2008年06月30日

2008年04月期 どらま・のーと杯

2008年4月期ドラマ・勝手に授賞式〜♪(敬称略)

視聴中のドラマ『CHANGE』『ROOKIES』『監査法人』がまだ最終回を
迎えていませんが、来週から次々と7月期ドラマが始まってしまうのと、
自分の中で各賞決定出来たので、発表させていただいます。

今期は以下、◎印のドラマをレビュー。△印を視聴していました。

◎CHANGE
◎絶対彼氏
 おせん
◎無理な恋愛
 ケータイ捜査官7
 警視庁捜査一課9係SEASON3
△ホカベン
 週刊真木よう子
 バッテリー
 新・科捜研の女
◎ラスト・フレンズ
 密名寒月霞斬り
△パズル
◎Around40
△キミ犯人じゃないよね?
◎ROOKIES
◎トップセールス
 ごくせん
 ハチワンダイバー
 猟奇的な彼女
△監査法人上記ドラマから、主演=3人以内、助演=5人以内でノミネート。

【優秀主演男優賞】

☆速水もこみち『絶対彼氏』
 感情のないはずのロボットが、梨衣子に本当に恋をしてしまった。
 梨衣子と一緒にいるだけで幸せで、梨衣子が喜ぶことをするのが
 嬉しくて。
 創志の存在に嫉妬し、梨衣子の心に自分がいないことを知った時の
 寂しそうな表情には、こちらも切なくなりました。
 壊れてしまったナイトはケースの中で眠る胎児のようで・・
 いつか復活してほしいです。
 ロボットとして演技しきった速水さん。ハマリ役でした!

☆佐藤隆太『ROOKIES』
 レビュー中も何度か書きましたが、佐藤さん演じる川藤の、
 熱い言葉に涙をし、コメディーな面には大笑いさせてもらっています。
 原作は読んだことがないのですが、佐藤さんご本人が惚れきって
 いるだけのことがあって、ご本人が原作の川藤に見えることがしばしば。
 最終回までしっかり見届けたいと思っています。

☆木村拓哉『CHANGE』
 30代の小学校の先生が総理大臣に!
 あり得ない設定なのですが、そう感じさせない木村さんはやっぱり
 すごい!
 信じていた人たちの裏切りに、啓太がどう立ち直っていくのか
 これからも楽しみです。


【優秀主演女優賞】

☆長澤まさみ『ラスト・フレンズ』
 長澤さんが演じたのは、守ってあげたくなる女の子。
 男性からは可愛いと思われて、その分同性からは嫌われるタイプかな。
 美知留を見ていて時々イラっとしてしまう自分がいましたが、
 それは長澤さんがしっかり美知留を演技していたからだと思います。
 
☆天海祐希『Around40』
 40歳という、女性にとっては微妙な年齢に突入するヒロイン・聡子の、
 悩み迷いながらも成長していく姿を、天海さんは楽しく、強く、
 カッコよく、可愛らしく好演されました。
 
☆夏川結衣『トップセールス』
 このドラマの久子は、『Around40』の聡子と似ていますが、
 大きく違うのが、生きている時代。
 昭和という時代に仕事に生きる女性の姿を、
 夏川さんは力強く演じきりました。
 久子の生き様に元気を貰いました。


【優秀助演男優賞】

☆瑛太『ラスト・フレンズ』
 瑛太さんの中性的な魅力がタケルという役にハマっていました。
 静かさの中に秘められた、芯の強さ。
 公園での瑠可への告白は、今期感動ベスト3に入ると思います。

☆錦戸亮『ラスト・フレンズ』
 DV加害者という役を引き受けるのも、その役を演じるのも、
 とても大変だったと思います。
 美知留の幸せそうな写真に号泣する宗佑の涙にやられました。

☆神保悟志『Around40』
 舌打ちしたり、妻にブチ切れたりと、前半は嫌な夫・彰夫を熱演!
 その後、彰夫の苦悩が描かれていて、彰夫を嫌なヤツだと思って
 しまっていた自分を反省しました。

☆蟹江敬三『トップセールス』
 部下をしっかり見守る、優しくて厳しい上司。
 このドラマ、彼の存在が大きかった!

