2008年12月11日

七瀬ふたたび 最終回

『祈り』

七瀬(蓮佛美沙子)たちはパクス・シエンティアと戦う計画を練り直すため、藤子(水野美紀)の山荘に一時避難する。

恒介(塩谷瞬)がたったひとりでパクス・シエンティアに潜入し情報収集につとめていることを知った七瀬は、藤子やヘンリー(郭智博)、朗(宮坂健太)たちに何も告げず、パクス・シエンティアへ向かい、その中枢に乗り込んでいく。
佐倉(光石研)から銃口を突きつけられても七瀬は彼の誘いを受けることはなく、毅然とした態度で対決を宣言する。

高村(市川亀治郎)は警察が、にわかに七瀬たちを犯罪者扱いし始めたことでパクス・シエンティアが警察組織すらも支配し始めたことを知る。

フリージャーナリストの大野(堀内正美)を味方につけた藤子は、七瀬によるパクス・シエンティア告発のメッセージをインターネットで発信しようとする。
しかし、その動きを嗅ぎつけた西尾(今井朋彦)の放つ銃弾に倒れる。

恒介も撃たれ、ヘンリーと朗の立てこもる山荘も機動隊と警官隊によって包囲される。
高村の制止にもかかわらず、ヘンリーが狙撃された。


七瀬ふたたび DVD-BOX
七瀬ふたたび DVD-BOX蓮佛美沙子

ポニーキャニオン 2009-03-18
売り上げランキング : 5244


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
七瀬は皆の命が消えてゆくのを感じながら、ひとり、悲劇を押しとどめようとして戦いの現場へと走る。

その時、一発の銃声が響く。
彼女もまた銃撃を受けてしまったのだ。

朗は衝撃を感じ取り絶叫する。
その次の瞬間。
朗や警官隊の心に七瀬の声が響く。

「お願いします。殺さないで。」

朗を包囲する警官隊は、七瀬の心の声に驚き、聞き入る。

「昔、未知能力が眠ったのは・・・
 未知能力に頼らなくても、お互いを理解できるようになったから。
 きっとそう・・・。」

七瀬は人々が互いを理解し合える時が来ると信じていた。
そして生きてその時を見届けるよう朗に希望を託す。

七瀬の想いを受けた朗の目からは悲観の色が消え、決意に満ちていた。

森の中。
恒介の元に近づく七瀬。恒介の唇にキスする。
恒介、目を閉じる。

絶命している恒介。
七瀬。隣に添い寝するように横たわっている。
静かに息を引き取って───

公式HPより


瑠璃が助かったのは、七瀬の声が聞こえたからのようです。
マスターのお陰もあって、瑠璃から七瀬への恐怖心が消えたことが
嬉しかったです。


人の心に直接働きかける、アクティブ・テレパス。

料理をしていて包丁で指をちょっと切ってしまった朗君。
藤子さんは舐めて治療。驚く朗君に、
「効くわよ。
 人間の力って案外すごいものなのよ。
 昔お腹が痛くなった時に、お母さんがさすってくれたことない?
 病気や怪我の治療をすることを、手当てって言うでしょう?
 そこから来ているの。
 例えば物理的作用。
 手のひらから発散される熱や、湿気が、温湿布のような役割を
 しているんじゃないか。
 心理的作用だって言う研究者もいる。
 信頼している間に触れられる事で、精神的に満たされて
 治癒力が高まるっていう説。
 相手の治りたいという気持ちに働きかけるっていう言い方も
 出来るわね。」

こういう手のひらのパワーって本当にあると思う。
人は本来こういう力を持っているんですよね。

佐倉に銃を突きつけられても七瀬は少しもひるまず、
彼の心を変えることに成功。
でも、佐倉だけを変えても組織が変わることはなく・・。

銃を手に七瀬たちを待ち伏せする西尾。
西尾に撃たれた藤子は過去に戻ってきますが、撃たれたままの状態で、
七瀬は藤子を大野に病院に連れていくよう頼み、
自分は警察に取り囲まれた藤子の祖母の家へと森の中を走り出します。

恒介は西尾の隙をついて銃を奪いますが、西尾を撃つことが出来ず、
西尾は銃を奪い返して恒介を撃ってしまいます。
そのまま車を走らせる西尾。
恒介は、急ハンドルを切り、車は木に激突。
西尾も後部座席の男はどうなったのでしょう。
恒介は森の中を七瀬の名前を呼びながら歩いていきます。

