね。男なんかじゃない!」
「もし離婚するようなことになったら、その子は、私と二人で育てよう!
 ね!」
「かえで・・わかったそうする!」
「待ってる!」
「あの!!今日一応結婚披露パーティーなんですけど!!」と水田。

かえでは自分や達彦が今でも夢を追いかけて頑張っていられるのは
正午のお陰と言っていました。
正午もかえでと出会わなければ、仕事でもう一花も二花も
咲かせることは出来なかったでしょう。

かえで、武蔵野映画祭の助演女優賞を受賞!
「立木さんにお礼言いたいなー。」
と言うかえでを寂しそうに見つめる龍彦。

新聞記事でかえでの受賞を知った正午は、空に向かって
「おめでとー!!」と叫びます。

KENちゃんの店にのみに行った龍彦は、そこで光代と偶然会います。
「立木正午の思い出話してたんだ!」と光代が言うと、
「また立木正午・・。」とふてくされます。
「むかつきますよ。何が団塊の世界や・・。」
「私は違うわよ!少し下だからね!
 あ・・そんなこといいですよね、すみませーん。」
「むかつくなー。冗談じゃない。
 大体さ、好き勝手やってきただけでしょう?
 言うてみれば、今の日本作ってしまったのも、
 団塊の世代でしょ?違うんですか?」
「そうかもしれない。」とKENちゃん。
「そうですよ!」
「なんかちょっとがっかりだなー。龍彦!」
「え?」
「私あなたのさ、しなやかで優しい柔らかい感じが好きだったんだけどなー。
 それこそ、団塊の世代みたいにゴツゴツしてなくてさ!
 私、ちょっと下だから、ずーっと見てきたんだけどさ、
 団塊の世代はね、大人には犯行してきたけど、
 そんなにいじけたりはしなかったな。上の世代に対して。
 もっと自信持ってた。
 うまくいかなくなったら自分たちで次代なんか変えちゃえばいいって
 感じ?」
「・・・」
「頑張れ龍彦!
 負けるな、団塊なんかに!」
「イエー、ベイビ。」とKENちゃん。
「頑張ろうよ。
 興味は無いけど。」とバイトの女の子。

レストラン
「なあ、覚えてる?
 俺のさ、60歳の誕生パーティー。」正午が菊原に聞く。
「ええ。還暦のちゃんちゃんこ着た日ですね。」
「うん。
 ・・・あの頃さ、俺・・昔に戻りたいって、
 そんなことばっかり考えてたんだよね。
 出来れば、1968年に戻りたいって。
 これは、団塊の世代の特徴かな。
 大人になるのが下手だったんだよね、俺たちは。
 もちろん昔から人は年を取るのは嫌だし、
 若くありたいって思ってたと思うけど、
 俺たちの世代はさ、大人になることを否定してたんだよね。
 腐った大人になんかなりたくない、みたいな。
 Don't trust over 30.
 なんて言っちゃって。」
「30代以上は、信用するな。」
「そうそう。
 だからね、自分がその倍の60になるなんて、
 なーんか受け入れたくなかったんだろうな。
 往生際が悪いって言うかさ。
 でもさ、今さ、俺楽しい!
 50代より楽しいよ、人生が。
 もう、めちゃくちゃ楽しい!
 だからな、菊原。」
「はい!」
「年を取ることを恐れるな。
 悪いことじゃないぞ。
 60になったら60にしかわからない楽しみがあるんだよ。
 それを、覚えておいてくれ。な。」
「はい!」
「それから恋をしろ。
 いくつになっても。」
「恋?」
「恋するってことは、生きるってことなんだよ。
 カッコ良く言えばな。
 だって、好きな人に自分を、よく思ってほしいって、
 すっごいエネルギーいるだろ?
 下向いてたり、後ろ向いてたりしたらさ、
 良く、思ってもらえないし。だろ?
 だから、恋するってことは、生きる、エネルギーなんだよ。」
「なるほど!」
「だからね、逆を言えば、片思いの方がいいのかもしれないな。
 ずっと、その気持ちでいられるし。」
「それはどうですかね。」
「あ、そう?そっかな。」
「なんか、楽しみになってきました。年取るのが。」
「そっか!」
「俺もカッコイイ大人になりてー!」

正午のこのセリフが、作者が視聴者に一番伝えたかったことなのかな。
こういうカッコイイ大人が増えていけば、未来が明るくなるような
気がします。
私もこんな風に思える60歳を迎えたい!