☆市原隼人『ROOKIES』
 市原さんが演じる安仁屋にハマりました。雰囲気がすごくいい!
 安仁屋の「バーカ!」には毎回いろんな表情があったり、
 鋭い視線も、ハスキーな声も、テレ隠しにつく悪態も、
 何でもかんでも素敵に思えてしまうのでした。(笑)


【優秀助演女優賞】

☆夏川結衣『無理な恋愛』
 『トップセールス』の久子役もハマっていましたが、
 こちらのかえで役もハマっていました。
 正午にだんだんと恋をしていくかえでの表情が素敵でした。

☆上野樹里『ラスト・フレンズ』
 思えば、初回、オープニング、瑠可の叫びが強烈に印象に残り、
 このドラマに引き込まれたのかも。
 上野さんは役になりきってしまうのがすごいです。
 次回も、平凡な役ではなく、個性的な役を演じていただきたいです。

☆松下由樹『Around40』
 平凡な専業主婦が、平凡でいることに焦りを感じはじめ、
 妻でもなく母でもなく自分の居場所を見つける。
 瑞恵主演でもドラマが出来てしまいそう。
 松下さんの涙は毎回胸に響きます。

☆相武紗季『絶対彼氏』
 創志とナイトの間で揺れる梨衣子。
 最初はナイトに冷たすぎて、共感出来ずにいましたが、
 ラスト、創志ではなくナイトを選んだ梨衣子にやられました。
 相武さんのクルクルかわる表情が可愛かったです。

☆深津絵里『CHANGE』
 このドラマに彼女の存在は大きいです!
 啓太を尻に敷いてしまいそうな威勢の良さと、
 守ってあげたくなるような可愛らしさ。
 両面を持つ女性を魅力的に演じていらっしゃいます。


【主題歌賞】

☆絢香「おかえり」『絶対彼氏』
 聞くたびに、優しい気持ちになれる歌です。

☆宇多田ヒカル「Prisoner Of Love」『ラスト・フレンズ』
 ドラマに本当にぴったりで、今でもこの曲を聞くと瑠可たちの姿が
 目に浮かびます。
 途中からタイトルバックが流れなくなったのが残念でした。

☆GReeeeN「キセキ」『ROOKIES』
 この歌もドラマにぴったりです。元気になれます!

☆トータス松本「涙をとどけて」『ホカベン』
 トータス松本さんの歌声が心に響く!

☆Micro「踊れ」『おせん』
 タイトルバックの活動的なイメージに合った、ワクワクしてくる曲です。


【タイトルバック賞】

☆『絶対彼氏』
 最終回をみたら、あのタイトルバックはナイトのいる天国なのかなー、
 彼はああやって梨衣子のことを守っているのかなーと思い、
 また泣けてきました。

☆『ラスト・フレンズ』
 赤いリボンに導かれて集る5人、引き離されていく宗佑。
 5人それぞれの苦悩の表情。叫び。
 横たわる6人、宗佑の胸には黒いネクタイ。
 ドラマの全てがここに集約されていました。

☆『おせん』
 風を受けながら大きな旗を思い切り振るおせん役の蒼井優さんが
 凛々しくて綺麗で、素敵なオープニングでした。


【作品賞】

☆『ラスト・フレンズ』
 それぞれが抱える過去に惹き付けられ、
 彼らの過去や未来を想像するのが楽しかった。
 若手俳優さんたちの演技に、最初から最後まで目が離せませんでした。 

☆『ROOKIES』
 目標や夢を持てば人はこんなに変われるんだ。
 そう思わせてくれる、熱いドラマです。
 
☆『絶対彼氏』
 最初はプログラムで言わされているだけの「梨衣子、愛しているよ」と
 いう言葉でしたが、いつしか彼は感情を持ってしまった。
 その展開が素敵で、最後は涙・涙でした。


【特別賞】
一人ひとり、助演にノミネートしたいくらいです。
どの"チーム"も、素敵な仲間たちと思える。
そう思えるのは、ドラマが成功した証拠なんじゃないのかな。
ということで、素敵な"仲間たち"に特別賞を!

