2008年12月04日

七瀬ふたたび 第9回

『それぞれの戦い』

七瀬(蓮佛美沙子)は、親友の瑠璃(柳原可奈子)がパクス・シエンティアの追っ手から銃撃され、激しいショックを受ける。

瑠璃の回復を祈る七瀬は、恒介(塩谷瞬)が「瑠璃からひと時も離れるな」と忠告したのはこのことを予知していたからではないかと思い至る。

恒介はパクス・シエンティアに潜入し、佐倉(光石研)から団体の理念と目的を聞く。かれらは科学者を中心とした集団で、科学の力による世界平和の実現を目指していた。そのためにかれらは、精一郎(小日向文世)の未知能力研究の成果を必要としていたのだ。精一郎が死んでその成果は失われたが、残されたノートから七瀬が他者の心を意のままに操る究極の能力者「アクティブ・テレパス」であることがわかった。だから彼らは七瀬を自分たちの仲間にしようとしていたのだ。

また、パクス・シエンティアには行方をくらましていた西尾も所属していた。彼は恒介に七瀬を連れてくるよう脅しをかける。七瀬たちも精一郎の残したICチップからパクス・シエンティアの正体を知る。七瀬は最後に残された父からのメッセージを受けてかれらとの対決を決意する。

恒介は藤子の前に姿をあらわし、「パクス・シエンティアの未知能力研究に協力しろ」と強要する。

藤子は恒介の急変ぶりに驚きながらも、彼が七瀬を守るためにあえて自分を訪ねてきたこと、そしてその行為の裏側に「七瀬をどこかに逃がせ」というメッセージを忍ばせていることに気づく。

藤子に高村刑事からの電話が入る。行方をくらませていた西尾が警察署に現れ、七瀬たちを訴えたため、警察も七瀬たちを追わざるをえないとの連絡だった。

七瀬は自分がテレパスであることを瑠璃に打ち明けるが、「化け物」と怖がられてしまう。

傷ついた七瀬は、水族館を訪れる。七瀬は深い孤独の中にいたが、かすかな晴れやかさを感じてもいた。自分がテレパスであると瑠璃に打ち明けることができた。テレパスであるために瑠璃を危険な目にあわせてしまったことを謝罪できた。かけがえのない友人を失った悲しみとともに、七瀬は瑠璃にたいして誠実であろうとした自分を肯定しようと努めていた。

その瞬間、遠く離れている恒介が七瀬の心の声を感受する。
七瀬と恒介は、テレパスでない恒介が感受したことに驚く。
そのまま2人は心で会話をする。

「七瀬には、もう会えない気がする」
「会いたい」
「俺も会いたい。でも・・・」
「恒介さん・・・」

公式HPより


七瀬が襲われても瑠璃と一緒なら、撃たれるのは瑠璃。
恒介はそういう思いで瑠璃と一緒にいろ、と言った。
前回の苦しそうな表情は、そういう意味だったんですね。

病院の廊下で瑠璃の無事を祈る七瀬は、夢の中で瑠璃に死なないでと
語りかけます。
もしかしたらこの時本当に瑠璃と交信していたのかもしれませんね。
「お願い死なないで!」そう叫びながら飛び起きる七瀬。
精一郎から貰ったペンダントを落とすと、その中にはチップが入っていました。

瑠璃が無事でよかった!脂肪が守ってくれたって、本当かな?
自分が撃たれたのに七瀬の笑顔が見たいと願う瑠璃。

自分の力を恐れて落ち込む七瀬を、ヘンリーは手品で励まし、
そして告白。

七瀬のペンダントに入っていたチップを調べる藤子。
ファイルには、パクス・シエンティアの実態が隠してありました。
この組織、世界中にあるようですね。

精一郎がいなくなったあともテイセイ電気は未知能力の研究を
続けていたが、成果が現れず、手を引いた。
でも、成果が現れなかったというのは嘘の報告で、
パクス・シエンティアはテイセイ電気とは無関係のところで
動き出した。

未知能力を使って地雷除去。
未知能力の有効利用と思わせておいて、その実態は・・。

恒介は、パクス・シエンティアの潜入。
「一般の人が、未知能力者に対して、本能的な拒否反応を抱くのは
 身をもってご存知でしょう?
 我々は、あなた方の貴重な能力を、存分に発揮できるよう、
 敢えて、堅く秘密を守っています。」
佐倉のこの言葉は、自分の能力を疎ましく思っていた未知能力者たちに
とって、救いの言葉に聞こえたことでしょう。

藤子の研究室
この世で一番威力のある武器・・それは情報、と藤子先生。
「軍事情報、経済情報、要人の居場所、
 それらがわかれば、相手を丸裸にしたも同然!
 そのために未知能力を使っているの。
 パクス・シエンティアは、地雷除去を足がかりに、
 国際的な地位と信頼を得て、様々な国の政府関係者と
 関係を築きつつある。
 そして・・それぞれの国に気づかれないように情報を操作し、
 自分たちの思いのままに動かす・・。」

