2008年11月06日

七瀬ふたたび 第5話

『時をのぼる』

七瀬(蓮佛美沙子)は、ヘンリー(郭智博)に能力を使わせ
西尾(今井朋彦)に重傷を負わせたことを後悔していた。
望んで得たわけではない未知能力に対して七瀬の悩みは深まる一方だった。

七瀬たちの能力を研究する藤子(水野美紀)は、自分自身に大きな変化が
起きていることに気づく。
危険が迫った時、時間をさかのぼるという驚くべき力が藤子には
備わっていたのだ。

一方七瀬はヘンリーに、安易に念動力を使わぬよう諭す。
未知能力の危険性を恐れていたのだ。
「私のためを思ってくれるなら、なおさら使わないで。」
七瀬の言葉に、ヘンリーは能力を使わないことを心に誓う。

藤子は能力の存在の証人になってもらおうと、時間逆行の現場に
七瀬を立ち会わせた。
しかし藤子ばかりか七瀬も時間を過去にさかのぼってしまう。
七瀬は驚異的な体験を共有したのち
「能力なんて人も自分も傷つけるだけです。私は欲しくなかった。」
と、能力者であることへの辛い気持ちを藤子にぶつける。
その言葉に藤子は
「人を幸せにする生かし方だって、きっとある。
 能力に負の部分、影があるなら光も存在するはず。
 研究を続けて、この光を見つけ出すのが私の仕事よ。」
と未知能力の可能性を訴えた。

その時、精一郎(小日向文世)の過去を探っていた恒介(塩谷瞬)から、
藤子に連絡が入った。
七瀬は彼がとある島で手がかりをつかんだことを知る。

それぞれの思いを胸に、フェリーに乗り島へと向かう七瀬と藤子。
七瀬を心配するヘンリーと朗もその船旅について来る。
高村刑事もまた、七瀬たちの謎を解き明かす決意で乗船していた。

七瀬たちは、海上を走るフェリーで子供が海に落ちる事故と遭遇する。
ヘンリーの念動力により子供を宙に浮かばせ船上に戻すも、
すでに息をしていなかった。

高村刑事が必死に応急処置を施す中、七瀬に藤子が呼びかける。
「飛びましょう、2人で。時間を戻してやり直すのよ。」
藤子は七瀬の手を握り、過去へと走り出す。

公式HPより
「お父さん・・私は何なの!?
 教えて!何を忘れさせようとしたの!? 
 どうしてこんな力があるの!?
 私は悪い存在なの!?
 お父さんも私を捨てたの?
 何で側にいてくれなかったの!?
 お父さん!!この写真も嘘なの!?
 何もわからないよ・・答えてよ!!」
自分の持つ大きな力に戸惑う七瀬は、父の写真に向かって
そう叫びます。

危険が迫ったときに、時間をさかのぼることが出来る・・
そのことを確かめようと、窓から飛び降りようとする藤子。
自分の力にまだ半信半疑な彼女は、あと一歩踏み出せずにいると、
助手に声を掛けられて驚き、窓から落ち・・
そして時間をさかのぼりました。

いつも冷静沈着な朗君、高村刑事に七瀬のことを聞かれ、
「疑ってるから調べてるんでしょ! 
 お姉ちゃんのこと何も知らないくせに!
 読める人だって辛いんだ!」
と言ってしまいました。

七瀬、藤子、ヘンリー、朗が、恒介のいる沖島に行くことになり、
マジックバーでショーを披露する増田店長は、
七瀬の変わりに店を手伝う瑠璃の
「店長ーー!ニューボトル入りまーーーす♪」に、
「・・・なにかが違う気がする・・」
このシーンがツボでした。

瀬ノ浦港から一日一便しか出ていないフェリーに乗る4人。
そこへ、高村刑事もやってきました。

未知能力の影と光。
今はその影の部分ばかりに苦しめられる七瀬は、
父親に対して恨みのような感情を抱くようになってしまっていました。
藤子は自分の手を握らせ、過去の父を感じさせてくれました。
研究熱心だけれど、家族をとても愛していた精一郎。
七瀬はそんな父を感じられて嬉しかったでしょうね。