☆ニコガクナイン『ROOKIES』
 川藤率いる、安仁屋、御子柴、新庄、関川、若菜、平塚、岡田、
 湯船、桧山、今岡、塔子ちゃんに教頭先生!
 GO!ニコガク!GO!!

☆シェアハウスの仲間たち『ラストフレンズ』
 瑠可、美知留、タケル、エリ、友彦、そして仲間にはなれなかった宗佑。
 人は誰も一人では生きていけない。
 信じられる人がいれば、どんな困難でも乗り越えていける。
 友達の存在の大切さを伝えてくれる6人でした。

☆律ちゃん&かえでの友情『無理な恋愛』
 この二人もいい友達でした。
 毎回二人のトークが楽しみでした!

☆ナイト&梨衣子&創志『絶対彼氏』
 切ない三角関係でしたが、ナイトも創志も二人とも、
 自分のことよりも梨衣子のことを思っていましたね。
 

続いて、最優秀各賞の発表です。

【最優秀主演男優賞】
拍手佐藤隆太『ROOKIES』


【最優秀主演女優賞】
拍手夏川結衣『トップセールス』


【最優秀助演男優賞】
拍手市原隼人『ROOKIES』


【最優秀助演女優賞】
拍手上野樹里『ラスト・フレンズ』


【最優秀主題歌賞】
拍手宇多田ヒカル「Prisoner Of Love」『ラスト・フレンズ』


【殿堂入りドラマ】
※自分の中で、最優秀作品賞と殿堂入りドラマの区別が引きづらく
なってきたので、今回は二つの賞を合併させてみます。

拍手『ラスト・フレンズ』
拍手『ROOKIES』

本当は一本に絞りたいところですが、今クールはどうしても選べず
この2本が受賞です。


今クールもいいドラマをレビュー出来て楽しかったです。
『ラスト・フレンズ』『ROOKIES』『絶対彼氏』『CHANGE』の4本を
DVDに保存!

ドラマの内容とは関係ないのですが、
TBSの土曜7時56分に新たに出来たドラマ枠ですが、
スポーツで潰れるのがわかっているのにわざわざ連続ドラマを
持ってこなくてもいいのに・・と思いました。
『ROOKIES』はとてもハマっているドラマなのに、
こう度々開けられてしまうのは辛い!
ファンも離れてしまうのではないかと心配してしまいます。

それから『CHANGE』も大人の事情のせいなのか、スタートが遅れました。
出来れば同じ時期に始まり、同じ時期に終わってもらいたいものです。


続いて、アンケートの結果発表です!
【2008年4月期】好きなドラマランキング
(2008年6月29日23時30分現在)

ラスト・フレンズ
(531票/31.2%)
Around 40
(338票/19.9%)
ROOKIES
(237票/13.9%)
CHANGE
(191票/11.2%)
絶対彼氏
(115票/6.8%)
ごくせん
(59票/3.5%)
おせん
(51票/3.0%)
ホカベン
(36票/2.1%)
猟奇的な彼女
(24票/1.4%)
無理な恋愛
(23票/1.4%)
トップセールス
(20票/1.2%)
パズル
(17票/1.0%)
キミ犯人じゃないよね?
(16票/0.9%)
その他
(11票/0.6%)
バッテリー
(8票/0.5%)
新・科捜研の女
(6票/0.4%)
週刊真木よう子
(5票/0.3%)
ケータイ捜査官7
(3票/0.2%)
警視庁捜査一課9係(3)
(2票/0.1%)

(2票/0.1%)
秘書のカガミ
(2票/0.1%)
密名寒月化霞斬り
(2票/0.1%)
渡る世間は鬼ばかり
(2票/0.1%)
7人の女弁護士
(1票/0.1%)
オトコマエ!
(0票/0%)


私のランキング!
1.ラスト・フレンズ
2.ROOKIES
3.絶対彼氏
4.CHANGE
5.トップセールス
5.監査法人
6.無理な恋愛
6.Around40