パクス・シエンティア
「世界は、人はもっと美しくあるべきです。
 この世界を醜くしたのは、政治であり、経済中心の考え方でした。
 科学は美しい。
 その美しさを知る、科学者こそが、平和を実現できる。
 そのために、世界中の科学者が、この、パクス・シエンティアに
 集い始めているんです。」
佐倉はそう恒介に言います。

藤子の研究室
「科学がそんなに偉いの?
 核兵器を作ったのも科学者。
 化学兵器を作り出したのだって。
 彼らは、研究成果を手に入れるために、
 火田先生を殺し、七瀬さんを拉致しようとして、
 瑠璃さんを撃ったのよ!
 命を軽んじる人間に、平和を語る資格なんてない。」
藤子さんの言葉が素敵です。

佐倉たちは、七瀬がアクティブ・テレパスだということに
気づいてしまっていました。
「七瀬さんはまさに、救世主です!
 岩淵さん、七瀬さんを説得して連れてきて下さい!
 世界を救うために!」
研究所には、西尾もいました。
「本当に彼女を守りたいなら、選択肢は一つだ。
 七瀬を連れてこい!
 お前がやらないのなら俺がやる。
 少々手荒なことをさせてもらうよ。
 借りもあるしね。」

藤子の研究所
「悪魔・・」と呟く七瀬。
「そう。
 人の意思をコントロールする、悪魔のような計画。」と藤子。
部屋を出ていこうとする七瀬。
「七瀬ちゃん?」とヘンリー。「どこ行くの?」と藤子。
「あの人たちには捕まりません。
 誰にも捕まらないところに。
 悪魔が死ねば、何もかも終わります。」
死ぬ気なのだと悟った藤子は、七瀬に精一郎の動画ファイルを見せます。
ペンダントのチップに入っていたものでした。

「七瀬。
 七瀬・・私は今・・嬉しさで心が震えている。
 もうすぐ、12年ぶりに、七瀬に会えるんだから。
 七瀬。
 七瀬がこれを見ているということは、私はこの世にいない。
 きっと今・・苦しい状況だと思う。
 本当に申し訳ない。
 このチップには、私が知りえた、パクス・シエンティアの全てが
 入っている。
 きっと武器になるはずだ。
 私が、未知能力の研究を始めたのは、
 人間とは何なのか、そのことを知りたいと思ったからなんだ。
 日々新しい発見がある。私はのめり込んだ。
 テンセイ電気時代、そして姿を消してからの12年。
 研究を重ねた事で・・未知能力が、突然変異で生まれたものではなく、
 人間が、もともと持っていた力だということが、
 おぼろげながらわかってきた。
 しかしまだ謎は多い。
 なぜ、もともと持っていた力が眠ってしまったのか。
 なぜそれが今、目覚めつつあるのか。
 そして私がもっとも知りたいのは、
 人の心に直接働きかける、アクティブテレパス。
 なぜそんな能力が、人間の内在するのか。
 私は、その意味を見つけられずに、この世を去る。
 七瀬・・・きっと、苦しい状況だと思う。
 だけど切り抜けてくれ。
 なぜ、私の娘、七瀬だけが、アクティブ・テレパスに目覚めたのか。
 きっと意味があるはずだ。
 私に代わって見つけてほしい。
 七瀬・・・。
 ・・・愛してる。」

号泣したあと七瀬は言います。
「藤子さん、ヘンリー、私・・もう逃げません。
 私は火田精一郎の娘。
 父の意志を継ぎます!」

藤子はチップを高村刑事に預けます。
彼は裏切りませんよね・・。
高村は藤子に、以前テイセイ電気を調べていた大野という元新聞記者なら
力を貸してくれるかも、と教えます。

七瀬は瑠璃に、自分の能力を打ち明けます。
今までずっと七瀬の味方だった瑠璃は、七瀬に怯え、
七瀬を化け物呼ばわりしてしまう。

藤子を訪ねていく恒介。
二人の会話を佐倉が盗聴器で聞いています。
「これ、何だかわかる?
 火田先生が、七瀬さんに渡したペンダントの中に入っていたの。
 中には、パクス・シエンティアの、」
「漁先生、パクス・シエンティアのことは良く知っていますよ。
 手荒な真似をしてすまなかったと。
 藤子さんには、研究所のスタッフに来てほしいそうです。」
精一郎のノートを返す恒介。
「・・・」
「一緒に来てくれ。」
「恒介君、パクス・シエンティナの正体知っているの!?」
「もちろん、ポリシーに賛同しています。
 世界平和のためには、七瀬のATが必要なんだ。」
「そんな・・七瀬さんがATだって・・」
「来るんだ!」
藤子は恒介にスタンガンを当てて逃げ出しますが、
その途中で、
「恒介君・・七瀬さんが、病院かクエスチョンにいることを
 知っているはず。
 どうして私のところに?
 !!七瀬さんを守るために!」

「失敗しました。」
恒介の報告に、佐倉は
「あなたの計画を、進めて下さい。」
と別の人物に指令を出します。

「七瀬・・逃げろ。俺の見えないところへ・・。」
そんな恒介に浮かぶのは、木々の間から降り注ぐ日光。
とても穏やかなイメージです。どういう予知なのでしょうね。

七瀬を必至に探す藤子と朗。

高村は藤子に電話で、西尾が七瀬たちを訴えにやってきたと知らせる。

その頃、七瀬は水族館にいました。
「これでいいんだ・・。」

その声を聞き取る朗、そして恒介。

「恒介さん!?私の声が聞こえるの!?」
「どうして七瀬の声が聞こえるんだ。」
「わからない。」
「七瀬には、もう会えない気がする。」
「会いたい。」
「俺も会いたい。でも・・。」
「恒介さん・・。」

二人はあの木漏れ日の下で会うことが出来るのでしょうか。
次週最終回です!



ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking




主題歌
GReeeeN『君想い』
B0018X4XH4あっ、ども。おひさしぶりです。(通常盤)GReeeeN 2BACKKA ユナイトバス NAYUTAWAVE RECORDS 2008-06-25by G-Tools



4101171076七瀬ふたたび (新潮文庫)筒井 康隆新潮社 1978-12by G-Tools



B001G6RBC2NHKドラマ8「七瀬ふたたび」オリジナル・サウンドトラック川井憲次 ユニバーサルJ 2008-11-19by G-Tools




NHK少年ドラマシリーズ 七瀬ふたたびI
NHK少年ドラマシリーズ 七瀬ふたたびI筒井康隆 アミューズ・ビデオ 2001-05-25売り上げランキング : 26170Amazonで詳しく見るby G-Tools
NHK少年ドラマシリーズ 七瀬ふたたびII NHK少年ドラマシリーズ なぞの転校生 II NHK少年ドラマ・アンソロジーI NHK少年ドラマシリーズ なぞの転校生 I NHK少年ドラマシリーズのすべて



キャスト
火田七瀬:蓮佛美沙子 (人の心を読むテレパス)
(少女時代:奥森皐月)
岩渕恒介:塩谷瞬   (予知能力)
漁藤子:水野美紀
真弓瑠璃:柳原可奈子
ヘンリー(岸谷直人):郭智博 (念動力)
広瀬朗:宮坂健太   (テレパス)
江藤亮太:載寧龍二  
増田店長(バー):北村総一朗
火田精一郎(七瀬の父):小日向文世
高村刑事:市川亀治郎

田中静子(七瀬の母):中村久美
八百屋のおばさん:阿知波悟美
老人ホームの院長:伊沢弘
西尾正人:今井朋彦 (透視)


スタッフ

脚 本
 伴一彦
演 出  
 笠原友愛
 吉川邦夫
 松浦善之助
 陸田元一
制作統括
 谷口卓敬
 遠藤理史
音 楽
 川井憲次
制作協力
 NHKエンタープライズ
制作・著作 
 NHK
 テレパック


蓮佛美沙子さんの主な出演作品


21:58 | CM(2) | TB(0) | 七瀬ふたたび | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちーずさん,いつも力の入ったレヴューをありがとう。
 いよいよ残すところあと1回になりましたね。
 脚本家が伴さんになって,どうにも展開が読み難くなりました。
 最終回は,どうなるのでしょうか。心配です。
 瑠璃の蘇生には,七瀬のATが効いたようです。七瀬がどんどん進化しています。しかし,念を送るには,ずいぶん体力を使うみたいで,彼女は一時的に失神します。
 恒介が不可解だったのは,PS(パックス・シエンティア)に潜入するための演技だったのですね。先ず敵の実態を少しでも知らなければ,何もできない。そう思って謎の言動があったのでした。漁先生がそれに気づいてくれました。
 また父親のくれたペンダントの中にメモリーがあり,感動の動画ファイルに泣かせるメッセージが含まれていました。これも,漁先生が気づいてくれました。
 しかし,瑠璃のことといい,恒介のことといい,父親のメッセージのことといい,七瀬の心の動揺が激しく,深刻な精神的危機を迎えています。漁先生とヘンリーと朗君が必死に支えてくれていますが,いったい最終決戦まで持つのでしょうか。大変に心配しています。
 漁先生,あなただけが頼りですよ。よろしく,よろしくお願いします。
  摂田寛二:チャングム評論家,ゴンゾウ評論家
Posted by チャングム評論家 at 2008年12月04日 23:26
ちーずさんこんばんは、ずっと七瀬を力づけ癒してきた瑠璃、能力の事を告白したときの「ばけもの」が悲しかったですが、あれが本当の反応でしょうね!きっと仲の良い友達に戻れると思います、七瀬の笑顔を願っている瑠璃だから!

精一郎はP・Sの裏の活動を調べていたのですね!メッセージの中の七瀬がA・Tに目覚めた意味が最終回にわかるといいですね!

恒介が七瀬とテレパシーで話せるのはA・Tの力なのか、それとも愛の力なのか、どう描いてくれるか楽しみです!恒介がみた予知の木漏れ日は明るい未来、能力者と一般の人との共存や能力の正しい使い方を暗示しているのかな?
Posted by けた at 2008年12月05日 18:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。