朗はフェリーでミサトという少女と出会います。
ミサトは、恋人と別れたばかりの母親と一緒に島に移り住むことに
なったようです。
母親に叱られて船内に戻ったミサトは、その後、海に飛び込んで
しまいました。
いつも叱ってばかりだという母親の言葉に傷ついて
身を投げたのでしょうか。

朗に頼まれて、少女を念動力で海から救い出すヘンリー。
第4話では七瀬を守ろうと西尾を殺そうとしてしまったヘンリーの力、
今回は人の命を救うために使われたのが嬉しかったです。
ヘンリーは能力を使いながら、とても優しい顔をしていました。

ミサトの母親も、本当は子供のことをとても愛しているようです。
この二人のどちらかも、能力者だったりするのでしょうか。

主要人物が沖島へ集合!
そこで何が起きてしまうのか!?
精一郎は生きているのか!?


★チャングム評論家さん★
はじめまして!

やはり七瀬が仲間たちを集めているんですね。
父が封印しようとしたその力。
『時を駆ける少女』は原作もドラマも大好きでした。

『ゴンゾウ』の方にもコメントありがとうございました。
時間に余裕が出来たらゆっくり記事を読ませていただきますね。

今後ともよろしくお願いいたします。


ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking




主題歌
GReeeeN『君想い』
B0018X4XH4あっ、ども。おひさしぶりです。(通常盤)
GReeeeN 2BACKKA ユナイトバス
NAYUTAWAVE RECORDS 2008-06-25

by G-Tools



4101171076七瀬ふたたび (新潮文庫)筒井 康隆新潮社 1978-12by G-Tools



B001G6RBC2NHKドラマ8「七瀬ふたたび」オリジナル・サウンドトラック川井憲次 ユニバーサルJ 2008-11-19by G-Tools




NHK少年ドラマシリーズ 七瀬ふたたびI
NHK少年ドラマシリーズ 七瀬ふたたびI筒井康隆 アミューズ・ビデオ 2001-05-25売り上げランキング : 26170Amazonで詳しく見るby G-Tools
NHK少年ドラマシリーズ 七瀬ふたたびII NHK少年ドラマシリーズ なぞの転校生 II NHK少年ドラマ・アンソロジーI NHK少年ドラマシリーズ なぞの転校生 I NHK少年ドラマシリーズのすべて



キャスト

火田七瀬:蓮佛美沙子 (人の心を読むテレパス)
(少女時代:奥森皐月)
岩渕:塩谷瞬   (予知能力)
漁藤子:水野美紀
真弓瑠璃:柳原可奈子
ヘンリー(岸谷直人):郭智博 (念動力)
広瀬朗:宮坂健太   (テレパス)
江藤亮太:載寧龍二  
増田店長(バー):北村総一朗
火田精一郎(七瀬の父):小日向文世
高村刑事:市川亀治郎

田中静子(七瀬の母):中村久美
八百屋のおばさん:阿知波悟美
老人ホームの院長:伊沢弘
西尾正人:今井朋彦 (透視)


スタッフ

脚 本
 伴一彦
演 出  
 笠原友愛
 吉川邦夫
 松浦善之助
 陸田元一
制作統括
 谷口卓敬
 遠藤理史
音 楽
 川井憲次
制作協力
 NHKエンタープライズ
制作・著作 
 NHK
 テレパック


蓮佛美沙子さんの主な出演作品


21:30 | CM(2) | TB(3) | 七瀬ふたたび | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちーずさんこんばんは、藤子の時をのぼる能力は未来を変える事が出来るのですね!恒介の悩みであった未来が見えても変えることの出来ないもどかしさも解消するし二人の力を合わせると最大の防御方法になりますね!そして七瀬が一緒に時をのぼれれば藤子一人が戻るより色々なやり直し方ができそうですね!たとえば七瀬がいないと能力が発揮できないヘンリーと離れないようにするとかですが!