武蔵野映画祭
龍彦は、今度はちゃんとダイヤモンドの指輪を準備していました。
かえでにプロポーズするために。

司会者に成功の秘訣を聞かれたかえで。
「成功の秘訣は、わかりません。
 何度も、諦めようと思ったし、別に、自分に力があるとは
 思わないし。
 今、こうしているのも、怖くて仕方ありません。
 ただ・・ある人に、言われたことがあるんです。
 私が、もうこの先、女優として認められることはないんだなって、
 もう無理かなって思った時に・・・」
「どんな言葉を言われたんですか?」

「思い描いた、理想の自分と、
 今の自分を比較して、
 落ち込むのはやめなさい。
 理想とか、夢とかっていうのは、
 思い浮かべて、楽しい気持ちになるためにあるもので、
 落ち込むためにあるものじゃない。」

「その言葉を信じて、やってきました。」
「素敵な言葉ですね。それは、どなたが?」
「その人は・・・
 その人は・・・私の・・・
 その人は・・・私の・・・
 大好きな人です。」
そう言い涙ぐむかえで。

そんなかえでを見ていた龍彦は、辛かったでしょうね。
そして龍彦は、かえでにプロポーズするのではなく、
正午の居場所を教えます。

「龍彦・・・」
「お。」
「私、」
「戻ってきても、俺多分他の女と付き合ってると思うよ。
 忘れてた?俺結構モテんのよ。」
「・・・」
「あ、俺さ、絶対脚本家として成功するから。
 なんかな、予感があんのよ。もうすぐ、神様が降りてくる。」
「うん。」
「そしたらさ、俺の映画に、出てな。」
「・・絶対出る。絶対だよ。」
「おぉ!」
「ありがとう龍彦。」
「こちらこそ。」
「行くね!」
「うん!」

海岸
「かえでさん・・」
「立木さん!」
「は、はい。」
「・・・一緒にいて下さい!」
「・・・」
「お願いします!」
「いいの?僕で・・」
「立木さんがいいんです。」
「本当!?」
「立木さんが、生きてる間だけでいいですから!」
「あ・・あのね!かえでさん、いいの?
 長いよー、まだまだ、僕の人生!!」
「はい!!」
「やったぁぁぁぁ!!!」

かえでが龍彦の前を去り、正午の元へと走るとは!
びっくりな結末でした。
でも、団塊の世代に、そしていつかは老後を迎える私達を
勇気付けてくれるラストでした。

60になった時の自分って今は想像することが出来ないけれど、
案外、すぐにやってきてしまうのかも。
その時に正午のように、楽しいと言えるよう、
今から頑張っておかないといけませんね。

いいドラマでした!



ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking


B001B2CAT0無理な恋愛DVD-BOX堺 正章, 夏川結衣, 徳井義実(チュートリアル)ポニーキャニオン 2008-09-17by G-Tools




B0017W7ES6ハイジ(DVD付)ZUKAN 阿部義晴 よしもとアール・アンド・シー 2008-06-04by G-Tools



B0016W8LXO忘れもの堺正章 ビクターエンタテインメント 2008-05-21by G-Tools



【TVドラマ『無理な恋愛』提供モデル】【Style of the Maximum】高級牛革セカンドバッグ3016/ブラック
【TVドラマ『無理な恋愛』提供モデル】【Style of the Maximum】高級牛革セカンドバッグ3016/ブラックエード株式会社 売り上げランキング : Amazonで詳しく見るby G-Tools




キャスト
立木正午・・・堺 正章
長野かえで・・・夏川結衣
東海林龍彦・・・徳井義実
水田一郎・・・福田充徳(チュートリアル)
門田祥子・・・青木さやか
矢代文平・・・田中圭
久保律子・・・鈴木砂羽
小川圭介・・・尾美としのり
小川朝子・・・小嶋陽菜
姫野まどか・・・スザンヌ
田代和也・・・永田彬
ケンちゃん・・・ムッシュかまやつ
小川光代・・・夏木マリ
菊原・・・坂口憲二
ほか