ちなみに・・
【3月30日時の期待度ベスト10】
1.ラスト・フレンズ
2.Around40
3.キミ犯人じゃないよね?
4.週刊真木よう子
5.CHANGE
6.パズル
7.絶対彼氏
8.猟奇的な彼女
9.ホカベン
10.ROOKIES
11.ごくせん
12.バッテリー
13.無理な恋愛
14.トップセールス
15.おせん

ROOKIES、絶対彼氏が急上昇。
『キミ犯』『パズル』は面白かったのですが、あまり心に残らなかったかな。
『ホカベン』は疲れた体には重くてレビューはしませんでしたが、
最後まで見届けました。
『ごくせん』はワンパターンさに飽きてきたかなー。
『真木ようこ』はよくわからないまま、見なくなってしまいました。
『バッテリー』『おせん』『猟奇的』『ハチワン』も脱落してしまいました。
『監査法人』、NHKの社会派ドラマはいいですね。
キョウコさんからこのドラマのあらすじを、とリクエストがありましたが、
録画していなかったもので、お役に立てずにすみません。


以上、今クールのどらま・のーと杯でした。
みなさまの総評なども是非是非コメント下さいませ。

今クールもあまりコメントにお返事出来ていないのに、
アクセス、コメント、TB、ありがとうございました。

次クールは本職が超多忙期に入るため、レビューは5本以内にします。
今から宣言しておかないと、ズルズルレビューしてしまい、
自分のクビを絞めてしまいそうなので!
7月期ドラマ一覧の記事に、お勧めドラマをコメントくださると
嬉しいです。参考にさせていただきます。

次クールもどうぞよろしくお願いいたします。


ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking


この記事へのコメント
ちーずさん、今クールもレビューお疲れ様でした!
では、私も僭越ながら、勝手に授賞式したいと思います。

【最優秀作品賞】
・『ラスト・フレンズ』
 グッと惹き込まれるストーリー展開、既存原作に頼らないオリジナリティ、
 ドラマの世界・登場人物の心情にリンクした主題歌、
 若手俳優陣による熱演、俳優の力を存分に発揮させた製作者側に圧倒されました。

【最優秀主演男優賞】
・速水もこみち(『絶対彼氏』)
 個人的にあまり好きではないのですが、
 ロボットという役柄が見事にマッチしていてよかったです。

【最優秀主演女優賞】
・天海祐希(『Around40』)
 安定した演技で等身大の女性を演じていましたね。
 とても魅力的な女性に仕上がっていたので一票!
 毎回コミカルに楽しませてくれた『パズル』の石原さとみも好きでした。

【最優秀助演男優賞】
・錦戸亮(『ラスト・フレンズ』)
 これまでの好青年役とは一転のDV男・宗佑。
 あまりの熱演に、そのテーマ曲が流れるだけで恐ろしくなるほど。
 凶行の裏に見え隠れする本来の優しい笑顔と、
 写真を見ながら流した涙を併せ持つ
 切なくも脆い存在の宗佑を繊細に演じていました。
 同作品の瑛太さんとかなり迷いましたが、
 これまでのイメージを覆した錦戸さんに一票。

【最優秀助演女優賞】
・上野樹里(『ラスト・フレンズ』)
 瑠可がこのドラマを見事に引っ張ってくれていました。
 強くても、一人で悔し涙を流すシーンは本当に悲しかった。
 美知瑠を宗佑から助け出す場面、すごくかっこよかったです。

【最優秀主題歌賞】
・宇多田ヒカル『Prisoner Of Life』)
 何よりもその歌声と歌詞がドラマにマッチしすぎです。
 あの苦しみながらも強く生きている4人と切なくも消えていった宗佑の姿が、
 思い起こされる時は、いつだってこの曲と一緒です。
 同時に、【最優秀タイトルバック賞】も。
 あのタイトルバックのメッセージ性溢れる綺麗な映像、
 チーズさん同様、途中から見られなくなったのは残念です。

総合してみると、『ラスト・フレンズ』が圧勝。
これは、ちーずさんが高く評価した『ROOKIES』を見逃してしまっていたからだと思います。
とてつもなく残念だし、見逃したことを後悔してます。
あの時間帯、私にとっては大変見難い時間なんですよね。
また何か機会があったら、一度でもいいから見てみたいと思います。

これから忙しくなるようですが、
無理をしないようにしてくださいね。
これからも応援しています。
何卒、よろしくお願いします。
Posted by SHIYU at 2008年06月30日 11:35
SHIYUさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!