幼さを残す朗、高村の心に反応してしまいましたね、七瀬の過去を調べ始めるのは刑事の感だけでしょうか?フェリーに乗り込んできたときはヘンリーと朗が七瀬たちの居場所を探し当てたのと同じ能力があるのかと思ってしまいましたがマスターと瑠璃に気をとられヘンリーを追いかけて行ったのを忘れていました〜朗のことを自分の子と言う瑠璃の、おなかを見る高村の視線が「まだ生まれてないだろ!」と言いたそうで…

火田精一郎が残していったノート、超能力者の光と影を科学者として七瀬の問いに答える藤子、疑問の高まる七瀬の手をとり火田の思い出を読ませるシーンは良かったですね!娘を可愛いと褒められて照れ笑いする表情は小日向さんならではホッとする笑顔です!完全に信用してくれている藤子や父親の笑顔に前向きに闘っていくのでしょうね!

ヘンリーのパワーはとどまる事無く発達していくようですね、少女を海から救った力は凄いですね!

超能力の使い方の光と影に古いですが鉄人28号を思い出しました!正義の味方の鉄人も悪者にリモコンを取られると悪魔の手先になる、火田博士は能力のアップとともに他人や権力に流されない強い意志が必要だと、自分の娘の七瀬が研究所に遊びに行き他の能力者の力を引き出したり高める能力に気がついたのかも?七瀬を利用して悪事を働こうとする組織の存在にも…
Posted by けた at 2008年11月06日 23:33
いつも完璧なレヴューを有り難う,チーズさん。
 第5回から脚本家が女性に代わって,雰囲気がだいぶ変わりましたね。今までは,夜のシーンが多く,場所もアングラ風のところが主たる舞台でしたが,ようやく昼間の広い世界に出ましたね。新たな冒険物語の進展を予感させます。ますます楽しみです。
 漁先生や刑事が大活躍するのが,素晴らしかった。せっかく水野美紀や市川亀治郎というビッグネームを配役しながら,今まではずっと背景に居ましたから。
 七瀬一人がリーダーでは心細いものを感じていましたから,大人の強力なサポーターを得て,先ずは一安心です。でも,どんな試練が待ち受けているのやら。
 ヘンリーの念動力を船客の大勢に目撃されてしまったのが,騒動のタネになりそうです。これが噂になると,何だか悪意ある人たちに利用されそうです。
 ミサトという少女の生命を救う目的とともに,こちらの騒動を防ぐ意味合いもあって,七瀬と漁先生は時をさかのぼります。・・・
 ミサトが,朗君の良い相棒になりそうですが,何の未知能力を示すのでしょうか。
 いろいろなタイプの未知能力が集まって来ました。しかし,まだ透視能力が来ていません。私は,西尾君をぜひ味方にしたいものだと,願っています。
 摂田寛二:チャングム評論家,ゴンゾウ評論家
Posted by チャングム評論家 at 2008年11月07日 01:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

七瀬ふたたび 第5話「時をのぼる」
Excerpt: 第5話「時をのぼる」
Weblog: Happy☆Lucky
Tracked: 2008-11-06 22:20

【ドラマ】七瀬ふたたび 第05話 「時をのぼる」の感想。
Excerpt: <br />七瀬ふたたび 第05話<br />「時をのぼる」<br />評価:<br /><br /><br /><br /><br />──<br />私は時間を跳ぶ<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />脚本<br /><br /><br /><br />真柴あずき<br /><br />伴一彦<br /><br /><br /><br />脚本<br /><br /><br /><br />松浦...
Weblog: いーじすの前途洋洋。
Tracked: 2008-11-08 05:21

「七瀬ふたたび」第5話
Excerpt: 「人を幸せにする活かし方ってきっとある。」 第5話『時をのぼる』
Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)
Tracked: 2008-11-08 19:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。