その声を聞き取る仲間達。

藤子の家を取り囲む警官たちは、超能力者を化物扱い。
高村は必死に彼らを守ろうとしますが、警官は高村を拘束。
ヘンリーは警察は自分で何とかしようと、
両手を挙げて外に出ていきますが、警官が発砲。

ヘンリーが死んでしまった・・・。

「誰も殺さないで!
 恒介さん、藤子さん、ヘンリー!
 誰も死なないで!」

「七瀬さん・・あなたを感じる・・
 これがあなたの・・アクティブ・テレパス・・。
 とっても温かい・・。やっと・・見つけた・・。」
藤子さんも亡くなってしまいました・・。

「未知能力の意味・・俺にはわからなかった。
 だけど・・七瀬と会った。
 七瀬と会えた・・。」
森の中で仰向けに倒れる恒介。
その景色は・・
「これだったのか・・。俺が最後に予知した景色・・。」
恒介が予知したのは、この時の景色だったのですね・・。

森を走る七瀬を銃弾が襲う。
誰が撃ったのでしょう。

その瞬間、泣き叫ぶ朗。

七瀬は撃たれても起き上がり、歩き出します。
「朗君・・
 殺さないで。
 お願いします。殺さないで。」
七瀬の声を感じ取る警官たち。

「もういい。みんな死んじゃう。
 僕だけ生きてても・・」
「ダメ・・。」
「だって、一人ぼっちだよ・・。」
「そんなことない。
 きっとわかってくれる。
 みんな、同じ人間よ。
 昔、未知能力が無くなったのは、未知能力に頼らなくても、
 お互いを理解できるようになったから。
 きっとそう。
 でも、再び私たちは目覚めた。
 みんなが心を閉ざして、
 自分以外の人をわかろうとしなくなったから。
 朗君。私たち、そんな人の心を、沢山感じてきたよね。
 みんな孤独で、痛みも、苦しみも沢山。
 辛かったよね。
 でも・・それだけじゃなかった。
 人と通じ合える喜びも、いっぱいあった。
 心が繋がったって、感じるときだった。
 朗君。あなたは、希望なの。
 きっと、みんなまたわかりあえる。
 生きて。私たちの変わりに、しっかりと見届けて。
 みんなの心が、繋がるまで。
 私、信じてる。
 私たちの思いは、きっと適うって。」
そう朗と警官たちに語りかけ、森に倒れる七瀬。
彼女が見ているのは、恒介と同じ、木々からこぼれる木漏れ日。

警官たちは銃を下ろし、穏やかな表情で朗のいる家を見つめます。
高村は家の中に入っていき、朗の元へ。
ヘンリーは既に息絶えている。
「・・・行こう。」
「ちょっと待ってください。」
朗は泣きながらヘンリーに頬を寄せ、
「ヘンリー、ありがとう。」と言い・・
そして高村よりも先に家を出ていきます。
自分の使命を貫こうとする覚悟が見えました。

森の中、恒介に歩み寄る七瀬。
「七瀬・・」
「恒介さん・・」
七瀬は恒介にキスをし・・。

森の中、安らかな表情で目を閉じる七瀬。
恒介と手をつなぎ、寄り添うように横たわって・・。


七瀬たちのような力を持っていても、こんな悲しいエンディングを
迎えることになるとは。
佐倉や警官達の心を変えることが出来たのだから、
出来れば未知能力者とそうでない人たちとの共存する未来が見たかった。

それを託されたのが、朗君なんですよね・・。
その後、彼は、パクス・シエンティアはどうなったのか。
続きを見てみたいです。

七瀬役の蓮佛美沙子さんも魅力的でした。
次回作にも期待!

チャングム評論家さん。
時間の都合であまり詳しく記事に出来なかったのに、
いつも丁寧なコメントをありがとうございました。
お返事もちゃんと出来ずに心苦しく思っていました。
またどこかのドラマでお話できますように!



ランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いいたします。
人気blogランキング    TV Drama Ranking



七瀬ふたたび DVD-BOX
七瀬ふたたび DVD-BOX蓮佛美沙子

ポニーキャニオン 2009-03-18
売り上げランキング : 5244


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



主題歌
GReeeeN『君想い』
B0018X4XH4あっ、ども。おひさしぶりです。(通常盤)GReeeeN 2BACKKA ユナイトバス NAYUTAWAVE RECORDS 2008-06-25by G-Tools



4101171076七瀬ふたたび (新潮文庫)筒井 康隆新潮社 1978-12by G-Tools



B001G6RBC2NHKドラマ8「七瀬ふたたび」オリジナル・サウンドトラック川井憲次 ユニバーサルJ 2008-11-19by G-Tools




NHK少年ドラマシリーズ 七瀬ふたたびI
NHK少年ドラマシリーズ 七瀬ふたたびI筒井康隆 アミューズ・ビデオ 2001-05-25売り上げランキング : 26170Amazonで詳しく見るby G-Tools
NHK少年ドラマシリーズ 七瀬ふたたびII NHK少年ドラマシリーズ なぞの転校生 II NHK少年ドラマ・アンソロジーI NHK少年ドラマシリーズ なぞの転校生 I NHK少年ドラマシリーズのすべて



キャスト
火田七瀬:蓮佛美沙子 (人の心を読むテレパス)
(少女時代:奥森皐月)
岩渕恒介:塩谷瞬   (予知能力)
漁藤子:水野美紀
真弓瑠璃:柳原可奈子
ヘンリー(岸谷直人):郭智博 (念動力)
広瀬朗:宮坂健太   (テレパス)
江藤亮太:載寧龍二  
増田店長(バー):北村総一朗
火田精一郎(七瀬の父):小日向文世
高村刑事:市川亀治郎

田中静子(七瀬の母):中村久美
八百屋のおばさん:阿知波悟美
老人ホームの院長:伊沢弘
西尾正人:今井朋彦 (透視)


スタッフ

脚 本
 伴一彦
演 出  
 笠原友愛
 吉川邦夫
 松浦善之助
 陸田元一
制作統括
 谷口卓敬
 遠藤理史
音 楽
 川井憲次
制作協力
 NHKエンタープライズ
制作・著作 
 NHK
 テレパック


蓮佛美沙子さんの主な出演作品


22:41 | CM(3) | TB(0) | 七瀬ふたたび | Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に悲しいエンディングでしたね,チーズさん。
 最後はボロボロ泣いてしまいました。自分が七瀬のお父さんかおじいちゃんになった気で,ずっと心配していましたが,まさかこれほどまでの悲劇を迎えるとは。予想もしていませんでした。・・・
 七瀬たちの死は,そしてその意味とメッセージは,今後ずっと語り継がれ,広まって行くでしょう。
 あんなに目撃者が居るのです。もう誰も否定できないはずです。佐倉も百合子も,変わりました。
 未知能力が,何ら怪しい,危険なものではなくて,愛のメッセージを伝える「奇跡の力」だったことが知られて,七瀬たちはしだいに「聖者」になって行くでしょう。それをもう誰も止められないはずです。
 七瀬は,自分の死を全然恐れていませんでした。むしろ,自分は当然死ぬべきだと思っていたフシがあり,皆が撃たれて,特にそう思ったと思います。
 彼女は,言うならば,十字架を背負って歩む受難の預言者のような決死の覚悟で,最終局面に臨んでいたと思います。あの勇気には,心底ビックリしました。
 朗君,どうかしっかり「使徒」の役目を果たしてください。今後の活躍を期待しています。
 ちーずさん,このドラマを一緒に観ることができて本当に良うございました。先ず,あなたの毎回のご努力に心から感謝申し上げます。
  摂田寛二:チャングム評論家,ゴンゾウ評論家
Posted by チャングム評論家 at 2008年12月12日 01:51
ちーずさんこんばんは、まさか朗以外が皆死んでしまう結末になるなんて…

最後までみても小説で思い出せたのは山荘のところだけでネタバレにならないようなコメントをしようとしてたけど関係なかったです、歳をとった事を嘆くべきか素直にドラマが楽しめたことを喜ぶべきか…

未知能力を駆使して闘うシーンはありませんでしたがドラマのもっているメッセージは伝わってきました、藤子が感じた暖かさやヘンリーにお別れする朗の姿にジーンときました!もう一話増やしてP・Sのその後の動向も見たかったけれど一話めの冒頭に今回大野が撮ったネット向けの映像があったり、瑠璃とマスターの会話に未知能力者の苦悩や常人の理解を描いていたから良いのかな?

蓮沸さん力強い演技の中で時折みせるあどけない表情と水野さんの他の未知能力者と違って科学者としての冷静な演技にのめりこんでしまいました!
Posted by けた at 2008年12月12日 19:03
ちーず様。
チャングム評論家さんは自分の言いたい事だけを掲示板代わりに書いているだけですよ。
Posted by mimi at 2008年12月13日 11:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。