沖縄インディーズバンドZUKAN公式ブログ

スタッフ

脚本
 岡田 惠和
音楽
 仲西 匡
 瀬川 英史
主題歌
 堺 正章「忘れもの」
 (ビクターエンタテインメント)
演出
 塚本 連平
 小松 隆志
プロデューサー
 安藤 和久(関西テレビ)
 東城 祐司(MMJ)
 浅井 千瑞(MMJ)
制作
 関西テレビ
 メディアミックスジャパン



堺正章さんの主な出演作品



夏川結衣さんの主な出演作品


00:43 | CM(3) | TB(3) | 無理な恋愛 | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちーずさんこんばんは、この結末は予期していなかったです!でも嬉しい選択です!

良いドラマでしたね、自分よりずっと年上の主人公でしたが昔憧れていた堺さんに感情移入も出来たしかえでや龍彦にアドバイスする姿は押し付けでもなく本当に自分が生きてきた経験や年齢を重ねても悩みや向上心を忘れない正午を尊敬できました!

正直、龍彦役の徳井さんが不安でしたがダメ男役から入り今回のかえでの言葉に切なさを見せた演技もなかなかのものです、律子役の砂羽さんのオバちゃんパワーと親友としての友情も大きかったです!

他の共演者も個性を生かした演技が心地よかったです、特に小川夫婦は神出鬼没で文平もタジタジでしたね!圭介の朝子への愛情も伝わってきて幸せな家庭を演出してくれました!

視聴率は低迷しましたが恋に仕事にいろいろ勇気付けられたドラマです!
Posted by けた at 2008年06月19日 19:21
「思い描いた、理想の自分と、今の自分を比較して、落ち込むのはやめなさい。」
わたしもこの言葉がこのドラマで一番印象的なセリフだったな〜とおもいました。だから、かえでがこの言葉を信じてやってきたとスピーチしたときは「そうだよね〜、やっぱいい言葉だよね〜」と相槌打ちまくりでした。
最終回でも「年を取ることを恐れるな」というセリフがすごい説得力を持っていて胸に響きました。
二人のその後にはあえて触れず、「やったぁぁぁぁ!!!」であっさり終わったのが最高でした。
Posted by マンデリン at 2008年06月19日 22:00
最後まで観ましたが、今ひとつ入り込めずに終わってしまいました。なんか結局、堺さんの若い世代への応援歌で終わったような・・・。それに、立木正午がいまひとつ魅力的に見えなかった。妙に説教くさいのが、嫌でした。
まぁ、あれだけ年上だとああなってしまうんだろうけど・・・。だから、最後のかえでさんの選択も、私としては乗り切れませんでした。

岡田恵和さんの、団塊世代への応援歌だったのかなぁ。それとも憧れの表現だったのかなぁ。立木正午が変に悟ってしまって、迷っているように見えなかった。(口では「迷ってる」と言っていたけど)道に迷って、転んだり、立ち上がったりしながら、生きていくキラキラが、見えなかったのが残念でした。

夏川結衣さんは、本当に素敵な女優さんですね。そこはあらためて、確信しました。
Posted by やすこ at 2008年06月20日 11:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

無理な恋愛 最終話:すばらしき人生
Excerpt: 正午的には…星3つ頂きましたっ!<br />★。.::。.::・'゚☆。.::・'゚★。.::。.::・'゚ <br />ほぉ〜〜〜こう着地するとはね〜{/onpu/}なんだかんだ言っても、かえでは<br />龍彦と一緒にいるもんだと思..
Weblog: あるがまま・・・
Tracked: 2008-06-19 12:35

無理な恋愛 最終回 感想
Excerpt: 『すばらしき人生』
Weblog: ぐ〜たらにっき
Tracked: 2008-06-20 00:40

《無理な恋愛》★最終回
Excerpt: 流木に腰を掛けて、正午は、いとおしそうにメリーゴーラウンドの馬に乗ったかえでを見ていた。<br />定年後は海だ、山だと引っ込む人が多いので、海に来てみた正午だった。
Weblog: まぁ、お茶でも
Tracked: 2008-06-23 03:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。