主演女優は私も悩んだのですが、今回は夏川さんに。
でも天海さんもイキイキと聡子を演じていらっしゃいました。

助演女優、錦戸さんにも納得です。
暴力的な演技もですが、最後の涙も強烈な印象となって
残っています。

【ROOKIES】はあの枠ではなく、9時枠でやっていただきたかったです。
機会があれば是非チェックしてみて下さいね。

【ラスト・フレンズ】に下さったSHIYUさんの詩的なコメントが
大好きでした。
また次クールもどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by ちーず at 2008年06月30日 12:24
ちーずさん、コメントありがとうございます!
詩的なコメント…(((゚д゚)))?!
お、恐れ多いです…(;∧;)ゝ!
なんか、ほんと、ありがとうございます…。

せっかく華々しく授賞式をやったのに(笑)、
宇多田さんの曲名をうっかり間違えてしまいました(汗)
『Prisoner Of Love』でしたね( ̄▽ ̄;)
書き忘れていましたが、
『絶対彼氏』の佐々木蔵之助さんも
忘れてはならない助演男優さんですね!
またもや引き続き『モンスターペアレント』にも
出演なさるそうなので楽しみです。
来クールは『魔王』とこれが気になってます。

それでは、二度も失礼しました!
Posted by SHIYU at 2008年06月30日 20:25
ちーずさん、こんにちは。
ちーずさんの特別賞、素敵ですね。その気持ちすごくよくわかります。今回は微妙にみなさんの一番が違うかもしれませんね。では、わたしの一番を発表させていただきます。

【作品賞】『絶対彼氏』
「ラスト・フレンズ」とどっちかな〜と迷いましたが、最終回の出来不出来、タイトルバックの不可解な封印、ほぼ毎回ハッピーエンドだったことなどを考慮して、「絶対彼氏」に決めました。
第2位:『ラスト・フレンズ』 第3位:『ROOKIES』
【主演男優賞】速水もこみち(『絶対彼氏』)
はっきり言って大根と思ってましたが、今回のロボット役はハマったな〜。回を追うごとに思い入れが増し、最終回は涙でした。
第2位:木村拓哉『CHANGE』 第3位:溝端淳平『ハチワンダイバー』
【主演女優賞】長澤まさみ(『ラスト・フレンズ』)
これまで記号としての「長澤まさみ」であることを求められたドラマや映画が続いていましたが、今回は女優としての「長澤まさみ」が本領発揮でした。共演の上野樹里に話題は集中したものの、彼女も基本的には演技派だと思います。
第2位:石原さとみ『パズル』 第3位:天海祐希『Around40』 第4位:夏川結衣『トップセールス』
【助演男優賞】錦戸亮(『ラスト・フレンズ』)
爽やかな好青年のイメージだったのにこの転換は凄すぎ。いい役に恵まれ、見事それに応えましたね。拍手です。
第2位:内博貴(『おせん』)もう大丈夫! 第3位:高田翔(『バッテリー』)主演の彼よりしっかりしてました。 第4位:瑛太(『ラスト・フレンズ』)
【助演女優賞】上野樹里(『ラスト・フレンズ』)
圧巻。その演技に圧倒され瞠目しました。テレビドラマにおいて見る者を瞠目させる俳優なんてめったにいませんよ。凄すぎました!
第2位:松下由樹(『Around40』) 第3位:相武紗季(『絶対彼氏』) 第4位:夏川結衣(『無理な恋愛』)
【ドラマソング賞】絢香『おかえり』
いまだにこの楽曲に癒されてます。名曲ですね。
【タイトルバック賞】『絶対彼氏』
ちーずさんの説=ナイトが天国から見守ってる説、気づかなかった。言われてみればそうとしか見えないw
第2位:(『ラスト・フレンズ』) 第3位:『おせん』
Posted by マンデリン at 2008年06月30日 23:30
殿堂入り女優 上野樹里
Posted by マンデリン at 2008年06月30日 23:51
こんばんは
Posted by こう at 2008年07月01日 14:35
ちーずさんこんばんは、最優秀だけですがあげさせていただきます!

【最優秀主演男優賞】速水もこみち『絶対彼氏』
正直、始まるまえは幼稚な設定に飽きてしまうかと思いましたが、ロボットの目をパチクリしたり首をかしげる姿が可愛くてはまってしまいました!愛情を知って切なさを出す表情も微妙にロボットの部分をのこしているところが上手でした、彼でなかったら感情移入できなかったかも!
【最優秀主演女優賞】夏川結衣『トップセールス』
あの時代に男性に負けない頼らないで生きる女性の逞しさが伝わってきました『無理な恋愛』のかえで役で律子と一緒にコミカルな役を演じたを加点すると大好きな天海姉さんより上にみえました!
【最優秀助演男優賞】瑛太『ラスト・フレンズ』
水嶋さん錦戸さんも良かったのですが、色々な愛のかたちを受け止めるタケルの優しさに毎回癒されました、瑠可を引き止めるシーンや瑠可がキスされたときに断ってから肩をだきよせる姿が心にのこりました!
【最優秀助演女優賞】上野樹里『ラスト・フレンズ』
番宣でみる樹里さんは『のだめ』そのものなので今回、演技の上手さ迫力にビックリさせられました、瑠可という難しい役を丁寧に演じたと思います、これからの活躍に期待がもてます!
【最優秀作品賞】『トップセールス』
時代背景にそった裏で闘った男たちや久子と蟹江さん演じる途中で亡くなってしまった所長の絆が素晴らしかったです!『CHANGE』の現在の国会を風刺するのも好きなのですが『監査法人』を含めてまだ終わりが見えないのが残念です!最終的には『CHANGE』が一番になりそうですが…
【最優秀主題歌賞】【タイトルバック賞】絢香「おかえり」『絶対彼氏』
ドラマで梨衣子を優しく包むナイトに重なってながれる曲が心地良くてタイトルバックの三人が可愛くて暖かくて好きでした!堺さんの『忘れもの』も最近聞かなくなった曲調に安心感がありましたが!

『ROOKIES』は始まるまえに『スクール・ウォーズ』が帰ってきたとあったので展開が読めてしまったのでコメントが書きにくくなったのが残念でしたが、やはり面白いですね!佐藤隆太さんの真っ直ぐな眼差しが熱い!しかしスポーツで中断するのは覚めてしまいます!
『パズル』は『トリック』の焼き直しでしたが、それなりに楽しめました『おせん』はパンチが足りなかったけれど意図したことは見えたかな!『ホカベン』なんでこんな中途半端な終わり方なんでしょうか?『真木よう子』『キミ犯』『猟奇』はハマるポイントが無かったです!『ごくせん』は生徒が変わっただけで事件も前に見たことがあるような内容ですがつい見てしまいます!『ハチワンダイバー』将棋が解らないのでどうかなと思っていましたが意外と面白いと思います!コスプレや巨乳に興味はないですが対戦相手やストーリーは面白い設定です!
Posted by けた at 2008年07月01日 18:45
ちーずさん、ご苦労様でした。今期もお世話になりました。


私にとって今期は、『ラスト・フレンズ』で上野樹里さん(まさに殿堂入り!)と瑛太さんを発見したクールでした。ストーリー的には、もう一つというところもありましたが、重いテーマをとにかく取り上げたことは、よかったと思います。中盤は観るのにパワーが必要なときもありましたが、そういうドラマがもっと必要かもしれません。

『Around40』も、天海さんはあくまで凛々しく、最後まで楽しく観ました。女性の生き方について、大いに考えさせられたドラマでした。公式HPでは、同年代の女性にとってはあまりに生々しすぎる部分もあったようで、みなさんのコメントは重かったです。
私が最終回の感想に書き込んだ内容について、意見を書いてくださった方がいたので、ちょっと書きます。きっと私があんな風に思ったのは、(あまり明かしたくないのですが・・・笑)私自身が40歳より少しお姉さんだからだと思います。私も聡子さん同様、フルタイムでずっと働き続けています。そしてこの頃では、「職業生活」の終わりも見えてきているわけです。そうすると、聡子さんも永遠に精神科医を続けられるわけではない、なんてことも考えてしまうんですよね。
私も医療ではないけれど、人を援助する仕事についています。だから、彼女の「目の前の患者さんに対する思い入れ」はよくわかります。
でも、だからこそ、「職業生活」のあり方を少し変えるとしたら40代前半までだろうなぁ、とか思ってしまったのでした。颯爽とまとわり付くものを捨てて日高に行って欲しい・・・というのは、私にとっては「仕事」でなく「結婚」を取ってほしい、という意味ではなかったのです。
従って、私の考えは少しお姉さんの考えで、聡子さんは40歳なんだから、あれでいいと思います。きっと彼女は43歳くらいで日高に行くのではないか、と私は今も思っています。それくらいになると、新しい「仕事の山」に登れるとしても、もう一つくらいだ・・・ということに気づくと思うんですよね。役者さんでもなければ、「仕事」は永遠のものではないし、ある程度のところで引かないと後輩も育たないし・・・とか考えてしまっているお姉さんでした。

もう1本観続けたのは『無理な恋愛』でした。堺正章さんが歌う主題歌「時の忘れもの」と、堺さんの子ども時代からの写真が流れるタイトルバックがよかったです。(ただし、私はお姉さんといっても、堺さんのGS時代はよく覚えていませんので、あしからず。)

私は基本的にすべて録画予約で観るので、野球で押してしまうと撮れなくなる時があり、その場合はちーずさんのレビューが頼りです。
お忙しいと思いますが、来期もよろしくお願いします。
Posted by やすこ at 2008年07月01日 20:49
ちーずさん4月期のレビューもお疲れ様です
また7月期もよろしくお願いします!

簡単に今期の私的ベスト3を…

1、ルーキーズ
不動の1位です!
DVDも予約してしまいました(笑)
毎回コメントもさせていただいてます
ちーずさんのレビューを読むとついつい色々感想が浮かんできて書きたくなってしまうので
いつも長文ですみません…
最終回までお願いします

2、ラスト・フレンズ
最終回に少しがっかりしてしまったので…
個人的に一番好きなシーンはタケルの告白シーンです
この二人は絶対に幸せになってほしいと心底思ったシーンでした
ちーずさんも書いていますが上野さんの演技力には一話からびっくりさせられました
のだめとは正反対の役をこれだけしっくりこなすのは本当に素晴らしいなと思いました
上野さんにはこれからも期待です

3、絶対彼氏
もこみちさんのはまり役っぷりがすごかったです
最終回のナイトを思うリイコがとても可愛かったのでもう少し早くこういうシーンが見たかったなぁと思いました
最後は悲しかったけど良いドラマでした
Posted by 麻由 at 2008年07月02日 00:31
SHIYUさんが「ラスト・フレンズ」
わたしが「絶対彼氏」
けたさんが「トップセールス」
麻由さんが「ルーキーズ」

作品賞はみごとに割れましたね。
いろんなタイプのドラマが揃い楽しいシーズンでした。
Posted by マンデリン at 2008年07月03日 20:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

2008春クールドラマ評 其の壱
Excerpt: 夏クールドラマもほとんど開始し、春クールドラマの記憶も薄れつつある<br />今日この頃ですが、春ドラマも全部終了したようなので、恒例のやつをば…<br /><br />開始前にはこんな気持ちでいたというのに、終わってみればあららのら〜..
Weblog: あるがまま・・・
Tracked: 2008-07-30 11:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。